江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2011年07月31日(日) 女子校のままでいいじゃないか        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 男子校には男子校の、女子校には女子校の良さがあるとオレは思うのである。もちろん共学が好きなら共学に行けばいい。ただ、男子校女子校というのはたいてい私立学校であって、特に東京や大阪のような大都市では公立で男子校や女子校というのは珍しい。ただ地方に行けば浦和第一女子高校、前橋女子高校、前橋高校(男子)などがある。地方ではまだ公立であっても男女別学のニーズが存在するということかも知れない。

 オレが高校3年生だった頃、教室で国立大学の中の女子大のことが話題になった。奈良女子大の入試要項には「男子の受験を禁ず」とは書いていないということで私は級友たちから「おまえは女装して奈良女子大を受けろ!」と言われた。合格してから男だということをカミングアウトして、そこで「国民の税金で運営されている大学は広く門戸を開く義務がある。たかが性別などで入学希望者を差別してはならない」と主張すればニュースになったはずである。何度か模擬試験で志望校のところに「奈良女子大・理学部」を書いてみたが常に合格可能性はA判定で、いつも全志願者中の1位だった。オレには受験したとして成績では絶対に落とされることはないという自信があった。しかし、オレは奈良女子大を受験することはなかった。そのくだらない冗談企画のために人生を賭けるのも馬鹿馬鹿しいと思ったからである。

 熊本県にある熊本県立第一高校は、男女共学なのに元が女子校だったということで志願者が全員女なんだという。これは奈良女子大と同じケースのような気がするのだ。門戸を開いているが結果的に女子のみになってしまっていて、それで世間では「女子校」として認知されているというパターンである。だったらそれでいいじゃないかと思うのである。読売新聞の記事を引用しよう。

女子しかいない34年…共学高が男子獲得作戦
 男女共学をPRする熊本県立第一高のポスター 男女共学なのに女子しかいない――。


 熊本県立第一高(熊本市、1086人)で、そんな状態が34年も続いている。戦前、女学校だったイメージが根強いことが要因。2年後の創立110周年を控え、学校や同窓会は中学校を訪問して受験を呼び掛けるなど異例の“男子獲得作戦”に乗り出した。
 同校は戦後の1949年度に女学校から共学化された。男子は少しずつ増え、52年度には全校生徒の約2割の約300人に。しかし、それをピークに減少し、77年度に3人が卒業して以来、ゼロとなった。
 同窓会役員は「女子校のイメージに加え、54年度に学区が広くなり、ほかの学校を選びやすくなったことも影響したのでは」と言う。
 男子獲得の取り組みは、2010年春に赴任した森塚利徳校長が同窓会役員と学校運営について話す中で浮上。「男女はそれぞれ良さがある。共学を実現し、互いに刺激しあいながら活性化を図ろう」と一致した。
 同窓会は同年11月、男女共学推進委員会を設置。奨学金制度(各学年定員5人)に、12年度から男子限定枠(同2人)を新設することを決定。さらに、100近くの学習塾をまわり、受験を要請した。
 一方、学校側は今年度、中学校に受験を直訴する初めての要請行動を計画。森塚校長や同窓会役員が今月、熊本市内を中心に中学校約50校を訪ね、国公立大学への進学率が高いことや、市街地に立地し通学の利便性がいいことなどをPR。同窓会の奨学金制度の拡充についても説明した。
(2011年7月30日17時55分 読売新聞)


 入学者が女子しかいないことのどこが困るのだろうか。その方がいいじゃないか。女子しかいないからと安心して入学してきた女生徒も大勢いるはずだ。そんなところに不潔でむさ苦しく屈折した煩悩のかたまりのような馬鹿男子生徒を入学させる必要など全くないのである。そんなことをすれば同窓生たちが怒るだろう。そもそも大勢のOGたちは男子の入学を願っているだろうか。

 男女共学という建前はあっても実際には女子しか入学していないというのは稀有の状況なのであり、わざわざそれを変える必要などどこにもないのである。中途半端な人数の男子が入ってきたとしてどうやって体育の授業などをするのか。まさか一緒にやるわけにもいかないだろう。その結果教員配置の点で新たな問題が出てくるのだ。男子が5人しかいなくても女子と一緒に体育実技をするわけにはいかないので、教員を増やす必要が出てくるのである。

 オレは女子校が好きだ。女子校というのはこの世に残された最後のパラダイスだ。できることなら女子校に移籍したい。女子校の教員になりたい。目の前にいるそのブサメンが女子校の教員と言うだけでオレは許せない(実は羨ましい)と思うのである。その貴重な楽園が「学校経営」というつまらない問題のためにどんどんつぶされてしまっているのである。こういう流れは断固阻止しないといけない。

 熊本第一高校は女子校のままでいいじゃないか。それが伝統である以上、その伝統を貫かせればいいのである。誰も何も困らないのである。むしろ困った事というのは中途半端に男子の入学者がやってきた時に起きるのである。伊達や酔狂で受験するオレのような変人が熊本県にはいなくて、みんな良識的な判断を下すからこういうことになっているのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン