サッカー観戦日記

2011年06月28日(火) 女子W杯 フォーメーション図(8試合分)

女子W杯 フォーメーション図

GL第1戦 ドイツ−カナダ

ドイツ          カナダ
−−−−−九番−−−−− 十六−−−十二−−−十四
七番−−−十三−−−十八 −−−八番−−六番−−−
−−−六番−−十四−−− −−−−−十三−−−−−
四番−三番−−五番−十番 二十−九番−−二番−七番
−−−−−一番−−−−− −−−−−十八−−−−−

ドイツ 
1:アングラー、3:パルトゥジアック、4:ペーター、5:クラーン、10:プレゾニク、6:ラウデア、7:ベーリンガー、13:ムバビ、14:クーリッヒ、18:ガレフレーケス、9:プリンツ

カナダ
18:マクラウド、2:ズラー、7:ウィルキンソン、9:チャップマン、20:ノー、6:カイル、8:マセソン、13:シュミット、12:シンクレア、14:タンクレディ、16:フィリグノ

(ドイツ)
アングラーは異様にゴツく、安定感あるGK。ペーターは俊足でオーバーラップの判断が早い。ベーリンガーは左からのカットインからのシュートがあり、ペーターを生かすプレーも見事。ガレフレーケスは180cmの長身で左クロスの飛び込む迫力とスピードに乗れば突破力十分。女子W杯や五輪をコンスタントに見ていてプリンツを知らない人はいないと思うが、179cmの長身で技術もクレバーさもあり、決定力が高い生ける伝説的な選手だ。

(カナダ)
ズラーは長髪ではなので、ヅラじゃないのは確かだ。ノーはやや守備の穴。カイル&マセソンはテクニックがあるがチームとして生かせておらず、バックラインにプレスをかければ、頭の上をボールが通過して無力化。シュミットは忠実で捌きも正確なキーマン。フィリグノは攻守に動き回り、驚異的な運動量を誇る。シンクレアの突破力は一人では止められない。175cmと長身で空中戦も強く、日本がもし対戦すれば、ゴール近くでプレーさせてはいけない。こちらも大選手だ。

GL第2戦 カナダ−フランス 最終スコア0−4。

カナダ          フランス
−−−−−十二−−−−− −−−−−十八−−−−−
十六−−−八番−−−十五 十七−−−十四−−−十番
−−−十三−−六番−−− −−−六番−−十五−−−
七番−九番−−二番−十七 八番−二十−−四番−十一
−−−−−十八−−−−− −−−−−十六−−−−−

カナダ
18:マクラウド、2:ズラー、7:ウィルキンソン、9:チャップマン、17:ティムコ、6:カイル、8:マセソン、13:シュミット、12:シンクレア、15:ジョーリエ、16:フィリグノ

フランス
16:サンポウィック、4:ジョルジュ、8:ボンパスール、11:ルバイコール、20:ビギエ、6:スベラン、10:アビリ、14:ネシブ、15:ビュサグリア、17:ティネ、18:デリ

(カナダ)
シュミットに負担がかかりすぎる1ボランチをやめてカイルを下げ、バランスの修正を図った。マセソンは突破力を見せ、切れ込んでからのシュートを見せる。負けが許されない状況下で先に失点してバランスを失った。シンクレアは鼻を骨折しながらも根性の入ったプレーを見せた。フィリグノの突破力も見事だ。全体に間延びして、フランスのパスを許した。前線と後方の距離が広く、個々の頑張りに負担がかかりすぎる。

(フランス)
ネシブが女ジダンという評判で、技術的に安定していてボールを失わず、必殺のスルーパスを狙う。デリが抜群のスピードで裏を狙い続ける。交代で入ったトミは一段とスピード豊かだしテクニックも高い。ティネは中に切れ込んだり、見事なミドルを決めたり、ネシブとポジションを変えて、中でキープしたりとプレーの幅が広い。キャプテンのスベランは左利きで攻守にチームを引き締める。CBコンビは大きくはないが、ラインコントロールが見事。CLの結果を見てもフランスの女子は急激に伸びており、コンパクトな守備と見事なパスワークは、ドイツ・日本と伍して戦えるチームであることは明らか。ドイツ戦は高さをどう封じるかだが、高いラインを保てれば面白い。





GL第1戦 ブラジル−オーストラリア

ブラジル         オーストラリア
−−−十番−−十一−−− −−−十一−−十七−−−
−−−−−六番−−−−− −−−−−−−−−−−−
二番−七番−−八番−十四 七番−十四−−十二−十三
−−十三−三番−四番−− 八番−三番−−十番−九番
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

ブラジル
1:アンドレイア、4:アリーネ、3:ダイアーネ、13:エリカ、14:ファビアーナ、
8:フォルミーガ、7:エステル、2:マウリーネ、6:ホザーナ、10:マルタ、11:クリスチアーニ

オーストラリア
1:バービエリ、9:フォード、10:ズッター、3:カロル、8:ライト、13:バット、12ヴァンエグモンド、14:マッカラム、7:ガリオク、11:デバナ、17:サイモン

(ブラジル)
スピード豊かで技術も高い2トップが脅威。クリスチアーニが前線に張り、マルタは引いて捌くことが多いが、スペースを与えれば、圧倒的なスピードで突破してくる。ホザーナはどんどん飛び出してくる。ドイスボランチはまったく飛び出さず、バランスを保つことに腐心。アリーネは180cmの長身で高さに強い。

(オーストラリア)
バットがタフにアップダウンを繰り返し、中に切れ込む技術もスピードもあるグッドな選手。デバナは小柄だが突破力があり、前線からの献身的な守備も光る。デバナに引っ張られるようにチーム全体が引かずに前から守備をして、コンパクトな陣形を保ち、ブラジルの個人技を封殺。なかなか良くまとまった好チーム。




グループB

日本2−1ニュージーランド

−−−永里−−安藤−−− −−−九番−−十番−−−
−宮間−−−−−−大野− −十八−−−−−−七番−
−−−−澤−−阪口−−− −−−四番−−十二−−−
鮫島−熊谷−岩清水−近賀 三番−五番−−六番−二番
−−−−−海堀−−−−− −−−−−一番−−−−−

ニュージーランド
1:ビンドン、2:パーシバル、3:グリーン、5:エルセグ、6:スミス、7:ライリー、4:ホイル、12:ハセット、18:ボウエン、9:ハーン、10:グレゴリアス

(日本)
前線からプレスを掛け、バックラインを押し上げ、大きな展開からのサイドアタックを狙う。中から崩せるときでもさいどを狙う。中央が崩せないときに外を狙うべきで、最初から外というのはちょっと……。2トップは個々の打開力が見事。宮間の両足キックやボランチの攻守にわたるハードワーク、展開力で支配。近賀はどんどん前線に顔を出しクロスを量産。鮫島も打開力があるが、守備でも安定していた。

(ニュージーランド)
バックラインから174cmのハーン目がけてどんどんロングボールを蹴るが精度は低い。ボウエンは18歳で期待のサイドアタッカー。大半が20代前半で、今後の成長に期待。個々の技術は低いが、割り切ったロングボールスタイルを伸ばしていくのだろう。




イングランド1−1メキシコ

イングランド       メキシコ  
−−−−−十四−−−−− −−−九番−−十番−−−
十一−−−十番−−−十二 −−−−−−−−−−−−
−−−八番−−四番−−− 十九−十一−−八番−二一
三番−六番−−五番−二番 十五−三番−−四番−五番
−−−−−一番−−−−− −−−−−二十−−−−−

イングランド
1:バーズリー、2:アレックス・スコット、3:ユーニット、5:フェーホワイト、6:ストニー、4:ジル・スコット、8:ウィリアムズ、10:スミス、11:ヤンキー、12:カーニー、14:アルコ

メキシコ
20:サンティアゴ、3:サンドバル、4:ガルシア・メンデス、5:ビンティ、15:サウセド、8:ウォルビス、10:ガルサ、11:ランヘル、9:ドミンゲス、19:オカンポ、21:マジョール

(イングランド)
アルコは小柄だがスピードと打開力があるCFでアメリカでプレー。ヤンキーは名前どおりアメリカでプレー。もっとも他は国内組だ。ジル・スコットは180cmの大柄なボランチ。フェーホワイトも178cmの大型CBで空中戦は強い。もっとも大柄な選手はこの二人くらいで、ヨーロッパにしては小柄な選手が丁寧につないでいくのが特徴。

(メキシコ)
スペインでプレーするドミンゲスはどんどん裏を狙うスピードと打開力を誇るアタッカー。またガルサはパスセンスに優れ、ドミンゲスとの相性は抜群だ。マジョールもスピード豊かなサイドアタッカー。オカンポは両足での強烈なキックがあり、ロングも狙える。全体的に真っ向勝負を好み、イングランドに一歩も引かず勝負して引き分けた。


日本4−0メキシコ

日本           メキシコ
−−−永里−−安藤−−− −−−−−九番−−−−−
−宮間−−−−−−大野− 十九−十八−−十番−二一
−−−−澤−−阪口−−− −−−−−十一−−−−−
鮫島−熊谷−岩清水−近賀 十五−四番−−五番−六番
−−−−−海堀−−−−− −−−−−二十−−−−−
             メキシコの布陣変更↓
 −−−−−九番−−−−−
 −−−十九−−二一−−−
 十五−十三−−十番−十八
 −−五番−六番−四番−−
 −−−−−二十−−−−−


メキシコ
20:サンティアゴ、6:ガルシア、4:ガルシア・メンデス、5:ビンティ、15:サウセド、18:ペレス、10:ガルサ、11:ランヘル、9:ドミンゲス、19:オカンポ、21:マジョール

メキシコは1ボランチを置いてきたので守備的な目論見かと思いきや、真っ向勝負を挑んできた。しかし日本のボール支配を許し、リードされ、布陣を変更して攻勢を強めたが、突き放されるのみ。ドミンゲスは裏を絶えず狙ったが無駄走りで体力を消耗し、ガルサも単独突破を強いられた。ガルシアのクレバーさは光った。ランゲルは守備で奮闘していたが、声で周囲を使えれば、大量失点を迎えられたかもしれない。

日本0−2イングランド

−−−永里−−安藤−−− −−−−−九番−−−−−
−宮間−−−−−−大野− −十二−−十番−−七番−
−−−−澤−−阪口−−− −−−十八−−四番−−−
鮫島−熊谷−岩清水−近賀 三番−六番−−十五−二番
−−−−−海堀−−−−− −−−−−一番−−−−−

イングランド
1:バーズリー、2:アレックス・スコット、3:ユーニット、6ストニー、15:ブラッドリー、4:ジル・スコット、18:マセンテ、7:クラーク、9:エレン・ホワイト、10:スミス、12:カーニー

180cmのジル・スコットが中盤で圧力をかけ、前線にも飛び出す。この選手に限らず、寄せのスピードがこれまでの2チームとは段違い。エレン・ホワイトは171cmとヨーロッパのCFにしては小柄だが、日本のCB陣はなかなか勝てず。後半クラークに代えて快速レフティー・ヤンキー投入。左右のサイドをしばしば入れ換える。スミスに代えて快速アルコも投入。後半はスピード重視の起用でカウンターを狙う。一方守備陣は俊敏性に欠いた。バーズリーは181cmの長身でハイボールをことごとく跳ね返す。岩淵や川澄の突破は通用していたが、最後決めきれず。

結局2位での通過となり、準々決勝の相手はドイツとなった。後半のスタミナ切れは覚悟の上で前から行くしかなかろう。プリンツに勝てるCBは日本にはいない。ドイツを守勢に回らせるには中盤で勝てないまでも執拗に抵抗し、複数で奪うしかない。岩淵をスタメンで使っても面白いのではないか?勝算は十分あると思う。






C組
GL第1戦 アメリカ2−0北朝鮮

アメリカ         北朝鮮
−−−二十−−八番−−− −−−九番−−七番−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
十二−七番−−十番−九番 十一−十二−−十番−八番
六番−十九−−三番−十一 三番−十六−−十七−五番
−−−−−一番−−−−− −−−−−一番−−−−−

アメリカ
1:ソロ、3:ランポン、6:レパイルベト、11:クリーガン、19:ビューラー、7:ボックス、9:オタイリー、10:ロイド、8:ロドリゲス、12:チェイニー、20:ワンバク

北朝鮮
1:ホンミョンヒ、3:ホ・ウンビョン、5:ソン・ジョンソン、16:ジョン・ポクシム、17:リン・ウンヒャン、8:キム・スギョン、10:ジョ・ユンミ 11:リ・エギョン 12:ジョン・ミョンハ、7:ユン・ヒョンヒ、9:ラ・ウンシム 

中盤を引き締めるシャノン・ボックスは代表キャップ147の大選手。ゴツイ体をどんどんぶつけてボールを奪う。181cmのCFワンバックは159キャップ118ゴールの大選手。ロドリゲスは常にワンバックのこぼれを狙い、スピード豊かな選手。まだ23歳なのに67キャップもある。CBランポンに至っては237キャップもある。非常に読みのいい選手。非常に経験豊富なチームで、普段からレベルの高いアメリカプロリーグでプレーしていて、体力的に強靭だ。局地戦の強さは大会随一だろう。

(北朝鮮)
キム・スギョンの右サイドを中心に突破を仕掛けてくる。平均年齢20歳強の非常に若いチームで、俊敏でアイディア豊富。ユン・ヒョンヒは169cmあるがポスト役としては非力。今大会では非常に苦しいが、今後の成長が見込まれるチーム



2011年06月27日(月) 11年FIFA 女子W杯選手リスト


Korea DPR

Korea DPR
PRK
PRK

Squad List
Goalkeepers
1
HONG Myong Hui

18
RI Jin Sim

21
KIM Chol Ok

Defenders
2
JON Hong Yon

3
HO Un Byol

5
SONG Jong Sun

6
PAEK Sol Hui

15
YU Jong Hui

16
JONG Pok Sim

17
RI Un Hyang

Midfielders
4
KIM Myong Gum

8
KIM Su Gyong

10
JO Yun Mi

11
RI Ye Gyong

12
JON Myong Hwa

13
KIM Un Ju

14
KIM Chung Sim

Forwards
7
YUN Hyon Hi

9
RA Un Sim

19
CHOE Mi Gyong

20
KWON Song Hwa

Coach
KIM Kwang Min



Japan

Japan
JPN
JPN

Squad List
Goalkeepers
1
Nozomi YAMAGO

12
Miho FUKUMOTO

21
Ayumi KAIHORI

Defenders
2
Yukari KINGA

3
Azusa IWASHIMIZU

4
Saki KUMAGAI

5
Kyoko YANO

15
Aya SAMESHIMA

Midfielders
6
Mizuho SAKAGUCHI

7
Kozue ANDO

8
Aya MIYAMA

9
Nahomi KAWASUMI

10
Homare SAWA

13
Rumi UTSUGI

14
Megumi KAMIONOBE

16
Asuna TANAKA

Forwards
11
Shinobu OHNO

17
Yuki NAGASATO

18
Karina MARUYAMA

19
Megumi TAKASE

20
Mana IWABUCHI

Coach
SASAKI Norio



Australia

Australia
AUS
Squad List
Goalkeepers
1
Melissa BARBIERI

18
Lydia WILLIAMS

21
Casey DUMONT

Defenders
2
Teigen ALLEN

3
Kim CARROLL

5
Laura ALLEWAY

6
Ellyse PERRY

8
Elise KELLOND-KNIGHT

10
Servet UZUNLAR

Midfielders
4
Clare POLKINGHORNE

7
Heather GARRIOCK

12
Emily VAN EGMOND

13
Tameka BUTT

14
Collette McCALLUM

15
Sally SHIPARD

16
Lauren COLTHORPE

Forwards
9
Caitlin FOORD

11
Lisa DE VANNA

17
Kyah SIMON

19
Leena KHAMIS

20
Samantha KERR

Coach
SERMANNI Tom


New Zealand
NZL
NZL
Squad List
Goalkeepers
1
Jenny BINDON

20
Aroon CLANSEY

21
Erin NAYLER

Defenders
2
Ria PERCIVAL

3
Anna GREEN

5
Abby ERCEG

6
Rebecca SMITH

7
Ali RILEY

19
Kristy HILL

Midfielders
4
Katie HOYLE

8
Hayley MOORWOOD

11
Kirsty YALLOP

12
Betsy HASSETT

16
Annalie LONGO

18
Katie BOWEN

Forwards
9
Amber HEARN

10
Sarah GREGORIUS

13
Rosie WHITE

14
Sarah McLAUGHLIN

15
Emma KETE

17
Hannah WILKINSON

Coach
HERDMAN John



Norway

Norway
NOR
Squad List
Goalkeepers
1
Ingrid HJELMSETH

12
Erika SKARBO

21
Caroline KNUTSEN

Defenders
2
Nora Holstad BERGE

3
Maren MJELDE

5
Marita Skammelsrud LUND

7
Trine RONNING

8
Runa VIKESTAD

15
Hedda GARDSJORD

18
Guro KNUTSEN MIENNA

20
Ingrid RYLAND

Midfielders
4
Ingvild STENSLAND

14
Gry Tofte IMS

17
Lene MYKJALAND

19
Emilie HAAVI

Forwards
6
Kristine Wigdahl HEGLAND

9
Isabell HERLOVSEN

10
Cecilie PEDERSEN

11
Leni LARSEN KAURIN

13
Madeleine GISKE

16
Elise THORSNES

Coach
LANDSEM Eli



Sweden

Sweden
SWE
Squad List
Goalkeepers
1
Hedvig LINDAHL

12
Kristin HAMMARSTROM

21
Sofia LUNDGREN

Defenders
2
Charlotte ROHLIN

3
Linda SEMBRANT

4
Annica SVENSSON

6
Sara THUNEBRO

7
Sara LARSSON

13
Lina NILSSON

Midfielders
5
Caroline SEGER

10
Sofia JAKOBSSON

11
Antonia GORANSSON

15
Therese SJOGRAN

17
Lisa DAHLKVIST

18
Nilla FISCHER

20
Marie HAMMARSTROM

Forwards
8
Lotta SCHELIN

9
Jessica LANDSTROM

14
Josefine OQVIST

16
Linda FORSBERG

19
Madelaine EDLUND

Coach
DENNERBY Thomas



Germany

Germany
GER
Squad List
Goalkeepers
1
Nadine ANGERER

12
Ursula HOLL

21
Almuth SCHULT

Defenders
2
Bianca SCHMIDT

3
Saskia BARTUSIAK

4
Babett PETER

5
Annike KRAHN

10
Linda BRESONIK

15
Verena FAISST

20
Lena GOESSLING

Midfielders
6
Simone LAUDEHR

7
Melanie BEHRINGER

13
Celia OKOYINO DA MBABI

14
Kim KULIG

17
Ariane HINGST

18
Kerstin GAREFREKES

19
Fatmire BAJRAMAJ

Forwards
8
Inka GRINGS

9
Birgit PRINZ

11
Alexandra POPP

16
Martina MUELLER

Coach
NEID Silvia



England

England
ENG
Squad List
Goalkeepers
1
Karen BARDSLEY

13
Rachel BROWN

21
Siobhan CHAMBERLAIN

Defenders
2
Alex SCOTT

3
Rachel UNITT

5
Faye WHITE

6
Casey STONEY

15
Sophie BRADLEY

19
Dunia SUSI

20
Claire RAFFERTY

Midfielders
4
Jill SCOTT

8
Fara WILLIAMS

16
Stephanie HOUGHTON

17
Laura BASSETT

18
Anita ASANTE

Forwards
7
Jessica CLARKE

9
Ellen WHITE

10
Kelly SMITH

11
Rachel YANKEY

12
Karen CARNEY

14
Eniola ALUKO

Coach
POWELL Hope



France

France
FRA
Squad List
Goalkeepers
1
Celine DEVILLE

16
Berangere SAPOWICZ

21
Laetitia PHILIPPE

Defenders
2
Wendie RENARD

4
Laura GEORGES

5
Ophelie MEILLEROUX

7
Corine FRANCO

8
Sonia BOMPASTOR

11
Laure LEPAILLEUR

20
Sabrina VIGUIER

Midfielders
3
Laure BOULLEAU

6
Sandrine SOUBEYRAND

10
Camille ABILY

13
Caroline PIZZALA

14
Louisa NECIB

15
Elise BUSSAGLIA

Forwards
9
Eugenie LE SOMMER

12
Elodie THOMIS

17
Gaetane THINEY

18
Marie-Laure DELIE

19
Sandrine BRETIGNY

Coach
BINI Bruno



Nigeria

Nigeria
NGA
Squad List
Goalkeepers
1
Precious DEDE

16
Tochukwu OLUEHI

21
Alaba JONATHAN

Defenders
3
Osinachi OHALE

5
Onome EBI

6
Helen UKAONU

14
Faith IKIDI

15
Josephine CHUKWUNONYE

18
Ulunma JEROME

Midfielders
2
Rebecca KALU

4
Perpetua NKWOCHA

8
Ebere ORJI

10
Rita CHIKWELU

11
Glory IROKA

13
Ogonna CHUKWUDI

Forwards
7
Stella MBACHU

9
Desire OPARANOZIE

12
Sarah MICHAEL

17
Francisca ORDEGA

19
Uchechi SUNDAY

20
Amenze AIGHEWI

Coach
UCHE Ngozi



Equatorial Guinea

Equatorial Guinea
EQG
Squad List
Goalkeepers
1
MIRIAM

13
YAO

18
MARIA ROSA

Defenders
2
BRUNA

3
DULCIA

4
CAROLINA

21
LAETITIA

Midfielders
5
ANA CRISTINA

6
VANIA

9
DORINE

10
ANONMAN

11
NATALIA

12
SINFOROSA

14
JUMARIA

15
CHINASA

16
LUCRECIA

20
CHRISTELLE

Forwards
7
DIALA

8
EMILIANA

17
ADRIANA

19
FATOUMATA

Coach
FRIGERIO Marcelo



Canada

Canada
CAN
Squad List
Goalkeepers
1
Karina LeBLANC

18
Erin McLEOD

21
Stephanie LABBE

Defenders
2
Emily ZURRER

4
Carmelina MOSCATO

5
Robyn GAYLE

7
Rhian WILKINSON

9
Candace CHAPMAN

17
Brittany TIMKO

20
Marie-Eve NAULT

Midfielders
3
Kelly PARKER

6
Kaylyn KYLE

8
Diana MATHESON

11
Desiree SCOTT

13
Sophie SCHMIDT

19
Chelsea STEWART

Forwards
10
Jodi-Ann ROBINSON

12
Christine SINCLAIR

14
Melissa TANCREDI

15
Christina JULIEN

16
Jonelle FILIGNO

Coach
MORACE Carolina




USA
USA
Squad List
Goalkeepers
1
Hope SOLO

18
Nicole BARNHART

21
Jill LOYDEN

Defenders
2
Heather MITTS

3
Christie RAMPONE

4
Becky SAUERBRUNN

6
Amy LE PEILBET

11
Alex KRIEGER

14
Stephanie COX

19
Rachel BUEHLER

Midfielders
5
Kelley O HARA

7
Shannon BOXX

9
Heather O REILLY

10
Carli LLOYD

15
Megan RAPINOE

16
Lori LINDSEY

17
Tobin HEATH

Forwards
8
Amy RODRIGUEZ

12
Lauren CHENEY

13
Alex MORGAN

20
Abby WAMBACH

Coach
SUNDHAGE Pia




Mexico
MEX
Squad List
Goalkeepers
1
Erika VANEGAS

12
Pamela TAJONAR

20
Cecilia SANTIAGO

Defenders
2
Kenti ROBLES

3
Rubi SANDOVAL

4
Alina GARCIAMENDEZ

5
Natalie VINTI

6
Natalie GARCIA

14
Monica ALVARADO

15
Luz del Rosario SAUCEDO

Midfielders
7
Juana LOPEZ

8
Guadalupe WORBIS

10
Dinora GARZA

11
Nayeli RANGEL

13
Liliana MERCADO

17
Teresa NOYOLA

Forwards
9
Maribel DOMINGUEZ

16
Charlyn CORRAL

18
Veronica PEREZ

19
Monica OCAMPO

21
Stephany MAYOR

Coach
CUELLAR Leonardo



Colombia

Colombia
COL
Squad List
Goalkeepers
1
Yineth VARON

12
Sandra SEPULVEDA

21
Alejandra VELASCO

Defenders
2
Yuli MUNOZ

3
Natalia GAITAN

5
Nataly ARIAS

8
Andrea PERALTA

14
Kelis PEDUZINE

19
Fatima MONTANO

Midfielders
4
Diana OSPINA

6
Daniela MONTOYA

9
Carmen RODALLEGA

10
Yoreli RINCON

11
Liana SALAZAR

13
Yulieht DOMINGUEZ

15
Tatiana ARIZA

20
Orianica VELASQUEZ

Forwards
7
Catalina USME

16
Lady ANDRADE

17
Ingrid VIDAL

18
Katerin CASTRO

Coach
ROZO Ricardo




Brazil
BRA
Squad List
Goalkeepers
1
ANDREIA

12
BARBARA

21
THAIS

Defenders
2
MAURINE

3
DAIANE

4
ALINE

5
RENATA COSTA

6
ROSANA

13
ERIKA

14
FABIANA

16
ELAINE

20
ROSEANE

Midfielders
7
ESTER

8
FORMIGA

9
BEATRIZ

15
FRANCIELLE

Forwards
10
MARTA

11
CRISTIANE

17
DANIELE

18
THAIS

19
GRAZIELLE

Coach
LIMA Kleiton



2011年06月22日(水) 第7回日・中・韓 国際女子(U−18)サッカー大会(7/9〜15@J-GREEN堺)

第7回日・中・韓 国際女子(U−18)サッカー大会(7/9〜15@J-GREEN堺)
U−16日本女子代表メンバー

日本代表
U-16女子日本代表
スタッフ
監督
吉田 弘 ヨシダ ヒロシ YOSHIDA Hiroshi
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
眩辧)禹 タカクラ アサコ TAKAKURA Asako
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

手塚 貴子 テヅカ タカコ TEZUKA Takako
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/栃木SC】

GKコーチ
川島 透 カワシマ トオル KAWASHIMA Toru
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

選手
Pos. 選手名 アルファベット表記
生年月日 身長 体重 所属

GK
木付 優衣 キツキ ユイ KITSUKI Yui
1996.04.11 162 cm 53 kg AC.MIKAN

平尾 知佳 ヒラオ チカ HIRAO Chika
1996.12.31 170 cm 59 kg JFAアカデミー福島

DF
三谷 沙也加 ミタニ サヤカ MITANI Sayaka
1995.05.13 159 cm 44 kg 日ノ本学園高等学校

長島 あみ ナガシマ アミ NAGASHIMA Ami
1995.10.04 158 cm 50 kg 常葉学園橘高等学校

天田 恵莉香 アマダ エリカ AMADA Erika
1996.02.27 165 cm 58 kg 藤枝順心学園高等学校

土光 真代 ドコウ マヨ DOKOU Mayo
1996.05.03 161 cm 46 kg 日テレ・メニーナ

清水 梨紗 シミズ リサ SHIMIZU Risa
1996.06.15 153 cm 37 kg 日テレ・メニーナ

畑中 美友香 ハタナカ ミユカ HATANAKA Miyuka
1996.06.28 163 cm 49 kg FCヴィトーリア

万屋 美穂 マンヤ ミホ MANYA Miho
1996.11.05 158 cm 45 kg FCヴィトーリア

MF
井上 綾香 イノウエ アヤカ INOUE Ayaka
1995.01.15 155 cm 40 kg 河内SCジュベニール

成宮 唯 ナルミヤ ユイ NARUMIYA Yui
1995.02.22 152 cm 42 kg JFAアカデミー福島

山川 夏輝 ヤマカワ ナツキ YAMAKAWA Natsuki
1995.06.18 157 cm 48 kg 聖和学園高等学校

中村 みづき ナカムラ ミヅキ NAKAMURA Mizuki
1995.08.15 164 cm 51 kg 浦和レッズジュニアユースレディース

伊藤 美紀 イトウ ミキ ITO Miki
1995.09.10 150 cm 42 kg 常盤木学園高等学校

隅田 凜 スミダ リン SUMIDA Rin
1996.01.12 154 cm 43 kg 日テレ・メニーナ

乗松 瑠華 ノリマツ ルカ NORIMATSU Ruka
1996.01.30 161 cm 49 kg JFAアカデミー福島

FW
佐々木 美和 ササキ ミワ SASAKI Miwa
1995.05.20 155 cm 48 kg 常盤木学園高等学校

増矢 理花 マスヤ リカ MASUYA Rika
1995.09.14 158 cm 51 kg JFAアカデミー福島

籾木 結花 モミキ ユウカ MOMIKI Yuka
1996.04.09 150 cm 43 kg 日テレ・メニーナ

小島 美玖 コジマ ミク KOJIMA Miku
1996.08.30 160 cm 50 kg JFAアカデミー福島

※U−16日本女子代表:FIFA U−17女子ワールドカップ2012出場を目標とするチーム。

スケジュール
第7回日・中・韓 国際女子(U−18)サッカー大会
7月12日(火) 16:30 対 U-18韓国女子代表(J-GREEN堺)
7月13日(水) 16:30 対 U-18上海選抜(J-GREEN堺)
7月14日(木) 18:45 対 U-18大阪選抜(J-GREEN堺)



2011年06月21日(火) ビーチサッカー日本代表 中国遠征(6/28〜7/4@青島)メンバー

ビーチサッカー日本代表 中国遠征(6/28〜7/4@青島)メンバー

ビーチサッカー日本代表
スタッフ
監督
ラモス 瑠偉 ラモス ルイ RAMOS Ruy 
【(財)日本サッカー協会】

コーチ
オスマール オスマール OSMAR 
【東京レキオスBS】

選手
Pos. No. 氏名 アルファベット表記 
生年月日 身長  体重  所属
GK
照喜名 辰吾 テルキナ シンゴ TERUKINA Shingo 
1984.09.08 177cm 77kg ソーマプライア

高江洲 地玄 タカエス ジゲン TAKAESU Jigen 
1985.10.29 181cm 70kg 東京レキオスBS

FP
望月 隆司 モチヅキ タカシ MOCHIZUKI Takashi 
1978.04.19 178cm 72kg G.C.Nerine

田畑 輝樹 タバタ テルキ TABATA Teruki 
1979.04.16 178cm 73kg 東京レキオスBS

新垣 隆 アラカキ タカシ ARAKAKI Takashi 
1979.05.26 167cm 71kg ソーマプライヤ

當間 正人 トウマ マサヒト TOMA Masahito 
1981.03.16 180cm 68kg ソーマプライア

小牧 正幸 コマキ マサユキ KOMAKI Masayuki 
1982.08.30 175cm 65kg SPOSiC JAPAN

鈴木 俊多 スズキ シュンタ SUZUKI Shunta 
1984.01.01 175cm 65kg ソーマプライア

上原 朋也 ウエハラ トモヤ UEHARA Tomoya 
1984.03.22 165cm 60kg ソーマプライア

後藤 崇介 ゴトウ タカスケ GOTO Takasuke 
1985.06.04 173cm 70kg 東京レキオスBS

瀧口 貴史 タキグチ タカシ TAKIGUCHI Takashi 
1986.11.28 173cm 68kg 東京レキオスBS

大城 道生 オオシロ ミチオ OSHIRO Michio 
1987.02.10 181cm 72kg 東京レキオスBS

スケジュール
ビーチサッカー4か国対抗トーナメント
7月1日(金)16:00 vs中国代表
7月2日(土)16:00 vsウズベキスタン代表
7月3日(日)16:00 vsオマーン代表



2011年06月20日(月) U-18日本代表候補トレーニングキャンプ(6/26〜30@J-STEP)メンバー

U-18日本代表候補トレーニングキャンプ(6/26〜30@J-STEP)メンバー

U-18日本代表
スタッフ
監督
吉田 靖 ヨシダ ヤスシ YOSHIDA Yasushi 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
山橋 貴史 ヤマハシ タカシ YAMAHASHI Takashi 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

GKコーチ
慶越 雄二 ケイゴシ ユウジ KEIGOSHI Yuji 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

選手
Pos. 選手名 (アルファベット表記) 
生年月日 身長 体重 所属
GK
櫛引 政敏 クシビキ マサトシ KUSHIBIKI Masatoshi 
1993.01.29 182cm 68kg 清水エスパルス

池村 彰太 イケムラ ショウタ IKEMURA Shota 
1993.06.17 183cm 78kg JFAアカデミー福島

杉本 大地 スギモト ダイチ SUGIMOTO Daichi 
1993.07.15 186cm 79kg 京都サンガF.C.U-18

DF
櫛引 一紀 クシビキ カズキ KUSHIBIKI Kazuki 
1993.02.12 178cm 72kg コンサドーレ札幌

松原 健 マツバラ ケン MATSUBARA Ken 
1993.02.16 177cm 66kg 大分トリニータ

高橋 祐治 タカハシ ユウジ TAKAHASHI Yuji 
1993.04.11 185cm 75kg 京都サンガF.C.U-18

山中 亮輔 ヤマナカ リョウスケ YAMANAKA Ryosuke 
1993.04.20 171cm 65kg 柏レイソルユース

佐藤 和樹 サトウ カズキ SATO Kazuki 
1993.05.18 174cm 65kg 名古屋グランパスU18

小山内 貴哉 オサナイ タカヤ OSANAI Takaya 
1993.06.15 176cm 67kg コンサドーレ札幌U-18

工藤 将太朗 クドウ ショウタロウ KUDO Shotaro 
1993.06.20 181cm 66kg 大宮アルディージャユース

宮本 和輝 ミヤモト カズキ MIYAMOTO Kazuki 
1993.07.13 182cm 69kg 横浜F・マリノスユース

MF
大島 僚太 オオシマ リョウタ OSHIMA Ryota 
1993.01.23 168cm 64kg 川崎フロンターレ

相馬 大士 ソウマ タイシ SOMA Taishi 
1993.02.02 173cm 72kg 柏レイソル

田鍋 陵太 タナベ リョウタ TANABE Ryota 
1993.04.10 176cm 64kg 三菱養和サッカークラブユース

荒野 拓馬 アラノ タクマ ARANO Takuma 
1993.04.20 178cm 62kg コンサドーレ札幌U-18

幸野 志有人 コウノ シュウト KONO Shuto 
1993.05.04 179cm 66kg 大分トリニータ

杉本 竜士 スギモト リュウシ SUGIMOTO Ryushi 
1993.06.01 164cm 59kg 東京ヴェルディユース

熊谷 アンドリュー クマガイ アンドリュー KUMAGAI Andrew 
1993.06.06 181cm 67kg 横浜F・マリノスユース

近藤 貫太 コンドウ カンタ KONDO Kanta 
1993.08.11 160cm 58kg 愛媛FCユース

原川 力 ハラカワ リキ HARAKAWA Riki 
1993.08.18 175cm 67kg 京都サンガF.C.U-18

為田 大貴 タメダ ヒロタカ TAMEDA Hirotaka 
1993.08.24 175cm 66kg 大分トリニータU-18

古波津 辰希 コハツ タツキ KOHATSU Tatsuki 
1993.09.11 173cm 57kg 流通経済大学付属柏高校

FW
風間 宏矢 カザマ コウヤ KAZAMA Koya 
1993.04.16 172cm 60kg 静岡市立清水商業高校

三根 和起 ミネ カズキ MINE Kazuki 
1993.04.18 190cm 77kg 京都サンガF.C.U-18

小野瀬 康介 オノセ コウスケ ONOSE Kosuke 
1993.04.22 176cm 65kg 横浜FCユース

白崎 凌兵 シラサキ リョウヘイ SHIRASAKI Ryohei 
1993.05.18 178cm 60kg 山梨学院大学付属高校

宮本 拓弥 ミヤモト タクヤ MIYAMOTO Takuya 
1993.05.21 181cm 80kg 流通経済大学付属柏高校

高原 幹 タカハラ モトキ TAKAHARA Motoki 
1993.05.28 166cm 54kg 名古屋グランパスU18

榊 翔太 サカキ ショウタ SAKAKI Shota 
1993.08.03 164cm 58kg コンサドーレ札幌U-18

参加選手変更
6/24
DF 工藤 将太朗 (クドウ ショウタロウ/KUDO Shotaro)
所属:大宮アルディージャユース
理由:けがのため

MF 幸野 志有人 (コウノ シュウト/KONO Shuto)
所属:大分トリニータ
理由:チーム事情により

MF 古波津 辰希 (コハツ タツキ/KOHATSU Tatsuki)
所属:流通経済大学付属柏高校
理由:けがのため



DF 久司 勇二 (クシ ユウジ/KUSHI Yuji)
1994年1月21日生179cm/60kg
所属:JFAアカデミー福島

不参加選手
6/27
FW 白崎 凌兵 (シラサキ リョウヘイ/SHIRASAKI Ryohei)
所属:山梨学院大学付属高校br /> 理由:けがのためbr />


※U-18日本代表:FIFA U−20ワールドカップ2013出場を目標としたチーム。



2011年06月19日(日) クラセン関西予選決勝 姫路−高田

クラブユース選手権関西予選 決勝  
エストレラ姫路−ディアブロッサ高田 U−18
13時 堺NTC S5   ピッチ良 曇り

姫路           高田
−−−野田−−本田◆檗檗 檗檗歙樟遏檗盜原◆檗
−−−−−−−−−−−− −−−−−金銅−−−−−
都出|歟罅檗飮蓋ヾ澪⊃綱棔歇婆遏檗殘鄲次蘖蔽
−佃−三木−−高橋橋本 −−大倉−岩崎−吉村◆
−−−−−馬場◆檗檗檗檗 檗檗檗檗歐硬帖檗檗檗檗


姫路 監督:松本真吾 前所属記載なしはエストレラ姫路U−15出身
GK  1 馬場淳也  2年
DF  6 佃直樹   3年・主将
    2 高橋尚希  2年
    5 橋本健広  3年
    4 三木悠司  3年
MF  8 竹中啓太  3年 FCライオス
   13 山口恒太  1年
   16 岸根嵩文  2年
   17 都出航   1年
FW 10 野田将   3年
    9 本田圭佑  2年
 
都出 航
高田 監督:中瀬古宣夫 前所属記載なしはディアブロッサ高田FC U−15、大和は
ディアブロッサTFC大和出身
GK  1 森田裕太  3年 大和
DF 17 大倉良太  3年 大和
   18 岩崎春   3年 大和
   20 森本啓介  3年 大和
   19 野村英登  3年 大和
MF 24 吉村直人  2年 富雄中
   16 芝野匡   3年 大和・主将
   23 永谷友亮  3年 FCソルセウ
   27 金銅真   3年 川上FC
FW 20 西川翔大  3年 平群中
   13 広原由也  2年 エテルノ青英FC

20番が二人いて明らかに間違っている。森本は26番だと思われるが、ここでは公式記録のまま表記した。森本は公式記録によって26番になってたり、2番になってたりする。

立ち上がり、高田は自陣ペナ付近で横パスをつなぐ。U−18を観るのは初めてだが、かつてのU−15同様パスは隣にだけ、飛ばしのパスは出さないという原則を守っている。さすがに自陣でドリブルを仕掛けたりしないが、えらく消極的で、ハーフラインを超えない。これに対し、姫路はラインを作ってバランスを取るが、FWがボールを奪いに行かず、3分以上も高田のボールキープを許す。暑いのでスタミナ配分を考えているのだろうが、こちらも消極的。徐々に高田が敵陣に侵入するようになり、2トップがなかなかのドリブル突破力を見せる。14分、高田広原左シュートは正面。22分、姫路・竹中に警告。突破を倒す。そのFKで絢婆遒離ックをニアで潰れ24吉村が飛び込むが届かず。しかしそれで得た右CK、絢婆遒離ックを24吉村ファーでヘッド。決まって0−1。この得点で急にプレーが激しくなる。姫路がボールを奪いに行き、高田も自陣で奪われ始める。28分、高田絢婆遒坊拗陝ラフ。33分、姫路嬰埆个留Γ藤砲ファーを襲うがクリア。34分、高田汗樟遒離疋蠧庸法右裏を狙うがカット。39分、高田殻鄲爾坊拗陝C戮譴織織奪ル。40分、高田、左80度20mFK、ずらして27金銅シュート、決まる。0−2。42分、高田27金銅の右FKが中にこぼれ汗樟扈海蠅海燹0−3。46分、姫路右クロスを竹中シュートも上に外れる。決定機。結局前半は0−3で終了。

得点はすべてセットプレーからで、高田ペースというわけでもなかったが、支配率は7割を超えていた。シュート数2対5(公式)。両者あまりに消極的な試合運びだったが、後半は変えてくるだろう。高田では広原の突破力が目立っていた。

後半4分、姫路野田に警告。フォアチェックが遅れて足に入った。6分、姫路梓澪→殻畋蔀L蕁I穎のδ僂和里ガッチリしていてフィードもいい。7分、高田、右60度30mFK、27金銅のFKは跳ね返される。8分、姫路山口→23福田健登。左CBに入り、せ位擇ボランチに上がる。殻畋爾浪速。17分、姫路、左70度27mFK、δ僂離轡紂璽箸錬韮棒橘未悄20分、姫路野田が高田DFからカット、シュートはGK正面。21分、姫路、竹中が左ミドル、GK右手一本でセーブ。決定機。23分、姫路・嬰埆个左ミドル、GKこれもセーブ。決定機。さらに左クロスを野田がヘッドで逸らすもGKキャッチ。決定機。24分、姫路δ僂坊拗陝ラフ。この高田右FKを絢婆遒ら餌臑△ヘッドで逸らし、決まって0−4。高田はそうチャンスはないのだがセットプレーがことごとく得点になっている。姫路はリスタートの守備を何とかしないと、J相手では苦しい。27分、姫路、カットから殻畋爾右グラウンダークロスに野田が中でどフリー、左隅に決めて1−4。28分、高田26→板谷隼。そのまま左WB。30分、高田カウンター、汗樟遒仕掛けて左を破りクロスも広原に合わず。33分、姫路、野田の右クロスに本田シュートもGK抑える。決定機。この時間帯姫路が前から説教的にボールを奪いに行き、高田のミスもあいまって決定機を量産。高田も飛ばしのパスやクリアが多くなってきた。38分、姫路殻畋爾留Ε轡紂璽箸左隅に飛ぶが、セーブ。決定機。38分、姫路本田の左クロスがGKにさわり中にこぼれ、δ僂蹴りこむ。2−4。40分、姫路本田の左クロスを中で競ってせ位撻轡紂璽箸發ろうじてブロック。決定機。42分、姫路、右FKを竹中逸らしせ位撻轡紂璽箸癸韮縫ャッチ。43分、姫路本田のシュート、これはセーブもこぼれを竹中決める。3−4。44分、姫路野田突っかけて左シュート、GKキャッチ。決定機。46分、高田広原に警告。故意に相手を突破をブロック。結局3−4でタイムアップ。

後半は姫路の決定機の山。シュート数12対5(公式)。決定奇数は10対1とワンサイドだった。気迫が前面に出ていたし、力の差もあったと思う。なぜこのサッカーを前半から出来ないか不思議だ。よほどスタミナに自信がないのか。Jが相手だと、どこかでボールを奪いに行かないと決定機を作られるだけだし、セットプレーも多くなるだろう。δ僂鯢頭に能力の高い選手がいるだけにもったいない。高田では後半汗樟遒離疋螢屮襪目立った。結構スタミナがあった。サイドチェンジもたまに見せたが、キック力がないのか、ブレることが多かった。隣にパスか自陣でも相手を抜くか、というサッカーは高校生年代ではちょっとなあ、と思う。流れが良かったので勝てたが、力は姫路のほうが上だったと思う。

公式記録



2011年06月18日(土) 高校女子選手権関西予選準決勝 日ノ本−大阪桐蔭

高校女子サッカー界を引っ張るのは毎年のように全国で決勝に進出し、昨年はチャレンジリーグでも好成績を挙げ、全女ではベレーザを破り、代表にも大量に人材を送り出している常盤木学園だ。その常盤木を昨年全国決勝で破り全国制覇したのが日ノ本である。しかし日ノ本は関西チャンピオンではなかった。予選で大阪桐蔭にPK負けして、3位での突破だったからである。かつて兵庫は啓明は強化していたが、止めてしまい、日ノ本のライバルがなくなった。関西では日ノ本の1強時代が続いていたが、大阪勢が強化を始めた。大阪桐蔭は日ノ本ほどの力はないが、昨年は全国ベスト8、それも準々決勝で常盤木に延長負けと健闘している。全国制覇の可能性を上げるためには同じ地域に同等のライバルがいることが重要だと思っている。それも大学やクラブではなく、同じカテゴリーの高校に。桐蔭が力をつければそれがきっと日ノ本のためになる。なぜなら守備で粘り強くなるからだ。昨年の敗戦(PK負けだが)で日ノ本は全力を挙げて桐蔭を潰しにくる。それが観たくて関西最高のカードに足を運んだ。


高校女子選手権関西予選 準決勝  
日ノ本学園高校−大阪桐蔭高校
13時 堺NTC S1   ピッチ良 曇り

日ノ本          大阪桐蔭
−−−−−−十四−−−− −−−−−九番−−−−−
−−−−十番−−−−−− 二番−八番−−十番−四番
十一−七番−−十二−四番 −−−−−十三−−−−−
三番−二番−−五番−十九 十四−三番−−十八−五番
−−−−−二十−−−−− −−−−−二十−−−−−

立ち上がりから両者激しく身体をぶつけ合い潰しにかかる。技術的にはそれほどでもない。日ノ本は昨年は3トップが強力でどんどんロングボールを出し預けていたが、今年はそこまでの力がなく、繋がざるを得ない。桐蔭は大阪新人戦決勝ではもう少し繋いでいたが、日ノ本相手とあって激しく守って素早く攻め切る戦略だ。すぐに蹴りあいになる。小柄なボランチ13番は運動量豊富でボール奪取力も高くミスの少ない好選手。7分、桐蔭、右クロスを日ノ本GKがパンチミス、これを2番シュートも右に外れる。決定機。23分、日ノ本、右FKを11番が左足で右隅にゆるく飛ぶが、セーブ。右CK。28分、日ノ本、ペナちょい外でFK、14番が右足で右隅を狙うがGKセーブ。33分、桐蔭、右クロスを2番がダイレクトシュートもブロック。結局前半は0−0で終了。

後半9分、日ノ本、左FKで14が狙うが壁。12分、日ノ本、左スルーパスに10番が抜けてGKと1対1を左隅に決める。1−0。13分、桐蔭4番→11番。14分には2番→7番。フォーメーションを大きく変える。↓の通り。

−−−−−九番−−−−− 
−−−八番−−十番−−− 
十四−十三−−七番−十一 
−−十八−三番−五番−− 
−−−−−二十−−−−− 


前目に人数を割いてボールを拾いやすくする狙いか?しかし状況はあまり変わらない。24分、日ノ本、12番→18番。そのままボランチ。桐蔭も5番→22番。今度は2バックへ。

−十一−−九番−−十番− 
−−−二二−−八番−−− 
七番−−−十三−−−十四 
−−−十八−−三番−−− 
−−−−−二十−−−−− 

しかし日ノ本は確実に桐蔭の攻めを潰す。26分、日ノ本11番危険な左シュートは右に外れる。28分、日ノ本7番→6番。そのままボランチへ。10番も下がって3ボランチ。結局1−0でタイムアップ。日ノ本が全国行きを決めた。なお翌日の3決で勝ち桐蔭も全国へ。日ノ本は決勝で大商学園を破り優勝した。

タフな守備の続いた好ゲーム。桐蔭は綺麗に繋ぐだけでなく守備にタフさが出てきたことで、全国でも期待できるチームとなった。日ノ本は両ボランチが走り回り、桐蔭の攻撃の芽を摘んだ。10番の飛び出しや14番の技術も良かった。多分両者全国ベスト8は狙えると思う。例年のレベルならその先は運しだいだ。高校女子は年々顕著にレベルが上がっている。関西勢は守備力が上がっているので、どんな強敵相手でも耐えることは出来る。さて、今年はどうなるか?



2011年06月12日(日) 関西学生リーグ第9節 関大−近大 阪南大−桃山大(布陣のみ) プリンスリーグ関西1部 初橋−野洲

関大は先週に関カレ3決でPK負けし、総理大臣杯出場を逃したばかり。失意のどん底から立ち直れていないのではないか?と言う不安があった。


関西学生リーグ第9節  
関西大学−近畿大学
11時30分 堺NTC S1   ピッチ良 曇りのち雨

関大           近大
大本?−−片岡◆檗蘖田◆檗檗飮谷−−宮本−−−
−−−和田 櫺崎−− −−−−−−−−−−−−
−−−−−田中−−−− 藤本−大北小田原−辻−
都並∋岡◆歉椋⊥内 西浦⊃綯−清水〃謀
−−−−−金谷◆檗檗檗檗 檗檗檗檗歛臉将−−−−


関大 監督:島岡健太
GK  1 金谷和幸  184/74 2年 ガンバ大阪ユース
DF  2 都並優太  173/65 2年 東京ヴェルディユース
   23 寺岡真弘  179/73 2年 ヴィッセル神戸ユース 
    4 小椋剛   181/75 2年 川崎フロンターレU−18
    3 櫻内渚   176/70 4年 作陽
MF  7 岡崎建哉  173/62 3年 ガンバ大阪ユース
    6 田中裕人  175/74 3年・ゲーム主将 ガンバ大阪ユース
   21 和田篤紀  178/66 1年 ヴィッセル神戸ユース
FW 28 大本貴博         サガン鳥栖ユース
    9 片岡道則  181/73 2年 ヴィッセル神戸ユース
   17 奥田勇太  177/69 2年 ジェフユナイテッド市原・千葉U−18
リザーブ
GK 16 志村智久  178/72 2年 前橋育英
DF 32 内田恭平  
    5 前田晃一  180/73 2年 金光大阪
MF 15 稲森睦   177/68 3年 四日市中央工
   19 中島龍基  168/60 2年 青森山田
   13 海田佳祐  173/63 2年 ジュビロ磐田ユース
FW 18 安藤大介  160/55 3年 静岡学園
    

近大
GK  1 大西勝Α 183/74 3年 近畿大学附属高
DF  3 桂田光   175/66 4年 セレッソ大阪U−18
    4 水谷尚貴  184/75 3年 関西大学北陽
   28 西浦一志  170/63 2年 初芝橋本
    5 清水大輔  181/72 1年 センアーノ神戸ユース
MF  6 小田原匡  172/69 4年 鹿児島実業
   24 辻倫太郎  169/64 4年 草津東
    8 大北啓介  178/65 3年 近畿大学附属和歌山
   10 藤本憲明  175/65 4年 青森山田
FW  7 宮本宗弥  174/68 4年 近畿大学附属和歌山
   11 皿谷圭史郎 179/65 4年 東福岡
リザーブ
GK 41 倉橋勝也
DF 27 山田裕也  166/61 3年 東福岡
   15 安田潤二  175/69 2年 興國
   20 山脇揚平  177/62 3年 済美
MF 37 玉山拓也
FW 42 高崇彰   168/64 4年 近畿大学附属
   45 岡本晃輝 

関大は4−3−3と表記したが、以前の観戦時と大きく変わっていない。田中が下がり目のボランチ。岡崎が上がり目で、さらに和田が高いポジションを取る。4−2−3−1と言えなくも無いが、岡崎が高いポジションを意識しているので、4−3−3と表記した。立ち上がり、関大はイージーなパスミスが目立つ。MF3人の間でボールが回らず、CBからの大きな展開も無い。やはり集中力が無いな、と思いながら観る。対する近大は闘志十分。激しく秩序だったプレスを仕掛け、ボールを奪う。しかしチャンスには至らない。9分、近大・小田原に警告。後ろから行った。20分、近大・宮本が決める。0−1。ただ直前の動きを見逃した。関大はこの失点にがっかりしたのか、22分、左サイド西浦から右に出て皿谷シュート、DFに当たったこぼれを藤本が蹴りこみ0−2へ。23分には近大・辻が右シュート、GKセーブするが、これも決定機。40分には、関大・金谷がゴールキックをミスし、辻から皿谷へ渡り右シュート、これはセーブするが、イージーミス。決定機。

公式記録で前半のシュート数は1対8、関大の出来があまりに悪かった。双方のテンションの高いゲームを観たいのだが、近大だけが戦っていた。第2試合だったら、後半の入りだけ観て、途中で帰っていた。しかし、今からプリンスに切りかえるのもなあ、と思い、後半も観る事にする。

しかし4分、近大は宮本のスルーパスに皿谷が反応、関大・都並が倒し、警告。ペナ少し外正面でFK。これを藤本が左隅に決めて0−3。8分、関大・都並→内田、大本→安藤。18分、その安藤の突破を近大・大北が倒し警告。正面20mFKを岡崎が左隅枠に飛ばすが、GK大西スーパーセーブ。ナイスキーパー。20分、関大・奥田→中島。左ウイングに入り、安藤右ウイング。25分、近大・辻→高。32分、近大・大北→安田。34分、近大・宮本→山脇。36分、近大・安田に警告。結局スコア動かず、近大が完勝した。

雨でメモ取りづらかった、と言う状況はあるにせよ、メモ取るべきシーンが少なかった。近大は後半ペースを落とし、無難にゲームを運んだ。小田原・大北が効いていた。西浦のクロスも良かった。関大はこれだけのタレントを擁しながら、テンションの低いゲームで完敗した。誰のせいでもない、選手一人一人の責任だと思う。この完敗で目覚めればいいのだが。

公式記録



関西学生リーグ第9節  
阪南大学−桃山学院大学
14時 堺NTC S1   ピッチ良 雨

阪南大          桃山大
−−−奥野−中村−−− −−−中東−斎藤−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
泉澤岩本−−井上−村山 山瀬−須ノ又−面家F讃絖
藤内1憤罩◆殍儉 殀喩5楮雖◆殍儉−谷口C翕
−−−−−土師−−−− −−−−−圍◆檗檗檗檗

阪南大 監督:須佐徹太郎
GK  1 土師一将  178/78 3年 東海大五 
DF 35 朴賛友       1年 水原高
    4 永井鷹也  180/82 2年 ジュビロ磐田ユース
   19 飯尾竜太朗 175/69 3年 ヴィッセル神戸ユース
   26 藤内隆廣  174/68 3年 高松北
MF 14 井上翔太      4年・主将 東福岡
    5 岩本知幸  178/72 4年 東海学園
   18 奥野将平  173/70 3年 興國
    9 村山拓哉  175/65 4年 久御山
FW 11 泉澤仁       2年 アルビレックス新潟ユース
   10 中村雄大  177/70 4年 愛知FCユース

リザーブ
GK 21 原田直樹  181/78 2年 広島観音
DF 22 工藤光輝  170/66 2年 コンサドーレ札幌U−18
    6 今村虹陽      4年 守山北
MF 16 本多勇喜      3年 名古屋グランパスU−18
   12 谷本泰基  174/63 3年 広島皆実
   27 阿部勇治      2年 鹿島アントラーズユース
FW 20 多木理音      1年 ヴィッセル神戸ユース


桃山大 総監督:高成廈 監督:楚輪博
GK 21 圍謙太朗  187/77 2年 大津
DF  2 中嶋亮   175/68 4年 水口
   37 谷口功   178/69 3年 鹿児島実業
   28 朴斗翼   176/68 3年 神戸科学技術
   73 宮崎舟   173/64 2年 鹿児島城西
MF 15 面家康生  170/69 3年 セレッソ大阪U−18
   18 須ノ又諭  166/62 4年・主将 神戸科学技術
   14 山瀬彰也  163/60 4年 大分トリニータU−18
   38 道上隼人  168/59    2年 セレッソ大阪U−18
FW 11 斎藤達也  165/60 4年 高川学園
   36 中東優治  181/75 3年 セレッソ大阪U−18

リザーブ
GK 42 藤原康平  180/67 3年 大阪桐蔭
DF 40 染田良輔  183/65 3年 奈良育英
MF 20 菅原鉄平  174/67 3年 静岡学園
   23 宮下航   172/65 3年 広島皆実
   10 小倉慎太郎 166/54 4年 静岡学園
FW 22 松本翼   173/62 3年 築陽学園
   16 加藤潤   181/75 4年 ジュビロ磐田ユース


15分だけ観戦。阪南大の韓国人留学生の朴に注目してみていた。大柄だが寄せが甘く、斎藤にヘッドを許したり、いいフィードを見せたかと思えば、イージーなトラップミスをしたりと、まだまだ素材という印象。同じように1年から出ていた永井はもう少し完成度が高かったし、深谷ほどのスケールは感じない。どういうタイプなのだろうか?



急いでピッチを移動。ともに全国高校総体出場が決定している。その再確認のためだ。野洲は今期観た2試合が酷かった。正直レベルの高い滋賀予選を突破するとは思わなかった。そういうわけで何が変わったのか観たかった。対する初橋は和歌山の大本命だと思っていた。今年のチームは強いし、ライバルの近大和歌山がスケールの大きいチームながらも未成熟だったからだ。夏前は初橋有利だろうと。和歌山の他校は観てないが、初橋のレベルの高さから言って、番狂わせは相当厳しいだろうと。初橋については強さを再確認する意味合いがある。



プリンスリーグ1部第6節  
初芝橋本高校−野洲高校
14時30分 堺NTC S7   ピッチ人工芝 雨



初橋           野洲
−−−前田−−美里−−− −高野−−加藤−−平山−
−−−−−−−−−−−− −−−玉置−−玉城−−−
井上−片山−−都甲−木匠 武田−−−松田−−−布施
−林井筒−−西岡−榎本 −−−山本−−水野−−−
−−−−−古川−−−−− −−−−−細川−−−−−

初橋 監督:阪中義博
GK  1 古川智也  180/78 3年 八尾ユース
DF  2 榎本絢太  173/63 3年 FCゴラッソ
    3 西岡大志  175/66 3年 川上FC
    4 井筒陸也  178/71 3年 エルバFC
   15 林健太   171/60 2年 川上FC
MF  5 都甲勝生  175/75 3年 長坂中
    6 片山義明  170/63 3年 高石中央FC
    8 井上賢光  175/69 3年 川上FC
   10 木匠貴大  175/65 3年 川上FC
FW  7 美里孝彦  172/61 3年 レオSC
    9 前田健登  180/71 3年 上野芝中

野洲 監督:山本佳司
GK  1 細川隼人  174/69 3年 葉山中
DF  2 山本恭敬 プログラムに記載なし
    4 水野隼人  166/61 2年 セゾンFC
    7 布施俊樹  168/64 3年 セゾンFC
   14 武田侑也  165/56 2年 セゾンFC
MF  6 松田恵夢  171/56 2年 セゾンFC
   16 玉城史也  160/53 3年 浦和レッドタイヤモンズ
   25 玉置裕大  165/52 2年 セゾンFC
FW  8 高野登志基 165/50 2年 セゾンFC
    9 加藤臣哉  170/64 3年 城山中
    3 平山晃大  169/59 3年 セゾンFC

野洲は形としては4バックなのだろうが、攻撃時には実際は2CBとアンカーの松田の間でボールを回し、両SBは高いポジションを取り、攻撃的MFと同じくらい高い。3トップはウイングではなく、中にポジションを取る。この日はU−17代表でキーマンの10番望月がいない。初橋もポゼッション重視のチームなので、両者攻め合いである。試合は簡単に。12分、野洲、中でつなぎ右の加藤から前の布施へ、右からドリブルで突っ込みシュート、決まって0−1。人数をかけた強引な攻めだった。しかし支配率は5分5分。初橋のパス回しも見事だ。27分、初橋・林の左クロスにニアで潰れ、木匠が左足シュート、決まって1−1。28分、野洲、カウンター斡名襪離好襦璽僖垢鬮加藤が右シュート、決まって1−2。42分、初橋、┛羮紊ら裏にスルーパス、美里抜け出し、GKの左を抜いて2−2。前半は2−2で終了。

シュート数5対3(公式)。両者バックラインがなかなかシュートに行けなかったが、中盤であいてに回されている分、スルーパスを通された。中盤は両者攻撃面ではいいが、守備は効いていない。

後半7分、初橋、左でカットから┛羮紊GKと1対1、決めて3−2。8分、野洲、左CK、┨睫遒離ックをファーで加藤が落とし∋核椶スライディングシュート、決まって3−3。12分、野洲武田の左クロスをJ浸海シュート、決まって3−4。18分、初橋木匠がこぼれ球を決める。4−4。その後初橋が押し気味に進めるも得点ならず。結局4−4のドローだった。

後半のシュート数は11対7だった。初橋は美里の安定した技術と木匠の思い切った突込みが光った。守備時は引きすぎだと思う。安全性重視なのだろうが、野洲相手には不利に働いた。全国の暑さを考えたら省エネも必要だし、本気で上位進出を考えているチームなのだろう。野洲は何が変わったのだろうかと考えながら観ていたが、ミスが減っただけで、無謀なスタイルは変わらなかった。これで勝てれば全国制覇時以上のインパクトを残せるだろう。両SBはガンガン仕掛けるドリブラー。守備を3人でやっている印象だ。

公式記録



2011年06月11日(土) 関西学生リーグ第9節 びわこ大−姫獨大 大産大−京園大

本格的な梅雨に入り、この日は朝から雨が降っていた。高槻総合スポーツセンターに到着したときは雨が上がっていたが、ベンチはぬれているので、新聞をしいて着席。ピッチ内もあちこち水が浮いている。特にタッチライン際はビショビショだ。

関西学生リーグ第9節  
びわこ成蹊スポーツ大学−姫路獨協大学
11時30分 高槻総合スポーツセンター陸   ピッチ悪 曇り

びわこ大         姫獨大
−−−三輪 歙津−−− −−−尾花−小西◆檗
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
竹内2和辞−湯田−加藤仝淺汗遶∈D邸欅貌山根
二戸−石間−吉田‐称Ν⊃米−権代−輒遶E亙姚
−−−−−柴田−−−− −−−−−佐藤◆檗檗檗


びわこ大
GK 37 柴田大地  181/74 3年 浦和レッズユース
DF 16 松田陸   171/67 2年 立正大淞南
   39 吉田敦己      1年 同朋
    4 石間寛人  175/70 3年 磐田東
   33 二戸将   169/68 4年 ガンバ大阪ユース
MF 27 加藤大樹  167/62 1年 立正大淞南
    6 河村大穀  162/60 3年 神戸弘陵学園
   10 湯田逸友  171/66 4年・主将 市立尼崎
   18 竹内一貴  173/58 3年 浜松開誠館
FW  7 浅津知大  173/67 4年 立正大淞南
   32 三輪優平      1年 ヴィッセル神戸ユース
リザーブ
GK 21 河本稔   180/70 4年 北大津
DF 29 中村謙吾      1年 立正大淞南
   30 中村宏輝      1年 立正大淞南
   40 星克弥       2年 野洲
MF 23 吉澤春風  170/57 3年 滝川第二
FW 13 大村祐介  167/55 3年 阿武野
    9 土井俊典  172/64 4年 エストレラ姫路ユース

姫獨大
GK 21 佐藤優太  175/70 2年 東奥義塾
DF  2 渡辺圭祐  165/55 2年 山梨学院大付属
    3 輒鄲鷽諭 175/68 3年 飾磨
    5 権代貴之  178/69 3年 米子北
   11 進藤力信  173/62 4年 桜宮
MF 43 山根拓巳      1年 如水館
   38 今津穀大  172/60 4年・主将 徳島ヴォルティスユース
   35 伊藤将大  162/62 3年 ヴィッセル神戸
   16 五百川雄太 165/60 2年 米子北
FW 29 小西将人  177/64 2年 丸岡
   28 尾花和真  174/62 3年 飾磨
リザーブ
GK  1 重富大輔  183/65 3年 サガン鳥栖
DF 33 小野雅史      1年 東福岡
   30 田村健太      1年 愛媛FCユース
MF 50 那須一我  165/57 3年 川西明峰
   37 友成健悟      1年 徳島ヴォルティスユース
FW 12 高橋志有人 168/56 2年 瀬戸内
    9 河野大星  183/72 4年 アルビレックス新潟シンガポール
   
(得点経過)
後半7分、びわこ大、加藤が左サイドでマーカーを鋭くかわしクロス、湯田がニアでヘッド。1−0。
後半15分、姫獨大、右スローインから河野シュート、ブロックが前にこぼれて山根が蹴りこむ。1−1。
後半35分、姫獨大、山根のパスに尾花が裏に抜け出しGKと1対1、決める。1−2。
ロスタイム、びわこ大、微妙なPKゲット。湯田が決める。2−2。

(選手交代)
びわこ大
67分、三輪→土井
85分、浅津→木村
姫獨大
60分、五百川→河野
87分、今津→田村
90分、小西→友成

(警告)
35分、姫獨大・山根。アフター
47分、姫獨大・尾花。
80分、びわこ大・石間

(戦評)
びわこ大が押し気味に進めたが、両者パスミスが目立った。水を含んだピッチにボールが止まり、徐々に強いキックを蹴るようになるが、中盤でのボールロストもゴール前でのミスも目立ち、低調な内容だった。そんな中、高校選手権得点王、びわこ大のルーキー加藤が右からの思い切った飛び出しと中への突破を見せ、左からは前半だけで7本のクロスが入るなど、左右非対称の攻めを見せた。湯田は中盤で絡んでからゴール前に飛び出し動きを繰り返し、好機に絡んだ。後半はワンサイドと言っても良かった。しかし姫獨大は確実にシュートを枠内に飛ばし、守備も良く耐えた。元Jリーガー、伊藤が中盤を引き締め、攻守に効いていた。下位同士の対戦なので、ため息の出るシーンも多く、それなりの内容だったと思う。びわこ大は中位にとどまりそうな予感がする。姫獨大はいかに残留するかだろう。

公式記録



関西学生リーグ第9節  
大阪産業大学−京都学園大学
14時 高槻総合スポーツセンター陸   ピッチ悪 曇り

大産大          京園大
−−−鍔田−−中山◆檗檗 檗檗欒冖遶 歇蕷福檗檗
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
江口∪郷絖−道旗−塩川⊃薫罩∨永⊃山1田野
伊東◆殘隋鬱徇秒劉∨生⊂詁皚C單牒D比奈5氾牒
−−−−−神園−−−− −−−−−芹澤◆檗檗檗

大産大 監督:櫛引実
GK 51 神園優   183/78 3年 鹿児島城西
DF 17 伊東大志  173/64 2年 大阪産業大学付属
    3 門大貴   173/69 4年 大阪桐蔭
   26 久良知英範 183/76 2年 滝川第二
   34 満生充       2年 水戸ホーリーホック
MF  6 江口直生  170/61 2年 大阪桐蔭
    7 清水良平  174/68 3年 大阪桐蔭
   20 道旗久雄  178/68 4年 セレッソ大阪U−18
   23 塩川慎也  165/55 2年 ガンバ大阪ユース
FW  9 鍔田有馬  184/73 4年・主将 伊吹
   30 中山仁斗      2年 大阪産業大学付属
リザーブ
GK  1 朴昇利       1年 大阪朝鮮
MF 32 山口晋也      1年 大阪桐蔭
   14 鈴木峻太  171/65 2年 山梨学院
   27 梁真士       1年 大阪朝鮮
   28 松川悟史  166/66 4年 清明学院
FW 11 川西誠   169/65 3年 大和広陵
   10 安泰潤   178/72 4年 大阪朝鮮

京園大 監督:山下哲
GK 30 芹沢賢人  184/77 2年 常葉学園橘
DF 71 吉田潤矢      1年 洛北
    5 池田倫太郎 181/70 3年 鹿児島実業
    4 朝比奈魅人 181/70 3年 静岡学園
    6 城内龍也  167/65 3年・ゲーム主将 静岡学園
MF 67 豊永翔也      2年 東福岡
   31 杉山一貴  175/63 3年 清水エスパルスユース
   26 羽田野勇志 174/60 4年 各務原
   63 新井祐輝  173/65 2年 大分トリニータU−18
FW 11 守永将平  175/70 4年 鹿児島実業
   10 角野翔太      1年 大分トリニータU−18
リザーブ
GK 13 黒岩大生  178/71 4年 鹿児島実業
DF 65 北村修平  179/72 2年 平安
MF 52 村尾将平  171/61 2年 神村学園
   42 山之内輝  163/50 3年 神村学園
FW 80 重信勇貴      1年 鹿児島実業

(得点経過)
60分:大産大・鍔田、ペナ右でキープしていたところを倒されPK。自ら決める。1−0。
74分:京園大・左クロスを重信が落とし、池田が蹴りこむ。1−1。
88分:大産大・右クロスを京園大DFがクリアミス、川西のヘッドが決まる。2−1。

(選手交代)
大産大
ハーフタイム:中山→川西。
75分:道旗→山口
84分:清水→梁

京園大
53分:守永→村尾
73分:羽田野→重信


(警告)
21分:京園大・新井に警告。ラフ
43分:京園大・朝比奈に警告。相手の突破に体を当てて正面から激突。
88分:大産大・鍔田に警告。ラフ。

(戦評)
京園大は前半は適切なバックラインのコントロールで粘った。水戸で2年間プレーした大産大・満生はSBとして突進力や上半身の強さを生かしたロングスロー、守備でも戻りが早く、声も良く出ていて、適性を感じさせた。鍔田は高さを活かし空中戦で圧勝。体も強く起点になる。前半のシュート数は4対4と互角。しかし後半は12(枠内6)対5(2)となり、大産大ペースが続く。ただし決定機がほとんど無く、低調な試合運びだった。京園大はバックラインも乱れ、統制を失った。試合の帰結は順当なものだった。

公式記録



2011年06月10日(金) 男子サッカー アジア2次予選/ロンドンオリンピック予選 U-22日本代表メンバー

男子サッカー アジア2次予選/ロンドンオリンピック予選 U-22日本代表メンバー

日本代表
U-22日本代表
スタッフ
監督
関塚 隆 セキヅカ タカシ SEKIZUKA Takashi
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
小倉 勉 オグラ ツトム OGURA Tsutomu
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

アシスタントコーチ
武藤 覚 ムトウ アキラ MUTO Akira
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

GKコーチ
藤原 寿徳 フジワラ ヒサノリ FUJIWARA Hisanori
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

選手
Pos. No. 選手名 (アルファベット表記)
生年月日 身長 体重 所属

GK
権田 修一 ゴンダ シュウイチ GONDA Shuichi
1989.03.03 187cm 83kg FC東京

増田 卓也 マスダ タクヤ MASUDA Takuya
1989.06.29 183cm 77kg 流通経済大学

守田 達弥 モリタ タツヤ MORITA Tatsuya
1990.08.03 191cm 82kg 京都サンガF.C.

安藤 駿介 アンドウ シュンスケ ANDO Shunsuke
1990.08.10 185cm 78kg 川崎フロンターレ

DF
比嘉 祐介 ヒガ ユウスケ HIGA Yusuke
1989.05.15 168cm 68kg 流通経済大学

村松 大輔 ムラマツ タイスケ MURAMATSU Taisuke
1989.12.16 176cm 77kg 清水エスパルス

鈴木 大輔 スズキ ダイスケ SUZUKI Daisuke
1990.01.29 181cm 76kg アルビレックス新潟

吉田 豊 ヨシダ ユタカ YOSHIDA Yutaka
1990.02.17 168cm 66kg ヴァンフォーレ甲府

酒井 宏樹 サカイ ヒロキ SAKAI Hiroki
1990.04.12 183cm 70kg 柏レイソル

濱田 水輝 ハマダ ミズキ HAMADA Mizuki
1990.05.18 185cm 80kg 浦和レッズ

酒井 高徳 サカイ ゴウトク SAKAI Gotoku
1991.03.14 176cm 74kg アルビレックス新潟

扇原 貴宏 オウギハラ タカヒロ OGIHARA Takahiro
1991.10.05 180cm 61kg セレッソ大阪

MF
山本 康裕 ヤマモト コウスケ YAMAMOTO Kosuke
1989.10.29 177cm 76kg ジュビロ磐田

清武 弘嗣 キヨタケ ヒロシ KIYOTAKE Hiroshi
1989.11.12 172cm 66kg セレッソ大阪

山村 和也 ヤマムラ カズヤ YAMAMURA Kazuya
1989.12.02 184cm 75kg 流通経済大学

東 慶悟 ヒガシ ケイゴ HIGASHI Keigo
1990.07.20 178cm 69kg 大宮アルディージャ

山口 螢 ヤマグチ ホタル YAMAGUCHI Hotaru
1990.10.06 173cm 72 kg セレッソ大阪

登里 享平 ノボリザト キョウヘイ NOBORIZATO Kyohei
1990.11.13 168cm 63kg 川崎フロンターレ

FW
永井 謙佑 ナガイ ケンスケ NAGAI Kensuke
1989.03.05 177cm 74kg 名古屋グランパス

山崎 亮平 ヤマザキ リョウヘイ YAMAZAKI Ryohei
1989.03.14 171cm 66kg ジュビロ磐田

大迫 勇也 オオサコ ユウヤ OSAKO Yuya
1990.05.18 182cm 70kg 鹿島アントラーズ

原口 元気 ハラグチ ゲンキ HARAGUCHI Genki
1991.05.09 177cm 63kg 浦和レッズ

スケジュール
6月23日(木) 19:45 男子サッカー アジア2次予選/ロンドンオリンピック予選
U-22クウェート代表 vs U-22日本代表 (モハマド・アルハマド スタジアム)



2011年06月09日(木) 国際親善試合 フットサル日本代表 対 フットサルチェコ代表(6/11@愛知、6/14@東京)

国際親善試合 フットサル日本代表 対 フットサルチェコ代表(6/11@愛知、6/14@東京)
フットサル日本代表 メンバー

日本代表
フットサル男子
大会特設サイト
スタッフ
監督
ミゲル・ロドリゴ ミゲル ロドリゴ Miguel RODRIGO
【(財)日本サッカー協会】

コーチ兼通訳
在原 正明アリハラ マサアキARIHARA Masaaki
【(財)日本サッカー協会/東急スポーツシステム(株)】

小森 隆弘コモリ タカヒロKOMORI Takahiro
【(財)日本サッカー協会/東急スポーツシステム(株)】

選手
Pos.No.選手名 アルファベット表記
生年月日身長体重 所属

GK1冨金原 徹 フキンバラ トオルFUKINBARA Toru
1982.10.18180cm74 kg未定

GK12藤原 潤フジワラ ジュンFUJIWARA Jun
1982.11.23180cm75 kgバルドラール浦安

FP8上澤 貴憲カミサワ タカノリKAMISAWA Takanori
1979.12.04180cm69 kg府中アスレティックFC

FP4小宮山 友祐コミヤマ ユウスケKOMIYAMA Yusuke
1979.12.22172cm69 kgバルドラール浦安

FP5村上 哲哉ムラカミ テツヤMURAKAMI Tetsuya
1981.09.24174cm67 kgシュライカー大阪

FP11高橋 健介タカハシ ケンスケTAKAHASHI Kensuke
1982.05.08173cm66 kgバルドラール浦安

FP7松宮 充義マツミヤ ミツヨシMATSUMIYA Mitsuyoshi
1982.07.26178cm65 kgシュライカー大阪

FP17原田 浩平ハラダ コウヘイHARADA Kohei
1983.06.25176cm72 kgデウソン神戸

FP6小曽戸 允哉オソド ノブヤOSODO Nobuya
1983.06.28170cm67 kgバサジィ大分

FP9星 翔太ホシ ショウタHOSHI Shota
1985.11.17175cm71 kgUDグアダラハラFS(スペイン)

FP14渡邉 知晃ワタナベ トモアキWATANABE Tomoaki
1986.04.29180cm76 kg名古屋オーシャンズ

FP18滝田 学タキタ マナブTAKITA Manabu
1986.07.26177cm70 kgペスカドーラ町田

FP13仁部屋 和弘ニブヤ カズヒロNIBUYA Kazuhiro
1987.12.13175cm70 kgバサジィ大分

FP15逸見 勝利ラファエルヘンミ カツトシ ラファエルHENMI Katsutoshi Rafael
1992.07.30168cm70 kg名古屋オーシャンズ

スケジュール
6月11日(土)14:00 対 チェコフットサル代表(大洋薬品オーシャンアリーナ)

6月14日(火)19:00 対 フットサルチェコ代表(国立代々木競技場第一体育館)



2011年06月08日(水) なでしこジャパン〔日本女子代表〕メンバー

なでしこジャパン〔日本女子代表〕メンバー
国際親善試合 対 韓国女子代表(6/18@愛媛/ニンジニアスタジアム)
FIFA女子ワールドカップ ドイツ2011(6/26〜7/17)

日本代表
なでしこジャパン
国際親善試合(vs韓国代表)
メンバー
メンバー発表会見
スタッフ
監督
佐々木 則夫 ササキ ノリオ SASAKI Norio
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
望月 聡 モチヅキ サトル MOCHIZUKI Satoru
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/びわこ成蹊スポーツ大学】

GKコーチ
前田 信弘 マエダ ノブヒロ MAEDA Nobuhiro
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

選手
Pos. No. 選手名 (アルファベット表記)
生年月日 身長 体重 所属 国際Aマッチ 出場/得点

GK
1 山郷 のぞみ ヤマゴウ ノゾミ YAMAGO Nozomi
1975/1/16 163 cm 61 kg 浦和レッズレディース 96 / 98

12 福元 美穂 フクモト ミホ FUKUMOTO Miho
1983.10.02 165 cm 66 kg 岡山湯郷Belle 54 / 61

21 海堀 あゆみ カイホリ アユミ KAIHORI Ayumi
1986.09.04 170 cm 64 kg INAC神戸レオネッサ 17 / 8

DF
2 近賀 ゆかり キンガ ユカリ KINGA Yukari
1984.05.02 161 cm 53 kg INAC神戸レオネッサ 61 / 4

5 矢野 喬子 ヤノ キョウコ YANO Kyoko
1984.06.03 164 cm 55 kg 浦和レッズレディース 67 / 1

14 上尾野辺 めぐみ カミオノベ メグミ KAMIONOBE Megumi
1986.03.15 157 cm 54 kg アルビレックス新潟レディース 13 / 2

3 岩清水 梓 イワシミズ アズサ IWASHIMIZU Azusa
1986.10.14 162 cm 54 kg 日テレ・ベレーザ 63 / 8

15 鮫島 彩 サメシマ アヤ SAMESHIMA Aya
1987.06.16 162 cm 53 kg 【移籍手続き中】 26 / 2

16 田中 明日菜 タナカ アスナ TANAKA Asuna
1988.04.23 164 cm 52 kg INAC神戸レオネッサ 2 / 0

4 熊谷 紗希 クマガイ サキ KUMAGAI Saki
1990.10.17 171 cm 59 kg 浦和レッズレディース 22 / 0

MF
10 澤 穂希 サワ ホマレ SAWA Homare
1978.09.06 164 cm 55 kg INAC神戸レオネッサ 166 / 75

8 宮間 あや ミヤマ アヤ MIYAMA Aya
1985.01.28 157 cm 50 kg 岡山湯郷Belle 92 / 23

9 川澄 奈穂美 カワスミ ナホミ KAWASUMI Nahomi
1985.09.23 157 cm 50 kg INAC神戸レオネッサ 14 / 2

6 阪口 夢穂 サカグチ ミズホ SAKAGUCHI Mizuho
1987.10.15 165 cm 58 kg アルビレックス新潟レディース 37 / 15

13 宇津木 瑠美 ウツギ ルミ UTSUGI Rumi
1988.12.05 168 cm 63 kg モンペリエHSC(フランス) 43 / 5

FW
7 安藤 梢 アンドウ コズエ ANDO Kozue
1982.07.09 164 cm 57 kg FCR2001デュイスブルク(ドイツ) 85 / 17

18 丸山 桂里奈 マルヤマ カリナ MARUYAMA Karina
1983.03.26 163 cm 56 kg ジェフユナイテッド市原・千葉 61 / 13

11 大野 忍 オオノ シノブ OHNO Shinobu
1984.01.23 154 cm 50 kg INAC神戸レオネッサ 86 / 34

17 永里 優季 ナガサト ユウキ NAGASATO Yuki
1987.07.15 168 cm 60 kg 1.FFCトリビューネ・ポツダム(ドイツ) 63 / 31

19 高瀬 愛実 タカセ メグミ TAKASE Megumi
1990.11.10 165 cm 59 kg INAC神戸レオネッサ 16 / 4

20 岩渕 真奈 イワブチ マナ IWABUCHI Mana
1993.03.18 155 cm 52 kg 日テレ・ベレーザ 5 / 2

※ GKの得点欄は失点数が記入されています。

下記の2選手は、国内トレーニングキャンプ(6/14〜20)のみ参加します。

有吉 佐織 アリヨシ サオリ ARIYOSHI Saori
1987.11.01 159 cm 52 kg 日テレ・ベレーザ 0 / 0

山口 麻美 ヤマグチ マミ YAMAGUCHI Mami
1986.08.13 165 cm 55 kg ハマルビー(スウェーデン) 18 / 8

スケジュール
6月18日(土)15:00 国際親善試合 
対 韓国女子代表(ニンジニアスタジアム)



2011年06月07日(火) 10−11年UEFA 女子U−19選手権 決勝ラウンド選手リスト

選手リスト

FINAL

Germany - Women's Under-19


Ten to watch from Italy
The 2010/11 UEFA European Women's Under-19 Championship in north-east Italy had some exceptional individual performances. UEFA.com picks out ten emerging talents.
Related Items
o Germany overwhelm Norway to take U19 title
o Petzelberger left light-headed by Germany triumph
o Meinert savours Germany's sweet success
• Petzelberger hails 'incredible' win

Germany captain Ramona Petzelberger was happy to summon one last big effort to lift a trophy as "heavy" as it is "incredible" after sealing the 2011 title with a record 8-1 win over Norway.
• Meinert savours Germany success

Germany coach Maren Meinert admitted that this was the "sweetest" of her three UEFA European Women's Under-19 Championship wins after her side overwhelmed Norway in Imola.
• Other top stories
• Germany hit eight in final win
• Captain's guide to Germany
• Norway v Germany preview
• Captain's guide to Norway
Photos




More photos
Squad

• Qualifying phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Laura Benkarth
3 0
12 Lisa Schmitz
0 0
Defenders
No. Name P G
2 Leonie Maier
3 0
3 Carolin Simon
3 2
4 Johanna Elsig
2 0
5 Luisa Wensing
3 1
14 Kristin Demann
1 0
15 Claire Savin
1 0
16 Jennifer Cramer
3 0
Midfielders
No. Name P G
6 Kathrin-Julia Hendrich
3 0
7 Lena Lotzen
2 0
8 Isabella Schmid
3 0
9 Nicole Rolser
3 0
17 Marie Pyko
2 0
18 Anja Hegenauer
1 0
Forwards
No. Name P G
10 Ramona Petzelberger
3 1
11 Eunice Beckmann
3 2
13 Sofia Nati
2 0

• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Lisa Schmitz
4 0
12 Friederike Abt
1 0
Defenders
No. Name P G
2 Leonie Maier
5 0
3 Carolin Simon
4 0
4 Johanna Elsig
5 0
5 Luisa Wensing
5 1
14 Kristin Demann
2 0
16 Jennifer Cramer
5 0
Midfielders
No. Name P G
6 Kathrin-Julia Hendrich
5 0
8 Isabella Schmid
5 3
9 Nicole Rolser
2 0
11 Lena Lotzen
5 5
17 Marie Pyko
2 0
18 Anja Hegenauer
5 2
Forwards
No. Name P G
7 Eunice Beckmann
4 2
10 Ramona Petzelberger
5 2
13 Sofia Nati
1 0
15 Ivana Rudelic
5 2

Norway - Women's Under-19

Qualifying phase

Goalkeepers
No. Name P G
Nora Gjøen
2 0
1 Ane Fimreite
2 0
12 Kirvil Odden
2 0
Defenders
No. Name P G
Marlen Utland
0 0
Maren Snekvik
0 0
2 Anja Sønstevold
5 0
3 Ida Aardalen
4 0
4 Maria Thorisdottir
4 1
6 Andrine Hegerberg
6 2
14 Maren Knudsen
4 1
16 Marie Eliassen
1 0
Midfielders
No. Name P G
Cathrine Dekkerhus
3 1
Anne Marthe Birkeland
2 0
5 Anette Tengesdal
6 0
13 Ina Skaug
6 1
18 Caroline Hansen
3 0
Forwards
No. Name P G
Henriette Ingvaldsen
1 0
Pernille Ingvaldsen
0 0
Rikke Storro
0 0
Isabell Gjerde
1 0
Lisa-Marie Utland
2 1
Nina Thorne
0 0
7 Else Vassbø
3 0
8 Kristine Hegland
6 2
9 Josephine Stautland
1 0
10 Melissa Bjånesøy
6 7
11 Emilie Haavi
2 1
15 Ingrid Søndenå
6 0
17 Ada Hegerberg
2 1

• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Ane Fimreite
5 0
12 Kirvil Odden
0 0
Defenders
No. Name P G
2 Anja Sønstevold
5 0
4 Maren Knudsen
5 0
6 Maria Thorisdottir
5 0
7 Andrine Hegerberg
5 1
16 Ida Aardalen
2 0
Midfielders
No. Name P G
5 Anette Tengesdal
1 0
8 Ina Skaug
5 0
9 Caroline Hansen
5 1
13 Cathrine Dekkerhus
5 0
18 Guro Reiten
4 1
Forwards
No. Name P G
3 Ingrid Søndenå
5 0
10 Melissa Bjånesøy
5 7
11 Kristine Hegland
5 2
14 Ada Hegerberg
5 1
15 Else Vassbø
2 0
17 Josephine Stautland
0 0

Semi-finals
Italy - Women's Under-19
Qualifying phase

Goalkeepers
No. Name P G
1 Valentina Casaroli
1 0
12 Laura Giuliani
3 0
Defenders
No. Name P G
2 Cecilia Salvai
3 1
3 Michela Ledri
4 0
5 Elena Linari
3 0
6 Roberta Filippozzi
4 1
13 Benedetta De Angelis
2 0
15 Valentina Pedretti
1 0
16 Alessia Venturini
1 0
Midfielders
No. Name P G
4 Michela Franco
3 0
8 Claudia Mauri
4 0
9 Lisa Alborghetti
4 2
10 Martina Rosucci
3 0
14 Francesca Vitale
2 0
17 Eleonora Pederzoli
3 0
18 Elisa Lecce
4 1
Forwards
No. Name P G
7 Marta Mason
4 0
11 Katia Coppola
4 3

• Tournament phase

Switzerland - Women's Under-19

Qualifying phase

Goalkeepers
No. Name P G
1 Pascale Küffer
4 0
12 Sina Autino
2 0
Defenders
No. Name P G
2 Flavia Dalla Costa
1 0
8 Chantal Fimian
4 0
13 Lea Hinnen
3 0
14 Mirjana Pajovic
2 0
15 Corina Saner
2 0
16 Jasmin Schweer
5 0
17 Gwendoline Fai
5 2
Midfielders
No. Name P G
3 Carolyn Mallaun
4 0
4 Carina Gerber
6 1
6 Michelle Probst
5 0
8 Cinzia Jörg
6 3
10 Lia Wälti
6 2
11 Sophie Herzog
3 0
16 Romana Trajkovska
1 0
17 Nadine Baker
6 1
18 Natasha Gensetter
3 0
Forwards
No. Name P G
5 Eseosa Aigbogun
3 2
11 Cora Canetta
5 6
13 Salomé Barrer
0 0
14 Nadine Fässler
6 0
18 Jasmin Bosshard
2 0

• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Pascale Küffer
4 0
12 Sina Autino
0 0
Defenders
No. Name P G
2 Gwendoline Fai
1 0
5 Lea Hinnen
4 0
8 Chantal Fimian
3 0
13 Jasmin Schweer
2 0
17 Corina Saner
4 1
Midfielders
No. Name P G
3 Carolyn Mallaun
2 0
4 Carina Gerber
4 0
6 Cinzia Jörg
4 0
7 Michelle Probst
4 1
10 Lia Wälti
4 0
15 Sophie Herzog
2 0
16 Nadine Baker
2 0
18 Natasha Gensetter
4 0
Forwards
No. Name P G
9 Cora Canetta
4 1
11 Eseosa Aigbogun
4 1
14 Nadine Fässler
4 1

Final tournament - Group stage

Belgium - Women's Under-19

Qualifying phase

Goalkeepers
No. Name P G
Fanny Willems
0 0
1 Quirina D'Haeseleir
2 0
12 Anke Langeraert
3 0
Defenders
No. Name P G
Femke Houben
1 0
2 Stefanie Ninclaus
3 0
3 Ella Van Kerkhoven
3 0
4 Kimberly Verbist
5 0
16 Jolien Nuytten
2 0
Midfielders
No. Name P G
6 Nina Vindevoghel
5 0
7 Justine Vanhaevermaet
5 0
8 Jolien Lebegge
3 0
10 Tessa Wullaert
5 5
17 Silke Sneyers
4 0
18 Silke Demeyere
4 0
Forwards
No. Name P G
Elisa Lomma
0 0
Lisa Van Genechten
0 0
Annemie Liefooghe
1 0
5 Anais Renier
4 1
9 Jana Coryn
5 5
11 Ellen Charlier
4 3
13 Tine Schrijvers
5 1
14 Yana Daniels
2 0
15 Esther Oversteyns
3 1

• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Quirina D'Haeseleir
2 0
12 Anke Langeraert
1 0
Defenders
No. Name P G
2 Stefanie Ninclaus
3 0
4 Kimberly Verbist
3 0
15 Mélanie Mignon
3 0
16 Jolien Nuytten
0 0
18 Celine Verdonck
2 0
Midfielders
No. Name P G
3 Ella Van Kerkhoven
3 0
6 Nina Vindevoghel
2 0
7 Justine Vanhaevermaet
3 1
8 Maria-Laura Aga
3 2
10 Tessa Wullaert
3 0
14 Silke Demeyere
2 0
17 Silke Sneyers
1 0
Forwards
No. Name P G
5 Anais Renier
3 0
9 Jana Coryn
2 0
11 Ellen Charlier
3 0
13 Yana Daniels
3 0

Netherlands - Women's Under-19

Qualifying phase

Goalkeepers
No. Name P G
Anna Marie Nouwen
0 0
1 Laura du Ry
6 0
16 Melissa van der Wiel
0 0
Defenders
No. Name P G
Marlou Kelleners
2 0
Stephanie van der Gragt
3 3
2 Marissa Compier
6 0
4 Siri Worm
6 0
5 Kirsten Bakker
3 0
7 Pia Rijsdijk
4 5
12 Maud Roetgering
1 0
Midfielders
No. Name P G
Nikki de Roest
0 0
Dominique Bruinenberg
0 0
3 Desiree van Lunteren
6 0
6 Tessel Middag
6 0
13 Marieke de Boer
1 0
14 Vesna Veltrop
1 0
Forwards
No. Name P G
Eshly Bakker
1 0
Sanne Schoenmakers
0 0
8 Merel van Dongen
6 1
9 Lieke Martens
6 8
10 Ellen Jansen
6 7
11 Shanice van de Sanden
6 3
15 Linda Bakker
6 3
17 Nadia Coolen
1 1
18 Mauri van de Wetering
5 2


• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Laura du Ry
3 0
16 Marieke Ubachs
0 0
Defenders
No. Name P G
2 Marissa Compier
3 0
4 Siri Worm
3 0
5 Kirsten Bakker
3 0
12 Pia Rijsdijk
3 1
18 Maud Roetgering
0 0
Midfielders
No. Name P G
3 Desiree van Lunteren
3 0
8 Tessel Middag
3 0
15 Pascalle Tang
0 0
17 Marieke de Boer
2 0
Forwards
No. Name P G
6 Merel van Dongen
3 0
7 Nadia Coolen
3 0
9 Lieke Martens
3 0
10 Ellen Jansen
2 0
11 Shanice van de Sanden
3 1
13 Linda Bakker
1 0
14 Mauri van de Wetering
2 0

Russia - Women's Under-19

Qualifying phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Margarita Shirokova
6 0
12 Viktoria Nosenko
0 0
Defenders
No. Name P G
2 Tatiana Ananyeva
5 0
6 Alena Mamonova
3 0
7 Natalya Pasishnyuk
0 0
11 Yulia Bessolova
1 0
13 Valentina Orlova
6 0
14 Kristina Mashkova
4 0
18 Daria Makarenko
6 1
Midfielders
No. Name P G
Daria Shklyaeva
2 0
Oksana Lazareva
2 0
Karina Blynskaya
3 0
3 Ksenia Veselukha
6 4
8 Anastasia Pozdeeva
6 1
10 Anna Cholovyaga
6 5
15 Ilona Vlasenko
3 0
19 Marina Kiskonen
4 0
20 Nadezhda Koltakova
6 1
Forwards
No. Name P G
Elena Kostareva
1 0
4 Ekaterina Pantyukhina
3 0
9 Snezhana Kobeleva
5 0
17 Yulia Korneychenko
5 2

• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Margarita Shirokova
3 0
12 Viktoria Nosenko
0 0
Defenders
No. Name P G
2 Tatiana Ananyeva
3 1
4 Maria Kutusheva
3 0
6 Alena Mamonova
0 0
13 Valentina Orlova
3 0
14 Kristina Mashkova
3 0
18 Daria Makarenko
3 0
Midfielders
No. Name P G
3 Ksenia Veselukha
3 0
7 Karina Blynskaya
3 0
8 Anastasia Pozdeeva
3 0
10 Anna Cholovyaga
3 2
15 Ilona Vlasenko
3 0
19 Marina Kiskonen
2 0
20 Nadezhda Koltakova
3 1
Forwards
No. Name P G
9 Snezhana Kobeleva
3 0
16 Ekaterina Pantyukhina
0 0
21 Yulia Korneychenko
1 0

• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Margarita Shirokova
3 0
12 Viktoria Nosenko
0 0
Defenders
No. Name P G
2 Tatiana Ananyeva
3 1
4 Maria Kutusheva
3 0
6 Alena Mamonova
0 0
13 Valentina Orlova
3 0
14 Kristina Mashkova
3 0
18 Daria Makarenko
3 0
Midfielders
No. Name P G
3 Ksenia Veselukha
3 0
7 Karina Blynskaya
3 0
8 Anastasia Pozdeeva
3 0
10 Anna Cholovyaga
3 2
15 Ilona Vlasenko
3 0
19 Marina Kiskonen
2 0
20 Nadezhda Koltakova
3 1
Forwards
No. Name P G
9 Snezhana Kobeleva
3 0
16 Ekaterina Pantyukhina
0 0
21 Yulia Korneychenko
1 0

Spain - Women's Under-19
Qualifying phase
Goalkeepers
No. Name P G
Sandra Paños
6 0
Dolores Gallardo
1 0
Cristina Tejada
0 0
Defenders
No. Name P G
Andrea Pereira
3 0
Marta Luna
5 0
Leila Ouahabi
3 0
Eztizen Merino
5 0
Anabel Martínez
0 0
Nuria Cardenyes
2 0
Leticia Méndez
5 2
Midfielders
No. Name P G
Leire Fernández
5 1
Ana Buceta
4 0
Olga García
6 5
Vanessa Rodríguez
3 0
Arene Altonaga
1 0
Naiara Beristain
6 3
Manuela Lareo
3 3
Alexia Putellas
2 1
Silvia Ruiz
5 0
Salome Navalon
1 0
Marina Agoues
5 0
Forwards
No. Name P G
Yana Moreno
1 0
Nagore Calderón
3 2
Esther Gonzalez
3 0
Amanda Sampedro
3 2
Paloma Lázaro
3 1

• Tournament phase
Goalkeepers
No. Name P G
1 Sandra Paños
3 0
13 Dolores Gallardo
0 0
Defenders
No. Name P G
2 Eztizen Merino
3 0
3 Laura Gutiérrez
3 0
4 Marta Luna
2 0
5 Andrea Pereira
3 0
15 Leila Ouahabi
2 0
Midfielders
No. Name P G
6 Leire Fernández
3 0
7 Alexia Putellas
2 0
8 Ana Buceta
3 0
10 Naiara Beristain
3 1
11 Olga García
3 0
14 Arene Altonaga
1 0
17 Silvia Ruiz
0 0
18 Marina Agoues
3 0
Forwards
No. Name P G
9 Paloma Lázaro
2 0
12 Iraia Pérez de Heredia
1 0
16 Nagore Calderón
3 0



2011年06月06日(月) 10−11年UEFA 女子U−19選手権 決勝ラウンド結果

Final tournament - Group stage

Group A(Host country: Italy)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Italy
3 3 0 0 6 2 4 9
2 Switzerland
3 1 1 1 4 2 2 4
3 Russia
3 1 1 1 4 3 1 4
4 Belgium
3 0 0 3 3 10 -7 0
Last updated: 26/07/2011 09:38 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Matches
30 May 2011 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Italy

2-1

Russia

Referee: Sandra Braz Bastos (POR) – Stadium: Romeo Galli, Imola (ITA)
30 May 2011 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Switzerland

4-1

Belgium

Referee: Pernilla Larsson (SWE) – Stadium: Enrico Nanni, Bellaria (ITA)
2 June 2011 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Italy

1-0

Switzerland

Referee: Lilach Asulin (ISR) – Stadium: Dei Pini, Cervia (ITA)
2 June 2011 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Russia

3-1

Belgium

Referee: Séverine Zinck (FRA) – Stadium: Tullo Morgagni, Forlì (ITA)
5 June 2011 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Belgium

1-3

Italy

Referee: Lina Lehtovaara (FIN) – Stadium: Enrico Nanni, Bellaria (ITA)
5 June 2011 - Final tournament - Group stage (Group A)
Full time »

Russia

0-0

Switzerland

Referee: Pernilla Larsson (SWE) – Stadium: Dei Pini, Cervia (ITA)
Last updated: 26/07/2011 09:38 CET

Group B(Host country: Italy)
Teams P W D L F A +/- Pts
1 Germany
3 3 0 0 6 2 4 9
2 Norway
3 2 0 1 9 4 5 6
3 Netherlands
3 0 1 2 2 6 -4 1
4 Spain
3 0 1 2 2 7 -5 1
Last updated: 26/07/2011 09:38 CET
Legend:
P: Played
W: Won
D: Drawn
L: Lost
F: For
A: Against
+/-: Goal difference
Matches
30 May 2011 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Germany

3-1

Norway

Referee: Séverine Zinck (FRA) – Stadium: Dei Pini, Cervia (ITA)
30 May 2011 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Spain

1-1

Netherlands

Referee: Lina Lehtovaara (FIN) – Stadium: Tullo Morgagni, Forlì (ITA)
2 June 2011 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Germany

1-0

Spain

Referee: Sandra Braz Bastos (POR) – Stadium: Enrico Nanni, Bellaria (ITA)
2 June 2011 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Norway

3-0

Netherlands

Referee: Morag Pirie (SCO) – Stadium: Romeo Galli, Imola (ITA)
5 June 2011 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Netherlands

1-2

Germany

Referee: Lilach Asulin (ISR) – Stadium: Romeo Galli, Imola (ITA)
5 June 2011 - Final tournament - Group stage (Group B)
Full time »

Norway

5-1

Spain

Referee: Morag Pirie (SCO) – Stadium: Tullo Morgagni, Forlì (ITA)
Last updated: 26/07/2011 09:38 CET

Semi-finals : 8 June 2011
8 June 2011
8 June 2011 - Semi-finals
Full time »

Italy

2-3

Norway

Referee: Séverine Zinck (FRA) – Stadium: Enrico Nanni, Bellaria (ITA)
8 June 2011 - Semi-finals
Full time »

Germany

3-1

Switzerland

Referee: Morag Pirie (SCO) – Stadium: Romeo Galli, Imola (ITA)
Last updated: 09/06/2011 00:45 CET

Final : 11 June 2011
11 June 2011
11 June 2011 - Final
Full time »

Norway

1-8

Germany

Referee: Sandra Braz Bastos (POR) – Stadium: Romeo Galli, Imola (ITA)
Last updated: 12/06/2011 00:45 CET



2011年06月05日(日) クラセン関西予選 G大阪−C大阪 神戸−京都

クラセン関西予選はJ4クラブがリーグ戦を行い、上位2チームが自動的に全国に進み、下位2チームが街クラブとの代表決定戦に進む。ここまでG大阪は2分け、C大阪は2敗、京都が1勝1分けで得失点差+2、神戸も1勝1分けで得失点差+3。つまり既にC大阪はこのリーグでの敗退と代表決定戦行きが確定。G大阪は最低でも勝つ必要がある。しかも第2試合が引き分けだった場合、得失点差勝負になるので、自力突破には3点差をつけて勝つ必要がある。G大阪にとっては極めて困難なミッションが大阪ダービーに課せられることとなった。対するC大阪はモチベーションを失っていれば、観ている方としては退屈なゲームとなるが、そうでなければ、ダービーという場で、相手の攻め気を利用してカウンターを狙う状況を真剣勝負の場で練習できることになる。今期のC大阪は細かいパスワークで徹底的に攻勢に出ていた。しかしプロの下部組織として、「いつも正々堂々真っ向勝負」という育成方針なのか、それともプロ育成として「勝負にこだわる」のか、興味があった。

クラブユース選手権関西予選 J組 第3戦 
ガンバ大阪ユース−セレッソ大阪U−18
13時 万博ガンバ大阪グラウンド   人工芝 曇り

G大阪          C大阪
−−−−−久保−−−−− −−長谷川◆殄間−−−
西田−−−小谷−−−出岡南野◆檗檗檗檗檗檗歉暮
−−山千代−−徳永◆檗檗 檗檗歃山◆歙沼射痢檗
内田^霓后檗歙礁遏殃‥牒岡田∈篌雖◆歉池−藤原
−−−−−田尻−−−−− −−−−−射庭 檗檗檗


G大阪 監督:梅津博徳    前登録記載無しはG大阪ジュニアユース
GK  1 田尻健   182/76 3年
DF 13 福田浩規  173/64 2年
    3 西野貴治  185/72 3年
    4 稲森克尚  184/73 3年 ガンバ大阪門真ジュニアユース
   24 内田裕斗  168/58 1年
MF  5 山千代大斗 175/64 3年・主将
   10 徳永裕大  168/63 2年
   11 西田康貴  172/69 3年
    8 小谷光毅  169/64 3年
FW 19 久保賢悟  170/67 3年 ガンバ大阪門真ジュニアユース
   18 出岡大輝  177/68 2年
    

C大阪 監督:大熊裕司 前登録記載なしはC大阪U−15出身 ポジションは記録と異なる。
GK 21 射庭康太朗 181/70 1年 千里丘FC
DF  3 藤原雅斗  178/66 2年
    4 小池佑平  172/68 3年 主将
MF  6 秋山大地  171/63 2年
    7 小暮大器  170/64 2年 パルチーダFC竜ヶ崎  
    8 西村洋亮  160/55 3年
FW  9 風間健治  178/70 3年 スポーツクラブ岐阜VAMOS 
DF 14 岡田武瑠  165/56 2年 セレッソ大阪西U−15
   16 坂手優雅  174/62 2年 セレッソ大阪西U−15
MF 10 南野拓実  173/61 2年
FW 11 長谷川将  172/65 2年 セレッソ大阪西U−15

G大阪は左利きの化于が右のハーフに入り、FKも蹴る。4分、いきなりゲームが動いた。右CKがファーに入り、落としたところを概彿櫃決める。1−0。ちなみに公式記録では9番のゴールとなっているが、9番なんてどこにもいないぞ(笑)。C大阪はЬ暮が右足FK担当。9分、C大阪、右CKでЬ暮の鋭いボールにニアで南野がダイレクトボレー、決まって1−1。10分、G大阪24内田の突破から左クロス、化于が右から強烈なシュート、右に外れる。13分、G大阪カウンター、化于をC大阪秋山が見事な戻りで止める。C大阪は気合十分で消化ゲームなんて意識はまったくない。大阪ダービーは違うな、と思った。ファウル数が多いがそれだけ気合に入った守備をしているということ。特に秋山が攻守に効いている。╂沼射里前線にガンガン飛び出し、G大阪DF陣の混乱を招いている。そして20分、C大阪岡田がいきなりという感じのミドル、右隅に決まり1−2。両チームハイボールはCB陣に跳ね返される。G大阪のCB陣の高さは圧倒的で、大きく跳ね返しているし、C大阪は小柄だが、G大阪FW陣も小柄なので競り勝てる。F8兇遼寨茲留Γ咤袖用も、中で起用しなくても勝てる、と踏んだからだろう。26分、C大阪南野に警告。ラフ。30分、C大阪、左クロスを長谷川がファーでフリー、ワントラップシュートはG大阪GK‥朕がセーブ。決定機。37分、C大阪風間に警告。ボール奪われた直後ファウルで止めた。41分、C大阪風間がペナ内で倒れるがPKではない。41分、G大阪西野に警告。敵陣でカウンターを防ぐファウル。G大阪ベンチ「ナイス、ナイス、いいファウルだ」まったく同感でいいファウルだ。44分、C大阪Ь暮にファウル。結局前半は1−2で終了。

前半のシュート数は3(1)対5(3)、ファウル数4対12。ここで何度も触れているが、私はファウル数の少ないチームを評価しない。ダーティであろうがなかろうが、一生懸命に守備をすればファウルが増えてしまうのがサッカーというゲームだ。G大阪はやや少ない。C大阪は確かに多すぎるが、仕方の無い面がある。8〜10位が適切なファウル数だと思う。G大阪はいいところの無い前半だった。もはや3点差での勝利は望めないだろう。せめて2点とって1点差での勝利でもいいから、第2試合に期待をつなぐよう戦って欲しいところだ。逆にC大阪はよくパスで振り回し、攻勢に出た。予想したカウンター狙いではなかったが、いい内容。ただハードワークだったので、後半のスタミナが心配だ。

ハーフタイムで概彿蘗薮内健人。西田がFWに上がり┥谷と2トップを組み、薮内は左ハーフへ。しかしC大阪ペースは変わらない。10分、長谷川の右クロスに南野ワントラップシュートはDFに当たりGKキャッチ。13分、G大阪がポジションチェンジでペナ内に飛び込んだ化于だが、秋山好カバーで防ぐ。秋山は高い完成度があり、責任感も強い好選手だ。この日はコンビを組む╂沼射里攻撃的な選手なので、守備に回る機械が多いが、攻撃の組み立てもいい選手。長谷川はスピードでかき回している。G大阪がボランチで守備的なセ垣藺紊紡个掘↓徳永が積極的に前に出始める。前半は二人とも飛び出すシーンが無かった。20分、C大阪Ь暮の右クロスを虻篌蠅ヘッドもブロックされる。23分、G大阪24内田の左クロス、C大阪GK21射庭が前に出てキャッチしようとするが、空中姿勢が不安定でこぼしてしまう。徳永が詰めてシュート、GK射庭好反応で防ぐがさらに詰めた化于が決める。2−2。これは流れを変える痛恨のミスだった。C大阪は1年生GKにもっと声をかけるべきだ。25分、C大阪右CKに虻篌螢悒奪匹魯疋鵐團轡磴世辰燭ブロック。27分、G大阪24内田高速オーバーラップから左クロス、西田シュートも左に外れる。決定機。28分、G大阪西田→22小川直毅(1年)。30分、C大阪長谷川→蛎臘斗埓拭182cmの長身FW。G大阪CB陣には苦戦するだろうが、起点を作る狙いか?しかしG大阪ペースは変わらない。33分、またもG大阪LB24内田が猛スピードで突破、左クロスに22小川が触り┥谷が押し込む。3−2。直後にC大阪Ь暮の右クロスを南野がうまいループヘッドもGK防ぐ。36分、C大阪風間→唄櫺満。身体能力が高く、攻撃に絡めるボランチ。蛎臘鼎鉢南野の2トップ。38分、G大阪、正面18mFK、セ垣藺紂扮β)化于(左足)が構え、山千代狙うが上に外れる。この際、C大阪ぞ池が下がらなかったとして警告。╂沼射23魚里直哉。左ハーフ。44分、C大阪、左ペナチョイ外で南野が西野との1対1を突破、ペナ内に進入するところを西野引っ張って倒し警告2枚で退場。一発退場でもおかしくなかったが、抜かれると超決定機になるG大阪としては、好判断のプロフェッショナルファウル。このFKをしのぎ、G大阪が3−2で勝利、最低限のノルマを果たした。

公式記録




もう1度再確認しよう。この試合は両者引き分けで勝ち点ではG大阪と並ぶが、得失点差で上回る。つまり引き分けでいいのだ。全国大会のシード権も関西は2枠ある。だから1位と2位の差はない。2002年ワールドカップで、イングランド対ナイジェリア戦の終盤、お互いに引き分けでOKの状況下、ゆっくりとパスをまわすだけの展開にレフェリーがあきれて、ロスタイムを1秒も取らずにタイムアップさせたことがあった。厚いゲームを観たいファンとして、そういうしらけたゲームになるのを恐れていた。


クラブユース選手権関西予選 J組 第3戦 
ヴィッセル神戸U−18−京都サンガF.C U−18
15時 万博ガンバ大阪グラウンド   人工芝 曇り

神戸           京都
−−−−−内田◆檗檗檗檗 檗檗歸賃辞 飮虻−−−
−−−−−松村◆檗檗檗檗\篤◆檗檗檗檗檗檗鬱弃
小林−水町◆鬱楝辞井上◆檗檗欷鏡遏檗欹監−−−
長原∈憾鏑◆欖簀鉢∋嚇帖々駑痢歟咯将◆盜盒供歉樟遶
−−−−−石原◆檗檗檗檗 檗檗檗檗歐本−−−−−

神戸 監督:野田知 前登録記載無しはヴィッセル神戸U−15出身
GK 31 石原祐樹  プログラムに記載なし
DF  3 山田真己人 172/65 3年・主将 FCライオス
   27 岩波拓也  183/70 2年
MF 25 宮村哲朗  173/68 2年
   19 松村亮   165/60 2年 宇治FC
FW 11 小林成豪  175/63 3年
DF  2 長原直紀  174/66 2年
MF 15 水町政哉  181/70 2年 セイザンFC
   16 井上哲大  176/65 2年 森の里中
FW 22 内田祐介  176/68 2年 FCフレスカ神戸
DF 24 佐古将太  181/70 2年 岩出FCアズール


京都 監督:本田将也
GK  1 杉本大地  186/79 3年 ヤマハジュビロ磐田
DF  3 高橋祐治  185/75 3年 主将
MF  4 佐藤光恭  191/74 3年 ヤマハジュビロ浜松
    6 原川力   175/67 3年 レオーネ山口U−15
    7 久永翼   167/69 3年 レオーネ山口U−15
MF  8 国領一平  177/71 3年
FW 10 三根和起  190/76 3年 ガンバ大阪ジュニアユース
MF 17 斉藤隆成  179/70 2年 藤陽FC
DF 18 池松大騎  186/72 2年 ナガサキアシストサッカーユニオンU−15
   23 松川宏二  175/65 1年
FW 30 田村亮介  170/65 1年 奈良YMCA SC ジュニアユース


立ち上がり両者まったくのノーリスク。後方でパスをまわし、じっくり隙をうかがい、空いた味方につなぐ。守備も常にバランスを保ち、一方がボールを持つと、なかなか奪えない。『もしドラ』でノーボール戦法というのがあったが、まさにノーリスク、ノーシュート戦法。14分までシュートが無かった。14分、神戸が初シュート、右CKゲット。17分、京都、カウンターで大きく右に展開、У弃覆クロス、ファーに猛烈なスピードで30田村が飛び込み押し込む。0−1。まったくリスクを犯さず、神戸もミスらしいミスも無いのに先制してしまった。京都はCBの間でボールを動かし、ず監らが相手の間でボールを受け、寄せられてもまったくミスをせず、空いた味方につなぎ、引いてきた三根などにつなげる、奪われるのは常に前線で、ピンチにつながらない。大人のサッカー。一方の神戸も守備のいいドイスボランチを起用。こちらも確実につなぎ馨沼爾一発のパスを狙うが、京都の隙は無い。正直、このまま京都が押し切るものと思っていた。20分過ぎには京都、У弃覆留Εロスを雲篤ファーでボレー、大きく外す。決定機。24分、神戸長原の深い位置からの左クロスを内田ニアよりでマーク外してヘッド、決まって1−1。公式記録では小林のアシストになっているが、誤り。直後にも、神戸、馨沼爾タメて小林左クロス、馨沼爾カーブをかけたシュート、決定機だが外す。結局前半は1−1

前半のシュート数は3対4、クロス数2対3、非常におとなしい前半だった。このままなら得失点差で1位神戸、2位京都、3位ガンバとなる。しかし神戸ベンチはハーフタイムで勝ちに行くよう指示。両者大人のサッカーだ。

2分、神戸馨沼爾ら右の旭羮紊暴个轡螢拭璽鵑鬮馨沼爾正面ミドルが左隅に決まり2−1。リードされた京都がどういう攻めに出るかが興味あった。リスクを犯さず一方的に支配するチームの追撃方法にだ。7分、京都三根のカットから左の30田村へ、猛スピードで追いつき切り返し右足シュートは正面。決定機。16分、京都┨駑裏浅田裕貴。そのまま左SB。17分、神戸馨沼璽蹈鵐阿癸韮縫ャッチ。京都は守備に気迫が出てきてファウルが増える。しかし前線から行くのか、引いて守るのかはっきりせず、一人一人が神戸に突っ込む感が否めない。つまりを追い詰めてアタックしているのではなく、個人が強引に奪いに行っているのだ。攻撃も、相変わらずリスクを犯さずシュートに行けない。追撃戦に慣れてないチームならではの、ゲーム運びのまずさがあった。19分、神戸・最終ラインの27岩波がカット、そのまま思い切って上がり、22内田にスルーパス、右シュートはGK/本好セーブ。決定機。22分には神戸22内田がミドル、正面を突く。29分、神戸ハーフカウンター、小林が仕掛けて京都23松川を中に抜き、タイミングを外して裏の22内田へ、これもGK/本のタイミングを外して股間を抜いてゴール。3−1。30分、京都雲篤の左クロスを三根左ボレー、バー直撃。決定機。30分、京都浅田が左シュートも左に外れる。31分、京都Ω鏡遒坊拗陝33分、神戸22内田→高見。36分、京都У弃覆ら三根にスルーパスが通り、決めるがその前にオフサイド。41分、神戸馨沼滋堀江修平。43分、神戸小林→29川戸大樹。結局3−1でタイムアップ。この結果リーグ戦1位神戸、2位G大阪が全国へ、3位京都、4位C大阪が代表決定戦に回ることになった。

後半のシュート数は手元集計で5対2、ファウル数は1対10、神戸の完勝だった。

神戸を犯すことなく、バランスを保ち最後までスタミナを持たせて勝利した。25宮村はいつも誉めている気がするが、いつものボール奪取力は京都の技術の前に発揮できなかったが、寄せ方、距離の取り方が安定していて、確実にボールを裁けて、サッカーを良く知っている選手。この日は発揮できなかったが、大きな展開を試みるなど、小さくまとまりがちな自身のプレーの殻を破る一面もあり、非常に楽しみ。27岩波は三根を良く抑えた。高さ、フィード、守備のうまさを兼ね備え、U−17代表でも中心選手だ。馨沼爾篭斌未鯊燃しようとするプレーを見せた。トップ下というかシャドーストライカーに向いている。佐古や小林も安定感のあるプレーを披露した。この日の神戸はスタメンに2年生9人。2年前にU−15年代で2冠を取ったメンバーがスケールアップしている。全国でも楽しみだ。

一方の京都はクラブ史上最強だと思うし、おそらく全盛期のG大阪より強い。全盛期のG大阪は関西では無敵だったために、勝負強さが無く、全国で広島ユースあたりに大敗するなどの脆さがあった。しかし今の京都は関西でも好敵手に恵まれている。関西勢で全国制覇に一番近いチームだと思う。相手の間間で受ける技術の高さ、肉弾戦に強い体格、豊富なスタミナ、個人の打開力、それぞれの個性と高いレベルで兼ね備えている。GK/本の高さ、反応の鋭さは関西随一だし、9盒兇魯僖錙爾發弔い討い辰修Χ烈なCBになった。相棒の池松もいい。Ω鏡遏Νず監とも攻守にいいプレーを見せられるしУ弃福↓雲篤の打開力も高い。三根は下がりすぎる悪癖が出なければ、前線で脅威になれる存在だ。1年生30田村のスピードとシュート技術な一級品だ。控えの層も厚い。これだけのチームが代表決定戦に回るのは残念だが、これを機にガムシャラさも身につけて欲しい。

公式記録



2011年06月04日(土) 高校総体大阪予選決勝リーグ 大阪桐蔭−清明 桃山−近大附(観戦記アップ)

高校総体大阪予選は決勝リーグ方式で上位2チームが全国に進む。試合は35分ハーフ。第1戦でプリンス勢の桐蔭と近大附が対戦し1−0で桐蔭が勝ち、全国へ前進した。また桃山と清明は3−0で桃山が完勝し、得失点差を稼いでいる。
大阪桐蔭はゴール裏に「冠漸念匠」という横断幕を掲げている。


高校総体大阪予選 決勝リーグ第2日 
大阪桐蔭高校−清明学院高校
11時 高槻総合スポーツセンター陸   良芝 晴れ 


大阪桐蔭         清明
−−−堀口−−田中−−− −−−谷沢−−栗林−−−
−中村−−−−−−村川◆ 檗檗檗檗檗檗檗檗檗檗檗
−−−中尾−−筏−−−− 堀真⊆鯑−−須多近藤
紀田−元澤−−福井−眞野 三山∨拆´◆殍山−西脇
−−−−−宮崎−−−−− −−−−−本田−−−−−


大阪桐蔭 監督:永野悦次郎
GK  1 宮悠平  170/70 3年 奈良YMCA
DF  2 紀田宰相  175/65 3年 セレッソ大阪
    5 元澤慎之介 180/70 3年 イルソーレ小野FC
    3 福井秀   180/65 3年 奈良YMCA
    4 眞野寛規  180/70 3年 岩田FC
MF 26 村川亮太  170/65 2年 ヴィッセル伊丹   
    8 中尾元基  173/65 3年 京都サンガ
    6 筏修造   170/70 3年 神戸FC
   10 中村真輔  175/63 3年 岩田FC
FW 24 田中淳一  173/70 3年 サルパFC
    9 堀口巧   175/65 3年 神戸FC

清明学院 監督:片山万 前所属記載なしは不明
GK 20 本田篤彦 3年 大阪市SS2001
DF  3 三山裕真 2年
    5 末山裕貴 3年 
    4 堀勝宏  2年
    2 西脇啓太 2年 FC B2
MF 10 須多哲也 2年
   19 酒匂良隆 3年 田辺中
   13 堀真輔  2年
   14 近藤紫苑 3年 我孫子南中
FW 11 谷澤亮太 3年 赤坂台中
   16 栗林征義 3年 友淵中

立ち上がりすぐ、桐蔭がボールを支配。かなり力の差を感じる。8分、桐蔭中盤のカットからタテパスが右の堀口に通り、DFと1対1、タテに抜き右クロス、26村川がシュートもDFブロック。清明は扱林は右足セットプレー担当。11分、桐蔭、右スローインを24田中が素早く入れて26村川が右シュートもGK緩榲張察璽屐7萃蟲 15分、清明、堀真、左で1対1をタテに仕掛けて左クロスを谷沢がニアでシュート、左に外す。桐蔭θ気奪われるシーンがやや目立った。キック精度がイマイチ。守備はすばらしいが、ボールが持てるこのゲームとのマッチングが悪かった。全国大会には欠かせない選手だと思うが。24分、桐蔭θ気坊拗陝その直前に桐蔭の選手がペナ内で倒れるがPKにならず、カウンターを受けるところを倒した。いい判断。24田中は相手を背負ってもコントロールがブレず、身体能力も高い好選手。堀口がCFタイプでその周囲を動き回って形を作る。27分、桐蔭中村が左ミドル、右ポストを叩き内側に跳ね返るがクリア。30分、桐蔭、中でつなぎ左の紀田がコントロールシュート、右に外れる。32分、桐蔭堀口から24田中がポストで落とし、リターンを堀口右シュート、GK緩榲張ャッチ。決定機。結局前半は0−0で終了。

前半のシュート数は6対1、ずっと桐蔭が押していたが決められず。ポジションチェンジを多用し、中盤でじっくりボールをまわす桐蔭に対し、清明は守備に追われ、ロングボールは桐蔭の長身DF陣に撃墜され大苦戦。清明は初戦で大敗しているため、引き分けでも予選突破は苦しい。前半で体力を消耗しているだろうし、極めて困難な局面である。
後半3分、清明骸鯑が左足ループも桐蔭GKゝ楮蠅落ち着いてキャッチ。5分、清明須多が左45度30mFKを狙うも左に外れる。13分、清明扱林、谷沢→22市場涼介(3年)、清水将大(2年)そのまま2トップ交代。直後に近藤→21三賀眞生志。そのまま右ハーフ。14分、桐蔭堀口、24田中→25丹羽詩温(2年)、臼座来飛(3年)。丹羽がFW、中村が1列あげて2トップを組ませる。18分、桐蔭カウンター、中村が素晴らしい突破から左フリーの紀田へ、イージーシュートだったが外す。決定機。20分、桐蔭、自陣FKを25丹羽が好トラップから反転シュート、ブロック。丹羽はポテンシャルの高さを見せた。21分、桐蔭中村がまたも右から中に突破しクロスをファーで臼座がヘッド、決まって1−0。23分、清明須多→田川友滋(2年)27分、桐蔭26村川→23松木政也。27分、桐蔭θ汽潺疋襪眄橘漫29分、清明22市場に警告。GKとぶつかった。28分、清明堀真→新里幸司。32分、桐蔭中村、右から突破しGKと1対1を左隅に決めて2−0。34分、桐蔭中村、も談遐村上翔悟(3年)、甘鎚ヂ腟。ロスタイム(38分)、桐蔭右パスにニアで潰れ、25丹羽が押し込む。3−0。そのままタイムアップ。桐蔭が2勝目を挙げ全国へ大きく前進した。

後半のシュート数は6対1、ゴールキック数が2対6、と一方的なペースが続いた。ファウル数は7対4と支配していた桐蔭のほうが多い。つまり中盤で激しく守備をし、ボールを持てば、相手にファウルされる隙を与えなかったということだ。清明は良く耐えたが、なかなか勝算を見出せなかった。スタメンに2年生が5人、ベンチには1年生が3人いて、秋以降の成長に期待したい。




状況を整理すると、第1戦に勝利している桃山はこの試合に勝つと、桐蔭とともに2勝になり、最終戦を残して全国行きが決まる。引き分けPKだとその時点で桐蔭の全国行きが決まり、桃山は最終戦で桐蔭と当たり、モチベーションの下がった強敵とぶつかる優位さがある。近大附が勝つと2勝1敗で3チームが並んだり、逆に1勝2敗の3チームによる2位争いの可能性が出てくる。芥川が埼玉総体で全国ベスト16に輝いたときは、まさに1勝2敗で予選を突破した。こういう状況なので桐蔭としては桃山を応援、清明は近大附を応援することだろう。

高校総体大阪予選 決勝リーグ第2日 
桃山学院高校−近畿大学附属高校
13時 高槻総合スポーツセンター陸   良芝 晴れ 

桃山           近大附
−−−福田−−木村−−− −−−金蔵 欖谷−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−黄−−−−−−
西◆欟盪辧檗歉綽−西島 平阪内野◆欅妥帖盜啅
橋本−片岡 欹絽−廣瀬 −−鈴木−白井−佐々木−
−−−−−川崎−−−−− −−−−−高田−−−−−

桃山 監督:堀佳津之 前登録記載なしは不明
GK  1 川崎陣   3年 泉州FC
DF  8 橋本康平  3年 川上FC
   73 片岡大基  1年 セレッソ大阪西
    5 阪口博哉  3年 セレッソ大阪
    6 廣瀬純司  3年 アバンティ関西
MF  7 上杉翼   3年 千里丘FC
   11 金子兼土  3年 FC平野
   14 西嶋一   3年 千里丘FC
   53 西彰太   2年 岩田FC
FW 10 木村翔   3年 セレッソ大阪
    9 福田宜史  3年 セレッソ大阪

近大附 監督:山田稔 前登録記載なしは不明
GK  1 高田航輔  174/67 3年 京都サンガU−15
DF  3 佐々木健人 171/62 3年 天理FC
    4 白井秀典  182/68 3年 吹田JFC千里丘
    5 鈴木崇史  174/65 3年 セレッソ大阪U−15
MF  6 安田大樹  164/52 3年 摂津パルティーダ
    7 荒金照大  173/63 3年 FC B2
    8 黄将健   173/62 3年 東大阪朝鮮中
   14 平阪謙太  170/55 2年 岩田FC
   16 内野圭   164/57 2年 南千里中
FW 10 刈谷聖哉  181/71 3年 岩田FC
   19 金蔵和仁      1年 ガンバ大阪ジュニアユース

立ち上がり、桃山は裏狙いが多い。近大附は両WBの運動量が多く、サイドのスペースを突かせない。そこで高めの3バックの裏を狙う策に出たのだろう。近大附も直線的な攻めが得意なチーム。刈谷はガッチリしたCFで、桃山の1年生CB73片岡がパワー負けして封じ切れない。片岡は読みのよさ、寄せの早さ、間合いの取り方と守備センスは感じるのだが、潰しきれずに苦戦する。┣は近大附で唯一トリッキーなプレーを得意とするタイプで、,12分、その黄から刈谷へスルーパス、ドリブルで持ち込みGKをかわして無人のゴールに流し込む。0−1。直後にも近大附Π妥弔サイドチェンジ、Ч啅發ら再びΠ妥弔北瓩轡好襦璽僖后↓刈谷飛び出すが、GK\邵蠕茲某┐襦17分、近大附涯眤△左突破からクロス、刈谷飛び込むも、桃山DFシャツをこっそり引っ張り、届かない。18分、近大附┣から平阪へ出て左クロス、刈谷シュートも桃山73片岡が良く触りGKキャッチ。決定機。近大附は今までのゲームではЧ啅發右足FKを蹴ることが多かったが、このゲームでは┣が蹴っている。22分、平阪が突破を止められたところ、┣がミドル、枠内。ここまで近大附のシュート4本がすべて枠に飛んでいるのに対し、桃山は枠内シュートが一本もない。24分、近大附Ч啅發留Εロスに┣ヘッドも弱い。26分、近大附刈谷が突っかけ、落として┣がミドル。前半は0−1で終了。

立ち上がり、ミスの多かった近大附ボランチもシンプルにプレーし、3バックも高さが適切で裏を取られなくなり、桃山はシュートが枠内0の散発3本に封じられた。ただクロス数は5対5と互角で、桃山も攻め気は失っていない。この内容で0−1なら御の字で、後半の巻き返しに期待だ。

ハーフタイムで桃山木村→68丸本周旦(1年)。まあ交代はやむなしか。3分、近大附┣の突破を╋極椶倒し警告。このプレーに対して┣がどついてこちらも警告。これで得た左60度30mFKを荒金が左上隅に好シュート、しかしGK\邵蠅横っ飛びで好セーブ。完全に決まったと思った。しかし10分過ぎ頃流れが桃山に傾く。13分、桃山Ь綽→31民部亜斗武。14分、近大附涯眤□大西稜太(2年)。18分、桃山カウンター、福田がDFと1対1も止められる。18分、桃山53西→蛙耕酲喊諭E躬海押し、シュートも撃つが決定機には至らない。近大附が勝負強いゲーム運び。28分、近大附平阪、で魄罌島田康平、寡餮太郎。島田が左SB。刈谷が1トップでその下に┣と大西。32分、近大附、細かいつなぎから┣シュートもGKセーブ。決定機。33分、近大附、その右CKで┣から刈谷キープからターンして┣に出し、右ループはわずかに左。決定機。34分、近大附案睫遐苺谷光将(2年)。ロスタイム、右CKで橋本の左足キックがファーに流れ、折り返しをズ絽が落とし73片岡が蹴りこむ!1−1の劇的同点ゴール。そしてタイムアップ。この瞬間大阪桐蔭の全国行きが決まった。
順位決定の参考にするためPK戦が行われる。

桃山╋極楴最圈バー。
近大附ノ詭收功。左隅。
桃山福田失敗。バー。
近大附┣失敗。右隅をセーブされる。川崎凄いバネ。
桃山金子成功。逆を突いて右に決めた。
近大附刈谷失敗。左隅をセーブされる。
桃山ψ∪ゼ最圈左に外す。
近大附Π妥沈功。左隅。
桃山ズ絽成功。逆を突いて右に決める。
近大附佐々木成功。左隅。

結局PK戦2−3で近大附が勝利した。

しかし翌日の桃山−大阪桐蔭戦は桃山が勝利。逆転1位での自力で予選突破を決め、初の全国に進む。



2011年06月03日(金) U−17日本代表 【FIFA U−17ワールドカップ メキシコ2011(6/18〜7/10)】メンバー

U−17日本代表 【FIFA U−17ワールドカップ メキシコ2011(6/18〜7/10)】メンバー

U-17日本代表
U-17ワールドカップ特設サイト
スタッフ
団長
西村 昭宏 ニシムラ アキヒロ NISHIMURA Akihiro 
【(財)日本サッカー協会技術委員長(育成)】 

監督
吉武 博文 ヨシタケ ヒロフミ YOSHITAKE Hirofumi 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

コーチ
菊原 志郎 キクハラ シロウ KIKUHARA Shiro 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ/東京ヴェルディ】

GKコーチ
大橋 昭好 オオハシ アキヨシ OHASHI Akiyoshi 
【(財)日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

選手
Pos. No. 選手名  アルファベット表記 
生年月日 身長 体重 所属
GK
21 牲川 歩見 ニエカワ アユミ NIEKAWA Ayumi 
1994.05.12 192cm 80kg ジュビロ磐田ユース

18 阿波加 俊太 アワカ シュンタ AWAKA Shunta 
1995.02.07 187cm 75kg コンサドーレ札幌U-18

1 中村 航輔 ナカムラ コウスケ NAKAMURA Kosuke 
1995.02.27 182cm 70kg 柏レイソルU-18

DF
12 早川 史哉 ハヤカワ フミヤ HAYAKAWA Fumiya 
1994.01.12 170cm 68kg アルビレックス新潟ユース

2 川口 尚紀 カワグチ ナオキ KAWAGUCHI Naoki 
1994.05.24 176cm 71kg アルビレックス新潟ユース

3 岩波 拓也 イワナミ タクヤ IWANAMI Takuya 
1994.06.18 185cm 71kg ヴィッセル神戸ユース

4 植田 直通 ウエダ ナオミチ UEDA Naomichi 
1994.10.24 185cm 73kg 熊本県立大津高校

15 新井 純平 アライ ジュンペイ ARAI Jumpei 
1994.11.12 172cm 62kg 浦和レッズユース

19 高木 大輔 タカギ ダイスケ TAKAGI Daisuke 
1995.10.14 169cm 68kg 東京ヴェルディユース

6 室屋 成 ムロヤ セイ MUROYA Sei 
1994.04.05 174cm 62kg 青森山田高校

MF
16 野沢 英之 ノザワ ヒデユキ NOZAWA Hideyuki 
1994.08.15 174cm 64kg FC東京U-18

13 喜田 拓也 キダ タクヤ KIDA Takuya 
1994.08.23 168cm 58kg 横浜F・マリノスユース

8 石毛 秀樹 イシゲ ヒデキ ISHIGE Hideki 
1994.09.21 168cm 66kg 清水エスパルスユース

17 秋野 央樹 アキノ ヒロキ AKINO Hiroki 
1994.10.08 174cm 62kg 柏レイソルU-18

7 望月 嶺臣 モチヅキ レオ MOCHIZUKI Reo 
1995.01.18 165cm 57kg 滋賀県立野洲高校

5 深井 一希 フカイ カズキ FUKAI Kazuki 
1995.03.11 175cm 64kg コンサドーレ札幌U-18

FW
20 鈴木 武蔵 スズキ ムサシ SUZUKI Musashi 
1994.02.11 184cm 71kg 桐生第一高校

10 鈴木 隆雅 スズキ リュウガ SUZUKI Ryuga 
1994.02.28 181cm 69kg 鹿島アントラーズユース

14 中島 翔哉 ナカジマ ショウヤ NAKAJIMA Shoya 
1994.08.23 161cm 58kg 東京ヴェルディユース

9 南野 拓実 ミナミノ タクミ MINAMINO Takumi 
1995.01.16 173cm 65kg セレッソ大阪U-18

11 松本 昌也 マツモト マサヤ MATSUMOTO Masaya 
1995.01.25 169cm 60kg JFAアカデミー福島

スケジュール
6月18日 18:00(現地時間) vsジャマイカ
6月21日 15:00(現地時間) vsフランス
6月24日 15:00(現地時間) vsアルゼンチン


 < 過去  INDEX  未来 >


T.K. [MAIL]