ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2018年05月02日(水) なぜTOKIOのメンバーだけを記者会見させるの?

TOKIO会見 山口達也さん脱退の意向 城島茂さん明かす、結論は出ず(産経新聞 2018.05.02)

会見に応じたTOKIOのメンバー4人を見てm

みんな一気に老け込んでしまったようにげっそりしていたのが

ことの重大さとショックとメンバーの不祥事と向き合わなければいけない覚悟を表していました。

ただ、4人が何度も頭を下げているのは見ててつらいものがありました。

できれば、こんなTOKIOを見とうはありませんでした。

事務所が示談で穏便に済ませて無かったことにして

仕事を続けさせようとしたのは番組を作っているテレビ局、

イメージキャラにしてる企業や広告代理店や地方自治体への影響を考えていたからであって、

事務所としてはそう選択せざるを得なかったのは、

芸能界特有のもので昔からそういったことがよくあったこととある意味では理解できるのですが、

警察が動いて事態を把握した後も1ヶ月以上もの期間に渡り

山口氏にずっと仕事をさせていたことが表沙汰となった以上は、

メンバーだけに会見を任せるだけではなく

幹部クラスも同席して会見に応じるべきだったのではないでしょうか。

普通の民間企業であれば自社社員が世間を騒がせる事件や不祥事を引き起こせば、

社長なりが並んで頭を下げ会見に応じます。

TOKIOメンバーの会見でのコメントのひとつひとつが理路整然と常識的なことで、

逆にジャニーズ事務所の企業倫理になさが際立っていました。

会見の場にいる記者もそうですが、

ワイドショーの時間帯に会見が行われていたわけですから、

番組の司会者も怖くて誰一人としてそこに言及しないことに違和感を覚えました。

やっぱマスコミが一番怖いのって国家権力じゃなくてジャニーズ事務所なのでしょう。





 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






名塚元哉 |←ホームページ