水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2018年01月24日(水) 乃南アサ『早朝の散歩』

ちょっといい話。

白杖をもつ男性が電車に乗るのを手助けした女性。
電車の中のふたりの会話が朝の時間を進めていきます。

適度な距離を保ちながら、お互いの話をするふたり。
何気ない言葉が、相手の気持ちを和ませます。

縁があれば、またどこかで会うでしょう。

こういう話は掌編でちょうどいい。

電車は物語であふれています。


2018年01月23日(火) 乃南アサ『アンバランス』

乃南アサの短編集「それは秘密の」(新潮文庫)を読んでいます。
今日は、その5番目の作品『アンバランス』。
一緒に暮らしてはいるけれど、結婚はしていない男女のお話。

瞳子(とうこ)と直也(なおや)。
同棲期間が四年というのは、長いですね〜良くないわ〜
結婚生活と同棲生活は、全く別のもののような気がします。
瞳子の悶々とした気持ちが、せつないですね〜
直也もプロポーズを考えながら、ひとりで抱え込んでいて、せつない。

自分の時間がたっぷりある瞳子と、仕事仕事で疲れている直也。
よくある話。


結婚しても、毎日が微調整ですよ。


2018年01月19日(金) 乃南アサ『内緒』

掌編です。
サクッと読めて、ほのぼのと。

電車の中でキスしていた香苗ちゃん、なんと、知り合いに目撃されます。
この知り合い、彼女で登場するので、女性ですね。
会話からはごく親しい間柄だとわかってきます。

香苗ちゃんと彼女の関係が明らかになるのは、ラストなんですが、
彼女がどういう人か、輪郭が見えるのが面白い。

ドキッとしたセリフがひとつ。
──「恋っていうのはねえ、欲求不満の塊になることよ」

ほお。
覚えておこう。
いつか、誰かに教えてあげよう。
これも小説を読む楽しさのひとつ。


2018年01月16日(火) 乃南アサ『僕が受験に成功したわけ』

大学入試センター試験が終わったばかりのこの時期に、
『僕が受験に成功したわけ』!
これは、勘違いする人が多いのでは?
ちょっと、このタイトル、異議あり!

まぁ、確かに、登場人物は受験生ですが、
中学受験を目指す小学生ですよ。
そして、なんとまぁ、おませな!

心理描写が巧みなのはわかります。
情景描写も、なんだか、ナマナマしくて、嫌な感じ。

んまーーーー!
真吾くんのお母さん目線になってしまいました。









2018年01月15日(月) 乃南アサ『ピンポン』

5ページほどの掌編なので、あっという間に読み終えた『ピンポン』。
あ〜わかるわかるのはじまり。
瞼が腫れた女がベッドから出られない。休日で良かった。

そうね、良かったね。
でも、
こんなときに限って、ピンポンが鳴るのよ〜
と、思いながらページを捲ったら、期待を裏切らないピンポン。

突然、彼が来ましたよ。
どうする?どうなる?

ラストは、予想通り。
うふふ。

若い頃に読んでいたら、短くても退屈な作品だと感じたかもしれません。
人生、長くなると、小説の中にひそむ魅力に気づく力がつくようです。
掌編作品のタイトルが『ピンポン』なのは、素敵。



2018年01月13日(土) 乃南アサ『ハズバンズ』

乃南アサ「それは秘密の」(新潮文庫)を読み始めました。
心理描写の洗練を極めた珠玉の短編九編を収録──の中には、5ページほどの掌編小説が四つ。掌編は何だかとても新鮮!

最初は短編の「ハズバンズ」。
人物の描写、駆け引きが、巧いなぁと感心します。

ハズバンズと複数なのは、夫と元夫のふたりのこと。
そこに、ちょっと困った妻が出てくるのです。

いい人だと思っていたのが、一瞬で反転する面白さ。
人の性格も気持ちも、向き合う相手によって違ってきます。
妙に物わかりの良さそうな笑顔の人には、気を付けた方がいい。
見守っていると信用していたのに、実は、見張っていた。
人の心は 摩訶不思議。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加