予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
東京メトロ表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.

 

 

★予防と審美専門★【小林歯科クリニック】

2012年10月31日(水) Halloween



     × お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ !

     ○ プラークコントロールしないと、虫歯や歯周病にしちゃうぞ !



2012年10月29日(月) 企業名想起率ランキング



日経BPコンサルティングが10月に実施した、企業が発信するメッセージを提示して、発信元の企業名を答えるという「企業メッセージ調査 2012」なのだそうです。

私たち@小林歯科クリニックにも“予防と審美”というメイン・キャッチフレーズと“58%予防 42%審美”“白い歯いいね”というサブ・キャッチフレーズがあります。

もっと&もっと発信していかねば♪



2012年10月28日(日) 夢の島公園

(おそらく今年最後!?の)BBQをしに、↑ に出かけました。



今にも泣き出しそうな曇天の下、日頃の行いのせいか、撤収まで雨に濡れることも無く・・・

都立第五福竜丸展示館を見学させていただいた後は、夢の島熱帯植物館へ。

ちょうど“ハロウィンパーティ2012”というイベント期間中で、1個50〜100kgにもなる巨大なオバケカボチャ約50個で遊んだりしましたよぉ♪



2012年10月27日(土) 読書週間

終戦まもない昭和22年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、第1回『読書週間』が開催されました。
(この年のみ11月17日からだったそう)

翌年の第2回からは期間が10月27日〜11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。

昨今、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。
しかし、その使い手が人間であるかぎり、その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、「本」が重要な役割を果たすことは変わりありません。
暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、新しい感覚での「本とのつきあい方」をとりいれていきませんか。

ちなみに、『読書週間』が始まる10月27日が、「文字・活字文化の日」に制定されているのだそうです。



2012年10月26日(金) インプラント治療、事前検査徹底を

NHK生活情報ブログによると・・・

インプラント治療を安全に行うための対策を考えるシンポジウムが、先日開かれ、多くの患者が治療の障害になる持病を抱えている実態などが報告され、事前の検査の必要性が確認されしたのだそうです。。

まず、厚生労働省の研究班として行った、全国の歯科がある大学病院への調査結果を発表し、T大学のY教授が自分の病院でインプラントの治療に訪れた患者に対して行った事前検査の結果について紹介しました。
それによると、血液検査や尿検査の結果、52%の患者に糖尿病や貧血などの数値で異常が確認されましたが、このうち87%の人が異常を自覚していませんでした。
特に70人の患者については内科での治療が必要なレベルだったということです。
糖尿病や貧血などの持病がある人は炎症を起こしやすいなど、治療後のトラブルにつながるおそれがあるため、Y教授は「事前検査を徹底することがトラブルの防止につながる」と訴えました。

シンポジウムを開いたT大学のS准教授は「インプラント治療の安全を確保するには技術の向上だけでなく、患者の状況を見極めた上で、インプラント治療をしないという判断力も必要になってくる。患者側も持病や飲んでいる薬についての情報を歯科医師にしっかりと伝えてほしい」と話していたのだそうです。

インプラントは適切に行われれば患者の生活の質を大いに高めてくれる治療法です。
モラルの欠如を背景にした知識や技術を伴わない治療によるトラブルに繋がりますから、ますますインプラントの安全対策に挑戦を続け、皆さまの健康に寄与していきたいと思います♪



2012年10月25日(木) パスタの日

今日は ↑ なのだそう。
1998(平成)年の今日、パスタ発祥の地=ナポリ(イタリア)で「世界パスタ会議」が開催されたことを記念して制定されたそうです。

さて、NHK0655から“アルデンテの唄”

アルデンテ アルデンテ パスタのたましい アルデンテ
アルデンテ アルデンテ パスタのたましい アルデンテ

ちょっと芯が残っているのが ちょうどおいしい アルデンテ
鍋は大きく 塩は多めに ふきこぼれは 要注意

アルデンテ アルデンテ パスタのたましい アルデンテ
アルデンテ アルデンテ パスタのたましい アルデンテ

この歌を15回くりかえしたら アルデンテ アルデンテ
この歌を15回くりかえしたら アルデンテ アルデンテ

やわらかめが好きな人は 16回歌ってみようよ アルデンテ



2012年10月24日(水) 「食」を支える口のリハビリ

今朝放映のNHKくらし☆解説で・・・↑ という特集を組んでいました。

口からものを食べる機能が衰えているお年寄りが増えています。肺炎や窒息、低栄養などの原因にもなっています。口から食べる楽しみを取り戻すには、適切なリハビリが必要です。家庭でできることは何か、考えます。


以下、番組内でのキャスターと解説委員のやり取りです。

健康な人は、ごく当たり前に食事をしているんですけれども、脳卒中などの病気で後遺症が残って、麻痺が残ったりした場合そうしたことがなくても、高齢になりますと舌を動かす筋肉が衰えたり、唾液の量が減ったりして食べる力が衰えていくんですね。

例えば、こうした症状。
食事中にむせる食べ物をこぼす口の中に食べ物を溜め込む飲み込み難いと感じる、こうした症状がしばしばあると、食べる力が低下してきた恐れがあるんです。
高齢化に伴って、自分で食べることがなかなかできない人たちが増えているんですけれどもそうした人たちが、安心して口から食べられるように支援するというのが、口のリハビリなんです。

具体的には、どういうことをするんですか。

口のリハビリを受けて食べる喜びを取り戻した男性のケースを例にお話しします。
Bさん、脳梗塞を起こして入院をして自宅に戻ってきたときに撮った写真がこちらです。
麻痺が残って口から食べるのが難しいと判断されたので胃ろうといって胃に穴を開けて管で栄養を送り込む方法で戻ってきたんです。
寝て過ごすことが多くて表情もこわばっています。
Bさんは、その後かかりつけの医師のすすめで口のリハビリを始めます。
それから2年7か月経ったときの写真がこちらです。

同じ方ですよね。

笑顔も見られます。
人工栄養ではなくて口から普通に食べられるようになったんです。
本当に、表情が違いますね。
それだけではなくて、生活も大きく改善しました。
以前は寝て過ごすことが多かったんですが座って過ごす時間が増えて、言葉も出るようになりました。
何より、新しいことに挑戦する意欲も出てデイサービスに通うこともできるようになったということです。

こうした変化を見てみますと口から食べるということは生きる原動力なんだということを本当に感じますよね。
大切なことなんですね。
具体的にどういうリハビリを受けたんですか。

まず、飲み込む力がどの程度なのか、内視鏡などを使って専門的な検査を行います。
検査結果に応じて、リハビリが始まるんですけれども唇や舌を動かす訓練をしたりほおや、のどのところをマッサージをしたりこうしたところがやわらかくなると飲み込む力が高まっていくためです。
このほか、口の中をきれいにする口腔ケアや入れ歯の調整それから、重要なのは食べ方の調整だということなんです。
食べる姿勢食べ物のかたさ形態、一口の量などをきめ細かく調整していくんです。
Bさんの場合には、かかりつけのお医者さんや歯医者さん、訪問看護師やリハビリの専門家そうした人たちが協力をして粘り強く、このリハビリを行った結果、普通にごはんが食べられるようになったということです。

胃に直接送る胃ろうをつけていても、口のリハビリをすれば誰でも口から食べられるようになるんですか。

状態によって違いましてリハビリを行っても食べられない人も出るということです。
ただ、胃ろうを行っていても、こうしたリハビリをしたり、食べ方を工夫したりすれば少量を口から食べることができる可能性もあるので諦めないでほしいと専門家は話しています。
少しでも口から食べられる喜びは大きいですよね。
口のリハビリというのは食べる楽しみを維持するために大きな役割を果たすんですけれどももう1つ、飲み込む力が低下したために命にかかわる問題が起こるんですがそれを軽減するためにも役に立つんです。
こちらは、肺炎による死亡者数を表したグラフです、だんだん増えていて去年は12万4700人とこれまでで最も多くなっています。

肺炎と、飲み込む力は関係してるんですか。

誤嚥性肺炎というものがあります。
食べ物やだ液を、誤って気管に入れてしまって、炎症を起こして起こるものです。
このうちの70%以上は誤えん性肺炎だと考えられています。
そのほか、食べ物をのどに詰まらせる窒息食べる量が減って起こる低栄養なども飲み込む力が低下したために起こる問題です。
こうした人たちが口のリハビリを受ければ誤えん性肺炎や窒息が起きるリスクが減っていく、そうした効果もあるわけです。

まさに口のリハビリは命を守るリハビリでもあるんですね。
自分が受けたいと思ったときどこに相談したらいいんでしょうか。

地域の高齢者の総合相談窓口になっている地域包括支援センターは身近なところにあります。
相談していただきたいと思います。
このほか口のリハビリの専門家で作る日本摂食・嚥下リハビリテーション学会このホームページにも相談を受けてくれる医療機関の一覧が載っています。
最近は、病院の中に専門外来を設けるところもありますし実は先週、全国で初めてといわれている口のリハビリ専門のクリニックが東京にできたんです。
ただ、地域によって取り組みに差があるのが現状でして、誰でも希望する人が口のリハビリを受けられるような体制を整えることが重要だなと思っています。
ここで、最初に予告した自分でもできる予防の体操、ぜひ教えてください。
いくつかあるんですが、きょうはリハビリの第一人者といわれるF医師が提案している体操もご紹介します。
食べる前に行う体操です。
口を閉じたまま、ほっぺたを膨らましたり、すぼめたり、これを2、3回繰り返す。
そして舌を前に出したり、左右に動かしたりこれも2、3回繰り返す。
こうしたことで、緊張がほぐれて飲み込みやすくなるということなんです。
下の2つ、こちらは飲み込む筋力を鍛える運動です。
額に手を当ててちょっと押さえながら下を向く。
1、2、3、45回目のところで少し止める。
もう一方の手で、のどに手をあてていただくと収縮するのが分かると思います。
筋力が高まるということです。

額にあてる手で抵抗をつけているわけですね。

もう1つはペットボトルを使ったものです。
ペットボトルに穴をあけてストローを差し込んで水を入れて息を長く吹き込むということです。
実物を用意しています。
ポイントはストローを差し込むここの穴、あまり大きいと効果がないので千枚通しなどでぎりぎりストローが入る大きさにするということです。
ふたの緩やかさで調整ができます。
始めのうちは緩くして吹き込む。
だんだん慣れていくとふたを強く閉めて吹き込む強くするほど筋力が鍛えられるということなんです。

こうしたことを一日に数回やればいいということなんですね。

こうした体操だけではなくて日ごろから、よくかんで食べる。
口の中をきれいにする。
歯を大切にする。
よくおしゃべりをして、楽しむということも口の機能を維持するためには、とても大切だと言われています。
きょう、お話を伺って口のリハビリというのは、口の力を維持するという、本当に食べることで命にもかかわってきますよね。

こうした運動をして維持するのは非常に大事なんだと思いました。



2012年10月23日(火) 霜降

今日は二十四節気の一つ、“霜降(そうこう)”です。

“そうこう”です。
“しもふり”ではありません。

で、露が冷気によって霜となって降り始める頃という意味なのだそうです。

朝の内、雷を伴った強い雨が降ったり、日中は日が差したり・・・
夕方、また雨が降ったら、22時頃には星が見えていたり・・・

文字通り、一雨ごとに、一歩冬に近づいていくようです。



2012年10月22日(月) 歯周病 始終気にして ハグキントレ

昨朝のTBS系健康カプセル!ゲンキの時間で、“歯周病”について触れていましたね。

歯周病・・・

40歳以上の80%がかかっているといわれる歯周病。歯周病は細菌が感染して歯茎に炎症が起こり、進行すると歯を支える骨が溶けてしまいます。また炎症で毛細血管が拡張するとそこから毒素が侵入し、血液にのって全身に悪影響を及ぼす恐れもあるのです。

☆ 歯周病チェック

(1)歯磨きをすると歯茎から血が出る。
   炎症を起こしていると血が出ます。
(2)喫煙歴がある。
   喫煙で血行が悪くなるのも原因の一つです。
(3)血縁者に歯周病の人がいる。
   遺伝で菌に対する免疫力が弱いこともあります。
(4)10年以上歯医者に行っていない。
(5)50歳以上である。

以上の項目のうち、一つでも当てはまると歯周病の可能性があります。
一般に歯科医院では、歯と歯茎の間の溝の深さを測り、4舒幣紊△襪隼周病と判断されます。
さらに歯周病が進行しているかどうかは、口臭の強さでも判断できます。
歯周病による臭いの主な成分は揮発性硫黄化合物という物質で、血なまぐさいのが特徴です。


☆ 歯周病の予防

歯周病撃退のカギとなるのは、唾液です。唾液の成分が持つ抗菌作用には菌の繁殖を防ぐ効果があります。しかし単に唾液が出ればよいというものではなく、重要なのは唾液年齢です。
唾液年齢は、唾液量や口の中にいる悪い菌の数を、各年代の平均値と比べて割り出す年齢のことです。特に女性は更年期を過ぎると唾液量が減る傾向にあります。
唾液年齢を若く保つには、噛む刺激を増やす、根菜などの硬いものを食べる、などを心掛けましょう。

・唾液年齢を若返らせる「おサルさん体操」
口を閉じて、サルのまねをするように、舌を歯茎と唇の間にいれ、4〜5回まわします。口の中の唾液腺が刺激されます。

・健康な歯茎を取り戻す「ハグキントレ」
(1)歯と歯茎の境目を磨きましょう。
   歯茎に歯ブラシを当てることで、血行も良くなります。
(2)歯2本分を目安に、細かく磨きましょう。
(3)磨く順番を決めましょう。
   右奥歯の表側をスタート地点、裏側をゴール地点にするなど、順番を決めて磨き残しを防ぎましょう。
(4)ピンク色を目指しましょう。健康な歯茎はきれいなピンク色をしています。

寝る前には、必ず歯ブラシで歯の汚れを取ることが大切です。
また早期発見のために、定期検診を受けましょう。


・・・以上、番組HPから抜粋



2012年10月21日(日) 「診療補助」って何???歯科衛生士法って?

昨日に引き続き、日本ヘルスケア歯科学会のヘルスケアミーティングに参加して参りました。

そういえば、昨日も今日も“快晴”なのに、一日中屋内で、ず〜っと座り続け。




さて、歯科衛生士による「診療補助」って分かりますか?
診療時に歯科医師の横にいるアシスタントさんのこと・・・いえいえ意味が90%異なります。
詳しくは、ご来院の際にお話しましょう♪

ところで、このページの左上に“予防と審美”、そして、私たち@小林歯科クリニックのトップページには“58%予防 42%審美”と書いてあります。
ご存知でしたでしょうか?
皆さまの口腔を通しての健康づくりのお手伝いをさせていただく、つまり口腔疾病の“予防”ということに、どの歯科クリニックよりも力を入れているという自負の表れです♪

明日から、吸収した知識&技術を、皆さまに還元できますよう、また、皆さまの、お口を通しての健康増進にお手伝いが出来ますよう頑張って参ります。



2012年10月20日(土) ヘルスケア型チーム医療を成功させるために

「ヘルスケア歯科医療」の素晴らしさは、地域の人々と関わり続けることの素晴らしさです。
人と関わり、家族と成長を祝福し、人生のドラマに一緒に感動することの素晴らしさです.

日本ヘルスケア歯科学会は、その定款の冒頭に「ヘルスケア歯科医療」の概念について「治療医学の方法論を超えて、人々の健康な生活の営みを支援することを目的とする歯科医療を意味する」と定義しています。

治療医学の方法論とは、先ずは救命、さらに病者を救う手立てです。
歯科医療は、歯の痛みを解消し、歯のない不自由を入れ歯で代償するために発達してきた医療ですから、本来的に「人々の生活を営みを支援する」ことを目的にしてきたはずですが、実際には歯のパーツを扱う臓器別の治療医学に自らの役割を貶めてきました。病気の治療になぞらえて、歯をきれいに修復することや良い入れ歯を作ることだけに熱意を注いできたのです。

日本ヘルスケア歯科研究会の設立は、う蝕や歯周病をその発症初期に捉えて治癒に導き、リスクを診断して長期にわたり健康な状態を維持することを歯科医療の本来あるべき姿として描き、それをひとつの契機に予防ケアや健康維持の定期的メインテナンスを重視することが、一種のムーブメントとなりました。
もちろん、予防やメインテナンスは目的ではありません。
メインテナンス率を高めることもDMFTを欧米並みに下げることもゴールではありません。
治療医学の方法論を超えるあらゆる方法を使って(様々なケアはもちろん、リスク診断も予防も、健在な成長の邪魔を排除することも、リハビリも介護も・・・)、「人々の健康な生活の営みを支援すること」こそが目的(ここがゴール)なのです。
ですから、当法人の目的は、設立趣旨の末尾と同様に、「人々がその生涯にわたって、健康な歯列を維持し快適な咀嚼と自由な会話と若さと尊厳に満ちた微笑みを失うことなく、それぞれの生活の質を高める」ことと謳われているのです。

このヘルスケア歯科医療は、医療者に「関わり続ける」ことの素晴らしさを実感させてくれる医療なのです.このミーティングでは、そのもっとも本質的なテーマを正面から扱います。

今日は(明日もですが)、こういう学会に参加して参りました♪



2012年10月19日(金) パワースポットへ

今日は、リフレッシュ休暇を頂戴し、ディタイムは ↑ とあるパワースポットに出掛けました。
朝〜日中を過ごしたのは、世間さまでよく言われているパワースポットではなく、私@小林(だけ)がそう信じている所です。

← お天気キャスターの森田正光氏による“日常生活と気象の意外な関係とは”と題して
異常気象のしくみ
  自然災害で最も死者増に繋がるのは干ばつ
放射能の拡散
  2011年3月14日の南東の風
イースター島の悲劇
  森林伐採による功罪
といった講演を受講したり、“お琴演奏体験”をさせていただいたり、“りんごのパフェ”をご馳走になったりもしましたぁ♪



2012年10月18日(木) 横浜DeNAベイスターズに禁煙セミナー

デイリースポーツによると・・・

DeNAが昨日、最下位脱出に向けて横浜スタジアムで選手、コーチ、監督らを対象に“禁煙セミナー”を開催したのだそう。
1軍選手には強制しない方針だが、新人選手には禁煙を義務づけることを決定。
クリーンな球団づくりを徹底していく。

セミナーには愛煙家、嫌煙家を問わず出席し、専門医から喫煙が引き起こす病気や、運動能力への影響について解説を受けた。
さらに講義の締めくくりには「最下位を脱出するためには、禁煙をお勧めします」とのメッセージまで送られたという。

6年前からたばこをやめている中畑監督は「ヘビースモーカーだったから、あのまま吸い続けていたら病気になっていたかも」としみじみ。
タバコを吸わない三浦は、身体に与える影響などを「再確認できた」と話した。

今回のセミナー開催についてチーム統括本部の野田尚志部長は「こういうチーム状況なので、やれることはすべてやりたい。チームの中心になる若い世代にはやめてもらいたい」と説明。
結果を出している1軍選手の喫煙は容認の構えだが、新人に加え、スタッフには禁煙を義務づけることになる。


肝心の1軍選手に喫煙を容認・・・来期もきっと○位ですね。



2012年10月17日(水) 朝からチョッとだけHAPPY♪

いつも給油しているガスステーションから、今日と明日の2日間(でも日中9〜18時の間だけ)店頭表示価格から3円/L値引きプラスポイント付与というメールが。

早速、午前中のオフタイムを利用してGO!

僅か240円余りのことでしたが、今日は朝からフ・フ・フ。


ちなみに、(私の中での)今年の最高&最安価格は・・・

4月2日 @164円
            > 何れも同じガスステーション&同じ銘柄です。 
7月5日 @133円



2012年10月16日(火) 顎関節症治療への新しい対応

今夜はG会の月例会。
通常の、会員相互のプレゼンではなく、外来講師による特別講演。

TCH(Tooth Contacting Habit)の考えを提唱された木野先生の講演を直接拝聴する滅多にないチャンス。

顎関節症治療の変遷を踏まえ、このTCHについて詳しく解説していただきました。

不可逆的な治療に踏み切れない場合のみならず、今後は、歯周病の予防や治療にも応用していくとのことで、ますますの普及が待ち遠しい次第です。

上着もネクタイも外しての2ショット、失礼しましたぁ♪



2012年10月15日(月) 睡眠学習可能に?

毎日新聞によると・・・

脳内神経伝達物質のドーパミンが睡眠を抑制する神経回路を、熊本大学発生医学研究所の上野太郎研究員と粂和彦准教授が突き止めたという。
記憶形成の回路とは別であることも分かり、上野研究員は「眠りながら学習できる可能性が示された」としている。
14日付の英科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」電子版に掲載された。

ドーパミンは眠くならないようにする他、記憶の形成などに作用する。
上野研究員らは特定の神経回路を活性化させられるよう遺伝子操作したショウジョウバエを使って研究を重ねた。

その結果、脳内でドーパミンが睡眠を抑制する回路は、脳の部位「扇状体」に至る回路と判明。
記憶形成に作用する「キノコ体」への回路とは独立していることも明らかになった。
記憶形成に関わる神経細胞を刺激してもショウジョウバエの睡眠に変化はなかったという。

睡眠を抑制することなく記憶形成のドーパミン神経を活性化できたことから、上野研究員は睡眠学習の可能性に言及。
「人への応用はまだまだだが、この知見を基に更なる研究が進むことを期待している」と話している。

・・・ということは、聞き流すだけで英会話が身につくというアノ教材も、まんざらではないのでしょうか!?



2012年10月14日(日) 来て見て食べて感動!九州観光・物産フェア

先週末の“北海道フェアin代々木”の余韻も冷めないまま、今度は ↑ に行きました。



九州7県の「ご当地キャラ」がステージ上に大集合

・ 九州・・・キューちゃん(九州観光推進機構)

・ 福岡県・・・エコトン、こっぽりー(柳川市)、キラリ姫(宗像市)

・ 佐賀県・・・ようかん右衛門・こい姫(小城市)、唐ワンくん(唐津市)

・ 長崎県・・・ながさき龍馬くん、ちゅーりー(ハウステンボス)、さるくちゃん(長崎市)、たまひめちゃん(対馬市)、せみまる(新上五島町)、海都くん(壱岐市)、バラモンちゃん(五島市)、ちかまるくん(小値賀町)

・ 大分県・・・かぼたん

・ 熊本県・・・くまモン

・ 宮崎県・・・みやざき犬 むぅちゃん

・ 鹿児島県・・・おいどん君

・ 西日本鉄道・・・nimoca

・ 九州旅客鉄道・・・くろちゃん



2012年10月13日(土) みんなの笑顔が金メダル!

出勤前のひととき、園医をさせていだだいている保育園の運動会に参加させていただきました。

怪我無く1日過ごしましょう。
たくさん練習した成果が発揮出来ると良いですね。

来月また検診に行きますよ〜♪


← カワイイ招待状の表紙 から



2012年10月12日(金) ご注意 !

クリニック周辺の道路で、古くなった下水道管を再構築する工事に先立っての桝・取り付け管の工事が行われています。

特に本日は、玄関前の工事です。

お足元に気を付けてご来院くださいませ。

事前に工事日程のインフォメーションが無くて困っています(≧ヘ≦)



2012年10月11日(木) 今月の参禅−54

クリニック周辺の道路で、古くなった下水道管を再構築する工事に先立っての桝・取り付け管の工事が行われています。

特にここ数日は、小林歯科クリニックが入居しているビルの直近での工事のようです。

お足元に気を付けてご来院くださいませ。

明日、改めて書くことにします。










2012年10月10日(水) 10月10日

今日は10月10日。

目の愛護デー (厚生労働省、日本眼科医会)
盲導犬の日=アイメイト・デー (東京盲導犬協会)
銭湯の日 (東京都公衆浴場業生活衛生同業組合)
缶詰の日 (日本缶詰協会)
まぐろの日 (日本鰹鮪漁業協同組合連合会)
冷凍めんの日 (冷凍めん協議会)
釣りの日 (全日本つり団体協議会、日本釣振興会)
トレーナーの日 (愛知県のファッションメーカー・ファッションミシマヤ)
島の日 (日本の島425プロジェクト)
世界精神保健デー=World Mental Health Day (世界精神衛生連盟=WFMH)
充実野菜の日
トマトの日 (社団法人全国トマト工業会)
魚の日
totoの日 (スポーツ振興くじ)
空を見る日 (長野県の社会文化グループ「信濃にやか」)
トートバッグの日
転倒防止の日 (転倒予防医学研究会)
おもちの日 (全国餅工業協同組合)
お好み焼の日 (オタフクソース)
おでんの日 (青森おでん会)
貯金箱の日 (玩具メーカー5社による「貯金箱の日」)
JUJUの日

まだまだ沢山ありそうです♪
ご存知の方は、お手数ですが、ご教示くださいマセ。



2012年10月09日(火) 感謝と責任

さまざまな組織や臓器の細胞になる能力がある「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を開発したということで、ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大の山中伸弥教授が、記者会見の席で、受賞の感想について何度も繰り返していましたね。

同世代の方の受賞、本当に嬉しいものです。



2012年10月08日(月) 水族館 & みかん狩り

体育の日の今日、とある町会の親睦バス旅行に便乗させていただき ↑ に行きました。

最初に行った新江ノ島水族館では、アシカやイルカのショーや、銀色に輝きながらうねり泳ぐ約8,000匹のマイワシの大群が泳ぐ“相模湾大水槽”などを見学しました。

ちなみに相模湾は、暖流と寒流がぶつかる外洋の近くにあり、深海、岩場から砂浜、干潟まで様々な生態環境を持ち、世界に類を見ない多様な生物の宝庫で、『相模の海を知る事は世界の海を知る事』なのだそうです。















さて、午後訪れたのが西平畑公園
解禁!?1週間前にフライングして、食用としては許容範囲ギリギリのみかん狩りをしたり、自然館に行ったり、ハーブガーデンを散策したり・・・

写真右側の、線路の総延長が約1,100mもあるという“ふるさと鉄道(ミニSL & HiSE車)”は見ものです♪



2012年10月07日(日) 北海道フェアin代々木−2

午前中、所用で出かけた後、↑ に行きました。
(昨夜、退勤後も実は足を運んだのでした)

本当は18時までの開催のハズ・・・

いえいえ、そんなことはありません。
少なくとも20時の時点では、まだまだ会場のアチコチで楽しそうに飲み食いが続いてます♪

デパート内で開催される“物産展”とは異なり、屋外で、火を使用して、魚介類や肉類を焼くことができますので、煙やおいしそうな香りが会場内を漂っています。

ちなみに、一昨年は35万人以上、昨年は28万人以上もの人出だっだのだそうです。
今年は初!?の4日間の開催ですから、軽〜く40万人は超えそうですね。

昨年までの、自治体や航空会社等によるPRのブースが(全く?)見当たらなくなり、物販と飲食ばかりになってしまったようで、個人的にはチョッと(・ε・)



2012年10月06日(土) 北海道フェアin代々木−1

出勤前のひととき、↑ に行きました。



本当は10時〜開催のハズ・・・

いえいえ、そんなことはありません。
少なくとも9時には、野菜の詰め放題をしていたり、会場のアチコチで楽しそうに飲み食いが始まっています♪

“かに汁”の振る舞いに行列を作っている人達もいましたよ。

ちょうどポニーの搬入も間近で見ることができて、特に産まれて間もない子供ポニーも居て、思わず(^∇^)



2012年10月05日(金) お口はたばこの煙の入り口だから、お口の中にいろいろな害をもたらす




2012年10月04日(木) 究極の美人“お化け”

今朝放映のNHKあさイチで・・・

白壁が生んだ こだわりアレコレ〜岡山・倉敷〜 という特集。

その中で、究極の美人を追い求める86歳のお化け人形師:中田市男氏が取り上げられていました。

最近のファッション誌などを読んで、流行に合わせたお化けの顔作っているのだそう。
こういう姿勢って尊敬します。

インタビューでは、歯並びのことにも触れていましたね♪



2012年10月03日(水) ピー●と

午前中のオフタイム、新宿を歩いていたら、「一緒に写真を撮りませんかぁ〜」と呼び止められ、ワンショット。

聞けば、ルミネtheよしもとという劇場に出演する●ースというお笑いコンビ(の着ぐるみ)なのだそう。

コンビ名と同じサインでポーズです♪







2012年10月02日(火) いつの間にか10月に

・・・なってしまいました♪

東京タワーも、東京スカイツリーも、表参道ヒルズの側面も、ピンクリボン・キャンペーンを応援して、ピンク色に。

アナウンサーや議員さんの胸には、赤い羽根が。

さあ、今年も残り3ヶ月、がんばっていきましょい!



2012年10月01日(月) 池袋防災館まつり

今日は、都民の日・・・という訳で、午前中半休を頂き
↑ というイベントに出かけました。

奇しくも、昨夜、台風が過ぎ去ったばかりということもあり、防災意識はMAX!



関東大震災の地震を再現した揺れ

スクリーンに向かって消火器から放水する

家庭内で火事が起きたと想定した状態での煙の中を脱出する

・・・といった体験をさせていただきました。





 < 過去  INDEX  未来 >


[MAIL] [HOMEPAGE]