ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2005年09月25日(日) 9条で逝こう!

東京で「女性のつどい」 戦争阻止し日朝早期国交を 韓明淑・ウリ党議員が記念講演

>「戦後60年を問い、東北アジアと日本の未来をひらく女性のつどい」が17日、
>東京都港区田町の女性と仕事の未来館で開かれ、在日同胞、
>日本女性約330人が会場を埋めた。
>まず、開会のあいさつに立った三木睦子・よびかけ人代表が
>「女性が高い理想を掲げ、信念を貫くのは容易なことではないが、
>南、北、日本の女性は互いに手をとりあい、東北アジアの平和な
>未来をひらくために前進して、希望を次代につなぎ運動をつなげよう」と呼びかけた。

>続いて清水澄子・実行委員長があいさつ。
>「90年代に東京、平壌、ソウルで開催された
>『アジアの平和と女性の役割』シンポにおいて、
>南、北、日本の女性の出会いを実現する道を切り開き、
>戦争のガイドラインではなく女性のピースラインを呼びかけ、
>2次にわたって日本の女性120人が訪朝し朝鮮の女性たちと交流。
>日朝平壌宣言にもとづいて過去を清算し、
>日朝国交正常化を実現させようと尽力した」と指摘した。そのうえで同氏は、
>「日本政府は戦後60年を経てもなお、侵略戦争、植民地支配の
>被害者に対する戦争責任、戦後責任を果たしていない」と述べ、
>「真摯に過去の歴史と向き合い、平和と共生のアジアの未来のために、
>日朝国交正常化の早期実現をめざしていこう」と訴えると、
>会場からは割れるような拍手が送られた。

>韓明淑・ウリ党国会議員
>つどいでは韓国初代女性長官を務めた韓明淑・ウリ党国会議員が
>「東北アジアの未来をひらくために」と題する記念講演を行った。
>同議員はまず、日本の総選挙で小泉首相率いる自民党が圧勝した
>点に触れて「韓国では日本が今後、いっそう右傾化し、
>首相の靖国参拝が再開され、自衛隊が強化され、
>憲法9条が改悪されるのではないかという警戒感が強まっている」と述べた。

>さらに、「日本の憲法9条は、アジアに多くの不幸をもたらした日本が
>再び侵略戦争に手を貸さないと国際社会に向かって表明した約束だ」と指摘し、
>「その約束を破り、日本が米国と一体となって『戦争をする国』になれば、
>東北アジアには戦争の危機が高まるだろう」と警鐘を鳴らした。

>また、朝鮮半島情勢に触れて「6.15共同宣言によって、
>南北関係はとてつもなく変わった。
>この5年で政治、経済、文化、軍事のあらゆる分野で対話が実現し、
>南北は平和統一、和解と協力の道を歩んでいる」と強調。
>「それなのに、日本だけが平和ではなく、戦争の道に突き進んでいる。
>憲法改悪は日本の国内問題に止まらず、東アジア全体に脅威を与えるもので、
>国際的連帯行動によって、この動きを阻止すべきである」と力説した。
>そして、以前の戦争には勝者と敗者がいたが、21世紀の核戦争は、
>人類が全滅する戦争であると強調し、
>「力をあわせて戦争を阻止しなければならない」と訴えた。

>つづいて、土井たか子、石毛子両前衆院議員、内海愛子・恵泉女学園大学教授、
>櫛渕万里・ピースボート共同代表らによるシンポジウムが開かれた。

>土井氏は「選挙期間中、戦争色が強まる日本の状況を心配する人が多かった。
>『平和なくして暮らしなし』。戦争に勝つというのは、手段を選ばず、
>大量殺りくをするということだ。その悲惨さを知っている一人として、
>不戦と平和の大黒柱として、今後も自由に活動していきたい」と述べた。

>また、内海教授は「日本と南朝鮮は米国の占領下で戦後の歩みをはじめたが、
>南は長い闘いによって、民主化を実現した。
>日本は、戦前の政治家が戦後も居座り、A級戦犯だった岸が首相にもなった。
>米日によって、朝鮮半島の分断が固定化され、
>朝鮮への植民地支配の責任も、加害意識も追いやられてしまった」と強調した。
>さらに同氏は「90年代に噴き出した『日本による侵略戦争はなんだったのか』
>というアジアからの問いに真摯に耳を傾け、
>アジアと日本の間にある歴史認識の深い溝を埋める努力を
>一人一人が積み重ねよう」と呼びかけた。

>石毛氏は、「長い間、国会で戦後補償問題に取り組んできた。
>選挙での敗北は残念だが、
>今後は院外で政治の変革の力を生み出していきたい」と語った。

>櫛渕氏は、今夏行われた「コリア・ジャパン未来クルーズ」の経験を語りながら、
>「東アジアの真の平和構築と日朝国交正常化、米朝国交正常化を
>めざす共同の空間を若者の力で作っていきたい」と力強く述べた。

>つどいでは、アジア女性と連帯する朝鮮女性協会から
>寄せられたメッセージを金昭子・女性同盟中央委員長が紹介した。

>18日、福岡市でも「女性のつどい」が開かれ、310人が参加した。

----------------------------引用終了-------------------------------

三木睦子、清水澄子、韓明淑・ウリ党国会議員、

土井たか子、石毛子両前衆院議員、

内海愛子・恵泉女学園大学教授、櫛渕万里・ピースボート共同代表、

金昭子・女性同盟中央委員長

なに、この『怪獣総進撃』並みの左巻きオールスター売国の祭典は。

>「真摯に過去の歴史と向き合い、平和と共生のアジアの未来のために、
>日朝国交正常化の早期実現をめざしていこう」と訴えると、
>会場からは割れるような拍手が送られた。


国交正常化をすれば、北はテロをやめて人権を守る

平和国家になると思ってるのでしょうか。

こいつ等も、北は日本人拉致被害者を即時帰国させ、

その上で日朝国交正常化をと訴えれば、まだ理解が得られるだろうに、

先に国交正常化ありきだからな、単なる金豚の伝言役にすぎません。

そういや、この集会に出てる金昭子は北朝鮮の国会議員でしてね。

こちら参照


>日本だけが平和ではなく、戦争の道に突き進んでいる。

この人たちは妄想狂ですか。

ことあるごとに「日本は右傾化してる」とか、

「日本は軍国の道に進んでいる」と言うけれど、

その最大の要因を作り出しているのは、

拉致したり、核開発をしたり、日本に核ミサイルの標準をあわせたり、

台湾と戦争を始めるんじゃないかと思わせるほどの軍備増強、

領海侵犯を日常的にやってたりと、

日本人に苛立ちや危機感を持たせてるのは、

あんたら祖国や大好きな国々でしょーが。

どうして日本だけが無防備でいなくてはいけないの?

憲法改正を言っている自民、民主も戦争をするとは一言も言ってないでしょ。

万が一の有事の際に日本が被害を最小限に食い留められるよう、

時代に合わせて9条を改正しようってだけなんですが、

正当防衛することすら認めないなんてねぇ・・・。


>さらに、「日本の憲法9条は、アジアに多くの不幸をもたらした日本が
>再び侵略戦争に手を貸さないと国際社会に向かって表明した約束だ」と指摘し、

憲法9条を含めた日本国憲法は、占領米軍が日本弱体化のために、

たった9日間で作った物です。

しかも、憲法作成メンバーは、アメリカの陸軍将校11名、海軍士官4名、

軍属4名、秘書を含む女性6名の25名で、憲法の専門家は一人も居ません。

即ち、素人集団に憲法を作られせました・・・こんな馬鹿げた事はありませんよ。

だいたいこのメンバーに選ばれた人でさえ後に、

「このようなことはとても不幸な事だと思いました。
外国人によって起草された憲法は正当性を持たないと思った。」と言ったほど。

憲法制定の現場に立ち会った白洲次郎氏も

「憲法にしろ色々の法規は、米国でさえ成立不可能な様なものを
どしどし成立させ益々得意を増していった。
        (中略)
はじめて化学の実験をした子供が、試験管に色々の薬品を入れて
面白がっていたと思えばまあ大した間違いはなかろう」と皮肉ってます。

詳しくは『白洲次郎 占領を背負った男』を読んでみてください。


>土井氏は「選挙期間中、戦争色が強まる日本の状況を心配する人が多かった。

土井たか子は落選して暇になったんだから、

こんな閉ざされた場所で、同じ思想の奴等とつるんでばっかりいないで、

さっさと拉致被害者家族に謝罪しに各家庭を周れよ!

特に、有本さん、石岡さん、松木さんのご両親の前では、

頭を地面にこすりつけて土下座しろ。


大好き9条でいこう! 新婦人が要求小組フェスティバル

>娘と孫と一緒に参加した女性=千葉県=は、「女性のパワーにびっくり。
>孫たちが銃をつきつけるなんて絶対にイヤ」と話していました。

-----------------------(引用終了)---------------------------

そんな可愛い孫たちが、「銃をつきつけられる」のはOKなの?

こんな近代兵器が発達し、ボタン一発で他国を攻められる時代に、

なんで戦争=国民皆徴兵って時代錯誤な発想になるんだろーか。

それに、今の心身ともに弱体化した日本人なんて、

徴兵しても役に立たず、足手まといになるだけですよ。

そして、軍隊を持っていようが、戦争をしていない国のほうが多いのに、

憲法改正=即戦争という発想に至るのも理解が出来ません。

護憲を叫ぶ人達の多くは、

「現在の日本国民の平和や幸福のためには何が必要なのか?」という

根源的問題に対して、現実を見つめ考えることをしません。

考える前に「軍隊はいらない」とか「無防備なら攻めてこない」とか

「相手に話せば分かる」いうことを無批判に原則に据えるので、

現実世界の実態と乖離した「夢想的な話」になってしまい、

本気で考えているのか疑わしいほど「バカな話」になってしまうのです。

なぜかこの人達は、中国など隣国の軍事拡張路線には何も言いません。

本当に世界平和を求めるなら、そういう国にも抗議するはずだし、

日本でばかり集会してないで、他の国々で9条の良さを広め、

その国の憲法に9条を盛り込ませるムーブメントを作る集会をしないのか。

そういう点を踏まえると、

最近は、普通の本屋にも出回り始めてる『スイス政府の民間防衛』の中で、

外国の謀略組織の活動の一環として

「青年団体」「婦人団体」「平和団体」が使われると書かれているのを見て、

なるほど、どこの国でも同じなんだなあと思いました。

スイスなんて非武装中立の平和国家ですが、

きちっとした武力があった上での非武装中立の平和国家です。

平和を守るための覚悟が、

日本の平和論者のような幼稚なお花畑理論とまるっきり違います。




↑良かったら押して下さいまし。
Myエンピツ追加




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






名塚元哉 |←ホームページ