コラム?
目次


2018年04月20日(金) そう言えば4月のソライチで「欲しいものが何もない」って言われてしまいました。


4月の「5周年ソライチ」で飛鳥の当たりくじをひいて商品を貰いに来た

お客様にです。

「あー」と密かにがっくり。

確かに なまえハンコか和缶バッチか刺繍ストラップの中から

「お好きなものひとつ選んでください」と言われても

「欲しいもの何もない」ってのも分かる気がする。

無理やり何か選んで行ったけどその人にも商品にも申し訳なかったなーと思う。

人によっては何の興味も無い商品達。

誰もが欲しいって思える商品ネー。



花が咲いた。


2018年04月19日(木) 置物用の小さい座布団を頼まれて

作った派手派手バージョン。



2個共却下。

地味な紬が好きなんだって。

で 布を見せて選んでもらった。

本当に好みって人夫々です。


2018年04月18日(水) 「楽しんで作ってるなあ」って。

私の和柄バッグ達を見て思ったそう。

これって最高の褒め言葉のような。

八ヶ岳からのお客様。

羊の綿で編んだり染めたり作ったりしてるって。

「楽しいお店」って言ってもらえた。

嬉しいね。

もうずいぶん前に作った「良いのになあ」と思っていた でかショルダーバッグを選んで下さった。

ヤッターです。

今日の美。


2018年04月16日(月) 昨日ソライチで出会ったお客様がお店に。

和柄の布が欲しいそうでお分けしました。

2ヶ月に一度甲府に来られるそうで楽しみが増えたとおっしゃって下さいました。

話してたら佐渡の出身で驚きました。

ご縁があったんですねと。生きてるといろんなことに出会うんですね。

わたげ。





風よ吹くな!


やっぱり吹け!


2018年04月15日(日) 4月のソライチだった。

北口駅前広場でもジュエリーショップがたくさん出店していた。










緊急に用意した作品たちは玉砕。

相変わらず名前ハンコ。そうそう缶バッチが珍しく出た。和バックも。

今月から夏時間。PM5時まで。長かった。

次までには何か面白いもの作りたいなー。


2018年04月14日(土) 朝の短い会話。

「最近十分寝たはずなのに起きられなくなった」と同居人A。

毎朝起こしてもらっている身 起きられないのは良くわかる。

「私も朝は起きれないなあ。」と同居人B。

「劣性遺伝ばっかり何で受け継ぐのかねー。何か良い所も受け継いでほしいよねー」と私。

「でも良い所って何だろう?あったかなー」私。

「うーん」同居人B 頭を傾げながら出勤して行った。




枝垂桜きれいだったのに。


2018年04月13日(金) 膝の病院へ。

頑張って午前中に行ったのに超満員で午後の部へ。

どうしてこんなに混んでるんだろう?お年寄り仲間でいっぱい。

ちょっと抜け出して回りを散策。

花たちをパチリ。











戻ってからも1時間位しっかり待たされ病んでる人達の多さに驚いてしまう。

先生に病院は嫌いだと言ったら好きな人はいないと返された。


2018年04月12日(木) 信玄の命日。

信玄祭りを終えて今日は武田24将のパレード。

店の前を通った所をカシャ。御神輿担いでた若者(?)れんげちゃんの同級生だと言ってた。

よろしく言ってと言われたけど名前聞きそびれた。ごめん。






今年は子供たちの部はルートを変えたのか通らなかった。

桜も散ってしまってちょっと寂しい。


2018年04月11日(水) 新聞バッグ作った。(何処かの広告)

「歩みをとめるな」



ずっとはシンドイので時々は
「歩みをとめる」



「な」は

出て来たり隠したり。 悪知恵?


2018年04月04日(水) 今日のお客様。

変わった人達。

忘れた頃ふらっと来て変わった物を買って下さる。

変わった物の作者は私なので嬉しい。

旅行中だと言うフランス人の女の子。

赤カブの髪留めと絞り染めの地の巾着バックをお母さんのお土産にって。

嬉しいね。気に入ってもらえますように!



2018年04月02日(月) 短い会話。

唐突に

「達筆なラブレターと達筆でないラブレターって効果に違いあるかなー」と呟いたら

「うーん少しはあるかもね。でも100%ではないかな。内容もかなりパーセンテージ有るよね」って側にいた人が。

じゃあ同じ文面だったら違い有るのかナァと思ったが我ながら愚問だと思って飲み込んだ。

読む人の感性にもよるし100人いたら100−通りだよなーと。









久しぶりに手書きの文字に出会っての妄想でした。


2018年04月01日(日) この間開花宣言したと思ったら満開。



海堂。

スズラン水仙も咲き始めた。



春は見蕩れる日々。


レー子 |MAILHomePage