diary/column “mayuge の視点
INDEXpastnext

大使館からの連絡

 来ました。

 今日、いつものように何気なくポストを開けてみると、そこに見覚えのある茶色い封筒が……。そしてこれまた見覚えのある文字で宛先にマユゲの名前が書かれている。そりゃそうだ自分で書いたんだもん。すかさず部屋に取って返し、発信人欄にカナダ大使館・査証部のスタンプが押されたその封筒を開ける。なんかこういうドキドキしながら開封する感覚久し振りだな。

 中にはA4サイズの何枚かの書類が三つ折りになって入っていた。一枚目はすべて英語。どれどれ?とタイプライター調書体の文書を読み進むと、

 Your application for the 2002 Working Holiday Program has been approved ...

という文章が目に飛び込んでくる。

 よしゃ。

 試験を受けたりしたわけでもないし、ほとんど先着順と同じようなものらしいから、飛び上がって喜ぶということもなかったが、ひとりでに声が漏れる。やっぱちょっとホッとしたね。

 それにしても早かったな。てっきり十二月の中旬頃の連絡かと思っていたのだが、申請書を投函してから二週間余りでの返事だ。参加要綱の発表が遅かった分、ここで取り戻してくれてるんかな?

 書類は他に日本語での説明文がワンセット。それによれば、先ほどの英文ドキュメントは「ワーキングホリデー就労許可証の発給許可の手紙」というものらしい。カナダ入国の際、審査官にこの手紙を渡すとそれと引き換えにワーキングホリデー・ヴィザがおりるというシステムなのだ。要するに、審査をした在日カナダ大使館が、カナダ本国の空港にいる入国審査官に「こいつは入国させてもいいよん」と言っているようなもの。

 これで扉は開かれた。後は出発の1.15(イッテンイチゴー)を待つばかりか……。

 ……いやいや、まだまだやることはあるぞ。医療保険や傷害保険の加入だろ。国際運転免許証も取得しとかなきゃ。英語の勉強(今、テキスト「DUO 3.0」にハマってます)と体力づくりのためのプール通いも引続き……。「地球の暮らし方・カナダ」にももう一度目を通しておくか。できたら短期バイトもしときたいな。職なしの今、金は目減りしていくばかりだし。むむむー。荒みかけていた俺の生活も、何気に充実してきたか?

 よしよし。

2001年11月29日(木)

『性格』が『人格』になるとき

 先日久し振りに洗車をした。

 八月に帰国したとき以来だから三ヶ月ぶりか。この車は新入社員のとき購入してから可愛がってきたものだが、現在は訳あってうちの兄貴が通勤に使用している。

 洗い始めたものの、これがまた汚い。車内にはタバコの灰やパッケージを開けたときにでるカス、空缶などが散乱している。脱ぎっぱなしのGパンも無造作に転がっていたりもする。自分が大事にしていたものを粗末に扱われると、なんともやるせない気持ちになるものだ。大切に付き合っていた昔の彼女が今の旦那にひどい仕打ちを受けているような感じだ。

 ったく、しようがねえなぁ、もう。

 これは単にきれい好きかどうかという「性格」の問題なのだろうが、その兄貴の「性格」をみるにつけ、ヒトノフリミテなんとやらで、ちょっと身につまされる思いも同時に湧き起こる。自分では「俺はそういう性格だから」程度にしか考えていないことが、この年になると社会では「あいつはそういう奴だ」というように「人格」として捉えられてしまうことが多々あるからだ。

 今の俺は大丈夫か? もう一度自分を振り返ってみないとまずくないか?

 そんなことを考えさせられる出来事であった。

2001年11月25日(日)

申請書送付

 申請書用の写真が出来上がった。

 いまいち男前じゃないけど、原因は素材の問題だから、ま、仕方あるまい。

 申請書の記入事項がまた至ってシンプル。いわゆるプロフィールに関する事項だけで、なんて書こうか迷うような欄はひとつもない。以前はあったという英語の小論文も今回からはなくなったようだ。後半のアンケート部分で、過去のワーキングホリデー申請有無、法律違反・入国拒否歴といったいくつかの質問に答え、署名をして終わり。基本的な「審査」が目的であるようで、「選抜」という意味合いはほとんど感じられない。まさに「先着順」なんだな、2002年は。

 エイチアイエスが早々に届けてくれた旅行予約確認書とパスポートのコピー、そして80円切手を貼った返信用封筒とともに、指定サイズの封筒に入れ投函。宛先は赤坂、ここ新宿中央郵便局からなら遅くとも明後日には到着しているだろう。結果は出発の約四週前というから、クリスマス前頃かな。とりあえず申請もこれでよし、と。

 しかし「先着順」といっても、ことは「申請」ごと。やっぱり何かちょっと不安。もしこれで不合格だったら何がいけなかったってこと? 名前が地味だとか? ネクタイの結び目がまがっているとか?

 なわけねーよな……。

2001年11月13日(火)

やった分だけ……

 最近、わき腹の、ちょうどベルトの上あたりに、なにか見慣れないものが乗っかってきている。

 パンツのゴムの上にはみ出したその「ふくらみ」を鏡で見たとき
「あんぢゃこりゃ!?」
松田優作ばりの声が漏れた。

 痩せ型のマユゲとしては縁のないものだと思っていた「タイシボーズ(体脂肪)」が、いつの間にかこんなところに居場所を見つけてしまっていたのだ。これは何たること。わき腹のお隣り、背筋に戦慄がはしる。三十を前にしてすでにオヤジ体形化してきているのか?

 考えてみれば、身に覚えはあり過ぎるほどあった。毎日忙しく動き回っていた仕事を辞め、週末汗を流していたリベンジャーズも離れ、旅先でのオイリーフードとビール三昧……。街歩きこそ日課だったものの、運動と呼べるようなことはこの九ヶ月間全くと言っていいほどやっていない。

 そんなわけで十月のある日、突如思いたってプール通いを始めた。水泳は全身運動だし、体脂肪を燃やしてくれるに違いない。それ以来、週三回泳いでいる。初日こそ500メートルも泳いだらグッタリしてしまったのだが、徐々に距離は増え、今では毎回二時間、少なくとも2キロは泳いでいる。

 そもそものモチベーションこそ情けなく不純なものであったが、いざ始めてみるとこれが結構楽しい。無心になって泳ぎ、しっかりと体を動かして汗をかく。そして泳いだ後喫煙コーナーの椅子に気だるい体を投げ出し、カップベンダーのキリン「力水」80円を飲みながら一服する、というのが至福の喜びになってきている。運動することで精神的にもハリが出てきた気がする。来年の海外生活へ向けての体力づくりにも持ってこいだ。

 ところで問題の体形のほうはどうなったか。一ヶ月たってみても、腰に居座った「タイシボーズ」たちに立ち去る気配はいっこうに見えない。下手すりゃ増えたんじゃないかとさえ思ってしまうほどである。たかだかひと月ではやはり効果は出ないか……。

 そこで思う。

「世のなか、やったらやった分だけ見返りがあるかというと、必ずしもそうではない。
 しかし、やらなかったらやらなかった分確実に、その報いはやってくる」

 マユゲの闘いはつづく……。

2001年11月11日(日)

航空券購入

 申請に必要なものはいたってシンプル。

/柔曾顱瞥彈命拭
▲僖好檗璽箸離灰圈
N更塒縮鶻稜Ы顱覆泙燭蝋匐券のコピー)
な嵜用封筒

 これはつまり、参加者は先に出発日を決めて航空券を購入するということ。チケット買っちゃってから、「ヤッパリアナタ、失格デース」なんてのは止めてよね、とは思いつつも、まずは出発日を「えいや」で1月15日に決定。

 実に簡単に決めてしまった。もともとマユゲは一月出発の予定。そんでもって旅費が高い年始の時期は避けるでしょ。年明けの歯医者の日を過ぎたところじゃないとまずいよな。なおかつ「なる早」で……、とそんなわけだ。

 切符の種類は、もちろん格安航空券、片道。参加要綱上は「往復の航空券をお持ちになることをお勧め」されてはいるが、何せ往復は高いし、一年間めいっぱい滞在したいとなると有効期限がネックになってくる。まさか普通運賃で買うのも馬鹿らしいしな。片道切符でも、「出国のために必要な旅費を持っていることを証明」できればいいということなので問題ないだろう。

 というわけで今日、さっそくエイチアイエスに発注の電話。何種類かの選択肢の中から、「エア・カナダ 成田→バンクーバー片道 52,500円也」を選ぶ。現在、アメリカ系航空会社に一抹の不安があるのと、ANAカードでマイルが積算されるというのがポイントだ。出来るだけ早く手元に旅行予約確認書が欲しいというリクエストを出したところ、担当のお姉ちゃんは実にフットワークよく対応してくれた。やはりテロによる航空不況のなか、旅行会社としてもサービスの充実に一層の努力してくれているようだ。

 チケットはこれでよし、と。じゃ、申請書用の写真を撮りにいくとするか。

2001年11月09日(金)

読んだら押して↓
エンピツユニオン

My追加
▲TOPINDEXpastnext