予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
東京メトロ表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.

 

 

★予防と審美専門★【小林歯科クリニック】

2009年06月30日(火) 女子高生が選ぶ上半期の流行語

オリコンで、この半年を振り返り、トレンドに敏感な女子高校生を対象に『上半期 身近で流行った言葉』をリサーチしたのだそう。
その結果、昨年の『M-1グランプリ2008』(テレビ朝日系)で敗者復活戦から見事に準優勝し、一躍“時の人”となった、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰のキメ台詞【トゥース】が1位に。
女子高生たちの間で常用されていることがわかったのだとか。

ランキング上位→→には、一線で活躍する人気お笑い芸人たちの言葉やギャグが目立ったが、様々なメディアで話題となった【草食系男子】(5位)や【婚活】(10位)もTOP10入り。
また、昨年調査した『中〜大学生が選ぶ 2008年の流行語』ランキングでNo.1に選ばれたDAIGOの【うぃっしゅ】が8位にランクインし、いまなお、女子高生を中心とした若者から人気があるようだ。

2009年もあっという間に半分が経過したんですねぇ。
ちなみに、【トゥース】って、“TOOTH”
・・・つまり“歯”っていうことなのでしょうかねぇ!?






2009年06月28日(日) 月下美人−1

昨夜のことになりますが、今年1回目の ↑ が咲きました。
←写真では“3輪”ですが、実は“7輪”咲いてくれました♪

夜が更けていくのも忘れ、今日は1日寝不足でしたぁ。
でも、朝〜13時を回った辺りまで、地域の会合にも(睡魔と闘いながら)参加しましたよぉ。



2009年06月27日(土) ホタルの夕べ















 ↑ゲンジボタル

乱舞するホタルを見せて
いただきました。

いやぁ、ホタルの光って
本当に癒されますねぇ♪

この催し物・・・
7月1日(水)までですよぉ



2009年06月26日(金) ここが、ふんばりどころ!

↑って、ポスターの下のほうに小さな文字で書いてあります。

6月最後の週末ですね♪

先日乗ったとあるバスの車内に、明日のJリーグの試合のポスターが載っていたので、許可を得て撮影しちゃいましたぁ。

でも、実は、このチームの試合って見たことがありません(*_ _)



2009年06月25日(木) 米国のタバコ規制

CNNテレビによると・・・

オバマ米大統領が、たばこの成分、広告、販売に関する広範な規制権限を米食品医薬品局(FDA)に付与するたばこ規制法案に署名、同法が成立した。
米国ではこれまで、ブッシュ前政権やたばこ産業の反対で自治体レベルによる規制しかなく、連邦政府が広範な規制に乗り出すのは初めて。

同法によると、FDAはたばこに含まれるニコチンや有害物質などの含有量、健康への影響に関する報告をたばこ業界に義務づけ、含有量を制限できる。
11年7月から、包装の半分以上をたばこの危険性を警告する説明に充てるよう義務づけるほか、有害性が低いとの誤解を招く「マイルド」や「ライト」などの表示が禁止される。
さらに、キャンディー、フルーツ風味などの添加や、たばこ会社がスポーツ大会、娯楽イベントなどのスポンサーになることも禁じ、若者への売り込みを防ぐ。

オバマ大統領は署名前の演説で、「喫煙者の約90%は18歳以前に喫煙を始めている。私も10代で始めた一人で、禁煙がいかに難しいかを知っている
」と述べ、自らもまだ禁煙に成功していないことを示唆した。
その上で、「(同法の成立で)子供たちを守ろうという長年の努力が勝利した」と語った。

米疾病対策センター(CDC)によると、全米の喫煙率は07年調査で19.8%。

詳しくはコチラをど〜ぞ♪



2009年06月24日(水) ホスピタリティ

昨日、飛行機に搭乗し、右側に着席したことを書きましたが・・・
ディタイムの羽田空港(B滑走路orC滑走路を陸側から)到着便で、右側の窓側に座ったことがある方なら、どなたでもご存知の通り、
着陸数分前に、窓の下に東京湾が見えてくると、続いて幕張新都心とマリンスタジアム、東京ディズニーリゾート、葛西臨海公園、若洲海浜公園、お台場などが順番に目に入ってきます。

ところで、この中で、ホスピタリティ産業の王者として燦然と君臨する東京ディズニーリゾート。
ホスピタリティ産業の中には、広義には医療機関も含まれます。

この不特定多数のゲストをリピーターに抱える東京ディズニーリゾート(開園〜閉園までいる人、パレードだけ見に行く人、モチロン老若男女・・・と様々)♪と、
徹底的な検査の後、カウンセリングにて最新&最善の診療についてお話を差し上げ、予防プログラムを経た後に、初めて!実際の治療へと移行するシステムの私たち@小林歯科クリニック♪と、
果たして共通点があるのか、また、どう違うのか、比較&検討してみたいと思っている今日この頃なのですぅ。



2009年06月23日(火) ナイスな説明

今朝、搭乗した飛行機・・・

,泙此機材が変更になったこと(座席の事前指定をした人は面食らっちゃいますものネ)
富士山watch大好き!な私@小林も、今日は久し振りに右側(モチロン窓側!)に座りました
ちなみに、久し振りといったって、今年になって確か3回目・・・ですぅ。

定時に出発(タラップまたはボーディングブリッジが外されて、飛行機が動き始めた時間)したのに、羽田空港の混雑回避の為、管制の指示により、意図的に離陸を遅延させたこと
ちなみに、誘導路ではなく、滑走路上で待機していたんですよ!

B翩3号が変化した低気圧から延びる前線を回避する為、通常の飛行ルートから約200kmも離れたコースを飛行すること
それでも、ある程度の揺れが避けられないこと

操縦席からのアナウンスなど、1回サラッとあるのが通常なのに、今日の機長氏は、的確な内容を、これまたナイスなタイミングでその都度アナウンスしていた。

私@小林も学ぶことの多かったフライトでしたぁ♪
イメージです→



2009年06月22日(月) ことばのちから−5

 2105L
  始まりは いつも小さい

 2105R
  あんたはあんたで かまんのよ


私@小林が今居るM市ですが
今日の最高気温、ぬぁんと35.1℃!!!
もぉ〜クタクタで〜す♪



2009年06月21日(日) ゴメンナサイ

       イメージですぅ→

今日は夏至です。

でも、こんな日↓に、私@小林は飛行機に乗ってしまいましたぁ



2009年06月20日(土) 100万人のキャンドルナイト

夏至の前後、CO2削減の為『でんきを消して、スローな夜を。』を合言葉に、日本中、いや世界中でさまざまなイベントが行われています。



詳しくはコチラをど〜ぞ。



2009年06月19日(金) キャンドルナイト@OMOTESANDO Eco Avenue

診療を終えての帰宅時、↑のイベントを見かけました。
         ・・・ラルフローレン前に置いてあった“鳥の巣をイメージしたCANDLE”↓

主催者からの“よびかけ文”

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2009年の夏至前夜、6月20日〜7月7日の夜8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげ
るのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
2009年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

   ペットボトルの間に置かれたキャンドル
            photo by 読売新聞→



2009年06月18日(木) 今月の参禅−22

















    by総持寺参禅寮



2009年06月17日(水) スーパー夏いちご

私@小林の自宅のプランターで生育中の、その名も“スーパー夏いちご”です。
そろそろ収穫間近です♪

「四季成りの性質があり、真夏にも収穫出来る病気に強いいちご」と説明がありました。











2009年06月16日(火) これからの予防歯科

『予防歯科』を標榜するクリニックが、巷に数多く溢れているのをよく見かけますね。
しかしながら、その実態として、殆どの医院では、歯や歯茎など、いわゆる口の中しか診ていないように思います。
これからの、本当の『予防歯科』は、「食」のみならず「姿勢」や「呼吸」についても取り組むことが必須!
そう真剣に考えている私たち@小林歯科クリニックの今日この頃ですぅ♪



      ↑ “人類の進化!?”です・・・はたしてコレで良いのでしょうか?



2009年06月14日(日) あじさい寺に行きました

あじさい寺といえば、鎌倉市の明月院が有名ですが、
今日訪れたのは、川崎市の妙楽寺

境内には10種約1000本の紫陽花が群生・・・確かに見事! ではありました↓が



最も見頃は今週後半〜来週かなぁ♪ と思った次第。
ちなみに、21日(日)には“あじさいまつり”が10〜15時の間、催されるのだとか。

さてさて、私@小林が実際に歩いた道程はコチラ



2009年06月13日(土) <カルシウム>女性の99%超が不足

毎日新聞によると・・・

骨の健康に不可欠なカルシウムについて、必要摂取量を満たしている女性は1%に満たないことが、ダノン健康・栄養普及協会の調査で分かったという。
カルシウムは、過不足の結果がすぐに表れないことから「沈黙のミネラル」と呼ばれ、摂取量不足が問題になっているとのこと。

調査は今年3月、20〜50歳代の女性を対象にインターネットで実施し、722人が回答したもの。
カルシウムを「適度にとっている」「とりすぎ」と感じている人は計36.5%いたが、実際の食生活から摂取状況を推定するチェック表を使って自己診断してもらったところ、「足りている」は0.8%で、「少し足りない」を含めても5%未満だったのだそう。

女性のカルシウム摂取量(18歳以上で1日600〜700mg)について77.1%が「分からない」と答え、正解率は8.7%だったとか。

ライフスタイルとの関連を分析したところ、やせ傾向の人に不足が目立ち、朝食を抜いたり、夕食を外食で済ませることが多い人ほど不足していた。

調査に協力したK・J大教授(栄養生理学)は「女性のカルシウム不足は、閉経後の骨粗しょう症のリスクを高める。若い時から骨密度を測るなど気をつける必要がある」と話しているそうですよ。



2009年06月12日(金) 新型インフルエンザ−7

世界保健機関(WHO)が、新型インフルエンザの警戒度を現行の「フェーズ5」から、世界的大流行(パンデミック)を意味する「6」へ引き上げると発表した。
インフルエンザのパンデミック発生は、世界中で約100万人が死亡した1968年の香港風邪以来41年ぶりとのこと。

日本政府は、「世界規模で感染が拡大している状況を踏まえつつも、引き続き現在の基本的対処方針等に基づき、弾力的な対策を講じていく」とし、現行の方針を継続させていく方針を示した。
現行方針の継続は、日本の場合は「新たな感染者の発生が比較的少なく、感染がまだ一部地域に限定している状況」を踏まえたものであるとし、感染拡大の防止や適切な医療の提供、医療体制の充実強化などに努めていくとしている。
また、これまでの国内患者は適切な治療を早期に受けることで順調に回復しているとして、国民には「警戒を怠らない一方、冷静な行動をお願いしたい」と呼びかけたとのこと。

メキシコと米国に加え、日本や英国などで感染が拡大したうえ、これから冬に向かう南半球のオーストラリアで感染が1200人以上と急拡大していることを重視したのが引き上げの根拠なのでしょうね。



2009年06月11日(木) 公園 ネーミングライツ

公衆トイレのネーミングライツについては、5月13日に書きましたが・・・
今度は公園の命名権のお話。

産経新聞によると・・・

渋谷区長が区議会本会議で「公園の命名権を売却し、環境改善を民間会社に委託する。秋口には着工し、来春の完成を目指している」と表明したとのこと。

具体的には、宮下公園(同区神宮前)の命名権をスポーツ用品大手のナイキジャパンに売却する方針であるとのこと。
同公園は渋谷駅から徒歩5分の好立地にあり、山手線と明治通りに挟まれた縦長の公園。
面積は約1万800平方メートル。
園内には区営の有料フットサル場がある。

K区長は議会後、報道陣に対し、「ほかにもパチンコチェーン店など候補はあったが、ナイキが金銭面、地域貢献などの条件で一番よかった」と話したとのこと。
売却金額は年間約1700万円で10年契約。
提示条件にはスケートボード場とロッククライミング施設の新設や、バリアフリー化など公園を全面リニューアルすることが含まれ、約4億円の費用はナイキ側が負担するのだそう。

来春には、いったいどんなネーミングになるのでしょうかねぇ?
ちなみに、この宮下公園、「スケートボード場」と「クライミング・ウォール」が新たに設置されるそうですよ♪



2009年06月10日(水) 関東も梅雨入り

昨日の九州・四国・中国・近畿・東海に引き続き
気象庁が、関東甲信・北陸・東北南部の各地方で梅雨入りしたとみられると発表しました。

昨年に比べ、関東甲信は12日遅く、北陸と東北南部はそれぞれ9日、12日早かったとのこと。
ちなみに、関東甲信は平年より2日遅く、北陸と東北南部は平年並みだったそうですよ。



2009年06月08日(月) アジアゾウの歯

昨日訪れた上野動物園では、貴重な物を見せて頂いた。

その中の1つが
←亜細亜象ダヤー(1977/01/01生まれ
  メス、1984年9月、当時のインド首相
  インディラ・ガンジー首相からアーシャー
  とともに寄贈された個体)
から、先月12日に抜けたという左上臼歯。

咬み合わせの面は、例えて言うなら、長靴の底のデザインの様でした。
大きさは、長径で20cm程度はありましたでしょうか!?

アジアゾウには上と下に2本ずつの歯があり、一生のうちに5回生え変わるのだそうですよ。
人間の歯は上下から生えますが、ゾウの歯は口の奥から前に向かって生え、古い歯は前に押されて移動し、少しずつ欠けて抜けていくのだゾウ!



2009年06月07日(日) かむことは健康の源



4〜10日までの1週間=「歯の衛生週間」に合わせて、上野動物園の中で、東京都歯科医師会主催のイベントが行われました。
(私@小林は、1来園者として訪れましたぁ)

それにしても今日の東京、最高気温28.9℃(モチロン今月最高!)・・・暑かった1日でしたね♪



2009年06月05日(金) クローズドセミナー

昨夜のことですが・・・ドイツ・ミュンヘンの開業歯科医師でClaudio Cacaci先生のクローズドセミナーを受講し有意義な一夜を過ごしました。

フランクフルト大学でインプラント科の准教授をされていただけあって、素晴らしい手術テクニックでした。
他の歯科医師が失敗したインプラント治療のリカバリー症例なんて正に感動的でした。

講義が終了し、懇親会の席で色々とお話をさせて頂きましたが、山登りとサイクリングが趣味なのだそうで・・・
昨年は、ハーレーダビットソンでアメリカを2週間かけて大陸縦断したとか
(写真も沢山見せて頂きましたが、これがまたカッコ良いんですよぉ!)
ワイルドな一面も持ったナイスガイでした。

彼がこれだけは覚えておいてねって言った台詞
『We only see what we know.』
(我々は、知っている事しか見えない)
→つまり、新しいことをドンドン学んでいかないと! ということなのですね!?



           ↑講義が終わったのが○時ですから、その後は・・・



2009年06月04日(木) 歯の衛生週間



歯の衛生週間・・・ってご存知ですか?
かつて、1928年〜38年まで「6(む)4(し)」に因んで6月4日に“虫歯予防デー”と呼ばれていましたが
1949年、これを復活させる形で“口腔衛生週間”が制定されました。
1952年に“口腔衛生強調運動”、1956年に再度“口腔衛生週間”に名称を変更し
1958年からは現在の「歯の衛生週間」と呼ばれるようになっています。



2009年06月03日(水) 朝顔が咲きました

巷では、既に咲いているのもチラホラ見かける今日この頃ですが
私たち@小林歯科クリニックとしては
今年初めての朝顔が咲きました。

ゴールデンウィークを過ぎて蒔いた種もたくさん有るのですが、それにしてはチト日数が足りないようで・・・

どうやら、去年の種の収穫の際に、土に落下してしまったのが自然に発芽した株のようですね♪






2009年06月02日(火) 禁煙タクシー導入は76%

NHKによると・・・

「禁煙タクシー」は全国35の都府県に広がり、タクシー全体の76%を占めていることが業界団体の調べでわかりました。

全国のほぼ全てのタクシー会社が加盟する「全国ハイヤー・タクシー連合会」と「全国個人タクシー協会」の調べによりますと、4月1日現在の全国の「禁煙タクシー」の台数はおよそ19万3000台で、加盟するタクシーの76%を占めていることがわかりました。
これは統計を取り始めた平成12年のおよそ166倍の数で、東京や福岡、それに京都など35の都府県に広がっているということです。

連合会によりますと、「禁煙タクシー」は一昨年名古屋で始まった際に、大きなトラブルがなかったため、一気に全国に広がったということで、今後も青森や兵庫で始まる予定だということです。
業界団体では、利用客に禁煙の要望が多いことや、運転手を受動喫煙から守ることを喫煙者に理解してもらいながら全国で禁煙タクシーの定着を図っていきたいとしています。

「禁煙タクシー」なのに、乗務員が車内で(客待ち中? 休憩中?)喫煙しているのを時折り見かけるのは私@小林だけでしょうかぁ?



2009年06月01日(月) 喫煙者、周囲への配慮20%以下

NHKによると・・・

この1年間に禁煙を試みたことがある喫煙者に禁煙の理由を聞いたところ、「自分の健康への影響が気になった」と答えた人が半数以上だった一方、「周りの人の健康に与える影響が気になった」と答えた人は20%以下だったことが、大手製薬会社のアンケート調査で判ったそうです。

この調査は大手製薬会社が民間の調査会社に委託して全国の喫煙者を対象に行い、およそ7000人から回答を得ました。
それによりますと、この1年間に禁煙を試みたことがある人に複数回答で理由を聞いたところ、最も多かった答えは、
▽「自分の将来の健康が気になった」で、50.7%に上りました。
続いて多かったのは、
▽「たばこ代を捻出し辛くなった」(28.0%)や
▽「たばこによる汚れやにおいが気になった」(26.4%)という答えで、自分に関することを理由にあげる人が多かったのに対し、
▽「周りの人の健康に与える影響が気になった」と答えた人は19.7%に留まりました。

また「たばこの値段がいくらになれば禁煙しようと思うか」という質問には、
▽3人に1人(33.6%)が「500円くらい」と答え、
▽「1000円くらい」あるいは「1000円を超える価格」と答えた人はあわせて20%余り(20.6%)いました。

この結果について、日本禁煙学会の作田学理事長は「禁煙の動機として他人への配慮が少ないことは残念だ。たばこの値上げは禁煙のきっかけとして有効だが、自分だけで禁煙を続けることは難しいので医師の指導を受けるべきだ」と話しているそうです。
喫煙者の8割以上は、傍若無人ということなのですね


 < 過去  INDEX  未来 >


[MAIL] [HOMEPAGE]