ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2017年11月09日(木) 距離をなくせ!

Perfumeの3人が世界3都市で同時にダンス、1万km離れてもタイムラグなくシンクロ(ナタリー 2017.11.08)

NTTドコモの新プロジェクト「FUTURE EXPERIMENT」の第1弾として、
Perfumeとコラボレートした企画「VOL.1 距離をなくせ。」が11月8日に実施された。
これはPerfumeの3人が東京、ロンドン、ニューヨークの3都市にある別々のステージに立ち、
新曲「FUSION」をパフォーマンスするというもの。
その様子は最先端テクノロジーによって1つの映像になり、インターネットを通じて生配信された。

この企画では、ドコモが2020年のサービス提供開始を目指している移動通信システム・5Gと、
遠隔地の映像や音響、空間情報を高臨場に伝送するNTTが開発した技術・Advanced MMTを使用。
3都市のステージに設置した複数のモーションコントロールカメラのスイッチングを同期し、
ワイプ合成することで、距離を超えてパフォーマンスを行うPerfumeの姿をタイムラグなく表現した。
東京ではあ〜ちゃん、ロンドンでかしゆか、ニューヨークでのっちがそれぞれパフォーマンスを実施。
東京会場となった新宿パークタワーのパークタワーホールにはPerfumeのファンクラブ
「P.T.A.」の会員約50人が招かれ、この先端技術を駆使した実験的な試みを目の当たりにした。

東京会場では21:00になると同時に、メンバー3人がそれぞれの都市を歩くオープニングムービーがモニターに流れ始め、
舞台に置かれた大きな正三角錐のオブジェの中央にあ〜ちゃんが登場。
オブジェが光を放ち、今回のパフォーマンスのために書き下ろされた発売未定の新曲「FUSION」が流れ始めた。
その力強いビートとエキゾチックな旋律に合わせて、あ〜ちゃんは1人でダンスを披露。
会場の「P.T.A.」会員たちは、1人で踊り続ける珍しいあ〜ちゃんの姿にじっと見入っていた。
楽曲の終盤でステージの両サイドに吊られていた三角錐のオブジェが下降し、
そこにロンドンのかしゆか、ニューヨークののっちの姿が映し出される。
約1万kmの距離を隔てながらも、3人は息の合ったダンスを繰り広げた。

パフォーマンスが終わると3人は3都市を中継でつないでトークセッションを実施。
かしゆかは「1万km離れたところで同じパフォーマンスをするなんて夢にも思わなかった」と驚き、
3人がライブ前に必ずやるという円陣を組んでの気合い入れについてあ〜ちゃんが
「1万kmも離れてやったの初めてだったね」と笑った。
なお、このトークセッションはドコモの技術を使わずに通常の中継で行われていたため、
彼女たちは「Perfumeです!」というお決まりの挨拶をするも、遅延が発生しグダグダに。
その挨拶がまるで「事務所の意向で組まされた駆け出しのアイドルみたい」だということで、
3人は遅延を計算にいれたうえで改めて挨拶に挑戦し、
3人の声が見事にシンクロすると観覧者から拍手が沸いた。
これについてのっちは「ドコモさんの技術がないと、こんなに大変なんだね」と、
改めて今回採用された技術のすごさを実感していた。

かしゆかは今回のプロジェクトを振り返り、「何度もリハーサルを重ねて、
今日のためにたくさんの時間を費やしてきたけど、いざ本番が来ると、
やっぱり1人ってこんなに不安になるんだなって。
横を見れば安心するって気持ちがいつも無意識にあったのを実感しました。
でも、離れてるからこそ強くなろうって気持ちが生まれました」とコメント。
のっちは「ニューヨークに来てるのに『飛行機の中でなんの映画観た?』とか話す
2人がいないっていうのがすごく不思議でした。
でも会場で三角形のオブジェに入ったら、2人の空気を肌で感じて。
新しい体験ができたので、緊張したけど楽しかったです」と語った。
そしてあ〜ちゃんは「一緒にいれることは当たり前じゃないって、感謝しなきゃいけんなって思った。
2人があってやっと舞台に立てると言うか。私をステージに立たせてくれてありがとう」と言って
かしゆかとのっちに感謝。緊張の糸が切れたのかあ〜ちゃんは涙ぐんでいた。

その後、3人は自分たちのダンスが実際にどのように中継されたのか、
パフォーマンス映像をプレイバックして視聴。
映像を観たあ〜ちゃんは「1人ひとりの動きを細かくシビアにやらなきゃいけなかったので、
私たち的には『あそこもっとちょっとこうしたかったなー』って思っちゃうんだけど、
大きなハプニングもなく無事に放送できたことがわかって本当によかったです」と胸をなでおろし、
かしゆかは「離れていてもつながってるし、そばにいるっていうのを今回実感して、
さらにPerfumeが強くなった気がします。
もっといろんなことに挑戦したいと思いました」と意欲を示した。
のっちは「パフォーマンスしてるときより今チェックする瞬間が、
このプロジェクトの中で一番緊張しました。
あとで2人と感想を言い合うのが楽しみです」とうれしそうに話した。

今回中継された、3人のパフォーマンスを融合させた映像は、
現在ドコモのYouTube公式チャンネルで公開されている。


驚愕の動画に刮目せよ!



docomoさんが莫大な広告費を使って2週間ほど前から宣伝しまくっていたので、

このプログラムに関しての気合の入りようをヒシヒシと感じていたのですが、

そりゃ意気込みが違いますよっていう映像でしたね。

いつもダンスの動きや立ち居地を寸分の狂いもなくやっているからこそ、

3人が離れて別々の場所に居ても同じ動きができて

1つのパフォーマンスが完成できるはずと

新技術で遅延もない生中継が実現できることを

世界に宣伝し紹介するのにベストマッチするのがPerfumeだったわけです。

脅威のシンクロ率がPerfumeの強みのひとつではありますが、

今回は、その強みにあった最先端テクノロジーの融合による離れ業だったと思いますが、

ここに来るまでは本当に大変だったことでしょうね。

完璧なものができると信じて技術者は最先端テクノロジーとの融合のために

100%のものをプログラミングしたりしてPerfumeの3人に託してくれているわけで、

そんな中で自分達がミスすれば全てが台無しになるという

プレッシャーは相当なものだったと感じます。

だからこそパフォーマンスを終えた後は緊張がほぐれてあ〜ちゃんは涙ぐんでいたし、

かしゆかとのっちも表情も晴れ晴れしていました。

音楽の分野では一切ソロ活動をせずいつも3人一緒に活動していたからこそ、

この1万km離れた距離が強く印象に残るし、

より一層の感動を見るものに与えたことでしょう。

なんてこった!またひとつPerfumeが伝説を作っちまった。

素晴らしい!!

今年の紅白の演出もこの技術を使って3人別々の場所から同時中継で繋いだ放送にしようよ。




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )







名塚元哉 |←ホームページ