ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去

2017年10月17日(火) 恥知らずな議員たち

9条改悪反対!! 民進出身の希望公認候補が露骨に反旗 
改憲の「踏み絵」を踏んだはずなのに続々と…
(産経新聞 2017.10.17)

衆院選を前に民進党から希望の党に移籍した前職の中に、
希望の党の公約と大きく異なる主張を掲げる候補が続々と出始めた。
希望の党が容認する「憲法9条改正」などの“踏み絵”を踏んだはずなのに公然と異を唱え、
小池百合子代表を批判する声まで上がる。
希望の党の失速で焦りを募らせているようだ。

 「憲法9条の改悪については明確に反対」

 香川1区から希望の党公認で立候補した小川淳也氏は、
党の公約に「憲法9条を含め改正議論を進める」と明記されているにもかかわらず、
自身のホームページにそう書き込んだ。

 小川氏は16日、高松市で行った街頭演説で
「小池氏の物言いは『排除』などひどい。私の政治信条は変わらない」と強調。
この日は改憲派の前原誠司民進党代表が街頭演説を行う予定だったが、急遽キャンセルした。

 後援者らを集めた15日の会合では「立憲民主党と無所属、民進党の人たちを巻き込み、
野党再結集、再合流へと歩みを進めなければならない」と言い切った。
香川1区は立民や共産党が候補を立てておらず、「反自民」票を自身に集約させたいとの思惑がにじむ。

 一騎打ちの相手となった自民党の平井卓也氏は「政策がどこにあるか分からない。
世の不平や不満をあおり、右から共産党までの受け皿になるなんて
有権者をばかにしている」と指弾する。

 こうした民進党から希望の党への移籍組による“造反”の動きは、小川氏に限ったことでない。
九州の前職は「安倍晋三首相のように9条改正を特出しするのはいかがか」と批判し、
北関東の前職はフェイスブックに「憲法9条に自衛隊を加える提案にはくみしません」と書き込んだ。


入党を希望する民進党議員を全員受け入れるとしたことで、

希望の党への合流を枝野幸男氏含め満場一致で承認したものの

いざフタを開ければ安保法案賛成や憲法改正賛成することと条件を突きつけられて、

それに従えないものは「排除」で希望の党が進みだした経緯を考えれば、

当選のために表向きの主張は民進党の頃から180度変えて入党したものの本心は違うわけで、

党の支持率が伸び悩んでいるからこそ

選挙期間中に早々と手のひらを返す議員が出ただけであって、

遅かれ早かれ反旗を翻す議員が出てくるのは、

やっぱりなという印象しかありません。

でもね、政党をコロコロ変える主張をコロコロ変える議員は

当選だけが目的、政治家で居られることだけが目的なので驚くこともないです。

希望の党の後に誕生した立憲民主党のほうが支持率が高いので、

主張を変えてまで希望の党に行くよりも、

安全保障反対などの立憲のほうに行けばよかったと

後悔している民進党議員がほとんどじゃないでしょうか。

だからこそ当選したら人気のある立憲民主党に移籍しそうです。

ここに来ての小池批判はそのためのアリバイ作りなのかもしれませんね。

半年後ぐらいには民進党から希望の党へ行った議員は

前原氏以外は立憲民主党に移籍してるかもしれませんよ。




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






2017年10月13日(金) 偽装工作のための分裂?

衆議院選挙も始まって選挙戦が激化しておりますね。

小池都知事は希望の党から出馬すると思っていたのですが予想が外れてしまいました。

思っていたほどに支持が拡大していない事、

むしろ日に日に支持が低下している事が出馬断念の理由でしょうか。

で、選挙戦での党首討論では相変わらずモリカケ問題に

ほとんどの時間を費やすテレビ局もありますが、

半年以上時間かけても安倍首相の関与の証拠も何もないモリカケを

いつまでも言ってるほうがおかしいと思います。

モリカケ追求したら経済が上向きになって国民が潤うのか?って話ですよ。

安倍打倒とかモリカケとか政策でもなんでもなく、

それ以外に言うことがないのかってなりますよ。


民進、衆院選後に再結集の動き…希望伸び悩みで(読売新聞 2017.10.13)

民進党参院議員の一部から、衆院選後に予定していた希望の党への合流を見送り、
民進党に残ったまま再結集を目指す動きが出ている。

 読売新聞社の衆院選序盤情勢調査などで希望の伸び悩みが顕著になったためだ。
希望、立憲民主党、無所属、参院に分裂した民進前議員らが
選挙後にどのような形で再編していくのか、注目が集まっている。

 民進の小川敏夫参院議員会長は12日、国会内で記者団に、
「民進には人も全国組織も資金もある。党を再構築し次を目指す形に持っていくべきだ」と述べ、
党存続を図る意向を示した。

 衆院解散に伴い、民進の前衆院議員は
〈1〉希望〈2〉立憲民主〈3〉無所属での立候補――に分裂した。
民進には47人の参院議員のほか、党籍を残したまま無所属で立候補した
前原代表、野田佳彦前首相、岡田克也・元副総理らがいる状態だ。


衆院選後に民進党「再結集」を模索(FNNニュース 2017.10.13)

衆院選の激しい戦いが続く中、民進党の参議院議員の多くが、選挙後に希望の党に合流せず、
希望の党からの立候補者も含め、民進党の再結集を模索する動きが浮上し、波紋を広げている。
ある民進党出身の、希望の党の候補者は「合流は間違いだった」と語るなど、民進党再結集に期待する声が広がっている。
民進党の小川参院会長は「民進党は不滅です。この選挙が終わったら、
民進党を大きな軸として、しっかりと結集する」などと述べた。
民進党の小川参議院会長は、選挙後に参院議員も希望の党に合流するとしていた
前原代表の方針を否定し、民進党を存続し、再結集を図る考えを示した。
実際、参院議員の多くは、希望の党への合流に否定的で、
「党を壊した前原代表は完全に終わりだ」などと、
前原氏の辞任や解任に向けて動いている議員もいる。
ただ、選挙直後に党を移ることには慎重な意見もあるほか、
立憲民主党の枝野代表は、民進党に戻ることを否定している。
立憲民主党の枝野代表は「選挙終わりましたから、
元さやに戻るというような話ではないと」と述べた。
一方、公明党の山口代表は、13日午前、こうした動きについて、
「国民を欺くようなことをしている人たちに任せるわけにはいかない」と批判した。


<立憲・枝野代表>民進と連携へ 復帰は否定(毎日新聞 2017.10.12)

何となくこの流れにはなるだろうなぁとは予想していましたが、

選挙期間中に話すのがアホすぎると思うんですよね。

聞いてもいないのに作戦をベラベラ話すのが

特撮番組で怪人が悪巧みを自ら正義の味方に話してばらすのによく似てます。

無所属になっている議員は選挙後の空気を見て、

立憲民主党、希望の党、民進党のどこかに所属するだろうってことは容易に想像できますが、

希望の党と立憲民主党の誕生によって

思想がバラバラだった民進党がうまく分裂したわけで、

民進党で保守的な考え方の政治家が民進党から離れて希望の党に移ったから

今度は投票しようと思っている人がいても、この先、民進党に戻ったり、

場合によって衆参合わせた民進党議員がごっそりと立憲民主党に合流する可能性すらあるなら、

安心して投票できなくなるんじゃないですかね。

民進党の時とは真逆の主張までして新しく誕生した注目の集まる党に擦り寄り、

支援を貰えた人は希望の党から出馬し、

希望の党に断られた人たちはイメージ刷新で党と立ち上げて出馬。

そして、当選したら元の党に戻ろうなんて、

これじゃ人気のない民進党から出馬だと落選確実なので、

看板を変えて出馬しただけの偽装じゃないかと批判されてもしかたないでしょう。

完全に有権者をバカにしているとしか思えません。



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






2017年10月08日(日) 徒党を組んで騒ぐのは野次と言えるのか?

安倍首相へのやじにピリピリ=演説場所、急きょ変更−自民【17衆院選】(時事通信 2017.10.06)
安倍晋三首相の遊説にヤジや妨害相次ぐ 非公表のはずが…ツイッターで飛び交う日程(産経新聞 2017.10.07)

安倍晋三首相(自民党総裁)の街頭演説へのヤジや妨害が相次いでいる。
自民党は組織的に演説の妨害を計画するグループへの警戒から、
演説日程を直前まで公表しない異例の対応を取っているが、
演説を聞きに行きたい支持者の気持ちは複雑だ。

 「安倍やめろ!」

 7日午後、千葉県のJR柏駅前で首相が演説を始めると「お前が国難」などと書かれた
プラカードを手にした男女約20人が、首相に向けて一斉に声を張り上げた。
声は首相が演説する間、続いた。

 この前日、安倍政権に批判的とみられる人たちのツイッターでは
「明日は柏14時らしいね」などと非公表の演説日程が飛び交っていた。

 9月28日の衆院解散から今月7日まで、党本部が事前公表したのは京都など3府県の日程だけ。
非公表分について党本部は「急に決まり、公表できなかった」と説明するが、
反対派グループによる妨害行為への警戒や警備上の観点から
箝(かん)口(こう)令が敷かれているようだ。

 5日に川崎市内で行った街頭演説は、地元の候補者の事務所が日程を公表し、
情報が広がったため、当日になって急(きゅう)遽(きょ)、
小田急新百合ケ丘駅前から向ケ丘遊園駅前に場所が変更された。

 ただ、多くの聴衆を呼びたい候補者側は頭を悩ませている。
事前公表なしで首相が応援演説に入った候補者の関係者は
「有権者が来るか不安はあった。できれば事前に総裁が来ることを伝えたかった」と述べた。

 首相は7月、東京・秋葉原で行った都議選の応援演説で「帰れ」などのヤジを飛ばされた際に
「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言。
テレビが繰り返し報じ、国会では野党が追及し続けた。
自民党関係者は「あれがトラウマになっている」と話す。


東京新聞記者のツイート。



あまりにも下品な内容は顰蹙を買うとはいえ演説に野次はいいと思うんですけど、

呼びかけで集まって数十人単位の集団になって騒いで

演説を聞きたい人の権利さえ奪うのは妨害行為であって野次とは言えないでしょう。

夏の都議選で安倍首相が徒党を組んだ妨害行為に

「こんな人たちに負けるわけにはいかない」で応戦しちゃったから

反安倍層とTBSや東京新聞など一部メディアが味を占めて調子に乗ってるんですよね。

もともとが妨害と不快な行為でキレさせるのが目的で始まったものなんだし。

学校にもいるじゃないですか消しクズを投げてきたり何度も嫌がらせをするので

嫌がらせを受けた側が相手を睨んだら「怒ってるw怒ってるw」とか言う奴が。

安倍首相の選挙演説妨害してるのはこれと一緒なんです。

嫌がらせに怒ったら「キレてるw」とからかわれるので、

今度は嫌がらせを受けないように対応したら「逃げてる」や「卑怯者」と言い、

行動がエスカレートしていく構図は学校のイジメと同じ。

アイツが来るからイジメに行こうぜ!と呼びかけているのを察したら、

わざわざ、その場所には行かないでしょう。

ですが、今の時代は情報が瞬時に伝わるネット社会なので

妨害行為から完全に逃げ切ることはできないんですよね。

演説なんてゲリラ的にできないので事前に交通整理が始まっていたり、

選挙の演説カーが止まっていたりしますし、

それを目撃されたらあっという間に拡散され共有されちゃうので。

演説の妨害に行くぐらいなら同じ時間を使って

支持してる政党の候補者演説の応援に行った方がいいと思うんですよ。

党代表の応援演説があるとき以外は周囲には人もまばらで

ほんとんど誰も聞いてない候補者のほうが多いんですから。

ある意味で就職活動している必死で戦う候補者だって

応援されているのがわかったほうが勇気付けられますし、

何よりも、あの候補者人気あるんだなって周囲の人に思わせ、

演説を立ち止まって聞いてもらえることも新たな支持獲得に繋がったりしますし。

妨害するより応援のほうが有意義であり民主主義として健全と言えます。



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






2017年10月04日(水) 公認されたきゃ400万円振り込め

お金振り込んだのに… 希望公認「落選組」生き残り模索(朝日新聞 2017.10.04)

小池百合子・東京都知事率いる「希望の党」が1次公認を発表した3日、
希望に背を向ける立候補予定者も相次いだ。相いれぬ理念と政策、求められる資金提供への違和感……。
公示まで1週間。当てが外れた予定者たちは、次の生き残りを模索する。

 民進党は当初、約210人の全立候補予定者が希望に公認されるよう求めていたが、
実現しなかった人も多い。


有料記事なので全文は有料会員しか読めませんが、

公認を得るために供託金を含めて一人400万円払わないといけなくて、

中には400万円を振り込んだのに第1次公認名簿に名前が載っていなかった候補者や、

公認の申請をしてないのに勝手に公認されて400万円要求された候補者もいるそうで、

なんだか新手の振り込め詐欺みたいですよね。



これは後々になって希望の党へのダメージになるんじゃないでしょうか。

希望の党、第1次公認は192人 民進党出身者が110人「政権交代狙える」(ハフィントンポスト 2017.10.03)

希望の党1次公認192人のうち110人が元民進党議員って、

それって “ほぼ”民進党やないですか。

言い換えれば民進党に若狭氏ら数十人が新たなメンバーに加わったみたいなもんですよ。

なんと言いましょうか、「大義なき解散」と言われてたけど、

民進党から希望の党へ行こうと必死なやつや

希望で公認貰えないから新たな党を作ったやつと

この解散で右往左往してたやつらこそ保身だけで「大義」がなかったんじゃないかと。




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






2017年10月02日(月) 希望に見放された議員たちの明日はどっちだ。

希望の党 1次公認47人分の原案判明 民進・枝野幸男氏ら30人に対抗馬で「排除」(産経新聞 2017.10.01)

希望の党が誕生して民進党の議員からの希望者は

全員受け入れてくれるのかと思ってはしゃいでいたら、

思想チェックされると知ってからの慌てようがここ数日の間に繰り広げられてましたが、

公認されそうもない人は「こっちから願い下げじゃ!」とばかりに、

新たに党を作ったり無所属で出馬したりという動きになっております。

枝野氏、新党を結成へ…「立憲民主党」軸に調整(読売新聞 2017.10.02)

これまでの政治理念とかを捨てて(もしくは偽装して)まで

希望の党に入ろうとしていたのに入れてもらえなかったら、

「俺たち最初からリベラルだもん、あんなやつらと一緒になる気はないもん」って

またコロッと態度を変えた議員が菅直人とか複数いましたけど、

ただただ「みっともない」の一言ですよ。

これなら最初から小池さんとは一緒にやれませんって言っていた辻元清美氏のほうが清いですよ。

支持はしませんけど。



小池氏とツーショット3万円…公認予定者に請求(読売新聞 2017.10.02)

希望の小池代表は1日、公認候補予定者との写真撮影に応じた。

 選挙用ポスターやチラシに使用できるが、撮影料として3万円を「徴収」した。
党のトップと候補予定者の撮影を有料とするのは異例だ。

 撮影会場では、現金を手にした候補予定者が列をなし、
順番に小池氏と握手するなどのポーズで写真に納まった。
中には現金を忘れ、慌てて近くの現金自動預け払い機(ATM)へと走る姿もあった。

 希望は、立候補に必要な供託金など計600万円以上の負担も候補予定者に求めている。
予定者からは「そんなに資金に困っているのか」との声も漏れた。


アイドルとの写真撮影会みたい。

ちなみに、このツイートは面白かった。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )







名塚元哉 |←ホームページ