ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2018年06月12日(火) 北朝鮮、非核化へ合意(21年ぶり3度目)

<米朝首脳会談>米朝、4項目で合意(中央日報 2018.06.12)

12日、シンガポールで開かれた米朝首脳会談で、米国のドナルド・トランプ大統領と
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が会談後、共同声明に署名した。

共同声明によると、両首脳は1.米朝関係の正常化、
2.韓半島(朝鮮半島)の平和体制保障、
3.韓半島の完全な非核化、4.韓国戦争(朝鮮戦争)の遺骸送還−−など
4項目に合意したことが分かった。


今後どうなるかは分かりませんけど今のところ言えることは、

「細かいところはこれから話し合って進めるよ〜。」でしたね。

目に見えて大きく動いたのは“史上初の米朝会談”を行ったということだけです。

1回目ということなのでこんなものなのかもしれません。

会談でどんな話が行われたのかはわかりませんが、

4項目の合意文章に具体的な内容はなく核放棄のロードマップすらないので、

北朝鮮にしたら今後も話し合いを重ねることで、

時間を稼いでトランプ大統領の任期中は

大人しくしているだけになるんじゃないかという思いもあります。

核開発施設を爆破したりミサイル実験場を閉鎖したとしても、

完成までの技術力やデータはすでに手に入れているので再開することはいつでも可能ですし。

核放棄を約束させてことだけで経済制裁を緩めなかっただけマシですが、

これも今後どうなるか分かりません。

米朝首脳の共同声明、人権問題に言及せず(共同通信 2018.06.12)

複数のメディアによると、米朝首脳の共同声明は、北朝鮮による日本人拉致などの人権問題に言及していない。

拉致問題に関しては協議の中で提起しただけとなったようです。

ただ、その提起に日本側が拉致問題を解決すれば北朝鮮側が得られるメリットなど

具体的な内容が含まれていたかもしれません。

やはり、拉致問題は日本が解決するべき問題ですから、

北朝鮮が米朝首脳会談によって今後しばらく大人しくしているのであれば、

その間に日本は拉致問題解決のみに専念できるわけですから、

これが最後のビッグチャンスと思って積極的に北朝鮮へアプローチして日朝会談にこぎつけてほしいです。



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )







名塚元哉 |←ホームページ