A Thousand Blessings
2004年1月〜最新ひとつ前に戻るひとつ先に進む


2006年06月28日(水) SMILEを聴け

ボーナストラック2曲(バックトラック演奏)が聴きたくて
「SMILE」の国内盤を買いなおす。
でも正解。特に“キャビネセンス”は秀逸。僕はこのカラオケでは歌えない。
難しすぎて。
スマイル本にも書いてあるが、ワンダーミンツのダリアン・サハナジャの尽力が
スマイル完成を可能にしたのね。
彼がいなければ、100%完成していない。
ワンダーミンツがメジャーデビューしたとき、
ブライアンは次のようなことを言っていた。
僕には社交辞令のように感じたが、本気だったんだなー。ブライアンの人を見る目は
すごい。
「もしワンダーミンツのようなバンドが1960年代の僕のバックを勤めてくれたら
『ペットサウンズ』の全曲ライブ演奏も可能だっただろう」
細かい部分では違っているかもしれないが(笑)、そんなことを言ってた気が。
驚くべきブライアンマニアのダリアン・サハナジャは、スマイルのありとあらゆる
断片を収集していたという。それを組みあわせながら、ブライアンの当時の記憶を
紐解き、完成するはずだった1960年代の「スマイル」に極力近いものを
再構築していった。気の遠くなるような作業。
しかし、完成版のスマイルのすごいところは、
そこにさらに驚くべき新たなアレンジが
加えられたこと。
もっとも感動的だったのは、サーフズ・アップのストリングスかな。
これから、スマイルのドキュメンタリーDVDを見るが(10度目の鑑賞)
見るたびに何らかの新発見がある。こんな音楽、どこにある??

ディランの「ノー・ディレクション・ホーム」DVD(3時間半!)を見て
コステロとアラン・トゥーサンの共演盤と
ジョニー・キャッシュの未発表音源集と
小谷美紗子の「night」と
leyonaの“レイニー・ブルー”(岸田繁作品)と
サンタナの「ロータスの伝説」から“ネシャブールの出来事”を聴き
暑いながらもそれなりに充実した一日を過ごせた。
ただ、午前中にした腱鞘炎注射(6箇所も!)の痛さは、シャレにならんな。
注射をした日は風呂に入れない。シャワーも禁じられている。
こんなに暑いのに。なんてこったぁ〜

あーー、ボブ・ディランの編集CD−Rを作る時間がない。
新しい編集CD−R(sumita’s selection)の選曲も
3枚分終了しているのだが曲順を決定する体力がない。
仕事がある日は、一日が12時間。休みの日は一日が48時間ならいいのに。
アホなことばっか考えている


2006年06月27日(火) 「ヴァイブレータ」と「害虫」

「誘拐された理由について思い当たるふしは?」と質問されて
「いえ、まったくないです」と答えるアホな母娘。
セレブな母娘としてテレビにたびたび出演して収入自慢をしていたから
身代金目的の誘拐をされたわけで。ま、それはそれとして。
僕が親なら、無事開放された愛する娘をテレビカメラの前に再び立たせるような
愚かな真似はしないな。
やっぱりこの女医さんは、自己顕示欲のかたまりとしか思えない。
何不自由なく育った21歳の娘の話し方は
僕の周りの21歳のそれとくらべて、驚くほど幼い。お母さん、もっと考えなくちゃ。
と、今回はどうでもいい話からはじまる。

ほんとはW杯日本代表のことを書こうと思ったのだが
なんか、バカバカしくなっちゃって(笑)やめた。
とりあえず、巨人が完全に沈没して
愛する中日が首位に立っているだけで、僕は満足。

音楽も聴いてるし、DVDも見てるよ。
今日もアマゾンから5枚届いたし。
すっごいのや、ものすっごいのや。
ザ・バンドの6枚組ボックスなんて、、もう・・・!

とりあえず、うぉーー!というのを列記して。

1 ザ・バンド/ミュージカル・ヒストリー(6枚組)
2 ボブ・ディラン/ノー・ディレクション・ホーム(2枚組DVD)
3 ソニック・ユース/ラザー・リップト
4 小谷美紗子/night
5 エルヴィス・コステロ&アラン・トゥーサン/ザ・リヴァー・イン・リヴァース
6 ヤン・冨田/フォーエヴァー・ヤン
7 ピチカート・ファイブ/ピチカート・ファイブ・アイ・ラブ・ユー
8 坂田明/ひまわり
9 マリーザ・モンチ/私の中の無限

うーむ。この辺が、ここんとこの、うぉー!かな。


かつて、20代の頃。友人とスタジオでブルースセッションをしていたとき
サックス担当のK君がキーを間違えて吹き始め、そのまま轟音のため
気づかず(アホですから(笑))、ドラムスを叩いていた僕は
その奇妙な音の感覚、つまりフリーキーで崩壊しているのに
どこか美しい音の連なりにカタルシスを覚え、イッちゃったのだ。
アルバート・アイラーに出会う前の話。
で、その後、「スピリチュアル・ユニティ」を聴き
うぉー!これじゃ!と思い、メンバーを緊急招集。
その日からフリージャズセッションバンドと相成った訳でして。
最終的には、ドラムスの僕とギターのH君、ベースのM君の3人に縮小。
夜の9時から翌朝の5時まで、スタジオの中で狂おしい演奏を意味もなく
垂れ流しつづける、宗教的熱狂バンドとなったとさ。
その頃の録音物は、引っ越す時に僕の小・中学校の全ての作文・絵・手紙類
成績表・答案用紙・写真とともに消え失せた。父親曰く、「間違ってゴミに出して
しまった」そうだ。
ま、確かにゴミと言われれば、ゴミだろうが。残っていれば、知人・友人に聴かせたい
ものではあったな。ギターのH君はロバート・フリップだったもんね(笑)
なんだか、青春時代の思い出の品がひとつもないというのも、、ねー・・。


明日は、医者に行き、3度目の腱鞘炎注射をしてくる。今度は6ヵ所。
夏が。。ああ、、怖い夏が来る。

お、そうだ。
数年前に話題になった映画「誰もしらない」をDVDで見た。
クソ面白くもない自己満足映画で、がっかり。内容は実話に基づくらしい。
ああいう一見ドキュメンタリータッチの映画(かなり作為的)は
苦手。監督のねらいが見え見えなのに、それにいとも簡単に引っかかった
某海外映画祭の審査員のレベルって、低いよね。主役の少年もどーってことないし。
それよりも宮崎あおい主演の「害虫」の方が、同じ不幸のベクトルならリアルだと思う。
「害虫」を見終えたときの後味の悪さといったらもう。だから評価するんだが。
悲しすぎる話だ。

寺島しのぶ主演の「ヴァイブレータ」と宮崎あおい主演の「害虫」
どちらもおすすめ。

見てね。






2006年06月22日(木) surf’s up 2004

素晴らしいを読み終えて数日が経ち、再び“surf’s up”製作過程のくだりを読み直す。
たまらず、1971年版と2004年版を続けて聴く。
僕の評価が見事に入れ替わった。
カール・ウィルソンの少年のように透き通った声で、あのメロディが僕の脳に
インプットされていたおよそ25年間の何百回という感動が
美声とは程遠い現在のブライアン・ウィルソンの声によって
一気に上書きされた瞬間である。
このようなマジカルな出来事は数年に一回あればいい方だ。
僕にとって“surf’ up”とは、特別すぎる作品だ。
特別すぎる作品であるがゆえに、2004年のブライアンの声を認めたくなかったのだが
今、初めて、彼の声の意味が理解できた。
それをここで説明することはできない。
知識は音楽を聴いていくうえで
決して邪魔にならない、とは萩原健太の言葉。そのとおり。


2006年06月20日(火) はたらくくるま

体調、悪い。腰、痛い。腱鞘炎再発。梅雨、嫌い。蒸し暑いの嫌い。

リボ払いでCDを購入。いつかカード破産するかも。恐ろすぃ〜・・。
実際、音楽なんか好きじゃなかったら、相当金も貯まってただろうに。
ただ、そんな金貯めても意味無いけど。孤独じゃね。

「ソニック・ユース/ラザー・リップト」
「マリーザ・モンチ/私の中の無限」
「ジョニー・キャッシュ/パーソナル・ファイル」
「ジョニー・キャッシュ/アット・サン・クェンティン(完全版)」
「ブルース・スプリングスティーン/ロンドンライブ1975」
「イーノ&バーン/ブッシュ・オブ・ゴースツ(7曲ボーナストラック入り!)」
「のこいのこ/のこいのこ大全」
「サンタナ/ロータスの伝説(完全版)」
「坂本真綾/風待ちジェット」

ジョニー・キャッシュの2枚組の「パーソナル・ファイル」は驚きの
自宅録音完全未発表集!聴いたけど、こりゃ、すげーや!すげー。




「ブッシュ・オブ・ゴースツ」の完全版も、ただただ、すえげぇ〜〜〜や!
25年前だぜ。サンプリングなんか無かった時代に、彼らはこんなことやってるんだぜ。
のこいのこは、とりあえず“パタパタママ”と“はたらくくるま”を聴いた
昔を思いだして、ちょいしんみり・・・。
今回購入の8枚のアルバムは、全部、傑作だと思う。気が向いたら感想書くね。
友人の日記に触発されて
ゲーリー・ピーコックの「テイルズ・オブ・アナザー」を引っ張り出す。
トリロジー記境掘◆⊃爾だこΔ世覆 。。。ほんと深い。ついでに録音もいいなぁ。


おっと、こいつを忘れちゃいかん。
もう、読み終えた。面白ーい。


2006年06月13日(火) ウィー・シャル・オーヴァーカム




断言しちゃおう。
よっぽどのことがないかぎり、今年最高のアルバムは
ブルース・スプリングスティーンの「ウィー・シャル・オーヴァーカム:
ザ・シーガー・セッションズ」に決まるだろうな。
って、まだ6月なのに、いいのか。
そうそう、5月30日の日記で発表した“上半期10枚”には
含まれてません。最近購入したもんで。

アルバムについての情報はココとかココ。またしても丸投げ(笑)

ブルース・スプリングスティーンの凄さが突然分かったのは、半年前のこと。
「明日なき暴走〜30周年記念ボックス」収録のライブDVD(1975年ロンドンライブ)
を見てから。理解できなかったものが、全部理解できてしまった。
一旦、理解できれば何を聴いても楽しい。
それにしても、おっそろしく遅れてきたファンだな。おいおいって感じだ。

アメリカン・ルーツ音楽に興味がない人には
面白くもなんともないであろう今回のカヴァーアルバム。
ブルースの歌唱は、タイプこそちがうが、
ヴァン・モリソンのそれと同じレベルに達している。
つまり、“最高”ということだ。

演奏も美しいぞ。
ギター、ウッドベース、バンジョー、ドラムス、オルガン、アコーディオン、
チューバ、ヴァイオリン、サックス、トランペット、トロンボーン
参った。

そして、もちろん、ピート・シーガーの作品は永遠に輝き続ける。

さて、明日は、4時間かけてボブ・ディランの2枚組編集CD−Rを作成する。
僕のジャズ師匠でありポップス弟子でもある友人に送りつける。


2006年06月11日(日) ノー・ディレクション・ホーム

生きててよかった、と思える音楽作品。
たとえば、「ペットサウンズ」や「ブロンド・オン・ブロンド」
あるいは「スマイル」や「キー・オブ・ライフ」や
「オールマンのフィルモア・イースト・ライブ」のような極めて特別なやつ。
これらの音盤に匹敵する映像作品を僕は知らない。
何十作品も観て来たのに、映像は音を超えられないという結論に達しかけていた

21日にボブ・ディランのドキュメンタリー映画のDVDが発売される。
すでに音楽誌では話題騒然だが。
「ノー・ディレクション・ホーム」(戻ることができない地点)
詳しくはこちらをご覧あれ。面倒くさいので丸投げ(笑)
先に発売されたサントラ盤で僕は腰を抜かしていた。
         ↓



今度はそれの
映像が見られるのだ。生きていればいいこともある。

仕事が一段落したら、
2枚組の「僕が愛したディラン」というCD−Rを作る。
僕のためにね。かつて吉田拓郎がそうしたように。

それにしても、、時間がない・・・・。





2006年06月06日(火) 編集CDR 【 in a mist 】




映画「ダ・ヴィンチ・コード」の評判の悪さは、わかる気がする。
読んでないし、観てないけど。


撮影時30歳の寺島しのぶ主演の映画「ヴァイブレータ」(2004年)を見た。
レンタルDVDをダビングしたまま未見だった。
赤裸々なセックスシーンで話題になった映画だが(確かにかなりリアル)
ロードムービーならではのさまざまなシチュエーションにおける風景描写が
非常に印象的!
物語も心の深い部分に残っていく。
寺島しのぶのなんともいえないカワイイ目の表情が忘れられない。
僕の理想の女性は、こういう雰囲気のひとなのかもしれないな。必見。


・'゜☆。.:*:・'゜★゜


編集CD-R sumita’s selection 2006.6.5

【 In a Mist 】


1 ライ・クーダー/フラッシュズ (1978)
2 オールマン・ブラザーズ・バンド/ジェシカ (1973)
3 クラムボン/アズ・ロング・アズ・ヒー・ライズ・パーフェクトリー・スティル(2006)
4 クラムボン/サマーヌード(2006)
5 ライ・クーダー/イン・ア・ミスト(1978)
6 ホール&オーツ/ドゥ・ホワット・ユー・ウォント(1976)
7 ホール&オーツ/イッツ・ア・ラーフ(1978)
8 ホール&オーツ/ふられた気持ち(1980)
9 スティービー・ワンダー/トゥー・ハイ(1973)
10 ステービー・ワンダー/恋 (1973)
11 さかな/sonokini−nareba (2006)
12 エゴ・ラッピン/hju:mer (2004)
13 ライ・クーダー/オールウェイズ・リフト・ヒム・アップ
            〜カナカ・ワイ・ワイ (1976)
14 カブサッキ東京セッション/the eight day (2004)















響 一朗

My追加