初日 最新 目次 MAIL HOME


あるこのつれづれ野球日記
あるこ
MAIL
HOME

2001年07月20日(金)
なんぱち59分間の夏


 自分が見ていない試合のことを書くのは大変恐縮なことなのだが、印象的な話を聞いたので感じたことを書きたい。
 
 昨日、私が西京極球場で応援しているチームの試合にハラハラしていころ、友人は太陽が丘にいた。友人は府内の高校に勤めている。担任ではないとはいえ、教え子の試合はやはり気になるものなんだろう。その学校は南八幡高校という。地元では「なんぱち」と呼ばれている。中学生の多くが近隣の他校に行ってしまうため、生徒数は少ない。それに相対して野球部員も少ない。秋季大会は部員不足で出場を棄権。春は部員はそろったものの、塔南高校に0−28という大敗を喫した。そして、夏の初戦の対戦相手はなんと鳥羽高校!昨春から3期連続甲子園出場中で、この夏も優勝候補として名前が挙がっている。置かれている立場があまりにも違いすぎる。それが顕著に出たのは試合のスコアではなく、むしろ終了後に選手が残したコメントだ。
(以下京都新聞7/20付朝刊より一部抜粋)
 鳥羽・岸本主将「…(前略)…春の選抜では初戦で負けたので、もう一度甲子園に行きたい。でも、今は一戦一戦勝つことだけを考えています」
 南八幡・貴志捕手「…(前略)…鳥羽は本当に強かった。去年の冬にやっと9人そろった。みんなで試合が出来てよかった」
 試合は0−14。5回コールド負けだ。それでも、春より強い相手に春の半分しか点数を取られていない。友人によると、2回は「0」点に抑え、鳥羽のあのエースからヒットを1本打ったのだという。それだけで、「すごいすごい!」となったらしい。抽選会の日の夜、この対戦カードを聞いたときは、正直、「試合になるのかなあ」と思った。だから、0−14と聞いても「ようやったやん」と感じた。友人は学校内にいるため、人数が足りなくて試合が出来ない選手のつらさとかがわかるのだろう。「勝ち負けとか点差ではなく、試合が出来てほんまによかったなあって思った」と話してくれた。
 試合終了後、ウグイス嬢が「所要時間は59分です」と告げたという。おそらく記憶に残るほどの短い試合だ。しかし、そこには私などでは計り知れない選手の思いが沢山詰まっている。甲子園を目指して、「勝つ」ことだけに集中するのも野球だが、ここにあるのもまた「野球」である。

 追伸:人数等の関係で南八幡高校のエール交換が遅れた。鳥羽の応援団は帰る支度を始めていた。それでもエールを送ると、すばやくエールが返ってきたのだという。やはり鳥羽はただで強いわけではない。前述した南八幡の選手のコメントではないが、「鳥羽は本当に強いチーム」だ。



2001年07月17日(火)
京都大会観戦記  舛曚鵑泙垢瓦ってんから!〜

 
 西京極第二試合 洛陽工業 10xー9 八幡(9回逆転サヨナラ)

 バックネット裏は、あまり観戦に適していない場所だなと思った。私の苦手なうんちく系オヤジのたまり場だからだ。せっかく、楽しくゲームを見ているのに、「あんなん誰でも打てる」とか「弱いなあ、おもろないわぁ」と大きな声でぼやく。せっかくの気分もぶちこわしだ。

 今日は平日である上、祇園の鉾巡行、世間が注目するような好カードがないことから、観客はまばらだ。だからなのか、ラジオ持参のおっさんが妙に目立っていて、聞きたくなくても、流れてくるド演歌が耳に入る。あ〜、うっとおしい!

 
 両校とも部員はそれほど多くなかったため、甲子園で目にするような応援団はいなかった。八幡は生徒有志がおそろいの黄色いチューリップハットをかぶり、即興で応援かを口ずさんだ。
 
 対する洛陽工業は、3,4人の野球部員がスタンドに陣取り、一人が太鼓を叩いていた。1年生だったらしく、最初はなかなか声は出せずにいたが、終盤になるとみんな必死に声を張り上げていた。

 洛陽工業は、甲子園出場経験もあり、京都ではそこそこ強い学校だった。有名なOBに岡本伊三美近鉄球団代表がいる(ちなみに、阪神・桧山選手の父も同校のOBらしい。当時は京都でも屈指の好投手だと言われていたのだとか)。

 今年の部員は29人(京都新聞調べ)。告げられた先発メンバーの大半は2桁背番号の下級生だった。対する八幡は部員数17人ながら、秋には2次戦進出を果たした。接戦になるだろうな、と思った。

 両先発投手のキーは、「ゆるい球の使い方」。
 ストライクが入るし、タイミングを狂わせることもできるから。前半は両チームともにこの球にてこずっていたように思った。

 ドラマは終盤に待っていた。

 4−3、八幡1点リードでむかえた7回裏、二死満塁でバッターは5番・北岡選手。1年生ながらここまで3打数2安打。しかし、となりのおっさん曰く、「こいつ、あかんわ、三振やで、三振。見たらわかるやん、あの構え」。

 その一言にカチンときた。“北岡ぁー、男やろ、打ったれー!!”、心の中でそう叫んだ。選手名鑑には“チャンスに強いパワーヒッター”とある。カウント2−1からに打球は、センター方向に鋭く飛んだ。一人還る、二人還る…逆転!

 ところが、次の回であっさり同点にされ、また洛陽工業・斉藤投手もストライクが入らなくなっていた。再び逆転された。9回表には3点を入れられ、洛陽工業の息の根は止まったかに思えた。

 5−9で、9回裏が始まった。代打コールがされた。もう敗戦モードなんだろうか。バッターはキャプテン・長谷川選手。しかし、見逃し三振に終わる。ところが、クリーンアップが3連打、1点を返した。この地点で流れがかわった。3点差で勝っているのは八幡。ランナーがいるとはいえ、冷静に考えれば優位は動かない。しかし、洛陽工業が負ける気もしなかった。

 7番・永山選手の打球はサードに飛んだ。サードはショートに送球。あちゃー、ダブルプレーか…と思いきや、オールセーフ。ショートがボールをこぼしていたのだ。三塁側洛陽工業スタンドは、歓喜の嵐。

 次打者は代打・野澤選手、3年生。2球目を打ち上げた。キャッチャーが追いつきそう。あかん、ファウルフライか。けれど、あとアウト1つ残ってる。まだまだ諦めるのは早い…ところが、ところが、キャッチャーがよもやの落球。打球自体はそれほど難しくなかったので、あれは三塁側の熱気と球場のどこかに潜んでいる魔物は落としたのかもしれない。3球目はショート直撃。ショートは取りきれずにボールをはじいてしまった。記録のランプは、非情にも「E」のところに点った。三塁ランナーホームイン。2点差。

 次打者は三振だったものの、二死満塁。“一打同点。いや、逆転もあるかもよ”。周囲でそんな声がした。バッターは1番の1年生・川勝選手。ここまで3打席ノーヒット。送りバント2つ。

 初球だった。打球はサード後方のライン際に落ちると、あとは点々と転がるのみ。レフトは必死に追いかける。ランナーは一人還る、二人還る…あっ、3人目もいけそう…ホームイン! 試合終了のサイレンが鳴った。

 八幡ナインはうなだれるのも忘れて、おもむろに整列した。きっと頭の中は真っ白なのだろう。常に試合を優位に進めてきた。なのに、なんで最後の最後で…。筋書きのないドラマはすばらしいけど、その舞台裏はあまりにもやるせなさすぎる。そんなナインにスタンドのチューリップハットの応援団は、温かい拍手を送った。

 気付いたら、ど演歌もうんちくも聞こえなくなっていた。9回の地点で、「あかん、洛陽は」と言っていたおっさんは、「野球ってわからんな」と弁当を買いに行き、姿を消した。

 壮絶な試合、球場にはまだ興奮が残っていた。

 洛陽工業は、下級生主体のチーム。今年だけではなく、来年も再来年も楽しみなチームだ。