江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2015年11月29日(日) 紅白にどうして「ももいろクローバーZ」を出さないのか        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan



 オレはオッサンだが、アイドルの女の子たちが好きだ。「AKB48」の女の子たちが白い水着で踊るPVを見ると長生きしていてよかったという幸福感に包まれるし、歌って踊っている美少女たちを見ているとそれだけで満足である。そうしたアイドルたちの中でも「ももいろクローバーZ」は特にいいと思う。それは彼女たちの出ていた映画「幕が上がる」を観たからである。

 オレは高校演劇の世界の知識は全くないのだが、映画を見終わった後ですごく演劇を見たいと思った。こういう世界が存在していることを知ってものすごく感動したのだ。オレの知らないところで必死でがんばっていた高校生たちがいたということに。そして、その世界を見事に伝え、演じきってくれた「ももいろクローバーZ」の女の子たちに深く感謝したのである。

 その彼女たちが、一ヶ月後に迫ったNHK紅白歌合戦の出場メンバーから漏れたということを知ってオレは愕然としている。3年連続で紅白に出場していた彼女たちが、今年は絶対に紅白で、映画「幕が上がる」の主題歌に使われた「青春賦」を歌ってくれると期待していたからである。なんということだ。オレは通勤のクルマの中でこのお気に入りの「青春賦」を何度聴いたことだろうか。

 出場メンバーのなかには、「常連」と呼ばれる演歌歌手たちが大勢いる。どうして和田アキ子はいつまでも出続けるのか。オレにはわからないのである。もう昔の人達はまとめて引退してもらえばいいのである。和田アキ子より「ももクロ」の方が100倍出る価値があるとオレは思うのだ。ちゃんと第一線で活躍し、コンサートには多くの観客を集め、「男祭り」(男性客限定コンサート)などで話題性もあったのにどうして評価されなかったのかとオレは不思議に思ったのである。

 メンバーによる「卒業宣言」を聴いていてオレはさらに不思議な気分になった。どうして「なんで落としたのか」と抗議してくれないのか。選ばれなかったことに対して泣いてくれた方がまだスッキリする。泣いて抗議して、そしてろくにヒット曲もないもう時代遅れのババアたちを出し続けるNHKに対して怒ってくれた方がずっとよかったのにと思うのだ。

 NHKの受信料の支払い拒否をしている人達はこう言ってやればいい。「ももクロを落選させるNHKなんてゼニ払う価値ありませんわ」それは十分に支払い拒否の根拠になるとオレは言いたい。

芸能界は伏魔殿である。多くの芸能人が暴力団と深いつながりを持ち、麻薬や覚醒剤に汚染されている。映画のヒロインに選んでもらうためには本人の資質や能力よりも所属プロダクションの力関係や根回しが優先される。来春公開される映画「ちはやふる」のヒロインが広瀬すずと聞いてオレは「全然違うやろ!」と思ったが、原作者の意向やアニメのヒロインの醸し出すムードなんかよりもずっと大切な条件が必要なんだろう。そういうことはオレのような部外者には全くわからない。「全然違うやろ」というイメージの俳優を起用した結果大きくコケた映画はたくさんある。役に全然合わない俳優を使わないといけない監督も本当に大変である。

大晦日、オレはとりあえず紅白は観るが、それはもちろん録画して置いて観るのである。そうすれば興味ないオッサンやババアの歌ってるところはすっ飛ばして好きなところだけ視聴できるからである。その時間は他局の番組をしっかりと観ることになるだろう。

 毎週決まった時間にテレビで同じ番組を観るという視聴スタイルは完全に崩壊した。それなのにいまだに視聴率何%だとほざいてるテレビ業界にはもううんざりだ。視聴率が低くでもいいドラマはたくさんあった。低視聴率だった「表参道高校合唱部」はどれほどオレの心を打っただろうか。東野圭吾原作の「白夜行」の映画版(堀北真希主演)は全然ダメだが、綾瀬はるかの出ていたドラマ版はすばらしかった。どの時間、どの曜日に放映されるのか、並行してどんな番組が放映されているかという条件だけで簡単に視聴率という数字は変わる。そんなものに絶対的な価値はないのである。そんなことを気にしているおまえら放送業界の人間がますますテレビをつまらなくしてしまっている。

 そうして「紅白歌合戦」という権威ある伝統番組もまた芸能プロダクション間の利権争いの場と化していてますますつまらなくなっていくのである。全くくだらない、馬鹿馬鹿しいことだとオレは苦々しく思っている。その結果テレビを観ないでネットの動画サイトばかり観てしまうのである。オレと同じ行動を取ってる人はきっとものすごく大勢いるだろう。テレビをつまらなくしたのはテレビ業界の人間である。自分たちがその元凶であることに連中はどれだけ気づいてるだろうか。全く気づいてないのだろうか。

P.S. 映画「幕が上がる」の中で劇中劇として演じられる「銀河鉄道の夜」も本当にすばらしい。ネット上ではその部分をつなぎ合わせた動画もあったと思うので検索してぜひ御覧になってもらいたい。 

劇中劇「銀河鉄道の夜」


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン