ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ









もくじ過去未来

2006年03月23日(木) 拉致問題で強制捜査キタ━━(゜∀゜)━━!!!!!

原さん拉致事件、警視庁が強制捜査…国内協力者を特定

1980年6月の原敕晁(ただあき)さん(当時43歳)拉致事件で、
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体「在日本朝鮮大阪府商工会」の
元幹部で、中華料理店主の男(74)らが関与した疑いが強まったとして、
警視庁公安部は23日、同商工会など6か所を
国外移送目的拐取(かいしゅ)などの疑いで捜索した。

 一連の拉致事件で、警察当局が、国内の協力者を
特定して強制捜査に踏み切るのは初めて。

 公安部は男の事情聴取も進め、来月にも、拉致の主犯格とみられる
辛光洙(シン・グァンス)容疑者(76)と、韓国・済州島に住む
共犯の元服役囚(78)を国際手配する方針だ。

 捜索を受けているのは、大阪市北区の同商工会や
同市天王寺区の中華料理店、元服役囚の関係先など。

 警視庁では、元服役囚の身柄について、日韓犯罪人引き渡し条約に基づき、
韓国政府に引き渡しを求めたいとしている。

 調べによると、中華料理店主の男は、在日本朝鮮大阪府商工会理事長だった
80年6月、辛容疑者や元服役囚らとともに、自分の店で働いていた原さんを
宮崎市の青島海岸に連れ出し、船で北朝鮮に拉致した疑い。
同時に、北朝鮮国内で原さんを拘束している逮捕監禁の疑いも持たれている。

 原さん拉致事件は、85年2月に韓国に密入国した辛容疑者が
スパイ容疑で逮捕され、その供述から共犯者の存在などが判明した。

 公安部は、韓国の公判調書を証拠採用した03年11月の最高裁判例をもとに、
韓国での辛容疑者の公判調書を、今回の事件の証拠にしたい考えで、
店主の男がどの程度、拉致の実行に関与していたかについて事情聴取で確認する。

 原さん拉致に関連して公安部は02年9月、辛容疑者が原さんになりすまして
旅券や運転免許証を取得したなどとして、辛容疑者を旅券法違反容疑などで
国際手配している。

 店主の男を巡っては、大阪府内の府議や市議らでつくる
「北朝鮮に拉致された日本人を救出する大阪地方議員の会」が04年1月、
国外移送目的拐取などの容疑で大阪府警に告発していた。

 店主の男は今年1月、読売新聞の取材に「(辛容疑者のことは)名前を
聞いたこともない」などと拉致への関与を否定していた。

(2006年3月23日14時31分 読売新聞)

「証拠」と「時効」の壁、2判例が破る…原さん拉致

 25年以上も前に起きた原敕晁さん拉致事件には、
「証拠」と「時効」という大きな壁があった。それを突破できたのは、
2002年以降に相次いで示された二つの判例だった。

 今回、自宅などの捜索を受けた中華料理店主の男(74)の存在は、
1985年に韓国で逮捕された辛光洙容疑者の供述で判明した。
警視庁もこの供述を重視し、85年と00年に捜査員を派遣したが、
韓国の捜査当局への供述が日本の裁判で証拠採用される見込みが低いことから、
強制捜査には踏み切れなかった。

 流れが変わったのは、鳥取県・境港で貨物船から覚せい剤が押収された事件の公判で、
最高裁が03年11月、韓国の裁判で事実認定された公判調書を証拠採用したこと。
韓国・大法院は86年、店主の男らが原さん拉致に関与したことを認定、
この公判調書も証拠採用される可能性が高まった。

 一方、捜索容疑となった国外移送目的拐取の時効は7年で、
店主の男は、日本を出国して時効が停止している辛容疑者と異なり、
時効が成立するとの見通しが強かった。

 しかし東京高裁は02年12月、新潟県三条市の女性監禁事件で拉致と監禁を
一つの犯罪とみなし、拉致行為の時効が始まる日を
「監禁が終了した時点」とする判断を示した。

 日本人の拉致被害者も隔離された招待所で監視されていたことが判明しており、
警視庁はこの判例をもとに、「原さんも監禁状態にあり、拐取容疑の時効は
進行していない」として捜索に踏み切った。

(2006年3月23日14時47分 読売新聞)


原さん拉致事件:真相究明さらに強化 安倍官房長官(毎日新聞)

---------------------------(引用終了)------------------------------

やっと、やっと、やっと、拉致に関して強制捜査が行われました。

総連の連中は、今ごろこんな感じでしょうか。

     /∧_/∧      /∧_/∧    オロオロ
   <<``ДД´´;>>   <<;;``ДД´´>>    オロオロ
   //    \\     //   \\ オロオロ
  ⊂⊂((  ヽノヽノつつ ⊂⊂ヽ// )) つつ  オロオロ
   しし((_))       ((_))JJ

『報ステ』では強制捜査を終えた警視庁の捜査員の方々などが帰る所を

動員された工作員が「不当捜査許さないぞ」や「差別するな」の

プラカード持って「帰れ!帰れ!」の連呼で取り囲みでいる映像が放送されてましたね。

面白いのが、プラカードの文字の書かれた表をテレビカメラに向けているのです。

当然、捜査員には真っ白な裏側を見せていることになり、抗議の意味がありません。

なんつーか、メディア対策ご苦労様と言ったところでしょうか(笑)



 今回、強制捜査が入った中華料理店「宝●楼」は事件関与発覚後から

今もなお同じ場所で平然と営業を続けて、

店主のオッサンも平気な顔して国内で生活もしているからすごいですよねぇ。

他の国なら、この「宝海●」は必ず焼き討ちとかにあってますよ。

(やっちゃいけないことだけど。)

中国とかなら絶対にボコボコにされてますよ。

拉致問題でいくらムカついているとはいえ、暴力で報復を加えないというのは、

やはり、日本人の品格からくるものでしょう。


関連(?)リンク:
「●海楼」に行ってきました。


家族写真見せ協力迫る…辛光洙容疑者、総連系元会長に

 1980年6月の原敕晁(ただあき)さん(当時43歳)拉致事件で、
警視庁公安部が主犯格とみている北朝鮮の工作員、
辛光洙(シン・グァンス)容疑者(76)は、
在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の傘下団体の元会長(故人)らに、
北朝鮮に住む子供の写真や手紙を見せて、
身体に危害が及ぶことを暗にほのめかし、
拉致に協力するよう迫っていたことが分かった。

 原さんが働いていた中華料理店の店主の男(74)も、
この元会長の指示をきっかけに拉致に協力していた。
公安部は、店主の男の事情聴取を進め、辛容疑者が、
元会長らを実行グループに引き込んだ経緯を調べる方針。


(以下省略)

(読売新聞 3月23日19時6分更新)
------------------------(引用終了)----------------------------------

3年程前の『ニュースステーション』で元公安の人が、

脅して犯罪に協力させる在日朝鮮人のことを

工作員の間で「土台人」と呼んでいるというのを聞きました。

●【土台人とは。】(メモしたノートより抜粋。)------------------------

在日朝鮮人のうち北朝鮮の出身か、肉親が北朝鮮に現存している者を指し、
またこれらの条件を「土台性」と呼ぶ。北諜報機関は土台性を
有するなかから比較的裕福であり、朝鮮総連に直接的な関係を持たない人物を
選定して接近し、その親族らの身の安全と引き換えに工作任務を強要する。
また韓国籍の人物、帰化人、「日本人妻」の縁戚関係者も
土台性を保有していると考えられる。
拉致工作は、北朝鮮から来た4人1組の工作員を、
10人程度の土台人が幇助するケースが多い。
土台人の中には「拉致現場に土地カンがあり、
道案内やアジトの提供などを行うグループと、
拉致対象者を選定するグループがあるという。

-------------------------------------------------------------------

このように拉致協力者が日本に多数存在していることは間違いありません。

「家族を人質にとられ、脅されて仕方なくやりました。」と言われても、

脅されて犯罪に加担した者を多少は同情しても許してはいけません。

脅した奴も脅されて手伝った人も加害者です。

今後、一部の新聞やテレビニュースが、

脅されて総連の悪事に加担した人は被害者だという

同情を呼びかけるスタンスの報道があるかもしれませんが、

強迫に応じて犯罪に協力した人を多少の同情はしてもいいですが、

当然のことながら、それで罪を相殺してはいけないと思います。

それでは、ことの本質が霞んでしまいますから。

「それはそれ。これはこれ。」と分けて見なくてはいけません。

ただ、拉致に加担したのであれば全て話す事が罪滅ぼしの一つになるとは思っています。

この強制捜査が、世論のガス抜きのパフォーマンスで終らず、

停滞している拉致問題解決のきっかけとなることを切に願います。

関連ニュース:
北朝鮮へ圧力ジワリ(東京新聞)
自民拉致対策本部、安倍官房長官に総連施設の課税減免見直し要請(産経新聞)

おまけリンク:

シンガンス釈放に署名した現職国会議員(06年1月補遺)

土井たか子衆議院 社民党 兵庫7区 (日朝友好議連)(2005年落選)
菅直人衆議院 民主党 東京18区
田 英夫 参議院 社民党 比例 (日朝友好議連)
本岡昭次 参議院(副議長) 民主党(元社会党) (2004年引退)
渕上貞雄 参議院(社民党副党首) 社民党 比例 (日朝友好議連)
江田五月 参議院 民主党(元社民連) 岡山県
佐藤観樹 衆議院 民主党(元社会党) 愛知県10区 (2004年辞職 詐欺容疑で逮捕)
伊藤忠治 衆議院 民主党(元社会党) 比例東海(2005年引退)
田並胤明 衆議院 民主党(元社会党) 比例北関東(2005年落選)
山下八洲夫 参議院 民主党(元社会党) 岐阜県 (日朝友好議連)
千葉景子 参議院 民主党(元社会党) 神奈川県
山本正和 参議院 無所属の会 比例 (社民党除名)(日朝友好議連)

評論家の宮崎哲弥氏によると、自民党の大物議員も釈放呼びかけに関わっているそうです。





↑エンピツ投票ボタンです。読んだら押してくださると嬉しいです。
エンピツ時事/社会ランキング エンピツ総合投票ランキング
Myエンピツ追加







名塚元哉 |←ホームページ