江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2006年11月17日(金) 権力はなぜ腐敗するのか?        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 和歌山県が2004年11月に発注した下水道工事の入札を巡る談合事件に関与した疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は11月15日、和歌山県知事の木村良樹容疑者(54歳)を競売入札妨害(談合)容疑で逮捕した。談合の窓口となっていたゴルフ場経営会社元社長の井山義一容疑者(56歳)から木村知事には一個100万円を超える高級腕時計が贈られていた。またこの事件に関しては和歌山県の出納長である水谷聡明容疑者(60歳)もすでに逮捕されている。知事と出納長が談合を仕切っていたわけで、これぞまさに官製談合である。予定価格もしっかり漏れちゃってるから競争もなく97%とかの価格で入札されるわけで、税金は不当に高く支出されてきたわけである。

 県民を裏切ったこの知事や出納長の罪は重い。こいつらには20年くらいの実刑をつけてやれとオレは思っている。どうして日本では汚職や経済事犯の量刑が軽いのだろうか。同じ犯罪でもオレは警察官や裁判官の場合は罰を重くしてもいいと思っている。それは国民の信頼を失う行為であるからだ。もちろん政治家も同様である。政治家なら万引きでも死刑にして欲しいくらいである。覚せい剤を使っていた民主党の代議士がいたがもちろん死刑だ。汚職なんて当然死刑だ。私利私欲のために税金をムダに使わせたこの行為は万死に値する。いくら木村良樹が京都大学の大先輩に当たる人であっても、それならなおさら罰を重くしてくれと思う。あのアメフトの輪姦野郎どもと同じく、大学の名に泥を塗ったゲス野郎には天誅を与えてくれ。

 ただ今回の事件に加わった大林組元顧問の日沖九功被告(64歳)なんかは軽い罰でいい。オレはいつも思うのだが、企業が仕事を取るために接待するのは当たり前だ。それが経済行為だからだ。中国などは日本の比じゃないのだろう。使った費用以上の効果が得られるならばそれはビジネスとしては成功である。しかし、知事はその接待に負けてはならないのである。ゼニをもらってはならないのである。知事の給料は県民が払うのであり、そんなことでゼニを稼いではならない。ゼニをもらった時点でもう負けなのだ。こういう贈収賄事件だが、「贈賄側は無罪」ということを徹底させればどんどん検挙率は上昇するはずである。そうやってゼニのために働くクソ政治家どもを一掃してくれ。

 入札の指名からはずれていた丸山組は、会長の田渕利都容疑者(80歳)らが中心となって2004年8月の和歌山知事選で、海南事務所を提供したり演説会への動員をかけるなどして社を挙げて木村知事を応援した功績により知事の再選後に入札参加業者に加えられたという。その選挙応援の見返りに仕事を受注させてもらった可能性もあるはずだ。

 和歌山県の官製談合の仕組みは、ゴルフ場経営会社社長の井山容疑者がゼネコン側をとりまとめて謝礼を受け取り、水谷出納長が「これが県知事の意向だ!」という天の声を出すという方法だったらしい。今回の捜査の対象となっている下水道工事と同じ日に入札されたトンネル工事の口利きの謝礼として、井山容疑者はハザマと東急建設から5900万円ずつを受領、井山容疑者は木村知事に高給腕時計を贈ったことが取り調べの結果分かったのだが、1億1800万ももうかったのなら時計だって100万なんてケチなことを言わずに2000万くらいの時計を贈ってやれよと思うのである。

 またこの談合組織に入っている県内企業は毎月会費を納めさせられ、そのゼニは木村知事の個人的な裏金として県の秘書課が管理していたらしい。公私混同というかもうやってることがむちゃくちゃである。政治資金規正法にも抵触するらしいが、それ以前にこんなヤツを知事にしていたらダメだろう。まるでヤクザが自分たちのシマにある飲み屋や風俗店からみかじめ料を集めてるような感覚である。今回逮捕された木村知事は道州制などの地方分権論議や入札制度改革などに熱心に取り組んでいて「改革派」で名が通っていたのである。その実態とはかけ離れたクリーンなイメージを上手に作っていたのだ。何と卑怯なヤツだろうか。全くもって許せないのである。時代劇の悪代官みたいなオッサンが現代にも存在したということにオレは驚いている。

「井山屋、おぬしも相当なワルじゃのう。」
「いえいえ、お代官様こそ。わたくしめなどはまだかわいいものでございます」


というやりとりが知事室で日常的に行われてきたのだろうか。どうやらこの木村良樹というオッサンの目指した「入札制度改革」というのは、知事の思い通りに落札させる企業を選ぶことが出来る画期的な方法だったのだろう。おまえのようなクソ政治家は頼むから100回死んでくれ。福島でも知事が逮捕されたが、日本中こんな連中ばかりだと思うと気分が悪いぜ。日本の政治家のレベルがこんなものだということは世界に恥をさらしてるのと同じである。どうかこの連中に厳罰が与えられることをとオレは願っている。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。
投票ありがとうございます。←木村知事の退職金は全額没収すべきだと思う人はどうかクリックしてください。


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン