水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2005年05月29日(日) 法月綸太郎『都市伝説パズル』

都市伝説というと、最近は、「ケータイがつながらない時は、振るとつながる」
なんて聞きますが、この作品が見つめる都市伝説は、もっと古典的なもの。
「電気をつけなくて命拾いしたな」・・そう、あれです。恐い話のあれ!
そんな都市伝説に見立てた殺人事件をめぐって、作者と同じ名前の推理作家、
法月綸太郎と父親である法月警視が推理を競い合います。

隙を見せない畳み掛けていくような文章に、こちらが追い詰められていくよう。
推理作家になるには、頭脳明晰じゃないとムリなわけで、こういう質の高い
作品を読むときは、読み手の方も、頭スッキリ状態じゃないといけませんね。
そして、謎が解明されたとき、パズルはカチッと完成し・・。

2002年の第55回日本推理作家協会賞受賞作でしたか。納得!
名推理に惚れ惚れ。。ですが、犯人の心情を思うと、少し悲しくもあり。。

都市伝説ものなら、恩田陸の『魔術師』(「象と耳鳴り」収録、祥伝社文庫、
2003.5.22記)も、面白いですよ。


2005年05月21日(土) 高野和明『六時間後に君は死ぬ』

これがミステリーというのを読みたくなって選んだのが、日本推理作家協会編
「零時の犯罪予報」ミステリー傑作選46(講談社文庫)です。

(本によって、ミステリーだったり、ミステリィだったりするのは、短編と短篇
の違いくらい曖昧で、少々困惑します。日記の方も、ミステリーとミステリィが
混在しておりますが、特に意味はありません。)

オビのコピーが、強気ですね〜挑発されて買いました。素直なんですよ。(笑)
でも、先入観念は持たずに読むことに。ベストセラーを読むと、期待しすぎて
ガックリくること多いので。そんなことありませんか?

前置きが長くなってしまいましたが、10人の作家のミステリー短編集の始まりは
高野和明『六時間後に君は死ぬ』。人の未来がわかるという謎の青年に声を
掛けられ、「六時間後に君は死ぬ」と予言された元デート嬢は──。

時限サスペンスならではの緊張感に、六時間後という設定が効いてます。
六時間後なら、回避できる方法をギリギリ見つけられるはず!
出会いはファンタジー、整然とミステリー&サスペンス、ラストは綺麗ですね。

画像を追っていくような感覚は、アメリカで映画の演出・編集を学び、帰国後
脚本家として活躍中という高野和明の著者紹介を読んだから?それだけでは
なさそうです。


2005年05月08日(日) 永井するみ『ビスケット』

あたたかい想いに包まれました。

知鶴は、リフォームを希望する家を訪ねます。70代の夫婦がふたりで暮らす
家は、築35年。バリアフリーにして、手すりをつけて・・と考える夫人に対して
ご主人は……。

使い勝手が多少悪くても、長年住み慣れた家と、お互いの性格に嫌な面を
見ても、思いやりいたわりあう老夫婦には、どこか通じるものを感じます。
夫に甲斐甲斐しく尽くすことが生きがいのような妻と、頑固な夫。どこにでも
いそうな老夫婦だからこそ、ふたりの気持ちが胸に迫り、じーーーん。

ミステリィあり、老夫婦の愛情物語あり、知鶴の成長も見え、読みごたえが
たっぷり。インテリア・コーディネーターという仕事の大変さ、やりがい、喜び
も伝わってきます。

連作短編集「ランチタイム・ブルー」(集英社文庫)の最後を飾る『ビスケット』、
とても良かったです。森クンの立場もはっきりしてきました。
永井するみ様 続きをぜひ、お願いします。ぜひ!


2005年05月05日(木) 永井するみ『ウイークエンド・ハウス』

別荘で何かが起きる──。
別荘に集まる男と女たちに漂う空気は、キラキラとゴージャスで、めくるめく
ような淫靡さで……とくると、森瑤子の濃厚な世界になります。

永井するみは、清純派(なつかしい響き)なので、めくるめくは、ありません。
森瑤子なら、情熱の嵐吹きまくる激しい描写に移るところで、永井するみは、
恋人たちに、あとはおまかせ状態にしちゃうんですよ〜。
ラブシーンを書くのが照れ照れで、恋愛小説が書けないと悩んでいる人には、
ものすごーく参考になると思います。あ、こういう方法があるのか!ってね。

おっと、すみません。『ウイークエンド・ハウス』のことを話すんでした。
知鶴と森クンは、上司の広瀬さんが週末を過ごす蓼科の家に誘われます。
ウイークエンド・ハウスで何が起きるか・・それは、読んでのお楽しみ!
ハラハラした分、ほのぼのします。森クンが、“いいひと”から、一歩前進し、
頼もしくなりました。


2005年05月03日(火) 永井するみ『ムービング』

『ビルト・イン』に登場した営業の森クンが、予想の上をいくスピードで、知鶴に
接近してきました。いえ、電話したのは知鶴の方からですが。引っ越すことに
した知鶴は、不動産やで保証人が必要と言われ、森クンに頼むんです。
賃貸とはいえ、保証人ですよ!覚悟はいいの?森クン!

ふたりで物件を見に行き、偶然、その部屋から引っ越す女性と会ったことで、
森クンは──。

親切なのか、おせっかいなのか、嫉妬なのか、心配なのか、好意なのか恋心
なのか、スパイスは多種多様。いろんな気持ちが入り混じり、気持ちが乱れる
ほど、どんどん相手を意識していくものなんですね。

雨降って地固まる・・恋愛シーンでは、雨降らすのは自分というのも面白い。
降らせすぎには注意が必要ですけれど。

殺人の二文字がなくても、しっかりミステリィしてます。and 恋のはじまり♪は、
ほろにがくも甘いビターチョコ。


水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加