江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2010年11月09日(火) 老人のパチンコを禁止しましょう        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは以前からパチンコ店の非合法化を訴えている。日本中に存在するパチンコ屋というのは貧乏人からの搾取装置であり、そのゼニは北朝鮮に送金されたり暴力団に流れたり政治献金になったりしている。生活保護受給者の中にはすることがないので朝からパチンコ店に入り浸ってる連中も多い。もしも日本からパチンコ屋をすべてなくせば、そんなつまらないことに浪費されてるゼニがまっとうな使われ方をするようになって景気が良くなることは確実だというのがオレの持論だ。

 そのパチンコ屋が老人に狙いを定めて搾取しているらしい。朝日新聞の記事を引用しよう。

パチンコ熱中のお年寄り急増 年金つぎ込み家族借金も (1/2ページ)2010年11月8日5時0分
 パチンコに熱中するお年寄りが急増している。独り暮らしの寂しさをまぎらわせるためだったり、定年後の毎日の退屈しのぎだったり。3年前の規制強化でギャンブル性の高いスロット機が禁止され、客離れが深刻になっている業界も、高齢層からの集客に「生き残り」への期待を寄せる。借金を重ねて大金を浪費する依存症も目立ち始めており、新たな社会問題になろうとしている。
 10月15日、東京都板橋区の私鉄駅に近いパチンコ店は白髪の目立つ高齢客で埋まっていた。
 「オススメ台」の札がかかる台の前を行き来していた女性(79)は近くで独り暮らしをしている。階段がつらくて遠出ができなくなり、数年前から月数回、この店に通っている。年金は月額約11万円。この日は下ろしたばかりの2万円を持って来た。「お金はかかるけど、ほかにやることもないので。顔なじみに会って気が紛れるのもいい」
 偶数月の「15日」には、2カ月分の国民年金と厚生年金が全国一斉に支給される。どの店舗でも、この日は年金を元手に遊ぶ高齢者で台の稼働率が2〜3割上がるとされている。
 公益財団法人「日本生産性本部」(東京)が15歳以上の男女を対象に調査した結果によると、60歳以上のパチンコ遊技人口(推計値)は過去10年間は200万〜300万人で推移していたが昨年は急増し、約430万人にのぼった。遊技人口全体の25%を占めている。
■広がる「依存症」 弁護士らに相談相次ぐ
 パチンコ店通いのために借金を重ね、家族関係をも崩壊させる――。お年寄りたちにもそんな「依存症」の広がりが心配されている。
 弁護士や司法書士でつくる「依存症問題対策全国会議」(事務局・熊本市)には最近、高齢者の家族らからの相談が相次いでいる
 70代の義父について相談してきた熊本県の男性は「家族内で救おうとしたが、どうにもならなくなった」と打ち明けたという。義父は退職後にパチンコ通いが激しくなり、老後の蓄えを使い果たし年金にも手を出し始めた。立ち直らせたくて援助するうち、自分もヤミ金融などに300万円の借金を抱えた。
 患者数の正確な統計はないが、専門家の間では、パチンコ依存症は全国で100万人以上にのぼると試算されている。全国会議代表幹事の吉田洋一さん(74)は「高齢者の場合、パチンコが唯一の趣味になっていることが多く、依存症であることを自覚できていないため問題が表面化しづらい」と話す。(小寺陽一郎)


 この記事にもあるように、パチンコが娯楽ではなくてギャンブルである以上必ず依存症が存在する。その依存症は家族を巻き込んで悲劇を拡大するのである。そうしてゼニを使い果たした馬鹿な老人は今度は生活保護受給者に転落してしまうのだ。パチンコではなくてプレイステーションや任天堂DSの依存症ならそれほどゼニもかからないのでたいしたことにはならないのだが、なぜか老人たちはパチンコにのめり込むのである。

 かといって老人が出会い系にのめり込むのもまたいろいろと問題が多いだろうし、健全な趣味や娯楽に打ち込んでくれればいいのだがそういうわけにもいかない。体力が落ちてるのに登山に熱中して遭難という場合もある。一番いいのは孫と遊んでくれることなんだが、独居老人の場合はそういうわけにもいかないのである。

 記事によれば60歳以上の老人がパチンコ客の25%を占めるという。パチンコ屋にとってもこの老人たちから搾取することで経営が成り立ってる側面があるのだ。いかにして搾取を維持し続けるかである。

 これから高齢者はどんどん増える。ところが高齢者福祉のために使えるゼニには限りがある。その限りあるゼニがパチンコなんかに吸い上げられてしまうのである。それがどれほど馬鹿馬鹿しいことであるかはオレがいちいち書くまでもないだろう。パチンコ屋の非合法化が無理ならば、未成年者と60歳以上の入店を禁止するルールでも作って取り締まらないとダメである。ルールを破って入店する不良老人からは年金の受給権を剥奪するとかの罰を与えればいい。老人は老人らしい趣味に打ち込めばいいのである。図書館で静かに本でも読んでいればゼニもかからないし、同じように図書館に本を読みに来ている老人どうしで恋が生まれるかも知れないのである。その方がゼニが掛かって不健康なパチンコよりもよほどいいのである。高齢者パチンコ禁止条例でも制定してもらいたいぜ。ただ、大阪の場合はカジノで街おこしなんて馬鹿なことを考えてる橋下知事がいるからきっとダメだと思うのだが。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。"/←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン