江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2011年07月12日(火) 大阪府の公立高校に未来はあるか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 大阪府の公立高校の入試制度は大幅に変わった。そして私立高校に通う生徒への授業料の助成制度もスタートした。その結果どうなったのか。成績上位層が公立高校に戻ってきて、その一方で偏差値の低い公立高校は定員割れし、その生徒たちは私学へと流れたのだった。「どうせタダになるんやったら私立に入れるわ」という大阪らしい発想である。「うちの子、勉強嫌いやし府民の税金使わせるのもったいないわ」と思う人は少なかったのだ。ふだん出席している生徒が定員の1/4しかいない公立高校も出ている。新聞にはこういう記事があった。




 橋下知事は「校長や教員が努力して生徒を集めないといけない」と語る。しかし偏差値30〜40といった公立高校にどのような努力ができるのだろうか。どこまでなりふり構わずに個性化できるのだろうか。

 たとえば極端に校則を緩くすると言うのはどうだろうか。タバコや飲酒くらいでは停学にもならず、制服もなく、どんな髪型でもどんな服装でも自由にして、顔中にピアスの穴が開いていたり、肩に刺青があってもOK、バイクや自動車での通学も可なんてことにすればその自由さを選ぶ生徒が集まるかも知れない。しかしそんな学校で教える教員は大変だろう。ドラマ「ごくせん」に出てくるワルたちは義侠心溢れる魅力的なツッパリたちだったが、現実のワルたちはただの傍若無人なアホばかりである。そういう生徒を集めた学校を作れば犯罪者養成所になることは間違いない。

授業が午前中しかなくて、午後からはみんなバイトに行けるような学校はどうだろうか。コンビニコースや外食コースなどを設けて、外でバイトしている時間も「職業体験」などの科目ということにして単位認定するのである。経済的に苦しい家庭の子弟も堂々とバイトで生活費を稼ぐことができる。午前中の時間を職業教育にあてればなお効果が上がるかも知れない。

 留学生を多数受け入れて多国籍化をはかるというのも面白いかも知れない。ただ、その費用をどこから出すかということになる。ゼニを出してもらえなかったら実際のところ何もできないのである。校長や教員がいくら知恵を出したところで、何かをするには必ずゼニがかかるのだ。個々の教員の努力だけではなんともならないのである。

 生徒が集まらなかったらどうなるのか。その学校は統廃合の対象となる。「生徒が来ない」=「魅力がない」ということになり、どんどん廃校にされてしまうのだ。その結果橋下知事の狙い通りに「公務員(教員)の削減」ということが実現するのである。ストレスを抱えて病気になり、辞めていく教員も多い。しかも橋下知事が給与をどんどん引き下げたので、報酬が仕事のハードさに引き合わないという状況になってしまった。そうなるとますますいい人材が集まらず、学校の魅力はなくなってしまうのだ。それではどうすればいいのか。どうにもできないのである。

 公立高校の上位校でトップ10に選ばれた高校はどこも人気を集めた。高い競争率でレベルの高い生徒が集まったのである。これまで大学進学の意欲の高い生徒を専願で確保できた私立の上位校はかなりの生徒を公立上位校(トップ10)に奪われることとなった。その一方でこれまで生徒集めに苦労していた私立の低位校は、公立が定員割れしている分の生徒を分捕ることに成功したのだ。今後、私立高校が生徒を確保して生き残るためには、成績の低い生徒もなりふり構わずかき集めるという方針を持つしかなくなったのである。橋下知事は成績上位層→公立、成績下位層→私学という棲み分けを狙ってきたのである。

 この改革が成功するのかどうかオレにはわからない。私立高校に通う生徒への授業料補助という政策がいつまで維持できるのかということもある。結果が明らかになった頃にはオレはもう停年退職しているだろう。かつてオレが通った頃の高校には人間的な魅力に溢れるすばらしい教師がたくさんいた。すべてを左右するのはやはり「人」なのである。教育を制度や入れ物やゼニの問題としか考えてない橋下知事のやり方をオレは危惧している。しかし、府民の圧倒的多数の支持を得た彼の独裁はまだまだ続くのである。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン