江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2007年02月01日(木) 大学を卒業してたらアカンのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 学歴詐称という場合、通常は大学に入学・卒業していないのにしたと詐称することをさす。大学を出ているのに「オレは高卒だよ」と言うことはそれに比べてさして悪いことではないとオレは思っていたのであるが、どうもルール違反のとても悪いことであるらしい。このことがオレはどうにも納得いかないのである。ある職業が「高卒・中卒」という条件で求人している場合、大学卒の人というのは中学や高校は出てるわけだから十分にその資格を満たしてるのではないか。

 極端な言い方をすれば、最近の大学生には分数の計算すらできない人もいるわけで、そういう連中が集まる大学は大学と言うよりは小学校に格下げした方がいい。そんな馬鹿大学生であってもとりあえず大学卒業。そして大学を出たためにつけない仕事があるのだという。どうもオレには解せないのである。国家公務員試験を受験するとき、確か初級だったか高卒対象の試験を別に短大卒や大学卒でも受験してよかったはずだ。オレの勘違いで本当はだめなのかも知れないが。大学を出ていても自分のレベルが高卒相当だと思えば、その自分の力に合わせたレベルの公務員試験を受験することのどこが間違ってるというのだろうか。

「高卒」と偽り就職=勤続10年、大卒職員免職−兵庫県尼崎市
1月31日17時31分配信 時事通信
 兵庫県尼崎市水道局は31日、4年制大学を卒業したにもかかわらず、最終学歴を「高卒」と偽って採用試験に合格し、10年近く勤務していたとして、同局管路補修課の男性職員(37)を同日付で諭旨免職とした。職員は「安定した職に就きたかった」と説明しているという。


 10年間公務員としてまじめに勤務してきたことから考えて、その男性は十分にその仕事をこなせるだけの能力があったのである。能力がなくて仕事ができないから免職というのはまだわからないでもない。しかし、ちゃんとまじめに勤務を続けていた37歳の男性をいきなり諭旨免職で放り出すのはむちゃじゃないのか。公務員としての地位を保証し、大卒の人が働く部門に転籍させればよいのではないか。どうも尼崎市はこういう事例には事欠かないようである。他にもこういう記事を発見できた。 

「高卒」採用ホントは大卒 尼崎市職員、学歴詐称で諭旨免職  2006/07/01神戸新聞
尼崎市教委の男性職員(44)が十一年前、大学を卒業しているにもかかわらず、最終学歴を高校卒と偽り、受験資格のない同市の採用試験を受験、市職員に採用されていたことが三十日、分かった。市は同日付でこの職員を諭旨免職とした。
 同市によると、職員は、中学、高校卒などを対象にした一九九五年度採用の斎場作業員試験(採用枠一人)に合格。同作業員を経て、市立小学校の校務員として働いていた。
 市によると、職員は四年制大学を卒業後、民間企業に勤務。しかし、履歴書には、最終学歴を高校とした上、大学在学期間は、アルバイトをしていたと記入していた。
 五月末に寄せられた情報に基づいて、市が職員を問いただしたところ、「学歴詐称」を認めたという。諭旨免職としたが、同市の規定により退職金は支払わない。
 同市は今後、高校卒業から採用までの期間が四年以上で、その間の職歴などが証明できない職員約二百人についても、同様の学歴詐称がないか、調査する方針。同市人事課は「混乱を招き、市民に申し訳ない」と陳謝した。


 神戸市にもこういう事例があった。

学歴詐称で諭旨免職 神戸市教委の女性職員  
2006/07/26神戸新聞
 神戸市教委の女性職員(48)が、短大を卒業しているにもかかわらず、最終学歴を高校卒と偽り、受験資格のない同市の採用試験を受験、十四年前に採用されていたことが二十六日、分かった。市は同日付でこの職員を諭旨免職処分にした。
 市教委によると、女性職員は、中学、高校卒を対象にした一九九二年度の学校給食調理師採用試験に合格し、小学校の調理師として働いていた。
 職員は短大卒業後、民間企業で働いていたが、市教委に提出した履歴書には、最終学歴を高卒とし、短大在学期間は「アルバイトをしていた」と説明したという。
 今年四月に市教委に情報が寄せられ、職員本人に確認して学歴詐称が判明した。
 市教委は今後、高校卒業から採用までに一定の期間があり、その間の職歴などが証明できない職員について、あらためて学歴を調査する方針。
 職員の学歴詐称をめぐっては、尼崎市教委の校務員が大学卒を高卒と偽っていたことが判明し、六月に諭旨免職になっている。


 持っていないモノ(学歴)を持っていると偽ることは卑怯だが、持っているモノ(学歴)を持っていないと偽るのはそれは奥ゆかしさという文化であり、日本人の持つ謙譲の美徳の一つではないか。実際は大金持ちなのに「いや、もう貧乏ひま無しですわ」と答えたり、ものすごい美女なのに「わたし、容姿には全然自信がないんです。」と言う人を我々は通常は好意的にとらえるはずである。それと同じように学歴に謙譲の美徳を発揮した行為は、「中卒」「高卒」の人の職場を奪うという理由から断罪され、免職という公務員にとって死刑宣告にも等しい重罰が与えられるのである。その年齢で再就職したとしても現在の安定と収入はもはや得られないだろう。そもそも学歴があるせいで仕事に支障になったような致命的な問題点があったのだろうか。中卒や高卒にはできるけど絶対に大卒にはできないなどという仕事が存在するのか。逆の事例はいくらでも思いつくのだが。

 大学卒、いわゆる学士様が選ばれた特別なお人だったのはもう過去の話である。文部科学省がどんどん設置認可を与えるものだからちまたに大学は増えすぎてもはやその価値を失ってしまった。大学生とは名ばかりで幼稚園児並の知能の連中が、性欲だけは旺盛に活動しているというのがそうして増えすぎた大学の実態である。そういう実態がありながら、未だに大学生を特別視して下級の公務員の受験資格からはずすというのは実情にそぐわない。

 大学は出ていても、事務系の仕事ではなくて身体を動かす現業系の職種を希望する場合だって当然あるだろう。ところがその職種が中卒や高卒にだけ門戸が開放されていて、大卒や短大卒というだけで受験もさせてもらえないとするならば、それはルールの解釈上の誤りである。大学を出ている人間にはつけない職業があるというのなら、中卒や高卒にしか身につけられないその特殊な技能とは何かを説明してくれ。そうでないとオレはどうも納得できないのである。ただ単に大学を出たと言うだけでまじめに勤務していた人までクビにされてしまうというこの実態。尼崎市のやることはオレにはどうもわからないのである。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←免職という処分は重すぎると感じる方は投票をお願いします。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン