江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2016年08月28日(日) 「都議会のドン」っていったい何だ?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 

 「どん」と言えばいつも空いているあの流行ってないファミレスを想像するが、「都議会のドン」といえばそれは内田茂都議のことである。なんでも8月24日、内田氏は政治資金パーティーを開いて2000人も集めたらしい。このパーティーの参加費から彼はどれだけゼニを集めたのだろうか。一人1万円儲かるのなら単純に2000万円ということになるのだが、そういう資金集めもオレのような庶民から観ればふざけるなと言いたくなるのである。

 この会議には現職閣僚や与党幹部、都庁幹部など約2000人が集結したという。報道陣をシャットアウトした事実上の「秘密集会」で、取材を試みようとした記者たちは主催者側から罵声を浴びせられたそうである。この密室でどんな密談が行われてるのか。どうせ悪巧みしかしてないだろうとオレは勝手に想像するのである。税金をどのように自分のフトコロに入れるかしか考えてない寄生虫みたいな連中が群れているのだから。

 このパーティには、菅義偉官房長官や石原伸晃経済再生相、丸川珠代五輪相、自民党の二階俊博幹事長、細田博之総務会長らが次々に上がって内田氏に賛辞を贈ったらしい。この内田茂というオッサンが持ってる力とはいったい何なのだろうか。オレはここに日本型腐敗政治の典型的なモデルを感じるのである。「力がある」ということは何もすばらしいアイデアがあるとか頭がいいとかいう意味では全然ない。その力というのはいわゆる「権力」という世間のモノサシでは計れない無形の行使力である。そして逆らう者や改革勢力を理不尽にたたきつぶす力のことである。正義を行使することを阻止する闇の勢力である。

 築地市場の豊洲移転でいったい誰が儲けたのか。豊洲新市場の設計は「卸売り市場」というものをよくわかってない素人が行った。そのためにさまざまな致命的な問題点が明らかとなっている。あの「ターレ」と呼ばれる場内専用車がヘアピンカーブを曲がれないとかそういう構造的な問題も明らかになっている。店の間口や幅が狭いので中でマグロがさばけないとか、床に海水が流せないのでボウフラやハエが繁殖し放題とか、あげていけばきりがないほどの欠陥市場が豊洲新市場なのである。そんなところに移転させて大混乱を起こさせようとしてるのだ。現場を知る人間たちが怒りの声を上げる一方で、内田都議の周辺の利権に群がった連中だけはこの移転を歓迎してるのである。

 権力は必ず腐敗する。絶対的な権力は100%腐敗する。だからこそ選挙というチェック機能が必要なのであり、大切な税金の使途は明らかにされなければならない。政治家が税金によって蓄財するということはあってはならないのである。今回の都知事選挙の結果はまぎれもなくそういう腐敗政治、利権政治に対して都民がつきつけた「NO」という意思表示であり、それを無視するということは都議会がちっとも都民の方を向いていないということである。自民党都連は都民ではなく、内田氏とのゼニを通じたつながりの方がはるかに大事なのである。みんなで都政を私物化してきたという点で運命共同体みたいなものであり、それを改革しようという勢力とはまさに不倶戴天なのである。

 これから都議会のドンと小池百合子都知事がどのようなバトルを繰り広げるのか、オレは部外者として、一人の野次馬として見守って行きたいのだが、ここで忘れてはならないことはこの東京での戦いというのは今後の日本の地方自治というものの流れを決めるということである。

 利権分配型の旧来のシステムが今後も生き残り、東京五輪も実質利権五輪となるのか、あるいはそうしたシステムが破壊されて劇的な変化が日本の政治の世界に起きるのか、それが実質問われているのである。

 日本の政治はゼニの使い方を大きく間違えた。意味のない土木工事に巨大な予算が使われ、その一方で教育は軽視されて貧富の差は拡大した。人材への投資、教育への投資がもっとも効果を生み出すのに、それを軽視したために大量の「やる気がなくて使えない若者」が生み出されたのである。

 東京都がこれからの4年間いったいどうなるのか。日本の政治を変えることができる勢力はもう半分死んでいる民進党や時代錯誤のサヨクの生き残りである共産党・社民党ではないことは明らかだ。自民党が多数を占めるのは、自民党がいいから支持されてるのではなくてあくまで「馬鹿しかいない民進党よりもマシ」というだけのことである。今の国民には選挙の時に「目くそにいれるか、鼻くそに入れるか」という選択肢しかない。オレももうそろそろ人生を引退する老年にさしかかってるわけだが、自分が生きているうちに明るい未来を観ることはとうていできないだろうといつも絶望的な気分になってしまうのである。日本は将来の滅びに向かってまっすぐに突き進んでいるだけである。いや、滅ぶのは日本だけではないのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館
 

2016年08月24日(水) ポケモンGO運転は危険運転である        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 運転中にポケモンGOをプレイしていて人をはねて死なせるという馬鹿が出現した。このような事故が起きると「ゲームが悪い」などという短絡的な主張をする人がいるが、もちろんゲームのせいではなくて任天堂のせいでもない。そういう事故を起こした馬鹿のせいである。そしてオレは前回の日記で「危険運転」のことを記事にしたが、この「ポケモンGO運転」こそまぎれもなく危険運転であり、今回の事故の容疑者には「危険運転致死傷罪」を適用すべきだと思うのだ。飲酒や麻薬と同じく「ゲームの世界に入り込んで正常な運転ができない状態」であったことは明白なのだから。事件の記事を引用しよう。


「ポケモンGO」で初の死亡事故 「前をよく見ていなかった」
フジテレビ系(FNN) 8月25日(木)6時23分配信
徳島市で、「ポケモンGO」をしながら車を運転し、歩行者2人をはね、1人を死亡させたとして、男が逮捕された。ポケモンGOが原因の死亡事故は、全国で初めてとなる。
過失運転致死の疑いで逮捕されたのは、徳島市の自称農業・五王敬治容疑者(39)。
五王容疑者は、23日午後7時半ごろ、徳島市方上町(かたのかみちょう)の県道で、ポケモンGOをしながら車を運転し、道路を歩いて渡っていた女性2人をはねた疑いが持たれている。
この事故で、美容師の中西幸子さん(72)が死亡し、パートの井川 佳代子さん(60)が腰の骨を折る重傷となっている。
五王容疑者は調べに対し、「ポケモンGOをしていて、前をよく見ていなかった」と供述している。
ポケモンGOが原因で死亡事故が起きたのは、全国で初めてとなる。.
最終更新:8月25日(木)6時23分


 一罰百戒である。この事故に「危険運転致死傷罪」を適用することと同時に、運転中のポケモンGOプレイを厳しく取り締まってもらえば。それだけで大きな事故抑止効果が生まれるはずだ。また警察にとっても都合がいいだろう。運転中のポケモンGOに対して高額の罰金を科すことができれば検挙ノルマも達成できるわけだ。交通安全の意識が高まると同時に警察も売り上げUPということで大きなメリットがあるのである。現在の「真面目なドライバーを陥穽に落とす」ような取り締まりではドライバーの不満がつのるばかりだが、ポケモン運転という明確な危険行為を取り締まることに文句を言うヤツはただの馬鹿である。

 高速道路を移動中のポケモン運転ではドライバー自身が危険にさらされる。そのクルマが自動運転機能を備えた日産セレナなら大丈夫かも知れないが、まだ発売されたばかりである。セレナは注文の7割がこの自動運転付きだそうで、きっとその中には「ポケモンGOしながら運転したい」という馬鹿も混じってることだろう。「ポケモンGO」しながら「あの世へGO」になってしまうアホもきっといそうな気がする。

 オレが勤務する学校の生徒たちも夏休みはきっとかなりの割合で「ポケモンGO」をプレイしてるのだろう。まあ遊ぶのは自由だが、きちっと宿題を先に片付けているのか疑わしいものである。夏休み中にたくさんのポケモンをGETしたが、試験が始まるとたくさんの欠点(単位取得の基準点以下の得点)をGETするなんてことになるともう目もあてられない惨状なのである。受験生たちにはぜひとも、ポケモンではなく知識をしっかりとGETしてもらいたいと思うのだ。それが教師であるオレのささやかな願いである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館

2016年08月22日(月) 飲酒運転で人を死なせれば必ず死刑にしてくれ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 弁護士や裁判官というのはどうして常識がないのだろうか。せっかく「危険運転致死傷罪」なんてものを作っておきながら、それを活用して人殺しどもに厳罰を科すかというとそうではなく「確かに飲酒していたが危険運転を故意にしていたわけではない」「事故を起こす直前までは信号を守って正常に運転できていた」などとわけのわからない理屈を振りかざして罰を軽くしたり、あるいはこの法律の適用を回避してきたのである。交通事故の時に「飲酒」「麻薬」「意識不明になるような病気」などがあれば問答無用でこの法律を適用すればよかったのに、なんと2015年度に於いては飲酒運転の死亡事故の2割にしか適用されてないのだという。アホか!とオレは声を大にして叫びたいのである。どうして司法関係者はそろいもそろって馬鹿ばかりなのか。

 クルマを運転するというのは命がけの行為だ。中央分離帯のない道路でもしも対向車がこちらに突っ込んでくればいつでも死ぬ可能性がある。そうした世界で絶対に事故をおこさないようにオレは常に慎重に運転してるのである。ついこないだも文の里のマクドの前の交差点で、右折矢印信号がついてるうちに右折しようと加速していった時に目の前を横切る信号無視の若者の自転車にあわててタイヤを鳴らして急停止した。クラクションを鳴らす余裕もなくオレは必死で止まった。その馬鹿はそのまま軽快に昭和町方向に走り去っていったのだが、もしもオレ以外の普通の運転技量のドライバーが先を急いでいたら絶対にはねていただろうと思うのである。オレが目撃者なら絶対にその哀れなドライバーのために正義の証言をするだろう。

 オレのような高度な運転技術を持ち合わせたドライバーが、絶対に事故を起こさないようにと慎重に運転していても他の連中がルールを守らなければ事故は起きる。ましてや普通の下手くそなドライバーたちがろくに周囲へ注意も払わずに飲酒運転したり危険ドラッグを使っていたり、ドリフトをして遊んでみたり、スマホでゲームしながら運転していたりすれば、どれだけ事故の確率が上がるだろうか。

 信号で停まるたびにオレは必ず後ろを慎重に確認する。馬鹿が高速で突っ込んで来ないかどうかが気になるからだ。もしも追突されそうになったら身構えて少しでも衝撃を軽くしないといけない。クルマを運転していれば一瞬たりとも気が休まることはないのである。自動運転の実用化をオレが望むのは、他のドライバーの乱暴な運転で殺されたくないからだ。

 最近、駐車場付きの居酒屋風レストランが増えた。オレの家の近くにも「U輝水産」とかいう名前でそういう店がある。そこに集団でやってくる客たちは絶対に飲酒運転していないだろうか。

 毎日新聞の記事の中で首都大学東京の星周一郎教授(刑法)は「危険運転致死傷罪は立証が難しく、結果的に捜査機関が消極的になり、国民の常識では『危険運転』とすべきものを拾い切れてない。新たな中間類型を作ったりする法改正も検討すべきだ」と話している。救いようのないアホである。この星教授という馬鹿は、危険運転と通常運転の間に「危険かも知れない運転」という類型を作ろうとしてるのである。こういうアホのせいで、多くの危険運転の罪が驚くほど軽微なものにすり替えられてきたのである。

 危険運転ほどわかりやすいものはない。事故を起こした人が「アルコールが検知された」「尿に覚醒剤反応があった」「てんかんなどの病気で意識を失っていた」などに該当するかどうか、ただそれだけが判断基準であり、それだけで判断すればいいのである。警察官が精度の悪いレーダー探知機ではかった実にいい加減な速度記録で「はいあなたは31キロオーバーです!」とかいうふうに取り締まってるのと同じように、事故を起こした人からアルコールが検知されたら即座に「はいあなたは危険運転です!」と判定すれば済むだけのことである。絶対に飲酒運転などしないオレにとっては、危険運転の基準が多少厳しくなっても全く問題ないのである。

 高速道路で150キロで暴走していたヤツが「でもオレのクルマはフェラーリだから大丈夫です」という言い訳は通用しないだろう。裁判の時に危険致死傷罪を適用しないのは、そのクズ野郎が「酒は飲んでいたが運転に支障はでていなかった」という主張を全面的に認めているのと同じなんだ。支障があったからこそ事故があったんだろう。正常な精神状態で起こした事故であっても罰を受けたりするんだ。オレの様な善良なドライバーであっても、クルマの前に飛び出してきたクソガキや信号無視の自転車のオバハンには負けるんだ。飲酒運転してるクズ野郎のくせに罪を軽くしてもらおうだなんてふざけるなよと言いたい。さらに運転時のてんかんの発作で人を死なせておいて「病気のせいだから無罪です」と主張するヤツも頭に来る。たとえ病気のせいであっても、人が死んだ以上法の裁きを受けるのが平等ということじゃないのか。

  危険運転致死適用2割…立証難しく


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館

2016年08月21日(日) 日本のメダルが増えたのはなぜか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 リオ五輪が終わった。今回のオリンピックで日本は41個という史上最高のメダル数を獲得したわけだが、それにはちゃんと理由があった。それは今回のオリンピックではドーピングと八百長が取り締まられたからである。これまでのオリンピックではそういう不正が排除できなかったから、特定の国がメダルを稼げたのだ。

 バドミントンの会場では怪しい風が吹かなかった。2014年、韓国の仁川で行われたアジア大会で会場内の空調が操作されていたことは多くの国の怒りと失笑を買ったが、韓国がそうした不正を行わないとメダルを稼げない国だったことは今回のオリンピックを見ればよくわかる。採点競技では審判を買収していたりして、ひどいミスジャッジというか意図的な歪められた判定に多くの国の選手が泣いていたわけだが、今回はビデオ判定の導入で不正がやりにくくなったのである。レスリングや柔道で日本が多くのメダルを獲得できたのは、判定が公正になったおかげである。

 ロシアを国として出場禁止にするかどうかでもめたドーピング問題も同様だ。ロシア以上のドーピング大国であると想像される中国は、大切な武器を封印された結果大幅にメダルを減らしてしまった。

 ただ、オレがもっとも感動したメダルは、400mリレーの銀メダルだ。ジャマイカの金は仕方ないとして、その王者ジャマイカのボルトに最後まで肉薄したケンブリッジ・飛鳥の激走をオレはしっかりと目に焼き付けた。これは今大会でもっとも価値あるメダルかも知れないとオレは思ったのである。もしもウサイン・ボルトという並外れた選手がこの世に存在しなかったら、金メダルは日本のものだったのだから。金と銀の差は、最終走者のケンブリッジ・飛鳥とボルトの差でしかなかったのだ。

レベルの高い選手が競い合うことでオリンピックは感動をもたらす。そして感動をもたらすにはやはりそこに必要なのは競技が公正、公平に行われることなのだ。日本人にとっての当たり前の感覚は、一部のDQN国家の中では当たり前ではない。買収や八百長、ドーピングなど卑怯な方法を用いてとにか勝とうと画策するのである。リオ五輪の最大の成果というのは「公正な競技が行われた」ということではないのか。

 フィギュアスケートでキム・ヨナが転んでも最高点だったことを思えばその採点に不正があったことはあきらかだ。買収された審判によってどんなにいい演技をしても超えられない様な点数を出されてしまう中で、自分の演技を完璧にこなした浅田真央はさすがである。もしもフィギュアスケートの世界に不正がなかったら、日本は金メダルをかなり増やすことができただろう。内村航平の金メダルに対して、「審判は内村選手が好きなんですね。」と言った馬鹿に対して、「判定は公正だ」と激しく反論したベルニャエフ選手の心意気にもオレは強く感動した。とにかく今回の五輪が、公正・公平ということが強く意識された五輪であり、これまでのおかしなところがかなり是正されたものであったというのは確かだろう。

 50キロ競歩でカナダの選手にひじうちされた荒井広宙選手が、いったんは失格とされたものの、後で復活して銅メダルになったこととか、これまで泣き寝入りしていた判定のトラブルに対して敢然と抗議し、主張するべき所をきちっと主張するということが身を結んでいる。

 日本人には「判定ミスで負けてもそれを潔く受け入れるのが武士道」という価値観があった。それは「本当は負けてるのに抗議して勝ちをもぎ取りたい」というどこかのDQN国家の価値観とは対極をなすものである。そして日本が勇気を振り絞って抗議すると、それは正当な抗議なのに、DQN国家の連中は自国のカスみたいなレベルにまで日本のことを貶めて考えるのである。おまえらのようなクズと一緒にするな!と言いたいのである。

 4年後の東京五輪でさらにメダルは増えるのだろうか。ドーピング国家や八百長国家がさらに壊滅的に滅びてくれれば、日本のメダルは確実に増えるだろう。オレはそれを願っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館

2016年08月17日(水) 食べログは果たして役に立つのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 初めての店に行くとき、その店の情報をスマホで検索するのはもはや常識となってしまった。そういうわけでオレもスマホで必ず調べることにしているのだが、そこで得られる情報が必ずしも正しいとは限らないというのも事実である。

 オレは夏休みに東京に出張していた。そのときにある古い洋食屋に立ち寄ってオムライスを食べた。はっきり言っておいしくなかったし、その店が流行ってない理由もすぐにわかった。ものすごく店が汚いのである。こんなに汚かったら当然・・・というか、床を何匹かの巨大なゴキブリが動き回り、オレはオムライスを食べつつ、そのゴキブリが自分の方に来ないかどうかが気になって食事どころではなかった。

 その店は食べログでは☆3.29という評価をもらっていた。そして確かに「おいしくない」という評価をつけてる人もいたが、おおむね好意的な評価に満ちていたのでオレはある程度それを信用して店に入ったのである。数少ない低評価のレビュワーこそ、真実を語っていたのだとわかったのだが、それは食べ終わってから気づいたことであるし、そしてもちろんのことだが、ゴキブリについて触れたレビュワーはいなかった。

 その店がゴキブリの巣窟であるという事実をもしも食べログに掲載されたら、店にとっては大打撃であろうし、それを読めば普通の人は絶対にいかないだろう。それでも果敢にチャレンジするのは、そもそも食べログなんか見ていない高齢者の常連のみということになる。果たして食べログを見てから来る客が客の中の何%なのかはわからないのだが、有害情報の与えるインパクトは絶大だ。場合によっては店は廃業に追い込まれるだろう。

 以前に食べログに悪く書かれたから店の評判が落ちたという訴訟が提起されていた、その時に訴えられるのはその記事を書いた人ではなくて記事を放置した情報サイトの側である。もしもその情報が事実であった場合、それを書かれたからと腹を立てる方がおかしいとオレはかつては思っていた。しかし、食べ物屋をどのように受け取るかというのはあくまで客の側の主観なのである。

 オレはゴキブリは絶対にいやだが、世の中にはゴキブリが数匹居てもOKという方は多いだろうし、虫を食べるのが好きな人もいてたとえお好み焼きに混入していても怒らない人もいるだろう。オレはこれまでの人生で二度、熱いそばのだしにハエが混入していた経験があり、二度とも作り直してもらったがはっきり言ってもうその店で食べたくはなかった。

 オレはキャベツ焼きが本当に好きで、週に二回はあべのキューズモールにある140円のキャベツ焼きを買って食べている。ただ、キャベツ焼きを再び食べる様になるまでにはには長いブランクが存在した。玉造には20年くらい前によく利用していた屋台のキャベツ焼き屋さんがあった、そこである時オレは並んでるときに小さなゴキブリが焼く前の生地の中に落下するのを目撃した。それまでしょっちゅうそこでキャベツ焼きを買っていたのに、オレは二度とそこで買わなかった。それどころではない。オレはそれからしばらくキャベツ焼きやお好み焼きというコナモンが喰えなくなってしまったのだ。それほどオレにとってゴキブリというのは不倶戴天の仲なのである。それがそこに存在するというだけで絶対に許せないのだ。

 まだオレが大学生の頃に入った天王寺のあるラーメン屋はカウンターが大変不潔で、ほこりやゴミが隅っこに貯まっていて、オレの目の前のところにはゴキブリの巣があった。見ているだけで気分が悪くなったオレは、ラーメンを大量に残して店を立ち去る前にそのゴキブリ退治をしておこうと思い立って爪楊枝でそのゴキブリどもを攻撃し、7,8匹を串刺しにして殺害してそのまま前に放置しておいた。こうやってゴキブリを目立つ様に置いておけばどんな鈍感な店主でも店の不潔さに気づくだろう。そしてオレは友人たちにその店の不潔さについて力説した。もしも当時ブログや2ちゃんねるというものがあれば、店はきっと廃業に追い込まれただろうし、カウンターにあるゴキブリの巣を放置しているラーメン屋はそれだけで十分店がつぶれるだけの罪を背負っている。しかし店はつぶれることなくそれからも長く営業し続けていた。

 やはり訴訟の影響なのか、最近の食べログではネガティブな情報は巧妙に隠蔽されるか、あるいは取捨選択されているようだ。そこでオレはレビュワーたちに頼みたいのである。できるだけ真実を伝えてもらいたい、しかもそれは「ほめているようで実はけなしている」という巧妙な書き方で、削除されない様にうまく書いて欲しいのだ。

 もちろんそのような高度な文章力があるのはごく一握りの書き手に限られるだろう。その書き手が同時に味に対するすばらしいセンスを持ってるかというと否である。天はなかなか二物を与えないのである。

 ただやはりオレは思うのだ。食べログが伝えられる情報はその書き手の単なる主観であり、自分とその書き手のセンスが完全に一致するかどうかがわからない以上、やはり自分が食べて確かめるしかないのだと。京都にはオレが愛する「ビイヤント」というカレー屋がある。その店は食べログでは☆3.5という評価である。これは不当に低すぎるとオレは常々思っている。どうして☆4.3位の評価にならないのだろうかと思うのだ。また「とようけ茶屋」という北野天満宮の前にあるおいしい湯豆腐が安価に食べられる店もなぜか☆3.5なのである。

 ゴキブリが闊歩している店が☆3.29であり、おいしくて超人気の店が☆3.5である。それだけでもこの食べログというものの評価がいかに無意味なものであるかがわかるだろう。美味しい店かどうかは信頼できる口の肥えた人から直接教えてもらうのが一番である。もっとも本音を言うとあまり教えたくないという気持ちである。情報が拡散して混雑されると困るからである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館

2016年08月13日(土) イレズミ専用プールを作ればどうか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 日本のプールや温泉浴場はイレズミ禁止のところが普通なんだが、オリンピックの水泳競技は全然OKである。ああいうのを見ると、すぐにイレズミ愛好家のDQNたちが「日本は遅れてる」とかいいそうだが、少なくとも日本に於いてはイレズミというのはかつては佐渡に送られる罪人に入れられたりしたものであり、戦後はヤクザ者とかが「痛みに耐えられる我慢強さ」を誇示するために入れたのであり、少なくとも海外のようなファッション性とは無縁であった。そういう文化的背景がある以上、日本の温泉浴場やプールが「イレズミお断り」と明記するのは当然のことである。

 イレズミを入れてる人たちの反社会性を奇しくも強くアピールすることになったのは、覚醒剤の常習者で逮捕された清原和博や、相模原市の施設で大量殺人を行った植松聖である。少なくとも彼らにとって、イレズミを入れるということは「反社会的存在」としてデビューしたのを周囲に示す行為だったのである。

 東京都のプール施設、「東京サマーランド」はもちろんイレズミ禁止である。しかし、ここは他の施設よりも少しだけその告知が遅れてしまった。その結果どういうことが起きたのかというと、「イレズミOKのプール」と勘違いされて遠方からもたくさんイレズミの方々が集まってしまい、逆に普通の人が行きにくい雰囲気になってしまったのである。サマーランド側ではもちろんイレズミの人たちの入場をお断りしていたのだが、そこで「はいそうですか」とあきらめてくれないややこしい人がイレズミの方々には多いのである。それでサマーランド側は8月9日にこのようなブログ記事を出した。(現在その記事は削除されてしまっている)。ややこしい連中の攻撃を受けて炎上してしまったからである。以下にその削除された記事を引用しておこう。

東京サマーランド「刺青やタトゥーがある方は入園禁止」「イレズミを身体に入れる自由があるようにお断りする自由もある」
待ちに待った夏休み、無駄なく楽しみたいですよね、駆け足で通り過ぎていく夏の大切な時間を無駄に使ってしまう人たち、今回はサマーランドに来るイレズミやタトゥーを入れている方に向けてお話させていただきます。東京サマーランドでは平成20年よりイレズミやタトゥーのある方の入園をお断りしています。もう8年続けています。他の施設より2年程遅れて実施しました。その影響でイレズミの方が集中し、園内はまるで品評会状態に....ケンカ等のトラブルも増え、多くのお客様に敬遠されるようになったのでこれでは困るということで経営判断としてイレズミ規制を実施することになりました。
何でイレズミやタトゥーがあると入れないんだという方へ
イレズミを身体に入れる自由があるようにイレズミの方の入園をお断りする自由もあるのです。パーティー会場やゴルフ場なんかでもドレスコードがあると思いますがそれと似たようなもので当園が決めた当園のルールです。
どんなに優しくて立派な方や外国人、イレズミのデザインやサイズにかかわらず現在はイレズミのある方全てお断りしています。シールやペイントも剥がすか落とさないと入園できません。
AさんはのはOKだけどBさんのはNGという分け方では誰も納得できませんよね、それこそ差別になってしまいます。そこは機械的に対応しています。
ラッシュガード、サポーター、テーピング等で隠してもダメです。
入園前に中を確認させていただく場合があります。不愉快だとは思いますが協力願います。
時間とお金の無駄について
イレズミ等のある方はサマーランドを利用することはできないので来ても時間やお金の無駄になるという話です。
当社では「感動と心地よい時間の創造」を企業理念として掲げています。
人それぞれの時間はすごく価値あるものと考えていてイレズミの方の時間もできる限り無駄にしないようにしようと考えています。
なので他のどの施設よりも告知が多く規制も厳しくしています。「行っても無駄になるから」と思ってくれたら幸いです。
どうにか入園しても園内で確認すれば即退園という対応をとらせていただきます。
その際は入園料などの返金には一切応じません。お金の無駄にもなります。
特に前売り券については入園前、入園後にかかわらず返金いたしません。コンビニ等の販売店でも返金はしてくれません。
案内はしているので見てないとか聞いてないというのは言い訳にはなりません。
こういうやり取りで現地で大暴れする人がよくいますけどこういうのがイレズミのイメージを悪化させています。
イレズミ対応で最もつらい事
イレズミのあるお父さんやお母さんと一緒に来たちびっ子は本当に気の毒です。
楽しみにしていたプールで遊べず帰る姿を見るのはこっちも本当につらいです。お子様のためにもイレズミの方はサマーランドの利用をあきらめてください。
私をはじめ至らない点は多々ありまが、お客様の時間を大切に扱い心地よいものにしたいという事を基本にしています。
ご理解いただければと思います。(引用終わり)


 どうやら、大暴れする馬鹿もいるらしい。イレズミを入れるということは、その結果生じる社会的不利益を全て受け入れるという覚悟あっての行為であるとオレは思っている。そういうことも考えずに軽い気持ちで入れてしまった馬鹿が、入場を断られて暴言を吐いたり暴れたりするなどというのは言語道断である。オレはこのブログ記事を書いた東京サマーランド側を全面的に支持したい。ちゃんと書いてあるものを「見てない」などと言う馬鹿は社会にとって迷惑である。きっとそういう馬鹿は信号無視をして事故を起こしても「信号は見てなかった」と堂々とほざくのだろう。

 そしてオレの提案が一つある。それは、イレズミOKのプールや温泉施設の設置である。日本中で禁止されてるのだから、東京や大阪と言った大都市に一つくらいそういう施設があってもいいじゃないか。堂々と告知して「他で断られた方はウチに来てください!」とアピールするのだ。もちろんイレズミを入れてない人もOKである。するとどういうことが起きるだろうか。おそらく日本中の「タトゥー自慢」の人たちが集まってくるだろう。外国人にも大人気の施設になるだろうし、今度はそれを見たいがためにイレズミを入れてない人もやってくるだろう。

 暴力団の幹部の方々もそこに行けば他の組の幹部と知り合えるわけで、別の意味の社交場として機能するだろう。もしかしたら薬物の売買などの情報交換に使われるかも知れない。しかし、それこそオレの狙いなのである。

 公共の場所が禁煙ばかりになった結果、逆に「たばこが吸える店」というのは人気施設になっている。京阪出町柳駅前のロッテリアは喫煙者天国となっていて、うっかりタバコを吸わない人が行くと空気が悪くて死にそうになる。 とにかく、イレズミ禁止が普通ならばあえてその逆をやることでビジネスチャンスが生まれるのだ。


 また館内に多くの監視カメラを設置し、入場時に身分証などを確認することでこの施設では「イレズミデータベース」を作成することが可能になる。また、盗聴器などを脱衣所の至る所に仕掛けておけば、薬物の取引情報も警察は把握できるのである。あえてそこにイレズミの人を集めることで、さまざまな情報を警察は入手できるようになるのだ。多くの人が利用すればするほどさまざまな形でそのデータベースを活用できるだろう。犯罪捜査に大いに役立つということなのである。

 温泉施設は増えすぎた。過当競争でどんどんつぶれている。大阪市が作ったけど経営不振で廃業に追い込まれた「ラスパ大阪」などという哀れな施設もある。こういう施設をそれこそ「イレズミOK温泉」としてリニューアルオープンすればいいのである。そういうアイデアはお役所の人間とかまともな企業人には出せない。考えつくのはオレのようなふざけたオッサンくらいである。もしかしたら施設内で犯罪が起きるかも知れない。しかしそこに来ているのは一般人ではないのだ。治安が悪いことを承知でそこに遊びに来ている人たちなのである。だったら何が起ころうといいじゃないか。利用者同士がケンカしても施設側の責任ではないのである。施設内で薬物の取引があれば警察が検挙するだけのことである。暴力団関係者を一カ所に集めることで、警察は捜査がやりやすくなるわけでまことにいいプランだとオレは思うのだがいかがなものだろうか。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館


2016年08月11日(木) 大阪市バスが空気運搬車であることについて        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 オレは大阪市内で市バスとすれ違うときにいつも思う。「なんでこんなにガラガラなんだろう」と。特に昼間の市バスはガラガラだ。数少ない乗客も老人ばかりである。こんなに利用者の少ない状態なら絶対に赤字だろうと思うが事実かなりの赤字である。そこでオレは思うのだ。こんなに市バスがダメになったのはどうしてだろうかと。

 学生時代にお世話になっていた京都市バスはいつも混んでいた。座れることなどまずなかったし、もしも座れることがあったらそれは「僥倖」とも言うべきことだった。京都市民にとって市バスは重要な足であり、それは生活に欠かせぬものだったのだ。

 ところが大阪市はどうか。このような乗客がほとんどいないバスというものを眺めていて見えてくるのは、不採算路線の見直しも十分にせず、ダイヤの組み替えなどの大胆なことも行わず、どうしたら利用者が増えるのかという策も講じることなく、ダラダラと赤字を垂れ流してきた大阪市交通局の無策ぶりなのである。少なくとも「客が全然乗ってないバス」を運行させる必要はないだろう。「客が乗ってない」ということは「その便が必要ない」ということなのだ。

 大阪市バスには大和川を越えて松原市まで来ている長大路線もある。阿部野橋(天王寺)から三宅中までという路線だ。通勤時は30分に1本、昼間は1時間に1本である。もちろん乗客はきわめて少ない。30分に1本しかないのならもっと乗客の集中がおきてもよさそうなんだが、決してそういうことはなく客はいつも少ない。かろうじて朝の通勤時の時間帯にはそこそこ人が乗ってるという状態である。もっとも通勤客たちはは渋滞の影響を受けるバスに最後まで運命を委ねる気はないようで、ほとんどが地下鉄の乗換駅で降りていくことになる。

もちろん大幅な路線の組み替えやダイヤの変更はいままで利用していた人たちにとって不便なことだろう。京都市バスの系統番号がもともとあった市電の路線を継承していることを考えてもやはり利用者には「なじみのある路線」というものが便利なことこの上ないのだ。しかし、これほどまでに利用者が減ってしまってる今、そのわずかな利用者の利便性よりも、やはり公益性や採算というものが優先されるべきではないのか。一人しか乗客がいないのならばその一人にタクシーを利用してもらってその料金を公費で補助すればいいし、誰も乗客が居ないバスを走らせるのは全くのムダだ。

なぜこんなに利用者が少なくなってしまったのか。どうして京都市バスはあんなに本数も多く市民にしっかりと利用されてるのに、大阪市バスは本数も少なく利用者も少ないのか。大阪市民が引きこもりで京都市民が活発だということではないはずだ。

 大阪市民に市バスの便利さが伝わっていないのならばもっと工夫して伝えるべきではないのか。市バスにはこういう路線があるということをもっとアピールして乗ってもらうべきではないのか。

オレはバスが好きだ。真っ暗で景色の全然見えない地下鉄よりも、街の雰囲気を眺めながら移動できるバスの方が乗っていてはるかに楽しい。同じくらいの時間と料金なら迷わずにバスに乗る。ただ現実問題、市バスは渋滞に巻き込まれれば大幅に遅延するし、地下鉄と違って正確な時間が読めない。また決定的なことは、オレの頭の中に市バスの路線図が入ってないことなのだ。

 学生の頃に京都の達人を自負していたオレは、京都の市バスのいろんな路線を覚えていた。番号を見ればそれがどこから来てどこへ行くバスなのかたいていわかった。バス停で目的地へのバスが来るのを待って同方向へのバスを何台もやり過ごしたりした。大阪市バスで「自分がふだん利用する以外の路線」について知ってる人はどの程度いるだろうか。縦横無尽に市バスを使い倒している人がどれだけいるだろうか。そこに大阪市バスの致命的な問題が存在するとオレは思うのだ。

 かつて「赤バス」というものが存在した。市バスを定年退職した人たちの雇用対策といった形で近距離回遊中心の新路線が作られた。一区間100円のそのバスは外国から粗悪な車両を購入してスタートし、その車両の多くが故障の頻発で使い物にならなくなって結局サービスを停止した。確かに失敗に終わったが、コンセプト自体は悪くなかったと思っている。低料金で本数を増やして利用喚起するという所は全く正しく、ただ導入した車両が粗悪すぎだっただけだ。専用車をいすゞ自動車とかに生産してもらえばあんな失敗は起きなかっただろう。

大阪市バスは今のままではだめだ。「民営化」ということが叫ばれる背景には、今のままなら何も変わらないという事実がある。変えなくても給料はそのままもらえるし、空気を運んでいても組織がつぶれることはないと職員が甘えた気分でいるからである。吉村市長はこの市バスの問題を正確に理解してぜひとも大胆な改革に手をつけてもらいたい。少なくとも空気を運ぶ公共交通機関には全く何の意味もない。



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館

2016年08月07日(日) すばらしき韓国ビジネス        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 ダメな商品を売りつければ、ゼニを払ってもらえないこともあるというのはビジネスの世界ではよくあることだ。もっとも世の中にはちゃんとした製品を納入しているのにゼニを払ってくれない企業もあるので、ビジネスの世界はなかなか大変なのである。そうした商品の中でも「船」という商品はどうだろうか。自動車と違って船の性能というのはなかなか試すのが困難だと思うのだが、もちろん性能に偽り有れば購入する会社は大打撃を受ける。求めた性能がなければ運航上大きな支障となるからである。

 さて、新潟県の企業が日本海を横断してロシアに行くフェリーを運航させようと考えた。それ自体は悪くないアイデアである。ただ、そのフェリーをなんと韓国の造船会社に発注したのである。もっとも韓国の造船業は安さを武器に日本から多くのシェアを奪って世界中にたくさんの船を輸出している。だからそこそこの品質は満たしていると思っていたのだが、今回の事件はあまりにもひどかったのである。報道された記事を引用しよう。

 新潟県が筆頭株主の第3セクター、新潟国際海運(新潟市中央区)の子会社ナフジェイ・パナマは7日、フェリーの売買契約に関するトラブルをめぐり、韓国企業に約157万ドル(約1億5700万円)を支払うよう日本海運集会所(東京)から5日付で仲裁判断を受けたと発表した。昨年支払い済みの前金62万ドル(当時の為替レートで約7400万円)と合わせ、損失は2億3千万円を超す見込み。同社の支払い能力を超えており、県が対応を迫られる可能性もある。
 トラブルは、新潟港とロシアを結ぶ県の日本海横断航路事業で使うフェリー「オハマナ号」が、想定していた性能よりも劣っていたことから起きた。
 韓国企業との売買契約は昨年8月に成立。しかし10月に日本に回航した際、本来は18ノット必要な速度が11〜12ノットしか出ないことが判明した。ナフジェイ・パナマは船の受け取りを拒否する一方、韓国側は代金の支払いなどを求めて海運関連の紛争仲裁を行う日本海運集会所に仲裁を申し立て、口頭審理が行われていた。


 これはいったいどういう契約だったのだろうか。少なくともこの3セクの方が相手を信じてだまされたという事件のような気がするのだ。速度の出ない役立たずのフェリーを買わされそうになり、あわてて契約を解除しようとしたら今度は違約金を払わされるということなのである。まんまと詐欺ビジネスに引っかかってしまったのである。おそらく性能不足の船をわざと売りつけてキャンセルさせるところまで仕組まれたビジネスなんだろうとオレは想像する。きっとこういうクソ企業は日本以外の国に対しても同様の詐欺を行ってるだろう。

もっともその3セクには支払い能力がないらしい。だったら破産したことにして踏み倒してやればいいかと思うのだが、3セクなら新潟県がその債務に関して責任を負うのだろうか。だったら県民の税金で穴埋めしないといけないことになり全くもって腹立たしい話である。記事にはさらにこのように書かれている。

 性能を事前に確認できればトラブルは防げたとみられるが、会見で五十嵐社長は「沖での試験運航を何度も求めたが、実現できなかった」と釈明するとともに、フェリーが調達できず事業の開始が遅れていることを謝罪した。
 新潟国際海運によると、日本海を横断する航路は今年の夏か秋のスタートを目指していた。県は3億円を出資しており、泉田裕彦知事は「事業の円滑な推進に支障が生じ、大変遺憾。臨時株主総会の開催を求め、なぜこのような事態に至ったのか経緯を明らかにし、議会や県民に対する責任を果たしたい」とするコメントを同日発表した。


 さて、なぜこのような事態に至ったのか・・・ということを明らかにしたいということだが、相手が詐欺会社であることを見抜けずに契約してしまったその3セクの職員のボンクラさがそもそもの原因だろう。商品を買うときに金額の大きなものならなおさらきちっと確かめてから買わないといけないわけで、それが船という商品ならなおさら信頼できる相手かどうか、そして性能を確かめられるかどうかということは大事である。商品の性能試験はきわけて大事なことで、言われなくても要求以上の品質のものを作ろうとする律儀な企業は世界では日本企業だけである。諸外国ではそんなことはありえないのである。

 日本は新幹線を世界に輸出しようとしていて、そのライバルは中国である。インドネシアでは入札競争で日本が敗れた。もっとも中国の企業はなかなか工事をスタートせず、完成するのかどうかもわからない。新幹線や高速道路といった交通インフラを整備するときに大事なのは、環境に配慮して建設工事ができるかどうかということである。韓国や中国の企業が受注して建設された道路がすぐにひび割れや冠水して使い物にならなくなったという写真付きの記事を見たことがある。値段は安いが手抜きして役立たずのものを売りつける詐欺ビジネスを平気で続ける外国の企業が存在するのならば、なおのこと日本企業は誠実なビジネスを心がける必要がある。それは同時に国益となるのだ。日本企業というだけで信頼してもらえることにつながるのである。

 もっとも日本の製品でも高田工業製のエアバッグに大きな欠陥があって死者まで出るという結果になったことを思えば日本の製品の質が全て保証されているわけでもない。

 この韓国の造船会社の詐欺ビジネス、日本以外の国はどれだけ被害に遭ってるのだろうか。被害の報告を大々的に世界に発信して、逆にこの詐欺会社を追い詰めてもらいたいものである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館




2016年08月04日(木) 国民投票なんてやめてしまえ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 民意ってなんだ?国民の多数派の意見が「民意」なのか?もしも国民が真っ二つに割れて、49:51みたいな状況になってしまっても、その時の多数派である51%の方が民意なのか。そんなくだらない、ただ国民の分裂を誘うだけの国民投票なんか止めてしまえよと、イギリスの国民投票を見ていて思うのである。昨年のギリシャの国民投票もそうだ。ギリシャの場合は財政破綻を国民のわがままのせいにするために国民投票が利用された。国民に窮乏生活を体験させてみるという目的でチプラスは結果のわかった国民投票をさせたのだ。

 民意は常に正しいのか。たとえばナチスドイツ政権下では少なくともユダヤ人排斥運動は「民意」の支持を得ていたのだし、多数派のドイツ国民は結果的にユダヤ人が奪われた財産を手にしたのだ。日中戦争が拡大し始めた頃、日本人は中国に攻め込むことを支持していた。「通州事件」で日本人居留民が虐殺されたということもあり、少なくともあの当時の「民意」は、中国と戦争することを肯定していたのである。民意はよく間違いを犯すのだ。間違った民意でも従わないといけないのか。そこで正しい決定を下すのは政治家ではないのか。あの時ハルノートの内容を受け入れ、中国から撤退するという選択を当時の政権が取っていれば国民には暴動が起きただろう。

 なんのために選挙があるのか。決して全員一致などしない民意というものに配慮しつつ、できるだけ多くの人々の希望を叶えられるように工夫してくれる有能な人を「選良」として選ぶためじゃないのか。もしも個々の政策をすべて「国民投票」という形ですべて国民の意志に委ねてしまうならば政治家は不要だ。そして仮にそうして国民の意志に委ねてしまったとして、それが51:49という結果ならば49の側にとって大きな不満を残すことになってしまうのだ。

 しかも国民投票は2択である。イエスかノーか、さまざまな中間的な立場の意見をたった二つに絞らないといけないのだ。それが果たして正しいのか。そんな形で絞り込んだものが本当に民意と言えるのか。

 原発の問題にしてもそうだ。原発反対を叫ぶ人たちの主張は正しいと思う。日本みたいな地震国でこんなに多くの原発が稼働していれば、いずれ想定を超えた大地震で福島原発を超えるような大事故が発生して、日本列島は人が住めない土地になってしまうだろう。数千年の間にそれは確実に起きることである。しかし、それが20年や30年という短い時間の中で起きるかというと、多くの人は「今すぐには起きないだろう」と思っているわけで、「だから今は再稼働させる」という考えも出てくるわけだ。仮に原発を投票に掛けた場合「やめる・やめない」の二つしか国民投票では選べないのである。

 しかし、本当に今我々が取れる方法は2つではない。 

1、即座に全ての原発の運転を停止して、休止中も含めて全て廃炉にする
2、将来にはすべて廃炉にするが、安全性が確認できたものは再稼働を暫定的に認める。
3、将来はすべて廃炉にするが、建設後40年未満のものは40年までは稼働させる。 
4、原発は必要なのでそのまま運転し続ける。しかし新規の建設は行わない。
5、原発を積極的に建設してどんどん増やしていく。


 オレが考えるだけでもこの5つのプランがある。この5種類の選択の中で、2択にしてしまった場合、3を希望している人はいったいどちらに投票すればいいのか。現時点で5を考えてる人はいないだろう。ただもしも3の人がすべて「原発をやめない」の側に投票した場合、政府はその結果を勝手に5に解釈して、「積極的建設が国民の意志だ!」と主張するかも知れないのである。二択しかないということは、投票の作り方次第で本来の意志とは違った方に投票してしまうという多数の国民を発生させることにつながるのである。そんな国民投票なんて百害あって一利無しである。

民主主義というのは多数派の意見に従うということが基本だ。政党別の支持率で言えば今は自民党の支持率が一番高いので結果的に自民党が政権与党となっている。そして共産党や民進党を支持する国民の数が相対的に少ないことも事実である。集団的自衛権をめぐる議論に際して国会前で多くのデモが行われたが、「こんなに大勢集まったからこれが国民の多数派だ!」ということではない。サヨクの側を支持する人たちが全国民の何%いるのかはわからないが、右も左もごちゃまぜの民進党が必ずしもサヨクとは言えない以上、純粋なサヨクは共産党と社民党の支持者に限られるだろう。そうなると全国民の中に占める比率は極めて少ないのである。

オレは原発に関しては即座に全面停止が望ましいと思っている。だったらサヨクかというと、集団的自衛権の問題に関しては微妙なのである。確かに欧州や中東の戦争に自衛隊が動員されるのはどうかと思うし、同盟国だからとアメリカの軍事行動に従わないといけないと言われれば断固として拒否したい。ただ争大好きで人が死ぬことなどなんとも思っていない帝国主義国家が隣にあり、その国がチベットやウイグルで大量虐殺をしてきたことを全く認めていないという現実を考えた時、少なくとも我が身を守るために日本はどうするべきかということを考えてしまうのである。

 南シナ海の広大な地域を「全部オレのものだ!」と勝手に埋め立てて基地を作ってしまうような時代錯誤のキチガイ国家が隣にあるのだ。共産主義といいながら実は習近平皇帝の独裁国家なのだ。北朝鮮と違って中国は強大な軍事力も、世界を破滅に追い込めるだけの核兵器も所有しているのである。だったらそんなキチガイから国土を守るために何らかの手段を取らざるを得ない。それが憲法解釈を変更して集団的自衛権を行使できるようにしたことではないのか。 

国民投票は危険だ。さまざまな選択肢があるのに、たった二つのものを無理矢理選ばせられて、しかもその投票結果に拘束されてしまうのだ。これが極めて危険なことであることに気づいてるだろうか。

 そう考えると、オレは安易に「国民投票」に頼ることに警鐘を鳴らしたくなるのである。そんなことよりも、もっと民主主義を正しく実現できるように今の政治家のレベルを上げていくしかない。ガソリンのプリカを年間200万円買って金券屋に流して蓄財や裏金作りしているおばはんとか、200億円掛けて釣り堀にしか使われない港を無駄に作らせて土建業者から献金を受けている和歌山のクズ議員とかみたいな連中を排除しないといけない。もしも国民投票の案件が「政治献金の全面禁止」ならばオレは両手をあげて賛成に投票したい。おそらくそんな改革を今の国会議員は誰も実現できないからだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン