江草 乗の言いたい放題
コラムニスト江草乗の日記風エッセイ クリック募金にご協力お願いします。

日記目次(検索可能)前日翌日 エンピツ投票ランキング  江草こだわりの店  江草乗の写真日記  ブログ  お勧めLINKS  

ご愛読ありがとうございます。「江草乗の言いたい放題」は読者100万人を目指す社会派コラムです。一人でも多くの方が読んでくださることで、執筆意欲は倍増します。ぜひ、お友達に勧めて読者数UPにご協力ください。ランキングであの日本一の「きっこのブログ」を超えることが目標です。スポンサーサイトへの訪問、投げ銭がわりのお買い物、掲示板へのご意見の書き込みもお願いします。江草乗応援プロジェクト←江草ファンなら一日一回開きましょう。 秘密の京都世界戦略室インク激安屋もぜひよろしく!

2006年05月19日(金) オレは盗作ブロガーのおまえを許さない!        ブログランキング投票ボタンです。いつも投票ありがとうございます。m(_ _)m 携帯用URL by Google Fan

 オレはこの暴言日記を書くにあたって一つの方針を持っていた。それは、他の日記書きさんや日記の話題を出さないということである。「日記書き」という狭いコミュニティの中の話題はしょせん内輪の話であり、自分が書くのはそういったムラ社会の外にいる一般のネット市民に対してだと思っていたからである。

 その禁を破ってオレは
この許せないブログを告発することにした。なぜオレがそのブログを見つけたのか今となっては思い出せない。ランキングから読んでいたのか、あるいは検索で偶然ヒットしたのか。オレはその文章を偶然見つけて「そういえばオレはこのテーマで書いていたなあ」と自分の日記についてる検索機能を利用して当該日記を引っ張り出した。そして比較して読んでいて愕然としたのである。

そのまんまじゃないか。

そのブログはオレの日記の分量を1/10くらいに縮めて、元の表現をそのまま残し、オレ流のたとえとか表現もそのままに残し、最後のオチの罵倒の雰囲気までぱくっていた「まんま」日記だったのである。ヤフーで「エアコン」「大阪府」というキーワードで検索すれば、そのブログは上から6番目に出現する。そしてオレの暴言日記は出てこないのである。盗作した方のブログはヤフー検索で出てくるのに、盗作されたオレの日記は出てこないのである。ヤフーの馬鹿野郎とオレは言いたくなるのである。

 いくつか具体的な類似点をここで提示しよう。まずこの盗作野郎の11月26日のブログにはこのように書いてある。

もしも各教室に個別に設置して室外機はベランダに置くという安上がりな方法をとる場合、どんなにハイスペックなものでもせいぜい一機あたり100万程度、全部で30億円で済む。工事も短期間で完了するし、故障したときも簡単に修理でき、その後のメンテナンスも簡単だ。
 次にオレの2003年11月20日の日記を示す。

もしも各教室に個別に設置して室外機はベランダに置くという安上がりな方法をとる場合、どんなにハイスペックなものでもせいぜい一機あたり100万程度、全部で30億円で済むのである。工事も短期間で完了するし、故障したときも簡単に修理できる。その後のメンテナンスも簡単なのである。

 両者の相違は、オレの文末の「なのである」「だ」に変えられてるくらいで、後は全く同一なのである。オレの日記の一段落がまるごとパクられたのである。このようなことが偶然に起きることなのか。そんなことはありえないのである。

 さて、この盗作野郎のブログの特徴だが、やたら広告が多く、新聞記事の引用が多く、こいつの書いた部分はたったの2行ほどだったりする。アフィリエイトの利益を集めるためのブログという感じなのである。ただ、オレがもっと怒ってるのは、無断で引用したオレの文章を使ったそいつのブログがヤフーに認知されてるということだ。ヤフーもヤフーだ。どうしてアクセス数では何倍もあるオレの暴言日記ではなく、こいつの盗作ブログの方が検索にヒットするんだ。それはヤフーのシステムの重大な欠陥だろう。(ちなみにグーグルで同様に検索すると、どちらもヒットしなかった。)

 オレはこの盗作野郎に文句を言いたくて、とりあえず当該日記にトラックバックを送ったがなしのつぶてだ。それから本人に罵倒メールを送るつもりでそのブログの中にメアドやメールフォームがあるかどうかを探したが見つからないのである。そういうわけで平和的に解決する手段は永久に失われてしまった。それでオレはここで罵倒することに決めたのである。オレの日記の読者さんの中にはこの無礼な大学院生を直接知る人やメールをやりとりしたことがある人もいるだろう。ちゃんとその無礼者を諭してやって欲しい。その男が、逆ギレしてオレに文句をつけてくるのか、それとも反省して自分なりの決着をつけてくれるのか、どちらの展開になるのだろうか。

 盗作ブログの作者からは、この掲示を出してから謝罪メールが届いた。しかし、その謝罪は当該掲示に関するものであり、ブログトップには何の掲示もなかったために再度そのことを指摘、「謝る相手は私ではなくて自分のブログの読者に対してではないのか」と伝えたところ、謝罪文はブログトップへ移動、その後当該ブログは本人によって削除された模様である。丁重な謝罪文も届き、きちっと作者も責任をとったようなのでこの一件に関しては決着したものとします。読者のみなさま、お騒がせしました。なお、私としてはこの日の掲示文を新たに書き直すことはしません。安易に私の文章をパクろうとする輩への警告として残します。リンク先は検索時のキャッシュに差し替えましたが、キャッシュが出なくなったらリンクをはずします。


↑エンピツ投票ボタン。押せば続きが読めます。登録不要です。投票ありがとうございます。←人気blogランキング投票←いつのまにか5位転落・・・・(T_T) 


My追加

前の日記   後の日記
江草 乗 |ファンレターと告発メール   お勧めSHOP HP・教師EXAの秘密の部屋 お金儲けの情報満載 江草とeichanの株式問答掲示板 こだわりのマウス専門店、マウスヲタク エンピツユニオン