V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2014年07月31日(木) 世界中のお金はあなたのお金だと思いなさい

ファッションアドバイザーの鴫原弘子先生に、伊勢丹メンズ館で服を選んでいただいた。先生と話しているうちに商売で成功された先生のお母さんの言葉が出てとても驚いた。曰く「世界中のお金はあなたのお金だと思いなさい」。とんでもない発想だが、お母さんがこう続けたという。「大富豪だって最初から大富豪だったわけではない。知恵と工夫によってお金を集めたのよ。お金は知恵と工夫次第で集まるもの。お金持ちになりたかったら知恵と工夫をしなさい」。これを聞いて「う〜ん…」とうなってしまった。というのも、先生のお母さんは同時に「10円いただいたら9円の仕事をして1円残すのではなく、11円の仕事でお返ししなさい」と言っているからだ。となると、お母さんのいう知恵と工夫は「+1円」が何か、ということにかかっている。その+1円は、ある時代は「おまけ」だった。ある時代は「サービス」や「情報」だった。そして現代は「おもてなし」になり「コミュニティ」になり「社会貢献への参加」なった。これらの高度化には際限がなく、圧倒的1位になることも可能だ。+1円が進化していくことがマーケティングの進化だと気が付いた。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月30日(水) 仕事は楽しいものでないが、職場は楽しくしよう

先日、某社のリーダー研修で、ある受講生がリーダーとして心掛けていることとして「仕事はさして楽しいものでない。だからせめて職場を楽しくしよう」と発言した。それはまさに「我が意を得たり」だった。仕事を楽しくするのは難しいが、職場を楽しくするのは現場の皆さんが知恵を出し合えば難しいことではない。そこでどうしたら職場が楽しくなるか皆さんに考えていただいた。出た意見は「見える化の工夫」「チーム対抗」「賞賛と賞品を工夫する」「サンクスカード」「BBQのような団結イベント」「皆で同じ服を着て仕事をするコスプレ」「顧客と一緒に何かをする」など。いずれも職場が楽しくなりそうな行為だが、ある受講生はこれに「不満や不安を取り除くこと」「現場の人が計画策定に参画すること」を足した。これは、リーダーが引き受けて真っ先に実施すること。それがなされれば、上記取り組みはますます盛り上がるだろう。良い意見が続いて本当にうれしかった。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月29日(火) 企業の役割はいつの時代も「需要創造」

増税の影響で第一四半期の業績が伸び悩んでいる企業が多い中、ホンダは好調だという。要因は新車。フィットや新型の軽がよく売れているからだ。いずれもデザインが斬新で、ホンダが増税後の落ち込みをカバーするために、この時期に市場投入をしたものだ。増税に限らず、社会全体の景気の影響で業績が落ち込みことがある。そのようなときに多くの会社は値下げすることでそれに対応しようとする。今回も価格を据え置いた実質値下げや、価格は上げたがその分増量して消費者に納得してもらっている会社が多くみられた。それらの企業の姿勢はもちろん評価できるが、需要の減退を克服する基本は、ホンダの「買いたくなるような商品づくり」に尽きるだろう。これからも増税が何度か訪れて、そのたびに特需とその反動の落ち込みがあると思う。そんな減退期でも「欲しくなる商品」を開発し、市場に投入する。それがマーケティングの基本だと、ホンダは教えてくれた。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月28日(月) 何が9回裏「奇跡のV字回復」を実現させたのか

高校野球の石川県の決勝で、小松大谷に8-0で負けていた星陵が8-9で逆転勝利したと聞いて、とても驚いた。星陵の山下総監督は、「9回表にエースが3者連続三振に抑えた。そして、9回裏に先頭で代打起用されたキャプテンがストレートの四球を選んで出た。こういう試合はキャプテンとエースにかかっている」と語った。この点差での9回の3者三振は、よほど気合が入っていないとできないこと。また、試合に出ていなかったキャプテンが塁に出ることで、なんとかキャプテンを本塁に返そうとしたのかもしれない。練習で積み上げた二人への信頼が「あの人が諦めていないのなら俺も」という気持ちに繋がったのだろう。ビジネスも同じ。私はV字回復指導が専門だが、V字回復が成るか否かはリーダーの気合と信頼次第。もし信頼関係が壊れている時はその修復から指導している。自分と仲間を信じて諦めないことが大切。その前提は「信じられる関係」をつくるということだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月27日(日) 甲子園を本気で夢見る人に甲子園は近い

夏の甲子園予選真っ盛り。息子が少年野球をやっていた時、息子の4つ年上だった先輩は、高校野球で甲子園に行きたくて有名校に進学。チームは夏の甲子園で2勝を上げた。また、ひとつ上の先輩(現2年生)は東京の強豪校に進学。その高校は西東京大会の決勝まで行った。さらに別のひとつ年上の先輩は、岐阜県大会で準決勝まで行った。同じくよく一緒に練習した隣の小学校のひとつ年上の先輩もエースにはなり準決勝まで行った。どの先輩も甲子園まであと一歩のところまで迫った夏だった。彼らは「甲子園に出る」という夢を追い求め、厳しい練習に堪えている。それは遠い夢のようだけど、頑張れば手に届くことが出きる。それは、彼らが覚悟を決めてその道を選んだ結果だ。そんなONE PIECEのような生き方をしている彼らに拍手を送りたい。3年になる来年こそは甲子園へ!

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月26日(土) 危険なのは「当該企業ではなく全土」との判断

中国の上海の会社が使用期限切れの鶏肉を販売していた問題で、当の福喜食品のみならず、中国全土の鶏肉会社との付き合い方を見直す動きが生まれている。マクドナルドはタイ産に切り替える方針で、他社もそれに続きそうだ。トップ層の組織ぐるみの犯行でどうみても福喜食品に限った事件だが、一事が万事で中国全体が問題、ということになっている。そこで気が付くのは、どこの国の国民であろうと、一民間人とはいえ国家を背負って仕事をしているということ。そして、信用を裏切る行為をしたときは、その信用失墜は当該企業にとどまらず、国の信用を失うということだ。先日、東京都議で女性議員を野次った議員がいたが、あのような行為が五輪を控えた日本ブランドを傷つけるのではないかと心配する意見があった。明らかにあの議員の問題だが、日本人全体の信用を貶めている。今日は、誰もが、自分は国家というブランドを背負っている自覚を持つ時代なのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月25日(金) 『レゴはなぜ世界で愛され続けているのか』の読後感

『レゴはなぜ世界で愛され続けているのか』を読んだ。レゴは90年代に特許が切れ、類似品多数で赤字を余儀なくされた。そこで「イノベーションの7つの真理」に忠実に、7つのイノベーションを起こした(7つとは、創造性と多様性に富んだ人材を揃える/ブルーオーシャン市場に進出する/顧客主導型になる/破壊的イノベーションを試みる/オープンイノベーションを推し進める(群衆の知恵に耳を傾ける)/全方位のイノベーションを探る/イノベーション文化を築く)。しかし、7つ同時に行ったがためにどれも失敗。大赤字に陥ってしまったのだ。そこで、「子供たちや大人のマニアにレゴを与え、どのように遊ぶかをつぶさに観察し、そこからヒントを得た」のである。V字回復のつもりがイノベーションのやり過ぎで会社が更に傾いたことを伝えているのが面白い。イノベーションをするときはやることを絞り、それに賭ける姿勢を明確にしないと読んで気づく名著だった。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月24日(木) わが社のホームページか完成!感謝!感謝!

わが社のホームページが完成した。感激もひとしおだが、改めて制作に関与していただいた皆さんに感謝したい。Web制作をしてくれたアークインターネットの関口社長と島田取締役は、私のイメージに忠実に作成してくれた。特にありがたかったのは、私が表現などを直すべきか否か迷っている時に、「こっちがいいです」をズバリ言い切ってくれたこと。また、本文はマーケティングに明るい親友が2.0と3.0の違いを意識しながらインタビューしてくれたので、自分の中の潜在的な想いを表現することができた。また、写真はセミナー講師撮影専門のカメラマン藤田寿浩さんに依頼。わざわざ浜松の客先まで来て、会議中の僕を撮影してくれた。さらに、嬉しかったのは「お客様の声」欄に、多くのクライアントが快く応じてくれたこと。「推薦の言葉をお願いします」に「喜んで」と言ってもらえたのは望外の幸せ。多くの方の力を集めてできたホームページ。真に役に立つ情報を発信していきたい。(画面右下のHomepageのボタンを押してください)

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月23日(水) 「懐が深い」「度量が大きい」とはこういうことさ。

その昔、ウォークマンを開発した人の話を聴いたことがある。彼は、ソニーを退社し独立した。そして、ある日ソニーに講演会講師として招かれた。そして開口一番「ソニーという会社は素晴らしい。辞めた人間にこのような場を与える。その懐の深さが凄い」。そんな話だった。その言葉が印象に残っているのは、私も同じ思いをしたことがあるからだ。私が27歳でブラザーを辞め、友人と起業した時、ブラザーから思わぬオファーを頂いた。それは「あなたのアイデアを月1本持ってきてほしい。買うから」という内容。とても驚いたが、独立仕立ての身にはとてもありがたいオファーだった。そして今日、辞めたMUFGからオファーを頂いて、セミナーの講師を務めた。「辞めた人間でもいいのでしょうか?」と確認したらOKということで、今日登壇の日を迎えた。ブラザーもMUFGも何という懐の深さだろうか。経緯より実力を評価してくれる人は必ずいる。そんな皆さんに心から感謝したい。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月22日(火) ゆけゆけGOGO!V字回復は目の前だ!

クライアントの某社は、現在V字回復の取り組みまっただ中。7月末までに必ず目標達成しようと決め、2月に準備し3月にキックオフ。4月半ばからエンジン全開となり、いよいよ7月の勝負月だ。途中思いがけぬアクシデントなどもあり、6月末時点ではやや目標に遠かった。危機感を抱いたメンバーの皆さんは、自主的に緊急MTGを開いた。このMTGは予想以上に盛り上がり、実にシンプルで力強く、誰もが明日から実践できる新たな作戦が生まれた。この一体感のおかげで全社的なモチベーションは決戦の7月を前にかなり高くなった。現在、毎日のように私の手元に、進捗状況の報告が届く。徐々に目標に近づいて行っていて、皆が熱くなっている姿が目に浮かぶ。冷静に「私の予想通りだ」と言えばカッコいいのだが、内心は嬉しくてしょうがない。この勢いなら、きっと目標達成するだろう。皆、あとちょっとだ!頑張れ!達成のお祝いは何しようかな…それを考えるのが楽しみだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月21日(月) 工作機械が作るのは、「国のプライド」である

工作機械メーカーのOBの人と話す機会があった。彼によると今から20年ほど前、シンガポールに機械を売ったとき、現地で購入した会社は「この機械があるとアメリカから注文が来るんだ」と喜んだという。それを聞いて工作機械が生み出す価値に気が付いた。機械ひとつで、「そんな素晴らしい加工ができる会社なのか」と購入した会社の信用格付けがグンッ!と上がる。そして、米国と取引をすれば外貨が手に入り、それを再投資して産業が盛んになる。雇用が生まれ、貧しかった国のGDPが上がり、経済的に豊かになる。工作機械にはそのように国を富ます力があるのだ。それは、わが国が明治時代に脱亜入欧を目指したり、戦後の貧しさの中から「追いつけ追い越せ」で駆けてきたりしたのと同じ。日本人が産業の振興とともに世界に誇りを持てるようになったように、工作機械は買っていただいた国の国民のプライド(誇り)を作る。単なるものづくりのマシンではないのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月20日(日) あるべき姿が見える「アンチ・プロブレム」思考法

清水の倉庫会社を訪問。同社は小集団活動が盛んで、先般「アンチ・プロブレム」という名のミーティングをしたと聴いた。その内容が面白かったのでメモしておく。アンチ・プロブレムとは、通常の思考と逆の問題を解くこと。同社が取り上げた課題は「どうしたら利益が増えるのか?」の逆で、「どうしたらわが社は倒産するのか?」。主な答えは二つ。「お客様に嫌われる」と「部下が育たない」。では「どうしたらお客様に嫌われるのか?」。出た意見は「納期を守らない」「同じミスを繰り返す」。また「どうしたら部下が育たないのか?」では「上司が辛そうな顔をする」「上司がため息ばかりつく」「上司がパワハラまがいの発言をする」「自分で抱え込んで部下に仕事を渡さない」「自分の経験・ノウハウを公開しない」など。聞けば聞くほど「実はそれって、今やっていることじゃない?」と言いたくなることばかり。現場の人が我が振り直すには丁度いい思考訓練だ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月19日(土) 前傾姿勢が仕事にも前向きな人をつくる

静岡市の駅近くにあるホビー館に立ち寄る。ここにはスズキのスポーツタイプのバイクとハレーダビッドソンの2台が置かれていた。スズキがあるのはわかるが、なぜハーレーがあるのかがわからなかった。が、この2台があったために、某社の常務の言葉を思い出した。50歳手前のその常務はそれまでハーレーに乗っていたが、ある人から「若いんだからそんなのけぞるような乗り物でなく、前傾姿勢で乗りなさい」と言われて、スポーツバイクに買い換えたという。そして、実際にスポーツバイクに乗ってみると、気持ちがどんどん前向きになった、というのだ。そこで私もこの両方のバイクに跨ってみた。スポーツバイクの運転席に跨るのは生まれて初めてかもしれない。そして…確かに常務が言っていたように気持ちが前向きになった。これで風を切ったら、仕事でも風を切りたくなるのではないか…形から入ることや、まず行動することで意識が変わることを痛感した。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月18日(金) 変わらない第二の故郷の山に感謝

仕事で静岡市を訪問した。子供の頃に住んでいた街なので、朝早めに起き、通っていた小学校の学区内を懐かしく思い出しながらウォーキングした。景色はすっかり変わってしまっていた。学校前の駄菓子屋はセブンイレブンになっていたし、時折通った眼医者もなくなっていた。私がガラスを割った床屋もなくなっていた。近くの高校は工業だったのが学園に名前が変わり、自分の住んでいた家は駐車場となっていた。40年もたっているのだから当然だ。唯一変わらなかったのが、自分にとって一番の遊び場だった山。清水山は私の最大の遊び場だった。時間の都合で登るのを見送ったが、たぶん山道も竹藪も山頂も、木々が伸びただけで何も変わっていなように思う。川はその流れが大水の影響で変わることがある。が、山はまず変わらない。変わって当然の世界の中で、変わらない空間が残っていたこと。そこで童心に帰れること。そんな場所があるだけで幸せだなあ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月17日(木) 出張先での空き時間に利用するリージャスの副効果

出張に行ったときにできる空き時間を、「リージャス」が展開しているレンタルラウンジで過ごすようにしている。福岡のリージャスには2時間くらい居たが、まずまず快適で仕事がはかどった。この空間には、リージャスと契約している私のような個人経営者がそのときの都合で利用している。つまり、空間をその人たちとシェアしているのだ、すると、小さなことに気を遣うようになる。大きな声を出しちゃいけないとか、すれ違う時は会釈する、コップなど洗い物を出すときはキレイに並べる、などだ。こうした細かい気遣いは、勤め人だったときはほとんどしてこなかった。「おもてなし」が大事だといいながら、「おもてなしの心」を磨く機会もなかった。車でも住まいでもシェアリングはますます増えそうだ。このような空間を利用しながら、自分が「おもてなし」の大前提である謙虚になる訓練ができるのはありがたい。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月16日(水) 変えるべきもの・守るべきもの

福岡のお客さんと話す。長崎出身の彼女は昔からダイエーホークスファンだった。球団がソフトバンクに買収されたとき、彼女を含むファンの仲間が残念がったのがダイエーホークスの応援歌がなくなってしまうこと。「われらのわれらのダイエーホークス〜」というくだりが好きだったという。ところが孫社長はこの応援歌を残した。わずかに「ダイエーホークス」のところを「ソフトバンクホークス」に変えて後は一緒だった。彼女たちファンはそれをすごく喜んだという。この話を聴きながら、現場で生きる人には、それぞれ大切したいものがある。変えるべきもの、と変えてはいけないものがある。カルロスゴーンの日産リバイバルプランでもその辺の見極めが上手だった。孫さんもそこはよく心得ていたのだろう。大河ドラマではまさに『本能寺の変』をやっているが、光秀はこの辺を見誤った人だったのかも。賛同者が少なかったのは、そこをはずした証かもしれない。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月15日(火) 噂のラーメン屋「一蘭」を初体験

福岡に出張。中洲川端に泊まったところ、偶然にも有名なラーメン店「一蘭」を見つけた。私の住まう岐阜にも先ごろオープンしたが、深夜まで行列が絶えないとの噂でまだ行ったことがなかった。中に入ってみると、食べるところがひとり一人仕切られている個室。そして店員さんの顔も見えない。机上に置かれたオーダー表でお好みを選択する。スープや面は普通を選択。商談前なので「ニンニク」はなし、「ねぎ」は青と白が選べたので青にした。そして味はというと、こんなものかな?という感じだった。僕の味の選び方がよくなかったかも。地元で一覧に行ったことのある工務店の社長が「味は確かにいい!しかし二度目はない!」と言っていたのを思い出した。社長に「なぜ、二度目はないの?」と尋ねたら、「コミュニケーションを遮断して食べて何が食事か!」と怒っていた。家族を大事にし、家族の宝物たる家をつくる人にとって考えられない空間なのだろう。その意見に共感した。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月14日(月) 抱負でわかるプロジェクトメンバーの体温

V字回復の作戦を実践中の某社。支店単位で計画を立案しているが、すでに熱い支店が誕生している。その支店の温度は、メンバーの抱負を見ればわかる。例えばある支店のベテラン社員は、抱負に「皆の気持ちが伝わった。私も頑張る」と書いた。作戦が成るかどうかは、作戦の品質もあるが、作戦をどこかまでメンバーが腹落としして理解したかにかかっているが、前段の「皆の気持ちが伝わった」は皆とちゃんと話をしていないと書けない言葉。大いに期待したい。また、ある支店長は「この支店の未来のためを作ろう」と書いた。一段高い目線で支店を見ていることがわかる。このような支店がけん引役となり、その他の支店も盛り上げていきたい。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月13日(日) 7&iHDの鈴木会長のダメ出し基準

日経新聞一面の『革新力』に鈴7&IHDの鈴木会長のコメントが載っていた。曰く「川崎市に商品構成や店づくりを自由にやらせる実験店を造った。すると日販40万円と成績が悪かった店が80万円を超えた。新しいことをやるときに経験者なんていない。潜在能力を引き出せばよい」。「コンビニの時も銀行を始めるときも無謀と言われた。でも本当は皆に反対された方が可能性は大きい。そうすれば成功できるのは一人ですから」。鈴木さんは挑戦心を失わない人だ。それは「既存店売り上げの前年割れは絶対ダメ。そうなったら出店は全部止める。エルニーニョ現象で冷夏になっても猛暑でも売り上げを伸ばし仕組みを考えろと言っている」という危機意識から来ている。「何がダメなのか」という基準を明確に持つことが、その基準を生み出した価値観を自分の中に持つことが革新を生み出す原動力だ。ぜひ自社の中の「これだけは許せない〜ダメ出し基準」を確かめてみよう。

←クリックしてね。


2014年07月12日(土) セルフモチベーションを上げる工夫2

昨日のセルフモチベーションの維持の続き。自分の中にある「モチベーションダウン要素」を排除することも重要だ。「モチベーションダウン要素」は昨日の逆で「評価はされたけど、モチベーションが上がらなかった時」からわかる。私の場合は「ノルマ(予算達成)のために働いたとき」がこれに当たる。前職の時、「このお客様には、今このコンサルが本当に必要なのか?」と思う商品を幾度か提案したことがある。部の目標達成のためであり、同僚の仕事確保のためであった。そうして企画提案した商品は、企画していても熱くなれず、提案していても歯切れが悪く、使命を果たしているときの気持ち良さがなかった。ニーズを創れないときは、無理に売ろうとしてはいけない。「雪の日は下へ下へと根を伸ばす」の喩えのように、次に向けて自分を高める準備の時期。当時は会社がそれを許してはくれなかったが、独立した今はそのようなメリハリは自分の理念として付けている。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月11日(金) セルフモチベーションを上げる工夫1

リーダー育成研修の受講生から「他人のモチベーションの上げ方ではなく、自分のモチベーションを高く維持する方法はないか?」と質問された。セルフモチベーションを維持するヒントは、その人の中にある「評価されないけど楽しかったこと」の中にある。例えば私の場合は、30歳代半ばに同人誌を発行していたことがあるが、個性的な人を集めてその中でワイガヤをしながら新しい「気づき」を生み出すのが好きなのだ。よって、その要素を仕事の中に取り入れることができたら、評価とは関係なく仕事に取り組めると思う。この質問をくれた女性リーダーは「隣の人をサポートしてできるようになったときが楽しかった」と語ってくれた。そのような陰で支える行為が彼女をモチベートするのなら、リーダーになった後も指示管理型のリーダーではなく支援型のリーダーを選択すればきっと楽しく仕事ができるだろう。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月10日(木) W杯ブラジル準決勝大敗の衝撃とチーム力

エースとキャプテンが抜けて崩れ落ちたブラジル…1-7の準決勝敗退は衝撃だった。別のチームになってしまったようだ。チームには「皆で目標達成するチーム」と「皆が目標達成するチーム」がある。前者はチーム内に突出して目標達成している人がいて、未達成の人の分もカバーしているケース。後者は、全員が自分の目標をクリアしているケースだ。今回のブラジルが2人に頼り過ぎたチームとは思わないが、相手チームがそういうチームなので差が歴然とでてしまったのだろう。キャプテンは「自分たちがしていることが好きならば、失敗から学ぶことは問題ではない。試合中、僕らが犯したミスは、僕らをもっと強くするよ」と語ったがこの敗戦の悔しさが王者ブラジルの糧となることを祈る。そのためはブラジルも日本も敗戦日を「**記念日」とネーミングすることから始めてはどうか。日本はドーハで星を挙げられなかった日を「ドーハの悲劇」と呼ぶことで、繰り返したくない未来と認識することから強くなったのだから。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月09日(水) 被災と同じように減災を報道するTV

台風8号の来襲をNHKが報道していた。このような報道はこれまで「結果」の報道が中心だった。被害地の様子、インフラの運行状況、今後の予想進路などだ。それが今回報道を見ていて感心したことがある。それは、減災のための各地の準備状況。被害のあった数年前の台風と進路・規模が告示していることから避難所の準備をしている自治体の状況、避難に備えて非常食などを準備している一般家庭、ビニールハウスが吹き飛ばされないように屋根を畳んでいる農家、早めに収穫を済ませてしまう山形のさくらんぼ農家など。このような報道は見る側に「私も準備しよう」という啓蒙の効果がある。特に私に響いたのは、熊本県で15年前に台風による高潮で地元の仲間3人でお爺さんの言葉だ。「前の日は何事もないくらい穏やかなんですよ…風もなくて台風が近づいてる気配もない…油断していたのですかね…」今もそんな感じ。だからこそ説得力があった。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月08日(火) 変化点対応力を高めるにはまずネーミングから

電装品を組みつけている某メーカーで、コネクタの結合ミスが相次いだ。そこで指さし呼称で「コネクタ装着良し!」を実施したところ、月に10件発生したミスが0になった。凄い効果だが、私はこの行為を「『指さし品質』とネーミングしたら?」と提案した。品質管理の一環であることを認識させたかったからだ。「指さし呼称を徹底します」より「指さし品質を徹底します」というと、絶対やらねばならないことのイメージがある。以後、同社では「『指さし品質』やっています」などの活動が定着。ミスゼロ状態が続いている。組織の「変化点対応(変化が起きた場合に適応する力)力」を高めるには、まずは組織内で共有する「変化が起きたことを知らせるネーミング」が有効だ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月07日(月) 新型ノアを運転していて驚いた機能

5月に納品された新型ノアを運転していて驚いたことが3つある。一つ目は、音。通常音楽をかけて車を運転しているが、バックするときには音がフェードアウトする。バックに集中できる環境にしてくれる。このことに気が付いた時「なんて優しい設計なんだ!」と驚いた。二つ目は、クーラー。運転席と助手席で温度設定を変えられるのだ。運転手一人しかいない場合は、助手席を冷やすのはもったいないとの考え方から来ている。第3は、キーロック時のサイドミラーの折り畳み。キーがかかったことを視覚化して伝えてくれる安心感がある。まだあるのかと発見するのが楽しみだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月06日(日) テクニックではなく姿勢の問題?ご浜職

次の管理職をいかにして育てるかを議論していたときに気づいたこと。管理職の管理力とはOffJT研修を受けて身に着くようなものではない。管理の仕方をテクニック的に教えるOffJT研修はそれを推進するトリガーでしかない。トヨタでは、意識:知識:行動=4:2:4という。知識は「そういうことがあるのか…」と気づく切掛けでしかなく、「やってみよう」「絶対にやり切ってやる」「お任せください」「私が引き受けました」など管理職に必要なのは課題解決を引き受ける意識である。さらに「やってみたら思ったより大変だった」「もっとよくなるように改善しよう」「こんな副次効果があるとは…」など、気づいて意識を強くするのは行動である。つまり、意識と行動こそが管理職の管理そのもので、「課題発見→課題解決を引き受ける」という姿勢こそが管理職にとって一番大切なものであろう。その姿勢を創るのは上司の背中だ。OJT的な要素を入れないと管理職は育たない。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月05日(土) テクニックではなく姿勢の問題?コーチング

コーチングの講義をしていた時に、そのコーチングを男女別に年齢別に分けるとどのように変わるのか?という質問を受けた。答えらないわけではないが、答えるべきかどうかを迷った。というのも、コーチングはテクニックの問題ではない。目の前にいる人に寄り添って、その人と一緒に目標達成を目指してやっていこうとする姿勢の問題である。ところがこんな言い方をすれば人が動く、というような人を動かすための言葉のテクニック論として認識されてしまっている。質問をした人は、テクニックだと思うから男女で使い分けた方がいいと思ったのだろう。私はコミュニケーション・スキルという言葉が好きではない。コミュニケーションはスキルの問題ではなくて姿勢の問題だと思うからだ。近年は雑談の仕方まで教える研修があるが、そもそもスキルでないものを研修で教えて効果があるのだろうか?掃除や整理整頓をした方がよっぽど雑談力は上がるように思うのは僕だけかな?

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月04日(金) テクニックではなく姿勢の問題?■丕庁達

「どうしたらPDCAは回るのか?」を研究したことがある。そのためPDCAが回って目標達成したという成功者にインタビューし続けた。至った結論は、実行する目的と目標を共有すること、リーダーだけでなく現場の人も一緒になって計画を立案すること、計画の中にワクワクするような目玉を入れること、チェックの頻度を短くすることの4つだった。が、これらはいずれもテクニック的なことでも技術論でもない。「リーダーが現場の社員とどんな関係でいたいのか」「やる以上は仕事を楽しくしたいのか」「良い結果を出ていない場合、矢印を自分に向ける気があるのか」という基本的な姿勢の問題ではないかと思う。アクションプランシートを見れば、そのような姿勢が見える。楽しんでいるチームはそれなりのワクワク感と一体感がにじみ出ている。セミナーでアクションプランシートの作り方の話をしても受けが悪いのは、これが姿勢の問題という証だろう。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月03日(木) テクニックではなく姿勢の問題?,覆治飢

某社の部長研修で「なぜを5回繰り返して真因にたどり着く」ことについて議論した。『トヨタの問題解決』という本を読んで、皆が興味を持った場所を議論したのだが、それがこの「真因」追求だった。が、皆と話していると「なぜを5回繰り返しても真因にたどり着いた経験がないことが分かった。ではなぜその経験がないのか…それを考えると、あることが思い浮かんだ。それは「なぜを5回繰り返す」というのはテクニック論や技術論の話ではなくて姿勢のことではないか、ということだ。何が何でも不良を撲滅する、という執念。事故を二度と繰り返さない使命感…それらを追う姿勢が「なぜを5回繰り返せ」という言葉で喩えられ伝えられているのではないかと思う。だから、「なぜ5回」を理論的に伝えることは難しい。私もコンサルの現場で体験したことがあるが、OJTで体験するしかないと思う。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月02日(水) 人が喜ぶことを行えば自然と強いチームが出きる

サッカー日本代表を見ながら、自分がいつ「チーム」を意識したかを思い出してみた。チームスポーツが苦手だった私にとって、一番古い記憶は小学校5年生のとき。教室の掲示物〜時間割表など〜が日焼けしたり破れていたりして見づらいものになっていた。そこで、ある日の放課後、一人でそれを書き換え、張り直した。直したいところは多数あったが、1日でできたのはその1/4ぐらいだった。次の日、先生がそれに気が付いて皆の前で僕を褒めてくれた。すると、その日の放課後、僕が頼んだわけでもないのにクラスメートの多くが残って、全部の掲示物の張り替えを行ってくれた。このとき、チームができたのである。そして「人が喜ぶと思うことを率先してやれば自然とチームが出きる」ことを知ったのだった。この経験は僕の中でとても貴重なものになった。以来、仕事で「どうしたら人が喜ぶか」を「どうしたら儲かるか」より優先して考えるようになったからだ。

←クリックしてね。続きが出るよ


2014年07月01日(火) 宿泊客の「ひと手間」を省くホテルの粋なサービス

2週間前に泊まったホテルに再び泊まる。チェックインを済ませると店員さんが「酒井さん、前回泊まったときにお忘れ物がありましたね」と紙袋を渡してくれた。中には、シェービングジェル。そういえば…と思いだした。「またお越しになられる予定がありましたので、お渡ししようと思いとっておきました」と、店員さんは笑顔でいう。その笑顔に、たかだか400円くらいのジェルだが、何倍も価値あるものに思えて来た。というのも、「忘れ物があったときに僕の名前で検索」→「僕が次に来る予定を確認」→「その日まで保管」→「その日の当人来館時に渡す」という情報の伝達ができていたということ。ちなみにこのホテルは、チェックイン時にはすでに印刷されている宿泊者名簿にサインするだけ。氏名、住所、電話番号はネットで予約した時点で入力したものが印刷されている。宿泊者のひと手間を削減する工夫。何度泊まっても名前も顔も覚えてくれないホテルが多い中、ITを活用したこの心遣いは嬉しい。

←クリックしてね。続きが出るよ


酒井英之 |MAILHomePage
My追加