V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2004年12月31日(金) 紅白歌合戦と白い歯

NHKへの憤りから紅白歌合戦を観る気にはなれなかったが、家族に誘われてチラッと覗いたら布施明が歌っていた。彼の歌唱力には本当に脱帽だが、歌声だけでなくその「歯の美しさ」にも感嘆した。「日本人は、なぜもっと歯に金をかけないのか」という米国人の意見を聞いたことがある。自分も人前で話すのが仕事。歯の美しさが与える印象は格別だ。同じようにケアしたいものだと思った。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月30日(木) 温泉はなんといっても湯が命

宿泊したホテルの湯はイマイチだった。というのもホテルは違うが4年前に同じ温泉地を訪れて、その湯に感動したからだ。ホテルによって湯の質はこんなにも違うものなのか。それとも湯の質が変化したのだろうか。吉良温泉や白骨温泉の事件以来、「温泉の質」を疑うようになっている。湯以外の食事ほかは満足できるホテルだったが。品質の第一が期待はずれだとリピートする気にはれない。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月29日(水) 歳末を温泉で過ごす

歳末を温泉地のホテルで過ごす。いつもの料金の約2倍以上だから、毎年企画はするもののいつもためらっていた。が、ついに決行した。行ってみると大雪にもかかわらずホテル内は大家族連れで満館だった。いつもの2倍以上の料金だとわかっていても、利用する人がこんなにもいるのだと感心した。逆に言うとまだまだまとまった休みが取れる人が少ないということか。それにしても日本は豊かだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月28日(火) ガンバレ沖縄の子供たち

沖縄に住む友人が、子供達のために陸上クラブを作りたいのでカンパして欲しいとの連絡をくれた。添え書きの「何も返せませんが、子供達の感動をお届けします」に惹かれた。振り込んで約半年後、彼から通信紙が届いた。そこには7人の選手の成績、練習や児童オリンピックのなどの様子が綴られていた。元気良く「和気藹々とした楽しいクラブの雰囲気で、エエ感じです!!」とあった。なんとも羨ましい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月27日(月) いい加減にせぃ、NHK。

NHKの信用は地に堕ちた。ひとえに海老沢会長が辞めないせいだ。自分の力で建て直しを図ると言うが、同じトップの下で建て直るほど世の中は甘くない。それができるのは、自分の土地家族を抵当に入れて個人保証で借金しているオーナー社長だけだ。なのに、単なるサラリーマンがその地位にすがりつくのは傲岸不遜も甚だしい。その程度の判断しかできない人を国営放送の親分に置いてはいけない。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月26日(日) 工務店のDMもうひとひねり

某工務店が毎月送ってくるDMの封筒の表には「『あの日、めぐり会えてよかった』そう思っていただけたならそれだけでいいな」とある。中はA3裏表のニュースレターで、内容は「けあ家族の知恵袋」など各種ホームページから選りすぐった文章で構成されている。が、この工務店は子供5人。その子育て奮戦期の方がはるかに面白いはず。DMの表紙にそう書くならその方がずっとインパクトがある。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月25日(土) 業務改善定着の手順

某社が業務改革を定着させた。最初に社員から改革に関する提案を募った。そして「大きな変革は本部を巻き込む」「中位の変革は皆で動くサークル活動で対応」「小さな変革は現場で一人一人が改善」の3つにテーマを分類。そして本社への業務の集中化などの「大きな変革」をまず実現。「皆の提案を元に大きな変革をやったのだから、後は現場で小さな変革をやれ」。そういわれたら誰もが動くようになる。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月24日(金) トップセールマンは俺だよ

昨日の専務の思い出話。面接した応募者を採用するかどうかで迷っていたときのこと。固定費がアップすればノルマに跳ね返るため、迷っていた。すると専務が「採ろうよ、大丈夫だよ、トップセールスマンがいるのだから」。私が「そういわれましても…」と口ごもると専務が「何言ってんだ、トップセールマンは俺のことだよ」。私のことかと勘違いしていた恥ずかしさに思わず「御意!」と言いたくなった。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月23日(木) お前は部下を育てろ

上司の専務が急に名古屋から東京に転勤することになった。この上司は、自分の知人にどんどん営業してくれる人だったので、とても残念だ。そのことを伝えると「俺は君のために働くから、君は部下を育てよ」と言われた。こういわれると返す言葉がない。あわよくば上司の足を引っ張ろうとする社員もいる中、その内容が具体的なくとも「君のために働く」と言ってくれる上司を持って幸せである。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月22日(水) うまいなあ…花王のマーケティング

子供が幼稚園からハンドソープのサンプルを貰って帰ってきた。なかに「今回幼稚園からお届けしました『ビオレu泡で出てくるハンドソープ』はまだ泡立てることが上手にできない小さなお子様でもフワフワの泡で楽しく手を洗うことができます。(中略)お子様の手洗いの習慣づけにお役立ていただければ幸いです」の解説書。誰の何のためにを明確にしたマーケティングを実践できていることが素晴らしい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月21日(火) 担当をはずすということ

某銀行の支店長は、有能な営業マンを顧客を全部はずしてしまった。驚いた彼は「私はそんなに間に合いませんか?」と食って掛かった。すると支店長は「ばかやろう、間に合わない部下を誰が顧客からはずすか!間に合うからはずしたんだ。お前は今日から新規開拓一本だ!」周囲は「あいつばかりラクさせて…」と愚痴ったが、結果的に彼は大きな成果を収め、負けまいとした周囲のレベルも上がった。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月20日(月) 犠牲者12万人のインパクト

津波の怖さは、三陸沖とかチリ地震のときの資料映像を見たことがあるが、いずれもモノクロで、怖いと思ったことはなかった。唯一『帰ってきたウルトラマン』に登場した津波怪獣シーモンスとシーゴラスの攻撃で認識したぐらいだ。地震や火山の怖さは熟知していたつもりだが、41年間生きてきて、まだ知らない恐怖の自然災害があったことにも驚いた。一度に12万人はむごすぎる。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月19日(日) おやじたちを変えてごらん

某大企業の30歳代半ば〜40歳前後の中堅社員と飲んだ。役付きの彼らだが、飲むと出るのは旧態依然とした部長以上への苛立ちばかり。その気持ちもわかるが、こんな中堅が愚痴だらけとは情けない。今の体質に風穴を空け、その穴を一気に拡大する建設的な意見が欲しい。老いた人々の価値観を一変するのは新商品である。企業変革の風穴は既存商品の没落とそれを代替する新商品からはじまるのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月18日(土) TSUNAMI!!!!!!!

TVの前で震えた。「津波」があんなにも恐ろしいものとは知らなかった。あれではひとたまりもない。早速、医師団が現地に到着した。こんなときに世界中の困った人を救える腕を持っている人を心底羨ましく思う。また政府は世界に先駆けて、救助と復興支援のため日本の技術も、人材も、ハイテクも、資金も使って欲しい。自衛隊の人・物・金の1/5を削り、是非、災害からの国際救助隊を作るべきだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月17日(金) キンキンに冷えたれんげ

豆腐を主体とする居酒屋で飲む。大皿の上に冷えた大きな豆腐が出てきた。そして、取り皿とれんげが出されたが、なんと皿もれんげもキンキンに冷えている。冷えていた方が美味しいでしょうからという店員。れんげまで冷えているのははじめて。焼酎の梅割を頼むと、自家製がいいですか?普通のがいいのですか?。迷わず自家製にすると、これがまた異常に赤くて美味い。なんとも気が利く店である。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月16日(木) クリスマスプレゼントの買い方

クリスマスが過ぎた。今年のプレゼントは、全部インターネットで買った。すると翌日に「発送しましたメール」が来た。買って4日後に「使い心地はどうですか?メール」が来た。そしてそれらのメールには、売れ筋ランキング表があり、ついアクセスしていろんな商品を見てしまう。動画付きだから動きも確認でき、欲しくなってしまう。店員はいないのにOne To One。これじゃあ、一般商店は負けるはずだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月15日(水) 現場の人が一番欲しいもの

客先に大きなアミューズメント機械を収めた会社。納期に間に合わせようと必死で頑張る部下たち。ただ、機械の側面には淋しいからと部下たちが書いた絵がかかっていた。それを見た社長は「こんなものはずせ!」。ところがなかなか対応しない。「現場の苦労も知らないで…」と反発しているのだ。社長は「お前達よりも俺がずっとが苦労している…!」と言い掛けてグッと堪えた。それを言ってはおしまいだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月14日(火) フィブリノゲン製剤納入先リスト

86年に手術を受けた病院が、フィブリノゲンを使用していたと厚労省のHPで見た。当時のカルテ有りと掲載されていたので、早速病院に電話をし、自分にも使われたかどうかを確認した。すると「リストで確認しますので、お名前を教えてください」「念のため、生年月日も」。「お名前の該当はありません。使っていません」。この間わずか10秒。20年前のカルテが電子データ化されているのかと驚いた。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月13日(月) 今年の手帳の名文句

「厳しい競争社内の中で自分の実力ひとつで勝負する戦いは実にスリルと感動に溢れたものと断言できる。これまでの日本は『安定』と引き換えに『成功の感動』を失った社会であり、それが日本人と日本の企業体質を弱めてきた」。「『これからどうなるのか』という問いではなく『これから自分がどうするのか』という考えに立っていこう」。今年自分が手帳にメモした言葉。いつ、誰の語りを写したのか不明。が、実に崇高で、格調高い。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月12日(日) 「負け癖」の根源

某社の社長と『負け癖』というテーマで話し合った。社長は、負け癖とは「自分で範囲を決めてしまって、その中に閉じこもること」だと語る。「このエリアでしか活動してはならない」「この商品しか扱ってはならない」など、会社設立時に決めた約定に誰もが忠実でそのことに誰一人として疑問を抱かない。そうではなく、時代の変化に合わせどんどん打って出ること。この活力こそが勝ち癖の源だという。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月11日(土) ある私立高校の仰天広告

ある私立高校の広告を見て仰天した。キャッチフレーズはなんと「美男・美女」!。その横には賢くてカワイイ男の子と女の子の写真。解説を読むと「学ぶ姿は美しい。仲間を認め合う心は美しい。夢を追う姿は美しい。当校だからできること」。まあ、本当に見てくれの良い男女で固めたわけではないことはこれでわかるが、それにしても大胆だ。学校市場は過剰広告になるほどに過当競争なのだろう。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月10日(金) 4年連続。ありがとうございます。

某銀行のT支店で取引先の社長向けの講演会。これで4年連続で呼んで頂いたことになる。同じ場所で、同じ社長たちを対象に毎年やれることは私にとっても名誉なことだ。事実、4年連続となると他にはないのである。2年連続や隔年は数多くあるのだが…。こっちも過去何を話したかを考え重複しないよう注意するが、聞き手は「忘れているから重要な話しは何度でも」といってくれる。有難いことだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月09日(木) なぜセクハラをするの?

セクハラについて話すよう頼まれたので考えた。「なぜセクハラするの?」→「本当の自分を認められたいから」→「なぜ?」→「普段は良い人の仮面を被っているから」→「なぜ?」→「信用される立場があるから」→「なぜ?」→「集団の一員だから」→「なぜ?」→「一人で行える仕事ではないから」。皆、集団の一員として我慢していることがある。もしセクハラするなら、一人で生きていく覚悟でおやんなさい。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月08日(水) 会議で人を動機付ける(2)

ヽ杏環境情報の提供 動機気付け のほかに、一昨日の社長が週間報告をした部長達へのフィードバックで心がけていること。 仕事の分担=内容によっては社長である自分が調整したり立ち会った方がいいことがあるのでその判断。 ぅ櫂ぅ鵐箸龍ν化=「…その点を気をつけて欲しいのだけど」「ハイ、分かっています」このやりとり聞いた人は、全員何にきをつければいいかが分かる。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月07日(火) 会議で人を動機付ける(1)

昨日の社長は月曜日9時から、部長以上を集めて電話会議を開いている。会議室の真ん中にスピーカーとマイクを置き、最初に自社のおかれた環境を語る。次に、本社と出先の各部長からの週間報告を受けるが、感心したのは社長は各活動に意味付けを行っているのだ。「それは画期的なことだ」「壁を打ち破った」「経営方針に合っている」など。こうしたリアクションがあれば部長達のやる気は高まるだろう。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月06日(月) 辣腕社長の3つの大嫌い

就任以来、社員の生産性を1.7倍にした社長に、マネジメントの秘訣を聞く。「社長だけがいい思いするのはダメなんだ。現場主義に徹する身分階級差なんてのないフラットな会社にしたい」。だから個室は嫌い(持たない)。接待は嫌い。車は嫌い(高級車は売り飛ばした)。報告に来た社員はイスに座らせて、社員と同じ目線で社員を見て話をする。上杉鷹山のあり方を追求したスタイルだという。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月05日(日) 年賀状とパレートの法則

年賀状は一種の『ミニ・カルチャースクール』のようなものだ。ワープルもパソコンもデジカメも、その普及には美しい年賀状を作る!という目的があった。その他にも絵手紙とか、版画とか、年賀状に役立ちそうな講座はいずれもカルチャースクールで高い人気だ。個人にとってハガキ作成のニーズは、年賀状だけで、年間全体の発行枚数の80%以上を占める。パレートの法則がここにも生きている。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月04日(土) 年賀状を出したくない人

ぺんてるの調査結果によると、年賀状を出す相手としては友達についで2番目に多いのに、貰いたくない人の1位で、返事も出したくない人でも1位なのは…「上司」である。年賀状とは年に一度、日本人が「自分はこうありたい」という指針を書くもの。日本人はそもそもそういう宣言とが苦手だが、自分の指針を上司に送るのはそりゃ嫌だろう。まして上司の指針など見たくないだろう。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月03日(金) 文房具屋さんって何?

息子がドリルをやっていた。「今日の中で何が一番難しかった?」ときくと、「この中で文房具屋さんで売っているものはどれでしょう?」がわからなかった、という。理由は「だって、文房具屋さんに行ったことがないから」。確かに、息子はホームセンタやショッピングセンタの文房具売り場には何度も行ったことがあるが、文房具屋さんには行ったことがない。時代はすっかり変わってしまったのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月02日(木) 男と女の精算話

売れっ子弁護士に今どんな仕事が忙しいかを聞いた。すると「男と女の精算話」という。先生によれば、会社の状況が良い時は、こういう問題は少ないという。ところが会社が傾いてくると、オンナに手を出す経営者が多いのだそうだ。数年前、不景気が長く続いた頃につい手を出したオンナたちとの和解交渉が目白押しということらしい。英雄イロを好むというが、その深層は凋落時にあったのだ。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


2004年12月01日(水) メルマガが本になります

仲間8人とメルマガを出している。「名古屋商法007」というが、月〜金の毎日、かわりばんこに誰かの作品が配信され1年以上になる(読者数3300)。すると読者で出版社の人が「出版させて欲しい」と持ち込んできた。8人の文体・タッチもまちまちなのでまとめるのは大変だろうが、1月末にはオムニバス構成で出版される。1人じゃこんな体験はできないが、大勢だと可能性も楽しさも二乗倍に広がる。

←クリックしてね。続きが出るよ(日記ランキング投票ボタン)


酒井英之 |MAILHomePage
My追加