V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2015年05月31日(日) 自分の行動を変えるベンチマークの大切さ

先日見学に行った大阪の会社。ここでは社員教育の一環として若手社員が自分でテーマを決め、自分で学習し、それをパワーポイントを使った30分の講演形式で語る勉強会を開催していた。その中で「あるべき姿」を持つことの大切さを語っている人がいた。あるべき姿ができると、考え方が変わる、考え方が変われば、見方が変わる、見方が変わればやり方が変わる…と彼は語った。「あるべき姿」を持つ人は、現状は物足りなさでいっぱいに見える。祖手がない人は、現状で満足ししまう。そして、現状は長くは続かない。彼の発表に、改めて「あるべき姿」の大切さを感じた。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月30日(土) 福岡のバス運転手のプロ意識溢れるサービス

昨日のバスの運転手が韓国語を話せるようになろうとした動機は、実はバスの定時運行だった。乗り降りの際、「お釣りが欲しい」「間違って入金口に500ウオン玉を入れる」韓国のお客様が多いのだと言う。その間違いをなくせば時短になる。だから韓国語を覚えたという。また、他の乗客に対しても「ご準備頂いている他の乗客の迷惑にならないように、お釣りが必要な人は予め両替して欲しい」とのアナウンスが繰り返された。乗降時間の短縮化による定時運行を第一に考える。ホスピタリティとはその本質を守ろうとするからこそ生まれるプラスアルファなのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月29日(金) 福岡のバス運転手のプロ意識溢れるサービス

福岡で乗ったバスの運転手は、日本語はもちろん、韓国人の乗客と韓国語で会話するので驚いた。マイクを付けているからそのやり取りは、車内に聞こえる。わかる人がそれを聞いて、「韓国語でありがとうと言っているよ」と感激していた。聞くと、自費で勉強しほんのすこしだけど話せるようにしたとのこと。韓国語で一番聞かれるのは500円玉を出して「お釣りください」らしい。それを聞いて、「若いけど、プロ意識の高い運転手がいるもんだ」と感心した。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月28日(木) 駅から遠くてもわざわざ泊まりに行くビジネスホテルの魅力

福岡に泊まる。福岡の定宿は中洲川端にある元ラブホテルを改装したビジネスホテル。元ラブホだから駅から遠いのが難点だが、部屋が広いのが気に入っている。また、朝食が自称九州一の豪華なバイキング。特に気に入っているのが明太子食べ放題な点。立地が悪いホテルは何とかその不利な点をカバーしようと特徴を出すものだが、中途半端で魅力が伝わらないことが多い。しかし、このホテルはそれを徹底している。外国人の観光客も多いが、指示される理由がわかる。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月27日(水) これまで経験した中で最も優れた研修会場

某社の社員研修で福岡へ。この日の会場は平和台球場跡地前の「大手前パインビル」の2階だった。入った途端、おそらく私がこれまで登壇したどの会場よりも優れた研修室だと思った。何より窓が広くて、そこから公園の緑がとても鮮やかに見えるのだ。窓から程よい距離に緑が見えると、気持ちが落ち着くだけでなく、「学ぼう」という素直なスイッチが入る。できれば次もここでやりたいものだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月26日(火) 引き出すばかりではない、伝えるコーチングの極意

コーチングとは引き出すものだと思っていたら、伝えることもできるという。先日、伝えるコーチングについて学んだ。伝えるコーチングとは「前置き」で相手の聞く姿勢を引き出すもの。「ここからが重要なんですが」「以上のことをまとめますと」「この前ものすごく面白い話を聞いたのですが」などを入れて話すことだという。確かに「今日は**を伝えます」というより「なぜ、今、**なのか?」という問い掛けから入った方が聴く側の主体性を引き出すことができる。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月25日(月) 旭硝子のUVベール開発にみる女性社員の活かし方

中部マーケティング協会の商品企画研究部会で旭硝子を見学した。そこで同社の大ヒット商品である、紫外線を100パーセントカットする車のガラス「UVベール」の開発物語の話を聞いた。派遣社員出身の女性が、お客様視点で考え生み出した同社でも画期的なB2B2C商品だと聞いて大感激。とりわけ「100%でないとだめなんです。95%は0%と同じ」という、女性ならではのUV感覚と、100%になるまで決して妥協しない素直な強さが開発の原動力となったという。発表もそのパートだけはリーダーではなく彼女が担当したが、部下にそのような舞台を与える上司だからこそ、彼女の潜在力を引き出したのだろう。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月24日(日) 自分に前向きなスイッチを入れてくれるクルマ

ゴルフの練習場(シミュレーションゴルフ)経営の社長の相談に乗る。その社長の車は、日本に90数台しかないBMWのZ4だった。同社の施設見時に助手席に乗せていただいた。社長は自動車部品メーカーの試作部門出身者。その感性で、作った人の気持ちがわかるのだという。その社長曰く「人は自然界にあるものにしか惹かれない。自然をモチーフにデザインされたものに人は癒される」。手縫いのスティッチが美しいZ4は、前向きに生きる人を癒し、より前向きにリセットするクルマ。相乗りした私も前向きにリセットされた気がした。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月23日(土) これは成功間違いない!皆が楽しむプロジェクト

メーカーのクライアントで新規ビジス開発プロジェクトを指導している。会議の進め方はドラッカーの言う「予期せざるもの」をメンバーで徹底的に洗い出して、そのニーズの確認とビジネス化への可能性を探ること。すると、最初の討議で想像以上に多くのアイデアが出た。次に、そこから自分たちの技術でなんとかできることや、市場として有望なアイデアのみに絞り込んだ。そうしたら気の早い技術者がとあっと言う間に試作品を作ってきて、皆、超ビックリ!もう、このプロジェクトは上手くいくしかない。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月17日(日) ホスピタリティ流通をミッションにする会社の感動体験

クライアントである浜松の柳原新聞店の55周年記念式典&年次総会に参加した。ホスピタリティ流通をミッションにする同社のこの1年の「人助け体験」が発表された。特に、いつも新聞を取り込んでいるはずのお客様が夕方になっても取り込んでいないことを不審に思い、家の中に入って助けた話や、午前3時に新聞屋さんが来るのを待って「背中に薬を塗ってください」と頼むおじいさんの話などは、聴いていて涙が出た。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月16日(土) 『葡萄の旅』でサザンから受け取ったメッセージ

サザンオールスターズの『葡萄の旅』コンサートに出かけた。今年のツアーは、アルバム収録曲が中心で、古い曲は少なかったが、その中でも『ボディスペシャル供戞悒┘蹈船セブン』など、肉体を使え!というメッセージが多数あった。さらに『コンピュータ・チルドレン』など、時代の混乱を描いた曲も少なくなかった。そんなコンサートで私が勝手にサザンから受け取ったメッセージ。「グニャグニャの時代だけど、勝負に出ろ!」。『葡萄の旅』のタイトルの通り、つながりを大事にしながら素直に勝負に出ようと思った。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月14日(木) 研修事務局から受講生への感動の贈り物

クライアントの研修事務局が、研修の最後に受講生に写真カードを贈った。カード表面は同社のホームページのトップページと同じ写真で、そこには「あなたがいてくれてよかった。その一言が私たちの誇りです」と書いてあった。そして裏面には19人の受講生と事務局&講師4人の計23人の集合写真が載っていた。このカードには、事務局の思いやりと期待が詰まっていると感じた。受講生の成長は、学びやすい環境を整備する事務局の情熱や気配り・目配り・心配りによるところが大。講師もその中でこそ、伸び伸びと仕事ができる。皆、この言葉通り、本当にこんな言葉をお客様から求められ、その体験を誇りとする人になってくれたら本望だ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月13日(水) 従業員第一主義の会社の創立50周年式典

今日はお客様の記念すべき第50期の経営計画発表会に参加した。女性社員が喜ぶ施設ということで、レストランウエディングも行われる会場に選ばれていた。50周年ということで、引退しOBもご招待。また、この会社のポリシーで毎年の経営計画発表会と懇親会には、パートさんも、派遣社員の外国人さんも含む全従業員さんも招待。その事実だけでも凄いのに、心配りのおもてなし。やっぱり「人を大切にする会社はいいな」と改めて思った。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月12日(火) アクションプランができたら互いの品評会を開こう

これまで何度かアクションプランを創る研修を実施してきたが、今日、残った時間を利用して、出来上がったアクションプランを隣のチームに対して説明するというセッションをやってみた。すると、説明を聴いた側がいろいろ突っ込んで質問をしてくれるので、説明する側の理解が深まり、ますます良いものになることが分かった。講師が突っ込むよりも同僚が突っ込んだり共感してくれる方が、受講生にとってはずっと刺激的で嬉しいことなのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月11日(月) 研修の冒頭で語る、その会社を好きな理由

某社の研修の冒頭でこう伝えた。「もう何年も貴社の研修をやらせていただいています。貴社が好きだからです。なぜ貴社が好きなのか?それは私が元多重債務者だからです」。同社は多重債務者を救うことに力を入れている金融機関。しかも単なる借り換えではなく、生きる姿勢が甘い人には厳しく接し、再生させているのだ。私の場合は28歳の時にひどく説教されてそこから立ち直ったのだが、そのことを素直に伝えると、皆、喜んでくれた。クライアントを好きな理由を素直に伝える機会があるのは講師としても幸せだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月10日(日) 価値観が合うからこそ人は出会い一緒に夢を見る

「酒井先生はさ、何かを目指してガーッツ!と進む企業が大好きなんだよ。今のままだと、うちに来てくれなくなるかもよ」とは、某社の元専務が今の担当者に語った言葉だ。彼が現役時代、私は彼の会社に幾度となくお邪魔をし、幹部教育ほかのお手伝いをしてきた。当時の同社には何よりも勢いがあったし、世の中を驚かせてやろう!という独創性が高かった。そのような雰囲気の中で仕事ができるのは私の喜びでもある。成長が踊り場に入った最近は同社とは少しご無沙汰だが、新聞などではいろんな取り組みをしていることが伝わってくる。ぜひもう一度ガッー!とやりたいものだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2015年05月09日(土) メルマガを書き続けていて報われる。ありがとうございます!

メルマガを読んでいる読者から2件、仕事のオファーをいただいた。1件は会社の業績停滞部門をV字回復させたいという私の本業の話。もう1件は経営計画策定のオファーである。メルマガは1本書くのに私の場合大抵2時間かかる。それでいて返信があるかと言えば、返信はほとんどない。すると「こんな誰が読んでいるのかわからないものを続けても意味があるのかな?」と、書かなくてもいい理由探しをしたくなるときがある。しかし、「メルマガが読んでいて、今、まさにうちでやりたいことだと思いました」「この前経営計画のこと書いていましたでしょう。うちでできますか?」などとオファーをいただくと、やっていて良かったと思う。知らないうちに読者のブログに引用されていることもあった。現在までに80号強。160数時間を費やした取り組みはやめるわけにはいかない。

←クリックしてね。続きが出るよ


酒井英之 |MAILHomePage
My追加