江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2007年09月08日(土) 赤ちゃんを売る人たち        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 日本のような豊かで医療体制の整ったはずの国でさえ、妊婦が病院をたらい回しにされあげくのはてに死産してしまうという悲劇がある。生まれてくる生命にとってこの世とはかくも非情で苛酷な世界なのかとオレは嘆くのだが、芥川龍之介の小説「河童」には、生まれてくる赤ちゃんに対して、本当に生まれてもいいかどうかを問いかける場面がある。そこで「生まれたくない」と答えれば生まれずに済むのである。

 その代わりに我々人間から見れば、実際また河童(かっぱ)のお産ぐらい、おかしいものはありません。現に僕はしばらくたってから、バッグの細君のお産をするところをバッグの小屋へ見物にゆきました。河童もお産をする時には我々人間と同じことです。やはり医者や産婆(さんば)などの助けを借りてお産をするのです。けれどもお産をするとなると、父親は電話でもかけるように母親の生殖器に口をつけ、「お前はこの世界へ生まれてくるかどうか、よく考えた上で返事をしろ。」と大きな声で尋ねるのです。バッグもやはり膝(ひざ)をつきながら、何度も繰り返してこう言いました。それからテエブルの上にあった消毒用の水薬(すいやく)でうがいをしました。すると細君の腹の中の子は多少気兼ねでもしているとみえ、こう小声に返事をしました。
「僕は生まれたくはありません。第一僕のお父(とう)さんの遺伝は精神病だけでもたいへんです。その上僕は河童的存在を悪いと信じていますから。」
 バッグはこの返事を聞いた時、てれたように頭をかいていました。が、そこにい合わせた産婆はたちまち細君の生殖器へ太い硝子(ガラス)の管(かん)を突きこみ、何か液体を注射しました。すると細君はほっとしたように太い息をもらしました。同時にまた今まで大きかった腹は水素瓦斯(すいそガス)を抜いた風船のようにへたへたと縮んでしまいました。(「河童」芥川龍之介より)


 果たして、人間の世界では赤ちゃんの人権が尊重されてると言えるのだろうか。わずか生後二ヶ月の赤ちゃんが虐待されて殺されたりというニュースを知るとオレは居たたまれない気持ちになる。いったい何のためにこの世に生まれてきたのだろうかと。そして生まれて間もなく親から引き離され、あるいは親によってわずかなカネで売り飛ばされるという悲劇もある。この記事はアサヒコムからの引用である。

赤ちゃん40人保護 人身売買グループ47人拘束 中国2007年09月08日01時46分
南京の地元紙「揚子晩報」によると、南京鉄道警察は6日、売買目的で親元から離された40人の赤ちゃんを保護し、人身売買グループ47人を拘束した、と発表した。中国では赤ちゃんの人身売買が問題になっているが、一度に40人が保護されたのは極めて異例という。
 調べでは、5月下旬、雲南省昆明市から南京に向かう列車を巡回していた鉄道警察官が、それぞれ赤ちゃんを抱いた中年女性4人が、全員母乳ではなく粉ミルクを与えている様子をみて不審に思った。南京駅に到着後に取り調べたところ、雲南省で人身売買グループから赤ちゃん4人を買っていたことが判明。追跡捜査で雲南省内の容疑者9人を逮捕した。
 同事件をきっかけに、同省など各地で大規模な捜査を行い、7月までに数カ所で赤ちゃん計40人を保護。容疑者らは金に困った親たちから、生まれたばかりの子を200〜500元(1元=15.3円)で買い取り、2000〜3000元で転売していた。赤ちゃんはさらに転売され、最終的に1万元以上で売買されていたという。


 3000円〜7650円で購入した赤ちゃんが、3〜4.5万円で転売され、最終的には15万円にもなるわけだからなかなかこの赤ちゃん売買業というのはいいビジネスということになるのだろう。こうして売買された赤ちゃんはその後どうなるのだろうか。オレはそれがどうも気になるのである。ちゃんと購入者から実子としてかわいがって育ててもらえるのならまだいいだろう。しかし、奴隷代わりの労働力として使われたり、売春をさせられたり性虐待を受けたりという目に遭わされることはないのか。実子と同じように育ててもらえるとしても、そうやって購入した赤ちゃんをどうやって戸籍に入れるのか。中国ではそれはどんなシステムになってるのだろうか。

 妊娠はしたけど、生まれた赤ちゃんが欲しくない人もいる。あるいは妊娠自体を望んでいなかったという場合もある。そんな時日本では妊娠中絶という方法を取る親たちが居るわけで、それはオレの親の世代である多くの母親たちにとっては至極普通のことだったのだ。今だっていくらでも避妊する方法はあるのに、今も日本では年間に数十万人という数の胎児が殺されてるという。そうして殺されることと、生まれてから売られること、虐待されることといったいどちらが悲劇だろうか。オレはそんなことを考えるのである。

 望んでもなかなか子どもが得られない人は今も大勢居る。子どもが欲しいのにできない・・・その願いは切実だ。本人たちが「夫婦二人の人生でいい」と割り切っていても、その親たちが「孫の顔を見るまでは死ねない」と懇願する時もあるという。かくいうオレも結婚してしばらくは子どもを作らなかったが、父親が「家に帰ってきてもつまらん。いつになったら孫を見せてくれるんや」と言ったことを覚えてる。

 どうかオレはこの数十万の中絶される胎児を救ってやってくれと思う。そしてこの子たちがちゃんと育ててもらえるように実子扱いの養子として斡旋される仕組みが整備されることを望むのである。あるいはどこにも引き取り手がなかったら、それは国家の子として公的な施設で育てていく仕組みが作れないかと思うのだ。たとえ親が居なくてもその子たちが生まれてきたことに喜びを感じて日々を暮らしていくことができれば、くだらない親の犠牲になるよりもはるかに幸せじゃないかとオレは思うのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。応援の投票ありがとうございます。←応援ありがとうございます。 m(_ _)m 



My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン