V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2016年06月30日(木) 幸之助翁曰く「若鮎のような心境で人生に臨みたい」

松下幸之助が、なんと鮎のことを語っていた。感動したのでここに記しておく。「鮎という魚は、激流ほど「泳ぎ甲斐」を感じる。若鮎のような心境で人生に臨みたい。鮎という魚はご承知のように、静流を好み、淀んだところには棲まないものです。殊に瀬の早いところを喜び、流れが激しければ激しいほど、彼らは元気に跳躍し、力いっぱい泳ぎまわります。まるで激流に泳ぎ甲斐を感じ、生き甲斐を感じているように思われますね。私たちも、こんな若鮎のような心境で人生に臨めば、どんな困難なことでも打ち克っていけるのではないかと思います」。幸之助翁がそう思ったように、鮎のように全力を出せる場所を求めて生きたいものだ。


2016年06月29日(水) IKEAで実感!物流を制する者はビジネスを制する

名古屋港にあるイケアの物理倉庫を見学した。日本のイケアのディストリビューションセンターはここだけで、全店の1/3の在庫があると言います。余りのスケールの大きさにびっくり!大変に整理整頓された倉庫に、日本一棚卸しがやりやすい倉庫ではないかと感じた。回転期間の短さも、ストック品で1か月以内と驚異的!アマゾンやしまむらの隆盛をみてもそうだが、これからの時代は、スピードとコスト、トレサビリティなどの観点から物流を制するものがマーケティングを制する、と改めて感じた。


2016年06月28日(火) 新商品のアイデアを提案したらいきなり入れ食い?!

私が新商品のアイデア開発を指導している精密機械ユニットメーカー。前回までに残ったアイデアは3つ。そこで担当者の皆さんに、この1か月間に実際にチョイスした見込み客に提案してもらうようお願いしていた。この提案の反応次第では、アイデアが全滅になるリスクがあり、今日を迎えるまでハラハラだった。が、開けてみたらビックリ。そのうちの1つのアイデアは、こちらの仮説通りにお客様の問題解決に見事に貢献する「入れ食い」状態だった。「犬も歩けば…」ではないが、動いてみたら道は開けることを痛感した。


2016年06月27日(月) 「究極の商品開発」〜挑んだ人だけが知る発想法

「電気で動くが当たり前の機械を、電気がなくても動くようにはできないか?」。某メーカーの新商品開発のミーティングでこんな提案が出た。そこで思い出したのが14年前に、三洋電機の洗濯機工場を見学した時の記憶。このとき三洋電機は「洗剤を使わない洗濯機」を開発して話題になった。そのとき聞いた新商品の発想法がユニークで、「洗濯機は電気、モーター、水、洗剤の4つを絶対に使う。このうち一つを使用しない洗濯機ができたらそれが究極の洗濯機ではないか」。そして洗剤を使わない洗濯機を作ったという。今、目の前で「究極の商品」作りに、クライアントが挑もうとしている。その姿をとても頼もしいと思った。


2016年06月26日(日) 英国のEU離脱2氾填罰Δ伴動車業界

イギリスの選挙の結果で「EU離脱」となった第一報を、たまたま私は顧問先の電機部品メーカーで聞いた。顧問先の社員たちは「これで家電屋が蘇る。反面、車屋さんは困るだろうな」と言った。円高に振れるから、「海外生産→国内消費」がメインの家電メーカーには好都合なのだ。一方、自動車業界は現地生産化が進んだ上に「国内生産→海外消費」の傾向が色濃く残る。このビジネスモデルでは円高は不利なのだ。円高に触れたら、インバウンドも減ってしまうだろう。彼らのこのぼそっとしたつぶやきに、今後の日本の景気が垣間見えた気がした。


2016年06月25日(土) 英国のEU離脱∧離独立できる国の条件

イギリスの選挙の結果を受けて、「我が国も離脱を」の意見が各国で噴出しているらしい。より難しい問題を解決するために統合・融合という流れが生まれたのに、分離・独立の方向への転換点にならないか心配だ。そもそも「分離」した状態では解決できない問題が多発したから「統合」の方向に動いたはずである。エネルギーや食糧、あるいは画期的なテクノロジーを分け合わないとやっていけない『分け合う時代』に、「あいつはあいつ、俺は俺」という考え方で21世紀を営んだら、奪い合う・自国だけが富をガメルことが横行するのではないか。この影響で自立できるものとできない者の国家間格差はさらに広がるだろう。


2016年06月24日(金) 英国のEU離脱ゞ郎垢任療衂爾飽穗卒

イギリスの国民投票でEUからの離脱が決まった。抱いた感想…この僅差で投票をしてはいけないと思う。これでは「負けた」方には、屈辱しか残らないであろう。51:49の差は、勝った負けたではなく「もっと話し合え」の合図ではないだろうか?民主主義のルールとはいえ、拮抗する両者にサッカー決勝でのPK戦のように無理やり勝敗を付けるのが民主主義の本意ではあるまい。サッカーにだってPKの前には延長戦がある。もっと議論できたのではないか。今後、あらゆるところで「対立するなら選挙で勝負だ!」という、Win-WinよりWin-Loseばかりを目的とした対立が生じないか心配だ。


2016年06月23日(木) 今年も名古屋市『BATON!』の専任講師を務めます

今年も名古屋市の事業で事業承継を支援する『BATON!』がスタートした。第1回のゲストは新栄で純喫茶『ライオン』を継いだ若夫婦だった。街の資産の純喫茶を継ぐのは良いが、不易流行で何かを新しいものに変えて行かねば若い人は見向きもしないろう。それには第一に顧問税理士や会計士など等を年齢が近い人に変えること。古い感覚の人と付き合っていても店を変えるプランは出ないであろう。もう一つは、夫婦の同級生を招いて、イベントを開きながら気づいた改善点を教えてもらうことだ。若い人の洗礼を受けない限り、古いだけのものには未来はない。かつてのヒット曲が今風にアレンジされてヒットするように、古くて新しいものにしないといけないのだ。


2016年06月22日(水) 黒字と黒字体質、黒字基調は全く違う

業績が悪けりゃ自分の給料を下げればいい。さらにそのことで厳しい攻めを負うのなら、自分が引責辞任すればいいだけだ」と、恥ずかしながら前職の時はそのように考えていたことがある。しかし、それは組織の長にしては随分と身勝手で理想の姿だと気が付いた。黒字と黒字体質は違う。組織の長は、今期黒字ではなく、黒字体質を求めないといけないのだ。強い組織をつくるミッションに対し、人件費だけで帳尻を合わせるなど先のことを考えていない証。遅まきながら自分のために猛省したい。


2016年06月21日(火) 某社社長が語る工場長に任命できる人の条件

某社の社長が工場長の資格について語った。「工場長は社員に技術的指導ができて初めて工場長だ」。それを聞きながら、本田宗一郎が語ったという「ホンダは世界で一番速い車を創るために興した会社だ。だから車を来るれない奴(文系社員)は社長にはなれないのだ」と、自分の右腕だった藤沢武夫に語ったエピソードを思い出した。何かになるための必要最低条件を設けることは、人を強くする。人に教える技能がなければ今から身に着ければいいのだ。


2016年06月20日(月) 経営トップは木ではなく森でもなく山脈を観よ

トップは「木ではなく、森でもなく、山でもなく、山脈を見よ」は某社の社長の言葉。自社の拠点長に充てた言葉だ。どうしても目先を追ってしまう拠点長に、多少の景気変動、人員の増減、他社の攻勢に負けず、長期的に安定する本当に強い組織を望んで投げかけた言葉だ。目先を見れば相手に矢印が向くが、遠くを見ればその雄大さの前に矢印は自分に向くはず。社長の発言はそこに期待している。


2016年06月19日(日) イチローの世界最多安打L椶料阿琉貍,帽瓦

子供のスポーツの試合を応援していていつも思う。目の前の試合を必死で戦う我が子。その状況にハラハラドキドキの自分。結局この試合に勝って次の試合があり、さらにその次の試合に勝って次の試合がある。最後にはイチロー選手がたどり着いたようなビッグな舞台があるのかもしれないが、今この瞬間は目の前の一試合に勝つ以外に道を開くより他にない。偉大なゴールを脳裏に描いたら、目の前のことに集中すること。それがビジネスを成就する秘訣なのだ。


2016年06月18日(土) イチローの世界最多安打形を変えた賛辞

イチロー選手の記録について、それまでの記録保持者のピートローズ氏が「MLB以外の記録は認めない」と言っているのを聞いて、面白くないな、と思った。というのも、その答えは当然すぎるからだ。仮に「よくぞ自分を抜いてくれた。ありがとう!」なんて好意的に受け容れていたら、彼の寛大さに世間は彼を人物と評価し賞賛しただろう。この反応に「やはり追放さる人だ」と思ったのは私だけではあるまい。私個人の考えとしては、プロは観客を喜ばせてナンボである。その回数が4258回であることに変わりなく、それがMLBか日本かは関係ないのではないかと思う。


2016年06月17日(金) イチローの世界最多安打仝淮悗僚颪痢惷』

イチロー選手が世界で一番ヒットを打った選手になった。「小さなことを積み上げることがとんでもないところに連れて行ってくれる唯一の方法」と語るイチロー選手ならではの素晴らしい記録だと思う。彼が何を目指しているのかわからないが、彼にしか見えない技の境地があるのだろう。それは剣豪・武蔵が『五輪の書』に書いた『空』の領域かもしれない。芸術の世界では、人間国宝になった人などその域に到達した人が何人もいると思うが、野球と言うチームスポーツの中で剣豪のような意識の人が存在しているわけで、この事実に驚愕した。本当に素晴らしいプレーをありがとうございます!


2016年06月16日(木) 脇役の輝きでわかる主役の凄さ

名古屋で有名な回転寿司『魚錠』でランチ。ランチタイム限定の2つで350円のお値打ちなデザートの『シチリア風・レアチーズアイスキューブ』と『カシスの金魚たゆとう甘酒プリン』を頼む。どちらも超美味だった。回転寿司のデザートといえば「抹茶アイス」のような一般ものが定番。それなのに、一般の喫茶店やカフェを凌ぐクリエイティブ力。店員さんに聞いたら、本部の人たちが自分たちで考えオリジナルなものを生み出しているとのこと。神は細部に宿ると言うが、寿司から見たら脇役でしかないデザートに賭ける魚錠の情熱は素晴らしい。脇役にここまで拘るお店は、本業の寿司づくりにも一層情熱を込めるはず。もちろんお寿司も期待以上の美味しさで、大感動だった。


2016年06月14日(火) 東郷元帥に祈願する「我が一戦」の勝利

生まれて初めて東郷神社に参拝。どうしても勝ちたい=全力を出し切って、これが自分だ!というものをカタチで示したい=ことがあり、勝利祈願に日露戦争の英雄にお願いした。大軍に皇国の興亡を賭けて挑んだ人の気持ちには遠く及ばないが、自分にできる範囲で世の中で自分を必要としてくれている人たちのお役には立ちたいと思うし、そのために一流になりたい。おみくじを引いたら、吉。大吉には足りないから、もう少し頑張れ、ということか。Z旗を見ているうちにモチベーションが上がってきて、まだまだ頑張れる予感がしてきた。


2016年06月13日(月) 地元ならではの食材で客人をおもてなし

長野で「根曲がり筍」を頂いた。タケノコの一種で、お味噌かマヨネーズを付けていただく。本当は鯖缶で和えると最高らしいが、これでも実に美味しかった。一緒に頂いたタケノコ汁も絶品。季節に合わせた郷土料理がある土地は豊かである。昨今は、この根曲がり筍歳を採るために山に入りクマに襲われる人のニュースが相次いでいる。この食卓の筍を採った人も同じリスクを冒したのだろうか…そう考えて野菜の有り難みを全身で感じながら頂いた。本当にありがたい。


2016年06月12日(日) 皆を盛り上げる時は、まず自分から盛り上がろう!

クライアントの新しいプロジェクトがスタートした。その第一回目のディスカッションにお伺いすると、私の机の上に「名前入りの団扇」が置いてあった。この団扇は、皆で視察した企業が実践していたことを真似して取り入れたもの。私だけでなく、メンバーとスタッフ全員分が用意されていた。よいものを即受け入れる姿勢に感激。事務局のこの「迎える姿勢」に、本気度を感じたメンバーは全員モチベーション・アップ。新しいプロジェクトの成功がますます楽しみになった。


2016年06月11日(土) 忙しい年のアユ釣り…渇水気味だが好スタート!

今年初のアユ釣りに行く。暖冬が、影響していて水が少ない。雪が少なかった→雪解け水が少ない→渇水→川の垢腐れがひどい(川石が茶色)→鮎が育ちにくい→一部の場所を除くとアユは決して大きくない。思ったより魚影は薄いスタートだった…6人家族でなんとか天然一人2尾(合計12尾)はゲット。新調した竿の効果。やはり竿や糸などの道具を使い手である自分が信頼していると、良い釣りができる。香りはバツグン。今年は超忙しいが、何度も遊びに来たいものだ。


2016年06月10日(金) 一番大好きな野菜はタマネギ

タマネギのシーズンになった。今年は家の旗で育てて豊作だった。タマネギは一番好きな野菜だ。小さくてゴロゴロしているだけなのに、料理するときに人を泣かせるチカラを持っている点がかっこいい。また、食べると血液がサラサラになる効果があると言われている。人にどんな貢献ができるか明確なのだ。それでいて決して主役にならず、名脇役である。コンサルタントの存在は、つくづくタマネギに似ていると思う。


2016年06月09日(木) グローバル時代を生き抜く2つの条件▲好ル

次に、パートナーを得るための十分条件を考えてみたい。それは「ミッション実現のために、当社は〇〇ができる」という技術である。これがオンリーワンの技術であれば「これができるのは私たちだけ」と主張できる。そうすると、その技術の前後工程で補完関係を結べる企業が集まってくる。例えば、私の友人に「年間10棟以上の家を造る工務店に必要な販促ツールを整備しているのは当社だけ」という工務店があるが、彼は今、その販促ツールを希望する工務店に売ることも仕事にしている。


2016年06月08日(水) グローバル時代を生き抜く2つの条件,錣使命

グローバルな時代は、出会った人をパートナーにできるかどうかの力量が問われる。そのために必要なのが「自分は何がしたいのか」を明確に語れること。いわゆる自分のミッションの表現だ。ミッションだから、単なる個人的な願望ではだめで、「〇〇だから、××したい」という背景の説明が必要。また、「したい」ことの軸が立ってくると「××はしない」が明確になる。以前龍角散の社長の講演を聞いたことがある。「薬品」に手を出して失敗した経験から、予防薬しかやらないと言っていた。そうした絞り込みが、資源の集中を生み、高い技術力に繋がる。このような経営姿勢に共感を得らえる人が次代のパートナーを得るための必要条件だ。


2016年06月07日(火) お客様32名と岐阜のLFC蠅鮓学!

岐阜のLFC株式会社を総勢32人の団体で見学させていただいた。冒頭に井上社長から「各人が『絶対にやるぞ!』を何か一つ持ち帰ってください」「あれもこれもではなく、『削除して』良いモノを持って帰ろう。それを皆で出し合って、LFCに行った成果としてまとめて〇個やろうとしていただくと意義があるのでは」とのお言葉を頂いた。おそらく井上社長も多くの企業を見学されて、必要なものをひとつずつ取り入れて、今の同社ができたのだろう。そしてあれこれやろうとして失敗した経験もあるのだろう。学ぶ側の立場に立った挨拶に感動しました。ありがとうございます。


2016年06月06日(月) 他人ゴトを加速した日本の成果主義

数年前日本の成果主義は失敗したのか…という問いがあったが、私は失敗したのではないかと思う。なぜなら、成果主義は社員個人間を競争させることにより、自分は自分、他人は他人という「他人ゴトが加速する」仕組みだから。ところが私のクライアント(建設業)で皆でクレドを作ってからここが変わってきた。仲間の工事が思うように進んでいないとこに「それを彼の工事ではなく会社の工事だと考えれば他人ゴトではなくなるので、一生懸命考えるようになりました」という。こうした助け合いの精神を育む会社と、成果主義でその芽を摘む会社。どちらが今後有望かは火をみるより明らかだ。


2016年06月05日(日) クレド策定・導入企業の効果F駝笋鯤置しない

一般に難しい問題は、「また今度考えよう」と放置しがちである。しかし、「お客様ならどうして欲しいのか」を考えると、「何とかしないといけない」気持ちが強くなる。そして、「お客様ならどうしてほしいのか」の方向性が出て、「素早く対応できる」ようになる。結論が出るのが遅い会社、決めるまでに時間がかかる会社は、自分のことを大事にし過ぎて「お客様の立場で考える」ことが足りないのかもしれないと感じた。


2016年06月04日(土) クレド策定・導入企業の効果◆崕け合いの精神」

クレドの策定以降、整理整頓に力を入れている建設業でクレドの効果を確認した。クレド導入前は「机上や現場が多少散らかっていても整理整頓清掃は後回しになっていた」という。しかし、今は机上や現場が散らかっていれば「まず皆で整理整頓、清掃しようと行動する。そして事務所には机上に図面や書類を放置しなくても良いように収納ができた」という。さらに仮設物などで危険な個所が発見されたら自分たちで対策しよう」という雰囲気が出てきた。こうした意識の変化が、ムリムダムラのない、快適で働きやすい職場を創る。5Sはそうした意識変化の切っ掛けであり、それを生み出す契機なのだ。それを理屈でなく体験でしてくれて本当に嬉しく思う。


2016年06月03日(金) クレド策定・導入企業の効果 嵌観パトロール」

クレドの実践に力を入れている建設業のクライアントが自主的に現場の「美観パトロール」を始めた。「美観パトロール」は営業マンが2人1組になって月1回、客目線で現場を見て「作業現場及び現場事務所がキレイかどうか」をチェックする取り組みだ。会社が現場をキチンと見る=ほったらかしにしない、という意味で非常に良い取り組みだが、特に感心したのはネーミング。リフォーム専門のコンサルタントに伝えたら、早速パクらせてほしい!との話だった。良いネーミングは人の動きを変えるな、と改めて思った。


2016年06月02日(木) クレドを定着させようとする従業員のプライド

昨年、社員が参加して皆でクレドを作成したM社。その後の運用・定着度合いを確かめにお伺いしたら、管理部の女性陣が毎月「今月はクレド第〇条月間」を設定。そして毎週自分が実施したことを振り返り、それを月間でまとめていた。クレドを制定してもただ読み上げるだけの会社が多い中、振り返って気づいたことを書き、仲間とシェアすると「ちゃんとやろう」「もっとやろう」の意欲に繋がる。気づく人の育成はこうした実行→反省の積み重ねの中にしかないのかもしれない。この素晴らしい取り組みが同社内全部門に広がればと思う。


2016年06月01日(水) ちょっとしたことだけどこどわりたい責任者の意識

クライアントの社長と話す。幹部の意識に話題が及んだとき、社長が「ハンコを押すこと一つとっても、意識が違うんだよな」と語った。出張精算や命令など、同社では部長が検印する。このときメクラ判を押す人と、きちんと見て納得してから押す人がいる。前者は「見ましたよ」の合図であり、後者は「理解したよ」の合図である。印鑑は本来後者の印なのだが、残念ながら前者の人が多い。かくいう私も前の勤務先の部長時代は前者だった。聞いていて耳が痛かった。


酒井英之 |MAILHomePage

My追加