水野の図書室
Diary目次過去を読む未来を読む
実りの秋になりました。皆さまも体調に気を付けて今日も良い一日でありますように。


2020年03月18日(水) 北村薫『続・二銭銅貨』

北村薫『続・二銭銅貨』。
続?
これは、江戸川乱歩の『二銭銅貨』を先に読んだ方がいいと気づき、
『二銭銅貨』を読み始めて、子どもの頃に読んだことを思い出しました。
有名な暗号解読物語で、暗号部分は頭がクリアでないと入ってきません。

思いがけず、乱歩と再会。
若かった頃は、推理小説にハマった時期もありました。。
私のことは置いといて、北村薫の凄さを改めて知る『続・二銭銅貨』。
頭がスッキリとしている時、気持ちに余裕があるときに読んでほしい。
頭脳明晰な人なら、ワクワク、ゾクゾクが楽しめることでしょう。

ところで、二銭銅貨を見たことありますか?
古銭ですから、その現在の価値はいかほど?とネットチェックしたところ、
希少価値のある明治6年発行の二銭銅貨が高値のようです。



水野はるか |MAIL
Myエンピツ追加

My追加