noAk colmn...noAk

 

 

お誕生日会 - 2004年02月29日(日)

 昨晩、友人の”ビックリお誕生日会”をしました。
そこで”パリン”と撮った写真がなかなかの出来だったので
UPします。
 

 なかなか良い雰囲気じゃないですか?


-

ロゴ - 2004年02月27日(金)

 本日はまたまたイラストレーターの山本さん
(山本さんのHPはコチラ→http://www.geocities.jp/saymot/)
に手伝って頂き、若干noAkのロゴを変更。。
みなさん気づかれました??


-

施設 - 2004年02月24日(火)

 ニュースステーションを見てました。
怒ってます。
 最初から見てたワケじゃないんで全ては把握してないんですが、
内容は・・・国立の重度知的障害者の受け入れ施設を、
(取り壊すのか、撤去するのかが途中からの為、不明なのだが・・・)
”地域移行”という名のもとにその施設から入居者を退去させ、
地元の施設に移すというもの。
 その計画自体、ちゃんと受け入れ体制が整って実行されるのであれば
いいが、すぐに受け入れが可能な10人ほど。体制が整えば可能な
地域施設を含めると80人ほど。 ただ国立の施設には現在300人ほどが
生活をしているというのです。じゃー、あとの210人はどうなるので
しょうか?
 ただ、施設は国立の為、国の決めた方針には従うしかないらしいのです。
施設で働いている方は、なんとか継続させようと国のお偉いさんと
話し合いをしていましたが、お偉いさんの答えはイマイチよく分からない
説明でした。。
 また、お偉いさん達は”地域移行”の計画とは全く逆の提案も
出していました。それは”ホームヘルパーの賃金2割カット”
”地域移行”を実行するのに必ず必要になってくるホームヘルパーの
人達の給料は下げますよ。って話。・・・そりゃ逆でしょ??
もちろんこの計画は反対運動を受け、撤回されましたが、「この計画の
”意図”は何だったんですか?」という、ニュースステーションの
レポーターの方の質問には、「・・・え〜・・・意図はなかったです。」
・・・って何よそれ!!?たかじんですわ。「なめとんか!」
 まったくイラク支援とか言ってアメリカへのゴマスリ資金を苦慮する
くらいだったら、もっと国の為に、国民の為に税金を使って欲しい。
イラクにも何しに行ってるんでしょうか。。
 あ〜なんだか、columnを書いててまた腹が立ってきました。。
なんだか、長くなってきたんでこのあたりで。。

 ちなみに今朝、我が実家の超近所で殺人事件がありました。
おやすみなさい。





-

洗面台! - 2004年02月23日(月)

 本日quatre saisonで購入した洗面台が届きました!


 かなりジャンク家具っぽくて良くないですか?
素材はアイアンです。
スタンドにミラーをはめ込み、器型の洗面台を置いただけ!
そこにポツンと石鹸置きがあります。 

 昨晩から友人に来てもらい今まで使っていた洗面台の
撤去作業をしました。(お疲れ様でした!ありがとうっ!!)
 ただ、問題はこれから・・・。器には穴も開いていない状態なので、
穴を開けて水道管とつなぐ作業(ひょっとしたら溶接もあり??)が
必要なのです。。
 でも、ちょっと楽しみな作業が出来ちゃいました!


-

スケッチ! - 2004年02月18日(水)

 本日も良い天気。
愛車”MAJESTY”でまたまた近くの河川敷へ。
今回は前日から急に”絵を描いてみよう!”と意気込み
スケッチブックと色鉛筆を持って行きました。


 本日書いた作品は現在TOPページにて展示中〜。


-

日記の怪 - 2004年02月17日(火)

 しかし・・・、この日記のカウンターが示す数字は現時点で446。
そして、ホームページのTOPのカウンターの示す数字は439。
普通に考えてTOPから日記に飛ぶはずなので、TOPの数字のほうが
多いのが普通のはずなのに・・・

 何故??





-

ジャンク・スタイル - 2004年02月16日(月)

 本日はその名もそのまま、”ジャンク・スタイル”
(衒針渕辧‖臺唇貉沺小畑雄嗣 著)という本を読みました。


 本と言っても活字は少なく、ほぼインテリア誌。アンティークではない
ジャンクなインテリアを特集しているもの。
この本でいうと、アンティークとは骨董品、つまり100年以上経つ
中古の家具や生活道具のこと。WTO(世界貿易機構)でも、製造から100年
以上経つものを「アンティーク(骨董品)」としている。
これに対し、ジャンクとは、直訳はガラクタ、不要なもの。雑貨、
インテリアの分野では100年に満たないもの。
 その”ジャンク”な雑貨・インテリアや、それだけにとどまらず
床材や洗面&トイレ&バスルーム、テラス・ガーデンに至るまで
楽しく紹介している本でした。


-

洗面台 - 2004年02月15日(日)

 本日、よく行くお店quatre saisonにて洗面台を予約してきましたっ!
ちょうど年末から我が家の洗面台は調子が悪く、
”リフォームしなくては・・・でもただ直すだけは嫌だなぁ。。”と
考えていたところ、偶然にも発見!!
アンティーク調でスタンドと器とミラーのみの超シンプルな造り。
水の配管をどうするか(友達が出来るか??)だけを友人に連絡
したところ、「穴が開いたらなんとでも出来ると思うでぇ〜」という
頼もしい言葉を後ろにお金もないのに、売約だけ済ませてしまった
のでした。
 また、届いたらその洗面台とセッティングしたところを
UPしますね。。


-

点子ちゃんとアントン - 2004年02月13日(金)

 本日ドイツ映画”Punktchen and Anton(点子ちゃんとアントン)”を
DVD鑑賞しました。内容は、点子ちゃんとアントンは大の仲良し! 
点子ちゃんの家は裕福だけど、アントンは二人暮らしの母親が病気で
家計の為に夜働いているのだ。。点子ちゃんも友人が困っているのを
ただ黙っているわけにいかず、なんとか力になれるよう考えるのだが・・・
 と言った内容です。
 
 友情と家族の絆、、、何と言っても普段一緒にいるのが当たり前に
なっている家族ですが、何気ない会話の大事さ、そして
幼い頃誰もが一度は思ってしまう、”僕、私は愛されていない
のでは・・・?”という気持ちを改めて彷彿させてもらいました。
 服装や映像も可愛いです! ちなみに文部科学省選定らしいです。
(よく分かりませんが・・・)

 個人的に最優秀男優賞はやはりアントン、最優秀女優賞は
点子ちゃんの家庭教師役 Laurence に決まりです。




-

ミシン - 2004年02月11日(水)

 本日、広告チラシでお願いしたミシンが届く予定になっていた。
ただ、知り合いから「以前注文して持って来てくれた時、
何故かオバちゃんが二人も来て注文した奴をけなして、値段の高いのを
勧めてきた!」という話を聞いていた。
”ピンポ〜ン”ドアを開けると・・・オバちゃん二人!!
で、知り合いが言っていたほどけなしはしないけど、やはり高いのを勧め
られちまいました。買いませんでしたが。
とりあえず、全くド素人だった僕はミシンのイロハを習い、「考えます。」
と言って帰ってもらいました。
 その後、母に電話をしミシンの話をすると実家に使っていないのがある
との事。早速見に行くと・・・なんだかレトロでかなりズッシリ重量感の
ある、そしてなんだか懐かしい匂いと思い出の詰まったミシンがそこにはありました。


 まだまだミシンはこれからだけど、今朝のオバちゃんが後から出してきた
高性能のミシンよりも、僕には価値のあるミシンがGET出来ました。
いや〜お金じゃ買えない価値って、こういうのを言うんですねぇ。。
それでは、さよならっ、さよならっ、さよならっ。。(淀川長治風)


-

道 - 2004年02月06日(金)

 自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い道もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。
 この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。
 あきらめろというのではない。いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくこの道を休まず歩むことである。自分だけしか歩めない大事な道ではないか。自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。
 他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。
 それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

 ・・・猪木ではないです。皆さん。
先日購入した、PHP出版、松下幸之助 著 ”道をひらく”


からの抜粋です。

 今読んでいる途中なのですが、いわばあたり前的な事を書かれているのに、頭に残る・・・きっとあたり前な事が出来ていないのかなぁ?
と、思うのです。
 またいい文があれば載せちまいます。。


-

初銭湯 - 2004年02月04日(水)

 本日は”愛車・Majestyを動かさなくてはバッテリーが上がってしまう!”
という事で昼過ぎから無理矢理友人を誘いショートツーリング、
約50kmをこの真冬に走ってきました。
ツーリング後、地元の銭湯へっ。そして回転寿司とビールという
庶民にはとても素敵な幸せを頂いた一日でした。。

 しかし、大阪と奈良は国が違うのか、トンネルを一つ(山を一つ)越えた
だけで、わた雪がフワフワと舞っていました。。



-

ビクター犬 - 2004年02月02日(月)

 本日、zakka otherのページに1点追加をした。
今回は、皆さんご存知のビクター犬。


 エピソードを調べていると、実はいろんな説があった。
(例えば、最初の飼い主が画家であったとか・・・)
なので、自分なりに話を構成した部分もありますのであしからず。。

 調べて、初めてこのビクター犬が実在し、正式な名前が
Nipper(ニッパー)であった事も分かったし、どこかで聞いた事のある
エピソードも実際にあった事なんだと分かった。
 zakkaのotherのページには書きたいけど書けなかったこぼれ話・・・
ニッパーは、テリア系だが、ブルガリアの血が入っている雑種で気が荒く、
自分からは仕掛けないが、売られた喧嘩は受けて立ち、
絶対に負けなかったという事です。



-




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will