ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2015年05月29日(金) 平和に関する重要法案だと言うなら野党はちゃんと仕事しろ。

辻元氏、久々の「ソーリ節」 首相、いらだち隠さぬ一言(朝日新聞 5月29日)

「ソーリ、ちょっと待って。中谷大臣に聞いてるんですから」

 安保法案の特別委員会は28日で実質審議の2日目。
国会に、久々に「ソーリ節」が響いた。2001年、小泉純一郎首相に集団的自衛権の認識をただして
「ソーリ」と連呼した辻元清美・衆院議員が、民主の委員として質問に立った。


久々でもなくて質問するときは「ソーリ、ソーリ」を結構連呼してるんですが、

このアホの一つ覚えな「ソーリ、ソーリ」の連呼は総理じゃなくても聞いていてイライラしますよね。


衆院平和安全法制特別委が散会(共同通信 5月29日)

岸田外相の答弁で質疑が紛糾し中断していた衆院平和安全法制特別委員会は
午後、質疑を再開しないまま散会。


民主党エクストリ−ム審議拒否

・日銀総裁が気に入らないから
・選挙で負けたから
・解散しないから
・カップ麺の値段を間違えたから
・何故か自分で出した法案を
・辞めろと言った大臣が急に辞めたから

・後藤 祐一が答弁を理解できなかったから <= New


これで民主・維新・協賛が審議拒否して本日は質疑が行われないまま終わったわけですが、

「政府は時間をかけて丁寧な審議しろ」と求めながら

気に入らないと審議拒否で退席の毎度のパターン。

後々になって「充分な議論が尽くされてない」と批判するための拒否なのが見え見えなのですが、

重要法案の度に充分な議論が尽くされなく採決に入るのはいつも野党のせいじゃないですか。

安倍首相も「審議拒否して貴重な時間を潰したのは貴方方でしょう」と批判すればいいのです。

民主党は「平和のために審議拒否した」とかカッコつけているようですが、

平和のためを思うのであれば審議を続ければいいじゃないですか。

民主党や維新も集団的自衛権で考え方が一つに纏まっておらず、

纏めようとすれば内輪もめしますし、

また、政府の法案に自分たちの要求を盛り込ませる妥協案すら思いつかないので、

アンチ政府だけで反対しているだけですし、

けっきょく審議拒否も支持者へのパフォーマンスにすぎないのですが、

与党安定多数で審議拒否しても多数派で法案を通すことは可能なので、

いい加減に無意味だってことに気がついたらどうですかね?



民主党・後藤祐一議員「燃やすと暖かいだけの石油なんかのために
戦争するなんて世界に対して恥ずかしいと思わないんですか?」
(ハムスター速報 5月29日)

後藤氏の質疑を動画で確認すると、

「燃やすと暖かいだけの石油なんかのために戦争するなんて世界に対して恥ずかしいと思わないんですか?」

は言っておらずこれはかなり強引な超訳なんですが、

まあそんな感じのことを言っていました、というか実際はもっと酷かったという…。

石油=暖房だけって考え方がアホの極みなんですよね。

原油輸入ルートが機雷封鎖されて原油が来なくなれば、

国内の燃料・石油製品・電気などのエネルギーに

医療や企業や各種サービスに交通手段などが混乱を来たし製品の高騰も起こるわけで、

国民にとって深刻で重大な被害が及ぶことが明らかな状態になるわけですから、

その場合は武力行使はやむを得ないというのが政府の説明です。

原油の供給が止まれば暖房だけで終わらないということが理解できてないんですよね。

まあ、これはサヨクの人とかにありがちな特有の考え方なんですが

想像できる範囲が極端に狭いのと弱者は死んでもかまわないなんですよね。

野党とサヨクの皆さんに言いたいのは、

「原油のために云々」と言うのなら原発再稼動に賛成してくれませんかね。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2015年05月28日(木) 豚肉を生で食べたがる人の気がしれない。

豚肉生食禁止:「生の方がおいしいのに」客から惜しむ声(毎日新聞 5月27日)

豚の生レバーや刺し身など生肉を使ったメニューが厚生労働省の決定で全国の飲食店から消えることになった。
2012年に牛の生レバーの提供が禁止されて以降、
その味を忘れられない人たちにも支持されてきた豚の生肉。
提供店や客からは「生の方がおいしいのに」と惜しむ声が漏れた。

東京都大田区のもつ料理店「最後の楽園レバーランド」は4年前に開店した当初から、
豚のレバ刺しを看板メニューにしてきた。毎日30皿前後の注文が入る人気だという。

 26日夜、カウンターでレバ刺しをつまんでいた会社員男性(48)は、
好物だった牛の生レバーが禁止されたためこの店を探し当て、
今は週に1〜3回は通っているという。「豚肉は生で食べるイメージがなかったが、
試してみたらおいしかった。禁止されるなら仕方ないが残念だ」

 この店では近くの食肉処理場で肉を購入し、その日のうちに使い切って鮮度を保つ工夫をしている。
店長の本多広大(こうだい)さん(27)は「国には食文化をつぶすしか打つ手がないのだろうか。
免許制にすることも可能だったのではないか」と話した。

 同じく豚のレバ刺しを提供している中野区の豚肉料理店「豪(ごう)」の店主、
田倉豪運(ひでかず)さん(35)は「肝炎ウイルスの危険性も知らない素人が扱うのは怖い」と
規制に一定の理解は示すが、全面的な禁止を疑問視する。
約15年かけて食材の安全性を見極めてきたといい「個々の食材より、
鮮度管理もできない素人が簡単に飲食業に参入できる状態が問題に思える」と語った。

 ただ、豚生肉は表面だけでなく内部がウイルスに汚染されている可能性があるため、
食中毒やE型肝炎感染の危険性は鮮度に関係ないというのが厚労省の見解だ。

 十数年前からの行きつけの店が出す生レバーが好物という新宿区の男性会社員(42)は
「焼くより生の方がおいしいのに」と厚労省の決定に不満な様子。
大田区の男性会社員(40)も「サバやカキなど他にもあたりやすい食材はあるのに、
豚だけ画一的に禁止するのはどうなのか」と納得していなかった。


豚の生レバーを食べてE型肝炎に罹患して苦しんで死亡するのも

これこそ自己責任で好きにさせればいいとさえ思えてきますが、

バカなお店と客と読者に対して大して危険性はないと誤解を与えかねない

バカな記事を書いてしまう記者が存在している以上、

消費者保護の観点からも厳しく規制するのは当然なんじゃないでしょうか。

毎日新聞のアホな記事で思い出しましたが、

10年前に東京新聞が韓国産キムチから寄生虫が相次いで見つかった問題で世間が騒いでいたとき、

「なあに、かえって免疫力がつく。」

「キムチで感染したらラッキーかもしれない。」と

寄生虫の怖さを認識しないで発表したことで炎上した記事があったのですが、

2005年11月29日(火) 「感染したらラッキーかもしれない。」 んなこたぁない。

新聞社にすれば重篤な患者とか出てきたほうが記事になって

金になるのでそりゃ禁止することに否定的になりますよね。




安倍首相やじ「早く質問しろ」=抗議受け陳謝―衆院特別委(時事通信 5月28日)

安倍晋三首相が28日の衆院平和安全法制特別委員会で、民主党の辻元清美氏の質疑中、
席に着いたまま「早く質問しろよ」とやじを飛ばし、審議が紛糾する場面があった。
民主党の抗議を受け、首相は陳謝した。
 28日の審議では辻元氏ら民主党議員が、
前日の審議で不適切な答弁があった中谷元防衛相に照準を合わせて追及。
この戦法が首相を刺激したとみられる。首相はやじの後、
「(辻元氏が)延々と自説を述べ、私に質問をしないというのは
答弁をする機会を与えないということから言ったが、
言葉が少し強かったとすれば、おわび申し上げたい」と述べた。
 この日は、首相が積極的に答弁に立とうとする場面も目立った。
首相は、いら立った様子で「(答弁者の)指名権は(質問する)委員にはない。
そのことをよく勉強した方がいい。委員長が議事進行を仕切る」とも語った。


野次そのものもそうですし首相や大臣からの野次なんて品位に欠けると思いますが、

辻元氏が質問しないで自説を延々と述べていたのがきっかけなんですよね。

国会審議に充分な時間を要求しているのなら、

新聞記事もそうですがテレビが編集して、

「厳しい追求に余裕をなくした首相がイラつく場面が」なんて、

そこだけ使いやすいようにメディアを意識した戦術なんて止めてほしいですね。





 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2015年05月27日(水) 安全保障法案で白々しい野党の追及。

参院本会議「かりゆしウェア」認めず 民主党の反対受け(朝日新聞 5月26日)

参院本会議では今夏、沖縄の夏の正装「かりゆしウェア」を着るのを認められないことになった。
26日の議院運営委員会理事会で、民主党が反対し、協議が整わなかった。

 各党は同理事会で本会議での上着着用を申し合わせているが、自民党は今年4月、
「かりゆしウェアの日」の6月1日か直後の本会議で、上着なしでかりゆしを着ることを提案。
民主党から「上着着用のルールを変更するのか」と問われると、
「かりゆしだけ例外にする」との考えを示した。

 民主党は「沖縄の民俗や文化を特殊なものとして強調すれば、
沖縄は日本ではないという、へ理屈につながりかねず、国益にそぐわない」と主張。
26日の同理事会でも改めて反対の考えを表明した。
参院事務局によると、民主党以外は賛成だったという。

 衆議院では各党申し合わせで、本会議での上着着用がルールとなっている。


> 民主党は「沖縄の民俗や文化を特殊なものとして強調すれば、
>沖縄は日本ではないという、へ理屈につながりかねず、国益にそぐわない」と主張。

ちょっと何言ってるのか意味が分からないんですけど・・・。


首相「機雷掃海のみ念頭」…安保法案、実質審議(読売新聞 5月27日)

衆院平和安全法制特別委員会が27日午前、安倍首相と関係閣僚が出席して開かれ、
安全保障関連法案の実質審議が始まった。

 首相は、中東地域での集団的自衛権の行使について、
ホルムズ海峡での機雷掃海を挙げ、「現在、ほかの例は念頭にない」との考えを示した。

 首相は、武力行使を目的に外国領域に自衛隊を派遣する「海外派兵」について、
憲法9条に違反するため原則として認められないとの従来の立場を改めて説明。
「私の意思や政策判断ではなく、憲法上認められないということだ」と述べた。
その上で、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある場合に必要最小限度の武力を行使できる、
などとした「自衛権行使の新3要件」を満たす場合には、
外国領域であっても例外的に武力行使が可能と指摘し、
現時点での具体例として、中東のホルムズ海峡が機雷で封鎖された場合の掃海を挙げた。


各党代表らによる質問が始まったわけですが、

安全保障に関する重要な審議なのに野党の質問のレベルが低い・・・。

特に最大野党の民主党なんて、この党は3年半前まで与党だったのに

なんだこのノー天気な質問の数々はと驚かされますね。

まるでパープリンの福島瑞穂氏が入れ替わり立ち代り質問しているみたいでしたよ。

あれじゃ支持率が回復しないのも無理はありません、

サヨク以外の有権者のほうが冷静に考え賢くなっているのですから。

そして、共産党。

「自衛隊の命やリスクが」なんて言ってますが、

これまで自衛隊を認めようとはせず人権さえ否定してきたような政党が

今さら何を言うのかって白々しく聞いてますよ。

今日も自衛隊の命がなんて言いつつ、

自衛隊員の命を守る武器は要らないとか呆れたことを言っていましたし。



野党は安全保障法案で自衛隊のリスクや命のことを考えるのなら、

軍事費を増大して重武装にして武器使用規準も大幅に変えるように与党に言ってみたらどうですかね。



安全保障で自衛隊員の命やリスクが〜9条の危機だ〜なんて言ってる野党や

世間のサヨクのみなさんや左翼系メディアは、

中国が軍拡を推し進め周辺国との摩擦を増やしていることに対して、

中国はいい加減にしろって批判してくれませんかね?

中国の行動には寛大で、「安倍が戦争したがってる」とか

ありもしない妄想に取り付かれてるから始末に負えませんよ。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2015年05月25日(月) なぜマンガの実写化は設定を安易な改変に走りたがるのか。

退院して1週間が経過しました。

再び入院生活に戻らぬよう恐々と生活しておりますが、

ようやく普通の生活リズムに戻ってきました。


窪田正孝 テレビ版「デスノート」主演 Lは山崎賢人 (スポニチ 5月25日)

7月にスタートする日本テレビの連続ドラマ「デスノート」(日曜夜)に俳優窪田正孝(26)が主演する。

 原作は03年12月から06年5月まで週刊少年ジャンプで連載した人気漫画。
06年に藤原竜也(33)主演で映画化され、前後編合わせて興収80億円を超えるヒットとなった。
顔を知っている人間の名前を書けば、殺すことができる「デスノート」をめぐり、
ノートの所有者の大学生・夜神月(やがみ・らいと)と
世界一の名探偵・Lの対決を軸に描くサスペンスだ。

 映画版で松山ケンイチ(30)が演じたLは、山崎賢人(20)に決定。
窪田と山崎は原作、映画ともに大ファンで、
「まさか出演するなんて思ってもみなかった」と、憧れの作品へ臨む喜びを話している。

 ドラマ化にあたり、キャラクター像を変更。映画では天才大学生だった主人公は平凡な大学生に、
Lは、甘いお菓子を過剰に食べるなどの奇行を抑え、天才ぶりに焦点を当てる。

 鈴木亜希乃プロデューサーは「若くて才能あるキャストとともに新しいデスノートを作りたいと思いました。
普通の青年がノートを持つことで変貌していく様子を見せるとともに、
月とLの対照的な違いを際立たせたい」と狙いを語った。

 窪田は「見た人がどう受け止めるか不安もありますけど、やりがいの方が大きいですね」と意欲を燃やす。
プライベートでも兄のように慕っている藤原から
「頑張って。楽しみにしてるよ」とメールでエールも送られている。
対する山崎も「新しいLを創造したい」と気合十分だ。

 映画版には登場していなかったLの後継者ニア役は優希美青(16)。
2月に体調を崩して芸能活動を休止していたが、今作で復帰する。


『地獄先生ぬ〜べ〜』もそうでしたが、

なんでマンガの実写化になると設定を大幅に改変(改悪)したがるんでしょうね。

ファンはそのストーリーが好きでマンガを読んでいたわけで、

だったら、ほぼそのままのストーリーで実写化を望むはず。

ところが設定を変えて実写化する。

そして、発表の段階から批判の声が高まってしまう。

これでドラマが面白くなればいいのですが、

設定を変えてまで実写化したぬ〜べ〜なんて最悪でしたからね。

あんなのファンでも喜びませんよ。

最近のマンガからの実写化で脚本・配役・映像含めて

多くの人が納得して面白いと評価が高かったのは、

島本和彦先生の『アオイホノオ』だけなんじゃないでしょうか。



ドラマ化した福田雄一監督は島本作品が好きで作品の世界観をよく理解し、

どうにかしてファン以外の多くの人にも島本作品の面白さを伝えたい一心で、

制作したほどの作品愛があったからこそ『アオイホノオ』の実写化は大成功したわけで、

逆にヒット作をドラマ化して人気俳優を起用したら、

ある程度の視聴率は望めそうという浅はかな考えだけの

銭感情でドラマ化したものは愛がないから失敗するんでしょう。








 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2015年05月19日(火) お久しぶりです。

みなさまお久しぶりです。

1ヶ月間も更新が途絶えていて大変ご心配とご迷惑をおかけしました。

実は先月の20日夜に急に調子が悪くなり、そのまま緊急入院となりまして、

退院したのは昨日18日で、ほぼ1ヶ月近い入院となってしまいました。

こんなに長く入院したのは久しぶりです。

Twitterでは小まめに呟いていたので入院中の生活とかご存知の方も多いともいますが、

退院したとはいえ、まだまだ日常生活へのペースが掴みきれていないので、

この日記の更新もしばらくはスローペースになると思います。

何卒、ご了承くださいませ。







 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )









名塚元哉 |←ホームページ