江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2010年04月15日(木) 楽天のぼったくりを批判する!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 オレは自分のWEBサイトや日記、写真ブログにアフィリエイトのリンクやバナーを貼り付けている。そこから経由してアマゾンや楽天市場でお買い物をしてくださったりする読者の方々が存在することを期待しているからである。楽天市場の場合、これまではアフィリエイトの手数料収入は楽天ポイントで支払われていた。つまり、オレはそれによって得た楽天スーパーポイントを用いて、上海問屋の互換インクを購入したり、ケンコーコムで無添加の粉石けんを買ったりしていたのである。

 楽天市場のアフィリエイト手数料報酬支払い方式が4月から変更になった。3000円を超える場合はその超えた分に関しては楽天ポイントではなくて楽天キャッシュで支払われることになったのだ。そのためにオレはわざわざイーバンクの口座を開いてそれに備えたのである。3000円を超えている月も過去にはあったからだ。上海問屋の互換インクが好調に売れていたこともあって1月分の手数料報酬は3000円を超えることとなり、4月に入って加算されたのは楽天ポイント+楽天キャッシュとなっていた。

 後はその楽天ポイントと楽天キャッシュを使えばいいのである。ところがオレは3月にインクも粉石けんも買ったばかりで当面は買うモノがなかった。楽天キャッシュは楽天@ポイントとは違って現金化しての払い戻しができるということになっている。オレはそのポイントをゼニに換えて、ささやかながら投資資金に回してさらに増やしてやろうと思いつったのである。それで楽天ポイントナビというページにアクセスしてその手続きを始めた。そこでオレは愕然としたのだ。なんと、楽天キャッシュを現金に転換する際に手数料が10%も引かれてしまうのである。なんということだ。

 せっかくアフィリエイトでちまちま稼いだものが、こうして一瞬のうちに10%失われてしまうのである。楽天は労せずして1割をピンハネできるのである。なんということだ。オレはあきれて手続きを中止した。現金が手にはいるのは魅力だったが、そのために10%もピンハネされるのは全くもって馬鹿馬鹿しい話である。オレは現金化をあきらめ、楽天キャッシュもすべて楽天市場で使うことに決めたのである。

 確かに楽天キャッシュはもともと自分のゼニではない。手数料として得たモノだ。だから1割くらい減ってもあきらめろと多くの方は思うかも知れない。オレのことを「そんなちっぽけなことにこだわるなんて、なんておまえはせこいヤツなんだ」と罵倒されるかも知れない。しかし、オレはケチである。たった10%とはいえ、自分の得たものが失われるのはいやなのである。株式投資で得た利益の一割が税金として国に吸い上げられることをいつも悔しく思っている。投資で負けたからその分を給与所得から差し引いて税金を安くしてくれるなんてことはないのだ。しかし勝てば必ず税金を払わなければならないのである。損をするかも知れないというリスクを冒すのは個人であり、国は損をしないで済む仕組みになっている。その仕組みに割り切れないものを感じつつも正直に申告納税してきたオレが、楽天のこの「一割ぼったくり」という仕組みに対して反発したくなるのも当然のことである。

 楽天のアフィリエイトには以前から疑問があった。それは高額の手数料報酬がなぜか支払いまでに消え失せるという謎である。オレが設置しているバナーを通して一回のお買い物が20万円を超えるなどという高額の購入をしてくださる奇特な方が時に存在する。オレはそのお買い物が発生したことをレポートで確認して、その買い物をしてくださった誰か(誰が何を買ったのかまではわからないので)に心の中でいつも深く感謝してきたのである。しかし、支払い確定までにその手数料報酬が破棄されているということが何度かあったのだ。5000ポイントと思っていたのが確定時にはなぜか2500ポイントになってるという類である。

 手数料が破棄される事例だが、うっかり自分のサイトに貼ったバナー経由で自分の買い物をしてしまった場合はいったん加算された報酬が破棄、つまり除外される。この仕組みに関してはいちおう理解できるので、オレは楽天市場で自分の買い物をするときはちゃんとリンク先の知人のサイトのバナーを踏むことにしている。自分の買い物以外は基本的にすべて手数料収入として加算されるはずだ。しかし、なぜか毎月一部が破棄されて忽然と消えるのである。高価な買い物である。キャンセルなどもきっとあるのだろうとオレはあきらめていた。しかし本当に破棄だったのかどうかをオレは知りたいと思っている。ただ、楽天アフィリエイトの規約では、報酬目的に知人に買い物などを依頼することは禁じられているわけでサクラを用いて実証データを得ることはできないのである。もしもそういう形で検証作業すればその時点でアフィリエイトの規約を破ったことになってオレは利用を停止されてしまうのだ。だからこの憶測に関してオレは言及も立証もすることが出来ない。オレがここで主張できるのは、楽天キャッシュを現金化するときの手数料が10%もかかるのはぼったくりだという文句だけなのである。

 楽天はセコい。このセコさは三木谷社長の本性かも知れない。そしてそのせこさゆえに楽天市場はここまで急成長を遂げたのかも知れない。そんなことをオレはつくづく思っているのである。楽天市場でお買い物をする際にオレの支払うゼニの中で、バナーの設置者に入る1%以外にどれだけの手数料収入が三木谷にぼったくられているのか、オレはそれがいつも気になるのだ。

楽天アフィリエイトの闇
楽天アフィリエイトの闇2


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン