船橋と秋葉原の間は・・・

2003年12月29日(月) 【競馬】本当のお祭りです

第17回大井競馬第2日目。そう大井最大の(通常の)開催日。『東京大賞典』。

大井もそうですけど、船橋をはじめとする南関東場外にとってもとてつもなく大切な開催。なにしろ本場以上の売り上げが叩き出せるという言わば『大勝負の日』なのです。去年は有馬記念から中6日と日程に恵まれたということもあって暴発的な売り上げを記録しましたが、今回は有馬記念の翌日と『考えうる最悪の日程』になりました。特に船橋にとっては『有馬記念の本場である中山』を抱えているため、他の場外に比べてその影響を受けやすいんです。さて・・・。

結果からいえば、『今年の傾向から行けばまあまあ』といったところ。
1.2万人で2.26億。去年に比べれば1億以上売り上げが落ち込んでいます。入場人員は4千程度の落ち込み。まあ去年と比べるのは『今年がかわいそう』。ちなみにJBC(11月3日)と比べれば、7千万増。やはり大賞典、恐るべし。

内容についてはここではあえて触れません。何故かって?船橋勢見せ場なしじゃ・・・。ただ一言。コアレスはG1だけは絡むねえ。恐るべし。

さあ、30日は『ビービーバーニング、牝馬クラッシックへの出発』です。さて30日・31日で船橋は爆発的に売らなきゃ・・・。



2003年12月28日(日) 【美ゲ】今日から復帰します!

体調が戻ってきました。完調時の7割程度。何とかなるでしょう。

今日は、晴海へ。『冬のヲタの祭典』に。前職場の人間と2人で特攻して来ました。

コミケへ行くのは実に4年ぶり。体力が・・・。まあ、30歳を軽く超えてしまっている自分にとってはかなり消耗戦となりました。

基本的に『CD-ROM好き』な私なんで、あまり『目覚まし時計(観村咲子さんの声は大好きです)』『折り目なしポスター』等々には目をつけず。いきなり、ケロQへ。すみません、カンザキカナリさんが死ぬほど好きなんです。もちろん、亜美さんもダイ好きですよ。ここで『モエてん』買ってみますた。『モエかん』は上記の御二方以外にも成瀬未亜さん、永瀬江美弥さん、前に日記に書いていた乃田あす美さんと好きな声優さんばかり。シナリオも絵も結構好みだったりするんです。

んで、次にオーガスト。サントラほしかったのよ。一緒に来ていた奴から「私回れそうにないんで買っといてください」と連絡(命令?)があり上限の2セット購入。相変わらずオーガストの『コミケセット』は謎が多いですな。買ってどーしろと問いたくなる今日この頃。そんなところも好きなの。

でもって、会場横断。一路エゴの物品販売へ。サントラ♪。去年の冬こみで『ボーカルコレクション』買っているんで(買ってもらっている・・・)、接続のためVol4を。そこはエゴ。福袋制度。単価1万。やりますな。
今年のエゴでは『がくパラ!』上等なんで、中心というよりほぼオンリーで大人買い。もち福袋は2セット。

この時点ですでに手足痛いっす。並んでいる時間は結構短めだったんですけど、移動距離が長いのはつらいです。荷物が食い込む!外周へ非難。袋をある程度積み替えて、機動力を回復。

その後戯画のブースで『カラフルハート』のデモCDゲットして、リビドーでCD2003を購入。戯画のデモは結構期待作なんでターゲットでした。『仙台の雄』リビドーは・・・私の年代では・・・避けられないのよ。『放課後恋愛クラブ』は言うまでもなく、『Libido7』『Rhythm』は私のエロゲ暦の中で97年に燦然と輝くですよ。う、もう7年か。次回作は久しぶりに完全新作とのこと。期待大ですよ。

ここで撤退を決意。体力持ちませんでした。あとは30日の同志に期待。できれば、『西う-38b 姫と侍従長』へ行って・・・とは言えません。F&C(まじょかべ)とbonbee!(カレンダー)は期待したいです。



2003年12月18日(木) 【雑記】悲しさ爆発中!

いやあ、パソコン飛びました。そう大空を舞ってます。
ボードとCPUを交換したら「大変ご迷惑を・・・」



苦節半日。でも駄目でした。明日に「事故復旧委員会」を立ち上げ、明日の22時を目処に復旧したいです。

今ですか?予備に秋葉原で買っていた「東芝EQUIUM」で執筆中。WIN98SEですが。最低限のスペックしかないんで、かなりつらいんですが。

もともと、古いゲームをやるために買ってきたこの機体。IME98も使い慣れないの。つらいんですよ打ち込み。

さてどー復旧するか・・・問題だね。

なんかインストールしてやるとしますか。



2003年12月14日(日) 【雑記】今週末は

一言。「○野のおかげで・・・・ゲームが進みました。」

今日は、午前中に車の新車12ヶ月点検。日曜日混んでます。スバルで1時間半ぐらい待っちゃいました。予約してたのに。思わず『沈黙の艦隊』を10巻から24巻まで読んじゃいました。いやあ、サブマリンが空飛ぶのは凄いなとか思いながら。職場でやってみようかな『土下座してプリース』。

「車については長く乗りたい」と思っている私。点検は結構受ける方なんですよ。こんな悲しい生活をしていると、車に対して思い入れが・・・というよりすっかり擬人化。ただし家族とか友達とか恋人ではなく・・・

『同志』

なのです。今やどこ行くにもほぼ一緒。まさに「一心同体少女隊」なわけです。なんで、メンテなるべく受けたいのです。機械も人と同じで『手をかけ愛をかければ応えてくれる』と感じているのですよ。車もパソコンも。なんで「愛情表現」。みなさんも車やパソコンを愛してあげてくださいね。「リース品だし」とか「どーせもうすぐ移籍だし」とか言わないで。壊れて困るのは自分なのですから。



2003年12月13日(土) 【美ゲ】今回はれびゆー

こんなにゲームを進めたのは久しぶりです、この週末。かなり悲しいかも。でも積みゲーを崩すことも生活に潤いを加えることを考えれば・・・必要なのです。

ゲーム紹介・・といっていいか?
今回は『金曜日の子猫』(emu)。今年の6月に発売された・・・んですけど、なにしろ積みゲーの仲間入りをしていた関係で、最近攻略したんですよ。9月に発売の『うたう♪タンブリング・ダイス』も積みゲーになっている現状。かなり辛い。

えみゅー(あえてひらがな表記)と言えば『るなシーズン』(00年)から続く『門司さん・甲斐さん』のゴールデンコンビで『シナリオで悶絶させて、絵でも悶絶食らわせる』メーカーとして北海道で活動中のメーカー。『Railway』『雨に歌う譚詩曲』『Blue-Sky-Blue【s】-空を舞う翼-』と私も好きなゲームです。んで、5作品目になるのがこの作品。

流れは、ちょこっとだけ未来の世界、素通の少年である主人公が
一匹のペット・ヒューマノイドの子猫を拾います。
ほとんど人間と変わらない姿のペット・ヒューマノイドですが、
やはりペットであり、人間ではないはずですが、
ペットとしての常識を知らない子猫「みいゆ」とペットを愛してしまった主人公。この生活の末路は・・・という感じです。

原画にねこねこさん、シナリオがますだ由希さんと変更。「あら色変わるのか・・・」と思っていたら、そこはえみゅー。一言でおかしいです。

18禁としては弱さが目に付き、シナリオも尻切れ度が感じられます。ただ声優さんだけは良いですね。草柳順子さん、歌織さん、西田こむぎさん、一色ヒカルさんと並べば、私的に「即死(即買)」でしょう。

草柳さんや一色さんについては後日ゆっくり。

採点ですか・・・。10点満点で5点ぐらいかな。繰り返してやるほどでは・・・とか厳しいことを言ってみたり。ただ、シナリオ的にラスト以外は結構まとまっているし、次回作に期待。『うたう〜』は別格扱いで。あ、主題歌の『消えない想い』は大好きです。

ちなみに『雨に歌う〜』は7点。『Blue-Sky〜』は7.5点。この2作品は、『門司(もんがまえつかさ)氏の壊れたシナリオと吉川華生先生・草柳順子さんの壊れっぷりを堪能するゲーム』としては秀逸。



2003年12月12日(金) 【競馬】12月船橋は終了!

いやあ、林幻騎手のインタビューは初々しかったですねえ。最近よく上位に顔出している林騎手。同期の脇田騎手と共にがんばってほしいです。

さて、第10回船橋開催総括!
売上は・・・10Rということもあって連日苦戦。その上、大井場外が3日(それも重賞日2日!)発売なし。そりゃ上がり目なんかあるはずもなく、1日目が今年ワースト4位、最終日はワースト2位。悲しすぎる・・・。

もちろん、好転も。『船橋重賞実況が神の手に』。及川サトル氏が桃太郎・・・じゃなく、京成盃GM実況を担当。それに伴い、本場場入場まで!・・・そんなことなら・・・文章も・・・。でも感涙です。よかったです。『羞恥』プレイちっくで。来年も是非担当してほしいものです。あ、もちろん山中氏入場も好きですよ。

あと、『広域発売対象レース』だったこともあり、DG並みの広域発売をしたこのレース。大井がなかったとはいえ、全場で6.3億。メンバーが良いとはいえ『平日で給料日からも年金支給日からも遠い』この日でなら、検討でしょう。広域の場外の方々には感謝です。特に荒尾地区には感謝しなきゃ。

さて、この後は11川崎→09浦和→17大井→12川崎→18大井と5開催場外が続きます。『年末年始は場外発売でコツコツ稼がないとね(はあと)』月間の始まりです。ここで、お客さんに『こんな日に馬券売っているんだ』と覚えてもらわないと、1月以降に(特に来年度)響いてきますからね。

金が・・・とかいっている場合ではないです。

収支のことを考えるなら、ここが勝負なんですよ?去年もここでの場外協力費がものを言ったんですから。『収支を考える』ことよりも『まずは、売っていくこと』が大前提です。来年度は、『今年の大勝負』を成功させないことには、始まらないんですよ!

さあ、がんばりましょう!



2003年12月10日(水) 【競馬】久しぶりに書きます

なんか風邪気味なんですよね。家に帰ると・・・意識がなくなる(汗。落ちてます。いやあ、体力ないです。なんとかしないと。

月曜から10回船橋が始まって今日で3日目。メインは『成田空港へは京成スカイライナーで・京成盃グランドマイラーズ』(チガイマスカ)。メンバーは揃ってましたねえ。どうしたんですかね。確かにこの時期に1600mのレースがないということで、スプリンターからマイラーが集まるのはわかるんですけど・・・。豪華でしたね。

結果は、
『川崎競馬場に古馬マイル重賞を』エスプリシーズが快勝。強かったです。本当に『船橋重賞キラー』ぶりを発揮。来年のかしわ記念でDG制覇もありえますよ。とかいうと○組班に叱られそうですね。順調に過ごしてほしいです。
2着がジーナフォンテン。光と神と竜が前でやりあう中、エスプリと同様「後ろから見てますか」てな感じで、エスプリよりもさらに後方。マイル重賞(SL)がありますんで、正に実力を見せてくれました。
3着はトーシンブリザード。1年半ぶりのレースで前々のレースでした。あれだけ遣り合っての3着キープは『次走再注目必要』です。ただし2000mならもうちょっと後ろの方が・・・。
アディライトは「きつい逃げ」になりました。あれだけ来られては辛いです。適距離がわかりづらくなりました。1400〜2000かな。もうちょっと「殺人的逃げ」のほうが良いのでしょうか。

さて11日は『東京湾カップ』。来年のかしわ記念での活躍を期待するためのレース。船橋の馬が出ないのは寂しいですが、がんばってほしいです。



2003年12月07日(日) 【雑記】最近は・・・

というより今週は、「荒み度」がひどいですね。自分に対して嫌悪感。逝かんですね。改めて金曜日の日記見てそー感じました。嫌ですね。

「何もなければ平和でしょう」という言葉が・・・あまり好きじゃない。だって『自分の存在意義』がだんだん薄れていくでしょ、「ああ、あの人がいなくても」なんてふうに。一番怖いのは、『あの人居なくてもいいや』と思われること。小心者の私には・・・耐えられないですね。

さて、明日からは『第10回船橋競馬』ですよ。今年最後の開催。某板では『餅つき開催』とか言われてますが、「そんなので当たればここに勤める前の私はプラス収支でしたよ」と言ってみたりして。

私と『同盟』を組んでいる方へ先日日記で書いていた『ShortCircuit』という曲の詩を送りましょう。

『Short Circuit』

ピッとしゃんとしなくちゃ もっと勉強しなくちゃ
頭ではわかってるんだけど・・・でも
きっと神様なんて気まぐれで無茶で
イタズラ好きの魔物

光るゲノムが希望の武器になる
こんな世界打ち破れ!!

歌声のパルス 受け止めて
羽ばたく準備はOK?
僕ら革命も起こせるさ
電撃Chu Chu Chuビームで!

ちょっとホント嫌味なカッコばっかのやつが
足下をすくおうとしてるけど
なんか一つのコト ちゃんと大事にすれば
どんなワナにも負けない

型にあぶれた気持ち踏み付けにする
つまんない世界かき回せ!!

走るこの思い 装備して
感じたら さあ 行こう
僕ら無敵元気 歌う戦士
チェリーパンチで燃えてこう!

音符のWingに 言葉を乗せて行く
淀んだ世界に振りまけ!!

歌声のパルス 連射して
Styleは自分次第
僕ら革命のMagical戦隊
飛び出そう 未来(あした)へ!



2003年12月06日(土) 【美ゲ】SIDE−Bはいつもの調子で

そんなこんなで12月6日。今日は秋葉原→船橋。ゲーム買って仕事。なんか日常になりつつあるこの行動。

「ワタシニ17ジマデニオワラセルノウリョクガナイタメデス」

今週の購入は1本。
一部方面では「空箱」の表記でおなじみ、『カラフルBOX』です。ちなみに私がこれを予約したのは・・・去年の・・・7月?それから1年5ヶ月。幾度の発売延期にもめげず、待ちました。でも・・・積みゲーですね。

今回は声優さん。鳩野比奈(はとの・ひな)さんで。『がちゅみり』を聴いている人には「鳩野指令」の方がしっくりくるでしょう。
名前知らなくても、キャラとか声は聴いたことある人も多いでしょう。私の初対戦は『きゃんきゃんバニー・プルミエール2』(カクテル・ソフト;96年)。う、7年前。
【対戦作品】
内山恭子『AKIKO HARD』(97年)
日野森美奈 『Piaキャロットへようこそ!! 2』(97年)
鳴瀬真奈美 『With You 〜見つめていたい〜』(98年)
萌木玉緒 『PALETTE』(98年)
天使アミ 『Aries-アリエス-』(00年)
ユキ 『Bluelight Magic』(00年)
吾妻珠姫 『朝の来ない夜に抱かれて−ETERNAL NIGHT−』(02年)
エルフ 『SinsAbell〜緋昏し空の遠く〜』(02年)
高端そあら 『虹の彼方に』(03年)
葉山由香里 『ドキドキしすたぁパラダイス』(03年)
桜井真子『ショコラ〜maid cafe "curio"〜』(03年)
ルルシー 『感覚の鋭い牙』(03年)・・主題歌も
朝倉未亜 『きみにおくる翼』(03年)
神楽弥衣 『たまきゅう』(03年)

9月以降は省略しますが、歌織さんに並んで『F&C前期』からの人気のある方です。『きゃんバニ』『Pia2』『With You』はコンシューマー(当時はセガサターン→PS)に移植され、見たことがある人もいると思います。02年に『がちゅみり』の第1回ゲストに出演してから、『第2次鳩野時代』に突入。『美奈タン、萌え』な世代(26歳以上)に加え、その下の年代に『僕(シモベ)』を増殖することに成功。

鳩野さんは、一言で言うと『炉莉』声のスペシャリスト。妹役での「お兄ちゃん」ボイスで私を始めとした『世の中のお兄ちゃん』は撃沈していました。舌足らずと言うわけでもなく、「お兄ちゃんのためなら・・・」とか言われて・・漢なら・・(以下略。

最近は「鬼畜系」や葉山由香里・桜井真子のような「高音御姉様」キャラでの演技も好きになってきました。今のすさんだ心にしみるのよ。

ちなみに私の携帯のメール着信音『メールなんですけど』は、この鳩野比奈さんの声です。(あ、違う名義ですけど)



2003年12月05日(金) 【競馬】SIDE−Aはちょっと真面目に

今日は・・・土曜日になってます。ということで、2部構成。まず金曜日分として【競馬】のお話。

最近、「聖域なき経費削減」とか「10%削減」とか聞こえるんですよ。まあ自分の席が『あんな席に』あるんでしょーがないと言われればしょうがないんですけど。

うちも例外なく経営状態が・・・なんで、何とかしなきゃいけないのは理解してるんですけど。

ただ、『予算を削減したから良くなる』という幻覚に嵌る事なかれ。

足利、最近の上山・・・。「聖域なき経費削減」に踏み切っていった『猛者』なんでしょうね。うちの上から見れば。浦和や川崎にしてもかなり「切るところを切って」いるんですけど。この主催者も『猛者』と表現できるでしょう。

ここで質問!
この『猛者たち』の現在はどーでしょう?

足利や上山は累積赤字があったからと言えど、極限まで経費削減を行ったのにもかかわらず『単年度大赤字』から脱出できず。「踏み切って逝った」となりました。浦和は、場外発売は新スタンドの効果があった頃良かったんですが、その『魔術』は去年の「三連単効果」同様消えかかり、川崎に至っては『自分のところの奇策』に自分からのめり込んでいる始末。本場場外とも地下に潜って浮上できず。

さて、わが船橋は?はてどうでしょう?
えっ、お前がしらばくれるな?だって・・・。
今年はかなり厳しいですね。それは確かですね。レベルとしては・・・2年前よりひどいペースと読んでます。ただ、今年は去年に比べて「支出スピードが上がっている」という状況もあります。要するに『払えるものから払う』という民間なら至極当然な状況。どっかの役所みたく「後でまとめて払えば」とかいう『寝ぼけた頭で』仕事している場合じゃないんで。それで一気に支払いが億単位になっていれば・・・死活問題です。

来年は○○開催をやるとか言ってますけど、『いくら借り入れするんでしょうね?』見ものですね。去年と比べて今年は120%ぐらい多めに借り入れをしてますよ?

来年開催をするときにいくら借り入れるんでしょうね。通常船橋のレベルなら12〜15位です。多分○○開催をやるとしたら、その分(連続○○日)で約5割位増。その上に、そこまでの『しわ寄せ分』が乗っかってくるんで、低く見積もっても25は下回らないかも。下手すれば30なんて数字も・・・。そんなことになれば、『開催60億』売っても返せませんよ?まあ、今のままで○○がそんなに売れるなんて考えてる人は、『海老川に沈んでもらいたい』ですね。

予算を削ると考えることは良いことだとしても、

『最低限売上を今年度の金額をキープするための予算』を削るのだけは避けてほしい。

10%経費削減しても、売上が10%今年より下がっては、上山と一緒。

あと、○○開催を○○会議で提案した人は、「来年度大赤字」に転落したら『責任追及』です。そりゃ、超A級戦犯ですから。

ついでですが、委託や負担を削ることは、同時に『支払い部門へのプレッシャー』になることを理解してほしいです。削られた業者は「うちのお金を削ったんだから、支払いだけは大至急やってくれ。」とか言って来てるんですよ、現在も。まあ、他の班・係は、『黙って支払いやっていれば』とか思っているんでしょうが。

今日現在で支払い数は2400を超えてます。請求書単位では2700を超えているでしょう。これを制御・管理・集計することが、他の課の皆さんには『軽い仕事』に見えるんでしょうね。つーか、偉い人から業務内容が見えない「業務」なんで。うちは『チカラナイデスカラ。ツカイッパシリノセクションデスカラ。』



2003年12月03日(水) 【美ゲ】久しぶりのレヴュー

いやあ、YAHOO!オークションやっていると、時間が過ぎるのが早いです。

今日はゲーム。
久しくゲームレビユをやってなかったんで、たまには気分転換。
今回は『保母さんといっしょっ!〜双子とできるもん〜』(Tinker Bell)です。ちなみに2ちゃんでは『≒3』と表記されていたんですよ。最初見たとき「うわ、考えた人間すげえ」とか感心しちゃいました。

ストーリーは、
主人公の勤める『まつのみ園』に双子の新人保母がやってきました。
新しく赴任してきた保母さんたちは園長の結城千鶴(ゆうき ちづる)の娘。
双子の姉妹未弥(みや)と真弥(まや)にとって、
主人公は幼馴染の『お兄ちゃん』。

幼馴染の微妙な関係で、
主人公は新人の保母さんの2人と『まつのみ園』で
4月から夏休み前の7月末までの4ヶ月の間、
一緒に働いていくことになったそんなある日、
未弥は昔のように自分を『妹』扱いする主人公に意を決して告白をします。

「わたしもう子供じゃないよ!」
「お兄ちゃんのことを受け入れれる位、大人だよ!」

その未弥の言葉をきっかけに、まつのみ園の中で展開されるH。
そして、主人公と未弥の関係をしってしまった真弥も
未弥に内緒で主人公と関係を持ちます。

果たして、この三角関係の先に待つものは・・・・・?

とか、HPのストーリーを見ると・・・「なんなんだ、このゲーム?」と思うんですよ。最近妙に『保母さん』ネタが多く発売されています。「保育士」ではなく、あえて『保母さん』を使うところが駄目人間たる所以でしょう。

このゲームのポイントは2つ。

,海離押璽爐蓮惱祕Γ押Φ潅棕検戮粒箙隋
 HP上では「保母さんアドベンチャー」となっていますが、個人的には「新任保母さん調教アドベンチャー」の色合いが・・・。まあ、千鶴さんいますから純粋にそうではないのですが。えちシーンの「まにあっく」なこと・・・(汗。この場では詳しくは言いませんが、あえて『歯ブラシはないだろう』と声を上げて言いたい!

△海離押璽燹愿仂貎擁はすべて18歳以上』?
 まあ、この手のゲームにこういう記載はいつものことなんです。
 2ちゃん板や他のレヴューでは言い尽くされてますが、

お母さんに送り迎えしてもらう18歳!かくれんぼでハンディルールを適用される18歳!積み木で遊ぶ18歳!食後に『お昼寝』の時間が用意されている施設に通う18歳!

 ありえないし。まあ、お約束だし。あえて言わせていただけば、「ここまでくればソフトハウスを賞賛するしか」。

総合評価は「6.3」ぐらいかな。なんか一太郎みたいな。絵とかボイスは好きな方なんで評価してますが、なにしろ主人公鬼畜だし、新任保母さんは・・・・・・・だし。でも気軽にえちゲームやるには良いかも。



2003年12月02日(火) 【雑記】パソコン事情(まわりの)

冷静に考えると、12月2日。冬ぢゃないですか!寒いに決まってるじゃないですか!家ではどてら着て過ごしてます。これでコタツにミカンで完璧です。

【雑記】なんですが、要は『いそぱ』。まあ、正確には『高機動機体・ν−いそぱ』(ヴイではないですよ)。っと言っても『羽根は付いてません』。ちょっと小さくなりました。でも「人間と同じで見た目で判断してはいけません」。多分事務所では最高性能を誇るでしょう、しばらくは。

スペックは、
OS:Win XP Professional SP1
CPU:Celeron 2.4G
メモリ:256MB
HDD:40G
グラフィック:GeForce4MX 64MB
CD−ROM:CD−RW・DVD−ROMコンボ
ソフト:Office XP
    アクロバットリーダー6.0

家庭用パソコンでは「普通じゃん」というスペック。ですが事務所では「今でもP2−233とかが現役」とか言う状態なので、この性能で『最狂機体』となるわけです。

先週まではP3−800で、XPのホームedだったんで、OSとCPUについては格段に上がっています。Officeも2000からXPへ変更。一応こっちもProfessionalなんで、ワードとエクセルに加え、アクセスとかパワーポイントとか付いてます。

まあ、モニタとプリンタの問題が残っているとはいえ、機体については一段落。この性能を『今の○○係の現状から考えれば』越える機体が出るのは考えられないので、『最狂機体』の座はしばらく安泰でしょう。

さあ、次はこの機体の兄弟分『かうぱ』(ヤハリワタシノメイメイ)の番ですよ。あ、脳内での読み方は歴史的仮名遣いで。



2003年12月01日(月) 【競馬】今日から12月と昼間の川崎

雨がやみませんね。

今日から12月。年末年始に向けてラストスパート・・・と言いたいんですが、いかんせん第10回川崎が・・・。雨に負けたのか、不調。頼むよ川崎様。明日もこんな天気なんでしょうか?不安いっぱいです。

第10回川崎競馬のメインは・・・第3回ローレル賞!2歳牝馬オープン。年末の東京2歳優駿牝馬へ向けての重賞レース。ラヴァリーフリッグとマルダイメグが勝っています。ある意味『未来の出世レース』になる可能性を秘めたレースかも。

今年は、個人的に前走特別勝ちの2頭に注目。

まず、トライアル・なでしこ特別の勝ち馬 ビービーバーニング。9馬身1.9秒差の圧勝劇。怖いですね。

もう1頭はキラキラ。北海道からの転入組で、前走船橋の野菊特別をこれまた6馬身1.3秒差千切っての勝利。

どっちが勝っても、この後が楽しみな馬です。


 < 過去  INDEX  未来 >


makkoh1989 [MAIL]

My追加
-->