V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2018年11月14日(水) KURATA PEPPERの感動話助けに行って学んだこと

NGOでカンボジアのキャンプに参加した倉田さんは、現地で「君は何の専門家か?」と問われる。それは「君はこのキャンプで何ができるのか?」という問い。しかし、彼が学んだ経済学はここでは何の役にも立たない。あまりも不衛生な状況で、料理はできない、配膳もできない…そこで立ちすくんでいると、「邪魔だ、あっちへいけ」と邪魔者扱いされた。そんな電気もガスも水道もなく不衛生な状況下でも、カンボジアの人はようやく訪れた平和に、元気に笑って生きていた。そして「自分は生きるってことを学んでこなかった。自然と共に逞しく生きているこの人たちに学ばなきゃ」と誓い、NGOに就職する。人は「今日よりも明日は良くなる」と信じられるとき、キラキラした笑顔になるというが、今の日本人に欠けているのが未来への希望だろう。カンボジアの人たちの笑顔に惹かれた気持ちがよくわかった。


酒井英之 |MAILHomePage

My追加