ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2017年11月13日(月) 優秀な編集で面白かった地上波初放送の『シン・ゴジラ』

「シン・ゴジラ」高視聴率15・2%!地上波初放送で大反響(スポニチ 2017.11.13)

昨年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」が12日午後9時からテレビ朝日で地上波初放送され、
平均視聴率は15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。
放送開始直後に「Yahoo!リアルタイム検索 話題のキーワード」で
1位になるなど高い注目を集めた。

今年3月4日にフジテレビで地上波初放送された
アニメ映画「アナと雪の女王」の19・7%には届かなかったものの、15%を上回る高視聴率。
裏番組のTBS日曜劇場「陸王」(日曜後9・00)の14・5%、
日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)の11・3%を上回った。

 昨年7月に公開され、興行収入82・5億円で同年の実写邦画ランキング1位に輝いた作品。
東宝が12年ぶりに製作したシリーズ29作目で、
人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる庵野秀明氏(57)が脚本、編集、総監督を務めた。
東京湾、鎌倉、川崎市街などに出没したゴジラと日本国との戦いを描いた。

 第40回日本アカデミー賞では最優秀作品賞や監督賞など最多の7部門で最優秀賞を受賞し、
毎日映画コンクールやブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした。


昨日、地上波で初放送された『シン・ゴジラ』をご覧になった方も多いと思います。

放送前はノーカットじゃないしCMでぶつ切りにされて、

この映画の持っている緊迫感や緊張感が阻害されてしまったり、

ヘンなテロップが入ったりで映画館やDVDやBlu-rayで観ているときのような

面白さは無くなっているんだろうなぁ…と思っていたのですが、

いざ放送が始まったらそんな心配が吹っ飛んでしまう神編集でした。

カットされたシーンも約5分程度だったらしく、

そのほとんどが長いエンドロールと淫行問題で謹慎中の俳優さんが出ていた

数秒のシーンだけだったということです。

CMに関しても冒頭から20分間ほどはCMにも入らず、

アクアラインでの事故からゴジラ第二形態が上陸してからの緊迫感を削ぐことも無く、

その後も絶妙なタイミングでCM入りするので、

地上波で映画を観ているときに感じるイライラさえもまったく感じさせず、

CM前のスポンサー表示の横に表示されるようなテロップにはヘンな煽りも無く、

このあと○〇が!みたいなネタバレもなく余計な情報を視聴者に与えないという

本当に素晴らしい編集で映画公開当時に3回、Blu-rayでは20回ほど観ているのに

今回もムチャクチャ楽しめました。

そして、地上波で放送されることによって、

ツイッターで実況しながらと

リアルタイムでみんなの感想を見ながら楽しむということもできました。

この地上波で初めてシン・ゴジラを観ている人の

素直な驚きの感想を読んで自分の初見の時の気持ちを思い出したりもして、

地上波での映画の役割って例えば日テレで放送される

『天空の城ラピュタ』の「バルス祭り」に象徴されるように、

今はネット上で大勢とわいわい騒ぎながら見るものになっている

それしか地上波で映画を放送する意味がないんだろうとも思いました。

シン・ゴジラはゴジラが復活したことと

特撮や怪獣マニアだけじゃなく怪獣映画なんて見ない一般の層まで巻き込んで大ヒットしたことと

怪獣映画として初の日本アカデミー賞で最優秀作品賞など7冠したことと

地上波放送でも大盛り上がりになったことで、

やっぱり『シン・ゴジラ』は偉大だと感慨深くなりました。

怪獣映画万歳!!







 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )







名塚元哉 |←ホームページ