ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2006年08月15日(火) 内外の圧力に耐えよく頑張った!小泉首相グッジョブ!!

小泉首相が靖国神社参拝 終戦記念日は初
首相靖国参拝 「今日は適切な日」小泉首相、理由を説明

TVや新聞は都合よく編集するので、ノーカットの会見をどうぞ。

動画その1(前半「スーパーモーニング」、後半はNHKでつないであります。)
動画その2

ブログ『フィオリーナの以心伝心』さまが、会見をテキストお越しされております。
靖国参拝 いつ行っても反対されるので今日行きました

【概要】
・靖国参拝したから首脳会談を行わないというのはおかしい
・中国、韓国が日本の常任理事国入りに反対してるからと言って、
 日本の首相が首脳会談を拒否したらどちらが非難されるか
・ブッシュ大統領が「靖国参拝するな」と言っても参拝する。
 もっとも彼はそんな大人気ないことは言わないが
・私は毎年伊勢神宮を参拝しているが、憲法違反という声が出てこない。なぜでしょう?
・「8月15日だけはやめてくれ」という人の意見を聞いて、15日を避けてきた。
 しかし、いつ行っても批判される。ならばいつ行っても同じではないか。

-----------------------------(引用終了)----------------------------

昨年の例大祭の時もそうでしたが、各局大騒ぎしすぎ。

ヘリまで出して、まるで災害時の緊急報道並ですよ。

「一国の首相が、終戦記念日に自国の戦没者に対して
 慰霊を行いに神社へお出かけしただけ。」

あっさりと文字にすれば、たった二行に収まるこれだけのことで、

わざわざ長時間をかけて報道するほどの事じゃないのに、

各局、アングルが若干違うだけの同じ映像を流してさ、

日本のTVメディアが一番異常。

通常通りの子供番組を放送していたテレビ東京だけが唯一まとも。

「無責任な愚行」「最悪の居直り」=野党は一斉に反発

野党各党は15日、小泉純一郎首相が終戦記念日の靖国神社参拝に
踏み切ったことについて「無責任極まりない愚行。
政治的なポピュリズムだ」(鳩山由紀夫民主党幹事長)などと一斉に反発した。
 鳩山氏は都内で記者団に「(他の公約は破りながら)心の問題に対して
公約は守らなければならないというのは詭弁(きべん)」と批判。
過去の参拝では終戦記念日を避けてきたことを踏まえ、
「たつ鳥跡を濁しに濁している。辞める間際に行くのは欺まんであり、
確信的に思っているなら最初から行くべきだ」と語った。
また、自民党総裁選に触れ、「論点にしなければいけない」と求めた。
 共産党の志位和夫委員長は国会内で記者会見し、
「いつ行っても同じだからきょう行った、という弁明は最悪の居直りだ。
靖国参拝問題を一層深刻にした」と非難。次期首相は参拝しないよう強く要求した。
 社民党の福島瑞穂党首は党本部で記者会見し、
「居直って歴史をねじ曲げ、自分のやりたいようにやる暴挙を許せない」と批判。
さらに「終戦記念日は平和を心に刻む日なのに、再び国のために
死ぬ誓いの日に変えようとしている」
と断じた。
 新党日本の田中康夫代表は談話を発表し、「公約だと強弁するなら、
すべて(の問題)は首相の一存で決定できることになり、
民主主義もへったくれもなくなる」と指摘した。 

(時事通信 8月15日13時2分更新)


-----------------------------(引用終了)----------------------------

会見動画やテキスト化されたものを見ていただければ分かりますが、

軍国礼賛も戦争肯定の意思もせず懇切丁寧に、

追悼の気持ちや中韓や日本のマスメディアに理論武装した正論で説明してるのに、

野党の連中は、どいつもこいつも論理性も具体性もない

反論ばっかり繰り返すのかね?

とくに福島瑞穂さんの意見が一番低すぎて話になんない。

あと、各局のワイドショーや情報番組をザッピングしていたのですが、

「大阪高裁で違憲判決が出たのに。」とそれを前提として

小泉批判を進めている番組が多かったのですが、

違憲判決なんて出てませんよ。

大阪高裁の裁判官が、主文と関係のない傍論(ただの独り言)として

「俺的には違憲みたいな感じ〜みたいな。」と言っただけであって、

判決は、靖国参拝反対派の賠償請求は棄却されて原告敗訴、国側勝訴ですし、

傍論は先例にもなりえないし、法的拘束力もありません。

地方高裁レベルの判例で、判断も分かれてはおりますが、

違憲判決は1回も出ておらず、合憲判決しか出ていません。

そして、今年6月の最高裁では、総理大臣の靖国参拝が、

政教分離に違反して違憲となる余地は、

「全く無い」 という趣旨の判決が下されたのに、

2006年06月24日(土) 敗訴は当たり前だ。

傍論が出た大阪高裁の裁判だけを取り上げ、

まるで違憲判決が出たかのように摩り替えているのはなぜ?

「判断」と「判決」の違いさえ分からないバカだから?


中国外務省が抗議声明 首相の靖国神社参拝で

中国外務省は15日、小泉首相の靖国神社参拝に抗議する声明を発表した。
その中で、参拝は「日中関係の政治的基礎を破壊する行動」と指摘。
靖国神社に合祀されているA級戦犯は「アジアと世界に多大な災いを
もたらした元凶」との見方を示し、小泉首相が「意地を張って参拝」したことは
国際社会への「挑戦」だと厳しく批判した。

 さらに、参拝によって中国の人々の感情を傷つけることは
国際社会だけでなく、日本の国民の信頼も失うと述べた。

 一方で、中国は今後も日中両国の平和共存、友好・協力関係に向けて
取り組んでいく意欲を示した。また、日本の各界の有識者が
「政治的障害」を取り除いて日中関係が「正常な発展軌道」に戻るよう
努力することを信じるとの言葉で締めくくり、
「ポスト小泉」での関係改善に期待も込めた。

(朝日新聞 2006年08月15日09時09分)


-----------------------------(引用終了)----------------------------

終戦の日の8/15に戦没者の慰霊をすることのどこが

「国際社会への挑戦」なのでしょうか?

マスメディアが隠蔽する、中韓以外のアジア諸国及び欧米の声

【アジア諸国(中韓除く)の反応】

★シンガポール リー元首相:
 「靖国問題も中国が心理的なプレッシャーをかけているだけ」
★台湾、李登輝前総統:
 「国のために命を亡くした英霊をお参りするのは当たり前の事。
  外国が口を差し挟むべきことではない」
★台湾、陳総統:
 「中国の反発に負けずに靖国参拝をする首相を評価」
★カンボジア:フン・セン首相:
 「戦没者の霊を弔うことは当然のこと」小泉首相の靖国参拝に理解
★インドネシア:ユドヨノ大統領:
 「国のために戦った兵士のためにお参り、当然」靖国参拝に理解
★ベトナム:
 「我々は中国や韓国のような卑怯な外交手法をとるつもりはない」
★オーストラリア・マレーシア・タイ・フィリピン:
 「私たちはまったく問題ではない。問題にするのは中国だけ」
★パラオ、レメンゲサウ大統領:
 靖国参拝に「すべての人のために祈るのは正しいこと」と支持を表明
★ソロモン諸島のケマケザ首相:
 「日本とソロモン諸島の共通の文化は先祖に感謝すること。
  英霊が祭られている場所を拝見したい」

【アジア以外】
・アーミテージ氏:
 「中国は靖国問題に言及するべきではない。
 日本は戦後60年間、模範的な市民である」
・シーファー駐日大使:
 「アメリカ政府は、日本の靖国参拝に干渉することはない」
・ラムズフェルド長官:
 「中国は日本の靖国参拝への干渉を自制すべき」
・ウォーツェル米中経済安保調査委員長:
 「『歴史認識非難』は単なる対日攻撃手段、靖国参拝、中止すべきでない」
・トーマス・スニッチ氏:
 「中国には日本の戦没者追悼に対し一定の方法を命令する権利はない 」
・アーサー・ウォルドロン氏:
 「事の核心は日本に対し覇権を確立したいという中国の野望」

※参考
要人による靖国神社公式参拝を行った国と地域


アジア
台湾、マレーシア、インド、スリランカ、インドネシア、パキスタン、
イラン、ベトナム、 ミャンマー、タイ、チベット、ソロモン諸島

アジア以外
アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、
オランダ、スペイン、フィンランド、ポーランド、スイス、
ルーマニア、リトアニア、アゼルバイジャン、トルコ 、
スロベニア、オーストラリア、ニューギニア、パラオ、トガ、
アルゼンチン、ブラジル、ペルー、チリ、エジプト、パナマ、イスラエル

計39の国と地域。





↑エンピツ投票ボタンです。読んだら押してくださると嬉しいです。
エンピツ時事/社会ランキング エンピツ総合投票ランキング
Myエンピツ追加




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






名塚元哉 |←ホームページ