江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2020年01月31日(金) オレが東出昌大ならば・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 世間は東出昌大叩きに忙しそうである。世間のとらえ方というのは「杏のような美人の妻がいて、双子を育てながら妊娠中の妻がいるのに不倫なんかするのはとんでもない極悪人だ!」ということである。しかし、そうしたとらえ方は、その条件を外せばどうなるのだろうか。妻が不細工なら浮気をしてもいいのかとオレは言いたい。もしもオレが東出昌大のように若くて爽やかなイケメンで、しかもすごくかわいい女の子に好意をもたれているとして、そこで絶対に浮気をしないかというとそんなことはないと思うからである。いや、そういう状況なら普通の男は必ず浮気をするのである。そこで浮気をしないような男は、もしかしたら本当は男性が好きなのかも知れないのである。

 オレは美しい女性が好きである。見ているだけで幸せな気分になれる。どの映画を観るか、どのドラマを観るかという選択の基準が「自分好みの美少女が出ているか」ということで決まるのである。面白くなくても好きな女優が出ていればついつい観てしまうのである。別に面白さなんかどうでもいいのである。女性だってきっと福山雅治がでているからとか、綾野剛が出ているからとかいう理由で観ているに決まってるのだ。

 もちろん一般人のオレはそうした美少女や美人女優とは縁がない。ただ、画面の中、スクリーンの中の美しさを眺めてうっとりしているだけである。しかし、東出昌大のようにそうした美しい女性たちが身近にいて、声を掛ければ誘うことも男女の仲になることもいとも簡単にできてしまうとしたらどうだろうか。そこに一般人のような道徳や規範意識を持ち込むことは果たして妥当なのかと思うのである。

 つまらない嫉妬心から不倫カップルを叩く風潮がオレは嫌いだ。好きになってしまえば仕方がないと思うのである。誰と誰が不倫をしていても、誰に隠し子がいても、そんなことは日本の未来や国民の幸福とは何の関係もないのである。

 少し前に沢尻エリカが薬物問題で叩かれて大河ドラマを降板した。もしもこれが薬物ではなくて不倫ならどうだっただろうか。視聴率に影響するからと同じように降板させられたかも知れない。そこで考えてほしいのである。違法な薬物の使用は法律違反だが、不倫は何の法律にも抵触しない。本人とその家族だけの問題である。たかが不倫をこんなに叩くことはどう考えてもおかしいのである。

 このように「不倫叩き」という風潮が拡大すれば、芸能人は自衛策として「結婚しない」「結婚してもすぐに離婚する」という選択肢を選ぶことになる。東出昌大も事実婚で子どもを作っておいて、入籍していなかったら違約金も発生しなかったわけで、結婚してしまったために今回の結果を招いたわけである。もっと早くに離婚しておけばよかったのである。「清く正しく生きるか、6億円払って若い女性と浮気するか?」という選択肢で、浮気を選ぶというアホな男が現実には存在するのである。そういうモテ男にとって結婚というのは最大のリスクとなってしまったのだ。

 今、テレビで報道しなければならない問題というのは「どうやって新型肺炎から身を守るか」であるとか、感染がわかった人がどんなルートを通ったか、新幹線でどの席に座ったかなどという情報である。自衛するためには正しい情報が大切である。こんな非常事態にえんえんと芸能人のゴシップに時間を費やすマスコミの姿勢にオレは腹が立つのである。もっと京都市長選挙の異常さも報道してもらいたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月30日(木) オレをフォローしてくれ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 オレはもうずいぶん以前からツイッターをしている。ツイッターで 
江草乗と検索してもらえれば、すぐにオレのアカウントに飛べるのである。今、さまざまな報道機関の中でもっとも信頼がおけるものはいったい何だろうか。それはネット世論である。多くのフォロワーがあればそれだけ世間に影響を与えることが可能になるのだ。

 しかし、オレのフォロワーはあまりにも少ない。それはオレがこれまでブログの更新をメインにしていて、ツイッターをそれほど重視してなかったことが原因なのだが、結果として少ないフォロワー数のまま放置されている。

 芸能人がどうでもいい日常の写真をUPするだけのツイッターアカウントが数十万のフォロワーを持っていたりする。そんなどうでもいいアカウントと、オレが気合を入れて政権批判の記事を書くアカウントとを比較した場合、どっちが読む価値があるかはあきらかだろう。それなのに世間の人たちはどうでもいい芸能人のアカウントをフォローしているのである。そんなことはおかしいのである。

 ふだんオレのブログを読んでいらっしゃる方はどうか周りの人に「この江草乗、かなりの変人だぜ!」「こんなむちゃくちゃな人間が大阪にはいるんだぜ!」とオレを紹介していただきたいのである。そうしてフォロワーが増えれば、そこから等比級数的にフォロワーが増加する可能性がある。多くのフォロワーを得ることで、オレがふだん語ってる暴言の中に含まれるわずかな正論を多くの人に伝えることが可能になるのだ。

 世間にはゼニを出してフォロワーを買う人もいるらしい。前澤友作は100万円というゼニをばらまくことで一気にフォロワーを増やしたわけだが、オレもそういう手段を使えば簡単に増やせることはわかっている。しかし、そんな卑怯なことはしたくない。ゼニではなくて記事の中味で勝負したいのである。

 最近のオレは阪神大震災に関する硬派の記事や、クルマに関するタイムリーな話題を供給している。新聞記事などを引用して自分の見解を語ることは減ったが、そういうことよりももっと大事な自分の考えを広く伝えたいという方向にオレはシフトしていきたい。

 教育に関して、新共通テストに関して、道路交通法の改正に関して、日本の自動車メーカーの迷走に関して、東京五輪に関して、夫婦別姓に関して、少子高齢化に関して、オレの暴論はこれからも炸裂する。だから読者のみなさまにはそれを期待してもらいたいし、これまで江草乗というオッサンを知らなかった世間の人たちに、ぜひとも存在を知らせたいのである。

 おまえの言ってる程度のことは暴言でもなんでもない。ただの愚痴だ!という指摘を受けたこともある。上等だ。そこまで言う以上、本当の暴言とは何かを教えてもらいたいのである。受けて立つのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月29日(水) 山本太郎を都知事にするな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 京都市長選挙で共産党排除キャンペーンに同調して今や立憲民主党や国民民主党は自民党の補完勢力となり下がってしまったが、そのゴミクズのような連中が次に画策してることは山本太郎を東京都知事選挙に担ぎ出そうとしている。山本太郎がもしも都知事選挙に出れば自民党が支持する小池百合子を破って当選するかも知れない。しかし、そうなると国政選挙から山本太郎を排除することができるのだ。

 立憲民主党や国民民主党にとって、一番恐ろしいのはれいわ新選組が躍進して、自分たちの票を奪うことである。自民党支持者がいきなりれいわ新選組に投票することは考えにくい。しかし、これまで立憲や国民に投票していた人たちが、役立たずの野党に愛想を尽かせてれいわ新選組に投票することは十分に考えられるのである。つまり、立憲や国民にとってれいわ新選組というのは競合相手である。

 れいわ新選組のターゲットは「投票に行かない層の掘り起こし」である。投票率が5割を切るようになった今、日本で今最大の勢力は「棄権する人たち」なのである。政治に対してあきらめている人や、無関心な人たちである。もちろんそういう人たちの中には簡単にゼニで動かされる人もいて、金権選挙を仕掛ける自民党の買収戦術にいとも簡単に騙されるかも知れない。勝たせたい候補には党本部からじゃんじゃんゼニが支給されるのが自民党の選挙である。

 山本太郎が参議院議員に当選したのは東京選挙区である。都民にある程度支持されている彼が今の人気を引っ提げて都知事選挙に出れば勝つ可能性が高い。東京都民の中にはオリンピックを歓迎しない人も多い。そうした人たちの票を山本太郎が集めれば当選する可能性が高まるのである。

 オレは山本太郎は国会に必要な人材だと思うのである。安倍晋三がヤクザにゼニを渡して選挙妨害を依頼したことについて国会で堂々と質問した時、安倍晋三はその事実を否定せずに「私は被害者です」と開き直った。安倍晋三が被害者と主張する理由は、謝礼をケチられたことに腹を立てたヤクザが火炎瓶を家に投げ込んだからである。桜を見る会に招待する時にはじゃんじゃんゼニを使うくせに、汚れ仕事を引き受けさせたヤクザには謝礼をケチるという情けない男がいつまでも総理大臣の地位にいることがオレは残念でならない。

 安倍晋三は桜を見る会の疑惑で質問を受けてこのように答えた。

「幅広く募っているという認識でございました。募集してるという認識ではなかったものです」

 この馬鹿は「つのる」という言葉を漢字で書くと「募る」となることがわかっていなかったようである。小学生の漢字から教えないといけないのか。そんな馬鹿が首相でいることは日本国の悲劇である。今すぐにこのクソ野郎を辞めさせないといけない。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月28日(火) ポルシェはすごい!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 今から1年2か月前、2018年の11月に阪神高速でポルシェを216キロで暴走させて追突事故を起こし、トラックの運転手を死なせた無免許運転の医師がいた。最初はその医師の名前も報道されなかったのでネットでは「上級国民か?」などと噂されたものであるが、後にその実名も報道された。1年以上前に免許取り消し処分を受けていたのだが、その後も無免許で乗り回していたということも判明した。

 その暴走ドクターの裁判員裁判が行われ、危険運転致死傷罪ということで懲役8年の実刑判決が下さった。最近のあおり運転や殺人運転の裁判に比べて量刑が軽いような気もするのだが、求刑がそもそも10年であり、日本の刑事裁判は求刑からの割引がお約束になってるので裁判官はそうした判決を下したのだろう。

 さて、この報道の中であまり言及されてない事実がある。それはこの暴走ドクターの命が助かったことである。時速216キロで暴走してS字カーブで横滑りして中型トラックに追突してその運転者を死なせたのである。トラックの後部には荷台があってそこがある程度衝撃を吸収するはずである。エアバッグがあるから前方からの衝撃には対応できても、後方からそんなに速度のある物体が激突するということには対応できていないのだろうか。とにかくトラックの運転手は亡くなり、ポルシェの暴走ドクターは命が助かったのである。

 ポルシェとは時速216キロでコントロールを失って追突しても死なないクルマなのである。その安全性に関しては大いに学ぶべきことがあるのではないだろうか。

 もしもオレがS660で216キロ出して追突していたら絶対に死ぬ。もっともS660は200キロ以上なんか出せないし、その前にリミッターが作動して燃料がカットされる。200キロを超える高速で走ることがドイツの日常ならば、その日常の中で事故を起こしても死なないよう、ドライバーの命を重視した設計になっているということなのだろうか。もしもそうならポルシェというメーカーは本当にすごいということである。

 時速200キロ以上で事故を起こしても死なないクルマということになれば、それは最大の宣伝効果につながるだろう。暴走したい連中だって、みんな命知らずというわけでもない。死にたくないけど暴走はしたいというややこしい人たちも、この際ポルシェを買うべきである。この事故はポルシェの名声を世界で高めることにつながったのである。

 日本が誇る「軽自動車」というジャンルは、衝突安全性という部分で諸外国のクルマに対して不利である。さまざまな装備が極小まで切り詰められ、車重を軽くした結果、安全性に問題が生じたら巨額の訴訟リスクを抱えることになる。だから海外では販売しにくいのである。

 時速200キロ以上で走っても乗客の安全をきちっと守ってくれるポルシェのすごさにオレは脱帽である。こんなクルマには到底勝ち目がない。
 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月27日(月) 選挙にヘイトスピーチを使うな!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 1月26日の京都新聞には、市長選挙の候補者である現職の門川大作陣営と思われる側からの全面広告が掲載されていた。そこにはこのような文字があった。
 
大切な京都に共産党の市長は「NO」
京都は今大きな岐路に立たされています
わたしたちの京都を共産党による独善的な市政に関わらせてはいけません
国や府との連携なしに京都の発展は望めません


 このような共産党に対する一方的なヘイトスピーチ的な広告を掲載している京都新聞に対してオレはとても残念な気分になった。もしもオレが購読者なら、即座に契約解除を申し出るだろう。あまりにも低レベルなおそまつな内容であり、そんな広告掲載の依頼があった時点で却下するのが新聞という公器の役割じゃないのか。

 わずかな広告料というゼニのために節を曲げておかしな記事を載せている新聞社はたくさんある。オレの大嫌いな球団に関係する某スポーツ新聞は売春防止法に抵触する3行広告をずっと掲載していた。最近は確かめていないので今でも掲載されているかどうかはわからないのだが、見たときは本当に恥ずかしい広告だとオレはあきれた。

 そして「共産党」ということばを相手陣営をdisるために用いているこの品性の下劣さにオレはあきれるのである。戦前の人が「あいつはアカだ」というふうに人を貶めるレベルの情けなさなのだ。そんな新聞広告を出して恥ずかしくないのか。

 この広告には自民党公明党だけではなくて、立憲民主党も国民民主党も社民党も名を連ねている。共産党とれいわ新選組以外の政党がすべて含まれているのである。もしもそこで勝手に名前を使われたという抗議の気持ちがあるならばいますぐにその陣営からの離脱を宣言すべきである。枝野さんよ、あんたはこの広告を認めてるのか認めてないのか、いったいどっちなんだ。立憲民主党の中でも少なくともあんたはマシな方だと思っていたのだが、この件に関する答えによってはあんたのことをクソ野郎と呼ばなければならなくなるかも知れない。

 オレは共産党の人をたくさん知っている。お世話になった恩師の中にも共産党の支持者がたくさんいる。その中には共産党思想をまるで宗教のように信奉してて世界が見えない変な人もいるが、.一方で無私の心で民に寄り添う政治を志す高潔な方もおられる。必ずしもステレオタイプでは語れないのである。

 自民党や公明党の連中がよく使う「連携」ということばのまやかしに騙されるな。それはまっとうな連携などではない。利権のための腐ったつながりなのである。ただの利益共同体なのだ。そんなものは連携とは呼ばない。税金を自分たちで山分けするための仕組みなのである。そんなものに騙されてはならない。

 京都市民がこの広告を見て「共産党市長はダメだ」と判断して門川大作に投票し、京都を開発業者の連中に売り渡して醜悪な街にしてしまうことを望むならば、それはそれでひとつの衆愚の姿として受け入れるしかない。しかし、真に京都の未来を考えるならば、利益共同体の連中が自分たちの利益しか考えてないくそみたいな連中であることに気づいて正しい判断をすべきである。京都が千年の未来も日本の伝統を守った唯一無二の存在であることを目指すべきなのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月25日(土) 平手友梨奈のいない欅坂なんて・・・        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 1月23日、・欅坂46の公式ホームページで、メンバーの平手友梨奈がグループを脱退、織田奈那、鈴本美愉がグループを卒業、佐藤詩織が活動を一時休止することがそれぞれ発表された。オレはこのニュースに大変なショックを受けている。オレは平手友梨奈のファンで、映画『響』も観に行ってるし、「サイレント・マジョリティ」のPVは100回くらい観ている。平手友梨奈のあの表情は、プレイバックPART兇魏里辰浸の山口百恵を思わせる。オレはその魅力に思わずくぎ付けになった哀れなオッサンである。

 ストイックに自分が歌う曲の世界に没入し、歌い終わった後には倒れてしまうほど完全燃焼する姿は痛々しいほどで、オレはいつもハラハラしていたのだ。このまま精魂を使い果たして二度と起き上がれないんじゃないかと思うほどだった。

 もちろんそうしたものが作られた虚像であり、彼女はどこにでもいる普通の女の子であるのかも知れない。しかし、オレはその世界にとことん付き合おうと思っていつも聴いていたのだ。もうすぐ60というオッサンがまだ10代のアイドルの歌に心を激しく突き動かされていたのである。なんということだろうか。

 その平手友梨奈が、「卒業」ではなく、あえて「脱退」という言葉を選んだ。彼女をセンターにしてきたこれまでの欅坂46とは全く違った状況が生まれるのである。しかし、これまでと全く違った世界観の、他のアイドルグループと大差ない状況になってしまうのならば、さっさと解散してみんな散り散りに他のアイドルグループに分かれていけばいいと思うのである。オレは平手友梨奈のいなくなった欅坂には全く興味がない。おそらく同じような感想を持つ人はオレの他にもいるだろう。

 ある日突然、「今日のドラえもんはドラえもん以外のメンバーだけでやります」となったらどんな内容にすればいいのか。「今日のサザエさんはカツオとワカメしか使えません」となったら脚本を書く人は困るだろう。秋元康は今後彼女らにどんな楽曲を提供するのだろうか。

 平手友梨奈は今後どんな活動をするのだろうか。オレはそれがとても気になるのである。女優となって映画に出るのか、ソロ活動するのか。できればまた映画に出てほしいような気もする。どんな役が似合うのかと訊かれると困るのだが、オレは平手友梨奈が出る映画は絶対に観るつもりだ。ホラー映画には興味ないが、もしも出るのなら観てもいいし、とにかくオレは今後の彼女の活躍をずっと見守っていきたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月24日(金) 国会サボるな小泉進次郎        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 小泉進次郎が育休宣言したことが話題になったが、オレに言わせれば「ふざけるな!」である。どうせ子育ては滝川クリステルの雇ったベビーシッターに丸投げするわけで、おまえは一日に15分くらい赤ん坊をだっこしたりして「育児しているパパ」のふりをするだけだ。そうして国会を堂々とサボるのである。「ふざけるな!」と言いたい。そんなことで女性の人気を得ようとしているのか。なんて姑息な男なんだ。

 男の取る本当の育休というのは、妻がフルタイム働いていて育児をする余裕がなく、その妻を支えるための何か月か仕事を休んで全力で子どもの世話をするというものである。朝起きてから夜寝るまで、いや夜中に起きることもあるからほぼ24時間張り付いて必死で世話をする、それが真の育休である。男にはできない行為、つまり「母親が母乳を与えてる時間」以外は全く休む時間はない。それくらいの覚悟を持って育休宣言しているのだろうか。そんなわけがないのである。関西で言うところのただの「ええかっこしい」である。そんなもん全然評価できないのである。

 小泉進次郎は中年のオバハン達には人気があったという。中味のない美辞麗句を羅列するだけで何も考えてない人は騙せたのだろう。しかし、一番何も考えてない馬鹿がおまえであるということは国際会議の場で明らかになった。今おまえのやるべきことは育児ではない。勉強である。中学校の公民程度の勉強から始めて、政治家として恥ずかしくない程度の知識や教養を身に付けること、そして環境問題に関してグレタさんと議論できる程度の勉強をすることである。たぶん無理だとオレは思っている。なぜかというとこの男は本質的なヘタレだからである。

 今の自民党にとって最大の問題は何か。それはモラルハザードである。安倍晋三のさまざまな犯罪に対して誰もケチをつけないでスルーしている状態だ。森友、加計学園問題だけではなく、古くはヤクザに選挙妨害を依頼したのに報酬をケチって火炎瓶を投げこまれた事件から、最近の桜を見る会疑惑に至るまで、安倍晋三という男は歴代自民党総裁の中でもっとも疑惑にまみれた総理である。その問題に関して保身のために口をつぐんでいるすべての自民党議員はただのヘタレである。国家の行く末よりも自分の身の安全や議員としての地位の方が大事なのである。そんな志の低い連中が今の自民党のメンバーなのである。小泉進次郎はそれを正す方向ではなく、群れの中で過ごすという保身を選んだただのヘタレである。乾坤一擲の大勝負に出ずに、死ぬまでに一回くらいは総理の椅子が回ってくるかなというコースを選んだのである。期待したオバハン達には申し訳ないが、しょせんその程度の器だったということである。

 小泉進次郎が出たところで、育休でサボったところで、政治の流れには何の影響もない。おまえはただの陣笠議員、国会で過半数取るための頭数に過ぎない。ただ地元民の支持はあるから死ぬまで議員はやれるだろう。ただそれだけの男である。誰にでも代わりが務まる程度の平凡な男である。いっそ兄の孝太郎と仕事代われよ。 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月23日(木) 「なごり雪」はもう降らない        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 河津桜がもう開花してるという。冬が無くなったと思ったらもう春が来ているのである。雪も降らず、氷もはらないうちに春が来てしまうのである。日本からはついに冬がなくなってしまうのだろうか。

 このまま春になるということは、梅や桜の開花が早まるということであり、そうなると春の行楽シーズンの予定が大きく変わるということになる。例年なら学校の春休みの時期に関西では桜の開花が重なったのだが、今年はもうとっくに桜は散っているということも考えられる。困るのは入学式の時に桜がないことである。毎年、オレの勤務する学校では正門前の桜をバックに親たちが記念写真を撮る。そのときに桜がないと絵にならないじゃないか。

 スキー場にも雪がない。氷も張らない。冬というのに一日の最高気温は常に10度以上である。大阪も昼間は13〜15度くらいでこれは冬ではない。こんなふうにだらだらと「冬」という季節が終わるのだ。なんとも悲しいことである。

 クルマで早朝に家を出るとき、オレの父親はトラックのフロントガラスにお湯をぶっかけていた。冬はそうして氷を解かさないとダメだったのである。オレも何度かお湯を掛けたことがあるが、これまでで数えるほどだ。しかし今は最低気温が0度を下回らないために氷なんか張らないのである。水道管が凍結して云々ということもないわけだ。学生時代に諏訪のユースホステルに泊まった時に、凍結防止にちょちょろと細く水を出していたことを思い出すのである。そうした工夫も不要なほどに冬は寒くなくなってしまったのである。地球温暖化は確実だ。この30年間で平均気温の上昇は5度くらいあったような気がするのである。世界平均ではもっと小さな変動になるのかも知れないが、オレの感覚では最低でも5度は上がってるだろう。

 春といえば大学受験の季節である。共通一次元年の受験生のオレは、京都大学での二次試験の日に雪が降ったことや、東山ユースホステルから1時間近く歩いて試験会場に向かったこととかを覚えている。あの頃は本当に3月は寒かった。4月に入ってから雪が降ることもあった。今なら考えられないことである。

 イルカの「なごり雪」の歌詞では3月に東京で雪が降っている。もしかしたら現代の若者はその歌詞に感動することもなく「ありえねえ!」とかつぶやくのかも知れない。なんとも悲しいことである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月22日(水) 遅刻と信号について        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 学校に遅刻しそうになった生徒があわてて信号無視するとしたら、それは許されるだろうか? もちろん許されない。遅刻は学校のルール違反だが、信号無視は社会でのルール違反であり、寝坊して遅刻しても親や先生に叱られたりするだけだが、信号を守らないと交通事故に巻き込まれたり最悪の場合は命を落とすのである。

 しかし、日本中の通学路で起きているのは残念ながら時間を急ぐ生徒による信号無視なのである。もちろんクルマの方は生徒が信号無視することなど日常なので、そうしたことも前提にして安全運転するだろうし、オレのような優秀なドライバーは特にそうである。生徒が大勢い歩いているようなところでは決して速度を上げないし、常に最徐行である。

 ただ、オレのような優良ドライバーはおそらく全ドライバーの中の1%くらいだろう。そしていま増えているのは暴走老人である。暴走老人や飲酒運転ドライバーにとって、そこが通学路であるとか歩道であるとか線路であるとか、そういうことは全く問題ではない。つい先日も酔って道路と間違えて歩道に進入し、そこを歩いている小学生をはねてそのまま逃げ、家でのんびりと風呂に入ってたクソ野郎が逮捕されていたが、このような危険なドライバーが信号無視の生徒に遭遇したら間違いなく事故が起きるだろう。

 学校現場では通学路に教員が立って見回りしたり、信号をきちんと守ってるかどうか監視したりしている。オレがよく通過する学校近くの交差点では、おそらく近隣の小学校の保護者と思われる方々が必ず交差点の信号のところに立っている。さすがにその前では児童は信号を守るわけだが、立っていない日はもちろん守らない。そういうわけでオレは何度か、横断歩道ではない場所で飛び出す小学生のクソガキのせいで急ブレーキを踏まされたことがある。 子どもは交差点の形に関係なく最短距離で渡ろうとするからである。

 ルールを守らないものは監視カメラで特定され、スコアが下がるという。中国はそうした監視社会を築くことで国民のマナーを向上させようとしている。日本は技術があるのに監視カメラも少ないし、役立たずのマイナンバーを普及させようとしている一方で、アメリカなどで多くの人が登録しているDNAの登録制については全く検討していない。今のうちに制度化しておかないし、流入する大量の移民をコントロールできなくなる。今のうちにDNA登録と顔認証システムを完璧にしておかないといけない。すべての国民のDNAを登録してしまって犯罪捜査に役立てれば、犯罪検挙率を劇的に上昇させられる。

 日本が世界に冠たる無犯罪国家になることが未来の道だとオレは思っている。「治安がいい」どころではない、犯罪の存在しない国家を築いてほしいのだ。国会議員や総理大臣が犯罪を堂々とやってる国であることは本当に恥ずかしいのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月20日(月) コロナウイルスは細菌兵器なのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の患者数は1月20日現在で198人と報告されている。しかし、オレは中国政府の統計なんか全く信用していないのである。政府に都合よく改ざんされたデータが出てくるという点では日本政府も全く信用できないが、中国の偽装ぶりはもう中国共産党の伝統文化のようなものである。増やしたり減らしたりもうむちゃくちゃなのである。南京虐殺の被害者数は南京市の人口よりも多いし、戦車が集まった市民を轢殺した天安門事件の死者は極端に少ない。そういう国の発表する数字なんてみんなまやかしだとオレは思っている。

 おそらく実際の患者数はこの10倍以上、そして死者は100人を超えているような気がするのである。きっと他の病気で死んだことにされてるのだろう。これから中国は春節の時期である。日本にも多くの観光客が押し寄せるわけだが、その中にはこの新型コロナウイルスの感染者もきっと混じっているだろう。その結果大量の患者が関空や成田を窓口に流入するわけで、大阪でこれから大流行してもおかしくないのである。

 中国ではすでに武漢市以外でも発症が確認されている。また日本やタイでも患者は確認されている。もう食い止めることは不可能である。

 小松左京の小説、「復活の日」では細菌兵器として開発された強力なウイルスによって人類が死滅し、かろうじて南極の基地にいた人たちだけが感染を免れて人類の再生を目指すという話が描かれる。オレがまだ大学生の頃に草刈正雄の主演で映画化され、当時交際していた女性と梅田の映画館で観たのでよく覚えている。

 人類にとってのさまざまなリスクの中で核戦争や地球温高による脅威というのは多くの方が認識しているわけだが、感染症で滅亡するということは想像しにくい。しかしその危険はこれまで何度も起きていたわけである。かつてヨーロッパではペストやコレラの大流行で多くの死者を出した。これまで存在したいかなるウイルスとも違う新たなウイルスが突然変異で出現し、それが人類を破滅に導くということは決して起きないわけではない。核戦争よりも起きる可能性は高いかも知れないのである。

 この大流行が今のタイミングで起きたということは、東京五輪を前にしてさまざまな問題を提起してくれたのと同じである。日本の入国管理体制は厳重なようで穴がある。それはカルロスゴーンが楽器ケースに入って脱出したという事件で明らかになった。防疫体制だって入国時に発熱している旅行者がいるかどうかをチェックしているわけで、一人一人厳重にチェックすることなど不可能なのである。水際で完全チェックなんて不可能なのだから、入ってきてからどうするかということを考えるべきなのだ。

 オレの勤務する学校では今、生徒の中でじわじわとインフルエンザが流行しつつある。数年前に地獄の苦しみを味わったオレは最近は毎年予防接種しているが、それだって100%完全に防げるかというとわからないのである。予防接種は自費でしているのだが、学校現場では公費でやってもらいたいのである。特に受験生の授業を担当する教員は「絶対に生徒にうつしてはいけない」ということでかからないように防御しているわけだが、どの教員もすべてポケットマネーから出している。公立学校でも同じ状況だろう。

 流行は終息するのか、あるいはさらに拡大するのか、中国政府の発表はあてにならない。それだけに情報の真偽を見極めて判断しないといけないのである。今朝の新聞記事にあったが、国家がハッカーを養成してサイバー攻撃を仕掛けてくるような国がまともな国のわけがないのである。今回のコロナウイルスだって、世界征服の野望を持つ国が仕掛けてきた細菌兵器かも知れないのだ。これはオレの単なる憶測なので真に受けないでもらいたいが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月18日(土) ロッキー購入その後        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 今、コンパクトSUVは大人気である。ドイツのVWはT−Crossという排気量1000CCのコンパクトSUVを昨年暮れに発売した。そしてオレがホンダS660を手放して手に入れたダイハツ・ロッキーは兄弟車のトヨタ・ライズと合わせると12月の新車販売ランキングで1位になったのである。他のダイハツが生産してトヨタで販売されているクルマもよく売れている。

12月の販売台数ランキングは

1位 ライズ/ロッキー 1万2631台
2位 ルーミー/タンク/トール 1万1939台
3位 カローラ 9184台


となっているのである。

 これまでオレはカルトな不人気車ばかり乗り継いできた。またずっとMT車にこだわってきた。それが今回流行のど真ん中にやって来たのである。最近流れる車のCMはSUVばかりである。スバルXV、ホンダヴェゼル、トヨタC−HR、マツダCX−5などのCMが頻繁に流れ、もちろんロッキーのCMもよく流れている。しかしオレは前からSUVが欲しかったのだ。あの月面探査車のようないすゞビークロスが欲しかったのである。それで今回ロッキーを選んだわけだが、そういうオレの希望に世間が追い付いてきただけだとオレは勝手に思っている。オレが流行に合わせたのではなくて、流行がオレにやっと追いついたのである。

 ずっとこだわってきたMT車をやめて今回AT車であるロッキーを手に入れてイージードライブの世界にはまりこんだ結果大きく変わったことは、運転が慎重になったということである。横断歩道で一時停止するのもATならシフト操作が不要でラクチンだし、物陰から直前に不意に飛び出した歩行者に対してもクルマの方が検知して警告音で教えてくれる。そういうわけでこれまでは「クルマを操縦している」という気持ちでいたのが、今は「常にクルマに叱られている」という状況になったのである。

 スマートアシストが標準装備なので、車線を区切るラインを踏んだら叱られるし、高速で速度が上がりすぎると叱られる。信号待ちしていて、前車が発進して車間距離が5mくらいになると叱られる。そうして一日に何度も叱られながら安全運転を強いられるのが最近のオレの運転状況なのである。

 ゲートがあってバーが開くタイプの駐車場で発券機から出た駐車券を取る際に、S660ではたびたび「手が届かない」ということが発生した。さすがにそういうことはなくなったが、車が大きくなった分、発券機に近づくときにぶつからないように意識するようになった。軽自動車に乗っていたこれまでよりも「クルマの大きさ」を意識することが増えたのである。

 メーターパネルの中の燃費表示は13.5Km/Lくらいだが、満タン給油して計算した結果は14.5Km/Lくらいになる。市街地でこんなものだから、高速道路を走ればもっと伸びるだろう。同じコンパクトSUVのVWのT−Crossと同じ排気量であっても、車両重量ははるかに軽いし、何より100万円安いのでコスパでは完勝である。もっとも向こうはロッキーなんか眼中にないと思うが。

 走行音もこれまで乗ってきた歴代のクルマと比較すれば(そもそういう比較がナンセンスで馬鹿げたことだが・・・)かなり静かだし、i−Podを接続して音楽を楽しむこともできる。交差点で信号待ちの時はアイドリングストップする。通勤時にはかなり道路は渋滞するわけで停まってる時間も多い。今、表示されるアイドリングストップの累計時間を見て思うのは、自分がこれまでいかにガソリンを無駄に消費してきたかということである。

 運転していて快適だし、楽しいし、荷物がたっぷり詰めるし、遠くに出かけたくなる気分である。これで3〜4泊の旅行に出かけたい。長い休暇の時には長期間の旅に出たくなる。後部座席を倒して、助手席を前に倒せば大人一人が寝られるくらいの空間が確保できる。そこに寝られるようにマットを敷いて、道の駅なんかで車中泊しながら遠くに行きたくなるのである。

 もうすぐオレにも定年退職して悠々自適の日々がやってくる。その時にはこのロッキーを友にして、気ままな旅がしてみたいのである。軽くアクセルを踏むだけで軽快に加速し、きびきびとオレの意のままに走ってくれる相棒を手に入れてオレは大満足なのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月17日(金) 阪神大震災から25年        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 神戸大学の構内には、震災で亡くなった学生の慰霊碑がある。毎年ここでは追悼行事の献花式が行われている。神戸大学では学生39人(そのうち留学生7人)、職員2人の計41人、神戸商船大学(現在の海事科学部)では学生5人(そのうち留学生1人)、研究員1人の計6人が犠牲となった。突然の地震によって人生を断ち切られた学生たちはその瞬間にどんな思いでいたのだろうか。

 1995年1月17日の早朝、オレは激しい揺れを感じて目が覚めた。1分ほど続いたその激しい揺れの中でオレはこのまま崩れた家の下敷きになって死ぬのだと思った。人生の中で「自分はこのまま死ぬのか」と感じた唯一の瞬間である。

 揺れが収まった時、幸いなことにオレの家は倒壊していなかった。しかし、その同じ瞬間に阪神間では多くの家が倒壊し、多くの人が家に押しつぶされて犠牲になっていたのである。次々と火災も発生し、倒壊した家の下敷きになった家族を救おうとしたが「おまえは早く逃げろ」と言われて泣く泣く家を後にした人がどれほどいたのだろうか。あの日起きた多くの悲劇の中にはそのまま二度と誰にも語られなかったことがたくさんあるはずだ。

 家が倒壊して犠牲になった人の中には、いつもは二階で寝ているのにたまたまその日に限って1階で寝ていたという人が数多くいた。ほんの少しのそうした偶然が生死を分けることとなったのである。「もしもあの時・・・」というやりきれない思いを持った人は多かったはずである。

 家族の中で自分だけが助かった人、肉親を失った悲しみから未だに立ち直れていない人、自分の中の時間がその日から25年間止まり続けたままの人、そうしたさまざまな想いが交錯する中で25年という歳月が流れ、震災を知らない世代の人たちがどんどん増えてきた。

 記憶はどんどん風化していく。そしていつのまにかその体験を持つ人がいなくなり、いつかは忘れられていく。記憶であったものがいつのまにか歴史となり、記録としてだけ残る。震災時の映像はたくさん動画サイトにあるが、現場でその悲劇を体験した人たちにとっては封印したい記憶なのかも知れない。

 地震や噴火といった災害は突然やってくる。オレがこうして書いているその次の瞬間に首都圏直下型地震や南海トラフ地震が起きるかも知れないのである。そこで生死を分けるものはもしかしたら限りなく偶然に近いことかも知れないのである。

 もしも阪神大震災が2時間遅く起きていれば、新幹線は多くの乗客を乗せたまま脱線していただろうし、倒壊した駅には多くの通勤客がいただろう。犠牲者数は何倍にも増えていたかも知れない。地震はどんな時間に、どんなタイミングで全く起きるかわからない。起きてから冷静に行動できるかどうかもわからないのである。

 オレは毎年この日が巡ってくるたびに、震災のことについて書こうと思っている。そうして思い出すこと、何かを書くことはオレの大切な使命である。あの日失われた多くの魂に思いを馳せながら。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月16日(木) 国会議員の知能検査を!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 高齢者は運転免許更新の際に認知症かどうかの検査をされるという。そういう検査が最も必要な人たちがいるとオレは感じている。それは国会議員である。いますぐ全国会議員に認知症検査をしてもらいたい。全員が無理なら60歳以上でもいい。あまりにも自分の過去の発言や主張を忘れてる人が多すぎるのである。公文書を守るのが官僚の大切な仕事だと本に書いてるのにじゃんじゃん破棄させてる菅官房長官のようなクソ野郎までいる。ただ、この男の場合、認知症ですっかり忘れてる可能性もあるので検査をしてもらいたいとオレは思うのだ。認知症ドライバーが危険なように、国家のかじ取りする役目のある国会議員の認知症はもっと危険である。

 それなら若い議員はいいかというとそんなことはない。常識や教養のない議員が多すぎるのである。せめて小学6年生レベルの地理や歴史、公民の知識は身に着けてほしいのである。イランとイラクの区別がつかないとか、ポツダム宣言は原爆投下の後になされたとか、そういう馬鹿は国会議員になってほしくないのである。だから全国会議員の一般常識テストの実施と、高齢議員の認知症検査をしてもらいたいのである。

 ただ、こんなことは議員になってからでは遅いのである。どうせなら立候補の届け出に来た時にテストを実施して、そこで不合格なら立候補を受理しないというふうに門前払いすればいいのである。そうしてチェックすれば、馬鹿とか非常識なやつとか耄碌したジジイババアを国会から間違いなく排除可能である。

 馬鹿が国政のかじ取りをするとどんなことが起きるか。漢字もろくに読めない馬鹿が外交と言いながら世界でゼニをばらまいたり、武器を買う約束をしたりしてることをオレは絶対に許せないのである。防衛費は年々増加し、未来の防衛費からもアメリカの武器を買うことになっていて兵器ローンの残高は5兆円を超えるという。アメリカの兵器産業を儲けさせてるのは実は平和憲法を持つ日本であるというおかしなことが起きているのだ。

 オレはこの日記でこれまでも書いてきた。世界が日本を攻撃できないようにする方法の一つが、人質外交である。世界の要人の子どもや配偶者、そして宗教指導者などが常に日本にいるようにすれば、世界のどの国も手出しできなくなるのである。習近平の孫やプーチンの娘がもしも日本にいれば、ロシアや中国は日本に核ミサイルを撃てなくなる。高額の防衛費なんかいらなくなり、自衛隊の装備は災害救助などのために特化することが可能になる。そうして世界中の自然災害に日の丸をつけた自衛隊機が出動して救援に当たるようになった時、日本に対する好感度は急上昇するだろう。トランプ大統領の言いなりになってゼニを出すだけの馬鹿にはそういうことはとうてい思いつけないのである。どうやって防衛費を減らして国を守るか、そういう発想が今の政府には全くないのである。辺野古に数兆円かけて新基地を作ろうとしてるのを見ると、本当にアホかとオレは思うのだ。

 国会議員に対する一般常識度問題は誰が作成するか。テレビでたくさんのクイズ番組をやってるじゃないか。その中から歴史や公民の分野の問題を集めてくればいいのである。東大のクイズ王伊沢さんに監修してもらって、良問を作成すれば済むことである。

 まともな教養のある人間しか議員になれないということになれば国会議員の質は向上するだろう。たまに学歴があっても失言する馬鹿もいるが、まあ100%排除できないのはどんな集団でも仕方のないことである。馬鹿が80%いる集団よりも、1%しかいない集団の方が相対的にはマシだろう。

 国会議員の知能検査、高齢議員の認知症検査をぜひやってもらいたい。70歳以上の議員はどんどん引退して年金生活してもらいたい。細々と年金だけで生活してもらわないとと、重税にあえぐ庶民の暮らしなどわからないのである。

 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月15日(水) クソ飼い主には天誅を!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 近頃毎朝、オレの家の前の道路のど真ん中に犬の糞がある。今朝も出勤しようとして玄関を出ると、目の前にまだ崩れていない新鮮な黄土色の糞が存在した。ちょうど道路のど真ん中なので、クルマで踏んづけないように注意深くよけて通過したのだが、それにしてもわざわざオレの家の真ん前で犬に糞をさせるというのは悪意があるとしか思えない。

 近所に数軒、犬を飼ってる家がある。しかし、そのどの家もオレの母とは顔なじみであり、そういう家がわざわざそんな場所で犬に糞をさせるとは思えない。そうすると犯人、いや犯犬はかなり遠くからピンポイントに行きどまりになっている路地に入り込んで、オレの家の前を狙って糞をさせているということになる。全くもって許せないのである。

 しかし、今朝は7時時点ですでに糞は存在した。ということはもっと早い時間、おそらく誰も見ていないような早朝か、あるいは深夜とか真夜中に犬を散歩させているのかも知れないのである。どうやって犯人を突き止めればいいのか。

 犯人がわかればどうやってリベンジすればいいのか。ただ、オレの家の前の道路は私道で、向かいの家との間の道路のちょうどど真ん中が境界線である。そして糞はその境界線のあたりにいつも落ちているのだ。もしも糞の落ちた位置が少しでも真ん中よりも向こう側ならば、オレは「うちの土地で糞をさせやがって!」という抗議をしにくいのである。まあ家の前であることは確かなんだが。

 最初、オレは猫のせいだろうかと考えた。何度もオレの乗っていたS660というクルマのソフトトップをねぐらにして毛だらけにしたクソ猫が、車の買い替えのせいでねぐらを失ったことを逆恨みして、道路のど真ん中に糞をしてるのではないかということである。しかし、母はその糞を分析して、「猫ならもっとクサい」という理由から犬の糞であると断定した。それでオレは今回「犬である」という前提でこの記事を書いている。

 とりあえず83歳の母にはご近所に聞き込みをしてもらい、犬を飼ってる人の情報を集めることを頼んだ。もしかしたらそういうクソ飼い主に対して他の人たちも迷惑に思ってるかも知れないからである。

 ただ、オレの性格としてはそのクソ犬、いやクソ飼い主になんらかのダメージを与えて仕返ししてやりたいのである。そうなるとなんらかのトラップを仕掛ければいいのだろうか。たとえばその場所に近寄った時に鳴るようなアラームを設置してビビらせるとか、上空から鳥の糞が落ちてきて飼い主を直撃するような仕掛けを考えるとか、水たまりに足を踏み入れると電流が流れてシビれるとか、そういうトラップはどうだろうか。

 食べればなんらかの面白いことが起きるようなペットフードがあればそいつをまいておいて仕返ししてやりたいのである。毒キノコのワライタケのような成分で突然犬が狂ったように踊りだすとか、あるいは突如狂暴になって飼い主に襲い掛かるとか、時間をおいて作用する強烈な下剤でその飼い主の家に帰った後で犬小屋とか部屋がウンコまみれになるとか。しかしそんなペットフードなんかみたことがないのである。

 とりあえず明日からしばらく毎朝5時くらいに起きて、迷惑な飼い主を特定してやろうと思っている。そして相手がわかれば面と向かって罵倒してやりたい。飼い犬の糞も始末できないような無責任なクソ野郎には犬を飼う資格はない。町内会でも問題にして犬の散歩マナーについてきちっとアピールしたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月13日(月) 関空は薬物中継拠点か?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 カルロス・ゴーンが楽器ケースに入って逃亡した事件の中で明らかになった、関空ではプライベートジェットに搭載する荷物の検査が甘いという事実をオレはとても危惧している。もちろん出ていくほうが甘くても入ってくる方が厳しかったら十分ということも思うのだが、日本に密輸入される薬物の多くは関西に入ってくるということである。

 関西には山口組系列の大きな暴力団組織があり、おそらくそうした大きな組織が薬物の卸元のような感じで関わってるのだろうと思うのだが、その背景には関空のチェック体制の甘さもあるのではないか。プライベートジェットの運航経費がどんなに高くても、大量の薬物を持ち込んだら十分に採算は合うのである。日本は世界一覚せい剤が高く売れる国だからだ。

 女子刑務所のことを特集している番組があった。そこに無期懲役で収容されている中国籍の女性の罪状が薬物の密輸だった。無期懲役という重い罰であるということは継続的、組織的にそうした行為に関わったということだと思うのだが、中国では同様の場合は死刑となる。日本でも軽い気持ちで運び屋を引き受ける馬鹿が多いのだが、日本の場合は裁判の時に「何も知りませんでした」と泣けば執行猶予になったりする。きちっと「無期懲役」という重い罰を受けた人がいるという事実こそ周知させないといけない。

 日本に金塊を持ち込むだけで消費税分が利益となるということで密輸が絶えないという。これも厳しく取り締まって、申告しないで金を持ち込んだ場合は金を没収するだけではなくて刑務所にどんどんぶち込むべきである。没収した金はどんどん国庫に入れて収入にすればいいのである。密輸分の金をすべて税収に換えることができれば莫大な税収が得られるだろう。きちんと対策しないから日本は舐めらるのである。

 関空の管理体制に弱点があるということが綿密な事前調査の中で明らかになったから、ゴーンはそこからの逃亡を企図し、成功させた。このゴーン脱出劇は映画になるらしいが、主演はミスタービーン以外に考えられない。ぜひとも映画化してもらいたいのである。彼は具体的な脱出方法について自分から語っていないが、楽器ケースに入る「ゴーンごっこ」が今問題になっているらしい。

 日本には大量の薬物が入ってきていて、芸能人に蔓延していたり、学生や主婦の間でも広まってるという。そして「大麻はタバコよりも害が少ない」などと主張する人までいる。日本がこのままどんどん薬物大国になっていくという未来をオレは見たくない。世界中で日本だけがそうした汚染からクリーンな地域であって欲しいのである。周りにそういう人間が存在して欲しくないし、もしも知人に薬物やってる人がいれば絶対にやめさせるし、そいつが止めなかったら縁を切って迷わず警察に通報する。オレはそういう人間を絶対にかばわない。

 関空のそうした部分のセキュリティの甘さは、今回明らかになったことで改善はされるだろう。しかし、プライベートジェットが悪用されるということ自体は簡単にはなくならないような気がする。富裕層であっても上級国民であっても、犯罪者は必ず捕まえて逮捕・拘束して、日本の司法制度の中で裁いてもらいたい。死刑も含めた法改正をオレは希望するのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月12日(日) プラハ市長の義について        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 
 チェコの首都であるプラハのズデニェク・フジブ市長は、中国の人権抑圧に対して不快の念を公式に表明し、北京との姉妹都市関係を解消して台北と姉妹都市になることを語った。オレはこの英断に対して拍手を送りたいのである。そして、トランプ大統領以外の世界中の政治家が中国に対して腰が引けていて何も言えない中で、決して強国とは言えないチェコの首都の市長が堂々とこのような発言をしたことをオレは評価したいのである。

 掲載された記事の一部を引用しよう。

フジブ市長は、中国との外交・経済関係の断絶を主張しているわけではないと強調する一方、欧州の民主主義諸国に対し「このように危険で信頼できないパートナーと同盟を結ぶこと」について、真剣に考えるよう呼び掛け、「脅威や脅迫を前にして、自らの価値観や誠実さを放棄しないよう皆に求める」と訴えた。

 今、中国がウイグル自治区で行っているイスラム教徒への弾圧に関して、トランプ大統領が指摘した時に習近平は「それは内政問題だ」と答えたという。つまり、弾圧や思想改造そのものは否定しなかったのである。

 ヒトラーが行ったユダヤ人へのさまざまな虐待は「内政問題」で片づけられるものだろうか、あの時代、世界はヒトラーの政策を面と向かって非難せず、ベルリン五輪にも参加したし、日本政府はヒトラーを恐れて杉原千畝の行動を許さなかった。戦争が終わってからヒトラーは極悪人ということになったが、少なくとも彼が生きているうちは英雄だったわけである。

 日本が習近平を国賓として招くことは、ヒトラーを国賓として招くことと同じである。ヒトラーの行った罪と同じことを現代において行ってるのが習近平である。その事実を世界は認識し、インターポールは彼をお尋ね者として逮捕拘束すべきである。日本政府は入国と同時に逮捕して、カルロス・ゴーン以上の厳しい取り調べを行うべきだ。だってその罪状は「人道に関する罪」なんだから。

 フジブ市長の言葉の中にあった「脅威や脅迫を前にして、自らの価値観や誠実さを放棄」している世界中の政治家の中には日本の安倍晋三ももちろん含まれる。オレはあの無知で無恥な男には何も望んではないが、世界にはもっとまともな多くの政治家がいるはずである。その中の一人でもいいからフジブ市長の英雄的な行動に触発されて、自らのこれまでの行動を恥じて正義のために発言し、行動してくれればとオレは期待するのである。

 純粋に「義」のために行動できる人が政治家の中にどれだけいるだろうか。日本の政治家の多くは「義」ではなく「銭」のために行動する。選挙ポスターの代金を水増し請求してわずか数十万の公費をだまし取る。そんな情けない国で過ごしていることがオレは恥ずかしいのである。日本の政治家の中で「義」を語る人が出てくればオレは迷わず支持したいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月11日(土) 選挙ポスター錬金術        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 国政選挙の選挙ポスターの費用は公費負担してもらえるらしい。国政選挙だけではなくて地方選挙でもこのような制度があるそうなのだが、選挙のたびにあちこちに設置されるあの巨大なベニヤ板の掲示板とともに、ここに何らかの利権が存在するのじゃないかと思っていたら全くそのとおりだった。あのポスターの単価は一枚当たり257円〜1290円となっているそうである。あんな何の変哲もない印刷物がなんでそんなに高額なのだろうか。それは「公費負担」だからである。

 「フロントラインプレス」が2017年10月の総選挙で当選した東京都選出の衆院議員37人を対象に「選挙運動費用収支報告書」を分析し調査したところ、業者と契約したポスター代金が上限額の100%だった議員は9人いたそうである。

 自民党が石原宏高氏(3区)、菅原一秀氏(9区)、文部科学相の萩生田光一氏(24区)ら7人。立憲民主党は海江田万里氏(1区)。無所属は初鹿明博氏(16区に出馬・比例復活=当選時は立憲民主党)。この9人が印刷した選挙ポスター1枚当たりの単価は836〜1290円で、全員が上限に当たる公設掲示板の2倍の数を印刷したと記されている。

 さて、掲示板の数の二倍印刷したと言いながら、実際はそれよりも少ない枚数しか印刷していなかったらどうなるだろうか。その枚数×一枚当たりの高額単価というゼニを浮かすことができるのである。政治家というのはゼニに汚いヤツが多い。ここにあげられた名前を見てもいかにもうさんくさそうな名前が並んでいる。初鹿議員などは悪質なセクハラで訴えられているクソ野郎である。

 このような議員の錬金術に対して、地方選挙でさまざまな告発があり、住民監査請求も起きているという。「選挙ポスター」「住民監査請求」で検索すると日本中でさまざまな事例が発生していることがわかる。

 兵庫県会議員の野々村の号泣記者会見で政治家に支給されるゼニが実際はうさんくさい使われ方をしているが明らかになり、これまで不正を行っていた多くの地方議員が辞職に追い込まれたということは記憶に新しい。議員という身分が一種の特権階級となり、彼らが公費からさまざまなゼニをフトコロに入れているという事実を、納税者である庶民は黙っていていいのだろうか。オレは断じて許せないのである。

 国会議員という地位にいる連中が、国民の生活向上よりも常に自分の収入向上を考えているというのが今の日本である。もっと志の高い議員はいないのか。人格高潔な人だけが政治家になれるような仕組みは作れないものか。そのためには議員報酬の大幅削減以外に方法はないような気もするのである。
 


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月09日(木) 冬が無くなるということ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 1月というのに毎日のように暖かい日が続いている。3月や4月のような気温である。この冬はこのまま寒波も来ないで終わるらしい。ということは冬が来ないようなものである。豪雪地帯と呼ばれる北陸でも雪はほとんど積もってないらしい。雪という形で大量の水が蓄えられるからこそ雪解け水が豊富にあるわけで、その雪がないとどんなことになるのだろうか。

 北海道では雪まつりに使う雪がないという。多くのスキー場が雪不足でオープンできない状態である。このまま雪がなくなってしまうとすると、雪を目当てにした多くのビジネスが成立しなくなるのである。本当にそれでいいのだろうか。

 豪雪地帯の人にとって、雪が無くなってしまうことは雪下ろしなどの作業が不要になるので喜んでいる人もいるかも知れないが、果たしてそれだけで済むのか。雪国が雪国でなくなることは、逆に失うものがたくさんあるのではないか。雪があることが当たり前だった生活から雪が消えてしまうことでいったい何が起きるのか。

 オレがホンダ・S660を所有していた4年3か月の間に雪は降らなかった。全く降らなかったわけではないが、クルマで走ることに支障が出るような積雪は一度もなかった。もしも雪に降られていればとても困っていただろう。エンジンをミッドシップに搭載するS660のようなクルマは雪道が苦手なはずである。結局、一度もそれを試すことはなかったのである。

 20代の頃、冬になるとタイヤチェーンを積んで信州のスキー場に行くのが常だった。幹線道路は除雪されていたが、夜になると気温が下がって路面は凍結したわけでタイヤチェーンは必須だったのである。国道を外れてスキー場に向かう道は必ず積雪していた。白馬の民宿に泊まれば、白馬乗鞍とか栂池高原、八方尾根という大きなスキー場が間近だったのである。そうしたスキー場は雪不足に苦しみ、そのうえ客自体が減少してしまっている。雪という観光資源を失ってしまえば、いったいどんな魅力が残ってるのか。

 雪が無くなれば、そこはただの少し寒い場所でしかない。その「寒さ」も失われたとき、いったいどうなっていくのか。

 オレは以前にこのブログで「四季が無くなった」ことについて書いた。しかし、それだけではなくて冬もなくなったとしたら後には何が残るのだろうか。ものすごく暑い夏と、それ以外のなんかどうでもいい3つの季節ということなのだろうか。秋らしくない秋、寒くない冬、春らしくない春、そしてめちゃくちゃ暑い夏という情けない四季がこれからの日本のデフォルトになってしまうのか。

 冬が冬でなくなり、夜の間に氷が張ることや時々雪が降ることが日常でなくなった時、子どもたちの親しんだ童謡はもう想像上の世界になってしまうのである。「雪やこんこん」と歌っても、雪など「来ん」のである。
 暖かい冬が普通になった時、日本の古きよき生活文化である「こたつ」というものも不要になっていくのだろうか。オレはこたつが好きだ。これは最高の暖房器具であると信じて疑わない。こたつのない日本の冬など、もうそこは日本ではないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。
 

2020年01月08日(水) ゴーンの言いたかったこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 日本の司法制度はクソである。これはまぎれもない事実だ。冤罪の可能性があっても強引に自白させ、それで有罪に持ち込むというまるで戦前のようなことが今でも行われている。無罪につながる証拠があってもそれは存在が握りつぶされてしまうのである。そして検察の描いたシナリオ通りのストーリーで犯罪の中味は説明されてしまうのである。

 オレは中国の司法制度はクソだと思っている。中国を評価している部分は薬物犯罪がどんどん死刑にされてることくらいで、政治犯などに関しては共産党の意向に従って拘束される。だからもしも冤罪で中国で拘束されれば絶望するだろう。本当のことを話せばきっとそれでわかってもらえるという信頼ができないからである。

もしもオレが中国で突然身柄を拘束され、そのうえでオレがプライベートジェットとかを持つ大金持ちで賄賂を駆使したりして脱出が可能ならばきっと脱出するだろう。それを日本に置き換えたのが今回のカルロス・ゴーンの行動である。

ゴーンの妻に偽証容疑で逮捕状が出た。国会で偽証してる連中は官僚や政治家の中に腐るほどいる。どうして誰も捕まえないのにゴーンの妻なら逮捕状を出すのか。ゴーンの妻よりも安倍晋三の妻の方がはるかに国民に迷惑かけてるじゃないかとオレは思うのである。結局日本の司法制度は政治家によって恣意的に運用されるのだ。公正さなんてどこにもない。正義なんて全く無視されてるのである。

 ゴーンが日産自動車を私物化して、会社のゼニを自分のフトコロに入れまくったというのはおそらく事実なのだろう。しかし、税金という国民のゼニを私物化してる政治家どもの罪はもっと重いのじゃないのか。そのゼニで交通違反の反則金を払わせてる稲田朋美なんかはどうなんだ。そっちのほうがよほど問題じゃないか。

 本来ならゴーンは日産内で告発されるべきだった。それがコーポレートガバナンスというものであり、告発されれば取締役解任という形でその地位を追われ、ちょろまかしたゼニの賠償を求められるという形で決着がつく。ところが日産の経営陣の中にはゴーンへのごますりで出世した者もいるわけで、今回のような方法でしかゴーンを排除できなかったのである。政治家を利用し、うまく検察を動かしたのである。検察はいつだって本当の悪人は捕まえない。それは「桜を見る会疑惑」でも「加計学園疑惑」でも同じである。官僚の仕事は国民に奉仕することであり政治家のしもべではない。そこで事実が記録されている公文書を出せばそこで政治家の犯罪はすべて明らかになる。官僚がそれをもみ消して犯罪に加担してるのは国益をどれだけ損なってるだろうか。

 ゴーンは日産自動車に何も貢献しなかった。ただのコストカッターであり、モデルチェンジするたびに不細工なクルマになってしまうという日産の企業文化に何も影響を与えられなかった。きっと彼も美しいクルマとは何かということがわかってなかったのだろう。その程度のお雇い外国人に頼るしかないほど日産には人材はなかった。まだ大学生だった頃のオレは日産が不人気車バイオレットをFF化してフルモデルチェンジして、さらに不細工な3兄弟にしたときに深く絶望した。こんな車を平然と出せるメーカーは滅びると思って工学部の先輩に語った。するとその先輩は「技術の日産は不滅だ!」と答えたのである。どちらの予想が当たっていたかははっきりしている。オレの予想したとおりに日産は凋落し、そしてせっかくの人気車をモデルチェンジのたびに失っていった。

 スカイライン、プリメーラ、マーチ、シルビア、マーチ・・・ 不細工にモデルチェンジしてユーザー離れを起こして崩壊した日産車はたくさんある。そんなこともわからないほど日産の経営陣は馬鹿ばかりだったのである。先見の明があったまだ大学生のオレをCEOに起用していたら今頃日産は世界に冠たる自動車メーカーだったかも知れないのである。


 ゴーンは日本の刑事司法に対する批判を「逃亡」という形で表現した。司法制度の欠陥は事実である。日本にはおかしな法律がたくさんある。しかしオレは日本人である以上、悪法だから破っていいという主張はしない。悪法も法である以上従うしかないのである。オレはこの国に生まれてしまったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月07日(火) 我が家にロッキーが来た        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 昨年11月に4年3か月愛用したホンダ・S660を手放してスポーツカーと訣別することを決め、新しくマイカーとしてダイハツ・ロッキーを所有することとなった。最先端の装備が満載で高速道路では前車追従式のオートクルーズが使えるし、ドラレコももちろん搭載されている。衝突防止装置や踏み間違い防止機能も備えている。ずっとMT車にこだわってきたが今度はATである。そういうわけですっかりオレのカーライフは変わったのである。

 さて、約700キロを運転しての印象だが、何より安全意識が高まったことが大きい。高い視点で周囲が見渡せること、前よりもゆっくり走るようになったことで常に周囲の動きに注意しながら運転するようになった。もちろん以前は何も見ていなかったわけではない。MTからATになって運転操作が単純になった分、まわりを見る余裕が生まれたということである。

 一時停止もきちんと止まるようになった。こんな風に書くと前は一時停止しなかったように思われるが、MT車で一時停止するというのはなかなかめんどくさいのである。ついつい徐行で済ませたくなるのである。しかしATならただ停まって発進するだけなのである。だからついついきっちりと停まってしまうのである。これで警察の卑怯な取り締まりにも安心して対応可能である。

 後部座席の乗り心地はわからないが、いちおう五人乗れるということで雨の日に同僚を駅まで送るような時も便利である。後部座席の乗り心地がどうなのかということはわからないけど、音はかなり静かである。もっとも前に運転していた車がS660なので比較すること自体が間違っているのだが。

 排気量が1000CCということで燃費もいい。SUVが欲しいと思っていたが買わなかった理由の一つが、大きくて重くて燃費が悪すぎるということがあった。いすずビークロスなどをかつては欲しいと思ったし、トヨタC−HRのデザインも気に入っている。しかし大きい。そういう意味で全長が4m以内に納まっていることや、排気量が小さいことで税金が安いというこのロッキーのメリットはとても大きいのである。

 兄弟車のトヨタ・ライズの方は12月初めに32000台の受注があったらしい。オレはトヨタよりもダイハツの方が好きなのでロッキーの方を買ったが、おそらくこれから街で見かけるのは圧倒的にライズの方なのだろう。

 コンパクトSUVというジャンルは軽自動車のスズキ・ハスラーやクロスビーなどのモデルがあったが、それほど選択肢は多くなくて一種の空白地帯であった。もともとSUVを選択するという人たちは実用性よりもその圧倒的な存在感や威圧感を求めていたわけで、オレのように実用性を求める賢いユーザーは限定的である。そういうことを考えるとオレのような賢いユーザーの少ない日本でこのロッキーのようなクルマはあまり売れないような気もするのである。

 オレが選ぶ車はいつも人気がない。それはこれまで乗ってきた車が証明している。日産EXA、三菱FTOなどはっきり言ってカルトなクルマであった。S660も発売当初は売れたが、今はそれほど売れていない。実用性がほぼ皆無だからである。

 さて、オレという一種の疫病神に選ばれたという不幸をロッキーがどのように克服してくれるのか。今後の販売動向がとても気になるのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月06日(月) 第三次世界大戦の可能性        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 米軍が、イランのイスラム革命防衛隊のソレイマニ司令官(62)を殺害した。これは戦前にあてはめれば、真珠湾奇襲攻撃を計画していることを察知した米大統領が、特殊部隊を派遣して外国訪問中の山本五十六長官を殺害するような事件である。ビン・ラディン殺害時もそうだったが、米軍の特殊部隊の海外での隠密行動はピンポイントで狙った要人殺害を成功させている。このような国家によるテロ行為が果たして許されるのだろうか。

 特定のターゲットに絞って殺害するという能力があるなら、やっぱり世界平和のためには北朝鮮に特殊部隊を派遣して金正恩を殺害すべきじゃないかとオレは思うのだが、あの男はトランプにとって打出の小槌みたいなものであり、あいつが存在することで安倍晋三に莫大な防衛費を浪費させることができるわけで殺す意味がない。そういうわけで米軍による北朝鮮攻撃は今後もないだろう。

 イランが経済制裁を受けた状態でこのようなトランプ大統領からの挑発を受けているということは、もしかしたらこれを契機に第三次世界大戦が勃発するのじゃないかという危惧を抱いてしまう。実際に世界中でそうした不安が高まったせいか、検索キーワードに「第三次世界大戦」という言葉を入れた人が多数いたようである。

 もしも戦争が起きるとすれば、ロシアと中国も絡んでくるだろう。戦争の枠組みはロシア+中国+イラン+北朝鮮 VS アメリカ+日本 ということになるだろうか。露西亜と中国が参戦すれば当然のことながら日本にある米軍基地は標的となり、数発の核ミサイルがロシア、北朝鮮、中国から飛来することで日本列島は廃墟になり、日本は滅亡するだろう。戦争が起きてしまえばもうそうした運命は逃れられない。人類とはかくも愚かなものであったのだと嘆きながら滅亡を受け入れるしかないのである。

 もちろんそんなバカげたことをやめさせるような英知が今は必要だ。しかし今の世界にそんなことができる人材がいるのか。プーチンや習近平がイランとアメリカの間を取り持つということになれば開戦は回避できるかもしれないが、あの二人はそんなことは全く考えてないだろう。そんな外交は安倍晋三のような馬鹿にはもっと無理である。

 市民を無差別に殺傷する兵器は本来国際法違反であった。それがOKになった理由は、第二次大戦の時に広島長崎の原爆投下が不問に処せられたからである。オレは今でも第二次大戦の二大戦争犯罪はナチスのユダヤ人虐殺と原爆投下だと思っている。原爆投下を命令したトルーマンは死刑にすべきだった。ところが何の罰もなかったわけで、結局そうした兵器は各国が開発するようになったのだ。あのときトルーマンを死刑にできれば、真に公正な東京裁判が行われただろうとオレは思うのである。戦争に勝った方は何をしてもいい、負ければ裁かれるという原則が打ち立てられたのである。

 やぶれかぶれになったイランが暴発する可能性は十分にある。彼らにとってアメリカとの戦いは聖戦である。このままでは世界はそれを止められないし。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月05日(日) 教師という生き方について        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 高校教師のオレは高校3年生の担任を持っていれば年末年始はかなり大変なんだが、そうでもない場合は一週間はちゃんと冬休みが取れる。それが教師という職業のいいところである。そういうわけで年末からお正月は家の掃除をしたり、のんびりとテレビを観たり、母を連れて親戚の家に出かけたりするのだが、なんということもない非生産的な時間である。このような「特にこれといった予定のない余暇」というものを長く自分は持たなかったなあと思うのである。

 仕事をしていると常に何かに追われている。期限までに仕上げないといけないいくつかの作業を抱え、そして突発的に発生するさまざまな業務をこなしていかないといけないのである。もちろん今もやらなければいけない仕事がないわけではない。3学期の授業の計画とか、実力試験のこととか、あれこれと休み中にしないといけない仕事はある。

 しかし、あと何年か経てば、そういうことも何も考えなくてもよくなるのだ。オレはもうそろそろ、定年後の過ごし方というものを考えなければならないのである。セカンドライフというものをどうするかということである。

 今の仕事をしていて一番幸福な時間とはいったい何かというと、それは卒業生というか、元の教え子と語り合っている時間である。22歳で大学を卒業してからずっと高校教師として教壇に立ってきたオレは、これまでにもう数えきれないくらい多くの生徒を教えてきたのである。その中には今でもずっと年賀状を交換している人もたくさんいるし、フェイスブックなどでいつでも近況を確かめることができる相手もたくさんいる。

今のオレが現在に至るまでには多くの出会いがあり、その中には多くの恩師との関わりがあったことを無視できない。人生とは多くの偶然の積み重ねによって構成されているのであり、そのうちの一つでも欠けていれば今の自分はない。その中には多くの恩師との出会いも含まれる。

 「君は教師になるのなら国語を教えなさい」と言ってくれた恩師がいる。まだオレが京都大学文学部に入学して間もないころで、専攻も決めてなかったし、そもそも何の職業になるかさえも考えていなかった頃である。高校時代の少し変わり者だったオレを苦々しく感じていただろうある年配の国語教師は逆に「おまえは教師には向かない」とまで言ったのである。

 オレは自分の教え子の適性をきちんと見ぬけていけるだろうか。その可能性や将来性までを見通せる目を持っているだろうか。「キミは〇〇になればいい」とまで自信を持って言い切れるだろうか。

 公立高校の教員だった30年前に教えた女生徒で、英語も国語も苦手で短大の推薦入試を不合格になって帰ってきた生徒がいた。ある短大の栄養学科が化学一科目で受験できるということを知り、当時進学主任だった私は化学の教員に頼み込んで彼女を特訓してもらい、その結果無事に合格した。それから10年以上たって偶然書店で再会した彼女はいきなり「わたし、先生のおかげで今の仕事してるんですよ!」といきなり話してくれたのである。彼女は短大で取った栄養士の資格を活かして、クッキングスクールの講師になっていた。

 自分は多くの人のおかげでここまでやってこれた。ところが逆に自分は誰かのために何かできているのだろうか。これまでの教師人生の中でいったい自分は何ができたのだろうか。そんなことを自問自答するのである。

 オレが教壇に立つのもあと数年である。これから先関わることができる生徒もそれほど多くない。残った時間でいったいどんなことができるのだろうか。「先生のおかげで・・・」と言ってくれる教え子が、これからまだ現れるだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月03日(金) 帰省という文化        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 年末年始になると帰省客のために新幹線や高速道路が混雑する。少なくとも「帰省」するという文化が存在するということは、帰るべき故郷があり、そこに両親や一族が存在するということなのだが、このような文化はいつまで継続するのだろうか。

 オレはもう帰るべき田舎を持たない。父の実家はクルマで30分くらいのところにあるが、その当主である従兄弟に別に会いに行く予定もないし、母の実家のあった鹿児島県の坊津なんてもう家もなくなって荒れ果てている。中学生の頃は夏休みに帰省して海で遊んだりして過ごしたものだが、最後に坊津に行ったのは高校生の頃だろうか。

 むしろ我が家が家を出た息子たちが帰ってくる場所となっている。1月1日から4日まで、今働いている埼玉から帰ってきた次男が滞在していたのである。

 民族大移動とでも言うべき大渋滞が東名や名神で発生し、新幹線の自由席の乗車率が150%くらいになるというのは利用者にとってはかなりの苦しみをもたらすわけだが、上手に混雑を避けて移動すればいいわけで、昔よりもそうした混雑はかなり緩和されてるのかも知れない。それよりもオレが関心を持つのは「帰る」というその行動の意味なのである。人はなぜ田舎に帰る必要があるのだろうか。帰りたいと思うのだろうか。

 今、田舎には働く場所がない。若者がほとんどいなくなって、大きな家に老人だげが住んでいるというのが普通で、それは田舎には若者の働けるような場所がないからなんだが、その老人も死んでしまうとあとは空き家になる。そうなると廃墟になるだけである。

 田舎に帰るべき場所が存在するということは、昔はセフティネットの一つだった。失業したり、離婚したりして生活が困窮した場合は田舎に帰ればよかったのである。公的扶助に頼らない血族間の相互扶助のような仕組みが存在したし、田舎には小さな子の面倒をみてくれる親がいたわけで、出戻り娘を受け入れてくれる環境が存在した。今、離婚して養育費をもらえずに苦しむ親が多数存在し、それを生活保護などの仕組みでカバーすることが昔に比べてよいことなのかどうかオレにはわからない。

 我々の生活が失ってしまったものを、公的な制度が完全にカバーすることは無理だ。しかし生活はどんどん変化していく。帰るべき田舎の家はどんどんなくなっていくし、血族間のつながりも薄れていく。昔は葬式といえばかなり遠い親戚まで集まったものだが、今は家族葬が主流となってしまった。そうしてどんどんつながりは失われ、自分の親族にどういう人がいるのかわからなくなっていく。そうした親族間のつながりを拒否したり面倒だと感じている人も多い。

 我々がいつのまにか失ってしまったものは、後から手に入れようとしてももはや不可能なことが多い。この年末年始の民族大移動という習慣ももしかしたら50年後にはなくなってるのかも知れないし、あるいは日本人の構成が劇的に変わってそのルーツが海外居住者になってしまった時、新たな帰省文化が生まれるのかも知れない。

 孫たちが次々と実家に帰ってきて、おじいちゃんおばあちゃんがニコニコしてお年玉を渡すという幸福な状況はいつまで見られるのだろうか。お正月を田舎で過ごすという日本の習慣はいつまで存続するのだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。

2020年01月01日(水) 令和の始まりと日本の終わり        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 新年号の「令和」がスタートした。このニュースがちっとも明るくないのは、日本の未来が少しも明るくないからである。少子高齢化という国家の未来の問題に対して、自民党政権は何も手を打たなかった。民主党が政権を取った時に「子供手当て」という光明が見えたのだが、すぐに自民党の老人パワーによってぶっつぶされた。自民党支持層の老人たちは未来のことなど何も考えていない。せいぜい自分たちの残りの寿命分のことしか考えてないのである。10年後のことは考えても、50年後のことは考えてない。50年先にはおそらく日本は中国の一地域となっているだろう。未来の世界は確実に中国に飲み込まれてしまうとオレは思っている。民主主義なんて、軍事力を背景に好き勝手する独裁者の前には何の力もないからだ。

 習近平はウイグル自治区で100万人を超えるイスラム教徒を収容所に入れて思想教育を施している。彼らの信教の自由を奪うためである。ヒトラーがユダヤ人を絶滅収容所に入れて大量虐殺したことと同様のことを現代に行ってる国家が存在するのに、国連はそのことを誰も問題にしない。習近平はそうした事実を認めながらも「内政問題」と片付けてしまうのである。

 そんな人間を日本は国際犯罪者ではなくて「国賓」として招くのである。オレは絶対にそれが許せないのだ。どうしてカネや権力があれば自由に犯罪が可能になるのか。正義はいったいどこにあるのか。ゼニや権力のある人間は法律なんていくらでも無視できて、その一方で貧しい人間は軽微な犯罪でも長期間拘留される。人質司法と有罪推定の仕組みのせいで被疑者の人権は全く守られない。カルロスゴーンのような大富豪ははした金の保釈金で逃亡できるが、貧しい人間には保釈金が100万円でもとても払えないのである。

 平成という時代に日本の中産階級は壊滅した。終身雇用に守られたサラリーマンとその妻、そして2〜3人の子供と持ち家という昭和モデルが、平成にはもはや激減して絶滅種となってしまったのである。バブル崩壊以後の世の中の流れというのは、それまで個人の手元にあったゼニがどんどん企業に還流し、また政治家や一部の特権階級に囲い込まれることとなったのである。貧富の差が拡大して無産階級の若者世代がいつのまにか社会のボリュームゾーンとなってしまったのだ。しかも彼らは選挙の時に投票もしないのである。将来の希望もなく、政治への期待もなく、ただ日々を惰性で過ごし、携帯ゲームに課金し、結婚もしないしクルマも買わない。40代後半になっても年収200万円代で、もちろん家を買うなんて無理だ。

 日本人の無産階級の若者が増える一方で、急速に増えてきたのが日本に居住する外国人である。いつのまにか在留中国人の人口は韓国人を超えた。ベトナム人もかなり増加している。彼らが帰化して選挙権を得たときにいったい誰を支持するのだろうか。今のようにたった14%の票で政権が取れる選挙制度の中では少数の組織票が劇的な効果をもたらすだろう。

 限界集落となった地方自治体に大量に入植してそこを乗っ取るという動きはまだ確認できていないが、いずれ起きると思っている。カナダで中国政府の工作員が捕まったり自殺(に見せかけた他殺?)したりしているが、日本に大量の工作員を送り込んでくることがこれから絶対にないとは言えないだろうし、すでに沖縄には大量の工作員が潜入していて辺野古の埋め立て反対のデモを扇動しているような気がする。

 令和は何の希望ももたらさない暗い時代となるのだろうか。2020年の東京五輪は果たして地震や台風という災害を逃れることができるのだろうか。いつでも直下型地震が起きてもおかしくない東京で開催されるオリンピックを危惧しているのはオレだけではないと思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン