江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2013年04月08日(月) 飛行機の体重別運賃に賛成だ!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは以前から「デブから税金をとれ!」と主張してきた。ふとってるヤツにはどんどん税金を掛けて、それが嫌ならダイエットさせればいいのである。体重の重たいヤツはそれだけ交通機関に負荷をかけてるわけだからゼニを払うのも当然だ。
 なんと、それを実際に導入した国があったのだ。

「公平だ」体重1キロ当たりで航空運賃54円
 南太平洋の島国サモアの航空会社が、乗客の体重に応じて運賃を決める仕組みを導入し、注目されている。
 同社経営者は「座席ごとの一律運賃よりも公平だ」と胸を張っている。
 ロイター通信などによると、国内線は1キロ・グラムあたり1・32タラ(約54円)などの単価を設定し、路線別に運賃を決定。予約時に体重を申告し、搭乗時に計測する。昨年11月の導入後、特に子供連れ客に好評だという。サモアは国民の86%が肥満との調査もあり、保健当局者も「ダイエットの励みになる」と期待している。(シドニー支局)
(2013年4月8日15時06分 読売新聞)

 
 なるほど。サモアは肥満率がとても高いらしい。

 面白いのはこの「予約時に申告」して、搭乗時に計測という仕組みである。ということは予約時に少ない目にしておいて、必死でダイエットすることも可能なのである。なんとも面白いのである。

体重別運賃制度が世界の標準になれば、オレのように小柄な人間はものすごく得をするのである。世の中のいろんなことを体重基準でやってもらって、でかいヤツが損をして、スモールイズビューティフル!なんて風潮になれば嬉しいのである。

 でかいヤツというのはそれだけたくさんものを喰ってるわけだから、きっと収入も多いだろう。だったら税金もかけていいはずだ。体重別運賃の次はぜひ体重別税金を導入して欲しい。そうしてオレのような軽量級は免税や非課税とかになってくればものすごく嬉しいのである。まあそういうわけで、ようするにオレは自分が得をすることしか考えてないのである。卑怯なオッサンなのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m         投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン