水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2002年06月07日(金) 松本侑子著『防波堤』・おわりに

「別れの手紙」(角川文庫)の最後の物語は、自分の存在価値を探し求める
女の物語です。つきあっていた恋人からのプロポーズを断って、自分の気持ち
のままに生きていく葉子は、どこにでもいるような30代のOLです。

どこにでもいるような・・これは便利な言葉ですが、実態がよくわからない
言葉でもあります。葉子は、見た目は平凡なOLですが、その胸の内に女同士
の恋愛に欲望を感じる激しさを秘めているのです。

男性がプロポーズする時、僕が君を守るという使命感にも似た気持ちになるの
は、わかるような気がします。タイトルの『防波堤』は、葉子の結婚観と
恋人、浩の結婚観とふたりのズレを表していて感心しました。

男が女の防波堤になるという図式は、男性の意識の中に根強く、これからも
なかなか変わらないと思いますが、女性は変わっていくと思います。
恋愛の延長に必ずしも結婚があるわけではないと考える女性が増えているように
感じます。


葉子は浩に別れの手紙を書きますが、あえて渡すことはしません。
それはなぜか、読んでみて下さい。


メールではなくて、手紙もいいものです。


この短編集には、他に瀧澤美恵子『ドンツク囃子』、玉岡かおる『花の潮流』、
藤堂志津子『グレーの選択』が収められ、まったく状況が異なる男女が登場しま
す。そして、綴られる別れの手紙はどれも力強く、終りではなく、始まりの予兆
を告げるものになっています。再生するための別れなのです。


2002年06月01日(土) 蘯のぶ子著『緑かがやく日に』

手紙をテーマにした短編集「別れの手紙」(角川文庫)の二番目のお話は、
衝撃的な母の告白でした。結婚式を一週間後に控えた娘に宛てた、母からの
手紙に、娘の出生にまつわる過去を綴る苦悩が滲みます。

娘がもうすぐ結婚するというだけで、どんな恋をして、どんな人と新しい
生活を始めるのかといったことにまったく触れていないので、読んでいて、
最初から最後まで困惑しました。

真実を伝えなければならないという母の気持ちは、わからなくもありませんが、
それは娘が望んでいたことなのだろうかという大きな疑問が残ります。
微細にわたる生々しい描写は、母の苦しみを鮮やかにしますが、それは、母の
自己満足にも思えて、この手紙を読む娘を突き放すかのような残酷さ、冷酷さ
を感じました。


母につらく悲しい恋があった……それだけでも衝撃的です……。
母って、恋の匂いがしないじゃないですか?



折りしも、厚生労働省は、生殖医療のルールづくりの中で「出自を知る権利」
を認める方針を4月に打ち出しました。子どもにとって、遺伝子上の親を知る
ことがどれほどの深い意味を持つのか、どのような告知が子どもと親、両者に
とって望まれるのか、今は匿名のドナーはどのように扱われたら良いのか、
多くの議論はこれからのようです。



水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加