ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2012年08月31日(金) 横田めぐみさん2001年に生存情報

めぐみさん2001年に生存 政府、2ルートから情報入手「再婚し男児出産」(産経新聞 8月31日)

北朝鮮が、1994年4月に「死亡した」と説明している拉致被害者、
横田めぐみさん=拉致当時(13)=は、それ以降に再婚し、男児を出産、
少なくとも2001年時点で生存していたとする情報を、
日本政府が入手していることが30日、分かった。
情報はまったく別の2ルートからもたらされている。
政府は北朝鮮側の説明の矛盾点として分析を進めている。

 関係者によると、情報源の一つは、北朝鮮の内部事情に精通する消息筋。
情報によれば、めぐみさんは93年3月、当時の夫だった韓国人拉致被害者で、
特殊(工作)機関に勤務していた金英男(キム・ヨンナム)氏(50)と離婚。
家庭内暴力などから不仲になった。

 拉致被害者を監督する北朝鮮当局者は再三、金英男氏を指導したが改善されず、
めぐみさんが精神的に衰弱していたため、当局が離婚させた。
その後、精神科で治療を受けさせたという。

 めぐみさんは94年9月、別の対日工作員の男と再婚し、96年11月に男児を出産。
2001年当時、平壌市龍城区域の招待所で生活していたという。

 もう一つの情報源は、02年11月に脱北した朝鮮労働党の元工作員(58)。
元工作員は、韓国の北朝鮮向けラジオ「自由北朝鮮放送」に手紙を送付。
手紙によれば、金英男氏は酒癖が悪く、暴力が原因でめぐみさんとけんかになり、93年3月に離婚。
その後の再婚時期や出産時期、01年時点で生活していた招待所についても、
消息筋の情報と一致している。

 北朝鮮側は当初、めぐみさんについて、離婚したとされる「93年3月に自殺」としていたが、
帰国した拉致被害者がめぐみさんを94年まで目撃していたことが明らかになると、
時期を「94年4月」と訂正した。

 政府は、帰国した被害者から「めぐみさんは夫と93年春に別居していた」
との証言も得ており、2ルートの情報と合致する。

 帰国した被害者が家族会などに「めぐみさんが精神的に不安定になり、
入院した」と証言した時期と、消息筋の情報も内容がほぼ一致している。


関連ソース:
【再び拉致を追う】第1部 めぐみさんは生きている(1) 北「死亡」シナリオの原点「知りすぎた」(1/3ページ)
第1部 めぐみさんは生きている(2) 北「死亡」シナリオの原点「知りすぎた」(2/3ページ)
第1部 めぐみさんは生きている(3) 北「死亡」シナリオの原点「知りすぎた」(3/3ページ)


様々なルートからによる複数の情報ですが、

合致する点が多いことからも、

小泉首相(当時)が訪朝した1年前の

2001年に横田めぐみさんは生存していたことは間違いないでしょう。

政府には表に出さないまでも、

脱北した工作員などから拉致された人について、

真意不明な情報が多数寄せられているのは、

松原拉致問題担当相の発言からも伺い知ることができます。

さまざまな生存情報ある=めぐみさん報道―松原拉致問題担当相(時事通信 8月31日)

松原仁拉致問題担当相は31日午前の閣議後の記者会見で、
北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん=失踪当時(13)=が
2001年に生存していたとの情報を政府が入手していたとする一部報道について
「さまざまな生存情報が横田めぐみさんを含め、たくさんあることは事実だが、
この場ではコメントを差し控える」と述べた。
 また、松原氏は「当然、全拉致被害者が生存しているという前提で
(北朝鮮と)交渉している」と強調した。


また、拉致された人達は、

北朝鮮の様々な工作活動に協力させられていたこともすでに知られていることであって、

それを、わざわざ聴く必要もないので、

それらの行為は不問にするので全員返してほしいと交渉のカードの1つにすればいいと思っています。

蓮池さんたち拉致被害者5人が帰国してから10年が経ちます。

いい加減、この問題を解決させて、

横田さんら残された拉致被害者家族が平穏に暮らせる日々をと願わざるを得ません。

拉致問題は日本単独の問題です。

他の国は手助けしてくれません。

日本政府や外務省も本気になれば出来るって姿勢を国民に見せてほしいものです。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月29日(水) 嘘・大げさ・紛らわしい河野談話の見直しの実現を。

思わぬ「李明博効果」 河野談話見直し論噴出(産経新聞 8月28日)
河野談話 「負の遺産」の見直しは当然だ(読売新聞社説 8月29日)

国会の委員会で、竹島と尖閣の防衛議論が活発になっていますし、

河野談話見直し論まで浮上してきて、

1ヵ月前には考えられなかったことがおきて、

ホンマ、ある意味で日本人を目覚めさせた李明博大統領には感謝ですよ。

法律でも何でもない、ただの「談話」=個人の感想文で、

こんなものを後の政権が引き継がなきゃならない理由なんて何もありませんし、

当時の首相だった安倍氏が踏襲するとしたら、

野党地代の民主党なんて批判していたぐらいで、

首相発言、問題ない=玄葉外相(時事通信 8月29日)

玄葉光一郎外相は29日の記者会見で、
旧日本軍が従軍慰安婦を強制連行した証拠がないとした野田佳彦首相の発言に対し、
韓国外交通商省報道官が批判したことについて、
「首相発言に問題はない。首相は『証拠はないけれども
(聞き取り調査などで)心証を得て河野談話がつくられた』と語った。
韓国側は正確に理解してもらいたい」と反論した。


野田首相も証拠が無いとキッパリ言い切れるなら、

政党が違うのだから本来なら踏襲する必要もないし見直しも容易なんですが、

この体たらくです。

「おわびと反省」の河野談話「変更しない」 慰安婦問題で藤村官房長官(産経新聞 8月29日)

民主党には期待せずに次の政権に見直しの実現をと思うわけですが、

そもそも、日本政府は慰安婦については認め何度も謝罪をしていますし、

道義的な責任として法人を設立して、

そこから賠償金を民間からの寄付の形で払っています。

この問題の本質は「軍による組織的強制が有ったのか、無かったのか」

この1点だけです。

そして、当時の石原信雄官房副長官が、

河野談話は軍による強制連行の証拠資料が無いのにも関わらず、


「慰安婦の強制連行の証拠は何もないけど、
 韓国が認めてくれたらそれで終わりにするというから認めた」と証言し、

外交的配慮なども兼ねて認めてしまったという揺ぎの無い事実があります。

JOG(107) 「従軍慰安婦」問題(上)〜日韓友好に打ち込まれた楔〜
「従軍慰安婦」問題(下)〜仕掛けられた情報戦争〜

■2.総合的に判断した結果■

資料はなかったが、「総合的に判断した結果」、強制性があったという。
この判断の過程について、当時、内閣官房副長官だった石原信雄氏は、
次のように明らかにしている。

強制連行の証拠は見あたらなかった。
元慰安婦を強制的に連れてきたという人の証言を得ようと探したがそれもどうしてもなかった。
結局談話発表の直前にソウルで行った元慰安婦十六名の証言が決め手になった。
彼女達の名誉のために、これを是非とも認めて欲しいという
韓国側の強い要請に応えて、納得できる証拠、証言はなかったが強制性を認めた。

もしもこれが日本政府による国家賠償の前提としての話だったら、
通常の裁判同様、厳密な事実関係の調査に基づいた証拠を求める。
これは両国関係に配慮して善意で認めたものである。
元慰安婦の証言だけで強制性を認めるという結論にもっていったことへの
議論のあることは知っているし批判は覚悟している。
決断したのだから弁解はしない
(櫻井よしこ「密約外交の代償」「文塾春秋」平成9年4月)[3,p58]

元慰安婦からの聞き取り調査は、非公開、かつ裏付けもとられていないと明かされいるが、
そうした調査の結果、「韓国側の強い要請」のもとで
「納得できる証拠、証言はなかったが強制性を認めた」ものなのである。

聞き取りが終わったのが7月30日。
そのわずか5日後の8月4日、河野談話が発表された。
同日、宮沢政権は総辞職をした。
まさに「飛ぶ鳥跡を濁して」の結論であった。


このように根拠の無いオカルトのような話が、

20年も引き継がれてきたことが異常事態であって、

また、韓国も一度認めたら終わりにするという約束を反故にし、

ありもしない慰安婦の強制連行を持ち出して謝罪と賠償をずっと求めています。

この負の連鎖を断ち切る意味においても、

政治的決着のつけ方も正しかったのかどうかも含めて、

日本側としては「証拠が無いのだから河野談話は間違っていた」と

河野談話見直しは当たり前のことではないでしょうか。

また、見直しには最低限で、

朝日新聞・河野洋平氏・福島瑞穂氏の三人は証人喚問が必要だと思っています。

見直し論が出てくると、捏造を作るきっかけとなった朝日新聞などが反論しますが、

見直し論に不満がある人は、いわゆる従軍慰安婦だった方々の

その都度内容が変る証言以外で、

軍による組織的強制を立証しないといけなくなります。


そして、これは、

いわゆる従軍慰安婦のシンボルとして活動している女性の証言をまとめたものですが、

虚構「証言者来日」一考
慰安婦の李容洙さん(上)
慰安婦の李容洙さん(下)

14歳で連行されたと言ったり、16歳で連行されたと言ったり、

その他でも、証言内容に違いがあります。

60年以上前の話なので、細かい記憶違いや勘違いは当然でてくるかもしれませんが、

本人が体験したことなのだから、事実なら間違いようが無いはずなのに、

ただ、当人にとって忘れられないショッキングな出来事の根幹をなす部分において、

強制連行時の年齢も場所も連行した人間に関しても、

ここまで話が変ってしまうというのはどういうことなのでしょうか。

いわゆる従軍慰安婦のシンボルとして活動している

この女性の証言でさえ曖昧で信用するのが難しいのですから、

実際のところもはなはだ疑問です。

仮に、日本軍が手当たりしだいに女性を連れ去り強姦をしていたら、

ベトナム戦争で韓国軍が多くのベトナム人女性を強姦したことによって生まれた

ベトナムと韓国の混血児ライタイハンみたいに、

韓国には日本人との混血児でいっぱいだったことでしょう。

また、女性が連行されていったのであれば、

当時の韓国人たちは指をくわえて連れされるのを見ていただけなのでしょうか。

終戦後、自分の娘が連れ去られたと被害を告発する人も現れず、

慰安婦だった人たちの怪しい証言ばかりのみで証拠が無いのですから、

「強制性は認められない」というのは当然ではないでしょうか。

ですから私としては、河野談話は事実関係を時間をかけて客観的に再度調査して、

その結果を出すべきだと考えています。

その方が、要らぬ軋轢の中の一つから解放されるので、

日韓の双方にとっても得策であり、何の問題も無いと思うからです。

また、国会の委員会の場で、

いわゆる慰安婦ネタを持ち出してくるのであれば、

当時の石原信雄官房副長官の証言や、

2006年の10月16日付の読売新聞社説を持ち出して、

10月16日付・読売社説[『慰安婦』決議案]「日本政府はきちんと反論せよ」
※リンク切れなので、過去日記から一部抜粋
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=45126&pg=20061016
(一部抜粋)
慰安婦問題は1990年代初頭、一部全国紙が、
戦時勤労動員制度の「女子挺身(ていしん)隊」を“慰安婦狩り”だったと、
歴史を捏造(ねつぞう)して報道したことから、日韓間の外交問題に発展した。

 当時、「慰安婦狩りに従事した」と名乗り出た日本人もいて、
これも「強制連行」の根拠とされた。だが、この証言は作り話だった。
90年代半ばには、学術レベルでは「強制連行」はなかったことで決着がついた問題だ。


「こういう話もあるのに、なぜ河野談話を継承する必要があるのか」と

河野談話の胡散臭さを追求し、

謝罪の中身には事実とは関係のない、

外交的配慮だった部分も含まれていたということを

この際はっきりと主張する必要があるのではないでしょうか。

ネットの無い時代には、

朝日新聞や赤旗・雑誌「世界」のような左翼メディアや左翼団体が大手を振り、

捏造を含めたとんでもない話がまかり通っていましたが、

ネットによって、こいつらの嘘が次々に暴かれています。

だからこそ、事実誤認や歴史の捏造までを未来に引き継ぐ必要がないのは当然です。


関連リンク:
『ほそかわ・かずひこの BLOG』
慰安婦は超高給取りの売春婦








 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月28日(火) 中韓ともに反日無罪だからやりたい放題。

韓国人の男、汚物ボトル投げる!ソウルの日本大使館に(夕刊フジ 8月27日)

ソウルの在韓国日本大使館や韓国警察によると、27日午前6時50分ごろ、
40代の韓国人の男が日本大使館に向け、汚物の入ったペットボトル2本を投げ付けた。
敷地内には入らず、被害はなかった。

 警察は男を任意同行し、軽犯罪法違反容疑で取り調べた後、罰金通知をして釈放した。
男は以前、日本の竹島の領有権主張に怒り日本大使館前で抗議行動をしたことがあり、
今回も領土問題などが動機の可能性がある。


つい先日もトラックが突入するという事件がありましたが、

反日無罪でわざと警備を手薄にしているんでしょうね。

北京で丹羽大使の車襲われる 男が日の丸奪う(産経新聞 8月27日)

北京の日本大使館によると、27日午後4時(日本時間同5時)過ぎ、
北京市内の環状道路上で、丹羽宇一郎駐中国大使が乗った公用車が
2台の車に強制的に停車させられ、中国人とみられる男にフロント部分に
立ててあった日の丸を奪われた。丹羽大使にけがはなかった。

 この事件を受け、日本大使館は中国外務省の羅照輝アジア局長に対し厳重に抗議し、
再発防止と刑事事件として捜査するよう求めた。
羅局長は「このような事件が発生したことは極めて遺憾である。
中国政府としては事件の再発防止に全力を尽くしたい」と謝罪。
法に基づいた対処を約束したという。


【丹羽大使襲撃】“英雄”の摘発は当局批判に転化? ネット上では85%が「うれしい」(産経新聞 8月28日)

丹羽宇一郎駐中国大使の乗った公用車が中国人とみられる男に襲われ、
日の丸を奪われた事件について、中国外務省は28日までに、
国営新華社通信を通じて「真剣な捜査」を進めていることを強調した。
沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題に絡んで反日感情が高まる中、
“英雄”の摘発は当局批判に転化しかねず、捜査の行方は不透明だ。

 大使館側は、公用車の走行を妨害した2台の車のナンバーを控え、写真も撮影した。
これらの情報はすでに北京市公安局に提出しているという。
捜査機関が正常に機能していれば、偽造ナンバーでない限り、
犯行に使用された車両の特定に時間はかからない。
同局が器物損壊容疑などで捜査に着手したとの情報もある。

 しかし、中国のインターネット上で襲撃の是非を問う簡易アンケートでは、
回答者の約85%が「嘉悦」(うれしい)を選択。
国民の「愛国主義」がさらに高まっている現状では、
今秋の共産党大会を控え国内の安定を最優先させる指導部の意向が
捜査の進展に影響を及ぼしかねない情勢だ。

 党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報(英語版)は事件について、
「襲撃は外交の助けにならない」「子供のような行為」と戒める姿勢をみせているが、
一方では、「もし男が中国人だと確認されても、
男が精神状態に異常をきたしていたかどうかは不透明」などとも主張。
犯人の責任能力の有無を論じており、今後の曖昧な終結を暗示しているようにも映る。


>国民の「愛国主義」がさらに高まっている現状では、
今秋の共産党大会を控え国内の安定を最優先させる指導部の意向が
捜査の進展に影響を及ぼしかねない情勢だ。


「再発防止に取り組む」と述べていますが、

2004年にもありましたよね。

【中国】サッカーアジア杯で壊された公用車、日本大使館が公開 -朝日新聞【写真】.[08/17]





ほかにも、2005年4月16日には上海の反日デモ参加者が、

約5時間以上にも渡り日本総領事館にレンガや石や卵やペンキなどの投石行為を行い

窓ガラスなどを破壊したことがありましたが、



領事館周辺にいる警察は制止することもありませんでした。

このような行為が過去にも繰り返され、

その都度、中国政府は「再発防止に取り組む」とは言うものの、

中国政府に対する抗議デモは厳しく対応しても、

反日デモの場合は政府が反日は無罪だからと許可し、

民度が低いがためにすぐ暴徒化するデモを押さえこまない結果、

ウィーン条約(第二十二条)違反になる領事館への襲撃や

他にも日系企業のスーパーや飲食店への襲撃など行動がエスカレートし、







ついには、丹羽大使の乗った車を襲撃し日の丸を奪って逃走するという

一歩間違えれば大使が襲われていたかもしれない行為に繋がったわけで、

要するに過去の事例も今回の大使の乗った公用車襲撃も

過激な連中を押さえこまずデモを公認している中国政府による

日本に対しての嫌がらせや脅しに他なりませんが、

大使館や大使は治外法権の扱いであり、

中国へ大きな利益をもたらした伊藤忠の丹羽氏が大使だったからこそ、

国旗を奪われるだけで済んだのかもしれませんが、

そういうことを抜きにしても、

外交官ナンバー付けた車への襲撃は、

ある意味で動く日本大使館が襲われたと言ってもいいぐらいで、

外交上、宣戦布告の理由にもなる大変重い意味を持つ事件であり、

2004年の公用車襲撃と2005年の総領事館襲撃の時は、

中国政府は謝罪もせず「再発防止に取り組む」とだけ言っていましたが、

さすがに、反日無罪でも大使が襲われるというのは想定外だったらしく、

日本よりも他国の目を意識して、

珍しく謝罪し捜査すると発言しましたが、

本気で捜査し逮捕するのでしょうか。

逮捕すれば、反日無罪だったのになんで逮捕するんだ!とばかりに、

政府に国民の不満が向かう可能性もあり得、

適当に済ませるようなら、大使館の存在を否定することにもなりますし、

反日を利用し煽ってきたまでは良かったのですが、

その反日によって後ろにも前にも動けない状態になっている状況ではないでしょうか。

だからこそ、日本側はもっと強気に抗議したりして、

中国人の反日感情を煽り、反日から反政府運動に流れるように、

あの手この手を仕掛けるべきだったのですが、

謝罪したからもういいよとばかりに、

外務省、抗議せず 中国謝罪で(産経新聞 8月28日)

自らで手を緩めるのは情けない限りです。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月27日(月) 遺骨問題より拉致被害者救出を優先せよ

北、当初「拉致議題化」を明言 29日からの政府間協議で(産経新聞 8月27日)

中国・北京で29日から4年ぶりに再開される日本と北朝鮮の政府間協議に関し、
北朝鮮側が「議題となる諸懸案に拉致問題も含む」と伝達してきていたことが26日、分かった。
野田佳彦首相は外務省からこの報告を受け、政府間協議の再開を決断していた。
しかし、北朝鮮側はその後、一転して拉致問題の提起を批判。
こうした経緯に、政府内からも「完全に北のペースに乗せられている」
(高官)との懸念が出ている。

 日朝協議をめぐっては、その前段となる日朝赤十字協議が9、10両日、
北京で開かれ、邦人遺骨問題を中心に話し合われた。
政府高官によると、赤十字協議に並行して政府間でも連絡を取り合い、
この中で北朝鮮側が外務省担当者に「拉致問題の協議にも応じる」と伝えてきた。

 外務省は赤十字協議後、11、12両日に首相官邸に北朝鮮の意向を報告した。
これを受け藤村修官房長官が13日、外務省の杉山晋輔アジア大洋州局長らと協議。
「拉致が議題に含まれるのであれば拒否する理由はない」との判断で一致し、
最終的に首相が協議再開に応じることを決断した。

 ところが、北朝鮮の朝鮮中央通信は16日になって、
日本が拉致問題を議題に取り上げようとしていることを
「会談を不純な政治目的に利用しようとしている」と非難する論評をウェブサイトに掲載した。

松原仁拉致問題担当相は、小泉純一郎元首相の訪朝と日朝平壌宣言調印から
10年にあたる9月17日以降も拉致問題で進展がなければ
制裁強化を検討する考えを表明しているが、
「政府間協議が『継続中』として、北朝鮮側に制裁強化を免れる論拠に
利用されかねない」(同)との見方も出ている。

 加えて、遺骨収集を目指す民間団体「全国清津会」のメンバーが28日から
約10日間の日程で訪朝することで、北朝鮮側による「拉致外し」も懸念される。
別の政府高官は同会の訪朝を認めたことに関し、
「北朝鮮側には政府間協議で拉致問題よりも
遺骨問題に注目を集めさせる思惑がある」と分析している。


拉致、展開見通せず=29日に4年ぶり日朝協議(時事通信 8月27日)

日本と北朝鮮の政府間協議が29日、北京で4年ぶりに行われる。
日朝の政府間交渉は、民主党政権、金正恩政権の双方にとって初めて。
日本政府は拉致問題を提起し、こう着状態の打開に向け誠意ある対応を求める方針だ。
ただ、「拉致問題は解決済み」と主張する北朝鮮側の出方は読み切れず、先行きは見通せていない。
 今回の協議では、今月9、10両日に開催された日朝赤十字協議を踏まえ、
終戦前後に北朝鮮で亡くなった日本人の遺骨返還や遺族らの墓参について話し合う。
日朝双方は、本格交渉に先立って議題などを詰めるための予備協議と位置付けており、
日本側は拉致問題を交渉のテーブルに乗せ、本格的な協議につなげたい考えだ。
 福田政権末期の2008年8月、中国・瀋陽で行われた前回協議で、
日朝両政府は日本人拉致被害者の再調査を行うことで合意した。
しかし、翌月、福田康夫首相(当時)の退陣表明を受けて、
北朝鮮は再調査の実施先送りを一方的に通告。
拉致問題は進展のない状態が続いている。
 今回の協議開催に合意した直後は、
北朝鮮が日本との交渉に積極的な姿勢を見せていたことから、
日本側には「北朝鮮は日本による制裁の解除などの見返りを期待し、
少なくとも再調査には応じるのではないか」(政府高官)との見方も出ていた。
 しかし、そうした楽観的な観測は、北朝鮮が協議レベルを当初調整していた
局長級から課長級に変更するよう要求したことから、根拠を失いつつある。
課長級への格下げは「実質的な協議を避ける意図がある」(外務省筋)と読み取れるからだ。
 支持率が低迷し、政権基盤が弱まっている野田佳彦首相を、
北朝鮮が交渉相手と見定めているかどうかも不透明だ。
日本側は課長級への格下げを受け入れたが、
北朝鮮が今回の協議を「日本国内の政局を見極めるための時間稼ぎ」
(外務省幹部)として利用することを警戒している。


明後日から行われる日朝協議ですが、

どうやら、北朝鮮は拉致問題も協議するという約束で日本政府を釣ったようです。

協議で日本側は遠慮せず初日から日本人拉致を議題に出せばいいのです。

それで、北側が態度を硬化させるようであれば、

協議打ち切りでさっさっと帰国すればいいのです。

言ってしまえば、遺骨問題は過去の話ですが、

拉致問題は現在進行形であって、

拉致被害者家族のほとんどが高齢となり残された時間は限られており、

一刻も早い再会を実現させなければなりません。

また、北朝鮮は金正恩氏の新体制になってから、

ミサイル発射実験も失敗に終わり、

まだ政治や支持基盤が脆弱な状況であり、

基盤強化のためには、是が非でも目に見える成果が欲しいわけで、

その成果の一つとして、

圧倒的権力のあった父親でさえ成し遂げられなかった

国交正常化を早く実現させたいと思っていることは間違いなく、

国交正常化によって得られる金や物が欲しいのは向こう側なのですから、

こちらは遺骨問題だけで融和的にならず、

拉致被害者を全員返すまではビタ一文出さないと強気の姿勢で挑んでほしいものです。







 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月26日(日) 24時間テレビは暇人が観る番組

『24時間テレビ愛は地球を救う』は、

こういう金の匂いしかしないあざとく偽善的なものを

毎年楽しみにしている人ってどれくらい居るのかも分らないし、

どの層に需要があるのかサッパリわからない番組の1つです。

「やらない善より、やる偽善」という言葉があって、

まあ、偽善でもやった方がいいとは思いますが、

偽善でも限度と言うかやりかたというものがあるのではないでしょうか。


http://twitter.com/h_ototake/status/238876476798283776

本当にそう思いますね。

私も含めて障害者の人ほど、

感動の押し売りみたいな、

これで泣かない奴はおかしい的な、

あんなお涙ちょうだい番組ごときを年に1回放送するだけで、

「障害者理解」が進むとはこれっぽっちも思っていないことでしょう。

NHKのEテレが制作し毎週放送している『バリバラ』などの障害者番組の方が、

障害者の本音などを隠すことなく放送しているので、

こちらのほうが障害者理解を進める上に置いても良質な番組です。

「障害者に理解を」なんて言うなら、

健常者のお笑い芸人以外にも、

障害者芸人のホーキング青山さんや

脳性マヒブラザーズさんなどの

最近増えつつある障害者芸人による毒のあるお笑いのコーナーをやるぐらいじゃないとダメですが、

障害者を感動を与える対象のみで捉えている番組作りも偽善ですよね。

そして、毎年24時間テレビを放映して「障害者に理解を」とか

「障害者を応援しよう」と言いつつ、

日テレはパラリンピックを生中継で放送したことがありません。

なぜか、理由は簡単明瞭でスポンサーからお金を頂くための視聴率が取れないからです。

この番組がチャリティーの意味からかけ離れていると思うのは、

チャリティーを謳いながらも、

番組の製作費と出演しているタレントや歌手のギャラを合わせれば、

集まる募金額よりも数倍も多く(一説には製作費40億円とも言われています)、

自分達はギャラを貰いながら視聴者には寄付を募るという滑稽さもさることながら、

(ホント、タレントたちのギャラで子供たちのワクチンが何本買えるのでしょうか。
 そういや、集まる寄付金より費用の方が金がかかるという点で、
 寄付より製作費の方が多い24時間テレビと
 ペットボトルのキャップを入れる箱を数千円で買い、
 その箱にキャップを6キロ集めると60円が貧困国に寄付されるという
 エコキャップ運動と似ていますね。)

意味不明なタレントによる24時間マラソンです。

最初に走った間寛平さんは、阪神大震災で自分も被災したこともあり、

被災者を励ましたいと自分から番組にアプローチしてマラソンをすることになり、

これは意味のあるマラソンだったと思うのですが、

それ以降は視聴者の興味をそそらせ番組を繋ぐだけの一つの企画になってしまっただけで、

高額のギャラを貰って走っている本人以外は意義のあるものだと思えません。

それでもゴール近くになると視聴率が30%以上に跳ね上がるということは、

多くの人がゴールできるか気にしてチャンネルを変えるわけですが、

視聴率上昇=広告収入のアップに繋がるので、

日テレは、このマラソン企画を止められないのでしょう。

チャリティと無関係の24時間マラソンが、

番組恒例の中核イベントになってしまっているのは、

どう考えても、まずは驚かせる人選によって宣伝を兼ねた話題づくりと、

視聴者の興味を引きつけ安定した視聴率とラストの瞬間最大視聴率の確保や、

番組の最後を締めくくるための盛り上がりに貢献してくれるから、

放送局とスポンサーのための企画を組み込んでいるわけです。

ですから、間寛平さん以降の歴代ランナーは、

テレビ局の視聴率と広告収入と自らの高額のギャラのために

無慈悲なほどに暑い炎天下の中を走っていることになります。

それを見て感動するのは個人の勝手ですが、

そういう局やスポンサーや走るタレントの思惑が幾重にも絡み、

番組終了間近にゴールできるよう時間調整をしているマラソン、

言ってしまえば“ヤラセ”っぽいものに感動しちゃう人って、

純粋なんだなぁと思ってしまいますし、

タレントのマラソンにしろ、

本人がやりたいと志願したわけでもないのに、

障害者に無理矢理山登りや泳いで島を渡る系な過酷なチャレンジをさせる企画にしろ、

それを見て感動するのって、ある意味で残酷な人達だとさえ思います。

チャリティーを行いながらも、

募金以上の高額のギャラや制作費が発生していることを視聴者は気づいていても尚、

つい見てしまうというのも、

この番組が年々チャリティーの趣旨からかけ離れて、

番組がスタートした頃に比べて、

安っぽくなっている原因なのではないでしょうか。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月25日(土) 「妄言」としか反論できない韓国の弱さ

首相発言「妄言」と一斉反発=日韓併合と並べた記事も―韓国各紙(時事通信 8月25日)

韓国の政府にしろマスメディアにしろ、

日本の竹島領有権主張に関して「妄言」と批判してくるけど、

「そこまで言うなら国際司法裁判所で決着をつけよう」とか、

具体的な歴史的資料に基づいての反論が出てこないのが、

韓国の嘘を露呈させてるし持論のない弱さでもあります。


◆ 梅田ロフトに楳図かずお恐怖マンガ展「楳恐(うめこわ」を見に行ってきました。



楳図先生のマンガは10代の頃にのめり込んで、ほとんどの作品を読みました。

作品展は、お化け屋敷のように薄暗い中を懐中電灯を使って、

作品を照らして鑑賞するという粋な演出でした。

複製のパネル原画の展示ですが、

ホラーやスプラッタの原画を大きいサイズで盛りだくさんに見せられると、

さすがにクラクラしてきます(笑)

ホラ―って悪趣味の極みですよね。

やっぱ楳図先生は画が上手いな〜って改めて感激したし、

描いている美少女が全部しょこたん(中川翔子さん)に見えてくるから不思議。

しょこたんも楳図作品大好きだけど、

好きな作家の絵にあんなに似てる人はなかなか居ないよね。

グッズショップには、こんなカバンもw


今日は、楳図先生も来場されサイン会も行われました。

サイン会の整理券配布には、夜中から待っている人も居て朝7時半に終了だったそうです。

サイン会での楳図先生


楳図先生は来月3日に76歳になります。

いつも明るくハツラツとして実に若々しい。

こういう、おちゃめな年寄りになりたいよね。


入場料は300円で、マンガがプリントされたトイレットペーパーが貰えるという太っ腹。


9月4日まで開催されています。





 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月24日(金) 口先だけなら何とでも言える、これからは行動に移せ。

6時から行われた野田首相の会見で、

竹島と尖閣が歴史上国際法上において日本の領土であると具体的な経緯説明を行い、

韓国や中国の主張は具体的な資料も根拠も無い嘘であると言いました。

まあ、外務省のHPに書いてあることを語っただけと言われればそれまでなのですが、

現行法でも自衛隊の出動可能発言も含めて、

ここまで踏み込んだ発言が、

ようやく会見の形で、

総理大臣の口から出たことに関してだけは評価してよいのではないでしょうか。

(竹島と尖閣が歴史上において日本の領土であると具体的な説明の箇所は、
 ノーカットで夜のニュースや明日のニュースや
 ワイドショー系の情報番組でも何度も流し、
歴史的経緯を国民に周知させるべきだと思います。)

ただ、ここまで強気に出る以上は、

この先の中韓の行動を先読みしておかなければ無意味になってしまいます。

中韓に冷静な対応を呼びかけましたが、

あちらは冷静に対応はしないでしょう。

そして、会見で韓国は重要なパートナーと言いましたが、

韓国は親書を突き返すという国交断絶や宣戦布告クラスのことをやらかしてきたわけですから、

パートナーではなく、

ここの認識は甘いと言わざるを得ません。

あっちは友好ではなく、

“ただの都合のいい金づる”としか日本を見ていないということを

親書返還で自ら白状してきたわけですから、

当面はとにかく韓国に対する経済支援の凍結で充分です。

韓国国債の購入 当面見送り(NHKニュース 8月24日)

検討なんかじゃ意味がありません。

スワップも国債も韓国側が

「日本から申し込んできたことだし無くても問題ない」

と言っているぐらいですから打ち切ってOK。

韓国も文句無いでしょう。

相手がいらないって言ってることに日本国民の税金や財産を使う必要はありません。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月23日(木) 今の日本の最大の敵は日本政府

外務省、受け取り拒否=韓国が首相親書を返送―竹島問題で対立深まる(時事通信 8月23日)

親書を突き返す、しかもその親書を携えアポなしで外務省に訪問とは、

どこまで常識が無いんでしょうか。

しかも、直接受取ってもらえなかった親書を郵送で返却だそうです。

ふざけているにもほどがある。


都の尖閣上陸申請受理=政府、認めない方向(時事通信 8月23日)

東京都は22日、沖縄県石垣市の尖閣諸島への上陸を正式に申請し、政府は書類を受理した。
藤村修官房長官は同日午後の記者会見で、今後の対応について
「尖閣諸島の平穏かつ安定的な維持管理のためという政府の賃借の目的を踏まえ検討する」と述べた。
政府は日中関係への影響などを考慮し、都の上陸は認めない方向だ。

 都は29日にも上陸したい考えで、週内の回答を政府に求めている。
藤村長官は会見で、上陸を認めるかどうかに関し「回答する努力をしなければいけない」と語った。
これに関し、政府関係者は「いろいろなことを精査するのに、
1週間ぐらい時間がかかる」と述べ、回答は来週以降になるとの見通しを示した。
 尖閣諸島をめぐっては、領有権を主張する中国人活動家が不法上陸事件を起こす一方、
都議ら日本人10人も政府の許可を得ずに上陸し、日中の摩擦が強まっている。
都の上陸を許可すれば中国が反発を強めるのは必至で、
政府内には許可すべきではないとの意見が強い。
ただ、都は上陸が認められなくても、洋上から調査する考えだ。 
 東京都の石原慎太郎知事は尖閣諸島を購入する方針を表明しており、
購入対象となる土地の面積を確定させる現地調査のため、
上陸申請に関する書類を17日に政府に提出。
書類は上陸の日時や上陸予定者などの記載が不十分だとして、
一時預かりの状態になっていた。


尖閣諸島は我が国固有の領土で領土問題は存在しないと言いつつ、

中国に配慮するってどういうことなんでしょうか。

これでは発言と矛盾しています。

ロシアのメドベージェフにしろ韓国の李大統領にしろ、

強引に奪い取った領土を自国の領土だから他国に遠慮する必要はないって考え方で、

堂々と不法侵入しているわけで、

この厚かましさをどうして日本は持てないのでしょうか。

このような弱気な状況を続けていれば、

ほかの国から「本当に日本の領土なのか?」と疑念を持たれてしまい、

領土であるという主張の説得力を失いかねません。

地主が上陸許可を出してるのに、

地主から契約で管理を委託されているだけの国が、

地主の意向を無視して国が不許可扱いするということは、

事実上、もう国有化してるようなもので、

尖閣を都ではなく国が買い取って国有化すると、

中国に配慮して、このように何も行動しないということが、

今回の行動によって明らかになったのは間違いありません。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月22日(水) オールジャパンで何もしないことにしたノダ。

竹島の領土問題に関する関係閣僚会合(首相官邸 8月21日)

「オールジャパンで竹島問題に取り組むノダ」と発言した野田首相ですが、

この竹島問題閣僚会議には、

なぜか防衛大臣と国家公安委員長は呼ばれなかったということを

自民党の佐藤正久議員が暴露しています。

https://twitter.com/SatoMasahisa/statuses/237750245633699840

やはり竹島問題関係閣僚会議には防衛大臣も国家公安委員長も呼ばれなかった。
これも配慮外交の現れ。韓国は竹島での警備体制強化や軍事訓練を計画しているのに。
秘密情報保護協定への影響もある。短期的な検討ですら不十分。
まさに韓国への配慮の繰り返し、反省・教訓が見られない。残念だ!


これでオールジャパンとするには滑稽で、

ロンドンオリンピックで流行った「オールジャパン」を

カッコつけて言ってみたかっただけというのが見え透いています。

さて、話し合われた対抗措置はというと、

これから行われるASEANなど日韓政府間対話の延期のみです。

竹島問題で政府が対抗措置、日韓対話延期など(読売新聞 8月21日)

スワップの延期にしても検討のまま棚上げされています。

国際司法裁判所への提訴も仕事をしているというアピールだけで、

本気で韓国を裁判所へ引きずりだす方法まで考えてはいないでしょう。

今の民主党は検討・検討の繰り返しですが、

検討するというポーズをとって、

竹島問題が下火になるのを待っているのでしょう。

滋賀県大津市立皇子山中学校の虐め事件の加害者3人逮捕なんて報道が出て、

ネット世論の話題がそっちに流れるのを待っているとしか思えませんが、

ただ、ここ数日の間に韓国大手メディアに掲載された発言にしても、

韓国最大の新聞社 「天皇は今なお韓国を苦しめる特別A級戦犯である!即刻、膝をついて謝罪せよ」
韓国人 「日本は猿のように卑怯」「放射能で猿3万匹が消え、嬉しかった。天罰」
韓国の新聞記者が韓国語で「もう一回天罰喰らえ。どの国も助けないから」

大手新聞社の記者までもが、このような下品極まりない発言を平気で新聞に書く。

そして、大統領に続いて外相までもが謝罪要求。

韓国外相、天皇陛下は「謝罪すべき」(産経新聞 8月21日)

竹島に不法侵入、天皇陛下に対する無礼極まりない発言の連続、震災犠牲者への冒涜など、

これらのことが一気に噴き出した今、ちょっとやそっとで鎮静化するとは思えません。

そして、今日もこのような行動に出てきました。

韓国 野田首相の親書を返送へ(NHKニュース 8月22日)

反論も出来ないから突き返してきたんでしょうね。

親書を突き返すというのは、国交断絶や宣戦布告と同じ意味で、

このような最大級の非礼な行動に出てきても、

これでも民主党はまだ生ぬるい対応でいくつもりなのでしょうか。

ただ、民主党が今後、真剣に取り組むということは無いかもしれません。

民主党の議員は、3年前の衆院選挙で、

一人残らず在日韓国人の組織・民潭から選挙応援を受けていたほどですし。

野田首相とて、こうなのですから。

「8月30日の衆議院選挙におきましては、 千葉民団の皆さんの力強いご推挙をいただき、
力強いご支援をいただきましたことを、心から御礼申し上げたいと思います。」









 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月21日(火) 日本にオリンピックを誘致しよう!

神戸港過去最大のクルーズ客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」が入港!

昨夜、神戸港に停泊しているVoyager of the Seas(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)を見に行ってきました。









高層住宅が海に浮いているって表現がピッタリなぐらいのデカさでした。



まあ、一番撮影していたのは船よりも目玉おやじでしたけど。

その写真は「きょうの目玉おやじ」に順を追ってアップしていきます。

<五輪メダリスト>銀座を凱旋パレード 沿道に50万人(毎日新聞 8月20日)

オリンピックって始まれば、

国民もマスメディアも総出で盛り上がりまくって、

「感動をありがとう」とか好き勝手に言いまくるのに、

いざ、日本にオリンピックを誘致しようという話になると、

国民もマスメディアも途端に手のひら返して反対するのが不思議でしょうがありません。

確かに、不況でそんなことに金を使っている場合かって批判も分りますが、

スポーツにしろ芸術分野にしろ

娯楽を楽しむという余裕が無くなるのって人間として不健全だと思うんですよね。

オリンピック誘致の条件には、

国民の盛り上がりも基準に入っているそうですが、

日本は毎回この項目だけ最下位だそうです。

東京が尖閣の募金のように、

2020年の五輪開催に向けて国民からの募金を7月から募っていますが、

募金のトータルが8月上旬時点で10万円にも届いていないって報道もありました。

東京オリンピック・パラリンピック2020(フレフレ)基金開始のお知らせ

誘致して開催することによって、

選手は時差などを気にしないことや地元開催ということで、

心理的な強化に繋がると思うし、何よりも経済効果になるし、

2002年の日韓W杯の時にのように開催中はウキウキするって感じがあるんですけどね。

(まあ、でも五輪は東京だけの話だけど。)

ロンドンオリンピックは予想以上に盛り上がったので、

この勢いをきっかけにして日本へ誘致しようという声も高まるんじゃないでしょうか。





 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月19日(日) 鳩が運んできた種が芽吹いて今の状況になっている。

日本人10人尖閣上陸 疎開船遭難の慰霊祭一行(産経新聞 8月19日)

香港人の尖閣上陸では、

島に上陸してから逮捕と事前に政府と打ち合わせしていたそうですが、

不法入国を企てる者に対しては上陸前に阻止せず上陸を許し、

我が国の政治家を含め国民が自国の領土である尖閣に上陸しようと申請したら、

許可しないというのは意味が分りません。

政府は尖閣は自国の領土であると言いながら、

上陸を許可しないということは、

これ以上騒ぎを大きくしたくないと、

中国に対して配慮しているということの表れで違和感を感じます。


尖閣諸島上陸 鳩山氏「私が総理の時、こういう事件起きてない」(FNNニュース 8月19日)

鳩山元首相は講演で、「わたしは東アジア共同体を主張し、
中国も韓国も非常に納得していた」と振り返り、
「わたしが辞めたあとに、これだけの事件が起きていることは大変残念だ」と述べた。
鳩山元首相は「少なくとも、私が総理の時には、こういう事件は一切、
何も起きておりません」と述べた。


鳩山が首相時代には確かに事件は起きてないけど、

首相時代に「日本は日本人だけのものじゃない」発言とか、

普天間問題で日米間に亀裂を生んだことが、

領土侵略を虎視眈々と狙っていた中国韓国ロシアが強気に出るようになったわけで、

鳩山がまいた種が大きく育った結果ですよ。


野田氏再選なら離党も=鳩山元首相(時事通信 8月19日)

民主党の鳩山由紀夫元首相は18日、千葉県鴨川市で講演し、
9月の党代表選での野田佳彦首相の再選阻止を訴えた上で、
「民主党が変わらなかったならば、その中に居続けることが
適当なのかどうかの判断が必要になってくる」と述べ、
選挙結果次第では離党する可能性に言及した。
 鳩山氏は「既得権と戦うはずの民主党が既得権の側に立っている」と首相の政権運営を批判。
「既得権と戦う集団に戻すには次の代表選しかない」と語り、
代表を代えて政策転換を図るべきだと強調した。


首相を辞めたら議員も辞めると宣言していたのだから、

離党じゃなくて議員辞職だろ。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月18日(土) 新ブログスタートの話とテレビ出演の話。

リボルテックタケヤの目玉おやじを買ってから、

自宅で撮影するほかに、

外出する度にカバンに忍ばせて持って行って、

雰囲気のいい場所を見つけたら置いて撮影したりしているのですが、

この日記で見せまくると、さすがに読者さんも嫌がると思ったので、

新しいブログを始めました。

きょうの目玉おやじ



こちら共々よろしくお願いいたします。

そして、もう一個のブログ

デザインカプチーノやラテアートをアップしているブログですが、

おうちバリスタ なつcafe



おかげさまをもちまして25万アクセスを突破しました。

で、先月のことなのですが、

驚くことに東京MXテレビさんの某番組の制作スタッフさんから、

ラテアート・デザインカプチーノ特集を組むことを予定しており、

アマチュアでもハイレベルの人も紹介したいというので、

テレビ出演の依頼を頂きましたが、丁重にお断りしました。

カプチーノにチョコシロップで絵を描くことは得意ですが、

リーフなどのバリスタが基本とするラテアートは、

まだまだ下手くそで、

私と同じように趣味としてアマチュアでラテアートを作ってる人で、

私よりも上手で有名な人のほうが多く、

そんな人達を差し置いてテレビに出るなんて厚かましすぎると思ったからです。

その後、その番組が他のアマチュアの方を招いて放送されたのかは、

関西では観ることのできないチャンネルなので分りませんが、

少し気になっています。


動画もよろしくです。







「ゴーヤが欲しい」




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月17日(金) スワップ必要なしと韓国側の了承が得られました♪

尖閣不法上陸の活動家ら7人、民間機で香港へ(読売新聞 8月17日)

政府としては8年前の自民党政権の対応を真似しただけなんだろうけど、

ただ、あの時よりも、海上保安庁の船にレンガを投げつけるなど、

不法上陸してくる奴らの行動がエスカレートしていますから、

これをただの不法入国者と同じように扱い続けるのなら、

不法上陸を企てる奴らの歯止めになりゃしませんし、

更に行動もエスカレートしてくることでしょう。


日韓通貨スワップ協定、日本のメリットとは?=為替王(サーチナ 8月15日)

Q: 日韓通貨スワップ協定の日本側のメリットは何ですか?

A: ありません。

Q: 円高を止める効果があるとか?

A: 為替市場は数百兆円規模、円が絡む取引だけでも数十兆円規模の取引が毎日行われています。
たとえば昨年8月に日本は約4.5兆円の介入を実施しましたが、すぐに円高に戻りました。
日韓通貨スワップの限度額は現在約5.4兆円。
もちろん一度に全額使われるわけではありませんから、
その範囲内でいくらか円売り取引が実行されたところで円相場への影響はほとんどありません。

Q: 韓国の破綻を防ぐことで、韓国と貿易している日本企業を助ける目的があるとか?

A: どの国と取引するかは企業の自己責任です。
一般論として、取引相手の破綻リスクに応じて取引を縮小するのが企業経営の基本で、
それでも多額の取引をしているなら企業のリスク管理に問題があると言わざるを得ません。

Q: 韓国が破綻した場合の日本への悪影響は放置するのですか?

A: 過去のリーマン破綻やギリシャ破綻などのケースを想定すればわかりやすいと思いますが、
海外の大手企業や国家を日本が救済するのはまったくの筋違いですね。
悪影響を受ける日本国内の民間企業については、
通常の企業・雇用対策により直接支援するほうが効果的ですし国民も納得できるでしょう。
なぜ、韓国の場合だけ、関連する日本企業を助ける目的で、
韓国という国家を救済せよとの異常な理屈が出てくるのか不可解です。

Q: ウォン安を止めることで韓国企業の攻勢に歯止めをかける目的があるとか?

A: 日韓通貨スワップ協定は、普段のウォン安を止めるのが目的ではありません。
危機的なウォン安が発生した場合に、韓国を救済することが目的ですので、まったく関係ありません。

Q: アジア経済を安定化させる目的があるとか?

A: 東南アジア諸国となら、そういう目的も意味があるでしょう。
ただ、執拗に日本に高圧的な態度をとる韓国の経済を、
わざわざ安定化させてあげる必要があるでしょうか?

Q: 領土問題と経済問題は別という見方もあるのでは?

A: 経済的に援助してあげている隣人が、
あなたの家に不法侵入したり毎日挑発してきたら、あなたはどうしますか?
 日本は長年、韓国経済を守り全力で支援してきました。
謝意を表明することもなく、逆に日本を罵倒し続け、天皇陛下をも恫喝する
国家を守ってあげる道理はないように思われます。



韓国「野田政権で状況悪化、発言自制してたが」(読売新聞 8月16日)

17日付のソウル新聞(早版)は、韓国大統領府の高官が16日、
竹島の領有権や歴史問題での日本の対応を批判した上で、
韓国政府が「野田首相にはこれ以上、期待することはできないとの
結論に至った」と述べたと報じた。

 この高官は同紙に対し、野田政権の発足当初、李明博(イミョンバク)政権は
「発言を自制して未来志向で行くことを望んだが、むしろ状況が悪化した」と語ったという。
歴史問題とは、いわゆる従軍慰安婦問題を指すとみられる。

 さらに、日本が韓国への対抗措置として、
日韓の通貨交換(スワップ)協定の見直しも検討しているとされる点に関し、
同高官は「日本との通貨スワップがなくても、韓国ウォンの価値が不安定になる状況ではない」と強調。
「(同協定は)両国の相互利益のためのもので、(昨年10月に)
スワップ枠を拡充した際も日本側が先に提案した」などと説明した。


日本がスワップ協定の見直しを示唆しただけで、

「あんなもんいらんのに押しつけてきた!」

「一度も使ってない!日本の世話にはなっていない!」と、

感謝のかの字も表明せずに逆切れしている状況ですが、

今まで実際に使った使っていないの問題ではなく、

世界から信用されている日本とスワップを結んだ時点で、

日本の信用を借りる日本の「円」という後ろ盾ができて、

韓国はウォンで世界と取引できるようになったという多大な恩恵を受けているにもかかわらず、

要らないと言ってきているものに日本が協力する必要はありません。

向こうが必要ないと言ってきているのだから、

ここは珍しく意見が一致したということで、

民主党は無駄の削減や仕分けが好きなのですから、

5兆円規模の拡大枠も含めて速やかにスワップという名の経済援助破棄の手続きに入りましょう。

それで韓国経済が不安定になっても自業自得です。


日韓通貨スワップ協定「中断なら損するのは日本」=韓国(サーチナ 8月17日)

使っていないものを止めると、

どうして日本が損をするのかが分らないのですが、

本当に困ることの無いぐらいに必要もなく日本のほうに痛手が大きいのなら、

韓国が日本の為になることをするということは過去から現在にかけて一度もなかったのですから、

韓国の方からスワップ破棄のカードを切っていることでしょう。

それをしないというのは、そういうことです。


ビフォー

アフター



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月16日(木) 韓国と中国の相次ぐ侵略行為

韓国と中国の相次ぐ侵略行為について、

左翼の人がブログで「日本はやられっぱなしじゃないか!」って憤慨していたんですが、

いつもの持論の「9条があるから話せば分かってくれる」はどこへ行ったんでしょうかね?

向こうは、9条があることを話したらそれを理解したうえで安心して侵略に来たんですけどね。

強制送還でスピード決着へ 外交無策のツケ重く(ANNニュース 8月16日)

尖閣諸島を巡っては、かつて小泉総理大臣の靖国参拝で日中関係が悪化するなか、
中国人活動家が上陸。この時は、さらなる関係悪化を避けるため「強制送還」としました。
菅政権の漁船衝突事件には船長を送検しましたが、中国側が強く反発。
不起訴・釈放となり、腰砕けと批判されました。
今回、野田総理大臣の言う「厳正対処」とは強制送還を意味するのでしょうか。

 (政治部・成田彩乃記者報告)
 ある外務省幹部も「スピード感が必要だ」と繰り返すように、政府としては、
菅政権の時の轍(てつ)だけは踏むまいと必死です。
総理周辺も「野田総理は政治決着を望んでいない」と強調するように、
8年前の小泉政権の時の事例を参考にしながら、
「強制送還」という形で幕引きを図ろうとしています。
しかし、終戦記念日という節目の日に上陸を許した政府の対応の甘さに
野党から批判の声が上がるのは避けられません。
 (Q.野田政権は苦しい対応を迫られているが、どうしてこういう事態になったのか?)
 かつて、鳩山政権では、自公政権時代の「日米同盟重視」から、
中国・韓国に軸足を移した「東アジア共同体構想」を目指していました。
しかし、普天間問題の迷走から日米関係が大きく揺らいだため、
野田総理はその立て直しに躍起ですが、いまだ隔たりは埋められないままです。
中国・韓国もこうした「日米の溝」を見透かした形で揺さぶりをかけている側面もあります。
中国・韓国を軸にした民主党外交が今、
その両国に振り回されているという何とも皮肉な状況になっています。


日米関係の悪化もそうだけど、

中韓のタガを外した行動なんて、

民主党の中に親中韓な議員が多いことの結果ですよ。

俺たちに甘いこいつ等の内に盗れるもんは盗っておけってなりますよ。


関係発展へ共に努力を=韓国外交省(時事通信 8月16日)

韓国外交通商省報道官は16日の記者会見で、
李明博大統領の竹島訪問をきっかけに対立がエスカレートしている日韓関係について、
「日本(政府)と日本国民がわれわれと共に両国関係発展のために努力してくれるよう頼みたい」と述べ、
これ以上の関係悪化を避けたいとの思いをにじませた。
 報道官は、李大統領が15日の演説で
「日本は未来を共に開いていかねばならない同伴者だ」と言及した点に触れ、
「われわれにも妥協できる部分はある。歴史問題は妥協できないが、
歴史を直視しながら両国関係を発展させていくとの従来の立場は変わっていない」と語った。


李大統領の竹島不法侵入と「天皇は韓国へ来て土下座して謝れ」発言から、

日本の韓国に対しての雲行きがガラリと変わったのを察知して

随分と焦っておられるようで、

謝れ発言も訂正したりしていますが、

訂正された発言も「来て謝罪しろ」と言う意味のままだし、

云わば、人の家に上がり込んで無茶苦茶に荒して帰って、

その一家の主の悪口まで言いふらし、

それで関係改善に共に努力を求めるなんてのが虫がよすぎるってもんです。

>われわれにも妥協できる部分はある。歴史問題は妥協できないが、

じゃあ到底無理な話。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月15日(水) 爆音でリピートが止まらないPerfumeのNEWシングル『Spending all my time』

Perfumeが宇多田&安室に並ぶ記録、ライブDVDが2週連続で1位に。(Narinari.com 8月15日)

Perfume確実に売れかけてますね〜。

[Power Push] Perfume「Spending all my time」インタビュー (ナタリー 8月15日)

今日発売されたPerfumeのNEWシングル『Spending all my time』



初聴でやっちゃったなと思いました。

この「やっちゃった」というのは悪い意味ではなく、

好ましい意味での「やっちゃった」です。

シングルA面となった「Spending all my time」

そしてカップリングの「ポイント」と「Hurly Burly」

3曲とも実に完成度が高く素晴らしく、

インスト含めて聴き応えありすぎて、

フラゲした昨日から延々とリピートして聴いています。

これだけ趣向の違った3曲を、どれもこれもハイレベルで作っちゃう中田ヤスタカさんの凄さと、

1曲ぐらいはアルバム用に出し惜しみしていても良かったんじゃないのって思ったほどに、

1枚のシングルに全部収録したのは贅沢すぎっちゃって、

トリプルA面でもいいんじゃないかってぐらいの攻撃的にやっちゃっている1枚なのです。

この3曲をシングルとして発売するPerfumeは、

やはりJ-POPの中の異端児なんだな〜と思ったわけですが、

「Spending all my time」はPerfumeの3人も最初は戸惑ったそうで、

その戸惑いが、ラジオで初OAされた時にはファンにもありましたが、

今は、そんな戸惑いもなく、

英語詩の中に少しある日本語が実にいいアクセントになっており、

印象深いドラマチックな曲になっています。

「ポイント」の詩は、氷結やさしい果実の3%のCMソングで、

商品の売りにしたい部分をサビで上手に歌詞に盛り込みつつ、

全体を通して聴くと海外でも活動を始めるPerfumeへ

「帰るべきポイント(居場所)があるから前に進めるよ。」
「奇跡があるポイントへ、もしもがあるポイントに行ってみようよ」ってメッセージになっているところです。

疾走感のあるドラムンベースなのに、歌詞はちょっぴり切ないのもいいですね。

「Hurly Burly」は音楽を通して楽しく世界と繋がっていこうよってのが伝わる

イントロから無条件に楽しい曲で、

中田さんがPerfumeのライブを見て感じたことを詩にしていると感じ取れました。

これはライブで盛り上がる光景が目に浮かびますし、

聴いてるだけで気分爽快に楽しすぎて、

いつもより仕事がはかどってしまいます。

2010年頃から続いていたカワイイ路線から脱却して、

より、クラブのフロア向けに近づき、

音楽とは本来無条件に自由で楽しいものだと知らしめる扉を開いた

チームPerfumeのこの先を見据えた挑戦を感じ取れた1枚で、

さらに世界も視野に入れた今後の展開を楽しみにさせるシングルとなっています。

関連リンク:
Perfume WORLD TOUR 1st 特設サイト


「今日はモスラを乗せてみました。」




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月14日(火) 陛下に対して「土下座しに来るなら入れてやる」と言う韓国の大統領

「心からの謝罪求める」と天皇訪問で韓国大統領 支持率上げる思惑か(産経新聞 8月14日)

韓国の李明博大統領は14日、天皇陛下の韓国訪問に関し
「独立運動で亡くなった方たちに、
心から謝罪するのであれば訪問するように(日本側に)伝えた」と述べた。

 李大統領は植民地支配を念頭に
「加害者(日本)は忘れられるが被害者(韓国)は忘れられない」と指摘。
「痛惜の念という言葉を言いに来るのであれば(天皇陛下は)来る必要はない」と述べた。


『痛いニュース(ノ∀`) 』2012.08.14
李明博大統領がさらにエスカレート 「天皇は韓国人に土下座して謝罪せよ」

同じような反日の中国や北朝鮮でさえ踏み越えなかった一線を

あっさりと越えてきたわけですが、

反日色が強かった前大統領の盧武鉉氏も

最初は未来志向を掲げて友好ムードを作っていたし、

李大統領も就任当初は未来志向を掲げていましたが、

しかし案の定反日に転じましたが、

自分達が被害者だとしながらも、

ここまでの無礼な態度に出てきたということは、

大統領選で落選したら、

逮捕か自殺に見せかけて殺されるかの2つのコースしか待っていないから、

ちょっとでも反日で支持率上げようと必死なのが分るけど、

「土下座するなら訪韓を認める」みたいなのって、

これ韓国人の総意を述べているだけだとも思います。

大統領からして、こんな「あんた何様?」な上から目線の態度で迎えるんだから、

訪韓なんてしたら、どんな危険な事態に巻き込まれるか分らないので、

陛下は無理して行かなくていいです。

このニュース、テレビじゃやらないんでしょうね。

韓流ブームで、もうちょっと稼ぎたいんだろうし。





 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月13日(月) 自ずから外交カードを手放すバカな民主党。

国際司法裁への提訴検討「盗人たけだけしい」 韓国与党(産経新聞 8月12日)

盗人に「盗人猛々しい」と言われたわけですが、

早急に提訴して、韓国が応じる気が無いのであれれば、


たかじんNOマネー 2012.8.11 怒っ金ニュース生放送SP 投稿者 EchelonJP

「日韓通貨スワップ協定の破棄」、「日本製品の対韓輸出制限」これで韓国経済は即死であろう
『三橋貴明オフィシャルブログ「新世紀のビッグブラザーへ blog』
踏み越えてしまった韓国(後編)

このように識者も書かれているように、

経済で破綻寸前になっているボロボロの韓国は日本に依存して延命している状態で、

言うなれば日本は韓国の延命装置のスイッチを切ることもできる状況なのですから、

韓国が応じるまで「日韓通貨スワップ協定(5兆円)の破棄」と「韓国債売却」など、

いくつもある「経済制裁」を外交カードの切り札にすればいいのです。

遅かれ早かれ民主党は次の総選挙で下野するんだから、

最後に1つぐらい「国益を考えて一仕事したじゃん」って姿勢を見せてほしかったのですが、

日韓の金融協力は維持 竹島上陸でも、政府方針(産経新聞 8月13日)

政府は13日、これまでに韓国と合意した金融協力を変更せず、維持する方針を明らかにした。
李明博大統領が島根県・竹島に上陸したことで日韓間の緊張が高まっているが、
両国経済の相互依存が深まっていることを配慮し、
国際的な合意を順守することが関係改善にも重要と判断した。

 日本と韓国は緊急時にドルなど外貨を融通し合う通貨交換(スワップ)協定の大幅拡充や、
日本によるウォン建て韓国国債の購入で合意している。

 昨年10月に合意したスワップ協定では、韓国への資金支援枠は従来の5倍以上に増え、
総額700億ドル(約5兆5千億円)とした。
韓国経済の安定は日本の利益にもつながるためだ。


これで、今後の韓国大統領も竹島に不法入国するのが確実となりました。

ホント、民主党政権になってから、

竹島・尖閣・北方領土と領土問題は相手国が一線を越えて挑発してくるようになり、

悪化の一途を辿っています。

そりゃ、ルーピー鳩山が首相時代に

「日本は日本人だけのモノではない」と言っていたのですから、

じゃあ、日本から奪い取った領土に上陸してもいいよねってなりますよ。

北方領土の対応を見て竹島に上陸、

竹島の対応状況を見て、

どんなことをしても日本政府は「遺憾の意」か「大使召還」レベルで終わるなら、

痛くも痒くもないと中国の首相も尖閣に上陸してくる日が訪れることでしょう。


◆ 『痛いニュース(ノ∀`) 』2012.08.12
【五輪】 韓国 「我々もIOCに日本の"旭日旗"応援に対して抗議する」

観客席の旭日旗に文句言ってるけど、

韓国なんて日本戦の時は、

いつも、日の丸を遺影にしたやつとか、

「大地震をお祝いします」とか酷いボードとか横断幕掲げているし、

ほとんどの日本人がハングル読めないのを分ってるから、

ハングルでも下品な表現で侮辱的なことを書いています。

しかも、日本戦に限らず、

2002年の日韓W杯の時には、

ドイツ戦やイタリア戦でも対戦国を侮辱するボードとか掲げてたわけで、

自分達の応援スタイルは紳士的で品行方正みたいな面するなカスが。

『痛いニュース(ノ∀`) 』2012.08.12
韓国系団体が日本体操チームの全メダル剥奪を要求へ 「二千万人を死なせた旭日旗を着てメダル獲得」

政治的なものを持ちこむなと怒られたら、

強引にこじつけた話を持ちこんでクレームを入れる。

アホちゃうか。








 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月12日(日) 今回の事件はIOCが試されていると言っても過言ではない。

政治的メッセージを掲げたパク・チョンウの行為に韓国協会「セレモニーは意図的ではなかった」(ゲキサカ 8月12日)

ロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦でU-23日本代表を下したU-23韓国代表の
MFパク・チョンウが試合後に竹島(韓国名・独島)の領有を主張するメッセージを掲げた問題で、
11日にロンドンのウェンブリースタジアムで行われた決勝後の表彰式にパク・チョンウは出席せず、
銅メダルに輝いた韓国チームのみ17人での参加となった。
韓国でも大きな話題を集めており、『中央日報』は最悪の場合
「メダル剥奪」という結果になりかねないと報道。大きな波紋を呼んでいる。

 パク・チョンウは3位決定戦の試合後に
「独島はわれわれの領土」と書かれたメッセージを手にグラウンドを駆け回った。
だがこれはスタジアムなどでの政治的行為や活動を禁じている五輪憲章に抵触する可能性があり、
国際オリンピック委員会(IOC)も調査を開始している。
またこの件に関して国際サッカー連盟(FIFA)も調査を開始。
行動が故意であったか判断されるまで銅メダル授与は保留となった。
このためパク・チョンウは11日に行われたメダル授与式に参加することなく帰国している。

 同紙は韓国サッカー協会が上級機関である大韓体育会に
「パク・チョンウのセレモニーは意図的ではなかった。
ファンが渡した紙を手にして広げただけ」と釈明したと報じている。

 またチーム2点目を決めたMFク・ジャチョルが
得点後のパフォーマンスとして行った万歳三唱についても言及。
「当初独島セレモニーを企画したが、
『当たり前の話をあえて取り上げる必要はない』という
一部チームメートの意見があって万歳三唱に変えた」という試合後のインタビューを掲載。
当初の予定通り独島セレモニーを強行していれば、
大量のメダルはく奪の危機だったとしている。


2点目を入れた時に当初考えていた独島セレモニーをやってくれていたほうが、

より面白いことになっていただけに残念。

メッセージを掲げた選手も、

きっと問題になれば「ファンに渡されただけ」とかそんな言い訳すると思っていましたが、

どうせ、韓国じゃ英雄扱いされているんだろうし、

表彰式に参加できずの甘いペナルティだけじゃ、

他の団体競技でも日韓戦になれば、

図に乗って一人の選手が今後も同じようなパフォーマンスを強行してくるでしょうし、

日韓戦に限らず、他の国々でもオリンピックなど国際競技の場で、

政治的な主張を考えている選手は居ないとも言えず、

韓国のサッカー選手が甘い処分になれば、

同じようなことをやっても大した処分にならないだろうと、

今後、このようなことが増えるということも充分に考えられます。

また、IOCはこれまでのオリンピックで政治パフォーマンスをした者に対して、

オリンピック憲章に基づき、

メダルはく奪や永久追放など厳しい処分を下していますが、

昔以上に商業主義と化したオリンピックとなっている今、

スポンサーのサムソンに配慮して、

今回の政治パフォーマンスを厳しく処分出来ないのであれば、

IOCは自らで築き上げ守り抜いてきたオリンピック憲章に背くことにもなります。

だからこそ、韓国の選手がやった愚行が故意もしくは偶発的だったに関わらず、

厳しい処分を下すべきではないでしょうか。

今回の事件はIOCの精神が試されていると言っても過言ではありません。


リミックスも収録!Perfume過去曲セレクト盤の全貌判明(ナタリー 8月10日)

9月12日にリリースされる、Perfumeの過去曲をセレクトしたコンピレーションアルバム
「Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"」の収録内容が発表された。

世界進出に向け活動の場を広げるPerfumeの“海外リスナー向けの入門編”として企画された本作。
「ポリリズム」などの代表曲はもちろん、「edge(-mix)」「GAME」
「Butterfly」といったエッジーなダンストラックや、
シングルのカップリング曲でオリジナルアルバム未収録の
「SEVENTH HEAVEN」「FAKE IT」なども収められる。

さらに新録音源として、中田ヤスタカが手がけたリミックス
「チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)」「MY COLOR(LTW-Mix)」も収録。
既に過去作を揃えているファンにとっても見逃せないアイテムとなっている。

また初回限定盤のDVDには、神奈川・横浜BLITZにてファンクラブ会員約400名を迎えて撮影された
「FAKE IT」のビデオクリップや、同PVのメイキングムービー、
未公開映像が満載された「ポリリズム -Historical Live Act Version-」も収録。
加えて初回限定盤のみ、過去に10回行われたプレゼント企画「激レア企画」が
「Perfume 激レア企画!! 復活&ファイナル!!」と題して行われる。

Perfume「Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"」収録曲

CD

01. ポリリズム
02. edge(-mix)
03. love the world
04. エレクトロ・ワールド
05. チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)
06. SEVENTH HEAVEN
07. GAME
08. シークレットシークレット
09. NIGHT FLIGHT
10. Baby cruising Love
11. Butterfly
12. FAKE IT
13. レーザービーム
14. GLITTER
15. MY COLOR(LTW-Mix)
16. Dream Fighter

初回限定盤DVD

01. FAKE IT -Video Clip-
02. FAKE IT -Video Clip Making-
03. ポリリズム -Historical Live Act Version-


初回盤


通常盤


またしても通常盤ジャケットのほうが好み…。

欲を言えば、あの曲も欲しかったな〜ってのがありますが、

まさにベスト盤に相応しい贅沢な1枚になっており、

これからPerfumeファンになる人にも入門編としてお得なアルバムになることでしょう。

プレイリストに同じ曲順で登録して聴いてみましたが、

緩急織り交ぜて飽きさせないし流れの美しい曲順にもなっていました。

「SEVENTH HEAVEN」は『ポリリズム』のシングルにカップリングとして収録されている曲で、

ライブでたまに披露されるレアな1曲として、しかも人気がある曲にも関わらず、

アルバム『GAME』に「ポリリズム」が入っていることもあって、

Perfumeファンでもポリのシングルを持っていない人が意外にも多いので、

ようやく、この美しい曲が多くの人の耳に届くことになりますね。



リミックスの2曲とPVも含めて楽しみです。



「ツインテールを乗せてみました。」



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月11日(土) 竹島問題は国際司法裁判所で決着をつけるのが一番簡単なのに。

『痛いニュース(ノ∀`) 』2012.08.11
【五輪】 韓国代表選手が試合後に「独島は韓国領土」パフォーマンス

何かやってくれるとは思ったけどね。

JOCのみならず政府もIOCとFIFAに抗議するべきですね。

ただ、今やIOCもスポンサーのほうを大事にするので、

サムソンがオリンピックスポンサーだから見逃しそうな気もする。



https://twitter.com/yamagiwasumio/status/234083425051615233

「日本の領土である竹島」と書いたのは産経新聞だけでした。

ホント、報道の扱い(認識)からして間違っています。

また、日本の領土なのですから「不法入国」とも書かなければいけません。

今日放送されたテレビ大阪の『たかじんnoマネー』(生放送)では、

竹島が日本の領土である証拠や歴史を分りやすく解説していましたが、

ワイドショーなどはオリンピックに浮かれて、

日本の領土であるということを詳しく報じようとはしません。

本来は、こういう事実を周知させるのは教育とマスメディアの役割なのですが、

教育は少し改善されつつあるとはいえ、マスメディアは機能していません。

◆ 朝日新聞が今日の社説で、

竹島への訪問―大統領の分別なき行い(朝日新聞 8月11日)

日韓関係が良好だったのにギクシャクしだしたのは、

いわゆる従軍慰安婦の問題からなんて書いているのですが、

そもそも慰安婦問題は朝日新聞の捏造報道が発端だったわけで、

この慰安婦問題に関しては、

朝日新聞が正式に「従軍慰安婦はすべて朝日が生み出した捏造でした」と謝罪すれば終わるでしょう。

いい加減、国はそこら辺をはっきりさせて朝日新聞に謝罪させればいいのに。

【論説】従軍慰安婦問題は朝日新聞が捏造!・・・
記事を書いた植村記者の妻は韓国人で義母が訴訟の原告団長 池田信夫
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1344406462/l50

312 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/10/05(水) 02:28:46.79 ID:XZ5HdJXj0
慰安婦捏造の流れ
 
・支那・大連生まれの元毎日新聞記者 「千田夏光」 が「従軍慰安婦」という言葉を創造、
 1973年「従軍慰安婦」を出版
・1983年 「吉田清治」 が自著「私の戦争犯罪」にて「済州島でイアンフ狩りをした」と記載
 89年ハングル版出版、と同時に 「青柳敦子」 が韓国で「訴訟費用は負担します」とビラ配り
・驚いた済州島で、地元紙「済州新聞」が綿密な取材を敢行、89年8月14日に『「私の戦争犯罪」は捏造』と報道
・2年後の1991年8月11日、突如 「朝日新聞」 が、
 「元慰安婦に聞き取り調査開始」と報道(いわゆる「イアンフ捏造キャンペーン」開始)
 記者は「韓国太平洋戦争犠牲者遺族会」理事の娘と結婚していた 「植村隆」 。
 NHKが終戦記念日企画として「イアンフ」捏造番組を放送。
 「青柳敦子」 が連れてきた「元イアンフ」は 「金学順」 。この後に東京地裁に提訴、訴状には「親に売られた」と記述
 (ここまで朝日は、常に韓国を『軍事独裁国家』と呼んで蔑んでいた)
・翌92年1月11日、 「朝日新聞」 が「慰安所 軍関与示す資料」と、 「吉見義明」 の記事を報道。
 (内容はというと、軍と警察が違法業者を取り締まるという内容だった)
・1月16日 「宮沢喜一」 訪韓、何の検証もなしにいきなり謝罪、
・1月23日、またしても 「朝日新聞」  が、夕刊コラムで「 吉田清治」 の「私の戦争犯罪」を紹介
・6〜7月、正論8月号&諸君7,8月号にて、秦郁彦氏が 「吉田清治」 の捏造を看破、騒動が急速に沈静化
・「第一次サハリン裁判」で 「吉田清治」 が偽証、
 担当弁護士は翌年インドネシアで「元イアンフ2万人募集」をやる 「高木健一」 。
 「加藤紘一」 が「慰安所には軍が関与」とし、1993年8月4日 「河野洋平」 が談話発表。
・1997年1月3日、『朝まで生テレビ!』で 「吉見義明」 が「強制連行&挺身隊が慰安婦にさせられた例は未確認」と自白。
・2001年、「金学順」 東京地裁で敗訴(判決前に既に死亡)、控訴&上告、2004年最高裁にて棄却


<竹島上陸>国際司法裁に提訴へ 玄葉外相が対抗措置表明(毎日新聞 8月11日)

日本政府は11日、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が島根県の竹島に
上陸したことへの対抗措置として、領有権問題を巡って国際司法裁判所に提訴する検討を始めた。
玄葉光一郎外相が同日午前、一時帰国させた武藤正敏駐韓大使を外務省に呼び、
佐々江賢一郎事務次官らも交えて一連の経緯について報告を受けるとともに、
今後の対応を協議した後、記者団に明らかにした。

 玄葉氏は「まずは国際司法裁判所への提訴を含む国際法に基づく
紛争の平和的解決のための措置を検討したい」と表明。
「国際司法裁判所で日本側の主張をより明確に行うことで、
国際社会に日本側の主張を理解してもらう必要がある」と強調した。
時期については「そんなに遠くない時期」と話した。


検討じゃなく、すぐに提訴するべきではないでしょうか。

ただ、今回も韓国側は出てこないでしょう。

だいたい、韓国政府も「歴史的にもウリ(我が国)の領土」なんて

怒りながら言うぐらいなら、

国際司法裁判所に提訴して日本を負かして、

日本が「竹島は日本固有の領土」と金輪際言えないよう黙らせてみればいいのに、

何でそんな簡単なことが実行できないのでしょうか。

そして、韓国国民も韓国政府に

「国際司法裁判所に出て日本を黙らせろ」と促すべきではないでしょうか。

お互いに軋轢を続け、無駄なストレスを溜めるよりも、

より友好的な手段だと思うのですが、

それが出来ないのは自ら嘘だとお認めになっている証拠です。

だから暴力に任せて強引に奪うことしか出来ないのです。





 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月10日(金) 韓国への有効な抗議は経済制裁

佐々木監督「頑張り伝わった、胸張って帰ろう」(読売新聞 8月10日)

ボールキープ率も高く多くのチャンスがあったのですが、

惜しくも勝利に至りませんでしたが、

決勝戦に相応しい最後まで手に汗握る

とても素晴らしい試合をみせてくださいました。

昨年のW杯で優勝して注目を集めるようになって、

サッカー以外の仕事まで増えてきて、

目まぐるしく環境が激変しプレッシャーもあったなか、

W杯優勝は偶然や奇跡じゃないと証明するために決勝まで行くと宣言して、

その決勝まで勝ち残ることだって容易ではない中、

有言実行で偶然や奇跡じゃない本当の強さを見せ決勝に進んだことだけでも凄いことのに、

本当に最後まであきらめずよく闘い抜きました。

選手の皆さんが1番望んでいた金メダルじゃなかったですが、

金メダルほどに価値のある素晴らしいメダルです。

表彰式での笑顔がまぶしいほど素敵でした。

堂々と胸を張って帰って来てくてほしいと、

悔しさよりも清々しい気持ちになって朝を迎えたのですが、

その気持ちを台無しにしてくれたのが、このニュース。

韓国大統領、竹島上陸 日本の中止要請無視、駐韓大使召還へ(産経新聞 8月10日)

韓国の李明博(イミョンバク)大統領が10日午後2時前、
日本固有の領土で韓国が不法占拠している島根県の竹島(韓国名・独島)を訪問した。
これまで韓国の首相や閣僚の訪問はあったが、大統領の竹島入りは初めてで、
日韓関係の悪化は必至だ。

 日本政府は、李大統領の訪問計画が明らかになった9日、
ソウルの日本大使館を通じて中止を申し入れていた。
結果的に申し入れが退けられたことで、日本政府は武藤正敏駐韓大使を召還する方針だ。

 李大統領は、実兄の李相得元国会議員が不正資金事件で逮捕、起訴されるなど
側近の不正が相次いで発覚したことで求心力が低下。
12月の大統領選を控え、政権末期でレームダック(死に体)となっている中、 
日本からの解放記念日である15日を前に強硬姿勢を示すことで、
求心力を高めたいとの思惑があるとみられる。

 李大統領は昨年9月、テレビ番組で竹島に「行きたければ年内でも訪問できる」と述べていた。
今年4月以降、韓国の閣僚や与野党の国会議員が相次いで竹島を訪れた。

 これに対して、自民党国会議員が昨年8月に竹島北西の
韓国・鬱陵(ウルルン)島視察を目指したが、韓国側は認めなかった。

 竹島をめぐっては、日本の平成24年版防衛白書が竹島を
「わが国固有の領土」と明記したことに、韓国外交通商省が抗議。
日本も韓国の国防白書の記述をめぐって抗議している。


駐韓大使が一時帰国へ=外相、竹島訪問に抗議(時事通信 8月10日)

経済はボロボロで自殺者は日本の年間3万人を軽く超え、

失政続きで支持率はじり貧状態。

さらに、兄弟の逮捕もあり、

次の大統領選挙で落選すれば自分も逮捕が待ち構えているので、

外交カードというより大統領選挙を見据えた

国内向けパフォーマンスが見え透いているのですが、

自国の領土だと主張している場所へ行くのに、

わざわざ「今から行きます」と通知してくるのは、

日本の領土だと思っているからですね。

野田首相も竹島は日本の領土なのだから、

「落選後に逮捕なので日本に亡命ですか?」って皮肉の1つでも言ってやればいいのにと思います。

今回は「遺憾の意」で終わらず大使を一時帰国という形で抗議していますが、

基本的に韓国は、こちらが友好的にしようとしても、

これからも日本を愚弄し続けるだろうし、

それがアイデンティティとなっている国なので、

自らの意思によって歯止めをかけることは不可能です。

そういう国に対して基本的に遺憾だの大使召還だのは効かないので、

問題は韓国がなにをするかではなく、日本がなにをするかじゃないでしょうか。

実効性のある対応をしないなら、

実際は韓国の領土として認めていることと同じようなもの。

韓国は経済がガタガタなのですから、

そのガタガタの経済に追い打ちをかけるように、

まずは5兆円の通貨スワップ凍結に始まり、

次は韓国国債売却、日本からの輸出をストップ、

ようするに韓国に投資しているカネを全部引き上げるぐらいの意思を示さなければ、

抗議としての説得力が生まれません。

支持率を上げようとした行為を逆手にとって支持率を更に下げさせるという方法ですが、

まあ、民主党はそこまでやれないでしょう…。





 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月09日(木) なでしこジャパンの金メダルが見たい!

党首交代なら3党合意は無効 輿石氏(産経新聞 8月9日)

民主党の輿石東幹事長は9日の記者会見で、
野田佳彦首相と谷垣禎一・自民党総裁、山口那津男・公明党代表による党首会談の合意に関し、
9月の民主党代表選や自民党総裁選で党首が再選されなかった場合は
無効になるとの認識を示した。

 輿石氏は「2人とも代わることはまずないと思うが、
2人がいなくなったら2人の話は終わりだ」と述べた。
また、解散時期に関し「すぐ解散できる状況ではない」と述べ、
今国会中の解散はないとの認識を示した。
特例公債法案や衆院選挙制度改革法案について
「今国会中に結論を得ないと国民の理解を得られない」と述べ、
解散前の成立の必要性を強調した。


自民と民主の代表が変われば「近いうち解散」の話が無効になるなら、

自民党としては谷垣氏の続投でいいわけですよね。

輿石氏は「なんとしても代表を変えるよ」って手の内をばらしているわけですが、

聞いてもいないのに悪の計画や自分の弱点をベラベラと喋るライダー怪人と一緒ですね。


発信箱:よくあること=落合博(論説室)(毎日新聞 8月9日)

業界の常識が世間の常識とずれていることは少なくない。
世間に説明するのが難しい行動を取った人への批判を和らげ、
事態を沈静化させる魔法の言葉がある。
「よくあること」だ。
言われた方は納得したような心地になり、議論は深まらない。

 ロンドン五輪のサッカー女子1次リーグの最終戦で、
日本の監督は後半の途中から「引き分け狙いの試合」をしたことを記者会見で明かした。
2位になった方が準々決勝の戦いが有利になるとの判断で、
1位にならないために、わざと勝ちにいかなかったという。
結果的に日本は決勝まで進み、監督のもくろみは当たった。

 昨年の女子ワールドカップ優勝が、
それまで女子サッカーに興味も関心もなかった人たちをも巻き込んで社会現象になったのは、
体の大きな外国人に対して、全力で、ひたむきに挑んでいく
彼女たちの姿に多くの人たちが共感したためだろう。

 「がっかりした」「対戦相手への敬意はないのか」という声に対して、
元選手や評論家らは「サッカーではよくあること」や
「成熟したサッカーファンは駆け引きを含めて楽しんでいる」などと擁護した。

知り合いのサッカージャーナリストがバドミントン女子の無気力試合にも触れて、
「勝とうとしないのは『スポーツの基礎』を危うくする。
この考えは正論だろう」とブログに書いたところ
「スポーツをやったこともないやつが言っているだけではないか。
何も分からんくせに批判なんかして、足引っ張るな」との書き込みがあった。

 業界の常識と世間の常識のどちらが正しいか一概には決められない。
ただ、「よくあること」で済ませていてはせっかくの共感を失いかねないし、
世間には説明が難しい「不都合な真実」に目をつむることは成熟でもなんでもない。


次の試合の移動距離と時間で疲労が蓄積される選手の負担を考えて

守備的戦略で引き分け狙いの試合をしたことに、

お互い負けたくて点を差出しあった無気力試合のバドミントンと同列に扱って、

まだ批判している人達がいるけど、

サッカーの引き分け狙いって、

ちょっとでも隙があれば点を入れられるから、

点を入れられると1点を取り返さなきゃならなくなるしで、

そう簡単にできるもんじゃないんですけどね。

移動距離と時間などのことを考えれば、

戦略として充分にありだったと思います。

まあ、「主力温存したら引き分けちゃいました」と言ってもよかったのに、

佐々木監督が正直な話しちゃったもんだから、

こういう批判が出てくるんでしょうけど、

こういう批判をしている人って、

「根性」とか「全力」とか「死に物狂いでやれ」がスポーツの世界で持て囃されていた

団塊の世代の古い価値観に縛られた人なのかもしれませんねぇ。

思い起こせば以前は「オリンピックを楽しんできます。」なんて発言も

「戦いの場を楽しむとは何事か!」と叩かれていたもんです。


さてさて、女子サッカーは泣いても笑ってもあと一試合。

9万人収容のスタジアムという最高の舞台で、

最高の宿敵と最高の試合を大いに楽しんで挑んでほしいですね。

そして、願わくば頂点に立ち最高の笑顔と涙を見せてほしいです。








 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月08日(水) 菅の「一定のメドがついたら辞める」を彷彿させる野田の「近いうちに解散」

<五輪>悲壮なサッカー韓国代表「韓日戦は理由不問で必勝」(中央日報日本語版 8月8日)

韓国は勝っても負けても五月蝿く鬱陶しいウザイ国だから、

正直なところ当たりたくはなかった国ですね。

日本に勝利したら兵役免除というご褒美に加えて、

相手が日本だとさらに闘志が燃えあがるという「反日ドーピング」もあるし、

審判の見ていないところでラフプレーばっかりするから、

勝ち負け以前に大事な選手が大怪我させられないか心配です。


「近い将来、信問う」=民主が自公に妥協案提示(時事通信 8月8日)

近い将来だなんて、それこそ1年後でも含まれてしまうので、

再回答を要求したら、

解散時期「明示できぬ」=野田首相(時事通信 8月8日)

野田佳彦首相は8日夕、国会内で開かれた民主党両院議員総会であいさつし、
自民党が今国会での衆院解散の確約を求めていることについて
「解散時期を明示することは、どんな事情があってもできない」と述べ、
応じられないとの考えを示した。


民主党から造反者が10名以上出ないと不信任案は可決せずなところ、

鳩山一派は否決に回るとしているから可決不可能だから強気だし、

最初から内閣総辞職はあっても、

解散するつもりはないから明示する気もないわけで、

自民党は本当におちょくられていますよ。

今後、野田首相に対しての問責が通って一切の法案審議がストップしても、

来年の総選挙までは与党で居続けたい自分達の生活が第一の民主党は、

一切法案が成立しなくても構わないし、

国民生活がどんなに影響を受けても構わないことを選んだわけです。

野田首相は「マニフェストに書いてないことやっちゃいけない」という発言が動画で残っていても、

平然としてマニフェストに書いていない増税に踏み切るような人間ですし、

詐欺が得意な民主党では、

こうなることは想像できたのに、

再三再四に渡り解散を要求しておきながら、

谷垣は勝負勘がちょっと無さすぎます。

この日記を書いている今、党首会談が行われていますが、

解散を迫るにしても何年何月何日とキッチリ言わせないと、

「9月に解散します」と言ったとして、

9月になっても解散しないもんだから問いただしたら、

「今年の9月とは言っていない。」と平気で言い切りますよ。

まあ、解散日を明言しても

土壇場になって「それを守る法的義務はない」となるかもしれませんが。

とここまで書いたところで、会談の結果が出ましたが、

「増税法案が成立してから近いうちに国民の信を問うが解散の時期は明示しない」に変わりました。

「近い将来」から「近いうち」に言葉が変わっただけで、

解散の時期も明示しないので朝と内容は意味は同じです。

ということで、谷垣氏は最後のチャンスも逃しました。

だいたい、法案が成立した後で何の信を問うというのでしょうか?

増税法案が成立した後の選挙で、

増税を反対している国民は、

増税反対を掲げ成立した増税法案を廃案にすると選挙戦に打って出る党に投票するでしょう。

この事態をほくそ笑んでいるのは小沢じゃないでしょうか。


【オリコン】Perfume、女性グループ史上初のDVD5作連続首位(オリコン 8月8日)

人気テクノポップユニット・Perfumeの最新ライブDVD『Perfume 3rd Tour「JPN」』(1日発売)が
発売初週7.7万枚を売り上げ、8/13付週間DVD総合ランキングで初登場首位を獲得した。
女性アーティストによる音楽作品の5作連続首位は、
2001年1月発売の宇多田ヒカル『traveling』以来10年6ヶ月ぶり史上2組目、
女性グループでは史上初の快挙。

 Perfumeの音楽作品は『Perfume First Tour「GAME」』(08年10月発売)、
『Perfume「BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!」』(09年4月発売)、
『Perfume Second Tour 2009「直角二等辺三角形TOUR」』(10年1月発売)、
『結成10周年、メジャーデビュー5周年記念!Perfume LIVE @東京ドーム
「1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11」』(11年2月発売)に続き、5作連続で総合首位を獲得。
また、今作の初週売上は前作『結成10周年〜』の7.0万枚を上回り、
自己最高を記録している。

 今作は、Perfume史上最大規模となる全国13ヶ所、22公演、
トータル20万人を動員した初のアリーナツアー『Perfume 3rd Tour「JPN」』から、
広島グリーンアリーナ公演を収録。
アルバム『JPN』を世界50ヶ国で配信し、今秋から初のアジアツアーを開催するなど、
世界での活躍も期待される彼女たちの出発点である
地元・広島で行われた念願のアリーナ公演となっている。


アルバムツアーのDVDが東京ドームのメモリアル公演の売り上げを越えるのって凄いし、

5作連続首位で初動の売り上げも更新だなんてPerfume売れかけてますね。

明日の『ひみつの嵐ちゃん』も楽しみです。

毎年一回「嵐ちゃん」にゲストでお呼ばれしてもらってますが、ハズレ無しですからね。



「夏なのでサタンビートルを乗せてみました。」




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月07日(火) 全ての選手はDream Fighter


悲願のメダル、沢うれし涙=サッカー女子〔五輪・サッカー〕(時事通信 8月7日)

後半に選手を2人入れ替えてからのフランスの猛攻は凄まじかったですね。

まさに「息つく暇もない」とはこのことです。

PKを与えたことで、あわや同点になるかと思いましたが、

フランスの選手が外してくれたことで、

運がこっちに向いているから、これは勝てると確信しましたね。

激闘を制した女子は決勝進出。

金メダルを取ることを信じて応援しましょう。

今夜は男子の準決勝。

こちらも勝って男女共に決勝進出を果たしましょう!

試合後の澤さん達の涙と、

これはニュースのダイジェストで見ただけなのですが、

昨日の卓球の女子団体で決勝進出を決めた福原愛さん達の涙に

なんだか不思議と、こちらまで胸が熱くなりました。

福原さんは、物心ついた頃から卓球に打ち込んで天才卓球少女とメディアに言われて、

4歳ぐらいの時にバラエティ番組のお笑いタレントとの卓球対決で、

明石家さんまさんにおちょくられて泣かされている姿を覚えていますし、

小さい頃は泣きながら必死で練習している姿を見て、

ひねくれた私としては正直なところ、

親が自分が果たせなかった夢を子供に充たしてもらおうと、

エゴで無理矢理やらせているだけじゃないのって、

可哀想に思っていた時もありましたが、

そういったことも含めて目標に向かって直向きな努力も、

また、その努力がなかなか報われなかった日々もスポーツニュースで見たりして知っているから、

準決勝で勝利して銀メダル以上が確定し、

ようやくメダルを手にすることが出来て、

やっと今迄の努力が報われて良かったと純粋に心から思いました。

団体戦で共に戦った選手たちと泣いている姿を映像を見て、

頭の中で流れたのがPerfumeの「Dream Fighter」でした。

サッカー女子のフランス戦に勝利してメダルが確定し泣いている選手たちの姿を見ても、

頭の中に流れたのが「Dream Fighter」でした。

こうして、オリンピックに出ている選手も、

出られなかった選手も、

この先のオリンピックを目指している選手も全ての選手が「Dream Fighter」ではないでしょうか。


最高を求めて 終わりのない旅をするのは
きっと 僕らが 生きている証拠だから
oh!YEH! 現実に打ちのめされ倒れそうになっても
きっと前を見て歩くDream Fighter

ねえ みんなが言う「普通」ってさ
なん だかんだっで 実際はたぶん
真ん中じゃなく 理想にちかい
だけど 普通じゃ まだもの足りないの

このままでいれたら って思う瞬間まで
遠い 遠い 遥か この先まで

最高を求めて 終わりのない旅をするのは
きっと 僕らが 生きている証拠だから
もしつらいこととかが あったとしてもそれは
キミが きっと ずっと あきらめない強さを持っているから
僕らも走り続けるんだ YEH! こぼれ落ちる
涙も全部宝物 oh! YEH!
現実に打ちのめされ倒れそうになっても
きっと 前を見て歩くDream Fighter











 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月06日(月) 野田に振り回される自民の谷垣

“腕にタバコの火20回以上”被害届(NHKニュース 8月6日)

仙台市の高校2年生の男子生徒が、
同級生から腕にタバコの火を20回以上にわたって押しつけられるなどの
暴行を受け登校できなくなったとして、6日、警察に被害届を出しました。

被害届を出したのは、仙台市内の私立高校に通う16歳の男子生徒です。
家族や支援団体によりますと、男子生徒は、去年11月ごろから同級生4人から
いじめを受けるようになり、「根性焼き」と称して腕にタバコの火を
20回以上押しつけられたほか、殴る蹴るなどの暴力を受け、
先月から学校に登校できなくなったということです。
警察は被害届を受理しました。
男子生徒の母親によりますと、今月3日に学校で話し合いがもたれ、
同級生がいじめの一部を認めて謝罪したということですが、
その後、学校が「腕の傷によってほかの生徒が動揺する」として、
男子生徒に対して、6日までに自主的に退学してほしいと伝えてきたということです。
学校は「いじめの有無や退学を求めたかどうかを含めて、
現時点でのコメントは控えたい」としています。
家族を支援している全国いじめ被害者の会の大沢秀明理事長は、
「いじめを受けた側が退学させられるようなことはあってはならない。
今後、学校や警察の対応をしっかり見ていきたい」と話しています。


NHKニュースでは、暴行を受けていた被害者生徒の腕の写真が出ていましたが、

まるで水玉模様のようにやけどの跡が無数にあって生々しい傷跡でした。

この件で意味が分らないのが、

なぜ、暴行を受けた被害者が自主退学を迫られなければいけないのでしょうか。

あと、警察は被害届を受理したのですから暴行を認めた加害者は傷害罪で逮捕するべきです。


野田首相、不信任案否決に自公の協力期待(News i 8月5日)

民主党は衆院で与党過半数を持っているのだから、

自公が不信任案に賛成しようが、

衆院の民主議員が全員反対すれば過半数で否決されるのに、

自公の不信任案否決協力を期待するってのもおかしな話です。


自民あすにも不信任・問責案提出で調整(News i 8月6日)

政局は今週、ヤマ場を迎えます。自民党は野田総理が早期に衆議院を解散すると確約しない限り、
7日にも内閣不信任決議案と総理に対する問責決議案を提出する方向で調整に入りました。

Q.解散の時期の明示がない限り、内閣不信任案や総理問責となるのか?
 「そういう議論が極めて強くなってきていると思う」(自民党 谷垣禎一 総裁)

 自民党の谷垣総裁は6日朝、一体改革関連法案の参議院での採決の前に
野田総理が解散の時期を明示しない限り、
内閣不信任案や問責決議案を提出すべきという意見が党内で強くなっていることを強調しました。
自民党幹部はJNNの取材に、7日にも不信任案と問責決議案を提出するという見通しを示しているほか、
谷垣総裁に近い幹部は3党合意をまとめた党内の実務者らに対し、
「合意を破棄せざるを得ない状況となりつつある」と伝えています。

 一方、政府・民主党は自民党が求めてきた今週中の採決については受け入れる方針で、
午後にも自民党に対し具体的な日程などを提示する見通しです。
民主党内では内閣不信任案が出されても可決される可能性は低いという見方が強くなっています。
また、藤村官房長官は会見で、事態を打開するため民主・自民・公明の
3党の幹事長レベルの会談が行われるという見通しを示しました。


なんだかんだ言いつつ、自公は消費税上げるまでは協力するんじゃないでしょうか。

増税というのは確実に支持率を下げる政策ですから、

自分たちが政権担当でない時に法案を通しておきたいのがミエミエですし、

それに、増税反対で先に不信任案を提出を検討している

みんなの党をはじめとする野党5党が自公より先に不信任案を提出した場合、

消費税法案で民主に協力しながら、

提出した野党に同調なんかしていたら、

それこそマスメディアからの批判の的になってしまいます。

だから、他の党の提出した不信任案には賛成できないでしょう。

逆に自民が不信任案を先に出したとしても、

他の増税反対の野党が乗ってくるのか疑問です。

そして、解散を確約させても嘘つきの民主党がそれを守るかどうか。

9月に民主党の党首交代で野田首相から他の人にチェンジして、

来年の選挙までズルズル続くことだってありえます。












 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月05日(日) 凄い光景

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012 クイックレポート Perfume





WOWOWで放送された「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012」 のPerfumeライブ中の写真だけど、

奥まで人がビッシリでスゲーという言葉しか出てこないし、

テレビでこの光景を観て鳥肌が立ち、また胸が熱くなりました。

GLASS STAGEに5万人も集まって入場規制になったという話ですから、

RIJフェスでライブを披露するステージが年々大きくなり、

しかも入場規制になるほど動員数も年々増やしているのはスゴイな〜。

この勢いを持ってすれば来年ぐらいトリを飾れるんじゃないでしょうか。

「FAKE IT」で5万人がジャンプする光景は圧巻でした。



このライブで新曲「Spending all my time」が初披露され、

WOWOWでもちょっことだけ流れました。

タットダンスが素敵でした。

タットダンスって複雑な動きで見ていてもカッコいいんだけど、

動きの中に女性らしさを取り入れているところがMIKIKO先生らしいと思いました。

タットダンスまでやるようになったら、WORLD ORDERとコラボ出来ますよ。

5万人も集まった光景を目の当たりにすると、

売れない頃はライブをしても人が来ない、

CDショップでインストライブをしても立ち止まって聴いてくれる人が少なくて泣いていたり、

自分達でライブのビラ配りをして、

ビラを受け取った人がライブに必ず来るわけでもないのに、

ビラを受取って貰えただけで励みになっていた3人が、

今やこれだけのオーディエンスを集められるようになったのですから、

本当に努力の賜物ですね。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月04日(土) 目玉商品のご紹介。



8月1日に発売された海洋堂のリボルテックタケヤ

"ゲゲゲの鬼太郎立体絵巻"第二弾 「目玉おやじ」のご紹介です。



先月に発売された鬼太郎が想像を超えた完成度で満足の一品だったので、

2012年07月01日(日) 我が家に鬼太郎がやってきた。

目玉おやじも俄然期待していましたが、

鬼太郎同様に原作絵そのまんまの造形とリアルな彩色で、
瞳の再現度がハンパないです。


付属品は、飾り台、目パーツ×2タイプ、オプションハンド×5、手ぬぐい、お茶碗です。




腰にある穴は透明パーツを差すことで飾り台との支えになり、
片足立ちのポーズもできます。



茶碗に上半身と足を差しこんで茶碗風呂を再現できます。



瞳を替えることでクリアパーツを使ったリアル瞳に出来たり、


似た者同士?


涙目を再現できます。


あ〜ちゃんのMCに貰い泣きする目玉。


目玉おやじ定番のあぐらを組む姿に出来ないのが残念。


目玉おやじは目玉だけのくせに瞳を閉じることができるので、
閉じた目バージョンの替えパーツも欲しかったなぁ。


鬼太郎と首を挿げ替えてみました。


マンガの設定と同じサイズ(9センチ9ミリ)の等身大なので、
外で写真を撮影すると楽しさが広がりそうです。


よく考えたら、この人は年がら年中全裸なんですよね。
親父で全裸なんてヘンタイすぎるw






















等身大なので、ホントいろんな場所に置いて撮影すると面白いですね。

出かけるときは、カメラと共に鞄に入れて持って行きたいぐらいです。

このシリーズの水木キャラはハズレ無しですね。

来月発売のねずみ男も楽しみです。










 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月03日(金) デヴィ夫人大暴走

デヴィ夫人を「名誉毀損」で提訴へ ブログに写真掲載された無関係の女性 大津いじめ(産経新聞 8月2日)

デヴィ夫人、大津いじめ自殺の写真掲載問題で怒りあらわ……「逆告訴します!」(RBB TODAY 8月3日)

大津市の中学生がいじめにより自殺したとされる問題にからみ、
2日にタレントのデヴィ夫人がある女性から提訴されたと一部メディアが報じた。
これに対し、デヴィ夫人は2日付けのブログで、
「売られたケンカは買いましょう!私は逆告訴します!」と怒りをあらわにしている。

 問題となっているのはデヴィ夫人ブログの7月10日付けエントリー。
その記事でデヴィ夫人は大津市のいじめ自殺問題に触れ、
「とんでもないのが母親」と個人名をあげ、母親が発したとする言動を紹介した上で
「この親にしてこの子ありとは、まさにこの事」と憤慨。
女性の写真も掲載した。しかし、この掲載写真の女性は、
全く無関係の兵庫県在住のスタイリストであることが後に判明。
デヴィ夫人はブログから個人名と写真を削除していた。

 この件で、2日に一部メディアが、この女性スタイリストは写真を使われたことで
「名誉を傷つけられた」として代理人弁護士を通じて来週中にも提訴する意向だと伝えた。

 これに対して、デヴィ夫人がブログで反論。
「“まだ提訴されていない”にも関わらず、大きな見出しで、
当事者と弁護士しか知らない内容が出されました。
これは明らかに先方当事者がリークしたことが明白です」
「私にとって大損害、名誉毀損となり私の娘とご主人、孫にも甚大な被害が被られます。
○○氏(原文は個人名)側は有名人である私を新聞社にタレこみ、
結果がどうなることか周知してやった行為は許せません!」と激怒。
女性側および一部メディアの名をあげて「逆提訴・逆告訴致します」とつづっている。


虐めた奴は何らかの罰を与えるべきだし、

実名や写真がネット上に晒されても、ある意味で因果応報と思うけど、

虚実織り交ぜたネットの情報に踊らされて、

まったく無関係の人の写真を影響力のあるブログに

加害者の母親として掲載して、

その写真と名前を掲載された女性から訴えられたら、

素直に謝罪しておけばいいものを逆切れして訴えるなんて、

大統領の夫人(三番目だけど)としてのプライドから、

「キーッ大統領夫人の私を訴えるなんて許せない!」って思考からなんでしょうか。

デヴィさんの場合はテレビに頻繁に登場する有名人で公人でもあるわけですから、

ネット上から拾って来た写真や情報を乗せただけで悪意はないと言っても、

無名の個人ブログと違って発信力と影響力に雲泥の差があります。

現に、デヴィさんが虐めた加害者の写真や名前をブログに掲載したら、

「デヴィ夫人が写真を掲載している」と話題になり、

あっという間に広まってしまいました。

その日のブログはアクセス数が普段よりも飛躍的に伸びたそうですし、

あのデヴィ夫人が載せたのだから全て本当の情報だろうと思う人も居たことでしょう。

正義感からの行動だったのでしょうが、

それに見合うだけの責任感と自分の立場の自覚が足りなさすぎとしか言えません。

世間から注目を浴びる話題ほど、

ネット上では愉快犯による嘘の情報も増えて行きます。

だからこそ、目立つ情報は真意のほどを慎重に見極めなければいけないのですが、

情報は鮮度が命ということもあり、

また嘘の情報ほど、「あり得る」と思えるほどリアリティーを持って書き込まれるので、

あっという間に広がってしまいます。

私も、過去に何度も失敗し、その都度ご批判の声をたくさん頂きました。

つい最近も、産経新聞の捏造記事に釣られたところです・・・。

今は、Twitterやフェイスブックの登場で、

情報は以前にも増して早く大きく拡散されていきます。

だからこそ、目を引く書き込みには、より慎重にならないといけませんね。







 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月02日(木) 大いに楽しめて大いに泣けるライブDVD Perfume 3rd Tour 「JPN」

昨日は待ちに待ったライブDVD 『Perfume 3rd Tour 「JPN」』の発売日でした。





▽のジャケットはスリーブケースで、中に本当のジャケットがあるのですが、

そのジャケットにもちょっとした遊びご心があり、

折り紙になっていて自由に折って好きなデザインのジャケットになります。

まず本編ディスクからご紹介しますが、

広島公演はWOWOWで放送されていたものと編集が違うだけだと侮るなかれ、

WOWOWではカットされた「JPNメドレー」と「Dream Fighter」が収録され

ライブで披露した全曲を網羅し、

客席からステージを映す目線のカメラシーンが多く臨場感があります。

全曲見所なんですが、個人的に今ツアーで3つ見所あげるなら、

「GLITTER」のレーザー演出・「時の針」のダンス・「スパイス」(照明も含めて)でしょうか。

そして、本編終わってのエンドロールは事前に告知されていなかったのでサプライズでした。

沖縄野外ライブの最後に打ち上げられた花火が収録されていました。

この花火はPerfumeの3人だけに内緒だったスタッフからのプレゼントで、

お客さんと一緒に座って花火を泣きながら見ている3人の姿が印象的で感動を覚えます。

初回盤の特典DVDは、その豪華さにビックリで、

これ1枚だけでも販売できるんじゃないかというほどの内容の充実ぶり。

さいたまアンコールはフル(約40分)で入っていました。

さいたまスーパーアリーナではスタジアムモードと広い空間を使ったので、

後方のお客さんにとってはステージが遠いわけですが、

アンコールでは、そのお客さん達のために後方に特設のステージを設け、

そこでMCと歌を披露するという、

いつもお客さんのことを考えているチームPerfumeならではの粋な計らいがあり、

アンコールのMCの感動的な話の後に「Dream Fighter」は反則すぎますよ。

あんなの泣くなと言われるほうが無理があります。

会場のお客さんのほとんどが泣いてたというのもよく分りましたし、

私の中ではオリンピックの公式応援ソングにしてもいいぐらいだと

感じているぐらいに好きな曲の1つですが、

結成から約7年間は、ほとんど知られていなかった彼女たちでしたが、

「1人でも多くの人に歌を聴いてほしい」という夢を諦めずに努力しつづけた結果、

その努力が人の目にとまり口コミで人気が上がって行き、

NHKとACのリサイクルキャンペーンのCMソングに起用されるというチャンスをつかみ、

そこから着実にステップアップしているPerfumeだからこそ唄える歌です。



そして、感動的な「Dream Fighter」のあとには、

氷結1年分をかけてアリーナの通路で行われた かけっこレースの面白さ。

カッコイイのからユルユルグダグダになる、この落差もPerfumeの魅力の一つですよね。

「スパイス」マルチアングルは、

個別の固定アングルに加えて正面固定アングルが本当に美しいです。

動きの一つひとつに見惚れてしまい、

大阪城ホール2日目で、ステージの真正面からほぼ20mの距離で観ていた感動が甦ります。

「時の針」個別バージョンがあることで、

3人それぞれのロボットダンスがようやくジックリ観ることができました。

「時の針」で、この振付を考えたMIKIKO先生は本当に天才的です。

ご当地チーム分けMC集では、

各会場の雰囲気が楽しめますし、

自分が参戦した神戸2日目と大阪2日目の記憶が甦りますね。

神戸では(こうべ)の「べ」チーム、大阪では(たこやき)の「や」チームでしたが、

同じようにどこかの会場に参戦した人は、あの日の記憶が甦って楽しい気分に浸っていることでしょう。

思いっきり客席が映っているので、思いがけず自分が映っているという人も多いでしょうね。

追加公演の武道館で披露された「コミュニケーション」と「Spring of Life」

「コミュニケーション」の振付は歌詞同様に可愛らしい振付になっていますが、

細かくて早い動きが多くとても難しそうな振付になっています。

振付の中に、ドームライブであった、

あ〜ちゃんの骨折れるが入っているのも面白いですね。

「Spring of Life」は、このDVDでようやくフルバージョンを見たという人も多いでしょうね。

もう一つの特典のブックレットもいい写真が満載で素晴らしいですね。

ドーム写真集サイズで売ってほしいぐらいですよ。

写真で観ても音が聞こえてくるのはPerfumeの振付の面白さですよね。

どこで写真を撮られても、どの曲か分るように振付を考えているというのも納得です。

ライブを観て、MIKIKO先生の振付と演出の引き出しは半端ないと改めて思い、

それを具現化するスタッフも素晴らしく、

その声に答えて完璧なライブを披露するPerfumeの3人。

これから先も楽しいライブになるだろう、

これ以上のものを見せてくれるだろうと期待せざるを得ません。

オリンピックでは、JPN代表の選手が頑張っておりますが、

この「JPN」もオリンピックに引けを取らない濃い感動がありました。

またしても、こんな多幸感あふれる素晴らしいライブDVDを出してくれて、

本当にありがとうございますと感謝の言葉しかありません。







 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )








2012年08月01日(水) JPNの夏 パフュ充の夏

昨日の日記にも書いた通り、

日記を書くのにお借りしている『エンピツ』さんのサーバーが

4日間もダウンしており書けない状況が続いていました。

多くの読者様にご心配をおかけして申し訳ございませんでした。

休んでいる間にもオリンピックとか民主党ネタとか書きたいことが沢山ありましたが、

ネタとしての鮮度が落ちたのでこれらはボツにしましたが、

Perfumeのことだけは数日前の話でも書いちゃいますが、

その前に、今日発売のライブDVD「JPN」が届きました。



amazonで予約していたものの今回はフラゲならずで本日届きました。

DVDの熱い感想は明日にでも書くとしまして、

先月23日に開催されたKIRINスペシャルライブイベント

「氷結Summer Night」のダイジェスト動画がYouTubeにアップされていました。

このライブ映像はPerfumeファンじゃない人もにも観てほしい画期的な映像ですよ。



ダイジェストながらも臨場感あふれ、

「Hurly Burly」のカッコよさにシビレ、

また、リアルタイムで映し出される3Dホログラフィックの技術にも感動し、まさに鳥肌もののライブで、

改めて、このライブを会場で観て興奮と感動を味わいたかったな〜って、

本当に心の底から思いました。

リアルタイム3Dホログラフィクは凄い技術ですよ。

真鍋大度さんが、このライブのために開発した新技術で、



人の動きや指先の動きを感知して、

リアルタイムにホログラフィックの映像を目の前に投影できる技術で、

まだ実験段階なので生のライブで使うのはチャレンジだったそうですが、

大成功なんじゃないでしょうか。

まさに“近未来テクノポップユニット”これからのライブも楽しみになります。

「レーザービーム」フルPVで表現されていたちびゆかだって再現出来ちゃいますね。





それにPerfumeに限らず、この技術はすごく可能性を感じますね。

この先、他のアーティストさんのライブでもどんどん利用されるようになるでしょうし、

ウルトラマン好きとして閃いたのが、

夏休みなどにホールで公演するウルトラマンショーで、

今までのスペシウム光線なら、

効果音と照明効果で光線が出ているように演出していましたが、

このリアルタイムホログラフィックを使えば、

演者の手前にある透明のスクリーンに映像を映すことによって、

本当にスペシウム光線が腕から出ているようにも演出できるようになったり、

火花でも爆発でも映像で見せることが出来るなと考えついたり、

あらゆる分野のショービジネスの世界での新たな可能性と発展を感じさせて、

そういうことを想像しただけで、すごくウキウキさせられました。

それにしても、この氷結Summer Nightはダイジェスト映像にしてYouTubeにアップするだけじゃ、

非常に勿体ない映像ではないかと強く感じるんですよ。

フルバージョンとしてDVDで発売しても商品価値のあるライブだし

バカ売れするのは確実ではないでしょうか。

「Hurly Burly」もイントロからカッコイイですね。

マイクを持たず両手が自由に使える時のPerfumeのパフォーマンスは、

拘束具から解き放たれたヱヴァンゲリヲンのような強力な力を発揮しますなぁ。

これは以前から感じていたのですが、

Perfumeはマイクを持たずにヘッドセットで歌うと更に振付の面白さや魅力が倍増すると。

PVではどの曲もマイクを持っていないので、

振付で面白い個所があっても、

テレビやライブで披露する時はマイクを持っているので、

片手の自由がきかないぶん振付の魅力が半減する箇所もあって、

とても勿体ないと感じることも多々ありました。

これからの曲はヘッドセットに替えてもいいんじゃないでしょうか。

レディー・ガガ様やマドンナ様だってヘッドセットで歌って踊ってるし。


Perfume新曲「Spending all my time」のPV公開(ナタリー 8月1日)

8月15日にリリースされるPerfumeのニューシングル「Spending all my time」のビデオクリップが、
YouTube公式チャンネルで公開された。

公開されたのビデオクリップは、
CDジャケットと同じ衣装を着たPerfumeの3人が登場する不思議な世界観の作品。
現時点では約1分間のみが公開されており、おしゃれでありながら殺伐とした雰囲気の部屋や、
メンバーの腕に書かれたナンバリングなど、まだまだ謎が残る映像となっている。

なおPerfumeは本日8月1日にライブDVD「Perfume 3rd Tour『JPN』」をリリース。
今年行われたアリーナツアー「キリンチューハイ 氷結 Presents Perfume 3rd Tour『JPN』」から、
地元凱旋ライブとなった広島グリーンアリーナ公演の2日目の模様が完全収録される。




ダンスは手と足のみという新しい試みのPVで、

先に公開されていたティザーと印象がガラリと変わりました。

PVの設定は超能力者養成学校の女学生だそうです。

衣装が古いデザインなのも第2次世界大戦中に東ドイツとかソ連とか

旧共産圏にあった超能力養成所のイメージなんでしょうか。

曲と合った美しい映像が映画みたいでもあり、

どことなく観る者に不安感を感じさせるところも私好みの世界観になっています。

あと、これは私だけなのかもしれませんが、

下品じゃなく品のある文学的エロスを感じました。



フルで観られる日が楽しみです。

Perfumeの面白さは曲の良し悪しだけで、

すべてが決まるわけじゃないところで、

三人の振り、PV、ライブ演出が出揃って曲がやっと完成するから、

曲だけ聴いて善し悪しを判断するのは時期尚早ってやつですね。






 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )









名塚元哉 |←ホームページ