ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2006年08月13日(日) 1回だけなら、やらせてあ・げ・る♪

靖国参拝1回限り容認 中韓「安倍首相」念頭に

中国、韓国両政府が、ポスト小泉の最有力候補である
安倍晋三官房長官を念頭に、次期首相の靖国神社参拝について
「在任中は再び参拝しない」との方針を明確にすることを条件に、
就任後の最初の1回に限り容認する意向であることが12日、分かった。
複数の日中、日韓関係筋が明らかにした。中韓側はこうした
「共同対応」について水面下で意見交換した上、
既に日本政府や与党側に非公式に打診しているもようだ。

 安倍氏は靖国参拝に強いこだわりを示しており、
「条件」を受け入れる可能性は低いとみられるが、
靖国参拝については事実関係を明確にしない戦略を取ろうとしている。
今回の中韓による打診は一定の軟化と言え、
今後の中韓と日本の対応によっては、
悪化した日中、日韓関係の局面打開につながる可能性もある。

 中韓は北東アジアの安定、発展のためにも、
小泉純一郎首相の靖国参拝で悪化した対日関係を、
次期政権下で早急に改善する必要性があると認識。
A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社への首相参拝に
反対しながらも、参拝の意向が強い安倍氏が次期首相に就任する可能性が
高い以上、一定の「譲歩」による現実的対応が不可欠と判断したようだ。

 同関係筋によると中韓は、安倍氏が4月に靖国参拝を済ませており、
首相に就任した場合も年内の再参拝はないと分析。
しかし来年は春季例大祭などに合わせ参拝する可能性があるとみている。

 その際に中韓に配慮し、以後は参拝しない判断を示せば、
首脳相互訪問拒否などの対抗措置は取らない構えだという。

 ただ次期首相が中韓の意向を受け入れる形で靖国参拝自粛を表明すれば、
国内で反発が広がる可能性もある。逆に在任中の参拝を継続すれば、
次期政権下での日中、日韓関係の改善はさらに難しい状況となりかねない。

(西日本新聞 2006年08月13日02時14分)


-----------------------------(引用終了)----------------------------

あほらしい。

なんで、自国の戦没者を慰霊するのに、お許しを得なきゃなんねーんだよ。

中韓は嘘つきが基本だから、話を聞くのは無駄。

小泉首相就任1年目に、靖国参拝は15日じゃなければOKと福田氏に打診し、

その言葉を信じて13日に前倒しして参拝したものの、

騙して、猛烈に叩いた国はどこだっけ?

それを目の当たりにした安倍さんがこんな話を信じるわけないでしょ。

だいたい、一回だけならOKというのはどういう理屈なんでしょうか?

いわゆるA級戦犯が合祀されているから、

靖国神社への首相参拝はダメだとさんざん言っておいて、

なぜ、一回だけなら許すとなるのか教えてほしいものですよ。

そもそも、回数で済むのなら誰を祀ってようが関係なかったわけで、

これで靖国参拝は中韓の外交カードに過ぎないことがはっきりとしましたね。




↑ベロが、先っちょのクリームに届かない。
↑エンピツ投票ボタンです。読んだら押してくださると嬉しいです。
エンピツ時事/社会ランキング エンピツ総合投票ランキング
Myエンピツ追加




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






名塚元哉 |←ホームページ