ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2006年04月02日(日) クニウリセブン

産経新聞 2006年4月2日付:産経抄

 昭和五十七年の教科書検定事件は報道各社の誤報から始まった。
高校の教科書に初め「日本軍が華北(中国北部)に侵略」とあったのに
検定で「侵略」が「進出」と書き改めさせられた、と誤って伝えたのだ。
産経新聞以外きちんとした訂正もしなかった。

 ▼その罪は大きい。
だが、コトを大きくしたのは政府や政治家たちの定見のなさだった。
中国、韓国から抗議を受けると右往左往、真偽も確かめないまま、
検定を間違いとする官房長官談話を発表する。
以後、中韓が教科書問題に介入するきっかけを作ったのだ。

 ▼今年発表の高校教科書検定では、
島根県の竹島を「日本の固有の領土」と、
記述を改めさせられたケースがあった。
誤報ではないし、当然の検定である。
これに対し、韓国は日本政府に「遺憾と抗議」を伝えてきた。
ここまでは二十四年前と同じような推移である。

 ▼違っていたのはマスコミや政治家の反応だった。
ほとんどの新聞は韓国の抗議を伝える記事を、ベタ扱いにしていた。
政治家もピクリとも動かなかった。
歴史認識と領土問題との相違はあるにしても、
四半世紀近い間に日本も外交的に一応の「進化」をしたのだろう。

 ▼しかし、少しもそれを感じさせない人たちもいる。
「日中関係を改善するため」と中国へ出かけた日中友好議連などの人たちだ。
会談した胡錦濤主席から「(首相が)靖国参拝をやめれば首脳会談に応じる」
と「内政干渉」発言を引き出してしまったからである。

 ▼今こちらから動けば外交的に利用されるだけなのに、まんまとハマる。
しかも団長の橋本元首相らは、ほとんど反論もしなかったという。
会談は三十一日だった。
「一日早いエープリルフールじゃないの」と言いたくなる稚拙さだった。

-----------------------------(引用終了)-----------------------------

>中国、韓国から抗議を受けると右往左往、真偽も確かめないまま、
>検定を間違いとする官房長官談話を発表する
>以後、中韓が教科書問題に介入するきっかけを作ったのだ。

これは宮沢喜一氏のことです。

この誤報から、日本の教科書検定基準を中韓の機嫌を損なわないよう

特定アジアよりの基準に従わせる「近隣諸国条項」を作ったのです。

これにより、特定アジアは日本の教科書検定にバンバン口を出すようになり、

南京虐殺者数は30万人とか“従軍”慰安婦とか、

不確かな情報を元にした教育が行われるようになったのです。


>今こちらから動けば外交的に利用されるだけなのに、まんまとハマる。

橋本龍太郎は、女性にハメたつもりが、

逆にハニートラップに引っかかりハメられていたわけですが、

今は、好きで自ずからハメられに行っていますからね。

さらに性質が悪いと言えましょう。


靖国参拝の「政治化」回避を 橋本元首相が人民日報で(朝日新聞)

1日付の中国共産党の機関紙・人民日報(海外版)は、
胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席と会談した日中友好7団体の
代表団団長の橋本龍太郎元首相とのインタビュー記事を掲載した。
橋本氏はその中で「小泉純一郎首相による継続的な靖国神社への
参拝は日中関係に良くない影響を与える」と指摘。
小泉首相に対し、靖国神社参拝問題の「政治化」を
避けるべきだと働きかけてきたとも述べた。

--------------------------------------------------------------

橋本は中国の為に最期まで奉仕するよう、改めて念を押されたようです。

ハニートラップに引っかかったが最後、骨の髄までしゃぶられ哀れなものです。

しかし、ネットが普及した今となっては日本国民は騙せません。

時代の変化に対応できないものは消え行くのみ。

本人と中国が気付いてないだけ。


中国スパイ:ドイツ国内で活動活発化、監視を強化

 3日発売予定のドイツ週刊誌フォークスによると、
中国による軍事・経済スパイ活動が活発化しているとして、
ドイツの国内情報機関が中国のスパイに対する監視を強化することを決めた。

 同誌によると、中国のスパイはベルリンの中国大使館の
指令を受けてドイツ全土で活動。
ドイツ社会のあらゆる分野で情報網の構築を進めているほか、
ドイツ在住の反体制派中国人を探し出そうとしているという。

 ドイツ側は中国のスパイへの監視を強める一方で、
少なくとも65人が活動しているとみられるロシアのスパイに対する
監視態勢は縮小させているとしている。(ベルリン共同)

(毎日新聞 2006年4月2日 9時27分)

----------------------------(引用終了)------------------------------

ドイツ


   グッジョブ       ∩     グッジョブヨォォォ!
*:。..   _n        ( ⌒)    ∩__
     ( l.  ∧_∧ /,. /_∧   i ,,E) ..。:*゜
      \ \´∀` ) | | ‘∀‘)/ /∧∧
 . ..。:*゜   \ ⌒  ) ヽ     ,/ (*'∀')b グッジョブゥ
        /    /  |    |   (|  /´   ゜*:。..


遠く離れたドイツでもこの対応なのに、

それに引き換え中国が近くにある日本はスパイが堂々と活動してますからね。

しかも、政治家の中に、自らスパイのような行動をしているアホもいます。

左巻きは、何かといえばドイツを引き合いに出しますが、

んじゃ、ドイツを見習って、日本も早くスパイ防止法を作らなくちゃ。

メールで頂いたのですが、

今日の産経朝刊では中国の対日政策責任者が頼りにする

現役の自民党議員7人のランキングが一面に載っていたそうですね。

それによると、

第1位 河野洋平

第2位 福田康夫
第3位 野田毅
第4位 二階俊博
第5位 加藤紘一
第6位 山崎拓
第7位 高村正彦

だそうです。

これからは彼らのことを「売国戦隊・クニウリセブン」と呼びましょう。

隊長は野中ひろむ で、副隊長は橋本龍太郎です。





↑エンピツ投票ボタンです。読んだら押してくださると嬉しいです。
エンピツ時事/社会ランキング エンピツ総合投票ランキング
Myエンピツ追加



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






名塚元哉 |←ホームページ