ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ









もくじ過去未来

2006年11月09日(木) 民主党 欠席しすぎ。

「防衛省」法案、9日に実質審議入り=民主、社民は欠席へ

衆院安全保障委員会は8日午後の理事会で、防衛庁の省昇格を柱とする
防衛庁設置法等改正案の審議日程を協議した。
しかし、防衛施設庁談合事件の調査をめぐって与野党が対立。
このため、木村太郎委員長が職権で9日午前に審議入りすることを決めた。
 野党側は理事会で、防衛施設庁が実施した談合事件に関する
現・元職員への聞き取り調査結果を提出するよう改めて要求。
与党がこれに応じる姿勢を示さなかったことから、
野党側は「提出しなければ審議には応じられない」として、
理事会を途中退席した。民主、社民両党は9日の審議を欠席する見通し。
 
(時事通信 11月8日19時1分更新)


「防衛省」法案を衆院委で審議、民主・社民は欠席

衆院安全保障委員会は9日午前、防衛庁の省昇格関連法案の質疑に入った。

 民主、社民両党は「防衛施設庁談合事件の審議が不十分だ」として欠席した。
与党は、同法案の今国会成立に向け、来週中にも採決したい考えだ。

 久間防衛長官は9日の委員会で、省昇格の必要性について
「有事法制も整備され、自衛隊が海外に行く任務も増えた。
単なる(自衛隊の)管理業務を行う庁ではなく、
国の平和をどうやって守っていくか判断する政策官庁としての
重要性は増している」と強調した。

 政府は、法案が成立すれば、来年1月、防衛庁を防衛省に衣替えする方針だ。

 関連法案は<1>防衛庁設置法を「防衛省設置法」に改め、
庁を省に、防衛長官を防衛相とする
<2>自衛隊法を改正し、自衛隊の国際平和協力活動や周辺事態での対応を
「付随的任務」から国の防衛と並ぶ「本来任務」に格上げする――
ことなどが主な内容だ。防衛施設庁を2007年度に廃止し、
防衛省に統合することも付則に明記している。

(読売新聞 11月9日11時30分更新)


「数の横暴」と批判 高木民主国対委員長

民主党の高木義明国対委員長は9日午前の記者会見で、
防衛庁の「省」昇格法案が民主、社民両党欠席のまま
衆院安全保障委員会で審議入りしたことについて
「与党の数の横暴が現実になった。極めて遺憾だ」と批判した。
 高木氏は「(防衛施設庁などの)談合問題の解決なくして
審議を進めるべきでない」と強調。強行採決の可能性について
「巨大与党といっても、良識ある公党ならしないだろう」とけん制した。
 この日の衆院議院運営委員会理事会では、与党側が別の審議案件で
14日の本会議開会を提案したが、民主党は「衆院安保委が不正常な
状態では受け入れられない」と協議を拒否した。

(共同通信 2006年(平成18年)11月 9日)


-----------------------------(引用終了)----------------------------

>「与党の数の横暴が現実になった。極めて遺憾だ」と批判した。

出席すればいいやん。

というか、昔から国会は数が物言うシステムだし。

>「談合問題の解決なくして審議を進めるべきでない」

言いたい事があるなら出席して審議の場で追求すればいいのに。

しかし、なんで毎回毎回審議拒否するんでしょうね民主党は。

(社民党はオマケみたいなもんだからどうでもいい。)

国会議員の職務を完全に放棄してますよ。

本当に自分達が正しいと思うのなら堂々と議論すべきでしょう。

仮に正論が通用しないのだとしても、

世論の支持を得ることができれば、成立阻止の機運が高まるでしょうし、

採決されたとしても、最後まで頑張ったという印象付けもできるでしょうに。

それを自ずから放棄するんだから・・・。

その点では、共産党は議論に参加するという姿勢を見せてえらいと思う。

まぁ、よほどの事がない限り出席して当然だけど。

本来、野党の審議拒否というのは伝家の宝刀みたいなもので、

欠席されてはまずいぞと思わせるから効果があります。

逆に言えば、欠席しても「どうぞご勝手に」と無視されたら意味がありません。

だからこそ、ここ一番で審議拒否するべきであって、

簡単に欠席しちゃいけないし、何度も欠席するものでもありません。

ところが民主党は何度も欠席するものだから、

また職務放棄かよ、という感想しか沸いてきません。




↑エンピツ投票ボタンです。読んだら押してくださると嬉しいです。
エンピツ時事/社会ランキング エンピツ総合投票ランキング
Myエンピツ追加

今日から、しばらく名塚元哉所持品のメガネシリーズです。
まずは、元サングラスだったメガネ枠。
5年ほど前に作った度数付サングラスだったのですが、
今の顔に似合わないので、レンズはリサイクルで別の枠に取り付けました。
そのサングラスは後日に。







名塚元哉 |←ホームページ