江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2019年10月25日(金) ゆるやかに滅びるということ        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan




 勉強しない生徒がいる。もちろん勉強するかしないかは本人の選択であり、本人が全く勉強したくないということならその結果手に入る運命を甘受する覚悟も必要なわけである。努力すべき時期、人生でいうと13,4歳から18歳くらい、中学高校の時期にどの程度勉強したかでどの大学に入れるかということは決まるし、それによって現代社会の中での一つの階級も形成されていく。

 オレの両親は中学卒で、オレが18歳だった頃はまだ大学や短大の進学率は3割もなかったと思う。高卒で働く者も多く、オレが通っていた地域トップの進学校の公立高校でさえ、公務員になる者もいたし、三越百貨店に就職した者もいた。全員が大学進学ではなかったのである。

 今は逆に進学校の親のほとんどが大卒である。それも有名難関大学が多い。その一方でその子どもはろくに勉強しなかったりする。スマホもあるし、任天堂スイッチとかもあるし、遊びの多様さは比較にならないわけで、こんな環境で「勉強する」ためにはよほどの克己心を必要とするのかも知れない。

 そういう進学校の中で「何も勉強しないで毎日遊んで暮らす」ということはどういう意味があるのだろうか。カッコよく言えば社会への反発や抵抗であり、カッコ悪く言えばただの怠け者である。そしてたいていは後者である。何も考えずのんべんだらりんと遊んでいるのである。だって遊ぶほうが楽しいのだから仕方がない。

親が努力して大学に入ったからといって、その子どもが努力できる人になるとは限らない。能力は遺伝するが、努力は遺伝しない。親が努力家でも子は腑抜けやヘタレということは往々にして発生するのである。生まれたときから豊かな生活の中で過ごすと人間はヘタレになるのだ。

 勉強を本気でやらない奴ほど、勉強しているフリはする。自習時間に必死で問題を解いてる生徒もいれば、ただぼんやりと単語集を眺めて、そう「眺めて」過ごしている生徒もいる。眺めているだけで知識になるとでも思ってるのだろうか。彼らは勉強の「フリ」をしているだけなのである。それで世の中が渡っていけると思ってる勘違い野郎なのである。勉強の厳しさをちっともわかってないのだ。

 塾に通うことと、塾のテキストに必死で取り組むことはイコールではない。塾に通っていてもただそこで無駄に時間をつぶしているだけという者も多い。授業中に寝ている生徒はそこで稼いだ睡眠時間分の勉強を家でするわけではなく、家ではその分ゲームなどをしていることが多い。

 知識は待っていれば勝手に身に付くものではない。必死で努力してもぎ取って、自分の栄養にするために必死で守らないいけないのである。数学が苦手なら必死で問題を解きまくるしかないし、英語が苦手ならとにかく時間をかけるしかないのである。読んで、聴いて、書いて、また読んで・・・と無限ループなのである。単語集を眺めて勉強した気分になってる楽天家や、小テストの瞬間だけ覚えてすぐに忘れるような馬鹿が入れるほど大学は甘くないのである。

 何もしないで日々を過ごして、ゆるやかに滅びるという選択をした者たちは10年後、20年後にどうなっているのだろうか。その頃には核戦争で世界が滅びているかも知れない。滅びゆく未来を予測して今遊んでるのなら、もしかしたら彼らが勝ち組で、じたばたしてるオレの方が馬鹿なのかも知れないが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン