Movin'on without you
mako



 きっと刷り込みに近い。

彼は、あたしのはじめての上司だったから
あたしには、彼がぜんぶの基準だった。

何が正しくて、何が間違ってるのか
仕事とはどういうものなのか
あたしはこの人に、ぜんぶ教わった。

彼と、一緒にいた、4年間。
そのうちの1年間は、2人きりの職場だったね。
あなたとしか喋らない日もたくさんあった。

家族よりも、奥さんよりも、
同じ時間と、目標を、共有した1年間。

ひよこだったあたしは、
刷り込みのように、あなたの後を追った。

あなたに褒められれば子供のように喜んで
3回くらい、本気で怒られて泣いたね。

尊敬する上司は?って聞かれたら
あれから4年経過した今でも
まだ、あなたの名前を答えられる。

嘘だけはつくな、が口癖で
誰よりも厳しくて、でも優しくて
笑うと目元に笑いじわができて
いつも論理的で、頭が良くて
仕事のことばっかり考えてるくせに
時折、とんでもないことを言ったりして

そんな彼が、あたしは大好きだった。

もう、家族とおんなじだった。
会社でのパパだと公言してはばからず
結婚相手が見つかったら、一番に紹介するから
「makoは嫁にやらん」って、殴ってね、って
いつも言ってた。約束してくれた。

恋愛対象じゃなかったよね、お互い。

あたしには、大切な人だったけど。
いつも、大好きだったけど。
理想の男性、そのものだったけど。




2011年12月04日(日)



 ねぇ、なんで。

なんで、あたしを抱こうとしたの?
なんで、あたしを誘ったの?
なんで、あたしだったの?
たまたま、近くにいたから?
もう、上司と部下じゃないもんな、って
それは、自分自身への言い訳だった?

あたしである、理由なんてないって
わかっていながら、それを選択したけど、
こんなにも簡単に、そんな風に言われると
他の誰かにも、そうやってしたの?って
疑いたくなる。それが、辛い。

あたしである理由なんてなくていいから
他の誰かでもいい、なんて言わないで。

たまたま隣にいた、って理由でいいから、
それが、makoだったから、って
ほんのちょっとでも思ってほしかった。

あたしにはとても、大切な人だったから。




2011年12月03日(土)



 不可思議。

たぶん、
あたしの人生の中で、
なんばんめかくらいに大切な彼と、
なんであんなことになったのか
よく、わからない。

やめておけばよかったとは
これっぽっちも思わないけど
もっとうまいやりようがあっただろうとは
今、考えても、すごいわかる。

彼はあたしに、
いろんなことを教えてくれた人だったから。

誰よりも感謝してるし、
きっと、仕事においてのあたしの何割かは
彼の要素で、出来上がっている。

あたしは、彼の前で、
一人の女には、なれなかったということで、
彼も多分同じで、
今になって、無性に哀しい。

2011年12月02日(金)
初日 最新 目次 てがみ 掲示板


↑エンピツ投票ボタン

↑「my追加」ボタン