江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2009年11月08日(日) 病院は新型インフルエンザでいっぱいです!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

どうかお読みになる前に投票ありがとうございます。←応援のクリックをお願いします! m(_ _)m 


 次男が足をねんざしたということで昨夜、オレは救急外来のある近所の病院に次男を連れて出かけた。そこで目撃したものは次のような表示だった。




 正面玄関には、その「発熱で外来」の人たちがあふれかえって、入りきれない人たちが多数周辺の路上を埋め尽くしていた。そのほとんどの方がマスクをしていた。その受付がまるでインフルエンザ外来と化していたのである。こんなに大勢いて、どうやって順番が回ってくるのだろうか。「3時間半待ち」という話が聞こえてくる。時間はもう夜8時である。3時間半も待てば深夜になってしまうではないか。医療機関がパンクしそうな状況になってることがよくわかった。

 オレの勤務する学園でも新型インフルエンザの嵐が吹き荒れている。学級閉鎖も相次いだし、学校行事もいくつかその影響で中止になっている。もちろんそれは日本中の学校で今起きていることだろう。オレの担任するクラスも数人の感染者が出た。現時点での罹患率は10〜20%というところだろうか。この流行は今ピークを迎えているのか、それとも全員が感染しないと終わらないのか、いったいどちらなんだろうか。

 受験生であるオレの長男(中学3年)はすでに新型インフルエンザに罹り、もう回復している。家の中でできるだけ接触しないようにと心がけていたがそんなことは無理で、まだウイルスを保持してるはずの長男が「おとう、この問題教えてくれ!」と来たりしていたわけで、オレはかなりの新型インフルエンザウイルスの攻撃にさらされていたはずなんだが、わが家では次男も妻もオレも今のところ症状は出ていない。ということは感染しないということなのか、運良くウイルスが体内に入ってこなかったということなのかはわからない。

 もしかしたら新型インフルエンザの患者が殺到している病院は空前の利益を上げてるのではないか?などと不謹慎なことをオレは考えたりする。というのはかなり昔、当時通っていた町医者で「今年はインフルエンザが流行ってないせいでさっぱりですわ。」とその老医師が語っていたことを思い出すからである。そのときは「なんて不謹慎なオッサンだ!」とオレは腹が立ったのだが、現実にこれだけの患者が発生しているということは膨大な医療費がかかっていることは間違いない。

 インフルエンザ罹患者と濃厚接触すればかなりの確率でうつる。これは間違いない。新型インフルエンザにかかった生徒の中で、同じ水筒のお茶を回しのみしていた者たちがいたが、そのときに唾液が交換されていたはずでかなりの濃厚接触であるといえる。恋人がインフルエンザでその恋人とディープキッスする場合もうつる可能性は高いだろう。

 幸い発熱外来と外科の外来は別だったのでそんなに待たされることもなく、次男はレントゲンを撮ってもらい、骨には異常がなかったので、オレは次男を連れて病院を後にした。一刻も早くその危険地帯から逃げ出したかったからである。あの発熱外来の周辺に行けばきっとウイルスがかなりの濃度で空気中に充満しているはずだ。そんなところに近づいたらかなり危険である。

 しかし世の中には「今のうちにかかっておきたい」という不謹慎な人たちも存在するのかも知れない。もちろんワクチンを打てば済むことなんだが、そのワクチンがなかなか手に入らない状況である。そうなれば「実際にかかる」というのはもっとも確実な免疫をつける方法になってしまう。

 来年に大学入試を控えた受験生たち、来年に結婚式を控えたカップル、来年春に大きな大会を控えたスポーツ選手(例えば箱根駅伝のランナーとか)、絶対にその大切な瞬間にインフルエンザにかかっていたら困るという人たちはどうやってその危険を切り抜けるのだろうか。どんなに気をつけていてもかかるときはかかる、それが問題なのだ。死亡者の中には2歳の幼児も含まれる。2歳児なんて自分で出歩くことなどそんなにないはずだ。どういう経緯で感染してしまったのだろうかとオレは不思議に思うのである。

 新型インフルエンザに感染した長男が寝ていた部屋の隣で、オレの81歳の父は寝ていたのだが全く何の影響もなかった。家の中でもっとも危険な場所に父をそのまま寝かせていた親不孝者のオレは、「何事もなかった」という結果に安堵しているのである。

 今がピークなのか、それともまだこれからが本番なのか。押し寄せる大量の発熱者の応対をしていた病院スタッフの方々が、自分たちの感染リスクを背負いながら最前線で戦っておられる姿にオレは頭が下がる思いだった。

↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m      週刊アクセス庵もよろしく。   投票博物館


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン