江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2008年10月10日(金) 台湾のプロ野球は八百長だったのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

ブログランキングの投票いつもありがとうございます。クリックすれば今のランキングが何位かを確認できます。読者獲得のためにご協力をお願いします。


 オレはもうかなり以前に馳星周の『夜光虫 (角川文庫)』という小説を読んだことがある。犯罪小説というジャンルが適切なのかどうかはわからないが、台湾プロ野球の世界の八百長や裏社会とのつながりを書いた作品でかなり面白かったのである。主人公は元日本のプロ野球選手であり、台湾で裏社会との関わりを持ったためにどんどん巻き込まれていくという内容である。しかし、「これは小説だから」と思って読んでいたこともまた事実で、そこにはかなりの誇張があると思っていた。その後台湾で野球賭博に関わった選手が逮捕されるなどという報道を通して「あの本の中の世界もまるっきりのフィクションじゃなかったんだな」と思ったが、球団ぐるみの八百長とは恐れ入ったぜ。事実小説えてるじゃないか。

台湾:球団ぐるみで野球賭博、八百長疑惑 オーナーら拘束
 【台北・庄司哲也】台湾のプロ野球チーム、米迪亜(メディア)ティー・レックスが球団ぐるみで野球賭博と八百長を行っていた疑いが浮上し、検察当局は8日、詐欺や賭博などの容疑で施建新・オーナーや選手、コーチ、球団職員ら計14人を事情聴取。うち施オーナーら6人を身柄拘束した。球団が暴力団の資金で運営されていたことも明らかとなり、プロ野球リーグの存続そのものを揺るがす事態となっている。
 台湾紙「自由時報」(9日付)によると、同球団は暴力団が球団職員、コーチを通じて、選手に四球の連発や故意に失策するなどの八百長を指示。選手は金銭や接待のほか、給与の上積みや先発メンバーとしての地位の保障を見返りとして受けていたとみられる。
 また、施オーナーは暴力団員とともに球団を買収し、暴力団員を球団に送り込んでいた。施オーナーは経営母体とされる通信関連企業の役員にもなっておらず、経歴も不鮮明で、暴力団とともに野球賭博で利益を上げるため球団経営に乗り出していた疑いもある。
 同球団は施オーナーが今年2月に前オーナー企業の銀行から買収し、現在のチーム名になった。前身の誠泰コブラズでは、西武ライオンズで活躍した郭泰源氏が監督を務めたことがある。
 台湾のプロ野球は全6球団で、1リーグ2期制を採用し、同球団は前期4位、後期も最下位に低迷。不自然な試合も目立ち、7月16日の試合では、18安打を放ちながら、7安打の相手チームに負けている。
 90年にスタートした台湾のプロ野球は、人気プロスポーツの一つだが、96年に大規模な野球賭博が発覚してファン離れが進み、球団経営の環境も厳しくなっている。


 なんと、暴力団が賭博をするために球団を丸ごと買収していたとは驚きである。それだけ野球賭博の市場規模が大きいということなんだろう。しかし、この米迪亜というチームの成績を調べてみるとそれほど強くない。八百長の結果なのかもともと弱いのかわからないが、弱いチームだから安く買収できたのだろうし、野球というのは弱くても3割くらいの試合は勝てるし、強くても3割くらいの試合は負けるという世界でどんなに強くても百戦百勝なんてことはありえない。10割打者なんてものは存在せずにせいぜい3割くらいしか打てないわけで、だからこそ勝ち負けを確実にする八百長の役割が重要だったのかも知れない。

 そういえば日本でも昔、プロ野球黒い霧事件というのがあって、それに関係したということで多くの選手がプロ野球界から追放された。西鉄の池永正明投手という、もしも現役を続けていれば投手部門の多くの記録を築いただろうと言われる名選手も追放された。(この事件は日本シリーズで西鉄に勝てない巨人が仕組んだ陰謀という説もある。オレはそういう陰謀説にはかなり興味がある。)

 甲子園球場のヤジは辛辣だが、特に他球団からトレードされてきた選手の場合、古巣のチームとやるときに凡退したりすると一斉に「八百長!八百長!」の大合唱になることがあったという。本人は必死でプレイしてるわけだが、ファンは勝手なモノである。しかし、日本一の金満球団のあのチームならば、自チームの選手に高額の裏金を与えて八百長要因として各球団に送り込み・・・なんてこともないかなあとオレは思ってしまうのである。そういう陰謀がもしも存在したら、それはそれでけっこう面白いじゃないか。

 暴力団が野球賭博のために球団のオーナーとなり、賭博に協力する選手の地位を補償して年俸を上げ、おそらくは賭博からの上がりでその資金を賄ってきたという仕組みはなかなか興味深い。これを日本に当てはめた場合、反社会的な企業はやはり球団所有ができないということになるのか。昔ナベツネはオリックスのことを「金貸し」と侮蔑的に呼んだが、金融業と比べて新聞屋の方が格が上だと思っていたのなら笑いがこみあげる。報知新聞には売春斡旋のためのデートクラブの一行広告が並んでるじゃないか。おまえの方こそ犯罪に荷担してるじゃないかと。

 日本と違って球団それぞれの財務的基盤の弱い台湾プロ野球がこの事件でどうなってしまうのか。アジアのそれぞれの国で野球が盛んになることを願うオレとしてはこれはかなり残念な事件である。この八百長チームを再建するようなことはもはや不可能なのか。そのままリーグ解体に向かっていくのだろうか。もしもオレが台湾在住の野球ファンだったとしたらこう思っただろう。「賭博やるなら日本の野球の試合結果を使ってやってくれ!」と。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←1位を目指しています! m(_ _)m 


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン