2019年06月30日(日) キッズライン利用レポ

お久しぶり過ぎますが皆様いかがお過ごしでしょうか。えあですこんにちは。直前の日記が三歳児検診!ひぃ!

今となってはサイトだけチェックしてくださってる方とかはいないと思うので大丈夫だと思いますが、えあさんも赤子も元気です。赤子は4歳になりました。いつまで赤子と呼ぶ気なのかえあさん。
……何となく自分の主観の話ですが私、20歳→30歳、あるいは30歳→40歳の区切りよりも分厚く高い壁を感じる区切りがあるんです。

それは17歳→18歳の区切りと、4歳→5歳の区切り。

若くみずみずしく初々しい17歳が終わり大人になる18歳と、長かった赤ちゃんがもう完全に、言い訳出来ない終焉を迎える5歳(世間的によく言われる赤ちゃんの境目は2歳か3歳だと思うんですが、私自身の記憶の残り方でしょうかね。4歳までは赤ちゃんのロスタイムで、5歳からが本物の幼児だと思っています)
とかいいながら多分5歳過ぎても、赤子5歳になりましたーとかしれっと言っていそうな気はします。

さて今日は、表題のキッズライン利用レポ。ツイッターに投下しようと思ったけどさすがにちょっと長かったのでこちらに投下しようと思います。
PR要素なしの純粋な利用レポだよ!





今月、結構仕事が修羅場で非常に休みにくい状況の中子供が体調不良などという、えあさんの育児シーンに若干高めのハードルが出現したので念の為というか藁にも縋る心境で噂に聞いていたベビーシッター派遣サービス?の「キッズライン」に登録してみました。
当該ハードル自体は幸いにもどうにか相方氏との友情パワーで乗り越えられたのですが(友情ではない)、キャンペーンで貰った5000円ものポイントが手つかずのまま残る結果となっていたのでした。

5000円。キッズラインなら近場で単価がべらぼうに高くない人なら2時間ほどお任せしても足が出ない額です。タダで1回シッターのサービスが体験出来ますよ!ただし今月末まで!
となればまあ頼んでみないっていう選択肢もないでしょー、という安易な考えで、特に意味もなく親在宅という状況でキッズラインを利用してみたのでした。
保育園のお迎えとかも依頼できるので、それに充てれば最も効率的ではあったのだが流石に初めてで他人に鍵を預けるのは何となく心理的な敷居が高かったので。

余りシステムにも習熟していなかったのでとりあえず、予算内に収まる近間の方に依頼をすることにしました。
天気が良ければ男性のシッターに任せて近所の公園に放り出してもよかったんだけど無難に女性をチョイス。うちの赤子氏の室内遊びは、たぶん男性だと若干辛いので。シンデレラごっこはともかく、ファントミラージュごっこはちょっと一般人には難易度高いと思うんだ……お母さんファントミわかんない。ていうかファントミより仮面ライダージオウが見たいです(裏番組)
(その時期ごとの番組ごっこはシッターさんや保育士さんですら結構難しいと思うけど。どうなのかしら。というか無茶振りされた時のプロの躱し方を教えて欲しい……全然分かんない役割要求されたらどうすればいいのこれ)

まあそれはさておき当日。シッターさんは開始10分ほど前に来てくれ、申し送りを行いました。保育する部屋、留意すべきこと、おやつはどうするか等。今回短時間で親在宅な上肝心の親が何の下準備なしのあっぱっぱーでしたので、若干その辺生暖かく臨機応変の対応でってことで流してくれて、保育開始。
ちゃんと読めばサイトに事前準備すべきことは書いてあります。読め。

私はパーテーションで別れた隣室で業務命令の資格試験の勉強などしつつ、しかしシッターのサービスとはどういうものなのか?という興味には勝てずに時折観察していました。
基本的には家にあるものでいろいろと遊んでいただく感じでしたが、シッターさんが持ってきたアイテムでレッスンを行う場面もあり、興味深く授業を見学したり。
親としてはめんどくせえええぇぇええぇええぇえぇえぇぇぇぇぇぇえええええ!!と思う我の強さを何の衒いもなく披露しまくる赤子にもプロの余裕で滑らかに対応してくれておぉ……と思いました。あのめんどくさい我儘をブチ切れず受け流すメンタルスゲェ。

今回の人はベテランの人だったけど、キッズラインは大学生とかも登録してるしそのあたりだと大丈夫なんだろうか……?と一瞬思ったけど、まあ私も遥か昔の塾講バイト時やんちゃな中学生クソジャリにいちいちキレたりはしなかったので、まあ多分大丈夫なんだろうとは思います。知らんけど。

ともあれ、穏やかなままにシッティングタイム終了。
問題。問題があるとしたらちょいちょい保育の様子が面白くて注意がそっちに行ってしまい若干勉強の進みが悪かった程度か。
っていうかこの課題やべえ……手に負えない……
いやこれはまた別の話で。とりあえず弊社死ね(*逆恨み)

終了時に軽くお話しした後、シッターさんにはご帰宅頂きました。
その後、詳細な報告書が到着。別にメモも取ってなかったのによくこんだけ詳細に書けるなってくらい詳細で感心ました。プロって凄いね。
会計は全額ポイントで支払い、こちらの出費はなし。
密にかまってくれる大人がとにかく大好きな赤子も存分にマンツーマンでじっくり構ってもらえて面白かったーと大満足。ファントミごっこしなかったな貴様!!!!!ずるい!!!!あの一番難易度高いアレをしないとか!!!!!!空気読みすぎだろ、そして親なら何してもいいと思ってるだろ貴様ぁ!!!!!!
……かくして誰も不幸にならない幸せなシッティングとなりました。めでたしめでたし。


★キッズラインの難点(かもしれない部分)
・アプリがなんか使いにくい。Webの方が若干使いやすく感じる。ただアプリにしかない機能とかもあるようなので(見切れていないだけかもしれない)私はスマホWebスマホアプリPCWebを併用で使いました。諸連絡はPCで。いまだにスマホで文章打てぬ。

・家事代行のみを依頼することも可能なようだが、シッター検索が本業な為かそれ以外はかなり探しにくい感触。シッティングの合間に皿洗いくらいなら出来ます、みたいな人が多く引っかかるのは目的次第では困りそう。まあ家事代行は今回の要件ではなかった為真剣には探していないので、いい検索方法がもしかしたらあるかも。
まあそもそも、込み入った(エアコン清掃とか換気扇清掃とか風呂のエプロン外した清掃とか)家事代行は恐らく出来る人は殆どいないと思うので、大人しく専門業者に頼んだ方がいいと思います。

★それだけじゃなんなのでいいとこ
ところで最初の入会時点、ちょっと追い詰められてたのでお急ぎで入会審査の申し込みをしたんですが(通常翌日となる審査を数十分でやってくれるみたいなやつ)、19時まで(だったかな?)となっていた所19時10分過ぎくらいに送信したんですよ。でもなんとちゃんとお急ぎ対応してくれたんですよ! 翌日間に合うように! 対応時間過ぎてるのに! なんて優しい会社なんだ! 結局すぐには使わなくてサーセン



以上、キッズライン利用レポでした。

2010年06月30日(水) 人狼BBS二次「朝起きたら耳と尻尾が生えていた」Up
2003年06月30日(月) レッツ改稿
 < 昨日のえあさん  INDEX  
一言フォーム兼Web拍手。ねこかわいいよねこ→
えあ [めにう] [RSS]

My追加