ATFの戦争映画観戦記



【File033】外伝爛泪ぅ筺湿尉瓩鮹気圭个・・・

2002年03月24日(日)

世の中では、既に桜も盛りが過ぎようとしていますが、私ATFは今年も花見に行けそうもありません。もう何年花見なんて行ってないかなぁ〜。毎日、駅前のロータリーに植えられた桜の木を横目に見ながら仕事に通っております・・・トホホ。
と、いう訳で忙しさにかまけて更新を疎かにしておりましたが、やっと戦線復帰であります。前回【File032】の最後で犲_鵑錬横粟さ戦争映画最大の謎に挑む瓩覆匹搬臍悗文を利いてしまいましたが、正直言って爛優伸瓩集まっておりません。多分に爛宗璽広疉埖のままカキコしております。

【Searching Lieutenant Meyer・・・マイヤー少尉を探し出せ】
戦争映画ファンなりマニアを自称するなら必ずマイベスト5(・・・10かな?)の中に入れるであろう作品のひとつに挙げられるのが「戦争のはらわた・・・CROSS OF IRON」であろう事は疑いないでしょう。この映画史上に残る、戦争映画の中でもトップクラスの作品「戦争のはらわた・・・CROSS OF IRON」(以下略称COI)ですが、コレだけ人気が高いメジャー作品にも関わらず、戦争映画史上最大級とも言える狷罩瓩鯤えているのをご存知でしょうか・・・?恥ずかしい話ながら、私ATFはこの話について知ったのはつい1〜2年前の事です。私にこの話を教えてくれたのは、当HPもお世話になっているUnteroffizier氏瓩任△蠅泙后H爐錬達錬匹裡庁孱槌任房録されている登場兵器の解説を執筆した程のCOI通の一人であります。その彼が「実は・・・」と話してくれた内容・・・狷罩瓩蓮∪鐐莟撚萃未鮗称していた私ATFを唖然とさせた驚愕の事実であった(オイオイ・・・爆)
で、その狷罩瓩箸浪燭?
それはCOIの物語前半のストーリー設定上で重要登場人物といえる爛泪ぅ筺湿尉瓩魃蕕犬詛侏イ量樵阿、未だもって不明である、というものでした。戦争映画No.1サイトであり、将にその作品名をサイト名にしている爍達劭錬咤 OF IRON瓩離灰鵐謄鵐弔里劼箸弔任△覘爍達錬媛餤勅辞瓩硫甬逎蹈阿任癲一度ならずも話題になり、並み居る戦争映画通の皆さんが知恵を絞ったにも関わらず、この答えは未だ以って狷(不明)瓩里泙沺結論は出ていないようです。
海外サイトまで含めたCOI関連のサイトを探しても不明な狷罎稜侏キ甍貘痢彼マイヤー少尉を演じたのは誰なんでしょうか?
なぜ彼の名前は不明なんでしょうか・・・?
並み居る戦争映画事情通の皆さんをして、頭を抱えさせた狷罩瓩魏燭箸解明出来ない物だろうか。昔、英国の著名な歴史学者が、英国から一歩も出ることなく、文献史料を駆使して、遠い中東の古代遺跡の場所をズバリ言い当てた・・・と言います。それなら星の数ほどの情報溢れるインターネットを駆使すれば、俳優の一人や二人、ど〜って事ないじゃん・・・ここに、行き当たりばったりで安直な発想を基にした犁霏腓淵船礇譽鵐賢瓩始まったのである・・・(自爆)

因みに現在までに判明している配役(俳優名)は下記の通りです。
(Unteroffizier氏によるCOI会議室過去ログより参照しています)
(階級呼称はDVD版に準拠)
シュタイナー曹長(James Coburn)
シュトランスキー大尉(Maximilian Schell)
ブラント大佐(James Mason)
キーゼル大尉(David Warner)
看護婦エーファ(Senta Berger)
マイヤー少尉【?】
トリービッヒ少尉(Roger Fritz)
クリューガー伍長(Klaus Lowitsch)
シュヌルバルト(Fred Stillkraut)
アンゼルム(Dieter Schidor)
ディーツ(Michael Nowka)
ツォル(Arthur Brauss)
ケアン(Vadim Glowna)
マーク(Burkhardt Driest)
ホラーバッハ
ハルトヴィッヒ
ケプラー
プーハー大尉
インゲ
イルゼ
ミュラー
パスターナック
ドルン
ゲルトルート
マルガ(Veronique Vendell)
ロシアの少年兵(Mikael Slavco Stimac)

【マイヤー少尉探索記】
 ̄撚茣慙▲汽ぅ箸鮹気・・・
主にIMDb甅狒官撚ONLINE疆映画作品検索サイトや個人のファンサイトなど数々の映画サイトの中からCOIに関する事柄を片っ端から検索しました。検索サイトは主にGoogle甅excite翻訳エンジン瓩鮖藩僉F辰貌本語も充分に話せないと言われているATFにとって海外の各サイトは難物・・・でした。で、検索の結果ですが、検索してヒットしたサイトの内、約8割は通販サイトって事実・・・にぶち当たったのでした。残り2割は映画関連サイトですが、作品についてCOI会議室以上に言及されたサイトは無く、殆んどが一般的な映画解説サイトでした。で、結局は上記以上の情報は発見出来ず・・・です。
▲汽燹Ε撻ンパー監督のサイトを探れ・・・
次に当たったのが、COIの監督・・・バイオレンスの巨匠サム・ペキンパーのサイトでした。国内で言及されたサイトは殆んど無く、海外のサイトも一般的な総論的サイトばかり、COI一作品について言及されたサイトは発見出来ませんでした。
主演俳優のサイトを探れ・・・
主な主演俳優「ジェームズ・コバーン」「マクシミリアン・シェル」「ジェームズ・メイソン」「デヴィッド・ワーナー」について検索しましたが、COIについては、あくまでも出演した一作品以上に取り上げたサイトは発見出来ず・・・でした。

安直な思いつきで始めたNET探索行ではあったが、早くも暗礁に乗り上げてしまいました。もはや万策は尽きた・・・のか?

う〜む、何故見つからないのだろうか?
頭を冷やすついでに、考えを整理してみましょう。
クレジットに俳優名が記載されていない理由としては考えられるのは・・・
〇1禿時まったくの無名の俳優で、現地オーディションによってペキンパー監督あるいは有力スタッフに直接見出された(無名だった為、編集・セールスの段階で映画会社の営業スタッフの目に止まらず、他のエキストラと同列に扱われた)
∋1峠了後に不名誉(例えば犯罪に関与したとか)な行為を行い、映画界から抹殺された。
等が考えられます。私ATFとしては,諒が有力ではないか思えます。前述の検索結果の中で唯一ヒットした、もしや(ATFがそう思っているだけですが)と思える俳優なのが下記のIMDB-proに登場する「IGOR GALO=イゴール・ガロ」という俳優です。1948年生まれのセルビア出身。ちょうどCOI撮影時は27〜29歳位だと思われます。
http://uk.imdb.com/Name?Galo,+Igor
ただ残念なことに、このイゴール・ガロなる人物のはっきりとした写真が無いため、確認が出来ておりません。あくまでもATFの想像です。
皆さんの記憶の中で爛泪ぅ筺湿尉瓩隆蕕鮖廚ど發べて下さい。年齢的には20代後半の面持ちではないでしょうか。で顔立ちですが私ATF的には、彼はドイツ系の顔立ちでは無いように思えます。どっちかというとユーゴ・・・バルカン系(最近ユーゴ紛争を扱った作品を結構観ているもんで、そう思えるのかも知れません)では?Unteroffizier氏によると、彼・・・マイヤー少尉役の俳優のドイツ語発音には外国訛りはないそうです。という事は純粋なドイツ人なんでしょうか?しかし同じくCOIに出演しているロシアの少年兵役のMikael Slavco Stimacのドイツ語発音にも訛りはないそうです。彼は当時ユーゴでも有名な子役俳優だったそうですが・・・(後年、ユーゴ史の裏側を描いた「アンダーグラウンド」や戦争映画ファンにもお馴染みの「第27囚人戦車隊」にも出演)ますます解らなくなって来ました。たとえば言語(発音や喋り方)は幼少時より外国で育てられたり、成人でも訓練されれば変える事は可能でしょう。しかしながら人種独特の顔立ちはどうでしょうか・・・国家間の行き来が簡単な現代であれば純粋な人種の顔立ちなんてないのかもしれません。COIに出演しているドイツ系俳優の顔立ちを見ても典型的なドイツ系なんて言える人物はいないんじゃないでしょうか?それでは一体爛泪ぅ筺湿尉瓩浪真佑覆鵑・・・謎は深まるばかり・・・です。
結局のところ、大層な見栄を切ったわりには結論は発見出来ずじまいと言う訳です。爛泪ぅ筺湿尉瓩△覆燭楼貘涼なんですか?

最後に「戦争のはらわた・・・CROSS OF IRON」の国内配給元であるケイブルホーグの企業サイト内にあるCOIのコンテンツで見つけたメイキングに関する記事の抜粋を紹介しておきます。
http://www.cablehogue.co.jp/cross-of-iron/making.htm
「前略・・・「戦争のはらわた」の撮影74日目は、16名の主要な俳優たちが撮影に呼ばれた。手足がひょろ長い、主役のドイツ軍の伍長を演じるジェームズ・コバーンをはじめとして、ドイツのトップクラスの舞台俳優・映画俳優が5名。そしてユーゴスラビアの俳優たち。その中の1人、スロボダン・ディミトリエビッチは、彼の名前を何度もタイプしなくてはならなかった者にとっては忘れられない俳優であろう。イギリスのスタント・アレンジ担当ピーター・ブラハム(ジョン・ウェインは彼を“一緒に仕事をした中で最高のアレンジャーだ”と絶賛。“デューク”−ジョン・ウェインの愛称―は彼の言うことには耳を傾けたという)は、ドイツとロシア両軍の小隊のためにスタントマンを用意した。さらに、ドイツとロシア両軍の歩兵役のために、ユーゴスラビアのボランティアが100名弱参加した。ボランティアで参加したのは、ペキンパーの作品に出たかったかららしい。・・・後略」

戦争映画史上最大の狷罩瓩膨んだATFの記録でした。結局は解らず終いに終わってしましましたが、決して無駄ではなかったと思います。とにかくじっとしてても始まらない・・・挑戦あるのみです。狷罩瓩鯆匹さ瓩瓩襦△修譴浪漫なのですよ【続く】

 転進【前ページ】  作戦履歴【TOPページ】  前進【次ページ】


観戦武官視察数【
感想等お気軽に書き込み下さい

My追加

皆さまにご投票いただいた結果は→【こちら