江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2012年10月31日(水) 自動ブレーキで事故は防げるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 最近よくクルマのCMで見かけるのが「自動ブレーキ機能」である。ドライバーがよそ見をしていてもちゃんと停まって追突を防いでくれるのだ。ああいうのがあると事故が本当に減るのだろうか。逆にヘタクソどもが「よそ見していてもOK」などと、ますます携帯電話しながらとか、メールしながら運転をしてしまいそうな気がするのだ。

 高速バスにもこの自動ブレーキを導入しようという動きがあるらしい。読売新聞の記事を引用しよう。

高速道走る大型バス、自動ブレーキ義務化方針
 高速ツアーバスなどで事故が相次いでいることを受け、大型バスにも「自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」の装着が義務化される見通しになった。
 国土交通省は近く、有識者などでつくる検討会に義務化を提案。了承を得た後、年内にも正式決定する。すでに大型トラックでは義務化が決まっており、高速走行などを想定した新車の大型バスについても数年以内に同様の規制が始まる。
 自動ブレーキは乗用車で普及が始まっており、大型トラックでは、22トン超は2014年11月以降、20トン超は16年11月から、それぞれ新車を対象に義務化される。一方、大型バスについては、高速走行中に自動ブレーキで急制動がかかると乗客がケガをする恐れがあるとして、国交省では義務化を見送ってきた。
 しかし、今年4月、群馬県藤岡市の関越自動車道で、居眠り運転のツアーバスが道路左側の壁に衝突し、乗客7人が死亡、38人が重軽傷を負う事故が発生した。国交省では、バス運転手が夜間に1人で運行できる上限距離を見直す一方、車両の安全対策については有識者検討会などで協議。新車販売される大型バスを対象に、自動ブレーキのほか、居眠り運転で走行中に車両がふらついた場合などに運転席で警報を鳴らす「車線逸脱警報装置」など、新たな安全装置の義務化が可能かどうか検討してきた。
(2012年10月30日 読売新聞)


 大型トラックではすでに義務化が決まってるという。いや、いっそのことこの機能はすべてのクルマに搭載してくれよと思うのである。そんなにすばらしいものなら標準搭載させればいいじゃないか。いったいどれくらいのコスト増になるのか。

 仮にコスト増加になったとしても、量産効果が出ればそのコストは軽減できるだろう。そうすればきっと普及は進むはずである。

 ただ、自動ブレーキよりも先に導入して欲しい機能がある。それは「飲酒検知装置」である。ドライバーの飲酒を検知すればエンジンがかからないようにするのだ。これは自動ブレーキよりも効果が高くてコストはかからないと思うのである。

 認知症の老人の免許剥奪もどんどん進めて欲しいのである。交通安全というのは、一部の問題あるドライバーを排除して、安全運転をしている善良なドライバーを守ることで実現されるのだとオレは信じている。オレは自分の運転能力が極度に落ちてくれば即座に免許証を返納しようと思っている。

 シートベルト義務化やエアバッグの標準化で交通事故死亡者は減少した。これからは新技術で導入される安全装置によってさらなる効果を期待したいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月30日(火) スリ歴50年の達人ババアだぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 何事も長く続けるのは大変である。それが高度な身体能力を必要とする世界ならなおさらだ。「スリ」という高度な熟練を必要とする世界で、50年以上も第一線でがんばってきた老姉妹がいた。しかし、さすがに寄る年波には勝てずに検挙されてしまったのである。読売新聞の記事を引用しよう。

スリ歴50年…高齢「駒崎姉妹」デパ地下で逮捕
 大阪の繁華街、梅田の阪急百貨店の地下1階食料品売り場で買い物客の財布を盗んだとして、大阪府警は29日、京都府八幡市出身の駒崎恵美子(80)、妹の妙子(72)両容疑者を窃盗容疑で現行犯逮捕した、と発表した。
 府警によると、2人はスリ歴50〜60年で、大阪や京都の「デパ地下」を中心に出没する「駒崎姉妹」として捜査員の間で有名な存在。高齢で動きが鈍くなった姉が見張り役を務め、妹が財布を抜き取っていたという。
 発表では、2人は今月26日午後3時50分頃、大阪市北区の同店食料品売り場で、買い物中の女性客(63)の手提げかばんから約7000円入りの財布を抜き取り、盗んだ疑い。警戒中の捜査員が見つけ、取り押さえた。恵美子容疑者は「店内を見ていただけ」と否認。妙子容疑者は「一人でやった。一緒にいたのは女友達で、無関係」と供述している。
 建て替え中の同店は、25日からの一部先行開業で混雑しており、スリ犯専門の捜査員が警戒していた。
(2012年10月29日23時43分 読売新聞)


 「こまどり姉妹」なら知ってるが  「こまざき姉妹」というのもまたその筋では有名だったのである。せっかくだからテレビのバラエティ番組でその手技を披露してみたらどうだろうか。きっと鮮やかなお手並みに感嘆の声があがるだろう。もっともそんなものを放送したらきっとマネをする馬鹿が出てしまうわけで、犯罪を助長すると抗議がありそうである。

 混雑した阪急百貨店はこのスリ姉妹にとって格好の稼ぎ場に思えたのだろうか。それにしても二人の供述が面白い。見張り役の姉は「店内を見ていただけ」と供述したわけだが、確かに見ていただけだろう。スリの見張りだから当然だ。一方実行犯の妹は盗んだところを現認されただけにさすがに言い逃れできないと思ったのか、「一人でやった」と答えたのである。一緒にいた姉のことを「無関係な女友達」と説明したわけだが、もちろんそんなウソは通用しない。

 オレが知りたいのはこの老姉妹にとって今の収入の道は何だろうかということなのである。無職で年金を受給してるのだろうか。もしも年金を受給しているのならばその掛け金というのはスリで手に入れたゼニなのか。もしも無収入ならば生活保護とかを受けていたのだろうか。そもそも若い頃に犯罪者としてさんざん世間に迷惑を掛けてきた人間が「もう泥棒で稼げません!」という理由で生活保護の申請が認められるのかということである。これまで正業についていないのならば、やれる仕事も限られている。そうなるとやはり「福祉」のお世話になるしかないのかと思ったのである。いやはや、とんだ泥棒人生である。

 いくら常習のスリとは言え、ただの窃盗犯ならそんなに長く刑務所にいることもできない。反省や更生の意志があるとも思えないので執行猶予はつかないだろうが、それにしてもこういう犯罪者の余生はどんなものになるのだろうかとオレはちょっとかわいそうになったのである。もっとも被害者のことを思えば許されるものではないが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月29日(月) 事故だ、ヤバい、みんな逃げろ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 交通事故を起こしたときに逃げるのはやはり「飲酒運転」の方々である。もう20年以上も前のことだが、深夜にオレは狭い路地から飛び出して来た車に前のバンパーをこすられたことがある。すぐに警察を呼ぼうと電話をかけかけると、その軽自動車に乗ったお姉ちゃんは免許証を見せて連絡先を書いて「こちらの責任ですべて修理しますから」と主張してその場を立ち去った。オレはその足で警察署に立ち寄って、事情を説明して事故の届けを出したのだが、どうしてそのお姉ちゃんが私と一緒に警察に来なかったのか、あるいは警察官が到着するのを待たなかったのかという理由に関してオレは何も考えてなかった。オレの話を聞いた警察官は一言、「お酒でも飲んでいたのじゃないですかね。」と答えた。言われてみれば確かに、そのお姉ちゃんは飲み会帰りだったようにも思えたのである。

 しかし、逃げるときに仲間を見捨てて逃げるようなクソ野郎もいるのだ。これはもうまっとうな人間のやることとは思えないのである。産経新聞の記事を引用しよう。

事故で投げ出された同乗者放置して逃走 飲酒隠蔽目的か 千葉・野田2012.10.28 17:39 [交通事故]
 衝突事故を起こした弾みで車外に放り出された同乗の男性を救護せずに現場を立ち去り、死亡させたなどとして、千葉県警野田署は28日、自動車運転過失致死容疑と道交法違反(ひき逃げ)容疑で千葉県野田市の大学生、亀田輝保容疑者(20)を逮捕した。同乗者は「直前まで居酒屋で酒を飲んでいた」などと供述しており、同署は亀田容疑者が飲酒運転の発覚を逃れようとした可能性もあるとみて捜査している。
 事故は27日午前3時40分ごろに発生。亀田容疑者運転のワゴン車が片側1車線の県道の脇にある林に突っ込み、衝撃で同乗していた同市の大学2年、都筑義和さん(19)が車外に放り出され、死亡した。
 県警によると、ワゴン車には計7人が乗っていたが、亀田容疑者ら6人は事故後に現場から逃走。同日午後に亀田容疑者が同署に出頭してきた。亀田容疑者からは微量のアルコールが検出されたという。


 事故現場には大破した車と倒れた大学生が遺棄されていたのである。同乗者たちすべてが「保身」に走って、救護の義務も果たさず、そのまま逃亡したのだ。仲間を見殺しにしたのである。この世にはここまでどうしようもない、人間のクズとしか言えない連中が存在するのである。

 飲酒運転するヤツはクソだ。オレはそれを断言する。酔っ払って運転して人を殺すようなヤツは死刑を適用してもいいとオレは思っている。危険運転致死傷罪の最高量刑はやはり「死刑」でないとおかしい。本来その行為は「殺人罪」でもおかしくないというのがオレの判断である。

 飲酒がバレないように一度立ち去って、それから出頭するという卑怯な方法で飲酒運転をごまかそうとするヤツにも厳罰を下すべきだ。その場合は罪を逃れようとした卑怯さも量刑に加味して、原則死刑にしてもらいたいのである。

 仲間を見捨てて逃げたこの連中が、もしもすぐに救護していれば遺棄されていた方は助かっていたのかも知れない。そんなことをオレは思ったのである。なんともひどい話である。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月28日(日) 中国共産党幹部の蓄財はすごい!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 中国といえば昔から「賄賂万能」のお国柄なんだが、漢の時代に後宮の美女たちが自分を皇帝の夜のお相手に選んでもらうために絵師に賄賂を贈り、そのために絵師たちがみんな大金持ちになっていたというのは有名な話である。もちろん現代でもその伝統は健在であり、党の要職は利権の巣窟で、階級が上がれば上がるほどゼニが入ってくるわけで、トップクラスになるとその資産もとてつもないのである。だからこういうニュースを見ても全然驚かないのである。

 読売新聞の記事を引用しよう。

温家宝首相の親族が27億ドル蓄財…米紙報道
 【ニューヨーク=柳沢亨之】26日付米紙ニューヨーク・タイムズは北京電で、中国の温家宝(ウェンジアバオ)首相(70)の母親や妻、弟、長男ら親族が計約27億ドル(約2150億円)相当を蓄財したと伝えた。
 親族は国有会社の支援などを受けて投資を拡大してきたという。
 株式保有に関する公開資料などに基づき、同紙が調査報道した。それによると、温首相の親族は、友人や勤務先の同僚などの第三者を介した複雑な投資手法で、金融、貴金属、観光開発、通信などの企業の株式を保有。この中には08年北京五輪のスタジアム「鳥の巣」建設関連企業も含まれる。
 母親は、温首相の出身地、天津に登録された投資会社の名義で、金融会社の株式1億2000万ドル(約95億円)相当を保有。この投資会社は、温首相の妻の親友で天津出身の女性企業家が創設したという。
(2012年10月27日17時42分 読売新聞)


 公開資料に載ってる分だけでこんなにあるのだから、隠し財産などをカウントするともっと巨額になるだろう。また中国人は金塊の形で資産を貯め込んでるがそれはもちろんこの中には入っていないわけで、きっと温家宝一族は日本円で1兆円くらいのゼニは持ってるのじゃないだろうか。
 これがまぎれもない事実であるということの裏付けは、次の中国政府の対応から明らかである。自分たちの蓄財ぶりが国民に知られるということがどれだけまずいのか。いくら開き直った極悪人どもでもわかってるわけで、きちっと情報管理をしてきたのである。これも読売新聞の記事である。

「中国に恥かかせようとするもの」…中国外務省
 【北京=大木聖馬】中国のインターネットでは、温家宝(ウェンジアバオ)首相の親族による巨額の蓄財をニューヨーク・タイムズ紙が伝えた26日から同紙の英語サイト、中国語サイト双方に接続できなくなった。27日夜現在、その状態が続いている。
 中国外務省の洪磊(ホンレイ)(こう・らい)副報道局長は26日の定例記者会見で、同紙の報道について「中国に恥をかかせようとするもので、何か別の下心がある」と非難した。同紙サイトに接続ができなくなっていることについては、「中国は法に則してインターネットの管理を行っている」と述べ、政府が接続遮断を指示したことを示唆した。
(2012年10月27日18時20分 読売新聞)


 「中国に恥をかかせようとするもの」って、ちょっとあんたたち何か間違っていませんかね。ここで問題にすべきはその報道内容が事実かどうかということであり、事実なら文句の付けようがないし、事実でないのならきちっと証拠を示して反論すべきである。ところがこの「恥をかかせようとする」という主張からオレが感じるのは「それはまぎれもない事実だが、それをどうしてわざわざことさらに宣伝するのか。そんなことが国民に知られれば我々共産党幹部が不正な蓄財をしていることが明らかになって恥ずかしい。だからそんなことをされると困るのである」という本音である。まことに情けないのである。こんなカスどもが中国の国家の代表なのである。

 領土問題では平気でウソをつき、文句を言う国には軍事力で威嚇し、馬鹿で貧しい国民は反日教育でうまく洗脳して、日本車を破壊したりジャスコの商品を略奪させる尖兵として活用しているのが中国政府のしていることである。こういうことをもっと日本は世界に発信して抗議しないといけないのである。そんなヤツらが作った中国製品ではなくて日本製品を買えとアピールすべきなのだ。

 この21世紀に、戦争をしてでも領土を拡大しようとしている世界の平和を脅かす国家が存在する。そんな国が国連の安全保障理事会の常任理事国だなんてなんという茶番だ。中国こそが世界に紛争をもたらし、平和をこわしてる張本人だろう。スーダンやソマリアの内戦の武器を供給し、大量の対人地雷を安価に製造しては輸出してゼニを稼ぎ、チベットでは数百万人を虐殺し、ウイグル自治区では核実験で住民の健康被害を出し、ブータンの国土は堂々と略奪し、台湾に軍事侵攻すると公言し、軍隊を出動させて南シナ海はいつのまにかフィリピンやベトナムから奪い取ってしまった。それが中国という国家の正体である。日本政府は今堂々と世界にそれを宣言すべきである。中国という帝国主義かつテロ支援国家はまさしく世界平和にとっての脅威であると。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月27日(土) ママ友は泥棒仲間        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 「ママ友」というと、公園で子ども同士を遊ばせながらなごやかに談笑するお母さんたちを想像するのだが、こんな「ママ友」たちもいたのである。泥棒仲間だったとは驚きである。読売新聞の記事を引用しよう。

ママ友窃盗団、大学からPCや楽器などごっそり
 夜間に兵庫県立大(神戸市西区)に侵入し、ノートパソコンなどを盗んだとして、神戸西署は25日、神戸市垂水区下畑町の無職下山順一(33)、内縁の妻で無職能浦(のううら)千鶴子(31)、同区塩屋町の無職大森久子(36)の3容疑者を建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕した。
 下山、能浦両容疑者は認めているが、大森容疑者は「運んだだけ」と一部否認している。
 発表によると、3人は共謀し、9月17日午後8時50分頃から19日午前9時30分頃までの間、同大の部室棟にある大学祭実行委員会の部屋や倉庫に侵入し、ノートパソコンやギターなど計34点(8万6600円相当)を盗んだ疑い。能浦、大森両容疑者は子ども同士が同級生の「ママ友」だった。
 同大では、今年6月25日から9月21日にかけ、16回にわたり、部室棟などからビデオカメラやテニスラケットなどが盗まれる被害が相次いでいた。下山容疑者は以前、同大の警備員だったといい、同署では3人の余罪を追及する。
(2012年10月27日09時15分 読売新聞)


 大学の部室というのは確かに警備が甘いと思う。部員たちが麻雀をしたり酒を飲んだりして遅くまで出入りしている関係もあって深夜の出入りに関しても監視が緩く、その一方で最近はパソコンやビデオカメラなど、リサイクルショップに持ち込んだらすぐにゼニになるものがいくらでもあるのだ。それを盗もうとしたわけで、しかも「元警備員」で内情に詳しいとなればもう防ぎようがないのである。

 こうして新聞に名前も出てしまって、近所にも「泥棒夫婦」という恥ずかしい事実が知られてしまうのである。なんと情けないことだろうか。そして子どもは自分の親が泥棒だったということを知ってどんな気持ちになるだろうか。

 「運んだだけ」なら罪が軽いかというと、おそらくこれは「共同正犯」ということでその言い訳は認められないだろう。かくしてみんな検挙されてしまうのだが、オレが気になるのはこの量刑である。

 被害にあった人たちの被害はどの程度回復されるのだろうか。たとえばパソコンが盗まれた場合、同じ程度の性能の新品のパソコンが戻ってきたところで意味はないのである。大切なのはそのパソコンの中に入っていた貴重なデータであり、それを失うことがもっとも大きな損失なのだ。それを金銭に換算して賠償することなど無理なのである。オレが盗まれた側なら、数百万円の賠償を請求したくなるだろう。泥棒にとってはリサイクル店で2、3万円にしかならないものであっても、盗まれた側には金銭に換算できないほど価値があるのだ。それを裁判所は決して認定してくれないのである。この馬鹿どもが被害金額を賠償すれば執行猶予になるかも知れないほど日本の刑罰はゆるいのだ。

 車上荒らしとか、万引きとか、置き引きとか、そういった小さな窃盗犯の側は「単なる出来心」という気持ちかも知れない。しかし、それが検挙されれば仕事をクビになったり社会的地位を失ったりする。

 オレは「無職」という人たちを差別するつもりはないのだが、今回の事件の容疑者たちもみんな「無職」なのである。犯罪を起こしたところで別に仕事をクビになるわけでもないし、失うような社会的に地位があるわけでもない。こういう「無職」こそが犯罪予備軍なのだ。この世から「無職」を撲滅して、みんなに仕事をさせることが犯罪防止のもっとも効果的な方法であるとオレは常々思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月26日(金) 石原慎太郎、ついに決起する        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 80歳の石原慎太郎都知事がついに決断した。知事を辞職して国政に打って出るのだという。政界再編の動きはここにきて劇的な局面を迎えそうなのである。民主党に政権担当能力がなかったことが明らかになり、官僚支配を打破するどころか官僚の思い通りに舐められ続けてきたのである。おそらくそうした事態を苦々しく思っていた石原慎太郎都知事が自分の寿命があるうちに勝負を仕掛けたのである。

 橋下氏の維新の会との連携はもはや既定路線だろうし、維新の会の支持率もこれで一気に回復するだろう。自民、民主以外の政界の第三極として「維新の会」「立ち上がれ日本」「みんなの党」の連合勢力が動き出すことになるのだろうか。

 朝日新聞の記事を引用しよう。

石原都知事が辞職表明 新党結成、衆院選立候補の意向
 東京都の石原慎太郎知事(80)は25日、都庁で緊急記者会見を開き、都知事を辞職すると表明した。近く新党を結成し、新党代表として次期衆院選で比例区から立候補する意向も示した。会見後、都議会議長に辞表を提出した。
 石原知事は「今日をもって都知事を辞職する。国会に復帰しようと思っている。新党を立ち上げて仲間とやっていく」と述べた。「最後のご奉公。硬直した中央官僚の支配制度を変えないとダメ。役人と戦っていかないと、この国は沈んで窒息して死ぬ」と語り、憲法改正への意欲のほか、尖閣諸島に船の避難場所が必要との見解を示した。
 新党は、石原知事が「応援団長」を務めるたちあがれ日本を母体とし、保守勢力の再結集を目指す。たちあがれ日本の平沼赳夫代表は25日、「解党して、新しい政党を作る」と述べ、来月上旬をめどに所属国会議員5人全員が新党に参加する考えを示した。


 今頃、中国の奴隷に成り下がったあの丹羽宇一郎もと中国大使は腰を抜かしているだろう。石原慎太郎氏がもしも政権を取れば、中国との対決は不可避である。尖閣を巡る動きは軍事衝突に発展するかも知れない。日中海軍が激突するのである。本当に戦争が起きるかも知れないのである。

オレは中国がいずれ尖閣を軍事力で征圧してくるのは必定と思っていた。南シナ海と同じことが繰り返されるだけである。民主党政権ならばただオロオロするだけで何の対応もできなかったことは間違いない。しかし、石原慎太郎氏ならば堂々と反撃して交戦に応じるだろう。その結果多くの血が流されることは間違いないし、尖閣周辺の局地戦では終わらずに中国軍は周辺の島嶼にも侵攻してくる可能性が高い。

 もはや尖閣諸島の問題を平和的解決するのは無理だ。尖閣を「中国と戦争をしてでも守る」のか、それとも「中国軍がくればあきらめて献上する」なのか、二者択一しかないのである。民主党がやろうとしていたのは後者であり、石原氏は前者の立場である。

 もちろん攻撃を仕掛けてくる中国は激しく国際世論で叩かれるだろう。ただ、そんなことくらいでやめることはない。共産党一党支配の帝国主義国家である中国にとって、常に自国が世界の中心なのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館



2012年10月25日(木) MP(モンスター・ペアレント)法を成立させよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 尼崎連続変死事件の角田美代子に関するニュースが連日新聞紙面を賑わせているが、そのモンスター・ペアレントぶりには脱力したのである。不登校の結果卒業アルバムの写真撮影の時にいなかったためにアルバムに写真がないことにクレームをつけてアルバムを作り直させるとか(学校現場からすれば、「休んだのはおまえの勝手だろ!」と言いたいところである。)、茶髪を直せと指導を受けても従わず、不登校を学校のせいにして校長に辞表を書かせるとかむちゃくちゃである。保険金殺人を繰り返し、カツアゲ人生を送ってるおまえのようなクズの子どもがまともな人間になるわけがないだろう。それを学校の責任にするなんて「ふざけるな!」と言いたいのである。

 ただ、こういうクソ親がいれば学校現場はとにかく大混乱するのだ。教師たちはその親に対応するストレスで大変なのである。携帯電話を授業中に使っていたので取り上げると、取り上げられて使えなかった分の料金は学校が払えとか、義務教育は無償だから給食費も払わないと開き直るとか、変形学生服を注意すると「表現の自由を奪うのか」と変な権利主張を始めるとか、枚挙するに暇ないほどのむちゃくちゃな親が今日本中の学校現場を混乱させているのだ。だからオレはそういう親を排除して教育現場を正常化させるために「MP法(モンスターペアレント排除法)の設置を希望するのである。

 学校現場がモンスターペアレント告発の訴えを起こし、裁判所がそれを認定した場合、その親は日本国内で子どもに公教育を受ける権利を喪失するという仕組みにすればいいのだ。公立学校は子どもを退学させられない。だからどんなモンスターペアレントの子どもでも受け入れなければならない。そして義務教育だからその迷惑な子どもが「教育を受ける権利」なんてものを主張するのである。本当に迷惑なのである。大津のいじめ事件の加害者のクソガキが転校先の学校でも教師に対する暴力事件を起こしているが、この加害者の親はそもそも典型的なモンスターペアレントで、いじめ事件の時も我が子を正当化する署名活動をしようとしたりビラ配りをしていたわけで人間のクズというのはまさにこういうヤツのことである。

 モンスターペアレントと認定された親の子どもは公教育を受ける権利を喪失する。ただし、家庭教師をつけたり私学に通わせることは可能なので、どうしても大学などに行かせたければ大検を受けるなりして自己責任で勉強させればよいということにするのだ。

 親が悪いのに子どもが不利益を被るのはおかしいと主張する人もあるかも知れない。しかし、狂った親の場合たいてい子どももまともじゃないのである。だからそれはしかたがないのだ。

 もちろんこの法律の適用は厳格に行わないといけない。さまざまな要件を満たした究極のクソ親だけに適用するようにしないと、ちょっと文句を言うだけでMP認定されてはたまらない。そのあたりはオレも慎重に考えなければと思っている。あくまでこの法律は今回の角田美代子みたいなむちゃくちゃな親の要求を排除して教育現場を正常化させるために制定されるものである。

 子どもがだらしないスタイルをしているのは親の責任である。生徒が靴のかかとをふんづけて履いていれば、オレは即座にそいつのことをなんてだらしない馬鹿なんだと思う。しかしこういう身だしなみは学校で注意されることではなくて本来家庭の問題である。街で革靴のかかとをふんづけて履いている極端にふとった女子高生とかを見ると、こんな馬鹿は地上から消えてくれと正直思うのである。子どもがだらしない格好をしていて恥ずかしいのは本当はちゃんとしつけできなかった親なのだ。そういう趣旨の注意をすると親からクレームをつけられることもある。「私のしつけが悪いとうちの子に言ったそうですね!」と文句を付けられるのである。そのとおり、おまえのしつけが悪いから子どもがだらしなくなるのである。もちろんそう答えると喧嘩になってしまうが、そのとおりなのである。社会生活を営む上でのマナーというのは家で身に付くことなのだ。トイレをきれいに使えずにあたりを大小便まみれにしてしまうのはまさに家庭のしつけの問題である。そんなこと当たり前である。きっとそいつの家のトイレはめちゃめちゃ汚いのだろうとオレは同情してしまうのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月24日(水) 自然の神秘を見せられたぜ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 ダム湖に大量の藻が発生したりすると大変である。悪臭が漂ったり、水質が悪化して水道水がまずくなったりする。しかし、短期間でこんなことが起きることもあるのだ。読売新聞の記事を引用しよう。

ダム湖覆う浮草消えた…景観回復の意外な功労者
 ハイキング先としても人気のある兵庫県川西市の一庫(ひとくら)ダムで、水面を覆っていた外来雑種の水生シダ植物「アイオオアカウキクサ」(アカウキクサ科)が今夏、突然消えてなくなり、元の美しい景観を取り戻した。



 大量発生した蛾(が)の幼虫にウキクサの葉が食べ尽くされたためで、幼虫もその後、自らの足場のウキクサをなくして水中に沈み、魚の餌食になったとみられる。ウキクサ駆除に頭を悩ませていた関係者の間では、予期せぬ“救世主”に「自然の神秘を見た思い」と驚きの声が上がっている。
 一庫ダムには約95万平方メートルの水面が広がり、周囲を山に囲まれた美しい景観を求めてハイキングなどに年間約30万人が訪れる。
 ウキクサは昨年8月、ダムの約1キロ上流で初めて確認。緑の葉は瞬く間に増殖し、今年になって水面の約2割を占拠した。兵庫、大阪両府県の8市町約60万人の飲料水に使われているだけに、一庫ダム管理所には「水質に問題はないのか」などと心配する声が寄せられていた。
 変化が現れたのは、今年7月。水面を覆っていた緑色の葉が徐々に灰色になって領域を狭め、1か月余りでほぼ姿を消した。同管理所が調べたところ、ウキクサの葉に蛾の幼虫が大量発生し、食べ尽くしたことがわかった。
 幼虫は体長約1センチで、「ミズメイガ」と呼ばれる蛾の仲間。同管理所ではオイルフェンスを張るなどウキクサの大がかりな回収法を検討したが、自然が短期間で解決した形で、同管理所長代理の大牧千木さん(52)は「自然が自らの力で回復してくれた。再び繁殖する可能性があるので、今後も注意深く観察したい」とする。
 ウキクサは大阪城の堀や淀川でも発生し、枯死すると底に沈んでヘドロの原因になるため問題化している。大阪府水生生物センター(寝屋川市)主任研究員の内藤馨さん(54)は、一庫ダムについて、「聞いたことのない現象」と驚き、「幼虫がそのまま成虫になった場合、それが害虫になる恐れもある。他の場所で、駆除方法として蛾を利用するのは難しいのでは」と話している。
(2012年10月23日14時57分 読売新聞)


 記事にもあるように、今回はたまたま浮き草を食べてくれたミズメイガの幼虫が、成虫にならずに魚に食われてしまったということである。もしもそのまま大量に蛾となって飛び立っていれば別の被害が発生したのかも知れず、この方法が常に他のダム湖でうまくいくとは限らない。ただ、うまく成功すればコストの点でとても有利である。

 普通こういうことが起きると農薬を撒いたり、除草剤を撒いたりして解決しようとするが、今回は「何もしないで放置」というのが結果的にはよかったのである。全くものごとはわからないのである。

 除草剤とか殺虫剤とかを使うことしか考えてない硬直した役人や御用学者や土建屋どもと違って、市民レベルでこのような事例を見ると参考になることが多い。客観的な立場で自由に発言できるアマチュアの研究者にもっと活躍してもらって、このような「天敵利用のさまざまな方法」を編み出してもらいたいのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月23日(火) 生活保護費の引き下げについて        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


「働くよりも生活保護もらった方が得!」

 こんな状況を改善しようとして、国は生活保護費の支給額をデフレ状態にあわせて引き下げるという方針を打ち出した。こういう決定を聞くと、オレはどうも納得がいかないのである。まっとうに働いている人の給料も減らされてる中で、生活保護費が減らないのは確かにおかしいのだが、そうしてどんどん経済を縮小していくことが正しいのかとも思うのだ。今の不景気を招いたのはそもそも企業が利益を貯め込んで賃金をどんどん減らした性ではないのか。今は不況はそもそも経済の仕組みを理解していない政治家や官僚どものせいなのである。大企業がちゃんと利益を賃金の形で還元していれば決して不景気にはならなかったしデフレにもならなかったのだ。

 もちろん大企業側にも「円高で利益が減った」などの言い訳はあるだろう。なんでこんな円高になったのかというとやはりそれは政治の側の責任であり、歴代の日銀総裁が馬鹿だったことも含めて戦略的な「攻め」の経済政策がそもそも日本には存在しなかったのである。

 毎日新聞の記事を引用しよう。

生活保護:支給引き下げで一致 財政審分科会 毎日新聞 2012年10月23日 00時09分
 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は22日、財政制度分科会を開き、生活保護の支給額見直しについて議論した。委員からは「デフレを反映させるべきだ」との意見が相次ぎ、13年度から物価下落に見合った引き下げが必要との見解で一致した。11月末に財務相に提出する答申に盛り込まれ、来年度予算編成の焦点の一つになる見通しだ。
 生活保護の年間支給総額は08年のリーマン・ショック後に急増。12年度は国の負担が約2兆8000億円に上り、歳出増加の一因になっている。
 政府は8月に閣議決定した来年度予算の概算要求基準で生活保護制度を見直す方針を示しており、予算編成の意見を所管する財政審と、社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)で具体的な見直し論議が進んでいる。
 22日の財政審の会合では、生活保護受給者の生活費が受給していない低所得者を上回る「逆転」状態を是正する必要があるとの意見が相次ぎ、多くの委員が物価変動に応じて支給額を改定すべきだとの意見を表明した。
 また、受給者の医療費抑制に向け、医療機関の窓口で一部を自己負担した上で、翌月以降に負担額を払い戻す制度の創設でほぼ一致。このほか、10年度で約2万5000件、128億円に上った不正受給を減らすため、厚労省が検討している罰則強化を支持する意見が出た。【工藤昭久】


 不正受給の摘発なんて簡単だ。パチンコ屋にやってくる連中の写真を撮ればいいのである。もちろん監視カメラはどの店にもあるだろう。それをチェックして、映ってる人は全て支給打ち切りにすればいい。実に簡単なことである。どうしてそんな簡単なことができないのか。そもそも「生活保護費」というのは最低限の生活を保証するモノであり、その最低限のゼニにどうしてギャンブルをする費用が入ってるのかと思うのである。だからそいつらは少なくとも「最低限の生活」ではないということであり、そんなヤツらに国のゼニをくれてやる必要はないのだ。即座に支給停止とすればいい。

 パチンコする元気があるのに働けないなんてふざけるなと言いたいのである。街にはいくらでも働く場所がある。仕事を選ばなければいくらでも仕事はあるのだ。外食産業は慢性的に人手不足である。週末のファミレスはどこも大混雑している。いくらでも人は必要なのだ。

 日本中で支給されてる生活保護費のうち、パチンコ屋が回収してるのは全体の3割くらいあるとオレは思っている。パチンコ屋に行くのが見つかれば即座に支給停止というルールが決まれば全国のパチンコ屋の売り上げは減るだろう。その分のゼニがまともな消費行動に回ればそれはよいことである。

 また、どんどん支給停止にすることで生活保護費の総額も減らすことができる。どうしてこんな単純なことに気がつかないのか。生活保護受給者のパチンコ禁止だけで劇的な効果を生み出せるのだ。オレが政治家なら必ずこのプランをブチ上げるだろう。どうせパチンコ屋の利益なんて北朝鮮に送金していたり暴力団の資金源になっていたりでろくなことはないのである。ところがパチンコ屋は警察ともつながってるし、政治献金もしている。このクソみたいな連中がゼニで警察や政治に影響力を与えようとしてるのだ。

 韓国では一時期流行したパチンコ屋が法律で禁止されて壊滅した。日本ではその事実はほとんど報道されていない。日本のマスコミはわざとこのことをスルーしているのだ。広告主に文句を言えないクソみたいなマスコミの連中は、原発批判ができなかったことも含めてただの臆病者であり、ゼニだ動く乞食みたいなものである。新聞もテレビも週刊誌も基本的にはクソだとオレは思っている。この世でまともなのはオレの日記のようなゼニをもらってないメディアだけだ。

 「パチンコ禁止」という単純なルールを定めるだけで劇的に改善される今の生活保護の状況に全く手を付けない政治家の無策ぶりにオレはいつもあきれているのである。そういえば土井たか子と名乗って政治家をしていたオバハンもパチンコが大好きだったなあ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月22日(月) 靖国放火犯を英雄視するクソ国家        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 靖国神社に放火したクソ中国人がいた。そんなもの即座に射殺してしまえとオレは思うのである。そのクソ野郎は韓国に逃亡し、そこで日本大使館に火炎瓶を投げ込んだ。韓国はそいつを逮捕して身柄を勾留したわけだが、もちろん放火犯人ということで日本政府は身柄の引き渡しを求めた。ところが中国政府はそのクソ野郎を国家の英雄にするために韓国政府に「日本に渡さずに中国によこせ」と恫喝してるそうだ。ひどい話である。日本での犯罪行為は中国国家では英雄になるのだ。それでは日本人を無差別に殺せば中国ではヒーローなのか。こんなむちゃくちゃな国が存在して良いのか。もしもこの放火犯を韓国が中国に引き渡すようならば、日本政府はいますぐにすべての在日韓国人の犯罪者を終身刑にして報復すべきである。

 ZAKZAKの記事を引用しよう。

中国が横やり 韓国で服役中の靖国放火容疑者 身柄引き渡し2012.10.21.
【ソウル=加藤達也】ソウルの日本大使館に今年1月、火炎瓶を投げ込み韓国で服役中の劉強受刑者=中国籍=の身柄をめぐり、韓国が日中の間で厳しい状況に立たされている。日本側は昨年末の東京・靖国神社への放火容疑で、日韓犯罪人引き渡し条約に基づき身柄の移送を求めているが、中国政府は中国への強制送還を要求。韓国では反日団体などが、日本への引き渡しをしないよう韓国政府に働きかけている。
 韓国外交通商省の趙泰永報道官は今月16日、「国内法と国際法、人道的な見地を総合的に考慮して結論を出す」とし、対応を決めていないことを明らかにした。これに対し日本警察関係者は「人道うんぬんではなく、条約に定められた引き渡し拒否の理由にあたらない限り、粛々と引き渡されるべきだ」としている。
 条約では、引き渡しを拒むことができる場合について、引き渡し後、政治犯として処罰される可能性があることなどを挙げている。しかし、容疑は建造物等以外放火。「通常ならば引き渡しはまったく問題なく、迅速に決まるケース」(韓国警察関係者)だ。
 日本政府筋は「合理的かつ正当な理由なく引き渡しを拒めば韓国は犯罪人引き渡し条約の不履行国となり、国際的信用の失墜は免れない」と指摘している。
 中国の孟建柱公安相は7月の訪韓時、韓国の権在珍法相に「日本に引き渡せば外交問題となる可能性がある」と発言。韓国側は「懸念を理解する」とした。
 韓国政府筋によると、中国は劉受刑者を取り戻すことで外交力を内外に示す意図があるという。韓国司法関係者は「中国政府は劉受刑者を英雄的に処遇するため旅券の発給準備を進めている」と明らかにした。
 劉受刑者は公判などで犯行動機を「祖母が慰安婦だった。日本政府が過去の歴史を認めず責任もとらないことに怒りを感じた」と主張。韓国当局は真実性を検証していないが、韓国メディアは事実のように伝えてきた。元「慰安婦」を支援する反日団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」も劉受刑者を日本に引き渡さないよう韓国政府に働きかけ、問題をより複雑にしている。


 放火犯人がどんな理由をでっち上げたところで、自らの犯罪行為を正当化することはできない。ところが韓国のメディアはその放火犯の行為を正当化して支持しているのである。竹島問題なんかよりも、もっとこのことを日本政府は問題視すべきだろう。靖国神社に放火されたということは、我々日本人の心を踏みにじられたようなものである。そんな放火犯人に対しては必ず厳罰を科して欲しいというのが日本の国民感情だ。ところがそのクソ野郎を中国は英雄として迎えようと言うのだ。ふざけるなと言いたいのである。

 中国には「愛国無罪」という便利なコトバがあって、どんな犯罪行為もそれが愛国心から発生したものであれば「無罪」であるというむちゃくちゃな論理展開がある。だからこの放火テロリストも国家の英雄になるわけだ。そういう国だから反日デモの略奪も正当化されるのである。この迷惑な隣国では道徳的に間違った行為であっても「反日」であればすべて許されるのである。もしかしたら通州事件で日本人を無差別に虐殺し、幼い子どもの目玉をえぐり、妊婦の腹を割いて殺した鬼畜どももかの国の価値観では「抗日の英雄」なんだろう。今もしも銀座や秋葉原で爆弾を仕掛けて無差別殺人を行った中国人が出れば、それは中国で英雄として称賛されるはずだ。放火犯を「国家の英雄」と処遇する国だから、もっと日本に被害を与えればもっと称賛されるはずである。反日デモに面白がって参加する馬鹿が多いことと、その反日デモが政府による「やらせ」であったことを思えば、今度は国からゼニをもらって日本国内でテロ行為を行う馬鹿が出るかも知れない。今の中国はまぎれもなくテロ支援国家なのである。アメリカはイラン包囲網を強めているが、イランよりも中国の方が100倍危険である。

 なぜこの事実を政治家はもっと問題にしないのか。ただの放火犯人の行為を外交問題にして相手国に圧力を掛けようとしてくる中国という帝国主義国家の不当な外交要求に対して、「おまえらのやってることは世界の恥だ!」と宣言できるような政治家はいないのか。オレは日本政府の弱腰ぶりにあきれてしまうのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月21日(日) 地下鉄車内での水素爆発は危険です        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 水素爆発は危険である。原子炉建屋を吹っ飛ばすくらいの威力があるのだ。満員の地下鉄車内で起きた水素爆発がどれほど危険なことであったのか、想像するだけでも恐ろしいのである。死者が居なかったことは不幸中の幸いである。それにしてもアルミと強アルカリが反応して水素を出すなんてことを知らなかったのは理科教育の問題であり、そのあたりをきちっと学校で教えて欲しいものである。馬鹿な中学生がシンナー吸引しながらタバコを吸うレベルまではいかなくても、かなり不用心だったことは間違いない。

読売新聞の記事を引用しよう。

洗剤とアルミ缶が化学反応し破裂…丸ノ内線事故
 東京都文京区の東京メトロ丸ノ内線本郷三丁目駅のホームに停車中の電車内で20日未明、洗剤の入ったアルミ缶が破裂し乗客十数人が負傷した事故は、洗剤とアルミ缶が化学反応を起こして水素が発生し、破裂した可能性の高いことが警視庁幹部への取材でわかった。
 同庁は故意に破裂させた可能性は低いとみており、缶を持っていた女性から話を聞くなどして原因を調べている。
 警視庁によると、缶を持っていたのは都内に住む20歳代の飲食店アルバイト女性で、千代田区内の飲食店での勤務を終えて帰宅途中だった。自分で飲み干したコーヒーのアルミ缶(390ミリ・リットル)に洗剤を入れ、蓋を閉めて持ち歩いていた。「(洗剤は)勤務先の店長からもらった」と話しているという。
 簡易鑑定の結果、缶に入っていたのは強いアルカリ性の洗剤と判明。同庁は、洗剤の成分とアルミ缶が化学反応を起こして発生した水素が缶の中で充満し、破裂した可能性があるとみている。
 女性は御茶ノ水駅から荻窪発池袋行き電車(6両編成)の先頭から5両目に乗車。車内は終電間際のため満員状態で、この女性を含む男性6人、女性10人の計16人の乗客の手や顔などに洗剤がかかり、やけどのような症状を訴えた。うち9人が病院に搬送されたが、いずれも軽傷という。
(2012年10月20日13時53分 読売新聞)


 今回の事故は故意ではなかったということである。しかし、こんな簡単に危険物が製造できるわけで、誰かが同様に作製したアルミ缶を電車内に遺棄すれば、時間が経ってから水素爆発するのである。中学生にだってそういう時限爆弾が作れてしまうのである。なんて危険なことだろうか。

 そして「故意」ではなかったにしても、「過失」は存在するわけで、この爆発物を製造してしまった女性に対して賠償を求める訴訟は起こせるだろうし、本人に「故意」はなくても、結果的に発生させてしまった被害に対しては責任を負うのである。それが社会のお約束である。

 満員の地下鉄で突如起きた大爆発、オレはその場にいた方々がどれほど肝をつぶしたかを思わず想像して恐怖を感じたのである。ただ、どの方も軽傷だったということで不幸中の幸いだったわけだが、電車に乗る時にこんなことまで警戒しないといけないなんてなかなか大変なのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月20日(土) 中日よ、巨人を倒せ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 阪神ファンはいつもタイガースが勝つことを願っている。しかし、タイガースが勝たない日ももちろんあるし、むしろその方が普通である。そんな時に阪神ファンは何を期待するのかというと、巨人が負けることである。もし阪神が負けても、その日に巨人も負けていればなんだか心が落ち着くのだ。

 来季のコーチ陣を負け癖のついた暗黒戦士たちでがっちりと固め、あの暗黒時代に12球団最低の捕手と言われた山田勝彦をバッテリーコーチに据えた阪神タイガースはおそらく来季は最下位間違いなしだろう。一番弱かった頃の阪神を支えてきた選手たちが、どうしてチームを強くなんかできるだろうか。彼らは2003年、2005年に優勝したタイガースを横目に見ながらきっとこう思っていたのである。「こんなのは本当のタイガースじゃない!」と。そしてもとのダメ虎に戻すために、ちゃくちゃくと暗黒戦士たちを集めてきたのだ。そんな子どもにもわかるようなことがわかってない球団首脳は、なんと暗黒大魔王をゼネラルマネージャーに据えて、阪神が未来永劫低迷する路線を確実なものにした。オレはもうあきれるしかないのである。

 そんな阪神ファンが願うことは、巨人が負けることしかない。だからこんな結果になったCSに拍手喝采なのである。

堂上剛が決めた!中日延長戦制し3年連続日本シリーズに王手 セ・リーグCSファイナルS第3戦 中日5−4巨人 (10月19日 東京D)
 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は19日、第3戦を行い、セ・リーグは中日が延長10回に代打・堂上剛が決勝打を放ち3連勝。3勝1敗(巨人のアドバンテージ含む)として、3年連続の日本シリーズ出場へ王手をかけた。
 巨人が20歳の宮国、中日が47歳のベテラン山本昌が先発。初回、宮国は3者凡退と上々の立ち上がり。その裏、山本昌は先頭の長野に四球を与え、送りバントなどで2死三塁のピンチを招いたが、4番・阿部をボテボテの一ゴロに仕留め、無失点。
 2回、宮国は1死からブランコに左前打を許すと、平田、森野に連続四球で満塁。続く谷繁に左前2点適時打を浴びて、中日に先制を許した。山本昌は1死から村田に四球を与え、ボウカー、寺内に連打を浴び1失点。宮国が犠打で送り2死二、三塁と一打逆転のピンチを招いたが、長野を二ゴロに打ち取ってしのいだ。
 3回、宮国は先頭の大島に二塁打を許し、荒木が送って井端が右犠飛。巨人は再び2点を追う展開になった。山本昌は谷、坂本、阿部の主軸を3人できっちり抑えた。
 4回、宮国は2死から森野に中前打を浴びたが、谷繁を遊ゴロに抑えた。山本昌は1死から村田に右越えのソロ本塁打を浴び、1点差に迫られた。
 5回、宮国は2死から荒木に四球を許したが、井端を二ゴロに抑えた。山本昌は三者凡退に抑え、勝ち投手の権利を得た。
 6回、巨人は宮国から福田に交代。先頭の和田にソロ本塁打を浴び、続くブランコに四球、平田に右前打を許し1つもアウトを取れず降板すると、高木京が登板。森野が犠打で送り1死二、三塁とされるが、谷繁を中飛に抑え、山崎には四球を与えたが大島を遊ゴロに切って取り満塁のピンチをしのいだ。中日は山本昌に代えて田島を投入。1死から阿部に左前打を許し、続く高橋に同点本塁打を浴びた。
 7回、巨人は高木京からマシソンに継投。三者凡退に抑えた。中日は田島に代えてソーサ。1死から長野に投手強襲安打を許し、犠打で二塁まで進んだが、坂本を右飛に打ち取った。
 8回、巨人はマシソンに代えて山口を投入。2死から四球と安打で一、二塁とされるが、代打の松井を三ゴロに抑えた。中日はソーサから小林に継投。2死から村田に四球を出したが、後続を断った。
 9回、山口は1死から荒木に左前打を浴びたが、続く井端、和田を抑えた。中日は小林に代えて武藤。三者凡退に抑え、延長戦に突入した。
 10回、巨人は守護神の西村が登板。先頭のブランコに三塁強襲安打を許し、平田に送らせなかったものの、森野に左前打を浴び1死一、三塁のピンチに。谷繁が2度に渡ってスクイズを試みたものの、どちらもファウルでスリーバント失敗に倒れた。しかし続く代打の堂上剛に中前打を浴び、1点勝ち越された。中日は守護神の岩瀬を投入。好守にも助けられ、3人でピシャリと封じた。 【試合速報】


 こうしてついに中日が日本シリーズ出場に王手を掛けたのである。もう巨人は絶体絶命だが、オレは巨人の負けを願っている。ダントツの1位で優勝したのに日本シリーズに出られないなんて面白すぎるじゃないか。ここはなんとしても中日にがんばってもらいたいのである。

 残りあと3試合、巨人はこのすべてを勝つことしかチャンスは残されていないのである。明日からのCSも楽しみである。オレを含めて大多数の阪神ファンは巨人の敗北を願っている。日本ハムは今日日本シリーズへの出場を決めたが、第一戦の決勝打を放ったのが元巨人で山本モナとの不倫問題で放出された二岡だったことがなんとも皮肉だったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月19日(金) (ラブホテルの窓から)飛んだカップル        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 高校生の小遣いではラブホテルの料金は高いのである。しかし、踏み倒せばその心配もないのである。どうやったら踏み倒せるのか。窓から飛んで逃げるという方法を考えた女子高生が居て、ゼニのない彼氏にその方法を勧めて誘ったのである。いやはや、女の子の方がなかなか積極的である。

 時事通信の記事を引用しよう。

ホテル代払わず、高校生カップル逮捕=詐欺容疑、窓から逃走―愛知県警
時事通信 10月16日(火)20時17分配信
 ラブホテルの代金を支払わず逃走したとして、愛知県警春日井署は16日までに、詐欺容疑で同県春日井市の高校2年の少年と少女=いずれも(16)=を逮捕した。2人とも容疑を認めているという。
 同署によると2人は交際しており、少女は「ただでホテルを利用できれば得だと思った」と供述。少年は「無料で利用できると(少女に)誘われた」と話しているという。2人は利用した2階の部屋の窓から飛び降りて逃走した。
 逮捕容疑は6月10日午前10時45分ごろ、同市内のラブホテルに入り、午後2時半ごろまでの利用料や飲食代など計2万2350円を支払わず逃走した疑い。
 

 オレが疑問を持ったのはこの料金である。4時間弱の利用料金としては高すぎるのである。なぜこんなに高いのだろうか。春日井市が特にラブホの料金が高いというわけではないだろう。この6月10日というのは日曜日だが、延長料金を含めても4時間ならどんなに高くても1万円程度ではないだろうか。そうするとルームサービスで食べまくり、ついでに部屋にあるアダルトグッズまで購入して・・・ということが考えられる。高校生がそんな淫らなことをしてどうするのかとオレは心配してしまうのだが、この馬鹿ップルは本能のままに行動することしか知らない究極の馬鹿だったのだろう。

ただ、オレの考えている以上にこのカップルはしたたかで「どうせ踏み倒すのだから思い切り贅沢してやろう・・・」という意図で、一番高い部屋を選び、遊びまくったのかも知れないのである。実に恐ろしい高校生カップルである。

 オレは高校生の頃、受験勉強に明け暮れるまじめな少年だった。今もオレの教える高校では大学受験のために勉強に邁進する高校生たちが日々頑張っている。その一方でおよそ勉強とは無縁の生活を送り、ただ毎日遊ぶことしか考えていない馬鹿な高校生もいるのである。そしておそらく絶対数では後者の連中の方がはるかに多いのだ。まじめに勉学にうちこむ高校生なんて、全体の1割以下だろう。大多数の者たちはろくに勉強もしないでこの馬鹿ップルたちのように本能の赴くままに日々を過ごしているのである。そんな連中が「仕事がない」「就職できない」などとほざいているのは自業自得だとオレはあきれるのだ。遊ぶ前にまず働けよと思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月18日(木) 米兵の犯罪対策に特別立法せよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 また米兵の犯罪である。沖縄ではこういうならず者の兵隊の犯罪が日常茶飯なのだが、それにしても悪質だ。こいつらは任務でグアムに行く予定だったわけで、その直前に事件を起こして逃亡する気満々だったわけで、計画性の高い犯罪である。このような犯罪をなくすには日本人よりもはるかに重い量刑を科すことを法律で定めないとダメだ。

 読売新聞の記事を引用しよう。

集団強姦致傷容疑で米海軍の2人を逮捕…沖縄
 沖縄県警沖縄署は16日、女性に乱暴してけがをさせたとして、米海軍の上等水兵クリストファー・ブローニング(23)、3等兵曹スカイラー・ドジャーウオーカー(23)の両容疑者を集団強姦(ごうかん)致傷容疑で逮捕した。
 発表によると、両容疑者は16日午前3時35分〜4時20分頃、沖縄本島中部で、歩いて帰宅していた日本人の成人女性に性的暴行を加え、首に軽いけがを負わせた疑い。
 ドジャーウオーカー容疑者は容疑を認めているが、ブローニング容疑者は「逮捕事実が間違っている」と否認しているという。
 2人は米国テキサス州のフォートワース海軍航空基地に所属しているといい、在沖縄米軍の所属ではないとみられる。現場近くのホテルに泊まっており、ともに「酒を飲んだ」と供述しているという。
 一方、女性のかばんがなくなっており、県警は関連を調べている。
(2012年10月16日20時41分 読売新聞)


 酒を飲んでいれば罪が軽くなると思ってるのは、日本の刑法の軽さを舐めているからである。判例主義に凝り固まった馬鹿裁判官はせいぜいこのクソどもに対して執行猶予付きの判決しか出さないし、仮に実刑になったとしても快適な刑務所で日本人とは違った待遇が保証されてるわけで、そんなものは罰とは言えないのである。

 オレはこのような米兵の犯罪をなくすために特別な法律を作るべきだと思っている。米兵の犯罪に関する特別立法である。殺人の場合は必ず死刑、それ以外の一般犯罪はすべて終身刑というルールを決めるのだ。窃盗でも終身刑というのは重すぎるという文句が出そうだが、適用対象を米兵だけにしぼればいいのである。そして終身刑の者をどうしても釈放して欲しかったらアメリカ政府が日本円にして1億円支払って被害者への賠償に充てるということにすればいいのだ。

 今回のような集団強姦致傷ならもちろん終身刑、ひき逃げも終身刑、酔っ払って酒場のものを壊しても終身刑というふうにこのならず者どもにはそれに見合った罰を用意すればいいのである。そしてアメリカ政府が文句を言ってきても「日本の法律で決まったので」と押し通せばいいのだ。もしもアメリカで日本人が犯罪を起こした時に不公平な量刑が行われたとしても、それは報復などではなくてもともとアメリカは人種差別の国なのである。黒人やヒスパニックの人たちが白人よりも死刑になる率が高いのはアメリカではお約束である。だったら日本でも米兵の罰だけは特に重いというお約束を決めればいいのである。簡単なことである。

 広大な基地を押しつけられ、大量のならずものの不良外人を押しつけられた
沖縄県民の苦しみを日本人は正当に理解しているのか。こうして報道されるのはほんの一部であり、多くの闇に葬られた犯罪事実があることを知ってるか。我々日本人はアメリカ政府に対して正当に抗議し、そして必ず賠償を勝ち取らないといけないのだ。とりあえずこの2人の不良米兵をすぐに釈放なんてしないで欲しいのである。「逮捕事実が間違っている」と否認しているこのクソ野郎は罪を認めるまで何年でも拘留してやれ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月17日(水) 中核派の活動家も生活保護受けてます!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 「中核派」なんていう過去の遺物が今でも存在していたのである。こんな連中はもはや天然記念物で無形文化財ということで国から保護を受けてるのかも知れない。そういうわけで生活保護のゼニをもらってぬくぬくと暮らしていたのである。国のゼニで暮らしている連中にもはや「革命」を語る資格はない。オレからみればこいつらはただの寄生虫のクズである。読売新聞の記事を引用しよう。

中核派の男と妻が不正受給、海外旅行30回以上
 生活保護費を不正受給したとして、大阪府警警備部は14日、大阪府高槻市富田町、中核派活動家で無職山本平(49)、妻の無職淳子(51)両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。
 山本容疑者は黙秘、淳子容疑者は「ゆとりのある生活がしたかった」と認めている。
 発表によると、2人は2006年12月〜昨年10月、債権の利息や、交通事故の保険金などの収入があったのに同市に申告せず、約79万円をだまし取った疑い。
 捜査関係者によると、山本容疑者は18年前から保護費を受給。ヨーロッパやハワイなどの海外に約30回以上、夫婦旅行やダイビングに出かけていたという。
(2012年10月16日16時20分 読売新聞)


 さて、この記事にある「無職」で中核派活動家という肩書きだが、その実態は「病気」などを理由に生活保護を不正受給するクズだったのである。どうせ「うつ病」とか適当にでっち上げて行政をだましていたのだろう。こんなクズは詐欺罪で刑務所に死ぬまでぶち込んでやってもらいたいのである。

 それにしてもオレが不思議に思うのは、こいつらが「中核派活動家」という危険な存在なのになぜ簡単に海外渡航できたのかということなのだ。ハイジャック事件とかを起こしたらどうするのか。そういう連中であるというだけで公安はしっかりと監視しておくべきだろう。なんで公安と行政は連携取れてなかったのだ。税金の無駄遣いも甚だしいのである。

 また、生活保護のゼニだけで30回以上の海外旅行ができたのかということも気になる。もしかしたらこの「中核派」の活動を支援する組織がどこかにあって、ゼニがこいつらのところに集まってきているのかも知れないのだ。あるいは海外からの支援があるのかも知れない。背後関係も気になるのだ。アルカイダのような国際テロ組織につながっていたらどうするんだ。それこそ「簡単に海外渡航させていた」日本政府の責任が問われるのである。

 そもそもサヨクの活動家を気取っているのなら、国家の庇護そのものを拒否すべきである。国家の庇護を受けている連中には「革命」を語る資格はない。自己批判の上で総括の対象にすべきである。反革命分子である無職山本平(49)、妻の無職淳子(51)両容疑者は中核派の中で内部粛清されるべきだ。おまえらの組織でリンチでもしてやれよ。その方が国が与える刑罰よりもはるかに重いだろう。昔革マルと喧嘩していたころは時々両手両足を折るような凄惨なリンチをしていたじゃないか。あれがおまえらのやり方だろ。ちゃんと組織内部のカスにも制裁をしてこそ規律が守られるんだぜ。

 本当に生活保護を必要としている人が餓死し、ゼニが有り余って海外旅行しまくっているヤツらが生活保護を受けてさらに遊びまくっているこのような実態を放置したのは誰の罪なのか。この実態を見抜けずに生活保護費を支給し続けた行政側の担当者も厳重に処罰してもらいたいのである。不正受給、やってる連中も罪だが、見抜けないボンクラも罪であると。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年10月16日(火) プリンを食べたかった女        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 細田守監督のアニメ映画「時をかける少女」の中には、妹に食べられてしまったプリンを取り戻すためにわざわざ時をさかのぼって先に食べるという場面がある。そこまでして食べなければならないほどプリンというのは大切なのである。そのプリンを食べたいためにわざわざ窃盗という罪を犯す人間までいるのだ。プリントはかくも罪深い食べ物なのである。この世にもしもプリンという食べ物が存在しなかったとしたら、今回の事件は起きなかったのかも知れない。

 朝日新聞の記事を引用しよう。

「お菓子食べたかった」…従業員装いプリンなど窃盗容疑
 愛知県警稲沢署は14日、製菓工場から洋菓子を盗んだとして、愛知県北名古屋市六ツ師、アルバイト大野育代容疑者(36)を建造物侵入と窃盗の疑いで現行犯逮捕し、発表した。大野容疑者は「お菓子を食べたかった」と容疑を認めているという。
 同署によると、大野容疑者は14日午後0時半ごろ、同県清須市内の製菓工場に侵入し、焼き菓子やプリンなどの洋菓子18個を盗んだ疑いがある。大野容疑者は昨年2月から約5カ月間、この工場に勤務。当時会社から貸与された作業着を着て従業員になりすまし、工場内に侵入したという。
 工場では1週間前にも菓子が盗まれたため、従業員が警戒していた。侵入から約20分後に工場から出てきた大野容疑者を従業員が呼び止め、手提げバッグに入った洋菓子を発見。大野容疑者が盗みを認めたため、警察に通報したという。


 36歳のこの女は、自分が過去に働いたことのある工場で目の前の大量のプリンなどの洋菓子を食べたくても手出しできないという状況にやきもきしていたのだろう。宝の山を前にしながら、それが商品であるために食べられないというジレンマに苦しんでいたのである。いわゆる「蛇の生殺し」というヤツである。彼女が通常の人間に比べて激しい食欲に苦しめられていたという可能性は想像に難くない。

「従業員を装って侵入すれば怪しまれずにプリンをゲットできる・・・・」

 なんと浅はかな考えだろうか。そもそも盗まれれば個数が合わないのですぐにバレるのである。自分がその工場でバイトしていたのにそんなこともわからないというのはなんとお馬鹿な思考回路だろうか。
 一度は成功した。しかしそれは成功などではなかった。個数が減ったことにちゃんと気付かれていて、誰が盗んだのかということで工場の側では犯人捜しのために警戒していたのである。そうして窃盗現場をおさえられたのである。

「お菓子を食べたかった」

なぜ自分でゼニを出して買って食わないのだろうか。それを買うほどのゼニもなかったのだろうか。この工場で生産されるプリンは一個1000円くらいするような高級品で高嶺の花だったのだろうか。そんなわけがないのである。

 18個も盗んで一気に食おうとするほどに自分の食欲をコントロールできないこの女がいったいどんな体型をしてるのだろうかとオレはちょっと興味を持ってしまったのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月15日(月) 今治市係長の趣味は「器物損壊」        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 公共物を破壊することを趣味にしている馬鹿がいる。わけもなくモノを破壊することで何かの衝動を抑えたいのか、ストレスを発散したいのかわからないが、とにかく迷惑なことこの上ないのである。こういうクソ野郎は行為の軽重にかかわらず厳罰を与えてもらいたいとオレは常々思っている。

 もしもどこかのクソ野郎に意味もなくオレが自分の車を傷つけられたとしたら、オレはそのクソ野郎を死刑にして欲しいと願うだろう。目の前でクルマを傷つけられる現場を目撃したらオレは犯人を追いかけて容赦なくぶん殴るだろう。

 読売新聞の記事を引用しよう。

車傷つけられ警戒、取り押さえてみたら市係長
 他人の車に傷をつけたとして、愛媛県警今治署は13日、今治市桜井団地、市保育課係長の谷口文彦容疑者(43)を、器物損壊容疑で現行犯逮捕した。
 発表では、谷口容疑者は13日午前2時25分頃、今治市唐子台東の民家駐車場で、住人の男性(45)の軽乗用車の車体左側に、長さ約30センチの傷をつけた疑い。
 同じ駐車場では今年3月以降に、男性の車2台に傷がつけられる被害が計約10回発生。土曜の朝に新たな傷が見つかるケースがあり、男性が夜間に警戒。異音が聞こえた後に走って逃げた谷口容疑者を追跡し、取り押さえて110番した。谷口容疑者の呼気からはアルコール分が検知され、同署の調べに対し、「やっていない」などと話しているという。
 職員が器物損壊容疑で現行犯逮捕された事件について、今治市の菅良二市長は13日、「市民に深くお詫びします。事実関係を早急に確認して厳正に対処します」とのコメントを発表した。
(2012年10月14日17時52分 読売新聞)


 酒に酔ったこの係長は金曜日の夜にクルマに傷を付けることを趣味にしていたのである。これは飲酒による酩酊状態や心神耗弱状態だったからと免罪されるようなものでもないだろう。酒の上のことであっても犯罪は犯罪、やっぱりこのようなクソ野郎にはきちっと責任をとらせるべきだし、市の職員ならば懲戒免職が相当である。市民の財産を破壊するようなクソ野郎が市の職員であることなどあってはならないのである。

 それにしても粘り強く張り込んで犯人を捕まえたこの45歳男性はお手柄である。本来こういうことは被害を受理した警察がすべきことだが、警察もくだらない交通取り締まりに忙しかったりするのでこんなところまでは手が回らない。結局犯人を検挙する方法は自分で監視カメラをつけるとか、張り込むとかするしかないのである。

 「やってない」とほざくこの往生際の悪いこのクソ係長、市役所の前に縛り付けて市民の前にさらし者にしてやれよ。オレはこういう迷惑な人間が大嫌いである。そして「バレなかったらいい!」と他人のクルマに傷をつけたり、落書きをしたり、モノを盗んだり、反日デモの群衆に紛れて略奪行為をしたりすような人間のクズは死刑でもかまわないと常々思っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月14日(日) 海の時空館はどうなるのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 大阪市には多くの負の遺産がある。そんなもの作っても赤字になることがわかってるのに無意味に建設してしまった馬鹿施設である。赤字でもなんらかの文化的な意味があればいいのだが、それもない、ただ天下り先を作りたいとか、税金を浪費したいとか、担当者がどうしようもない馬鹿だったとか、信託銀行にだまされたとか、とにかくそういうことでできてしまった多くの馬鹿施設が大阪市に大きな借金をもたらしているのである。もちろんその責任者たちはみんなガッポリ退職金をもらってやめていくし、USJみたいに奇跡的にうまくいった施設は利益の大半を大阪市ではなくてゴールドマンサックスという外資が持って行ってしまうのである。

 さて、その馬鹿施設の一つが「海の時空館」 である。大阪市の事業仕分けで廃止が決まってるのだが、2000年に176億円かけて建設されたばかりである。館内には10億円かけて復元されたという「菱垣廻船」があるが、これも廃棄が決まってるという。

 オレはその「菱垣廻船」がなんだかもったいないのである。捨てるのならば譲って欲しいのである。江戸時代には大阪から江戸まで上方のさまざまな商品を運んでいたということだからいちおう沿海航路には使えるのだろう。改造してエンジンを載っけて、近海クルーズ船として使えないかと思うのだ。もちろん改造費はかなりかかるだろうが、捨ててしまうというもったいなさを思えば、まだ改造した方がマシだと思うのだ。

 しかし、この船に学術的価値があるとかほざく馬鹿学者どもはきっと「改造したら文化的な価値がなくなる」と主張するだろう。アホか。そんなに価値があるのならおまえらが10億円出して買えばいいだろう。昔のものがそのまま残っていれば価値があるのであって、現代の技術でただ形をマネして作った菱垣廻船にはなんの骨董品的な価値もないのである。だったら実用性があって遊び心を満たしてくれればそれでいいのである。

 観光資源として残すのなら残すと言うことで徹底的に工夫しないとダメだ。乗務員は全員江戸時代のコスプレにするとか、あるいは花魁(おいらん)のコスプレをした美女が大勢乗っている廓舟(くるわぶね)にして淫靡な雰囲気を漂わせるとか、それなりにインパクトのあるものにしないと外国人の観光客を驚かせることはできないのである。それこそ風営法の営業許可をとりつけてまるごと風俗店にしてしまっても面白いのである。こんなことを書くときっとまじめな方々から「ふざけるな!」と言われそうだが、オレは江戸時代の吉原などの遊郭で築かれた伝統文化は日本の誇りだと思っている。それを再現してなぜいけないのか。




 パナソニックはトップが馬鹿だったためにもう完全に過去の遺物だったプラズマディスプレイの工場に2000億円も投資して今の惨状を招いた。ソニーは大赤字になったのにその責任をハワード・ストリンガーにとらせるどころか破格の高額報酬を与えて社員のやる気を失わせた。滅び行く組織というのは必ずトップがカスだ。大阪市もそういう組織の一つだったわけで、馬鹿市長がまわりの馬鹿幹部にのせられて市職員の天下りのためだけの意味不明な施設を作らせ続けたのである。WTC、ATC、オスカードリーム、ラスパ大阪などそういった馬鹿施設はいくらでもあげることができる。

 しかし、それをただ嘆いていても意味のないことだ。将来のことを考えればそういう馬鹿施設もなんとか活用法を考えないといけないのである。どうすればダメ施設からゼニを生み出すことができるのか、それを工夫しないといけないのだ。大阪には空港がある。関西空港にLCCをたくさん就航させれば観光客をいっぱいひっぱってこれる。そいつらにじゃんじゃんゼニを使わせればいいのである。問題はどうやってそれを実現するかということなのだ。中国と喧嘩している場合じゃないのである。尖閣問題で喜んでるのはオスプレイを日本に押し売りして儲けたいアメリカと、腐敗した党幹部へのの怒りの矛先をうまく日本に向けさせることに成功した中国政府だけである。

大阪・役人天国の果てなき闇


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月13日(土) 金持ち父さんの倒産        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 人に向かって投資を語る場合、コトバだけではなくて実際にその方が投資で勝ってるかどうかということが大事である。オレはリーマンショックとかでかなり損したし、今はとても投資を語る資格はないと思って沈黙しているのである。とにかく今の相場はわからない。ヨーロッパやアメリカからどんな悪材料が出てくるかわからないし、馬鹿な日銀総裁のせいで日本経済ももはや回復の見込みはない。

 「金持ち父さん 貧乏父さん」の著書で有名なロバート・キヨサキ氏も著名な投資家の一人である。そういう本を出している以上、しっかりと金持ちの王道を歩んでると思ったがそうではなかったようである。ゆかしメディアにこんな記事があった。

「金持ち父さん 貧乏父さん」ロバートキヨサキ氏の会社が破産
2012年10月11日(木)17時10分配信 ゆかしメディア
 「金持ち父さん 貧乏父さん」などの著書で知られる、ロバートキヨサキ氏が2400万ドルの支払い命令が下されており、会社の破産申請を行ったことが10日、わかった。
 NYポストによると、今年4月、ロバートキヨサキ氏の投資会社リッチ・グローバルLLCは、プロモーターのビル・ザンカー氏から、これまでの利益2400万ドルの支払いを求めた訴訟を提起されていたが、米連邦地裁はザンカー氏の主張を認め2400万ドルの支払いを命じていたという。
 同紙の取材に、リッチグローバルの関係者は、キヨサキ氏がグループ会社は8000万ドルの価値がある、と語っていたそうだ。しかし、それはないようで、グループの該当会社の破産申請を行うに至ったようだ。
 ザンカー氏はプロモーターとして、キヨサキ氏をブランド化し講演、著書などで大きな利益を得るまでにしたという。
 キヨサキ氏の著書は、これまでに全世界で2600万部以上の発行部数を誇る大ベストセラーに。日本でも個人投資家をはじめ多くの人に読まれ、不動産投資家としてデビューするきっかけを作った。
 

 不動産投資というロバート・キヨサキ氏の手法は少子化で空き家だらけの今の日本では成功する見込みはかなり薄いだろう。アメリカもFRBがQE3の導入を決定し、住宅ローン担保証券購入を月400億ドル行うと決めたことで無理矢理に住宅価格の値下がりを食い止めているわけだが、そもそも需要がないものの価格を無理に維持しようとしている状況がいつかは破綻に至るのは自明の理であり、欧州の金融機関が大量の不良債権を処理できずに苦しんでることと合わせて考えれば今は「買い」のポジションを取ろうとする投資家にとってはかなり厳しい状況なのである。いろんなものがこれからさらに下がると予測して、「売り」のポジションで参戦しないと勝てないのである。

 日本株も9月にQE3実施の報を受けて上がりかけたのに、反日デモをはじめとするチャイナリスクの暴発で一気に暴落した。よい材料に対しては少ししか反応しないのに、悪い材料に対しては過敏に反応するのが今の相場の動きなのである。だから今確実な投資手法としては「上がった株を空売り」「悪い材料の出た株を空売り」しかないのである。

 「金持ち父さん」の会社でさえも「倒産」してしまう不確実な時代、リスクを犯して投資する人がどんどん減ってしまい、国債のような元本保証のものに人々が群がるようになってますます景気は冷え込んでしまう。年利0.1%のようなところにゼニを預けていても決して「金持ち父さん」にはなれないのである。今は投資家にとってまことに悲しい状況なのである。しかも日銀総裁がボンクラとくればもはや日本の景気回復は絶望的だ。どうやって個人投資家は「金持ち父さん」を目指せばいいのだろうか。

 追記:この倒産は計画倒産という記事がその後出たので紹介したい。なるほど、こんな卑怯な男だったのか、

「金持ち父さん」はやっぱりしたたかだった 会社倒産しても「個人資産」はがっちり確保
2012年10月12日(金)18時41分配信 J-CASTニュース
ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の著者、ロバート・キヨサキ氏(65)がアメリカに持つ会社が倒産した。金儲けの方法を知り尽くしたはずの同氏の会社がいったいなぜ、とネットで注目を集めている。
米メディアでは、同社は、2012年4月に裁判所から約2400万ドルの支払い命令を受けていて、「個人資産を守るため」の計画倒産ではないかとも囁かれている。
「個人資産を守るため」の「計画倒産」?
ニューヨークポスト紙はじめ海外メディアが2012年10月10日(現地時間)に伝えたところによると、キヨサキ氏の経営する会社の1つ、「Rich Global LLC」(リッチ・グローバル)が連邦倒産法第7章の適用を申し立てた。これは、日本で言う破産申請に相当する。
1997年の発売以来、世界中で2600万部以上を売り上げた『金持ち父さん貧乏父さん』を代表作に持ち、「金持ちになる方法を知り尽くした男」としてセミナーも支持を受けてきたキヨサキ氏の会社が破綻。まさか、資金繰りに詰まってのことでは――との推測がネットを駆け巡り、「これから何を信じればいいの…」といった声も出た。
しかし、真相は別のところにあるようだ。「個人資産を守るため」の「計画倒産」との見方を、海外投資情報を幅広く発信するサイト「Market Hack」が12日に示し、「これは教科書どおりの処置」と書いた。米フォーブス紙も12日、「戦略的なビジネスの選択」と表現、同様の向きは海外メディアに複数ある。
実は、リッチ・グローバルは12年4月に米地方裁判所から、「Learning Annex」(ラーニング・アネックス)と同社社長に2400万ドル(約18億円相当)を支払うよう命じられていた。このラーニング・アネックスは、キヨサキ氏が無名の時代から、セミナーのアレンジをはじめとするプロモーションを担当し、「金持ち父さんブランド」をつくりあげた会社の1つだ。キヨサキ氏が正当な報酬を支払わなかったため、訴えを起こしたという。
もう1つの会社で事業継続
つまり、キヨサキ氏は2400万ドルを負債として「踏み倒す」ために、リッチ・グローバルを「計画倒産」させ、自身のビジネスは別の会社「Rich Dad Co」(リッチ・ダッド)で引き続きおこなう、というのが大半の見方のようだ。
この考えを裏付けるかのように、リッチ・ダッドのCEO、マイク・サリヴァン氏は、10日、ニューヨークポスト紙の取材に対して、こう話している。
「ラーニングアネックスの焦りや苛立ちは分かる。リッチ・グローバルには数百万ドルしか残っていないし、金を会社の外から持ってくるのは無理だ。ロバート・キヨサキ氏とその妻キム・キヨサキ氏の個人資産から金を引き出すことはできない」
なお、米サイト「Celebrity Net Worth」の試算によると、キヨサキ氏の個人資産は約8000万ドルと目される。投資での収入があるほか、現在もセミナーなどで活動し、10社ほどの会社の経営もしている。フォーブス紙によれば、ほとんどのビジネスはリッチ・ダッドを通じておこなわれていて、リッチ・グローバルが倒産しても痛くもかゆくもない状況のようだ。



↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月12日(金) 91歳、恐怖の逆走迷惑ドライブ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 91歳でも100歳でもクルマの運転は免許証があればできる。いや、「できる」じゃなくて「してもいい」ということになっている。しかし、果たして正常な運転ができるのかどうか、更新時の適性検査だけでは絶対に不十分だとオレは思うのだ。今回の日記で取り上げる91歳ドライバーが「認知症」だったのかどうかは明記されていないが、このようなドライバーが路上に存在することでどれほど他のドライバーが生命の危険にさらされることか。警察のやるべきことは隠れて行う一時停止の取り締まりなどではなくて、このような重大事故につながる老年ドライバーの発見なのである。

 読売新聞の記事を引用しよう。

東名逆走13キロ、91歳「ドライブしていた」
 11日午前2時20分頃、静岡県沼津市岡宮の東名高速道路沼津インターチェンジ(IC)付近の上り線を走行中のドライバーから「逆走車がいる」と110番があった。
 県警高速隊と中日本高速道路の交通管理隊が沼津ICから約13キロ西で逆走中の軽乗用車を発見、停止させた。
 高速隊の発表によると、運転していたのは静岡市駿河区の無職男性(91)。妻(89)が同乗していた。事情聴取に対し、男性は「ドライブをしていた」と説明する一方、「どこを走っているのかも分からない」などとも話したという。沼津ICに発券せずに進入した車両の記録があり、男性の車とみて調べている。
 同隊は、男性に臨時適性検査を受けさせ、問題があれば免許取り消し処分とする方針。
(2012年10月11日11時59分 読売新聞)


 午前2時20分だから真夜中である。真夜中にこの91歳と89歳の老夫婦はいったいどこに行きたかったのだろうか。「ドライブをしていた」というが、その時点ですでに尋常じゃないのである。

そして「問題があれば免許取り消し」なんて対応ではなくて即座に免許取り消しして、この老夫婦からクルマを取り上げるべきだろう。そうしないと他のドライバーの安全が守れないからだ。

 そんな主張をすると「クルマは病院への交通手段だった」という反論をする方がいるかも知れない。しかし、病院へは公共交通機関を用いてもいいし、タクシーでもいけるだろう。これまでクルマの維持費を払っていたことを考えればそれほどの出費増にはならないはずである。

 まっとうに運転できない人は、別に高速道路を逆走しなくても路上で常に一般ドライバーに迷惑をかけているのである。オレはそういう瞬間を何度も目撃している。オレ自身も過去に「あきらかに認知症」と思われる老人ドライバーから迷惑をかけられたことがある。

 30年くらい前のことだが、渋滞中の上り坂で前のクルマがゆっくりと後退してきてオレのクルマに接触したことがある。オレは激しくクラクションをならし、クルマから降りて前の軽自動車を運転していたジジイに文句を言った。しかし、そのジジイは「何が起きたのかわからない」という表情できょとんとしていて、全くオレの抗議を理解しなかったのである。そのクルマのナンバーをオレはメモしたが、こちらの損害といっても塗装されていない黒い素材のウレタンバンパーにかすかに傷が付いた程度なので、面倒で警察に通報することもなかった。

 スーパーの駐車場で駐めるときに他のクルマに接触しているヘタクソドライバーに遭遇すると、オレはお節介なので必ず現場にとどまって加害者が逃げないように牽制する。現場で警備員に連絡したりして「逃亡」を防ぐのだ。携帯のカメラでナンバーを撮ることもある。「正義感」というよりは「意地悪」である。卑怯者を存在させたくないのである。そしてもしも自分がぶつけられた側だったらどれほど気分が悪いかと考えると、やっぱりオレはお節介な気分になってその当て逃げ野郎にちゃんと責任をとらせたいのである。

 駐車場での接触当て逃げは日本中で何十万件も発生していると思われる。その中にかなりの数の認知症ドライバーが含まれるとオレは思っている。クルマは道路を普通に走らせることよりも、指定された場所に正しく駐車させることの方が難しい。認知症になったらそういうことがちゃんとできるわけがないとオレは思うのだ。

 もしも老人の運転するクルマに小さいへこみや擦り傷がたくさんあれば、そのドライバーは認知症の可能性が高い。すでに多くの接触事故を起こしているのである。そうでないならばどうしようもなく運転がヘタクソということであり、それはそれで危険すぎる。それが重大な事故につながらないという保証はない。一日も早く免許を返納して他のドライバーに迷惑をかけないようにすべきだろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月11日(木) キャバクラに行きたい人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 キャバクラが好きなら自分の個人的なゼニで行けばいいのである。そのゼニに政治資金を流用するなんてもっての他である。もっともその党が党是として「キャバクラ文化の振興」を掲げているならばその限りではない。この際自民党の綱領の中に「我々はキャバクラ文化を本邦不滅のものとして守り育てる」なんて文言を入れたらどうかと思うのである。そうすれば支部の連中がいくらキャバクラに行ってもお咎めナシだ。安倍さん、そうじゃないのかね。

 読売新聞の記事を引用しよう。

政治資金でキャバクラも…安倍総裁支部で40回
 自民党の安倍晋三総裁が支部長を務める自民党山口県第4選挙区支部(下関市)が2009年1月〜10年12月、スナックやキャバクラなどの飲食代108万5150円を政治資金から支出していたことがわかった。
 支部は「法令に従って適正に処理しているが、党総裁の支部として誤解を招くことがあってはならない」とし、秘書らが支部に全額を返還した。
 同県選管に提出された政治資金収支報告書によると、飲食代は「組織活動費」として計上。下関市や福岡市・中洲、北九州市などの店に計40回以上支払っていた。1回の支払額はほとんどが1万円以上で、4万円前後の支出もあった。
 支部の会計責任者は「支部長本人は一切参加しておらず、秘書及び支部関係者の支出。政党活動に必要な情報収集や意見交換を行う中で、さまざまなシチュエーションが必要だった」と説明。今後、収支報告書の修正を県選管に届け出る予定だという。
(2012年10月10日15時04分 読売新聞)


 キャバクラでしかできない情報収集や意見交換というのはいったいどのようなものなのだろうか。オレはこの参加者にぜひ聞きたいのである。そこで108万円も使えるならキャバクラ好きのオッサンどもにはたまらない快感だっただろう。

 政党は政治資金を国から助成してもらっている。政党助成金が交付されているわけだ。企業献金も受けながら政党助成金ももらうというとにかく「もらえるものはなんでももらう!」という仕組みになってるのである。この政党助成金がそれぞれの議員や支部に配布されるわけだがその使い道の中にこのようなふざけたものが相当含まれるのだろう。

 オレはキャバクラには生まれてこのかた一度も行ったことがないのでそこがどういう場所かわからないし、わからないままに批判するのは間違ってるかも知れない。しかしそこが、きれいなお嬢さん方が自分の色香を武器にして男たちに高い酒を飲ませて接待する場所であるということは知っている。そういう場所での活動は「政治」とは何の関係もないとオレは思うのだ。

 使ったゼニを返せばそれで終わりなのか。貴重な政治資金をキャバクラで使ってもOKと勘違いしていた馬鹿どもを安倍首相はきちっと処分すべきである。それができないならば早く党是として「キャバクラ文化の振興」を綱領に加えるべきだろう。なにごとも矛盾はよくないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月10日(水) 鉄道自殺は青色照明で減らせる!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 鉄道自殺ほど迷惑なものはない。これは首都圏や関西圏で電車通勤している方々全員が感じていることである。朝の通勤時間に飛び込まれるとダイヤが乱れて本当に困るのである。なぜそんな迷惑な自殺方法をとるのだろうか。オレはこれまでこの鉄道自殺の解決方法について何度か日記で書いたことがある。しかし、こんな単純な方法で鉄道飛び込み自殺が84%も減らせるというのにはかなり驚いたのである。

 読売新聞の記事を引用しよう。

駅ホームを青色照明にすると…飛び込みが8割減
 駅のホームに「気持ちを落ち着かせる効果がある」とされる青色照明を設置すると、列車への飛び込み自殺が約84%減少すると、東京大学の沢田康幸教授(応用計量経済学)らのグループが9日、発表した。
 青色照明の自殺防止効果が科学的に証明されたのは初めてという。
 沢田教授らは、2000〜10年の首都圏の計71駅のデータを解析したところ、ホームからの飛び込み自殺は計128件あったが、ホームに青色照明が取り付けられた11駅では、設置後の自殺は昼間の1件のみ。照明を点灯させる夜間は0件だった。
 利用者数など駅の特性を考慮して試算した結果、駅ホームの自殺は、照明設置後、平均で約84%下落していたという。沢田教授は「青色照明も、ホームドアのように有効な鉄道自殺防止の方法と言える」と話した。
(2012年10月9日20時26分 読売新聞)


 「ホームドアの設置」が鉄道自殺を防ぐベストの方法であることはまぎれもない事実だ。しかし、車両によって扉の数が違ったり、複数の会社が乗り入れていて扉の位置がさまざまな線では「ホームドア」は使えない。またホームドアの設置費用は莫大である。しかし、「青色照明の設置」はホームドアに比べてはるかに少ないコストで、しかも簡単に実現できる対策だ。「そんな単純にうまくいくの?」とオレはまだ納得がいかないのである。

 今回の実験で、青色照明が設置された駅はわずか11駅であり、この数を全体に拡大していった時に本当に鉄道自殺の発生数を減らすことができるのかどうか、まだまだ調査する必要がある。ただ、もしも少しでも効果が認められるのならば、即座に日本中の鉄道駅でこの対策を実施すべきだろう。全国の鉄道自殺を8割以上も減らせるのならばかなり劇的な効果である。通勤客の迷惑もなくなるのだ。

 鉄道自殺によるダイヤの混乱で失われる時間は計り知れない。仮に利用者の5万人いる路線で遅延が10分間発生した場合、その時間と人数を掛けると合計で8333時間が失われることになる。時給が1000円として8333000円分の損失だ。しかし、この損失は決して個人に対して賠償されることはない。鉄道の遅延によって損害を被るのは利用者一人一人であるのに、飛び込み自殺の賠償金が鉄道の利用者に還元されることはない。鉄道会社どまりなのである。これはオレには納得できないことである。

 青色照明の設置と、ホームにはやはり「鉄道飛び込み自殺は迷惑です」「賠償金は1億円以上です」「これが実際にはねられた遺体の損壊状況です」という掲示を徹底することで少しでも鉄道自殺を減らして欲しいのである。これはおそらく日本中の電車通勤者たちの心の叫びだろう。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月09日(火) 山中教授、ノーベル賞おめでとう!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 これまでノーベル賞の受賞が決まる時、たいてい「えっ?誰それ?」と思うことが多かったのだが、京都大学の山中伸弥教授はすでに有名で「いつか受賞する」と多くの日本人が思っていただけに今回の受賞は「来るべきものがきた」という感じである。次は村上春樹さんの文学賞だろうか。

 今回またまた京都大学の方が受賞されたということで、はるか昔に京都大学を卒業したOBとしてやはり純粋に喜びたいのである。しかも山中教授は私よりも年下である。こんな若い方が受賞するというのもまた嬉しいことだ。

 読売新聞の記事を引用しよう。

山中・京大教授ら2人にノーベル生理学・医学賞
 スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル生理学・医学賞を、全身の様々な種類の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)を世界で初めて作製した山中伸弥・京都大学教授(50)ら2人に贈ると発表した。
 日本のノーベル賞受賞者は、10年の根岸英一博士、鈴木章博士に続き19人目。賞金は800万スウェーデン・クローナ(約9500万円)で、2人で分ける。授賞式は12月10日、ストックホルムで行われる。
 授賞理由は「体細胞のリプログラミング(初期化)による多能性獲得の発見」。
 山中博士は06年、マウスの皮膚細胞の核に4種類の遺伝子を導入する方法で、成体の成熟した細胞を、受精卵に近い状態まで戻したiPS細胞を作製。07年には人間のiPS細胞も作製したと発表した。
 先に作製されていたES細胞(胚(はい)性幹細胞)もiPS細胞と同様の能力があるが、受精卵(胚)を壊して作るため、倫理上の問題があった。
 iPS細胞を患者自身の皮膚細胞などから作れば、移植した際に拒絶反応が起きないため、糖尿病やパーキンソン病、脊髄損傷など、病気やけがで傷んだ組織を新しい細胞で補う再生医療への応用が期待されている。このほか、薬の副作用の詳細な検討や、難病が発症するメカニズム解明や治療法の開発――など幅広い応用が考えられる。創薬では、iPS細胞が一部実用化されている。
 共同受賞者は、1962年にカエルのクローンを作った英国のジョン・ガードン博士(79)。
 日本人の生理学・医学賞の受賞は87年の利根川進博士以来、25年ぶり2人目。
 ◆山中伸弥(やまなか・しんや)=1962年9月4日生まれ。大阪府出身。神戸大医学部卒。大阪市立大助手、奈良先端科学技術大学院大助教授、教授を経て、2004年10月から京都大教授。10年4月から同大iPS細胞研究所長。07年から米グラッドストーン研究所上席研究員も務める。
(2012年10月8日18時33分 読売新聞)


 山中教授は臨床医としては落ちこぼれだったという。「ジャマナカ」と呼ばれ、さんざんな日々だったらしい。しかし、その挫折体験が彼を基礎研究の世界に向かわせて今日の業績につながったわけで、人間何が幸いするかわからない。もしもすぐれた臨床医、外科医であればその道を進んでいって今の研究の世界には来なかっただろう。そういう偶然が今回の受賞に関わってるので皮肉なものである。

 この「再生医療」の方向性は、これまでの医療では実現できなかった「自分の分身で再生する」という手法である。臓器移植につきものの拒否反応の心配がないだけではなくて、理論的にはどんな組織も再生可能になるために体のどの部分が失われても元通りにできる可能性が生まれたということだ。アルツハイマー病で失われた脳の組織も再生可能になるかも知れないし、手足が失われても再生可能になるのかも知れない。もっともそんな夢みたいなことよりも、医療の現場ではもっと実用的なこと、直接役立つことへの応用が進むのだろう。

 しかし、テレビでオレは山中教授を見ていてどうも「薄毛仲間」のような気がしたのである。その最先端の研究を、なぜ彼は「毛根の再生」という方向で自身で実験されようとはなさらないのだろうか。せっかくの研究をそのような私利私欲のために使いたくないということなんだろうか。おそらくかつらメーカーはこのiPS細胞の研究を活かした育毛法など本気で考えていそうな気がするのである。くだらない話題で申し訳ないのだが。

iPS細胞の技術の医療への応用はまだ研究がはじまったばかりである。オレがすぐに思いつくのは角膜の再生とか、歯の再生、そして失われた神経組織の再生くらいである。しかしオレのような素人が思いもつかないような分野にこの技術は活かされるのかも知れない。

 日本人のノーベル賞受賞をあのお隣の大国ではどのように受け止めるのだろうか。きっと韓国では「この研究は実はこちらが先だった!」と言いそうである。中国では「日本は選考委員を買収した」と言いそうである。何しろ中国でノーベル賞受賞者といえば政治犯や亡命者であって、まっとうにこの賞に値する科学者など誰もいないからだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月08日(月) レイプで1000人斬りを目指した馬鹿        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 多くの女性と交際することをまるで自分の価値のように錯覚し、「1000人斬り」を男の勲章のように考えている馬鹿がいる。本当にいい男は付き合った女性が決して放さないのでそんなに多くの女性と交際などできないのである。(←たとえばオレがそうであるように)魅力のない男だからすぐに捨てられて、それで次の相手を探さないといけないのである。それを「自分はモテる」と勘違いしている馬鹿がどれほど多いことだろうか。そいつらはただの尻軽男である。

 同志社大学にもそういう馬鹿がいたようである。よりによってレイプを重ねて1000人斬りを目指していたとはもう最低のクズ野郎である。こんなクソ男こそ去勢して欲しいのである。

同志社大生を強姦未遂で逮捕「1000人斬りがしたくて」
 女性を自宅に連れ込み乱暴しようとしたとして、京都府警上京署は、4日までに強姦未遂の疑いで、京都市上京区の同志社大社会学部2年・平隆久容疑者(21)を逮捕した。容疑を認めているという。同容疑者は自身のツイッターに「セックス依存症やわ」などと性に関する記述を連発しており、同署では余罪についても調べている。
 平容疑者の逮捕容疑は8月9日午後11時半ごろ、上京区の自宅近くで、帰宅途中のエステティシャンの女性(22)に「遊ぼうよ」とナンパ目的で声をかけ、自宅に無理やり連れ込み、乱暴しようとした疑い。調べに対し、「女性を見ていいなと思い、ナンパした」「性行為をしたかった」と容疑を認めている。
 同署によると、平容疑者は女性の肩を抱き、自宅へ連れ込み、服を脱がせようとしたが、女性はスキをみて逃走。翌11日に同署に被害届を出した。周辺の目撃情報から平容疑者が浮上したという。
 平容疑者は同志社大社会学部の2年生で、野球サークルに所属。9月3日から始めたツイッターには、「300人の女性と関係を持った」や、5000本以上の作品に出演したAV界のカリスマ男優・加藤鷹を目標に、「卒業までに1000人斬りや」などと書き込まれていた。
 友人とのやり取りもあるが、逮捕2日前までの466回のつぶやきのうち、約100回が性的な話題に関するもの。男性への興味や自身のセックス依存症を疑うような記述もあった。
 ツイッターでは、京都府内の別の大学で講演した有名女性タレントにもナンパ目的で接触を図ったことも明かし、このタレントとの2ショット写真もアップしていた。また、少女と性的関係を持ったとする記述もあることから、同署では、児童福祉法や府条例に抵触する疑いもあるとみて、調べを進めている。
 同志社大では、「同姓同名の学生がいることは分かっているが、事実関係を調査中。判明次第、適切に対処する」とした。


 うーん、この馬鹿はツイッターに自分の性遍歴を自慢していたのか。もうどうしようもない恥ずかしい男である。加藤鷹が目標なら、大学などさっさと辞めてAV男優の世界に飛び込んだらよかったのである。だったらセックス依存症という病をむしろ活かすことができるからだ。

 そしてこういうクソ野郎に多いのが「口が軽い」ということである。自分が関係した女性が誰であるかをベラベラと吹聴して回って、いかにも自分がモテることの証明にしたがるのである。その性遍歴をツイッターに書いたあたりまさにその証拠である。もしかしたらこの有名女性タレントも被害にあっていたかも知れないのである。男は口が堅くないとだめだ。

 自分の欲望のままに女性を襲ったこの暴発小僧、刑務所でしっかりと頭を冷やして欲しいのである。こいつの歪んだ欲望の犠牲になった女性たちが哀れでならないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月07日(日) 母子で担任をリンチして土下座させる        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 部顧問がレギュラー用のユニホームを忘れてきたので、補欠用のユニホームで出場しなければならなくなったというのは確かにかわいそうである。特に部活動というのは限られた期間しか活動できないわけで、その思い出をだいなしにされたという怒りはわかる。しかし、それをこうして暴力に訴えるというのはどうか。理由があったら何をしてもいいというものでもないだろう。このヤクザのような母子にはちょっとあきれるのである。こんな事件に出くわすたびに思うのは、こういうならず者どもは顔と名前を公表してくれよということなのだ。以下、読売新聞の記事を引用しよう。

中3と母親、教諭を殴る・踏む・土下座させる
 奈良県吉野郡内の公立中学校で教諭に暴力を振るったとして、中吉野署は6日、中学3年の男子生徒(14)と飲食店員の母親(33)を傷害容疑で逮捕した。
 発表によると、2人は3日午前9時40分頃、生徒の通う中学校で、担任の男性教諭(26)の顔などを殴ったり、踏みつけたりして軽傷を負わせた疑い。ともに容疑を認めているという。
 教諭は、生徒が所属していたバスケットボール部の顧問。7月の引退試合で、教諭がこの生徒のユニホームを忘れたため、レギュラーだった生徒は補欠番号のユニホームで出場した。教諭が3日の学校行事の際に校内の掲示板に試合中の写真を貼り出したところ、生徒と母親が「何でこの写真を使っとんねん」と教諭に詰め寄り、生徒が約30回、母親が約5回暴行を加え、教諭に土下座をさせたという。
(2012年10月7日08時28分 読売新聞)


 30回も殴ったり蹴ったりしたのか。いったい誰が数えていたのだろうか。それにしてもこの26歳の先生もとんだ災難である。

 気に入らないことがあると親子で教員をリンチするようなこの母子の話を聞くと、まず気になるのはいったいこの生徒はどこの高校に進学しようとするかである。もちろん高校の側はこんなむちゃくちゃなヤツは来て欲しくないわけだ。しかし内申書には「粗暴な性格で相手が教員でも殴る」という具体的な記述はできない。そういうわけでこの事実が伏せられたまま受験するということになってしまうのである。

 学校でさまざまなトラブルが発生したときに、どんなふうに解決するかで教員の資質が問われることとなる。教員の側も100%ミスをしないわけではない。そんな時にどうするかというのはなかなかの難問なのである。場合によっては校長が出向いて謝罪する必要もあるかも知れない。もちろん話し合いの通じる保護者ばかりではない。このような暴力団予備軍みたいな親もいる。譲るべきところは譲り、譲れない部分では毅然と対応することが求められるのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月06日(土) 橋下維新の会のゼニについて        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 国政政党に名乗りを上げた橋下氏の「日本維新の会」だが、全国組織にするにはゼニが足りない。総選挙になってすべての選挙区に候補者を擁立するならば100億円くらいの資金が必要だという。今のように企業・団体献金に頼らずに個人献金とパーティー券に頼るやり方ではかなり無理があるのはわかる。ではどうすればいいのか。

 現実主義者の松井幹事長はきっと企業献金を受け入れればいいと思ってるだろう。しかし、そうなるとゼニをもらった企業に逆らえなくなって、原発も容認となって結局もともとの高い志を捨てなければならなくなるのである。ここはなんとしても企業献金廃止を貫いて欲しいのである。それが日本の政治を腐らせてきたことははっきりしているからだ。

 尖閣購入に東京都へ20億円近いゼニが集まったことは周知の事実である。あのように「募金」という形でゼニを集められるのならば、「日本維新の会」もネット上で募金を募ればどうか。新聞に全面広告を打つのだ。

我々は総選挙で過半数をとって一気に政権を獲得したいと思っています。維新八策で示した方針に賛同されるみなさんの寄附をお願いします。

 このように新聞に全面広告を出して振込先を明記して、堂々とゼニを集めればいいじゃないか。そうして集まった資金で日本全国に支部を開設して一気に国政選挙に乗り出せばいいのである。地方の支部はどの程度組織されているのだろうか。もしも地方組織が脆弱ならば、それぞれの支部長を公募して、その支部長に活動資金を渡して支部組織の運営をさせればいいじゃないか。そのような動きはどこまで進んでるのだろうか。

 民主党の幹部は、次の選挙で大敗することがわかっている。だからいつまでも解散しないで引き延ばしをはかっているのである。「近いうちに解散」なんて曖昧ないい方でうまく逃れたまま、もしかしたら任期を全うしようとしているのかも知れないのである。ただ、離党者が出て過半数をとれなくなった時点でオシマイだろう。実際のところ、民主党から離党しないと選挙は戦えないと思ってる議員も多いはずだ。

 一方自民党が選挙を急ぐのは、遅れれば遅れるほど「維新の会」に有利になることがわかってるからだ。民主党を見放した有権者たちの票を獲得するのはあくまで自民党でなくてはならない。そのためには一刻も早く選挙をしたいと思っているのである。

 尖閣購入に集まった募金額の5倍という金額はそれほど無理な金額ではないとオレは思うのである。そして政治にかかるゼニは工夫すればもっと減らせる。今までのゼニまみれの腐った利権政治を改革しようと思うならば、「日本維新の会」には少ないゼニでどんなふうに選挙運動をするのか考えてもらいたいのである。あの候補者名を連呼する選挙カーを一切使わないというのも一つのやり方だ。ネット上の選挙戦を中心にして、動画配信などで政策を訴えるというのもアリだろう。ただ、今の公職選挙法ではネット上での選挙運動にかなりの制約がある。これは時代にそもそも法律が追いついていないだけであり、早急に法改正すべき部分である。

 今、既成政党を見放して「日本維新の会」に期待する国民は多いはずだ。そうした国民の声をどのように政策に取り入れるのか。会員限定のメルマガを読めるメール党員とか、スカイプ党員とか、これまでに存在しなかったツールを用いたやり方があるとオレは思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月05日(金) 傍若無人な歩行者に思うこと        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 横断歩道のある交差点の信号は、歩車分離信号にすべきである。特に学校の近くはそう思う。きちっと横断歩道と車道の信号を分けてやらないと、いつまでたってもクルマは左折できないということになるからだ。

 阿倍野区役所の近く、ガストがある交差点に西から侵入して天王寺バイバス方面に左折しようとしたクルマは、もしもそれが朝8時の府立天王寺高校の通学時間帯に重なってしまったら全く進めないという不幸に遭遇する。この悲劇は平日のほぼ毎朝発生しているのである。

 信号が青になれば高校生たちはガストの前から横断歩道を渡る。同時にクルマも青信号で左折しようとする。横断歩道を渡る高校生たちが渡りきるのを待って左折しようとするのだが、いつまでも生徒はとぎれないので渡りきることがそもそもないのである。渡りきった時にはもう信号が赤になっている。信号が赤になる寸前に1台か2台、運良く左折できるだけで、左折待ちのクルマはえんえん数十台並んでいるのである。おかげで直進車もその渋滞に巻き込まれて進めないのだ。

 左折したいクルマにとって、信号が赤になる直前のわずかなタイミングしかチャンスはないわけだが、横断歩道を渡る高校生も同様に点滅しはじめると突っ込んでくるわけで、それどころか赤になってからもしばらく渡ろうとするのである。横断歩道のマナーに関して言うなら偏差値なんか全く無関係である。遅刻しても平気の平左という偏差値の低い高校の方がむしろ信号は守るかも知れない。そういうわけでこの交差点では毎朝左折車の悲劇が起きているのだ。

横断歩道上の歩行者にとって、交差点への進入はどのタイミングまでがOKで、どのタイミングなら信号無視になるのだろうか。青信号のうちに横断歩道に進入すれば、どんなにゆっくり渡ってもOKと勘違いしていないか。進入時に歩行者用信号が青でも、渡ってるうちに赤になればそれは信号無視である。ところが青信号のうちに横断歩道を渡り始めていれば、たとえ目の前の信号が赤になろうと。クルマが来ようと、自分は最後まで渡りきる権利が保障されているのだと勘違いしてゆっくりおしゃべりしたり、携帯電話をいじりながらのんびりと渡る馬鹿も多いのである。

 温厚なオレはそういう傍若無人な歩行者が渡り終えるのをのんびり待っている。自分が渡るのを待っているクルマがいることに気付いて足早に渡ってくれるのはごく一部で、たいていの歩行者は「おらおら、歩行者様のお通りだ!てめえらクルマはオレたちが渡り終えるまで待ってろよ!」という顔をしているのである。

 もちろんオレは「歩行者優先」という考え方に異論をさしはさむつもりはない。しかし、ろくに信号を守らない傍若無人な連中まで「優先」ではないと思うのである。

 オレがクルマで交差点に進入しようとしたときに、信号を無視して横断歩道を渡ろうとする自殺志願者がいるとオレはその自殺を幇助することはなく、必ず急ブレーキを踏んで信号無視の歩行者を優先する。いくら自分が正しくても、オレは殺人者にはなりたくないし、自分が待てば済むことである。でも、そこでオレ以外のドライバーが信号無視の歩行者をはねることがあっても、オレは歩行者には全く同情しない。ルールを守らない者が事故に遭うことは自己責任だと思うからだ。

信号が赤になってからも堂々と横断歩道を渡ってくる歩行者、あいつらから罰金をがんがん取ってくれとオレはいつも思っている。くだらないネズミ取りなんかしないで、傍若無人な歩行者からゼニをじゃんじゃん巻き上げてくれ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年10月04日(木) 伊賀上野をニンジャタウンにせよ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 どうすれば街興しができるのか。どうすれば外国人の観光客を大量に誘致できるのか。その可能性のある観光資源を持っているのに活かせていない街がある。それが「伊賀上野」である。オレはここを「ニンジャタウン」として世界に宣伝し、年間数百万規模の外国人旅行者を集めることが可能だと思うのである。同時に日本人観光客も増えるだろうから一気に街が活気づくのは間違いない。

 伊賀上野に通じる関西本線は非電化のままだ。どうせならそこにSLを走らせればどうか。京都の梅小路に動態保存されたSLを活用して、京都発の伊賀上野行きのSLを走らせるのだ。乗務員は全員ニンジャの装束のコスプレにするのである。もちろんSLの運行が面倒なら気動車で専用特急を作ってもいい。もと近鉄の伊賀線だった伊賀神戸から伊賀上野の区間は狭軌なのでJRからそのまま乗り入れできる。必要なら渡り線を整備して直通させればいいのである。

 オレは1988年にヨーロッパを旅行して、外国人がニンジャに対して並々ならぬ興味を持ってることを知った。ゲームセンターでハイスコアをたたき出すオレに向かって観客は「ニンジャ、ニンジャ」の大合唱だった。日本人男子=ニンジャ、サムライ 日本人女子=ゲイシャガール と誤解されてるのである。

 だったらその誤解を逆手にとって、外国人にもっと「ニンジャ」をアピールしたらいい。その場所としてもっともふさわしいのが伊賀上野だとオレは思うのだ。ニンジャの修行ができる体験型のアトラクションとか、テーマパークを設置し、街の映画館ではニンジャ映画を常に上映してやればいい。好きな人は何度でも見てくれるだろう。

宣伝するのも今はツイッターとかフェイスブックがある。外国人旅行者にそこで発信してもらえばいいのである。楽しかったという旅行者の体験はたちまち世界に広がるだろう。

 忍者たちの頂点に立ったかつての上忍の家柄である服部、藤林、百地などの名家は市内に忍者屋敷を構えて公開すればいいのである。それぞれが趣向を凝らしたからくり屋敷を現代の技術で建てればいいのだ。来場者をあっと驚かせる仕掛けを随所に仕込めばいいのである。

 オレは子どもの頃に「サスケ」というアニメを観た。年端もいかない少年が父の大猿大助からさまざまな術を仕込まれ、成長する物語に感動したことを覚えている。外国の子どもたちにそうしたアニメを見せれば、きっと忍者にあこがれるだろう。最近のアニメなら「NARUTO」は世界で有名になっているはずだ。少し前には「忍たま乱太郎」「忍者ハットリ君」など考えたら忍者をテーマにした作品はもはや定番すぎるくらいなのである。古い作品は伊賀上野市の公式HPでいっそYOUTUBEで公開して、英語やフランス語の字幕を入れてやればいい。ブームは勝手に起きるのではない。こちらから戦略的に仕掛けていかないとだめである。一度ブレイクすれば勝手に人は集まるのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月03日(水) ウソつきは死ぬまで刑務所にぶち込んでやれ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 覚醒剤事犯に関してオレが思うことは、どうしてこいつらみんなウソつきなのかということである。「覚醒剤が入ってるとは知りませんでした」などといけしゃあしゃあと供述する。そんなウソをついた時点で死刑でもいいとオレは思うのだ。被疑者には「黙秘権」なるものがあって、自分に不利な供述をしなくてもいいということなんだが、こと覚醒剤事犯に関しては「黙秘権などクソ食らえ!」と思うのである。拷問でも自白剤でも使って背後関係をすべてはき出させろよと思うのだ。

 先日日記に書いた東京外大の女子学生の事件に関しての続報である。密輸の依頼者がやっと逮捕されたという記事があった。一歩前進である。

大学生に覚醒剤密輸持ちかけた疑い、女を逮捕 大阪府警
 東京外国語大学の女子学生による覚醒剤密輸事件で、大阪府警は2日、この学生にウガンダからの密輸を持ちかけたとして、東京都小平市小川町2丁目、派遣社員吉田冬華(ふゆか)容疑者(23)を覚醒剤取締法違反(営利目的密輸)容疑で逮捕したと発表した。府警は背後関係を調べている。
 大阪地検は2日、吉田容疑者を同罪などで起訴した。起訴状によると、東京外大4年の渡部由香理被告(24)=同罪などで起訴=と共謀し、8月23日、スーツケース内のコーヒー豆の袋5袋に隠した覚醒剤約1.8キロを関西空港に持ち込んだとされる。吉田容疑者は「覚醒剤が入っているとは知らなかった」と容疑を否認しているという。
 府警薬物対策課によると、吉田容疑者は都内の私立女子大学在籍時、サンバサークルで渡部被告と知り合った。今年8月上旬、渡部被告に「ウガンダから荷物を持ち帰って欲しい」とメールで依頼。航空券を手配し、成功報酬8万円を渡す約束をしていたという。


 コーヒー豆の輸送に8万円+旅費全額というのはどう考えてもおかしいわけで、これはそのコーヒー豆にヤバイものが隠してあるからだというのは、常識で考えてわかるだろう。きっと依頼された方も軽い気持ちで「見つからないといいや」くらいのつもりでいたのだと思われる。覚醒剤の運び屋という大変な犯罪を、そんな軽い気持ちで引き受けてしまっているのである。ふざけるな!とオレは言いたいのだ。

 こんな連中は容疑を否認した時点で、死刑ないし無期でいいと思うのである。正直に背後関係をすべて暴露し、捜査に全面協力してはじめて「改悛の情」を認めて有期刑に減刑してやればいい。麻薬や覚醒剤を撲滅するためにも運び屋は原則死刑という厳罰で対処して欲しいのである。

 芸能人の中にも覚醒剤は蔓延している。一般市民の中にもどんどん広がっている。このまま放置すれば大変なことになるのは間違いない。薬漬けになったそうした廃人たちが、今度は福祉のお世話になるわけでこれは日本の将来にも関わることである。シャブ中の廃人どものために我々善良な一般市民がどれだけ迷惑をかけられることだろうか。だから水際でどんどん阻止してほしいのである。覚醒剤を持ち込んだ者は原則死刑、国内でその受け取りを行った者も死刑、流通過程に関わった者もみんな死刑、そうして流通に携わる者を消してしまえば確実に覚醒剤を撲滅できるだろう。

 覚醒剤を使用していても初犯なら執行猶予がついたりするという。 「ふざけるな!」である。初犯でも懲役10年くらいぶちこめよ。それでクルマを暴走させてるヤツもみんな「未来殺人罪」とかで死刑にしてくれ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


2012年10月02日(火) 書評『うさぎパン』〜瀧羽麻子 誰かを愛すること        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 瀧羽麻子さんという作家の存在を知ったのはつい最近のことだ。自分が勤務する学園の図書館に著書があったからである。『左京区 恋月橋渡ル』という理系男子大学生の恋愛を描いた作品が入っていた。それを借りて読もうとして、ふと司書の方に「他の作品はありますか?」と聞いてみたら、書庫にこの本があったので先に読むことにしたのである。作品はできる限り発表順に読め!というのがオレの主張である。

 『うさぎパン』〜この本の帯には第二回ダ・ヴィンチ文学賞大賞とあった。

 自分が高校生の頃、いったいどんな恋愛、いや片思いをしていただろうか。高校生のプラトニックな恋愛を描くなんて、今の小説の世界ではかなりレトロなことなのかも知れない。それが逆にオレのようなオッサンのハートにけっこうズギュンと来るのである。

 この作品の主人公、優子は幼い頃に母を失い、その後父は愛人であったミドリと結婚したのでその継母のミドリに育てられている。継母のミドリに対して、優子は決して「お母さん」とは呼ばずに「ミドリさん」と呼ぶ。

 優子には高校入学後、富田くんという彼氏ができる。二人のデートはいつもパンの食べ歩きである。入学式後の挨拶で優子が「好きなものはパンです」と公言し、同じくパン好きだと告げた富田くんはパン屋の息子だった。

 作品の大きな謎は最後に明かされる。なぜ題名が「うさぎパン」なのかもわかる。あまりに意外な結末に、オレのようなオッサンも見事に泣かされた。それをオレがここで書いてしまうと面白くないので、ぜひみなさんに読んでもらいたいのである。この作品はぜひとも映画化してもらいたいのである。そしてオレはこの著者の瀧羽麻子さんの他の作品も読みたくなったのである。

 作者の瀧羽麻子さんは1981年生まれとあるのでオレよりも20歳年下ということになる。京都大学のご出身である。そういう部分でもオレはかなり親近感を抱いた。京大生の必読書と言えばやはり『鴨川ホルモー (角川文庫)』である。まだこれから読む予定なのだが、彼女の書く京都を舞台にした作品が果たしてオレの気に入る「京都大学関連小説」の中に加わるだろうかとオレは少し期待している。

うさぎパン (幻冬舎文庫)


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館

2012年10月01日(月) 今なぜ新たな原発が必要なのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 東日本大震災による福島第一原発の事故で、我々日本国民は原発の安全神話が崩壊したことを実感した。そして、ひとたび事故になれば取り返しのつかないモノを日本中に作ってしまったことの危険性を改めて知ったのである。稼働中の原発はしかたがないが、代替エネルギーの目処がつけば少しずつ撤退していくというのが誰が考えてもわかる道理である。世界に名だたる地震国であり、火山国であり津波被害国である日本のような不安定な国土に原発が存在すること自体が間違いだったのである。

 それなのに新規に原発を建設しようとしてる馬鹿が居て、それを支持する首長がいる。この馬鹿さ加減にはオレはあきれてしまうのである。方針の転換は恥でもなんでもない。電源開発(Jパワー)もここで方針を改めて、新エネルギーに舵を切ればいいだけのことじゃないか。日本中にたくさんある工業団地のできそこないの遊休地に、メガソーラーをじゃんじゃん建設すればいいだけのことである。孫正義のおかげでかなり高値に設定されてしまった太陽光発電の買い取り価格なら十分に利益が出せるからだ。

 電源開発の北村雅良社長は10月1日に建設工事を中断している大間原発(青森県大間町)の地元大間町を訪れ、同原発の工事を1日から再開することを町議会で表明したという。この大間原発の建設工事には対岸の函館市などが大反対しているのである。函館市は原発の建設でなんの恩恵も被らないのだが、事故が起きた時には被害だけはしっかりと受けるというなんとも不幸な立地条件にある。それだけに建設を阻止したいというのはよくわかる。

 原発誘致の結果、ゼニでどんな恩恵を受けたにしても、事故が起きてその土地から出て行くことになれば損失は計り知れない。それを全国民が等しく理解したのがあの福島原発の事故ではなかったか。海に囲まれた日本ではすべての原発が津波によって破壊される可能性がある。想定外の規模の津波であっても、一度でも来ればそれは想定に入れないといけないし、過去の歴史で来ていればやはり想定に入れる必要があったのだ。過去の歴史の事実を無視した楽観的な津波対策軽視があの3・11の惨事をもたらしたことはもはや日本国民の常識なのである。

 2030年には原発から撤退すると民主党政権は表明した。民主党お得意の、選挙目当ての口だけ公約なのかも知れない。しかし、国民の多くはそれを支持するだろうし、維新の会も「脱原発」を旗印にしているわけで、もはや国民の総意は無視できないはずである。多少電気代が高くなっても、節電に励む必要があっても、やはり安全を買うためにはそれが必要だと誰もが思っているはずだ。

 大間町長にとって原発建設に固執する理由は何か。すでにどれだけのゼニが水面下で動いてきたのか。日本国民はそうした原発誘致の持つ「闇」の部分もこれから暴いていく必要があるのだ。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン